2018年06月08日

「ガイアの夜明け」

横浜みなとみらい訪問記はお休みして、

テレビ東京の「ガイアの夜明け」の動画をご紹介。TVer によるもので、公開期限は6/12(火)まで。それを過ぎると(無料で)観られなくなるので急いで紹介。

「マネーの魔力2 〜追跡! 不動産投資の深い闇〜」とのサブタイトルが付いていて、「かぼちゃの馬車」問題、「レオパレス21」問題を鋭く追及、解説している。

みんな老後の経済的な不安を抱えていて、ついつい甘い投資話に乗ってしまうもの。私は「カネは有れば有るように出ていってしまうし、無ければ無いで生きていけるもの」「子供に遺す必要も無く、子供を当てにしてもいけない」「贅沢なんてできなくても困らない」くらいに思っているから不安は無い。良い友達にさえ恵まれていれば幸せな老後が送れる。あとは「どっちが先に逝くか」だけの話。少しだけ先に逝きたいのが本音。

ただし、子供が親の面倒をみなくなって、それが為に生活保護が増えるのは困ったモノ、とは思う。個々に事情は有ったとしても、我が子から「親と一緒に暮らしたい」と思ってもらえないならそれだけの話。本来は子供は親とは別の人格なんだから、それは子供の自由だと思うけど、親との同居を望まない子供が増えるのは国家の損失。それに少子化が追い打ちを掛けたら国はもたない。少子化が進んでいるから日本の将来や年金制度が危ういのでなく、欧米ばりに「個々が権利ばかりを主張する世の中になっている」ことこそが問題。

ハッキリ言ってしまうと、国の制度や福祉を当てにして老後を生きるのは愚の骨頂。「人から何をしてもらうか」ではなく「人の為に何ができるか」を考えたほうが充実した人生を送れる。自分のことだけで言えば、「いろんな体験をして、良き友人に恵まれて、もう十分に人生を楽しんだから、この先が不遇であっても元は取れている」と思う。なので、ここからは自分の今の職責を通して社会に恩返しできればいいかな、と思っている。

生活保護受給者を見ていると、本当に懸命に生きてきてやむを得ず福祉のお世話になっている人はほんの一握り。大半は自己責任と思える。そんな奴らの老後の面倒を、真面目に生きてきた人たちが負担させられるのは「福祉に名を借りた逆差別」だと思う。6月17日が投票日で立川の市会議員選挙が行われるが、そんなことを理解せず耳障りのいい「福祉の充実」を訴えるような候補者には投票しない。

それは置いといて、この回の「ガイアの夜明け」はぜひご覧頂けたらと思う。



いったん記事をアップして、追加 (7時35分)

ローン地獄にハマる人が続出。不動産投資業界を揺るがす某地方銀行のスキームとは

この某地方銀行・・・、「かぼちゃの馬車」に関連しているスルガ銀行だと思われる。この春、近所の郵便局で「ゆうちょも住宅ローンを始めました」と言われて、話をよくよく聞いてみたら「スルガ銀行と提携して」とのことだったので、「なんで?、スルガ銀行と提携するのはやめたほうがいい。ゆうちょの信用問題になるよ」と言ったのだが、まあ、そんなのは窓口のオネエサンに言っても仕方ないこと。提携、解消することになるかも・・・。

かぼちゃの馬車問題で、でなく、30年以上も前に別の職種で仕事していた時から「スルガ銀行の悪い噂」は聞いていたから、私からすれば「やっぱりね」くらいの出来事ではある。



posted by poohpapa at 06:10| Comment(12) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんへ
おはようございます、今日は梅雨の晴れ間で絶好の天気ですね。
さて老後の話を読むと、以前書いたかも知れませんが、会社時代の友人を思い出します。
友人:俺は子供が俺の老後の面倒を見てくれるか。どうか心配でしょうがない。
私:お前は自分の親の面倒を見ているところを子供に見せているか?
友人:両親は田舎にいて、まだ元気だから何もしていない。
私:それじゃー、お前が元気なうちは子供は何もしてくれないよ、親の背を見て子供は育つと言うだろう。
その後彼とは勤務地が変わり会うこともなくなったので、その後の経緯は分かりません。
今の時代、核家族化が進み三世代同居が無くなっているので、親の面倒は見ずらくなっていますが、厳しいのはどの時代も同じで、僕らの親の時代は終戦後でなにもない時代に親の面倒を見ていたのは、すごいことだと思います。
やはり同居すれば何とかなるのでしょうが、別居すれば難しいと思います。
Posted by ボース at 2018年06月08日 07:52
だいたい“スルガ”銀行とかいう激しく縁起の悪い銀行で金を借りて商売を始めるなんてのは、論外です!m9( ゚д゚)っ
商売人は縁起を担がないとネ。
Posted by ハリケーン at 2018年06月08日 08:33
poohpapaさんおはようございます。

