2019年02月18日

バレンタインデーで頂いたチョコなど

私は過去にバレンタインデーのチョコを頂いた経験がほとんど無い。節分の恵方巻にしろバレンタインデーのチョコにしろ、企業が「売るため」に作り出した風物詩であって、そんなのに乗せられて堪るか!、と思っていて抵抗もある。ではあるが、貰えば嬉しい。本命だろうが義理だろうがチョコは大好きだから。

で、今年、5人の方からチョコなどを贈られた。と言っても、バラ撒きのお返しだろうけど (*´з`)

先ず、一昨年に亡くなった母親の介護を他の兄弟姉妹から押し付けられて何の協力も理解も受けられずに心を病んでしまい、現在は福祉のお世話になっている娘さんから Godiva のチョコを二箱も・・・。先日、私が伊勢丹の解体セールでバラ撒き用に購入したバームクーヘンのプレーンと苺味をセットで、私の大好きなチョコレートも添えてお届けしたら、後日「凄く美味しかったです」とお礼の電話を頂いたので、「でしたらバームクーヘンもう一組あるから今度お届けしますね」と伝え、届けた際に頂いた。

質素な生活をしている中で Godiva のチョコを用意するのはキツかったであろうから恐縮してしまった。袋の中には、2階から1階の部屋に移った際に家主さんから風呂を全自動にしてもらったり、私に家賃の値下げ交渉をしてもらった時のことなどに対して、遡って丁寧なお礼の手紙が入っていた。義理堅い娘さんである。偉いのは、そんなふうに身内から冷たい仕打ちを受けていながら誰も恨んでいない、ということ。よくして頂いたことへの感謝しかないのだ。そういう入居者さん、もう一人いる。

幼い時に両親から捨てられて福祉施設で育ち、自身も体に障碍を持っていながら、「僕は両親のことを恨んでなんかいません。僕をこの世に産んでくれたのですから」と言っていた青年と、(この仕事をして30年になるが)たったの二人だけ。私でなくても「この人のお力になりたい」と思うもの。受けた恩を忘れて逆恨みする輩は五万といるが、そういう人は非常に珍しい存在、涙が出る。この対極にいるのが「例の気違い」である。

次に、伊勢丹のスタッフのUさんからのチョコ。以前も頂いたことがあるのだが、これが物凄い。角砂糖より一回り大きいくらいの生チョコで、それでいて一粒が約400円。滅茶苦茶なバレンタインデー価格、と思いきや、食べれば「なるほど・・・」と納得する。6粒入っているのを「奥様と食べて」と頂いた。貧乏性なのでまだ一粒ずつしか食べていないが、生チョコだから早めに食べよう。訊くところでは、そのチョコはバレンタインデーの時期しか入手できないものらしい。私がこの歳まで生きて食べたチョコレートの中では文句なしに一番美味しい。そりゃあ、舌が肥えたUさんが贈ってくださるのだから、そのチョコが一番美味しいに決まっている。

このチョコレート、ぜひ食べてもらいたい人がいるから、来年、お互いに生きていたら贈ろう。

そして、先日お部屋を世話した生活保護の老婦人から、「チョコレートと沢庵、どっちがいい?」と訊かれて、「沢庵」と答えて沢庵を頂いた。なんでバレンタインデーに「チョコと沢庵の二択になるのか」と言えば、その沢庵は立川の駅ビル ecute の中にある店で曜日を限定して売られているもので、めっぽう美味しい沢庵だから、とのこと。頂いて食べてみたら本当に美味しい。味としては「べったら」と普通の沢庵の中間くらい。食べ始めると止まらなくなるのが難点。もうじき無くなるので自分でも買おう。

さらに、別の生活保護の老婦人から高級チョコと苺を頂いた。

そして、手作りのクッキーを送ってくださった奥様がいる。なんでも、まだ年少組である娘さんと一緒に焼いたものらしい。手作り感に溢れていて形は崩れていたりするが微笑ましい。勿体なくて食べられないので一旦は冷蔵庫の中に仕舞ったが、記念に写真を撮ってから食べることにしよう。

