2018年12月05日

中学時代の同級生が亡くなった・・・

私も間もなく67歳になるのだから同級生が誰か亡くなったとしても何の不思議もない。我々の中学の時代は一学年381人もいて、昨年までに同窓会の万年幹事に訃報が届いているだけでも38人、ほぼ1割。所在不明で連絡が取れない同級生と「今後の連絡は不要」という同級生が併せて3割程度いるから、そのうちの1割が亡くなっているとすると、50人くらいは他界していると思われる。

先日、中学時代からの親友Mちゃんに用があって電話したら、「O君が亡くなったよ」とのこと。てっきり「だいぶ前、春とか夏に亡くなっていて最近になって喪中葉書が届いたのか」と思っていたら、亡くなったばかりで、これから葬儀とのこと。

O君は中学時代に前期の生徒会長をしていて、私とは通学路が同じだったので一緒に登校していた時期もあった。体格も良く、外観は私よりずっと丈夫そうだったけど、心臓が弱く、死因は心不全だとか。

小学校の時は一緒に鼓笛隊に入っていて、練習中にふざけて私がO君にキスをしたことがある。ブチュー、なんてもんじゃなく口の中に舌を入れてやったのだが、「気持ちわる〜」と言って倒れて相当に長い時間起き上がれなかったことがある。本当に気持ち悪かったんだと思う、私も気持ち悪かったから。私には「そういう趣味」は無かったので、あくまで「ふざけて」の話。O君との思い出と言えばその話。

家族葬で行われるとかで、同級生を代表して男子の万年幹事であるH君が参列するらしい。女子の万年幹事の I さんに「家族葬で行うということなら、ご遺族の意向を酌んで葬儀には参列しないで、後日あらためてご焼香に伺うほうがいいのでは」と提案したけど、同窓会としては「伺う」ことで話が進んでいるみたい。地域によって特有のしきたりとか風習があるだろうから、余計なことを言ってしまったかも。

それにしても、同窓会もだんだん寂しくなるなあ・・・。出席してくださる恩師も二人だけになったし。

最近はテレビのワイドショーで取り上げられる著名人の訃報が気になるようになった。「俺より若いじゃん」とか、「もう大往生だよな」とか、いろいろ考える。私もあと何年生きられることやら・・・。だが、自分の余命よりノルンの余命のほうが気になる。今年の夏ごろからか、キャットタワーにも登らなくなったし、冬でも家の中で一番寒い場所を好んでいたほどだったのに、一日中ホットカーペットの上で動かない。

一気に歳を取った感じで怖い。夜中もホットカーペットの電源は切らずにいる。昨冬までは、寒くなると、うちのの布団に入ってきていたが、今はカーペットの電源を落としておいても朝まで動かない。人間で言えば70歳を超えているから、今はノルンと過ごす一日一日が我々の宝物。

そうだ・・・、しばらく停まっていたけど、正月休みを使って終活もそろそろ再開しよう。

posted by poohpapa at 05:51| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

>>正月休みを使って終活もそろそろ再開

そうですよ、いつポックリいくか分からないわからないから、早めに整理しておいたほうがいいです。

しかし、朗報です!!!! 「小太りが長生き」

愛誠病院(東京都板橋区、台東区)の静脈瘤センター統括医師の新見正則氏は、1万人以上の肥満の患者を診てきた。その経験から「痩せている人よりも、太っている人のほうが元気で長生きするケースが少なくありません」と語る。

よかったですね。小太りで、!長生きしますよ。例外も多いですけど。
Posted by たか at 2018年12月05日 08:27
たかさん、おはようございます

小太りのほうが長生きする・・・、そんなことは医師に言われなくても判ってましたですよ。だいたいが、食料が無くなって飢えで死ぬとしたら痩せてる人から死んでいくものでしょう。ん・・・??

てことは・・・、北朝鮮の黒電話頭の肥満豚、飢饉の北朝鮮にあっても最後まで生き残りそうですね。その前に、成人病で死ぬかもですけど、北で、あの豚以外に太っている人、見かけませんもんね。もし太っている奴がいたら(食料の横流しなど)在らぬ嫌疑を掛けられて銃殺刑ですね。

終活・・・、早めに済ますと長生きしそうな気がしますね。形見分けの品、「返して」とは言えませんし。

そういえば、たかさんは痩身ですから、そろそろご臨終でしょうかね。くれぐれもお大事に (^◇^)

Posted by poohpapa at 2018年12月05日 09:19
私の敬愛する高須克弥センセが昔からおっしゃってますわよ。
何年か前の著書「その健康法では『早死に』する これが高須式[若返る]食べ方・生き方」にも書いてあるらしいですわ。読んでませんんけど。
年をとったら肉も財産、とはいつもおっしゃっていて励まされます。

それに、脂肪から女性ホルモン類似物質がでるせいで、顔だけきれいに見せたいならちょっと太るのが手っ取り早い、、だからデブってツヤツヤしてますでしょ。シワも伸びますしね。

ただ、糖尿病方向の観点からは糖質制限は有効ですし、糖質制限推進派の先生は、ご自身、始めた年で細胞の老化がとまっている、とか。糖尿病はガンのもとですしね。

もうこの年になりますと、究極の言い方をすると、ドラム缶でいたいかトリガラでいたいか、、という2択で、だったらドラム缶のおばちゃんでいたい、と私も思ってますけどね。

10代、20代が母の介護、30代が父、40代で4時半起きのお弁当作り終了とともに子育て終了し、今、初めて自分だけのために時間が使えるようになり、これまでは体力第一だからダメだよ、と主治医に止められていたダイエットをようやくした次第ですが、レベルを保ったまま痩せるのは本当に難しいですわ〜。シワ増えますもの。。
Posted by 遠藤 沙耶 at 2018年12月05日 11:13
沙耶さん、おはようございます

まあ、沙耶さんは美魔女というより化け物なんですって!(^◇^)

私はテレビに出てくる(俗に言う)スタイルのいい人、ちっともスタイルがいいとは思いません。スタイルがいいと言われるような細い女、抱きたいとは思わないのです。ま、抱いてくれ、とも言われないでしょうけどね。とにかく、細けりゃいい、じゃないのです。ふくよかな女性こそが美しいのです。

その昔、美脚で一世を風靡した朱里エイコさんでさえ、私からすれば「まだ細い、もう少し太くていい」と思いましたもん。ただし、足首が細いのは美脚の絶対条件ですね。足首が太いのはイケません。

女性、とくに母親は、少し太っているくらいでちょうどいいと思います。もっとも、私みたいな価値観は少数派だとは思いますけど・・・。贅肉が付いてくる、けっこうなことじゃないですか。

ハッキリ、と言うか、正直に言うと、「よう、久しぶり」と肩を叩いたら小骨が刺さりそうに思えるくらいに痩せている人・・・、気持ち悪いです。男性も女性も、年齢と共に余計な肉が付いてくる・・・、程度問題ですけど、それで当たり前。ドラム缶かトリガラか、で言えば、私はドラム缶を選択します。そりゃあ瓢箪型が理想ですけど、(自分のことを棚に上げて)そこまでは求めません。

沙耶さんは、いろんな○○年齢をチェックしたなら、どれも30代に該当するかと思いますね。十分に維持されている、と私は思っていますよ。カネも掛けてるだろうな、とも思いますが (^^♪

Posted by poohpapa at 2018年12月06日 07:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]