>>生活保護受給者を見ていると
日本の2018年度予算案では一般会計総額は97兆7128億円で、ここで社会保障費は32兆9732億円で歳出全体の3分の1超になりました。年々増えてますね。
一方の歳入では、税収が59兆790億円に上ると見積もった。税外収入は4兆9416億円で足りませんので、新規国債を33兆6922億円発行。

簡単にいえば、社会保障費分が足りないってことでしょうか?国家予算の3分の1を使ってどうするのでしょうかね。
毎年、借金をしていれば破綻は目に見えてますけど。スルガ銀行とどちらが先に破綻か?!
Posted by たか at 2018年06月08日 08:40
思わず全部見てしまいましたよ(笑)親との同居を望まない若い世帯の問題は直接保育園不足に繋がる問題でもありますよね。
とは言っても昔と違って60歳で定年退職してその後は年金暮らしって言う人がどれだけいるのかって話ですよね。年金だけでは生活できなかったり、それよりも昔の60歳よりも今の60歳は若いしまだまだ働けるから退職しない、そうすると祖父母に子供の面倒を見てもらうことも出来ないし・・・・

何が一番悪くて何を改善したらいいのかわからないまま堂々めぐりしている感じですよね。

うちも子供がいないのでしこたまお金貯めておかなきゃいけないハズなのに、今は自由に使えるお金って思っちゃっているからダメなんですよね。こんなんで家建てていいのかほんと心配になりますよ・・・(トホホ
Posted by はなくろ at 2018年06月08日 11:31
ボースさん、おはようございます

子供の父親が親の老後の世話をしているのを見ていなければ、その子供たちは自分が親の老後の世話をしようとは思いませんよね。兄弟が多くて長男がお世話をしているなら、そういう様子を折に触れて見せておかないとね。「たいへんなことではあるけど、順送りなんだよ。自分が長男とかでなくて両親のお世話をしないで済むなら、何かと気を遣うことも大切なこと」、と教える必要もあります。

そうやって、優しさなんかも身に着くものでしょうね。ところが、今の日本にはそれが無い。一時は小学校の授業から「道徳」が消えたこともありましたね。何を考えているのやら・・・。我々の子供の頃には「郷土をささえた人々」とかの副教材で、先人たちの偉業を教わったものですが、今はそんな授業は無くなっていることでしょうね。一生に一度も使うことのない数学の公式を覚えるより大切なこと、だと私は思うのですが・・・。

ま、私の子供たちは私が妻(母親)の両親の老後の世話をするつもりで同居して尽していても、まるで報われなかったのを見ていますから、そりゃあ「自分が親の老後を見ないと」とは思わないでしょう。

プライバシーだの個人情報だのといったものが邪魔している側面もありますが、根本は教育ですね。

Posted by poohpapa at 2018年06月09日 06:50
ハリケーンさん、おはようございます

スルガ銀行・・・、縁起が悪いんですか。例のかぼちゃの馬車問題では数値を改竄していたことが発覚していましたが、偽装していようが正確な数値だろうが、そんなの見るまでも無く「シェアハウスは危ない」と解かりそうなものですけどね。みんな焦っていて、そこに付け込む奴らがいる、ということですね。

多くの年寄りたち、カネは持っているんですよ。いい歳をして、その使い方を知らないで「増やそうとして欲をかく」からいけないんです。この件については被害者に同情はしませんね、私は。

Posted by poohpapa at 2018年06月09日 06:58
たかさん、おはようございます

相変わらず調べるのが早いですね (^◇^)

<<日本の2018年度予算案では一般会計総額は97兆7128億円で、ここで社会保障費は32兆9732億円で歳出全体の3分の1超になりました。年々増えてますね。

社会保障・・・、健康保険とか年金とかもあるんでしょうけど、異常な数字ですね。その中で生活保護費が占める割合はどれくらいなんでしょう。たしか、国と地方自治体で半分ずつ負担しているとか。

年金も、制度としては良い、と思いますが格差は大きいし、運用している役所が信用できないし・・・。だいたいが、若い頃、なんら社会に貢献しないで稼いだカネをギャンブルで使い果たしていたような連中が喰えなくなっても自業自得。ましてや、外国籍の人間まで生活保護を受けられる・・・、おかしいですよね。海外で暮らす日本人が生活に困った際、その国が保護して生活費の面倒をみてくれるのか・・・、そんなことありませんよね、「国に帰りなさい」になるものでしょう。