さて、それで困るのがホワイトデー、である。バレンタインデーに頂いたものではあるけど、ほとんどが、お返しの意味でくださっているのだし、「お返しのお返し」は必要ないだろうな、と思うので、今回はまあ不義理しようかと・・・。何もお返ししなくても不満に思うような人たちでもないし。

あまりチョコを貰えないバレンタインデーも好きじゃないけど、お返しで悩むホワイトデーはもっと嫌い。


posted by poohpapa at 05:18| Comment(18) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

>>バレンタインデーで頂いたチョコ
おめでとうございます。貰えて良かったですね。まあ、普段あれだけ、美味しいお菓子などをバラ撒いているのですから、そのお返しがあっても不思議ではありません。

昔は、義理チョコをいっぱいもらいましたが、もう「いりません!」と拒否しているせいか、今年もなにも貰えませんでした。やっぱり、2,3個はもらいたいですね。

さて、お返し、渡せばお返しのお返しになって気にするでしょうから、無理する必要もないかもしれませんね。poohpapaさんのことですから、また、どこからか美味しいお菓子をいっぱい手にいれた時に、バラ撒けばいいでしょう。

最近のチョコレートは豪華で美味しいですね。値段も豪華ですが、デパートのお菓子売り場,先日まで若い子とオバサン?っていっぱいでしたが、今はまばらです。

poohpapaさんもチョコレート食べ過ぎて糖尿病を悪化させないでください。
Posted by たか at 2019年02月18日 08:28
「生チョコ」という名前だけど、「生」じゃなくて熱は加えられているので、消費期限が特に短い食品というわけではないのでは?

でも融点は低いような気がするので、水分が多いのかもしれませんね。
そうすると水分の低いチョコよりは短いのかな?

いずれにしてもチョコが腐るということはない気がします。(知らんけど。)
溶けたり固まったりを繰り返すと、確実に美味しくはなくなるでしょうけど…(´・ω・`)
Posted by ハリケーン at 2019年02月18日 09:08
たかさん、おはようございます

<<poohpapaさんもチョコレート食べ過ぎて糖尿病を悪化させないでください。

勝手に糖尿病にしないでください ( `ー´)ノ

でも、予備軍であるのは間違いないでしょうね、下戸なので、甘いものばっか食べてますから。

バレンタインデー・・・、私たちの学年までは全くそういう習慣がありませんでしたが、私が高校2年の時に一級下の学年から活発になりました。今から50年くらい前のことです。ただ、今ほど高級なチョコを贈ったり手作りチョコなど贈ってはいませんでしたね。ましてや自分へのご褒美なんて・・・。

女房でさえくれませんよ、もう。うちは、女房が「釣り上げた魚に餌はやらない」ですから (おい

あ、私は「頂いたものを他に回す」ということはあまりしませんね。自分で買ったものを配ります。もちろん、最初から「バラ撒く」のを承知でくださった場合はその限りではありませんが。

Uさんから頂いた生チョコ、「世の中にこんなに美味しいチョコレートがあるのか」と思えるくらい感動モノ。バレンタインデーの時期は、ふだん食べることが出来ない美味しいチョコが出てきて幸せです。


