2018年07月07日

やっと、死刑が執行された

オウム事件:「その時が来た」地下鉄サリン遺族の高橋さん

この記事の中で、

1審公判で松本死刑囚の弁護人を務めた小川原優之弁護士は「心神喪失が疑われる状態で裁判で審理が尽くされないまま、刑が確定してしまった。執行されるべきではなかった」と抗議した。

と、あるが・・・、はあ??、である。心神喪失で無罪、判断能力で減刑、責任能力で起訴猶予、になるなら被害者や家族は浮かばれない。サリンを撒けば大量殺戮に繋がる、首を絞めれば人は死ぬ、刃物で刺せば人は死ぬ、銃で撃てば人は死ぬ、と判っていて行為に及んだ、指示をした、というなら心神喪失を疑う必要も判断能力を問う必要もない。誰もが、人を殺してしまった時点で判断能力を失っているのだから、そんなことを言っていたらどんな凶悪犯罪を犯しても死刑に処せないことになる。

こういう事件で必ず「精神鑑定を・・・」とか言い出す弁護士がいるが、自分の依頼人が容疑者であったとしても、犯罪者の人権にしか配慮できないのであれば、そんな弁護士は弁護士のクズだと思う。

事件から20年あまりは長すぎるが、指名手配犯が多数に及び、全ての容疑者の身柄が確保されなければ公正な裁判が開けないことを考えたら、それも仕方なかったかな、とは思う。

で、海外の(馬鹿な)反応。毎日と AERA の記事だから、少し盛った書き方をしていそう。

EU:日本に死刑の執行停止求める 毎日新聞

甚だしい内政干渉である。

オウム事件が「日本と日本国民にとってつらく特殊な事件であることを認識している」と述べ、テロ行為を非難すると共に犠牲者や遺族に共感の意思を伝えた。

ともあるが、理解も正しい認識もしておらず口先だけの同情。殺された人の中には、どうしても今は死ねない事情があった人や、「何でも言うことを聞くから命だけは助けてほしい」 「子供の命だけは」と必死に懇願した人もいたであろう。被害者やご遺族にも人権があるのに、それを踏みにじった犯人には命の保証がある、刑務所で病気の治療も受けられる・・・、そのほうが不合理で不条理。

じゃあ、戦争で人を殺すのは問題ないのか、EU 加盟国は一人も殺さない戦争をしているのか。戦争で死んでいく人にも人生や人権はあるハズ。勝手なこと言ってんじゃないよ、と言いたい。

死刑には「犯罪抑止効果がない」と指摘し、冤罪(えんざい)による過誤も「不可逆」だとして「いかなる状況下での極刑の執行にも強く明白に反対する」と主張。

死刑制度に犯罪抑止効果があるかどうか、は全く別の問題。私も、(計画的な殺人でなく)今まさに人を殺そうとしている人間が、その瞬間に「いや、待てよ。ここで殺して自分が捕まったら死刑になるかもな。やっぱ、殺すのやめよう」と考え直すとは思っていない。だから死刑制度に抑止力なんて望むのがそもそも間違い。

俗に言う「炎上」を覚悟で言わせてもらうなら、

冤罪は起きてはならないこと。たしかに、以前はよくあったのでは、と思う。だが、現代では捜査の手法も証拠の判定もその為に必要な技術も人権に対する配慮も、昔とは格段に違って進歩している。たとえ1000件に1件の冤罪による死刑があったとしても、それでも死刑制度は必要だと思う。殺された人の中には加害者とは縁もゆかりも無いのに、何ら接点が無かったのに、つまり「恨みをかう理由」が全く無いのに殺されてしまった人も多くいると思う。確率の問題ではない、と言えばそのとおりだが、通りすがり殺人で犠牲になった人と冤罪で死刑になる人とでは、起きる確率は雲泥の差。元々人間社会は不条理なもの。人のすることだからどんなに注意していても間違いは起きる。だから三審制をとっているのだし。一つのミスを避けるために全部やめさせる、そんな価値観のほうが間違っている。

