2018年04月01日

バーミヤンでのランチ中に起きたこと

春休みに突入していたこともあって、いつものバーミヤンも子供連れで混んでいた。ふだんの平日は満席になるほどまでには混んでいなくて、たいてい直ぐに席に通されるが、「その日」は3組待ち。

私が都内で怪我を負ったのが3月20日、水曜日(祝日)を挟んで木曜日に、家から一番近い総合病院である立川相互病院に虎の門病院からの紹介状とCTスキャンやレントゲンの写真を焼いたCDを持って行ってきた。待ち時間が押したのでお昼を相当に過ぎてしまい、うちのと「家で食べる」予定を変更してバーミヤンに行ったのだが、そこで不快な出来事が起きた。

我々が通されたのは比較的奥のほうのトイレに近い席。食事していると、小学1年か2年くらいのお姉ちゃんと未就学であろう弟が二人でトイレに行こうとして私の顔を見て、私の顔を睨みつけて通って行ったのだ。その顔は私は見ていなくて、うちのが見ていたもの。少しして、トイレから出てきて逆向きになったので私が子供たちの顔を見ると・・・、やはり、もの凄い形相で睨みつけていた。この歳まで生きてきて、あんなふうに睨まれたことは無い。私を忌み嫌う「例の気違い」でさえ、あんな顔では睨まない。

たいていの子供なら「あのオジチャンかわいそう」になるもの。顔面に怪我を負っている人を見るのは珍しいだろうからジロジロ見るのはかまわない。私も逆に、いろんな人の反応を楽しんでいるし。

もちろん、私が子供たちをこの顔で「ワァッ!」と脅かした、なんてことはないし、何も言ってない。だとすると、子供たちはどうしてあんな眼つきで私を睨んだのか。トイレに行く時に発見して出てきて再び私の横を通るまでの僅かな時間に姉弟でどんな会話をしたことやら、凄く興味がある。「あいつ、きっと悪いことして殴られたんだよ」くらいに話していたものか。それにしてもあの蔑むような眼つき・・・??

当然に親も一緒だろうから、彼らの席まで行って「さっき、どうして私のことを睨んだのかな。怪我していてかわいそう、とは思わなかったのかな。オジサンが君たちに何かしたんだろうか。そうでないなら、人のことをあんな顔で睨みつけるのは良くないと思うよ」と諭してやりたい、と思ったのだが・・・、我々が会計する時にはいなくなっていたから、店を出る前にトイレを済ませようとしたのかも。

子供は、ある意味「正直で残酷なもの」ということは承知しているが、あまりに露骨である。正直、「この子たちはどんな躾けや教育を受けているんだろう」と思った。何もしていない私のことを睨みつけるくらいだから、近い将来はイジメに加担しているかも知れない。どういう思考経路で「顔に怪我をしている」 ⇒ 「睨みつけてやろう」になるのか、が解らない。私と目が合っても全く怯まないのも凄い。

これ、もし非常に短気な人だったら即座に怒っていたかも知れない。顔面に怪我を負っている人が珍しくて、いろいろ悪い想像が膨らんだとしても、あれはない、と思う。一点の優しさも感じられないから、今のまま成長したなら将来幸せになれないんじゃないかな・・・、他人事だけど。親の顔が見たかった。

後で親に「さっきトイレに行ったら凄い顔した人がいたから睨んでやった」と話して、親が「そういうことをするものではありません」と諭してくれていたら嬉しいんだけど、ま、あの姉弟の親じゃ期待できないだろうな・・・。

ふだんマスクをしないしマスクをしても怪我している部分は隠せないから、かえって言い訳がましくなるのも嫌だ。左目のパンダ痣が消えるまで1ヶ月以上かかるだろうけど、このままノーマスクでいこう。

posted by poohpapa at 05:20| Comment(6) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の上司は大きな事故に遭い1級障がい者です。

先日、残念な案件がありました。
テナントの契約をして頂いたお客様のことです。

現地で打ち合わせをしている時に、
「何で障がい者なのにこんな仕事をしているのか」
「よくあの身体で人前に出れますね」
「正直気持ちが悪いです」
なんて事を言われました。