Posted by poohpapa at 2019年02月18日 09:14
ハリケーンさん、おはようございます

その生チョコ、食べようとして手に摘まんだ瞬間から溶け始めるのです。ほんと、驚きました。北海道の ROYCE' の生チョコレートでもそんなことはありませんから。

賞味期限に関係なく、生チョコは保管しているうちにだんだんと硬くなって風味が落ちますね。

ちょっと後悔しています。自分用に少し買っておきたかったな・・・、と。それくらい美味しいです。

ハリケーンさん、バレンタインデーの頃にこちらにおみえになれるならプレゼントしますよ。ただし、お嬢さんに、ですけどね (^◇^)
Posted by poohpapa at 2019年02月18日 09:20
一粒400円の生チョコですか?!食べるのに緊張しちゃいますねww
うちの旦那の職場はバレンタインや年賀状など縮小傾向にあるためバレンタインにチョコを貰って帰ってこないんですよ!!
なーんてただ単にもらえないだけだったら笑うけど(笑)
私もチョコ大好きですが高級なチョコよりも普通の板チョコの方が合ってそうですww
Posted by はなくろ at 2019年02月18日 09:45
はなくろさん、おはようございます

<<私もチョコ大好きですが高級なチョコよりも普通の板チョコの方が合ってそうですww

おや、はなくろさん、意外と庶民的なんですね (^◇^)

Godiva は別格として、ふだん気兼ねなく食べられるチョコとしては、私はロッテのガーナミルクとか森永のカレ・ド・ショコラのビターが好きですね。でも、Uさんから頂いたそのチョコ、指で摘まんだ瞬間から溶け始めて、口に入れるとフワーっと溶けてカカオの渋みと甘さが舌の上で広がるんですよ。まさに、マッチ売りの少女がマッチに火を点けて消えるまでのような儚い夢の世界、至福のひと時が広がります。

後で記事の中にリンクを貼りましょうかね。一度お食べになってください、感動しますから、ほんと。

バレンタインデー・・・、送る方も貰う方も気を遣いますよね。悪しき習慣としか思えません。
Posted by poohpapa at 2019年02月18日 10:35
生チョコ、というのは、「生クリーム」&「チョコレート」なのであって、
チョコレートが生なのではありません。

生クリームやバターが良質でおかしなものでなく、含有率も高ければ、いくらチョコレートの保存性が高くとも腐りやすいし溶けやすいのです。

最近のチョコレート有名店のものは、1粒500円超えもざらです。
私の知り合いでも、現在300円、少し前まで300円切って出しており、同レベルのものと比較するとそこがどこよりも安いですが頑張りすぎなので、それを考えると400円なら頑張っていると思います。
Posted by 遠藤 沙耶 at 2019年02月18日 15:28
そもそも常温でショコラを売ってるなんて、原料がおかしい証拠。
それと比べたら、きちんと作ったショコラなら、きっとどれもおいしく感じることでしょう。
トリュフやショコラは、原料の関係で、本物であれば冷蔵でなければ品質が保てません。
ショコラなのに常温保存できる=口どけがよくないものが入ってる、のです。
それと比べたら、よいミルクを使ったものは、バー状のチョコレートの常温ものでも本当に口どけがよいですものね。
それと、素人の方には、ショコラよりも生クリームだけのトリュフのほうが、味が親しみやすく、おいしく感じるはずなので、そこから親しまれると良いと思います。

マーガリン舌なのに、さすがにそれは分かりましたか(笑)。
Posted by 遠藤 沙耶 at 2019年02月18日 17:07
沙耶さん、こんにちは

はあ・・・、私は知らないことばっかりですね。生チョコ・・・、生ビール的な感覚で、製造工程で本来は必要な何らかの熱処理をしていないチョコレート、みたいな感覚でいました。ひところ一世を風靡した生キャラメルもそうかなあ。

ワケも解からず有り難がって食べてましたけど、「生クリーム」&「チョコレート」、ということなんだ・・・。

でもねえ・・・、一粒400円て、庶民の感覚では理解できないような・・・。Godiva のチョコが一粒100円、200円と聞いて「ボッタクリじゃん」と思ってた頃もありましたが、上質なチョコはそれくらいしていておかしくないんですね。

Uさんから頂いたチョコ、口の中でフワッと溶けていった食感と味で一粒400円も納得でしたが、上には上があるみたいですね・・・。たかがチョコ・・・、ですが、凄くて深い世界ですね。

