2018年12月12日

DHCテレビ「ニュース女子」で見覚えのあるビルが・・・

先週の水曜日は休日出勤になってしまったので、今日は2週間ぶりのお休み (^^♪


数週間前の話、DHCテレビの「ニュース女子」を録画して観ていたら、積水ハウスが地面師から55億円を騙し取られた事件を詳しく解説していて、その中で、〇〇ビルという聞き覚えのあるビルの名前が出ていた。

うちで管理している貸家の入居者が関係している企業が入っていて、私も1年ほど前に訪問したことがある。そのビル、10階建で、番組によれば「いくつかの詐欺グループが入っている」とのこと。たしかに、都心にありながら普通のオフィースビルと全体的な雰囲気が違っていて、私が訪問した企業も(詐欺グループではないけど)不思議な企業。この会社、何をやって儲けているんだろ・・・、と疑問に思った。

営業マンが朝のミーティングの後、直ちに担当地域に出向いて飛び込み訪問をしたり、電話でアポイントを取って訪問する、などという営業活動をしているようには見えない。社内に事務机が無いし。

紹介を受けて社員の部屋探しをさせてもらったのだが、相手のあることなのに、どういうワケか社長が「早く契約を完了しろ」と私をせっつく。挙句に「俺は〇〇(紹介者)と違って甘くはないぞ」と恫喝もどきの言葉。どうにか契約は完了したが、仲介業者にそんな口の利き方をするかねえ・・・、と不思議に思った。紹介者や入居する社員の方はとても腰が低くて感じ良いのだが、社長は政治家や著名人との交流もあって頗る横柄。

ただし、社員やその家族にはとても優しい表情を見せる・・・、そのギャップが怖い。社員からは慕われていそうだが、自分より下、と思える相手には頗る横柄な口の利き方をする。私とは逆、私は権力や権限を持っている相手には「馬鹿野郎!、テメエ、ふざけるな!」などという口の利き方をすることもあるが、自分がカネを払う客の立場の場合、店員に横柄な口の利き方はしない。そういうところで隠れていた真の人間性が出る。

中国の不動産売買も手掛けているようで、政治家から情報を得て動いているのか、事務所に誰も社員が常駐していなくて、一般の住居で言うところの「生活感」が無い。私が訪れた直前まで会議中だったようだけど。事務所に置いてある調度品も主に中国のもので、一般的な事務所にはそういうものは置いていないだろう。

ニュース女子を観ていて、あのビル(事務所)に入った時に感じた違和感、気持ち悪さ、というのはこういうことだったのか・・・、と思った。まるで、まだ何かの事件の被害者の霊魂がビル内を彷徨っているワケあり物件に入ったかのような・・・。不動産屋はそういうふうに鼻が利く時がある。だから怖くなる。

私は「直感」は働くが「霊感」みたいなものは無い。たまに、お客さんを案内してドアを開けて部屋に入った瞬間に「この部屋は嫌です。あそこの隅に誰かいて、こっちを見ています」などと言って怯える、なんてことがある。もちろん、私には見えないし、後で管理会社に事故物件だったかどうかを確認しても「いいえ、全くそんなことはありませんよ」と言われたりするのだが・・・、見える人には見えるようだ。

そっか・・・、不動産屋に行って「断る時にどう言っていいか分からない」という気の弱い人は、最初から「私は霊感が強いもので・・・」と言っておけば、断る時に「何か見える・・・」と言えばよいのか。そう言われたなら、不動産屋には何も見えなくても「アンタ、嘘ついてるでしょ!?」とは言えないもの。

それはともかく、霊感には縁のない私でも、そのビルに入った瞬間に「なんか気持ち悪いビルだなあ・・・」と感じた違和感(感性)は正しかったのかも知れない・・・。と、改めて怖くなった。

posted by poohpapa at 06:01| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

>>社内に事務机が無い
それって、会社じゃないでしょう。会社だったら営業マンが書類作成も必要だし、また経理などでは机が絶対に必要でしょうから。

奥の開かずの扉を開けなくてよかったですね。札束がいっぱいか、建物解体時に不明の白骨か、があるんでしょう。早く契約が終わってよかったです。立川の不動産屋さん行方不明になって○年、とかでなくて。

