2019年03月09日

風邪で苦しんでいる間の出来事と昨日のこといろいろ

昨日、午前中に府中の伊勢丹に行ってきた。府中店で京都展が開催されていて、そこに馴染みのスタッフUさんがいるから、である。Uさんに、岩手のたぁさんから送ってもらった「かもめの玉子」のイチゴ味一箱と、依頼を受けていた海老煎餅を届けに行ったのだ。海老煎餅は日持ちするが「かもめの玉子」の賞味期限は、次に立川店に派遣されるのを待っていたなら微妙・・・。Uさんは期間限定で出される「かもめの玉子」は大好きだが、私も仕事をしているので立川の近くの店舗に派遣されている時でないと届けられない。府中はギリギリの距離である。渡せなければ自分で食べるか他にバラ撒くしかない。

Uさん、「本当は府中には来たくないんだよね、悪いね」と言っていて、もしも元妻とかその家族とバッタリ会ったなら気まずいのはよく知っている。京都ポークのブースにいて、そこに京都から来ているAさんから「坂口さんにはいつもいっぱい買って頂いて・・・」と挨拶された。他のブースのスタッフも立川で見掛ける顔が多い。そんな中、「茶の菓」のマールブランシュのお姉さんから「いつも有り難うございます」と挨拶された。そのお姉さん、私のほうは見覚えが無いが向こうはしっかり覚えているようで、なんだか怖い・・・。だが、うち用に5枚入りのを2袋購入したらこっそり5枚もサービスしてくれて驚いた。こっちは意識していなくてもしっかり見られているなら、これから伊勢丹の催事場や地下を不景気な顔して歩けない。


悪質な風邪で苦しんでいる間に、母校から立派な「半田高等学校百年史」が送られてきていて、その本文中に私の名前があった。それはちょっと嬉しい。本の後ろには、その百年史の記念事業に1万円以上寄付した人の名前が載っていて、知ってる名前も何人かあった。私は同窓会の会員になっていないので要請も来ないから一銭も寄付していないのだが、それでも送られてきた。寄付をした者と制作に協力した者には無償で送ってくるらしい。たいした協力はしておらず、ただ50年前の文化祭のパンフレットを送っただけのこと。内容的には「相変わらず権威主義の気風なんだなあ・・・」と思うフシもあるが。

申し訳ないので、母校に「蜂蜜太郎」4ケース(48袋)を送らせて頂いた。その旨を母校に電話したら校長先生から丁寧なお礼の電話を頂いた。今年退官なさるとの話が出たので、事前に校長先生がお酒を飲まれるかどうかリサーチした上で、伊勢丹のソムリエールさんお勧めのワイン、2012年モノの「ボーヌ・ロマネ」をご退職祝いに送らせて頂いた。「そんなOBが一人くらいいてもいいだろう」と思うから。

私と校長先生との接点は、昨年、母校創立百周年の文化祭を見るために母校を訪問した際、校長室に温かく迎え入れてくださって歓待して頂いたことのみ。私が現役時代に校長室に入ったのは「何か問題を起こして呼び出された時」くらいのもので、OBになった今、歓迎をして頂いてとても感動した。

ところで、その立派な百年史の本は3000円を支払えば誰でも購入できるのだが、私の後輩であるM君が私に送るべく母校の事務局に申し込みをしに行ったら、校長先生から「坂口さんにはたいへんな協力を頂いていますので既にお送りしてあります」と言われたんだとか。そんなふうに言われるのも恐縮だが、後輩のM君が私に送ろうとしてくれていたのにも感激。そんなふうに気を遣ってもらえる先輩は私くらいのものだろな。

高校時代の先輩や後輩、あるいは恩師からも折に触れていろんなものを送って頂いているのは、私も相手のことを気に掛けているからに他ならないと思う。どっちがどれだけ得したとか損したとかでなく、そういうハートのキャッチボールができるのは凄く幸せなことだと思う。資産は無くても私は勝ち組なんだろう。


昨日は秋田のBさんからもお見舞いの電話を頂いた。秋田、今年は湯沢なんかのスキー場では例年通りに雪が降っているそうだが秋田市内の積雪量は凄く少なかったようだ。電話で話していたら、実に興味深い話を伺うことが出来た。去年、カマキリが草に卵を産んだ高さが地上から30cmくらいの位置。例年はもっと高い所に産んでいるとか。カマキリにとって、卵が雪に埋もれてしまうことは卵の死滅を意味するから、誰に教えられていなくても「その冬の積雪より上」に産むんだとか。そんな低い位置にカマキリが卵を産むのを見て、秋田市民は「そんなに積雪が少ないなんてことは考えられないから、どうしちゃったんだろうね」と話していたようだが、結果は、積雪はカマキリの産んだ卵より下・・・。昆虫の本能、予知能力というのは物凄い。昆虫を観察していれば気象予報士なんて要らないかも。

