2018年11月24日

季節外れの大花火大会

例年、夏に(いつも隅田川花火大会と同じ日に)予定されていた国営昭和記念公園の花火大会が今年は雨天のため中止になって、昨日11月23日に行われた。実に中途半端な時期に行われることになったのだが、花火(火薬)には消費期限があって、既に他の大会では用意が整っていて使い回しもできないし、廃棄処分にするにも莫大な費用と危険を伴うことから順延を余儀なくされたもの。

ここんとこハッキリしない天気が続いていたが昨日は快晴、絶好の花火大会日和になった。都内から夕方までお客様がいらっしゃっていて、「そろそろ始まりますからどこか高いところからご覧になって行けば?」と勧めたが、「今、どこにいるのか」と上司から確認の電話が入った時にドカンドカンと花火の音がしていたなら帰社してから罰として「しゃぶしゃぶの鍋に顔を入れさせられる」かも知れない (^◇^)

17時45分頃、私も店を出て、駅前の銀行まで記帳に行ったら、さすがにいつもより混雑していて、その帰り道、一番の「花火 view ポイント」を見つけた。ビルの屋上でも歩道橋の上でもない。平地で、ただの道路である。えへん、それを、このブログの読み手さんに特別公開させて頂く。ぜひ次回の参考に♪

立川駅北口から徒歩7〜8分のところにある立川女子高校、道路を挟んで敷地が分かれているのだが、その真ん中を通っている道路の、両方の敷地を行き来する門の、少し駅寄りの位置。立川駅に向かって右側がテニスコートになっていて、その向こう側には高い建物が無いから打ち上げ花火がシュルシュルと上がって行くところもよく見える。昨日は既に5〜6人の先客がいたが、まだまだ収容(?)できる。まあ、道路だし。

私は早く家に帰りたかったので数発の打ち上げを見ただけで離れたが、あそこなら、立川女子高校のテニスコートに椅子を並べて席料を取っても良いのでは、と思ったほど。聞いた話では、昭和記念公園の中に特別席があるとか。4000円もするそうだから、2000円で500席なら100万、いい商売だ (おい

それにしても、空気が澄んでいて湿度が低かったからか、花火のドーン、バリバリバリ、という音が、まるで衝撃音のように体を突き抜ける。心臓の弱い高齢者だったら倒れるんじゃないかと思うほど。夏と晩秋ではこんなに響き方が違うのか、と驚いた。それは家の中にいても同じ。ノルンは、花火の音に「え?、何の音?」と最初こそ驚いていたが、直ぐに気にしなくなったみたい。けっこうな音だったのだが。

思ったのだが・・・、日本各地でほとんどお盆の時期に花火大会が行われているのだから、国営昭和記念公園の花火大会くらい時期を秋にずらすのもいいのでは、と。秋なら蚊もいないし、着崩れした浴衣姿を見ないで済む。私は、浴衣を着こなせず(まるでジーンズを穿いているかのように)洋服と同じように歩いている若い女たちを見るのが不快。浴衣を着ているのに色気も何も漂ってこないのが不思議。

駅方面で浴衣より少し厚めの訪問着のような和服を着こなしている中年のご婦人のグループを何組か見掛けたが、この時期の花火大会ならそれもアリかな、と思う。若いお姉さんより色気が漂っている。

よし、来年の国営昭和記念公園の花火大会は立川女子高校に行こう (^^♪

posted by poohpapa at 07:33| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

あら、真冬も近く、寒いのに花火とは、風流を越えて冬流ですね。
夏は花火大会が多いので時期をずらすのもいいでしょうが、夜に外でじっとしていれば風をひくのではと思いますけど。

>>立川女子高校のテニスコート
こんなところで、ウロウロしていたら不審者と間違わられますよ。普段から怪しいのに。
Posted by たか at 2018年11月24日 08:18
たかさん、おはようございます

>>立川女子高校のテニスコート
こんなところで、ウロウロしていたら不審者と間違わられますよ。普段から怪しいのに。

放っとけ <`ヘ´>

昨日はもう寒かったですから、吹きさらしの中でじっとして見物するのも大変だったと思いますね。カップルは「これ幸い」とベターっとくっついてたりしてね。

火薬の消費期限や保管で、昨日が限界で、逆に、それ以前では昭和記念公園の使用許可(予約)が取れなかったのかも知れませんね。ま、夏の名残の花火大会なら10月くらいがいいかもですね。
Posted by poohpapa at 2018年11月24日 08:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]