日本は世界に冠たる「お人好し国家」ですね。

Posted by poohpapa at 2018年06月09日 07:09
はなくろさん、おはようございます

<<親との同居を望まない若い世帯の問題は直接保育園不足に繋がる問題でもありますよね。

「保育園落ちた 日本死ね」の母親の家庭環境がどんな様子なのかは不明ですが、別居していてそんなことを言っていたなら「おいおい」ですね。

今は、そこそこの企業や役所なら65歳までは嘱託として使ってもらえるので、祖母が専業主婦でなければ孫の面倒は見てもらえないものでしょうね。それと、祖父母が家にいたとしても、子供を保育園に預けたい、という若い両親は多いと思います。教育方針が違っていたり、借りを作りたくない、とかの理由で・・・。そのあたりは難しいですね。

<<うちも子供がいないのでしこたまお金貯めておかなきゃいけないハズなのに、今は自由に使えるお金って思っちゃっているからダメなんですよね

いえいえ、はなくろさんには例の特技がありますから老後も安泰です (^◇^)

この問題は、日本人の意識が(悪く)変わってきていることから起きている、と私は思っています。



Posted by poohpapa at 2018年06月09日 07:23
投資自体は良いと思うのですけどね。
不動産所得を「不労所得」だと思っておられることとと、「消費者様」意識が抜けておられない部分が問題の根底なのかと。

不動産を購入して収益をあげようとする場合、一個人であっても「プロ」の事業者とみなされます。
過保護な「消費者契約法」に守られることがなくなるのです。
つまりは、「プロ」対「プロ」の取引の中で、一方的に不利な契約であったとしてもそれが契約書上で巧妙に隠されていたとしても、無知で気がつかない方が悪いのだ、となります。


「ガイアの夜明け」でこの肝心な部分が言えないということは、やはりスポンサー(ヘーベルハウス)への配慮なのでしょうか。
そのせいで論点がよくわからくなっているという印象でした。
Posted by AK at 2018年06月09日 09:23
AK さん、おはようございます

私も、投資話が全て悪い、胡散臭い、とは思わないのですが、単純に「そんなに旨い話なら人に教えないで自分でコッソリやってるだろうに」と思ってしまうのです。そうしないで人を勧誘して口銭を稼ぐ・・・、信用できませんよね。うちの店に営業の電話が入るとそう言うことにしていますが、明確に反論されたことはありませんで、せいぜい「我々社員はできないことになっていますので」と言い訳するのみです。

不動産所得、不労所得じゃありませんよね。たしかに、管理を任せてしまったりしていれば肉体労働は少ないですけど、相当に資本が必要ですしリスクも多いです。マスコミがそのあたりを公正に伝えないのが間違いです。一面だけを捉えてしか論じませんから。

テレビ東京は、スポンサーであるへーベルハウスに気を遣いつつ、けっこう掘り下げていますね。もっとも、番組でライバル会社を潰している、と言えなくもないですけど。

かぼちゃの馬車の問題もレオパレスの手抜き工事の問題も、私も、冷たいようですが契約内容を精査せずに信じ切った顧客の責任も重い、もっと言うなら自己責任かと思います。カネだけ出して、後は管理(運営)会社がすべてやってくれて高配当を手にすることが出来るなら、そんな楽な話はありません。そこに疑問を感じないような人・・・、振り込め詐欺にも引っ掛かることでしょう。

この先、被害に遭う人がいなくなることは有り得ず、これらを詐欺事件と言ってしまっていいかどうか不明ですが、同様の詐欺はこれからも手を変え品を変え出てくることでしょう、人間に「欲」と「不安」がある限り。

Posted by poohpapa at 2018年06月10日 06:39
「する」は忌避言葉でしょう。
特に縁起を担ぐ江戸っ子としては。

旧国名とはいえ普通ダメじゃない?
なんが悲しゅうてわざわざカタカナにするかなぁ…バカなのかな(゚ー゚*?)

スルメ→アタリメ
鏡割り→鏡開き
亀梨→亀有
Posted by ハリケーン at 2018年06月12日 09:00
そう、私も、どうして「あえて(元のままの)漢字の駿河でなくスルガにした」のか、不思議でした。

「カタカナのほうが今ふう」だと勘違いしたのかな、と思っています。昔からカタカナの社名の会社は直ぐ潰れる、と言われてますし・・・。
Posted by poohpapa at 2018年06月12日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]