2018年10月26日

帰国できて、はたして良かったのかな・・・

3年もシリアで拘束されていたフリージャーナリストの安田純平氏が帰国した。

炎上覚悟で言うけど、私はちっとも「良かった」とは思わない。どんな思惑があっても、縁もゆかりもない他国が多額の身代金を支払ってくれる、などとは思わないから、裏があるのでは、と勘繰っているし、ヘタしたら日本が後々膨大なツケを払わされることにもなりかねないのでは、と危惧している。もしかして、密約があって、表向きはカタールが身代金を支払ったことになっているけど、出したのは日本かも。

だいたいが、紛争中の国に取材に行くなら自己責任で行けよ、と言いたい。銃を持った男二人の前に座らされて「助けてください」というパネルを持っている写真を見た時に、おそらくは身代金を払わせるために「日本語でそう書け」と強制されたんだろうけど、そうであっても、「ダメだこいつ!」、と思った。

フリーのジャーナリストにとっては極めて危険な地域に出向いて取材することは「ハイリスク・ハイリターン」で、命の危険もあるけど無事に還って来た時にはマスコミに持て囃される。某戦場カメラマンのように、似たようなことが起きればワイドショーからも常にお呼びが掛かって、自らの名声が高まる。

「こういうフリージャーナリストのお陰で紛争地帯の詳細な状況を知ることが出来るから彼らの存在は有意義」と言う人もいるけど、そして、ロイターもタス通信も共同通信も、自前でなくフリージャーナリストから情報を得ている部分があるとしても、日本人が敢えて遠く離れた紛争地帯に潜りこんで取材する必要は感じない。何か起きれば母国に多大な迷惑が掛かるし、時に野党によって政争の具に使われることになるから。

こういう記事 ↓ があって、私も全く同感。とくにフィフィの意見には強く賛同。

高須院長、安田純平さん「英雄なんかではない」 フィフィのツイートに同調

落ち着いたら、あちこちの局のワイドショーに呼ばれるだろうけど、この顔が出たら私はチャンネルを替える。どうせMCもコメンテーターもヨイショするだけだろうし、本人は永遠に「勘違い」することだろう。

あ・・・、「とくダネ!」で異彩を放つ古市憲寿氏がいたわ・・・ (^◇^)




【 補足 】 かれこれ3年ほど前のフィフィのブログの記事にこんなのがある。

この記事、以前も紹介したけど、

サウジアラビアとイラン何が起きてるの?

これは実に解かりやすい。ヘタな政治評論家やジャーナリストも顔負け、であろう。

フィフィは非常に聡明で、日本人以上に日本人だと思う。間違っても(島田紳助が言うように)駱駝の娘ではない。けっこう批判も受けているようだけど、そんなの一定数は必ずいるし、私は大好き (^^♪

posted by poohpapa at 05:44| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

3年も武装勢力に拘束されていたのに、えらい健康的ですなあ。長時間の飛行機にもすぐ乗ってきたようで。

>>裏があるのでは、と勘繰っている

カタールは3億円も身代金を払っています。この金は表向きはカタールが身代金を支払ったことになっているけど、日本に請求するそうです。まあ金じゃないものかもしれませんが。

カタールはアラビア半島の小さな国です。南はサウジアラビアと国境を接し、ペルシャ湾を挟んで北西はバーレーンに、北はイランに、東はアラブ首長国連邦(UAE)に向かい合っています。

2017年6月、ムスリム同胞団への支援やイランとの接近に対して、サウジアラビア、UAE、バーレーン、エジプト、イエメン、モルディブ、モーリタニアなどがカタールとの国交断絶しています。

つまり、四面楚歌の状況で、中立的な日本に間にはいって欲しいという戦略なのでしょう。
過激派とうまく取引し、日本を利用したようです。

さて、>>マスコミに持て囃される。
もう英雄扱いされてまっせ、
まあ、あの朝日ですが、テレビ朝日の解説委員の玉川徹氏が10月24日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、紛争地帯に飛び込むフリージャーナリストの役割の大きさを力説し、安田さんを「英雄として迎えないでどうするんですか」と主張した。

テレビ朝日は現地に行かず、このようなフリージャーナリストから高い金を払って情報を得ているのです。捕まったら税金で、解放なんでしょうな。

Posted by たか at 2018年10月26日 07:59
ウマルさんは今回で4度目の拘束となるプロの人質なので、次回も拘束されに行くでしょう。
今回はトルコ政府もプンプン丸なので、しばらくトルコには入れてもらえないかもしれませんが…

まぁ故マッケイン氏のようなEPW(戦時捕虜)ではないので、英雄になれるわけないですけど、どっかでは英雄なんですか?(゚ー゚*?)
こんなん英雄にするのは、どっかにあるという噂のディストピア半島の人たちくらいじゃないでしょうか。
Posted by ハリケーン at 2018年10月26日 08:37
たかさん、おはようございます

なんかねえ、素直に、と言うか、単純に喜べないのです。日本は、昔は「人名は地球より重い」などと言って時の総理(福田赳夫でしたっけ)がテロ集団の要求に屈して身代金を払ったり服役中の仲間を釈放して国際社会から嘲笑されて、それに懲りてか、今は「テロには屈しない」という姿勢でいますけど、これでカタールに3億円を日本政府が払ったなら「テロに屈した」のと同じですよね。

カタールに身代金を肩代わりしてもらったのでなく、立て替えてもらっただけかもですね。そのうえ、このことでカタールからいろいろ難儀な役回りを頼まれたなら堪りません。

これが「助けてください」でなく、「私のことは気にしないで、自己責任だと自覚しています」とでも書いたパネルを持っていて、それが為に殺されたなら、立派なジャーナリストだと思いますけど。もっと言うなら、本当に日本政府が3億円を(税金で)拠出するなら、自分で払え、と言いたいです。