間違いも冤罪もどうしても起こり得るもの、それでも、死刑制度は必要なものではなかろうか。


もう一つの記事、

「ああ言えば、上祐」の言葉を作った記者が語る 死刑執行で神格化された麻原彰晃の危険性 AERA

麻原にもっと事件の真実を語ってほしかった。その意味では残念な思いもあります。

とあって、麻原に真実を語ってもらうために治療を受けさせるべきだったのでは、と主張していて、??である。麻原に治療を受けさせても死ぬまで真実を語ることはないと思う。こちらは「冤罪が起きる危険性」というアプローチでなく、遠回しに死刑廃止を訴えているかのよう。私にはそう思える。

今の日本の法律だと「死刑が確定していても、死刑囚が心神喪失になっていたら法務大臣が執行停止させる」ことになっているそうだが、それは無意味だと思う。自分がしたことに対する罰が死刑と決まったのなら、執行する時に心神喪失になっているとかいないとかは関係ないと思う。

基本的に、私は人を一人殺したなら死刑でいい、と思っているが、時に、殺した側にも事情がある、殺された側にも殺されるべき理由があったのなら、その部分では情状を酌量すべきで、人権に対する配慮はそこまでで良いのではなかろうか。EU 諸国の国民て、家族が理不尽な殺され方をしても死刑は望まないんだろうか。

昔は日本でも「死をもって自ら償う」切腹の文化があったが、そういうのも欧米諸国には受け入れられない、理解できないものなんだろうな。この件ではいつまで経っても主張が平行線になると思う。

ついでに言っておくと、アメリカでの死刑の方法、まず睡眠薬を注射してその後に毒薬を、という(死刑囚を苦しませない、恐怖を感じさせない)執行方法は全くもってナンセンスで人権ボケの極み。犠牲者と同じ恐怖を味合わせるのが当たり前。できることなら犠牲者と同じ方法で死刑にしてほしいもの。そもそもが、公開処刑にしないのであれば、死刑制度は凶悪犯罪の抑止力たりえない。

そして、学校の道徳の授業などで、犠牲者のご遺族だけでなく、加害者(死刑囚)の家族が、その後にどんな悲惨な生活を強いられているか、しっかりと教えてほしい。幼いうちから子供たちの頭に叩き込んでほしい。そのほうがよっぽど凶悪犯罪の抑止力としては有効ではないか。


さて、願わくば、残りの6名の死刑も早急に執行してほしい。

posted by poohpapa at 06:51| Comment(10) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

やっと死刑が執行されましたか、非常に長かったですね。EUでは死刑反対とか、いっているとか書いているのは毎日系、朝日系の報道だけでしょう。
EUなど、テロ犯などその場で射殺が普通でしょう。中国など、死刑判決が出た翌日に銃殺刑ですからね。しかも、撃った弾の代金まで遺族に請求するそうです。人道的ですね。
今回の法務大臣、やっぱり女性でしたね。即決だったのではないでしょうか。残りの6名もそのうち執行されるでしょう。
さて、この麻原の遺体、だれが引き取るのでしょうか?キリストみたいに殉教者扱いで神聖化されるんでしょうかね。
Posted by たか at 2018年07月07日 08:35
たかさん、おはようございます

そちらは物凄い記録的な豪雨のようですが、大丈夫でしたでしょうか。今後もお気を付けくださいね。

テロ犯をその場で射殺する国より、ちゃんと裁判をして最高裁まで三審が用意されていて、その上で慎重に判断がされる日本のほうが非人道的、って、どういう理屈なんでしょう、不思議です。

中国なんか控訴審なんて話は聞きません。控訴しても直ぐ却下で刑場へ・・・、しかも臓器が売られるとか。でもって弾の代金を請求・・・、何をか況や、ですね。しかしながら、こういう問題に関しては、その国の実情や文化、歴史があるのですから、他国が口を挟むことではないように思います。

ところで、麻原の遺体とか遺骨、遺族は受け取りを拒否しそうですね。今も麻原を崇拝している信者たちが引き取って神聖化して祀ることになるんでしょうか・・・。情報はいくらでも得られる時代に、今も麻原を崇拝する・・・、マトモに社会生活を営めないのですから哀れとしか言いようがありません。