>>いくつかの詐欺グループが入っている
「類は友を呼ぶ」なんでしょう。
Posted by たか at 2018年12月12日 08:32
>最初から「私は霊感が強いもので・・・」と

「いや、私も子供の頃からずっと見えてて・・・」と受けるのが正しいノリツッコミの姿です。
そうすれば「アンタ、嘘ついてるでしょ!?」とは言えます。
きっと変な噂がたってお客は激減するでしょうけど(*>∀<)ノ)
Posted by ハリケーン at 2018年12月12日 09:11
断りやすくするために「何か見える」なんて言われたらたまりませんよ、これから先何度も案内に行くかもしれない私としては!!
何件も案内に行っても決まらないことなんて多々あるんだから「検討してご連絡します」とでも言っておけば断るも断らないもないと思うんだけどね
霊感とは関係ないと思うけれど、古い戸建て住宅の下見(間取りを作るための)に行ったとき、2階から1階に降りてきた際に階段を踏み外して2〜3段滑り落ちたことがあるんですが・・・

あれはきっと霊かなにかの仕業ですね、私が階段を踏み外すなんてあるわけない!(とか思いたい)
Posted by はなくろ at 2018年12月12日 09:30
たかさん、おはようございます

事務所はそこだけなので、事務机が無いのが不思議です。会議室、というのも無さそうでしたね。お客さんは代表者の専属運転手ではないのに、代表者の家の近くで部屋を探すよう言われていて・・・。

「ニュース女子」の中で「このビルにはいくつかの詐欺グループの拠点があって・・・云々」と言ってまして、私のお客さんの会社が詐欺グループとは思いませんが、あの代表者の口調といい、ビルの雰囲気といい、営業経験が長い私からしても「怪しさ」が半端なくて・・・。かと言って雑居ビルでもないし、作りの所為かなあ。

この商売をしていると、たまに、毎日の行動予定(訪問先)はしっかり記録に残しておいたほうがいいかな、と思う時があります。うちのが遺体を探すのにも「見当がつかない」じゃ困るでしょうし・・・。なんとも因果な商売です。早く足を洗いたい・・・。

Posted by poohpapa at 2018年12月12日 09:56
ハリケーンさん、おはようございます

なるほど・・・、「いや、私も子供の頃からずっと見えてて・・・」、ですか・・・。ハリケーンさんは一流の営業マンになれそう。でも、「何が見えますか?」と訊かれたらどう答えていいのやら (^◇^)

「ここは事件モノじゃないから、そんなもん見えるワケないでしょ!?」とも言えませんしね。一度、そういう説明をしたら「いいえ、工事中に誰かが死んでいます」と言われたことがあります。見える見えないで平行線になってしまって、「うちでは決まらないな、どうぞ他所の店に行って」と思いましたね。


Posted by poohpapa at 2018年12月12日 10:07
はなくろさん、おはようございます

実は、私の経験上、「検討してご連絡します」と言って帰った人から翌日以降に申し込みが入ったこと、ただの一度もありません。30年間で、であります。断りの連絡があればいいほうで、ほとんど連絡は有りません。なので、「検討してご連絡します」は、「何かが見える」より嫌ですね。

もっと酷いパターンとしては、若い男性客で「帰ってお母さんに相談してから返事してもいいですか?」と言う奴。もろマザコンで、翌日になって「お母さんが『その部屋で決めていい』と言ったので」などと連絡が入ること、絶対にありません。ま、そんなでも、どこかで決めているんでしょうけど。

ところで、

<<古い戸建て住宅の下見(間取りを作るための)に行ったとき、2階から1階に降りてきた際に階段を踏み外して2〜3段滑り落ちたことがある

たぶん、それは階段が重量に耐えきれず、急に「しなった」ことが原因かと・・・ (滝汗

Posted by poohpapa at 2018年12月12日 10:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]