まさかこんな人(40代男性)がいるとは思いませんでしたね。
笑いながら言っていたので悪気はなかったようですが。

親は経営者で本人も商才が有り、外貨投資で財も有る様ですが、、
こんな大人にはなって欲しくないものです。

Posted by えびけん at 2018年04月01日 11:47
えびけんさん、こんにちは

それは酷いですね。普通は「思っても言わないもの」でしょう。悪気は無くても、いや、悪気なく言ってるとしたら、そのほうが怖い、と思いますね。

アメリカのお医者さんの話、

怪我で障害者になったティーンに、「あなたの夢もやりたいことも全く変わることはありません。ただ、今までと方法が変わるだけのことです」と伝えるんだとか。いい話ですよね。

何度も書いていますが、伊丹十三さんの言葉、「人間の価値は財産や肩書では決まらない。如何に苦労をして、それがちゃんと身に着いているかどうか。言い換えれば、どれだけ人の痛みが解かってあげられるか、それで決まる」というもので、私も同感です。

そのお客さん、地位も財産もあることでしょうが、人としての価値は・・・、どうなんでしょう。私が貸主なら、間に合えばの話ですが、審査は通しませんね。上司の耳に入っていなければ良いのですが。

Posted by poohpapa at 2018年04月01日 12:55
子供だから痛そうな傷に怯えていて、そのビビった顔が怒って睨んでいるように見えただけでしょう。
他人の顔つきの事をとやかく言ってはいけません。(`・д・)σ メッ

普通の子供は、四肢欠損であったり、漫画のやくざ者みたいな向こう傷を持ったおっさんを怖がるものです。
それはしょうがない。
これから色々経験して知識として身に着くものですから。

痛そうな顔してただけですよ。
Posted by ハリケーン at 2018年04月01日 18:42
ハリケーンさん、おはようございます

<<子供だから痛そうな傷に怯えていて、そのビビった顔が怒って睨んでいるように見えただけでしょう。

いいえ、「ビビった顔」なんかではありません。もちろん、「怒って睨んでいるように見えただけ」でもありません。ハリケーンさんも、実際にあの目や表情を見たなら「ナニ、今の!?」と思いますよ。私が何年営業で飯を食っていると思っているんですか!? (^◇^)

まあね、とんでもない最悪の気違いだと見抜けなくて「なんとか力になろう」として部屋を紹介したり、なんて間違いも犯してますけど、基本的に、目を見れば判ります。それが子供であっても。いや、むしろ、子供のほうが判るかな、大人と違って正直ですから。

わざわざ振り返ってまで睨みつけていて、「怖がっていた」ならそんなことはできないもの。怖いのなら見ませんよ、ふつう。あれは、怖がっている目つきでなく蔑んでいる目つきです。ま、目つき以前の問題で、子供でも「憐み」とか「優しさ」があれば、なるだけ見ないようにして通り過ぎるものでしょう。

比較の対象にしたら失礼ですけど、姉のほうは、ちょうどハリケーンさんのお嬢さんと同い年くらいでした。ですが、目は天と地ほどの違いがあります。ああいう目つきを見たのは久しぶりです、ほんと。

Posted by poohpapa at 2018年04月02日 04:45
子供は“ヘンなもの”を見ると、ガン見するものです。
目が悪かったりすると、眇めて眉間に皺がよったりもします。
何年営業で飯を喰っていても、澱みのない澄んだ目線で見ることを忘れてはいけません。(´3`)ノ

判決…無罪。□\(.. )
Posted by ハリケーン at 2018年04月02日 10:07
ハリケーンさん、甘いね ( `ー´)ノ

この世に生を受けて66年、ただただ美しいものだけを見続けてきた汚れ無き私の澄んだ瞳に映ったあの餓鬼どもの邪悪な目を終生忘れるもんですか。

判決・・・、被告人を児童相談所送りとする。

Posted by poohpapa at 2018年04月02日 18:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]