それにしても、上川法務大臣、良い働きをしましたね。こういうのは男には決断できないかも・・・。

Posted by poohpapa at 2018年07月07日 09:07
死刑囚をいつまでも生かしておくことがお金の無駄遣いだわ。給料日までお金を切りつめても切り詰めても足りなくて食事を1日1食にしてでも働いてギリギリの生活をしている人に失礼だと思う。1日にサトイモの煮っ転がし1個と水をコップ1杯も与えとけって言いたいですよね。
自分が死ぬ前に 死ぬことの恐怖 を体で感じてもらって自分が犯した罪を悔いてほしいです。


ま、私が法律だったら死刑が確定した段階で食事を与えずギリギリ生きていられるだけを与え続けて「もう死んだ方がましだ」って言わせたいですね。

愛する家族をコロされて生きて行く意味さえ失った遺族の事を考えたらね。

書くまでもないと思いますが私は性格悪いです
Posted by はなくろ at 2018年07月07日 09:31
「死刑が確定していても、死刑囚が心神喪失になっていたら法務大臣が執行停止させる」

これはそう悪くないかも。
心神喪失しそうな死刑囚には、覚醒剤でも何でも打って、意識をはっきりさせたうえで、「今からあなたは死にます。」とキッパリ宣言して、ちゃんと正常な意識を保ったまま殺してしまう方がサッパリとして良い気がします。

個人的には死刑よりも人権無視の強制労働させる方が良いと思いますが、人権屋的にはこっちの方が悪なんでしょうね、たぶん…(-ω-;)ウーン
Posted by ハリケーン at 2018年07月07日 10:12
poohpapaさん、はなくろさんへ
poohpapaさんには負けますけど、僕もはなくろさんと同じように性格悪いです。
あほな弁護士が’松本には真実を語ってほしかった’とコメントしているようですが、あんなくだらない奴の真実知って何になるのと言いたい。
再審請求の飯の種がなくなったのが悔しいだけでしょう、しゃくし定規に再発防止のためとか言うのでしょうが、効果的な再発防止は、この手の団体には破防法の適応で解散させるのが一番です。
今オウムの亜流みたいなのが、存続しているようですが、解散させれば属している信者の行き場がなくなると言い出しそうですね。
日本は北朝鮮やシナと違って、法治国家です、まともに生きようとすれば生きられます、それもできないのなら、社会に迷惑のかからないように消え去るしかありません。
方法は自己責任でお願いします。
つくずく、あほな弁護士の多いことに気付きますが、年収300万以下の弁護士が増えているそうです。
しかしそれは新規に開業する若い弁護士で、上でふんぞり返っている赤味かがった弁護士は、金も地位もあって何の心配もないのでしょう。
光事件の弁護士なんか、何十人も名を連らねていましたが、こんな奴には絶対弁護頼まないと思いましたが、それでも営業しているようですから、どうなっているか不思議です。
Posted by ボース at 2018年07月07日 12:23
はなくろさん、おはようございます

性格、悪くなんかないですよ〜。時に鋭い意見を発信していらっしゃるので、キツイ人かな、と誤解をされることがあるかもですが、お友だちも多いし、私は「性格悪そう」と思ったことはありません。

で、本題。死刑が確定したのにいつまでも執行せず10年20年と生かしておくのも納得いきませんが、もっと納得いかないのは、いつまでも執行しないでいる間に死刑囚が獄中で病死することですね。被害者の遺族にとっては「死刑判決など無かったのか」と思えてしまうのではないでしょうか。

あと、ついでに、死刑囚と結婚する女性がたまにいますけど、どういう精神構造なんでしょう・・・。人を殺した、それもたぶん二人以上殺していて、付き合ったことも無い男と、いくら哀れだったとしても、結婚など出来ないでしょう、ふつう。相手は娑婆に出てくることは無いのだし。あ、だからか・・・。でも、結婚なんてボランティアで出来るものではありませんよね。戸籍(経歴)に傷もつくし。