私からすれば英雄なんかでなくただの愚か者。自分の行動で多方面に迷惑を掛けているのですから。

これ、英雄視なんかしたら、「何かあれば政府が助けてくれる」と勘違いする第二第三の安田純平が現れかねません。テレ朝や朝日新聞が身代金を出すならかまいませんけど。って、キツイですかね。



Posted by poohpapa at 2018年10月26日 08:53
ハリケーンさん、おはようございます

そういえば、「自分は韓国人だ」と言っていたようですね。何か事情(駆け引き)があるらしいのですが、安田姓は在日の人にも多くある苗字ですから、本当なのかも知れません。でも、もし在日であるなら、身代金は日本政府が払ってほしくないですね。本国政府が払うべきかと・・・。

それにしても、

<<今回で4度目の拘束となるプロの人質

人質にもプロがある、って知りませんでした (^◇^)

たしかに、また行くかもですね。アメリカに入国しようとすると、ESTAの申告時に「シリアへの渡航歴があるかどうか」を訊かれますから、そのことでも相当に危険な国であるのが解かります。それを知らないワケがないのですから、それでも行くなら自己責任です。

第三国経由なら事前に判らないでしょうけど、「紛争国を訪れるなら何が起きても自己責任で、日本政府は一切の支援をしない」という承諾書に署名させたほうがいいですね。
Posted by poohpapa at 2018年10月26日 09:08
poohpapaさん、おはようございます。

今回の安田純平氏の釈放に関して。

先ずは謝罪、そして感謝の言葉でしょ!
日本人か? こいつ。

いつになく、激高しております。
すみません。
Posted by みのむし at 2018年10月26日 10:01
poohpapaさんへ
こんなやつを英雄視するマスコミに腹が立ちますね、以前彼はパスポートを取り上げろと言う意見が出てきた時’自己責任でやるから、国家は口出すな’と豪語したはずです。
それなのに’助けてください、これが最後のチャンスです’とは、まさにどの口が言うかです。
彼より前にISに捕まった二人は、カメラの前で首をはねられました、彼は4回も捕まっていながら助かっています。
これって彼のビジネスモデルじゃないのかと疑いたくなりますね、拘束3年数か月で3億、悪くない商売です。
殺されないよう捕まる相手を選べば、立派に成立すビジネスです、拘束中は地獄でしたという割には髭は伸びていますが血色はすこぶる良好です。
もっとも不可解なのは’私はウマルという韓国人です’というコメントです、なんか国籍を分からなくするために嘘をついたなどと、意味不明な言い訳をしているようですが、堂々とカメラの前で日本語をしゃべていたら、日本人と分かるじゃないか!、何言ってんでしょうかね?
とにかく、お国のために尽くした人を英雄というんで、国に迷惑をかけたやつは不届者、もしくは売国奴といいます。
言葉を商売にしているマスコミさん、言葉は正確に使いましょう。
Posted by ボース at 2018年10月26日 13:10
みのむしさん、おはようございます

大丈夫ですよ、思い切り怒ってください。

私も常日頃、中国や韓国、とくに韓国に対しては、「先ず、感謝から入るのが当たり前だろ!?」と思っていますので、お気持ちはよく解かりますし、同じですね。でもって、こういう場合に「最初にどんな言葉が述べられるか」で、その人の本質が解かりますよね。

普通は、「私のことで日本政府や国民の皆様に多大な迷惑やご心配をお掛けしたことをお詫び申し上げます。関係者のご尽力で無事に解放されましたことに心から感謝いたします」、でしょうね。

時に、(自称も含めて)ジャーナリストは特有の驕りみたいなものが滲み出ていて不快になりますね。

Posted by poohpapa at 2018年10月27日 05:17
ボースさん、おはようございます

私も、実のところあまり関心が無かったので、ハリケーンさんのコメントで初めて「4度目の拘束だった」と知りましたが、学習能力が無いんですね。普通は一回で懲りますが。あの顔を見ていると、ジャーナリストとしての使命感ゆえ、とは思えません。

数年前に、同じジャーナリストの後藤健二氏がISに生きたまま斬首されていて、記憶に新しいのですが、覚えていないのか「自分は大丈夫」だと過信していたのか、それでも行くなら自己責任でしょう。

<<以前彼はパスポートを取り上げろと言う意見が出てきた時’自己責任でやるから、国家は口出すな’と豪語したはずです。

それでいて「助けてください」は無いものですよね。いくら「そう書け」と強要されたとしても、です。陰で日本政府がどれだけ解放に向けて尽力していたとしても、この男が感謝することは無いでしょう。コメンテイターが誰か、そこんところを突っ込んでくれないかなあ・・・。

だいたいが、相当な虐待を受けていた、と言う割には元気ですもんね。身代金目当てに生かしていただけなら食事も水もギリギリにしか与えないのでは、と思ってしまいます。生かされるか殺されるか、極限の状態に置かれていた人間の表情や様子、とは私には思えません。

英雄なんかではありませんし、碌なモンじゃありません。もしも日本が身代金を(肩代わりした)カタールに返還するのなら、それこそが税金の無駄遣いです。掛かった経費は身代金だけではありませんから。そんなのは本人と親族に出させるべき、と私は思います。

こんな男の言うこと(情報)など役に立たないでしょうね。都合の良い嘘を交えて話すのは目に見えていますから。私は、生きて帰ってこなくても良かった人間、だと思っています。
Posted by poohpapa at 2018年10月27日 05:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]