地球が絶滅する時に一番最後まで生き残るのは昆虫だと言われていて、それがよく解かる。


昨日は昨年の1月から15ヶ月連続して家賃を一銭も払っていない入居者が店に来た。2日前に「流し台の下が水漏れしているから直してくれ」と依頼を受けていて、たしかにそういう修繕は家主さんの義務ではあるけど、向こうは15ヶ月も家賃を支払うという義務を全く果たしていない。「やってくれないならくれないでいいんだよ。こっちでやるから」と言って出て行ったが、修理しなければそんなのまで「家賃を払わない理由」にされかねない。今までも毎月「いつ払う、絶対に間違いない」と言っていて、私が「いつも裏切られているから信用できない」と言うと、「私が間違いないと言っているんだから待ってなさいよ」と同じことを言い続けていた。奥さんが病弱だから、と家主さんも私も同情して待っていたけどもう限界。

私がこの仕事をして30年、「例の気違い」と並んで最低の客、クズである。

これじゃ病気もよくならないや・・・。


posted by poohpapa at 05:57| Comment(9) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

>>私のほうは見覚えが無いが向こうはしっかり覚えている
そりゃ。、特徴のある格好ですから一度見ればすぐ覚えてしまうでしょう。

>>こっちは意識していなくてもしっかり見られている
そうですよ。天網恢恢疎にして漏らさず。
悪いことは出来ません。早く更生してください。

>>15ヶ月連続して家賃を一銭も払っていない
こいつは確信犯ですね。今後も払うつもりはないでしょうから、早く追い出すしかありません。水漏れなんて直す必要もないでしょう。
今後家賃を支払わない場合には退去・解約・契約解除などを願うという内容を記載した 『内容証明』を賃借人に送付すべきでしょうね。
Posted by たか at 2019年03月09日 08:17
たかさん、おはようございます

たしかに、確信犯ですね。滞納が半年ほどになったところで家主さんから相談を受けましたが、奥様が病弱で「今度入院したら生きては出てこれないのでは・・・」というくらいの状況なんです。なので、おおめに見ていましたが、私が督促すると「来月の15日には必ず」とか「来月の末には土地を仲介した手数料が入るから」とか言って、「今までも常に約束が守られなかったのだから信用できないでしょう」と言えば「私が大丈夫と言ったら大丈夫なんだから待ってればいいんだよ」の繰り返し。

その病弱の奥様も、昨年の11月には「間もなく良いご報告が出来ると思います」と言っていましたから、旦那からそう言われて信じているのか共同正犯なのか、わかりませんね。

約束を違える度に手書きの詫状を家主さんに送ってくるのですが、そういうところも「いやらしい」です。本音では、「死んでくれ」です。

そうそう、伊勢丹のスタッフ、私の覚えていない人からも凄いサービスを受けられるのは嬉しいですし、楽しいです。少なくとも、私が伊勢丹や郵便局に行くと皆さん笑顔で迎えてくださいます。

帰った後に入口に塩を盛られるたかさんとはそこが違うところですね (ぷっ)
Posted by poohpapa at 2019年03月09日 08:44
その場しのぎで嘘をついているのか本当に予定していたお金が入金にならなかったのかはわかりませんけど、誠意があるのであればいくらでも払う姿勢と言うものを見せるものだと思うんですよね。
しかしまぁなんでそういう入居者のところばかり設備が壊れるのか・・・ほんと直してやりたくない気持ちになりますよねー(´д`)
Posted by はなくろ at 2019年03月09日 10:28
はなくろさん、おはようございます

ほんと、はなくろさんとこのYといい、この老夫婦といい、「よくそんな要求ができるね」と言いたくなります。うちの滞納者なんかも、15ヶ月の間に、「今月は2万しか用意できなかったのですが、とりあえず2万だけお支払いさせて頂いて、残りは来月の15日までお待ちいただけないでしょうか?」と言うのなら解かりますが、一銭も払ってこない、でも飢え死にしてなくて生きている、というのが納得いきません。

催促を受けると家主さんあてに手書きの詫び状を送るんですけど、それで誠意は示したと思っているんですね。勘違い、心得違いもいいとこです。

昨日来店して「こっちでやるからもういい」と怒っていましたが、当社は設備屋さんに依頼していたので、(家主さんとしての)義務は果たそうとしていたことになります。そこは一安心ですけど。

