2018年09月19日

柊祭見学の為の帰省、その後日談

昨日、母校のN先生からお礼のお電話を頂いた。

N先生は非常勤講師でいらっしゃるとか。「久しぶりに登校したら私宛にお土産を頂いていたそうで・・・」とのこと。私が母校に「資料提供させて頂きたい」旨の連絡を入れてからN先生が窓口になってくださって、終始丁寧に対応して頂いたお礼に定番の東京土産を持参しただけのことなんだけど・・・。ご不在ということで新聞部の顧問のT先生にお預かりして頂いていたのだが、校長先生にもお持ちすれば良かったかなあ、と後悔。まさか校長室に招き入れて頂きお話しすることになるとは思っても見なかった。

他にも、私がよく行く東急ストアのスタッフにそっくりな女性の先生がいて、当日その先生から質問を受けた。やはりとても感じのいい先生で、手に「歴代の生徒会長のリスト」を持っていて、「坂口さんの翌年の前期の生徒会長がいないことになっていますが、何かご存知ではありませんか?」とのこと。

そんなリストがあるんだ・・・、と驚いた。私が知っているのは、一級下の学年は誰も生徒会長選挙に立候補せず、生徒会長不在のまま学校祭が行われた、ということのみ。それで、その場で新聞室の後輩のM君に電話して、「誰かがリーダーシップを取って運営していたのかどうか、資料作りの為に先生方がお知りになりたいみたいだよ」と言うと、詳しく教えてくれた。生徒議会が運営して、というのでもなく、適当にみんなで役割分担して開催したようだ。てことは・・・、生徒会長などいなくても何ら問題ない、学校祭も廻る(開催できる)、ということ。だったら私は何をしていたんだろう・・・、と思ってしまう。

M君から聞いた話をお伝えすると、「そうでしたか、それでスッキリしました」と喜んでくださった。創立100周年の資料作りをしていらっしゃるものか、いつか本になりそうな気配。

M君に電話して、ついでに後輩たちの消息を知ることもできたのだが、中には闘病生活を送っている後輩もいるようで、ちょっと気になっている。この歳になると、健康面でも幸不幸がハッキリ分かれる。

N先生に「次か次の半高新聞に『先輩便り』を書かせて頂けないか顧問のT先生に伺って頂けませんか?、出世した優等生の先輩便りとは逆の劣等生の立場からの先輩便りになりますが」とお願いすると、「では、お伝えしておきます」とのこと。たぶん書かせて頂けることだろう。

と言っても、相手は高校生・・・、得意の下ネタは封印して書かなければ・・・ (^◇^)


                      完了



 さっき、格闘技の山本 KID 氏が41歳で癌で亡くなられたニュースが流れていて、その中で、日本で初めて総合格闘技をプロデュースした実業家榊原信行氏のインタビューが流れていたが、たしか榊原信行氏も半高の出身だったかと・・・。それにしても、まだまだ若い方が亡くなられるのはキツイものがある。



                          完了

posted by poohpapa at 05:57| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

ああ、やっと完了ですか。1ヶ月くらい母校に旅行していたような感じですね。
もっとも、短いイタリア旅行の記事は既に終わってしまっていたようです。

>>中には闘病生活
私の同僚や先輩だった人も多いですね。先日、2週間程前、めっちゃ元気だった先輩が脳梗塞で倒れ、そのまま死亡したと訃報がはいりました。まだ、再雇用で仕事していたので
まあ、旅行や自分のやりたいこともあったでしょうけど仕事一筋で終わってしまったようです。

poohpapaさんの『劣等生の先輩便り』も後輩に役立つでしょう。
Posted by たか at 2018年09月19日 08:23
たかさん、おはようございます

<<ああ、やっと完了ですか。1ヶ月くらい母校に旅行していたような感じですね。

いいえ、21時間の滞在です (^◇^)

海外旅行記もそうですが、忘れないうちに書かないと、何が言いたかったか見失いますもんね。イタリア旅行記も、この後で続編を書きますよ。まだ2階しか書いてなかったし。

たかさんの先輩の方、これから人生を楽しめるところだったでしょうね。元気なうちにあちこち出掛けたり、好きなことをやったりしないとダメですね。ま、そうは言っても、うちのに少しでも老後の資金を残してあげないといけないので、私ばかりが浪費するワケにはいきませんが。

あ、来月の高山祭、行くことにしました。それにより来年の海外旅行が困難になりそうですけど、うちのが「行きたいところに行っといでよ」と背中を押してくれまして・・・。どっか行くとしても「安く行けるところ」になりそうで、そうすると、たかさんの希望する国じゃなくなりますかね。

考えてみれば、私は、モノの断捨離と、夢や目標を塗り潰していく断捨離とを同時にしていますね。


Posted by poohpapa at 2018年09月19日 08:54
芸能人とかが亡くなったニュースを見てもどこか他人事なのは否めないけれど・・・
それでも小林麻央ちゃんが亡くなった時は【小さい子供もいておそらく食生活には凄く気を使っていただろうひと】が亡くなったことにショックでした。
今回のKIDさんも体を鍛えていた人だったからなんか余計にショックでしたね。
2人に1人が癌になるという時代なんだからいつまでも他人事でいてはいけないんだけどね
Posted by はなくろ at 2018年09月19日 10:57
はなくろさん、こんにちは

41歳、というのはキツイですね。私の周りでも、お世話になった方が一人また一人と癌に罹っていて、うちは癌の血統ではありませんが、それでも怖くなります。高齢の人が癌になる分には「充分に生きたでしょう」と冷たく突き放したりもできますが、まだこれから、という人の場合は、しかも幼いお子さんを残して、であれば尚のこと他人事とは思えなくなります。私の同級生にも何人かいるのですよ。

私は、うちのに「私が癌とか難病になったら、最先端医療とか延命治療はしないでね」と伝えてあります。ま、その時が来たなら、私みたいな人間は大騒ぎするものでしょうけど・・・。

でも、はなくろさんは大丈夫ですとも、その・・・、私と同じ理由で・・・(こら

つくずく思うのです、事故も病気も、持って生まれた「その人の運」ではないかと・・・。



Posted by poohpapa at 2018年09月19日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]