後で(夕食後)にUさんから頂いたチョコに関するリンクを記事本文の中に貼らさせて頂きます。沙耶さんがご覧になればご存知かもしれませんね。いえ、きっとご存知だと思います。
Posted by poohpapa at 2019年02月18日 17:10
沙耶さ〜ん、ご希望であれば、その生チョコ一粒をご希望の場所までお届けしますよ。

「そんなのちょこちょこ食べてるから、べつに要らないわよ」と言われそうですけど・・・。あ、「ちょこちょこ」は洒落ではありませんので (^◇^)

でも、たった一粒のチョコをグルメな貴婦人の為にわざわざ届けに行く、って、自分で言っててナンですが、浪漫がある話だと思います。

その昔、ベンツの修理工が、アルプスで故障した車の為に部品と共にスイスまで飛んで、その場で修理して、でも修理代を受け取らなかった話と似て・・・ないか(*´з`)

ご遠慮なくどうぞ、私は本当に行きますからね♪

Posted by poohpapa at 2019年02月18日 17:56
本文をよく読んでいませんでした。大変失礼いたしました。
おしゃれでないおじさんにおしゃれなチョコをさしあげようとしてくださったのね、、
素敵。。今さらですけど。。。

パパさんにはゴディバだってもったいないですものね。普通の売り場なら最高級。
いいプレゼントをいただきましたわね。
Posted by 遠藤 沙耶 at 2019年02月19日 10:55
沙耶さん、おはようございます

こと味覚に関しては、私は沙耶さんに一目も二目も置かせて頂いておりますですよ。ほんと、私なんかの貧乏舌、貧乏グルメと違って沙耶さんの味覚はホンモノですもん。

よって、今、家にあるロッテや森永のチョコレートを消化したら、もう沙耶さんお勧めの明治に集中しようと考えています。明治のチョコレート・・・、あまりCMも流してませんけど、良心的な材料と作り方をしているんですね。まあね、たしかに、私には Godiva でさえ勿体ないですもんね。

先日、入居者さんから「奥様と二人でどうぞ」と頂いた Godiva 、うちのに「全部、あなたが一人で食べていいよ」と言って渡しました。そりゃあ私だって Godiva は食べたいですけど、そういう美味しい物を独り占めして食べられたら幸せですもんね。専業主婦にはそういう機会は滅多に無いでしょうし。

私は誰かに美味しい物を箱で差し上げる際には、よく「独り占めして食べて」と言ったりします。人間、美味しい物を食べると幸せになりますが、独り占めしたなら更に美味しくなりますよね。

そうそう、ステットラーのチョコ、味としては他のどういうチョコと似てますでしょうかね。ある娘さんから質問されたのですが、私には「似た味」が思い出せないのです。宜しくお願いします。

Posted by poohpapa at 2019年03月07日 07:36
ミルクチョコ、あぶらたっぷり、、ですかしらねえ(笑)
1粒いただいたんじゃなかった(笑)?
ココアパウダーも甘いのがうっすらついてる感じです。
それと、かなりあぶらをいれているのか、口どけはおそろしくいいですわ(^_^)
Posted by 遠藤 沙耶 at 2019年03月10日 16:50
沙耶さん、おはようございます

もしかして・・・、酔っぱらってコメントしてます? (^◇^)

このステットラーの生チョコ、生クリームは使っていないそうで、食べようと思って手で摘まんだ瞬間から溶け始めますね。なので、うちのなんか爪楊枝で刺して食べてました。

味としては、私が思うに「チョコレートの中の最高峰」です。後で判ったことですが、3年前もUさんから頂いていて、その時も「めっちゃ美味しい」と感動していましたが、今回頂いたものを食べても2度目だと思い出しませんでした。Uさん、ごめん、やっぱり痴呆が入ってきているわ・・・(滝汗

Posted by poohpapa at 2019年03月11日 06:41
残念ながら、欧州のチョコレート協会の規定において、油が混ざったものはショコラ、チョコレートではありません。少なくとも、安物の板チョコの一群とは一線を画す高級ショコラ、チョコレートにおいては、本体部分のショコラの成分に油分として添加が許されているのはカカオバターのみです。
したがって、何をお好きでも結構ですが、あれは少なくとも、高級チョコレートの1つとしては入らない派生商品で、チョコレートで最高峰などと考えるのは、そもそもお門違い、カリフォルニアロールを鮨の最高峰というようなものです。
Posted by 遠藤 沙耶 at 2019年03月12日 09:04
パパさん、お久しぶりです。体調いかがですか?