死んでほしいですね、こんな爺さん。もしこの男とYが夫婦だったら最悪ですね、ほんと。
Posted by poohpapa at 2019年03月09日 10:39
腹が立つ気持ちはわかりますが、滞納督促と修繕は分けて考えたほうが良いですね。
壊れたところを放置しておけば、被害が広がるだけの結果になります。

滞納者が修繕を求めてくれば、嫌味の一つも言いたくはなりますが、修繕を言い出しにくくなって得なことはありませんので、滞納の話を持ち出さないことも大事ではないかと思います。

私の物件でも、滞納者が修繕箇所を言い出せずに、浴室のドアが壊れたままということがありました。
ドアを開放して入浴していたらしく、家中が湿気で黒カビだらけ。

名刺管理ソフトのCMのように、「それさぁ、早く言ってよ〜〜〜〜〜」と叫びたくなります。


この記事の滞納者さんは、なかなかしたたかな方のようですね。
それでも15ヶ月も滞納が続いているということは、滞納者だけが問題とは言えない部分があります。

同じ状況がずっと続いてしまうことは、ある意味ではその状況でバランスがとれてしまっていることになります。
つまり、その状況を変えるようなアクションを起こすよりは、現状維持を選択するほうが楽であると。

管理会社さんの立場としては、現状維持の選択(儀礼的に督促を繰り返す)でいいと思いますけどね。
Posted by AK at 2019年03月11日 07:59
AK さん、おはようございます

実は、家主さんを説得して家主さんの負担出直すべく了解を得ていて、入居者にもその旨を伝えていたのですが、本人が店に来て「こっち(の負担)でやるからいい」と言って帰っていきました。

ちゃんと直すのか応急措置しかしないのかは不明ですが、家主さんとしては「家主負担で直す」と伝えておいたのに「設備屋に知り合いがいるから自分でやる」と言ってきたのですから、家主さんは「義務は果たした」と言えますね。問題は、「自分で直す」と言っていながら、ちゃんと直すのかどうかの保証が無いので、そこが怖いです。

毎月、督促をしていますが「今、話が進んでいる新宿の近くの土地売買の契約がもうすぐ纏まるから、来月の15日には必ず」「相手が大手で稟議に時間が掛かっているけど来月末には必ず」という言い訳の繰り返し。「もう信用が出来ない」と言っても、「私が払うと言ったら払うんだから待ってなさいよ」と言い張っていて、出て行くつもりはありませんね。そりゃあ、引っ越しするにもカネは無いし、今は連帯保証人もいないのですからアテは無いでしょうね。

だいたいが、それと家賃とは何の関係もない話で、そう伝えると「解かっているよ」と怒ります。「無いものはしょうがないだろ」と開き直っていて・・・。

高齢な夫婦で奥さんが病弱なので遠慮していましたが、もう裁判するようですね。そうなると一銭も取れなくなる可能性があるので、滞納半年くらいで裁判を起こせば良かったかな、と後悔しています。

入居する時からこの状態なら「詐欺罪」で訴えることもできるでしょうけど、途中は払っていましたし。これでも生活保護ではないのです。飢え死にしていないのですから食べてはいるワケで。

物事を分けて考える必要は当然にあると思います。それは日頃から私が主張していることでもありますし。ただ、家賃が6万5千円で、こちらで取った修理見積もりが64800円ほど。家主さんが負担して直すのは当然としても、家賃滞納が16ヶ月になるようなものです。その後の建物のことを考えるにしても、家主さんとしては辛いでしょうね。双方の義務は同時履行の関係にないと不公平です。

これが、「今月は2万しか払えないのですが、待って頂けないでしょうか。残りは来月の半ばまでに必ず振り込みますから」とか言って少しずつでも払っているならまだしも、1円も払ってこないのです。

本音で言えば、死んでくれ、です。そのくらいにクソです。生きている価値なし、です。

Posted by poohpapa at 2019年03月11日 08:57
継続して発生している賃料の債務については、分割払いは不向きですね。

滞納が発生してしまう理由は様々ですが、直接な理由としては、例外なく生活の収支バランスが狂ってしまっていることにあります。
収入が減っているにも関わらず、生活費を削減できない(生活レベルを落とせない)から陥っている状態と言えます。

そもそも、現状でも収入が足りていないのですから、さらに債務分を上乗せして支払ってもらうことは無理なんですよ。
「生活の収支バランスが正常であり、かつ一時的に大きな出費が出た時」と混同してしまっているのではないでしょうか。

狂っている収支バランスを正常化するためには、収入を増やすか支出を減らすかの二択になります。
収入は簡単に増えるものではありませんから、支出を切り詰めることが最良の方法と言えます。

