2018年11月05日

無報酬のハズの仕事が一転・・・

いつも、母親が社長を務める自社の社員やお子さんの友人が部屋探しをする際に当社を紹介してくださるご家族がいて、昨日も、ご紹介頂いたお客様(女性)を案内したのだが・・・、どう考えても審査が通らない内容。遠くない将来結婚する相手がいて、直ぐに同居するかも知れないが、事情があって、当面はパート勤めの彼女の名前で契約することになる、とのこと。う〜ん、それだと6万の2DKでも難しそう。

物件は本人も紹介者(社長の娘さん)もいろいろネットで見ていて、本人が「これが良さそう」という物件は、どう逆立ちしても審査が通らないと思われる物件。ま、なんとなれば裏技が無いワケではないのだが、いわゆる「無い物ねだり」の状態で、それは紹介者もよく解かっていて、「とりあえず現実を解からせるために本人に申し込みさせて、審査が通らない現実を突きつけて、そこから改めて部屋探しを始めましょう」、と仰る。

なので、(私が探したのではない)二つの物件の鍵の手配を私がして、昨日、決めてもらうつもりでなく話を壊すつもりで案内をしてきた。もちろん、本人だけは、私と紹介者の腹づもりは知らない。ま、いずれは当社で決まることになるだろうから気にしないし、時間を掛けて、本人たちが納得いく形の部屋探しが出来ればいい。相手の事情を酌みつつ、正しいアドバイスをするのが不動産屋の仕事。

物件は2件とも素晴らしい部屋で文句の付けようがないもの。そりゃあ「無い物ねだり」をしているんだからそうなる。昨日は仕事で来られなかった彼氏にスマホで写真や動画を撮ってデータを送信して、その場から電話して、本命でなかったほうの部屋が気に入り、「ここがいい、ここで決める」と言う・・・。

そこで、「正直、あなたの収入では審査が通らないと思いますよ。ご両親が働いているならご両親のどちらかが借主になって入居者は娘さん、ということでなら審査が通ると思います。或いは、彼と同居するのは先の話であったとしても、彼の名前で申し込めば審査が通るかも知れません」と提案してみた。

壊すつもりの話を纏めに掛かっている・・・、不動産屋は怖い (^◇^)

本人たちが「彼の名前で申し込む」ことに同意したので、「ならば、これから直接管理会社さんに行きましょう。顔を合わせておくことで審査が通りやすくなる、ということもありますから」と、紹介者と一緒に管理会社に行くことにした。車は・・・、当社は所有してないので紹介者の車で、である。

管理会社は当社の物件にも度々空室確認で電話をくださっている会社で、この機会にご挨拶もできるし、私にとっても好都合。管理会社に電話して「直ぐ伺う」旨を伝え、そちらで申込書を書いて頂いた。

保証会社の審査は通ると思う。保証会社の審査が通れば、家主さんの審査も通ることだろう。それにしても、うちの店は賃貸でも売買でも「お客さんが自分で探してきた(持ち込んできた)物件」で決まることが多く、私は全く物件探しをしてないのに仲介料を頂くことが多々ある。

この先、長く、いろんな相談に乗らせてもらう、ということでお返しさせて頂こう。





posted by poohpapa at 06:46| Comment(4) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさん、おはようございます。

おめでとうございます。仲介料を次々にゲットして海外旅行に行きましょう。

Posted by たか at 2018年11月05日 09:29
たかさん、おはようございます

それがね、3ヶ月ぶりくらいの仲介料になるんじゃないかな、と・・・、ほんと。なので、海外旅行まではまだまだですね。たなぼた契約があと10件くらいないとね (*´з`)

Posted by poohpapa at 2018年11月05日 09:39
papaさん、お疲れ様です。

収入的な面で審査に通りそうに無い方たちでも、papaさんのお眼鏡にかなった方たちなら、壊さずに纏めたところで問題は無さそうに思えます。
だって、お眼鏡にかなわなかった方たちなら、papaさん容赦なく壊しそうなイメージ…げふげふ。
Posted by 一条 at 2018年11月05日 20:02
一条さん、おはよ・・・、こらっ! (^◇^)

眼鏡に適わないお客さんの場合でも容赦なく壊したりはしませんよ〜、だ。一生懸命探しているふりをしてスルーするだけです (おい)

でもね、紹介のお客様は飛び込みのお客様より気を遣いますね。紹介者の顔を潰してしまったら信用を失って二度と紹介して頂けなくなるワケで、もしも当社で良い物件が探せなくて他社で決まったとしても、「他で決めちゃったけど、親切にしてもらったよ」と仰って頂けるよう頑張ります、ほんと。

難しいのは、紹介されたお客さんが「おいおい」という属性の人だった時で、まあ、他の何処の店でも相手にされなかったような内容で、うちが最後の砦みたいに紹介されるケースですね。それでも、紹介されたなら何とかしますけど。相手の業者に最初から包み隠さず相談するのが秘訣です。

したがって、自身の内容や状況を正直に話してくれることが大前提です、こちらも信用問題なので。人は誰も、それぞれに問題を抱えています。そこを飲み込みながらどういう部屋が合っているか探って部屋探しをするのがプロの仕事。そういう業者さん、私の周りにも何軒かあります。たいていは小規模な会社ですね。と言うか、担当者によるかなあ・・・。私ほどは個人のプライバシーに立ち入らないとは思いますけどね。私の場合は部屋探しより人生相談の時間のほうが長くなったりして・・・。

一昨日のお客様、人柄もいいですし、彼の収入でなら審査は通りそうです。今日には結果か出ます。
Posted by poohpapa at 2018年11月06日 04:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]