2018年04月14日

「嵐の後の静けさ」では終わらないかも

先日のテレ朝のバラエティー番組「東京らふストーリー」初回分の動画配信は今日の午前0時20分で配信を終えたが、ご覧になっていたお客様や家主さんから「面白かったよ〜」との電話やメールをたくさん頂いた。もちろん、内容が内容だけに、中には不快に思われる方もいらっしゃったかと思うが・・・、

先日、「東京らふストーリー」とは真逆の(他局の)番組から「不動産業界の問題点を深く掘り下げる内容の企画」でお声を掛けて頂いた。企画が実現するかどうかはまだ判らないが、その番組で私の主張が取り上げられたなら、不動産業界は大きく変わらざるを得なくなるだろうし、それが実現したら、もう不動産屋をやめてもいいかな、と思う。ただし、討論番組ではないので、私と違う立場や考えの人の意見も取り上げて頂いて、視聴者(消費者)にどちらの言い分に理があるか判断して頂くことになると思う。業界の在り方や現状だけでなく空き家問題など広範に取り上げられるのではないかと期待している。

悪く解釈する人は「業界を引っ掻き回して出ていっただけ」と考えるだろうけど、長い目で見たら「私の提案で業界(とくに小規模な業者)を救えるかも知れない」と思っている。業界のトップの一部の人しかそういう危機感を持っていなくて、今は業界全体が同じ危機感を共有していないけど、このまま進めば不動産業界に将来は無い。近場の同業者さんと話していたら、漠然とした危機感を持っていたし、他県の業者さんと話していたら、「数年のうちに多くの業者が消えることになるだろうね」と仰っていた。考えていてくれる人がいて嬉しい。

もしかすると、業界のトップは一般会員のことなど考えていないかも知れない。今まで私利私欲に走るトップばかりだったから。うちの支部の役員も「どうなってもうちの会社は安泰」と思ってたりして。

業界全体が同じ危機感を共有していないのには理由がある。業協会本部で出ている話が支部や一般会員に下りてこないから、である。本部の会合に出ている支部の役員は判っていても末端の会員には伝えようとしていない。「話したってどうせ解からない」と見下しているのか「不確定な話で危機感を煽るべきではない」という判断なのかは不明だが、大切な話は役員だけで隠し持って優越感に浸っているかの如き印象がある。

私に漏れ聞こえてくる話では、私がこのブログで発信している内容と同じ事柄が本部で取り上げられていることもあるようだが、うちの支部からは会員業者に伝わってこない。逆に、私が「こういう問題を立川支部から本部に発信してはどうか」と提案しても、下から上に意見が上がることも無い。

これは、役員だけを批判できない。我々会員も「本来ならば1000万を供託しなければ開業できないところ全宅か全日のどちらかに加盟すれば60万の供託金で開業できる、だから取りあえず入会はするけど後は好きにやってくれ」とばかり、協会の活動に無関心でいるからいけない。宅建業がどこに向かおうとしているか、ということに無関心でいることがやがて自分たちの首を絞めることになるのだが、そういうことには思い至らない。イジメ問題でもそうだが、無関心は、或る意味加害者よりもタチが悪い。

立川支部なんか見ていても、本音では「会員が支部の活動に関心を持ってくれないほうが面倒臭くなくていい」くらいに思っているのではないか、と私は疑っている。10年20年と役員を続けている言わば顔役という人たちで私物化されている感がある。会員業者のほうを向いて運営されているとはとても思えない。支部長と面談していろいろと改善提案をさせて頂いたが、何も変わらないし。

今、声を掛けて頂いている番組の企画が進むかどうかは不明だが、ぜひ実現してほしい。でないと・・・、


私は「ただのスケベ爺」で終わってしまうから (おい)

posted by poohpapa at 06:12| Comment(2) | 不動産業界(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大局から見れば、不動産業における小規模事業者の淘汰は時代の必然で、社会的「善」になりつつありますから、それに抵抗することは難しいかなとは思います。


不動産取引の簡略化 → 小規模事業者の淘汰 → 国交省による小規模事業者管理の不要化 → 業界団体の健全化

時代の風の強さから、ここまでの流れがほぼ確定的に見えてしまっていますので、残念ながらどんなに抵抗しようともpoohpapaさんが希望する未来にはならないのではないかと。


未来は、過去から現在までの点をつないでいった延長線上にあります。
過去の業界のことを知るには、この論文がよくまとまっていますので、ご参考までにどうぞ。

「宅地建物取引業の政策過程について 」
https://glim-re.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=2782&item_no=1&page_id=13&block_id=21
Posted by AK at 2018年04月14日 11:20
AK さん、おはようございます

実は、私が聞き及ぶ業界の将来像と、AK さんが仰ってることはほぼ一致しております。てことは、甚だ失礼ながら、AK さんは業協会の幹部でいらっしゃるのではないでしょうか。或いは法律の専門家であるとか国交省の当該部署に長くいらっしゃったとか大学の教授とか・・・。無粋ですが、ずっと興味を持っております。

<<大局から見れば、不動産業における小規模事業者の淘汰は時代の必然で、社会的「善」になりつつありますから、それに抵抗することは難しいかなとは思います。

私のことを可愛がってくださっている協会の幹部役員さんも同じことを仰っていました。ただし・・・、そうなることを手をこまねいて見ていていいのか、という思いはあります。中小の業者に問題があって、ということでなく(全く無いとは言えませんが)淘汰されていくとしたら、そして、それに何ら救いの手を差し伸べられないとしたら、協会は何のためにあるのでしょう。

私は宅建協会は公益法人なんかでなく「ただの業界団体」だと思っていて、根底には互助精神が無ければならないもの、と思っています。どうしようもない会員業者であったとしても、「業界全体がどう生き残っていくか、そのために、どう変わらなければならないのか、どんな努力をしなければならないのか」を考えて、情報の届かない末端の会員業者に正しい道筋を切り拓いて示すのが役員の務めだと思いますね。今の役員たち、国交省の指針に抗うことなく唯々諾々と従うのみです。それでは業協会の存在意義がありません。

無能なだけでなく、歴代の会長の中には協会を私物化して私利私欲に走る者もいて・・・。「それはおかしいだろ」と誰も言わなかったのですから、宅建業協会の行く末は真っ暗だと判ります。

ご紹介の「宅地建物取引業の政策過程について」は松元直希氏の論説ですね。PDF を開いたらページ数が多かったので、水曜日にゆっくり読ませて頂きます。いつも有り難うございます。

Posted by poohpapa at 2018年04月15日 06:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]