2018年07月12日

この記事は面白い、自分ならどこまで出来るものだろうか・・・

お金のためにあなたはどこまでできる?その誠意を見えてもらおう
もしかして・・・「見えて」でなく「見せて」の間違いかも。

この記事 ⇑ は、人間の深層心理を炙り出すことになって興味深い。ただし・・・、

注意:このクイズに答えている間、吐き気を催すかもしれません。

と、注意書きがあって、設問の中にはグロいものもあるので(ほぼグロ)見るなら自己責任で。


そう言えば、昔こんな記事を書いていたっけ・・・。

怖い女

その話を今回の記事ふうに設問にしたなら、


「熟女のウ○チ、300万円なら食べられる?」

になるかも。

マトモな神経ならキッパリ断るだろうけど、カネに困っていたなら泣き泣き一口食べるかも。

カネって、いや、人間って怖い (^◇^)


posted by poohpapa at 04:22| Comment(4) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熟女はおろか、絶世の美少女でも無理でしょ。
身体が拒絶するように作られているのではないかと考えられるので、口に入れるくらいはガッツと根性でなんとか行けても、嚥下するのはきっと無理。(-ω-;)ウーン

まぁだからどうした、ですけどね…(´・ω・`)
Posted by ハリケーン at 2018年07月12日 08:28
ハリケーンさん、ご謙遜でしょう・・・ (^◇^)

ハリケーンさんなら「茹でたバッファローの〇丸」も「生きたカタツムリ」も「ヒツジの眼球」も「ロバの〇液」も、もちろん「熟女のウ〇チ」も、全部楽々とクリアするのでは、と思っていますですよ。

でも、世の中には「こういうグロテスクな、普通は誰も食材にしようとしないゲテモノ」を好んで食べる人っているんですよね。たしか、昔は芸能人がゲテモノを食う番組もありましたね。

私は・・・、口に入れるのも飲み込むのも絶対に無理です。刺身でさえ食べられないのですから。

希ちゃんのなら・・・、勢いで行くかもですが・・・。食べた後で「実はアレは旦那の渡部のでして」などと言われたら即死しますね。

Posted by poohpapa at 2018年07月12日 09:06
私はプライドが勝るのでお金に負けない・・・と言いたいところですが、私のプライドがお金に負けて崩れ去ったことを知る人がどれだけいるかってところに尽きるかと思います。

【怖い女】の場面の場合差し出した女の人しか状況を知るものがいないのであれば食べるかも(ぇ


ただ問題なのはその状況が脅迫めいているということ。その動画を撮影されたりすることで今後脅される可能性があるのであればそれは絶対に避けなければならないし金を貰ったら遠くに引っ越さないとだめですよね(ぇ

っていうかウ〇コの場合は  誰が出したもの  でも共通であって誰だからいいとかって言うものでもない気がする・・・
Posted by はなくろ at 2018年07月12日 09:52
はなくろさん、こんばんは

まあ、たいていは、いくらカネを積まれても無理、ってモンばかりですよね。

そのホスト、うちのお客さんなんですが、同僚が300万で一口食べた、という噂が広まってなくて、脅迫されてもいないようなので、バラされたりする心配は無かったようですね。たぶん、一人のホストに対して一回限り、そのオバサン、「カネの魔力に負けて堕ちた」と確認できれば満足だったんでしょう。

私なら、何かでバラされても「あるワケないでしょ。アンタ、食べられる?、食べられないでしょ!?、一緒、一緒」と惚けますね。動画を撮られていても、「あれはウ〇チに似せた肉片。ほら、よくあるでしょ、便器の形した器にカレーライスをよそって食べられるかどうか試すやつ。あんな感じだよ」とか言って笑い飛ばします。その裏で、警察に被害届を出しますけど (^◇^)

ホントに希ちゃんのならタダでもいいかな、せめて臭いだけでも・・・。ってバカなこと考えていて、枕草子を思い出しました。うろ覚えですが、その昔、大好きな姫君に横恋慕した男が、姫君を諦めるために、姫君の出したウ〇チを見れば熱も冷めるだろうと、姫君が手洗いに入った後で、それをうやうやしく運ぶお付きの者を襲って被さっている布を取ったら、とても良い香りがして・・・、という話。

それは、計画を事前に察知した姫君が仕組んで、ウ〇チでなく香木かなんかを乗せていたので、「姫君のウ〇チはこんなに良い香りがするのか」と驚き、益々姫君のことが好きになったんだとか・・・。

でも、それはさておき、人間、カネのためなら、なんでもできそう、しちゃいそうな気がしますね。

Posted by poohpapa at 2018年07月12日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]