<<自分が死ぬ前に 死ぬことの恐怖 を体で感じてもらって自分が犯した罪を悔いてほしいです。

まさに、そこですね。我が子に食事を与えず餓死させてしまったなら、留置場でも刑務所でも、亡くなった子と同じ目に遭わせてやるのが罪の償わせ方としては尤も合理的だと思います。生きたままコンクリート詰めにして殺したなら、処刑方法も同じでいい、と思ってしまいますね。

死刑囚の精神状態を考えて、最近は、執行の当日の朝に「執行する」と告げるらしいのですが、一週間くらい前から伝えて、殺された人と同じ恐怖を味合わせてやりたいと思ってしまいますね。

Posted by poohpapa at 2018年07月08日 05:47
ハリケーンさん、おはようございます

日本に北朝鮮みたいな強制収容所なんかがあれば死ぬまで強制労働させるのもアリかもですが、それさえ生産性や脱獄のリスクを考えると、確定したらサッサと執行したほうがいいですね。

確定したのに執行のサインをしない法務大臣は次の選挙では落とさないといけません。

私も若い頃は、死刑囚に新薬の実験台になってもらったり、臓器を提供してもらうのもアリかな、と思っていました。死ぬまでに、何か一つでも世間の役に立ってもらうのが本人の為にもなるかと・・・。ただ、死刑囚、わりと高齢の人が多いから臓器移植には適してなかったりして。それに、自分が臓器移植を受けたとして、自分の体の中に死刑囚の臓器が入っている、というのは、何かで臓器提供者がどんな人か知ってしまったなら苦しむでしょうね。それを平気でやる中国って・・・。

殺された人やご遺族の人権は蹂躙されているのに、殺人者の人権に過剰に配慮するのは逆差別ですね。世界的にそういう傾向にありますが、個人的には「なんか変」と思います。

逆に、死刑囚の家族への配慮は(多分に家族が犯行に影響しているかも知れませんが)必要ですね。

Posted by poohpapa at 2018年07月08日 06:07
ボースさん、おはようございます

<<poohpapaさんには負けますけど、僕もはなくろさんと同じように性格悪いです。

って、こらっ!( `ー´)ノ

これでも、お客さんからは時々「仏さんのような人ですね」と言われているんですよ、本当に。

ま、それはともかくとして、麻原が真相を語るなんてことは100年生かしておいてもありませんね。もしも本当に教祖なら「全ての責任は私にあります」と一貫して言うものでしょう。死んでもクズです。

それくらいのことは少し様子を見ていれば判りそうなもので、そんなことを言ってる弁護士は無能です。ともなければ確信犯で、人間性を疑います。山口県光市の母子殺人の大弁護団の安田弁護士なんて資格を剥奪してもいいくらいの最低のカスですよ。レベルが低すぎます。そりゃあ、あんな弁護士しか付いていなければ勝てっこありません。

どう見たって有罪なのに、本人が認めているケースであっても、やたら再審請求するのも納得いきませんね。情状酌量を訴えて減刑してもらう、それでも死刑判決になったなら、執行を回避させようともがくのでなく、しっかりと罪を償わせるようにするのも弁護士の仕事かも。たしかに、弁護士の仕事は依頼人の利益を護るのが一番大切なことかも知れませんけど、社会正義を俯瞰して見る能力や判断力も必要だと思うのです。声高に「人権」だけを叫ぶ弁護士・・・、存在そのものが社会悪ですね。

今朝のニュースで、麻原の遺体を四女が引き取るんだとか・・・。何か物騒なことが起きなければいいのですが・・・。国会で破防法を審議していた際、強烈に反対していた議員ども、何かあったなら責任が取れるのでしょうかねえ・・・。



Posted by poohpapa at 2018年07月08日 06:25
死刑に対する各国の考え方は、人は死後どうなるのかという宗教観を抜きにしては語れません。