私は本業の他に、クリスマスとバレンタイン期間だけ、某ショコラティエを手伝っています。以前お客様だった方から頼まれて(笑)。もう10年以上続けています。
なので多少チョコレートの知識があります。

はっきり言って、冬のこの時期、カカオバターのみ使っているチョコレートは冷蔵庫に入れてはいけません。
カカオバターの成分が低温で固まって分離をおこしてしまいます。あの、チョコレートがなんとなく白く変化してしまう、あれですね。
なので、高級チョコレートは、冷蔵庫ではなく常温で保管します。暖房焚きすぎないことが肝心ですけどね、18℃〜20℃位に保ては大丈夫です。

またステットラーですが、スイスのジュネーブに本店を置くチョコレートの有名店で、高級チョコレートの老舗です。雅子様が皇太子様にバレンタインのプレゼントとしてジュネーブから取り寄せてお送りになったものということは有名なお話ですよね。
以前5月頃、ジュネーブでステットラーを手提げ袋に入れていたら、袋の隅の縫い目から、包装紙を通り抜け、液体になったチョコレートが流れ出てしまったことがあります。
それほどデリケートなチョコレート。

そんな素敵なチョコレートをもらったなんて、バラマキではありませんよーーー♡

Posted by まりあ at 2019年03月12日 23:32
沙耶さん、おはようございます

欧州の基準というのは厳しいものですね・・・。そこまで厳格にしなくてもね・・・、と思ってしまいます。美味しければいいじゃん、という短絡的な思考回路なもので。

まあ、私はカリフォルニアロールは食べませんが、理屈としては解かります、はい。

成分や材料がどうの、というのは気にしてもいませんし解かりませんが、それでもステットラーの味は好きですね。私にとっては「最高峰」だと思うんだけどなあ・・・。やっぱりあたしゃ貧乏舌か・・・(汗

Posted by poohpapa at 2019年03月13日 09:28
まりあさん、おはようございます

うわあ、マルチに活躍なさってるんですね・・・。なんだか楽しそう(^◇^)

チョコレートの豆知識もありがとうございます。私はチョコレートが溶けるのが嫌で、保管は常温の食糧庫ですが、開封後は冷蔵庫に入れてました。冷やしておけばいい、というものではないのですね(滝汗

うちの食糧庫にはチョコレートの在庫がいっぱいあります。チョコレートが途切れずにある、ということが「貧乏暮らしから抜け出した証」みたいに思っているもので・・・。在庫を見てるだけで幸せになります。時代劇で、大黒屋が千両箱の蓋を開けて黄金色の小判を見てニンマリしているのと似てますね。

雅子様が皇太子様にバレンタインのプレゼントとしてジュネーブからチョコレートを取り寄せてお送りになった、という話は知っていましたが、それがステットラーとは知りませんでした。昨日の朝、最後の一粒ずつをうちのと食べてしまいましたが、その話を先に知っていればさらにおいしく感じたかも、残念。

ステットラーのチョコ、3年前にも伊勢丹のUさんから頂いておりました。机の引き出しからお洒落な空き箱が出てきまして、そんなのくださるのはUさんだけなので・・・。でも、来年は自腹を切って自分用に買おうかな、と思っています。もちろん、うちのと二人で食べます。

と、夫婦仲が良いことを暗にアピールしてみる (爆)


Posted by poohpapa at 2019年03月13日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]