生活費の中で、一番大きな出費かつ固定費であるものは賃料ですので、そこに手を入れなければ改善の見込みはないのですよ。
ですので、債務を分割で支払えるようになるためには、賃料が安い物件に転居してもらうことが必須となります。

感覚的なところで言えば、1ヶ月滞納が恒常化している時に、生活レベルを保ったままで元の収支バランスに戻れる確率は30%、3ヶ月滞納であればほぼ0%だと思います。
わずかでも賃料を支払う意思があるかどうかで、この確率が変化することはありません。
おそらく、そのことはまた別のこと(生活の収支が改善された後の債権回収の問題)ではないかと思うのです。

こうしたことから、3ヶ月滞納で強制退去の原則は、相手がどのような方であろうとも、どのような境遇であろうとも(生活の収支が正常な場合はのぞく)、変えてはいけないルールになります。
ここを崩すと、関係者全員が(滞納者も)さらなる不幸に見舞われます。

昭和の住宅難の時代とは違い、欲をかかなければいくらでも行き場はあるものです。
(例のゴミ屋敷の主だって、他に行き場があるわけですから)
私は、恨まれ役を買って出て、無理矢理にでも転居させることこそ、「温情」と思っています。
Posted by AK at 2019年03月12日 01:30
AK さん、おはようございます

実に解かりやすくお書き頂きまして感謝に堪えません。まったく仰るとおりです。同じプロとして情けない話ですが、目から鱗です。後でゆっくり返信させて頂きますのでご了承ください。
Posted by poohpapa at 2019年03月12日 07:34
AK さん、おはようございます

いつも詳しく教えてくださって有り難うございます。

たしかに、滞納が一月なら、何かの突発的な事情が有ったのかも、と思いますが、3ヶ月にもなると、そうではありませんね。連帯保証人に請求してもちゃんと誠実に対応してくれたケースは30年間で5件もありません。たいていは実の父親でも「知らねえよ、本人に言ってくれよ。うちもそんなカネ無いし」でお仕舞いになります。

2020年の4月1日から施行される民法改正で連帯保証人の責任範囲が限定されるようですし、これからはもう保証会社必須にしようかな、と思ってしまいます。本来は保証料は貸主負担でなければスジが通りませんが、そういうのは脇に置いてでも保証会社必須にするようでしょう。

家主さんも当たり前のように不動産屋に取り立てを振ってきますが、それも、本来は不動産屋がしてはならない行為でもありますし。無償でやっていて、非弁行為で罪に問われたら合いません。

3ヶ月も遅れるようなら家計の収支バランスが崩れている、というのは仰るとおりかと思います。他人様のプライバシーに関わることでもありますから、あまり踏み込むこともできませんが、正直、切り詰めている様子が見えないと怒鳴りたくなる時もありますね。

我々くらいの世代ですと、給料を貰うと先ず家賃を別にしていましたが、最近の若い人は、先ず自分が欲しい物から買っていって最低限必要な生活費を計算して、残ったら家賃を払う、になっていたりします。今回の70代半ばの老夫婦なんか、先ず家賃を別にする世代のハズですが、月給でなく、完全歩合のようで、「マージンが入ったら払う」になっています。もちろん、そんなのと家賃の支払いは関係ありませんが。

でもって、生きているのですから食べているのは間違いありません。「生活保護を受けるべく申請しに市役所に行くなら一緒に行くよ」と言ったのですが、以前は保護を受けていたのに拒絶しています。

本人も、「ここを追い出されたら行く所は無い」(借りられる部屋は無い)と理解していて、全くその通りです。もう連帯保証人になってくれる人は誰もいないのですし。そんなのも、家主さんや私には関係ありません。本人はこれからも家賃を払わないまま居座るつもりなので、もう裁判をすることで家主さんの了解を頂きました。奥さんが病弱なので同情してしまったのが間違いでした。

<<こうしたことから、3ヶ月滞納で強制退去の原則は、相手がどのような方であろうとも、どのような境遇であろうとも(生活の収支が正常な場合はのぞく)、変えてはいけないルールになります。

AK さんのご説明で身に沁みて解かりました。管理会社は、いちいち相手の事情を考えるべきではない、家賃を払ってこない、という事実だけを見ていればいいんだと思い至りました。

<<私は、恨まれ役を買って出て、無理矢理にでも転居させることこそ、「温情」と思っています。

私も、人(滞納者)から恨まれたり嫌われることなどナンとも思っていませんし、家賃が安い所に移って生活を立て直させることこそが本当の意味での温情だと理解しています。

と言っても私の性格上、この老夫婦は別にしても、なかなか追い出しに舵を切れないとは思いますが。

いつも解かりやすく解説してくださって本当に有り難うございます。

Posted by poohpapa at 2019年03月13日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]