2018年11月11日

年金事務所から「出頭命令」が届いた

一昨日、年金事務所から「出頭命令」が届いた。〇日の16時に年金事務所まで来い、というもので、ご丁寧に、向こうの都合で日時が指定されている。もちろん、都合が付かなければ連絡しろともあるが。

何度か電話を貰っていて、「年齢に関係なく、働いているなら年金を納めなさい」ということらしい。「私は現在66歳で、既に60歳から年金の支給を受けていて、一方で支給を受けていながら一方で年金を払わされる・・・、おかしいですよね。だいいち、支給を受ける際、そちらに出向いて(年金事務所の指導で)『今後は年金の支払いはしません』という書類を提出して受理されてますよ」と言ったら、「関係ありません、全国で30万人があなたと同じ状況で年金を支払っています」と問答無用の対応。当時は「消えた年金騒動」のお陰で職員の対応も腰が引けていたが、今は「禊は済んだ」と思っているんだろう。

浴槽の栓を抜いたままお湯を入れるバカはいない。一方で年金の支給をしながら一方で年金を徴収する矛盾・・・、それを「関係ありません」と言うならお話にならない。どう支給するかは向こうが勝手に決められるのだから、納得はしないが、支給額の中から介護保険同様に天引きすることも可能だろう。

私からすれば、「当時、上からの処分はされたけど、誰か一人でも責任を取った人がいましたっけ?」と言いたい。2ヶ月に一度、13万の支給額から強制的に介護保険を引かれて手取りは1ヶ月5万ちょび。同級生の1ヶ月25万、35万の支給額とはエライ違い。ま、それは、自分が勉強しないでいて大学に進まず、公務員や大企業に就職することなく、人生のほとんどの期間が国民年金だったからに他ならない自己責任なのだが。

うちは蓄えが無いし、住宅ローンは(私が団信に入れず)うちので組んでいるから、私は死ぬまで働いていないとうちのやノルンを養えない。自営業ではあるが給料もボーナス無しで1ヶ月28万円ほど。ま、その中から毎月3万の旅行積立をさせてもらって、年に一度の海外旅行に行かせてもらっているけど、普通の家庭(女房)なら赦されないこと。「もう嫌、こんな生活・・・」と、女房が愛想を尽かせて家出していてもおかしくない。

そこにもってきて、当社で家賃管理している入居者の家賃の立替えや生活費の貸与、例の気違いの裁判費用まで負担していたくらいだから、ゆとりなど有るワケがない。ちなみに、例の気違いが入居していたマンションの家主が、当時、「和解による立退料51万をオタクが払え」と、ハッキリ言わないまでも暗にそう言いに店に来たので、内容証明を送って「もう当社では管理できない」と管理を降りている。その経緯はいつか記事にしたい。なぜ例の気違いがそのマンションに入居することになったのか、は「たまたま」ではなく、家主の人間性にも理由があったのだから。その経緯は他の家主さんや不動産業者にとって大いに参考になる話だろう。

それはともかく、「規則だから」と言うのであれば、何か差し押さえして持って行ってもらうしかない。ま、うちの店にあるもので金目のものは・・・、と言えば、コピー機くらいのものかなあ。細かな備品なら他にもあるけど。私は持って行かれても構わないけどね、一部始終がブログのネタになりそうだし。

しかし、この「年金事務所の傲慢さ」というものはナンなんだろう。一方的に日時を指定して「こっちまで来い」と言うなら、貰った経験は無いけど召集令状の赤紙と同じかも。

明日にでも電話して「用があるならそっちから来なさい」と言ってやろう。

ん・・・???、これじゃ家賃滞納者のことをとやかく言えないか・・・ (^◇^)

posted by poohpapa at 05:52| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
税務署からの督促状はこないの?
Posted by たか at 2018年11月12日 09:06
<<税務署からの督促状はこないの?

脱税はしてないし ( `ー´)ノ

以前も書いてますが、年金支払いの督促が来て差し押さえにならないよう「払ったつもり」で積み立てていた35万は、3.11の際に義援金として全額送金してしまいましたので、今「払え」と言われても払えません。払う気もありませんけどね(おい

Posted by poohpapa at 2018年11月12日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]