欧米などのキリスト教圏では、人の死後は土の中に埋まった状態になり、最後の審判の日のむくむくと這い出てきて(肉体の復活)、天国に行くか地獄に行くのかの審判を受けるというものです。
死んだ日から最後の審判の日までは、一種の休眠状態であり、その間の贖罪のシステムは存在しません。
したがって、生きている間にしか贖罪の機会はないということになります。

日本では、土着宗教の神道の考え方が強く残っています。
「水に流す」という言葉があるように、罪は流していくもの(川に流し海に送って海の底に沈める)と考えられています。
こちらでは、生前死後の区別が特にありませんので、罪は時間とともに流れて浄化されていく(ある意味では自動的に)ということになります。


死んだ後に罪が浄化されるシステムがあると思うか否かで、死刑に対する見解が大きく変わってしまいます。

キリスト教圏の彼らが、死刑廃止を強く主張する理由は、罪人を死刑にしてしまっては贖罪の機会が一切なくなって可哀想(生前にしか贖罪のチャンスがないため)というものです。

一方で、日本の私達の文化では、罪を意図的に浄化するシステムがそもそも存在していなかったので、罪を増やさないということがとても重要になります。(増えなければ流れて自動的に減っていく)
そのため、生きて罪を重ねさせるよりは、温情として死を与えようということ繋がっていきます。


黙していても彼らには伝わらないので、こういう宗教観だから死刑制度には反対ではない、と皆が説明できるようになると良いですね。
Posted by AK at 2018年07月11日 00:10
AK さん、おはようございます

AK さんのコメントに激しく同意いたします。私も、宗教観の違いによるところが大きいと思います。

それにしても、自分たちの価値観こそが正しい、とばかりに価値観や意見を押し付けてくるのはどうかと思いますね。明らかに内政干渉ですし。たしかに、国家間で死刑制度の是非を論じたりする際には宗教観の違いは避けて通れないもので、そして、とても厄介な問題でもありますね。

で、頂いたコメントの主旨から逸脱してしまうのですが・・・、

私は旅行が好きで、ヨーロッパなどもよく行きますが、そうすると、各地で必ずキリスト教の教会に案内されます。たしかに、それらが歴史的に価値のある建造物であることは認めますが、他の宗教に対しては排他的で、自分たちも弾圧された歴史があるにせよ、自分たちの宗教を押し付けるために戦争していたこともあったハズで、「何を今さら死刑制度反対だよ!?」、と言いたくなります。

実は、私がこの世で一番嫌いな宗教はキリスト教です。最も独善的な宗教だから、です。

立川駅北口のコンコースには、晴れているとキリスト教の信者が録音された「イエスキリストの教え」を延々拡声器で流しています。「キリストを信じれば永遠の命が与えられます」「イエス・キリストを信じなければ地獄に墜ちます」「あなたが悔い改めれば神はお赦しになります」などなど・・・。

不信心な私からすると、「永遠の命なんて要らない、50年で十分」「地獄行きでいいよ」「べつにオマエに赦してもらわなくてかまわないよ」と言いたくなります。むしろ、「そんなことのために人生の大半を注ぎ込んでるなんて、馬鹿だねえ、こいつ」と思っています。信仰は自由ですが、他の宗教を認められない宗教は嫌いです。そんな宗教が「人を救える」とは思えませんから。

柴田錬三郎の「眠狂四郎」の中の言葉、「神が人を創ったのでなく人が神を創ったのだ」という言葉に甚く共感していまして、それは一生変わることはありませんね。戦争も、殺人も、虐待も、イジメも、全て人(人間)のしていること。終わった後で神と結びつけることほど馬鹿な話はありません。

そんな欧米人から「死刑制度は野蛮で〜」「人権が〜」と言われても賛同なんてできません。日本には死刑制度は必要です。ご遺族が(報復殺人で)加害者にならないためにも。死刑制度は、人間社会を俯瞰して見た時に最も公平で公正な制度だと思います。被害者やご遺族にも人権がありますから。

話が脱線してしまいましたが、

いつもながらに AK さんのご意見は凄く解かりやすくてスッと入ってきます。とても有り難く存じます。

Posted by poohpapa at 2018年07月11日 07:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]