2018年09月24日

おカネ、有るところには有るものだなあ・・・

昨日、更新契約書を持って、ある家主さんのお宅に伺った。その際、「ちょうどいいからメモしといたんだけど・・・」と私にメモ用紙を渡す。見ると、「10月4日〜16日、ウクライナ」とある。

以前、オランダとベルギーを一緒に旅行させて頂いた家主さんである。元々が旅好きで、ご本人も「今まで何ヶ国巡ったか分からない」 「最終的には南極ね」と仰っているほど。今度はウクライナ・・・、しかも2週間近くも・・・。もう海外旅行で定番になっている国にはほとんど行ってしまっていて、ここんとこマニアックなところばかり訪問しているみたい。実に羨ましい。

先日一部屋空いてこれからリフォームをするのだが、そこそこカネが掛かりそうだし、募集の条件も詰めなければならない、そういう話し合いをしなければ、と思っていて、その話を切り出したら・・・、

「ああ、いいわよ、任せるから。1千万も掛からないでしょう?。1千万以内なら好きにやってもらっていいから。文句言わないから大丈夫よ」だと・・・。まあ、掛かっても30万くらいの話だが・・・。

そういうのは、カネの有る無し、でなく、性格的なものだろうけど。もちろん、そう仰ったからと言って「あれもこれも」と余計なリフォームをするワケではない。そんなことをしたら一発で信用を失くすのだから。だが、こちらの仕事はずっとやりやすくなる。カネの掛かる話でも気を遣わずに済むのは有り難い。

帰りがけに、私が「駄菓子なんですけど、これ、凄く美味しいんで宜しければ試してみてください」と蜂蜜太郎を渡すと、「うわあ、嬉しい。今度の旅行に持って行くわ」と喜んでくれて、それはいいのだが、「うちはお彼岸に来てくださった人にコレを持って帰って頂いてるの」と、吉祥寺の行列が出来る超人気和菓子店「おざさ」の最中をくださった。言うまでも無く、蜂蜜太郎とおざさの最中じゃ等価交換にはならない。冷や汗が出た 💧


いっぽう、別の女性と話していて、私が「死ぬ前に、うちのの名義で組んでいる住宅ローンだけは片付けといてやりたいんですが、難しいかも」と言うと、残債を訊く。それで「900万くらい」と答えると・・・、

「じゃあ、その時が来たら言って。私が出してあげるから、心配しなくていいから」だと。理由を伺うと、「こんなふうに仲良くして頂いているんだからかまわないわよ」と仰る。と言っても2万3万の話ではない。「ああそうですか、では」などと言えるものではない。ではあるが、この女性は、言ってみただけでなく本当に出してくれる人だと思う。現在、予算3億円で新築物件を探す依頼を受けていて、見つかればキャッシュで購入するとか。

この女性も、私が蜂蜜太郎をバラ撒いた人たちのうちのお一人である。もちろん、先々商売に繋げよう、などと考えて渡していたワケでなく、「美味しかったですよ」と喜んでくれる顔が見たいだけだったし、まさかに、ここまでの資産家だとは思ってもいなかった。もしも蜂蜜太郎が多額の仲介手数料や住宅ローン完済になったなら、それこそ究極の「藁しべ長者」と言えるかも。

うちのには、「私が死んだら〇〇さんに『こないだの話ですが・・・』とこちらからは一切の声を掛けずに、もし先方からお話が出たら有り難く受ければいいよ」と伝えてある。ある意味、そういうのも私の遺産だと思う。先方が忘れていてその話が出なくても、それで当たり前の話で、今後の付き合いに影響するものではないし。

過去にも、(辞退したけど)友人から「このおカネ、使ってくれや。返さんでもええぞ」と資金提供を申し出てもらったことがあるし、逆に、私が知人に「返さなくていいですよ」と資金を提供したことがある。私の周りではそういう人間関係がけっこう築かれている。うちのは、蜂蜜太郎などのお菓子をバラ撒く私に呆れているが、そんな下心は無く、喜んでくれる顔が見たい、というのと、私が死んだ後、一人で近所のスーパーやデパート、ファミレスなんかに行っても、うちのが皆さんから声を掛けてもらえたら少しでも寂しさが紛れるのではないか、そういうふうにしといてあげよう、というのが本音。

(カネを)「返してくれたから信用できる」「返してくれないから信用できない」ということも無い。それは信用評価の一つの尺度にしかならない。それぞれに事情があることだし、互いにそんなのは飲み込んでいるから。それで関係が壊れるような相手なら、そもそもカネのやり取りなどしないもの。

それにしても、おカネって、有るところには有るもんだなあ、と、つくずく思う。

posted by poohpapa at 05:51| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

poohpapaさんのまわりはお金持ちが多いですね。ある家主さんって、あのオバサン?のこと?、とても大金持ちには見えなかったけど、やっぱり、本当のお金もちは、見せびらかしたりしないんだ。ロレックスなんてしてなかったもんね。

この蜂蜜太郎で、たくさん釣れてよかったですね。吉祥寺の「おざさ」最中って有名なの?何か、値段が高そう。残債のメドもついたし、これで、気楽にいけますね。
Posted by たか at 2018年09月24日 08:17
たかさん、おはようございます

<<この蜂蜜太郎で、たくさん釣れてよかったですね。

ははあん・・・、それを警戒して、たかさんは「蜂蜜太郎」の受け取りを拒絶してたんだ・・・(^◇^)

蜂蜜太郎、急に爆発的に売れ始めた東急ストアで取り扱いを中止するようで、あとはネットで購入するしかなさそう。駅ビルのグランデュオでも売ってますが、東急ストアより2割も高いのです。どうしても食べたければネットで買いますが、だいたい一通り行き渡ったので、もういいかな(^^;

東急ストアのグロッサリー担当も「なんでだろ??」と本社の方針を不思議がっていましたね。

吉祥寺のおざさ、羊羹を買おうと思ったら、始発電車で行って並ばないと買えません。私は何人かのお客様から頂いたことがあって、羊羹なら岩谷堂羊羹、最中なら銀座の空也のほうが美味しいかな。

ベルギーでご一緒した家主さん、相当な地主さんでいらっしゃいますよ。無駄なことや華美な贅沢はしない、でも悠々自適、それこそが真の金持ちの証だと思います。成金は見せびらかしますもんね。

Posted by poohpapa at 2018年09月24日 08:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]