2019年03月11日

これは、今までに聞いたことが無いレアなケース

フェラーリと玉突き、まさかの展開に 
フェラーリ4台に衝突! 4000万円超の高額弁償支払いを一般市民が募金で助ける


どういうことなんだろ・・・、事故を起こしたのは自己責任、なんで一般市民が援けるのか???

そう疑問に思って読み進めると・・・、記事によれば、

父親は数年前に病気で他界し、彼は家業を行う母を助けるために昨年大学を中退。線香などの販売を行う家業に加えてリンさんは、夜はレストランで働く。事故が起きた日曜日の午前3時にはレストランの仕事を終えて帰宅。母親の体調不良を受け近隣の寺院への配達を手伝うことにし、午前5時40分頃にフェラーリに衝突した。警察によると飲酒運転ではなく居眠りが原因だったとのことで、彼の過去の運転歴にも問題はないという。

ほとんど「新聞少年」の世界。

まあ、台湾らしいな、と思う。日本でも「こういう話」にはならないだろう。3.11の際も、いち早く200億円もの義援金を送ってくれていて、その額は世界第2位の経済大国中国の10倍以上、サッカーの国際試合で「日本の大地震をお祝いします」と横断幕を掲げる韓国とは天と地ほどの差である。後に横断幕を製作した本人が謝罪しているようだが、「ゴメンで済めば警察は要らない」である。そういう横断幕を掲げたらどういう結果になるか、なんてことは考えなくても、(他の国なら)小学生でも解かる話。

台湾の地震で日本から救援隊が派遣され、彼らが帰国する際には空港でその旨のアナウンスが流れると客も空港スタッフも全員が起立し、拍手して感謝の意を表してくれているし。この事故で、被害を受けたフェラーリの持ち主、相当な金持ちだろうから「こちらで出します」と言ってくれたなら問題は簡単に解決するのだが。

早く修理代が集まるといいな・・・(*^_^*)



posted by poohpapa at 05:52| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

なんで朝の午前5時40分にフェラーリ4台とぶつかったのでしょう?これって、これらのフェラーリは朝道が空いているから競争していたのではないでしょうかね?
日本でもフェラーリってそう見かけないのに4台も並んでいるのはおかしなもんです。
しかし、台湾の人達って、助け合いの精神が立派ですね。同じ中華人の中国とは大違いです。まあ、韓国とは比較しないほうがいいですけどね。
Posted by たか at 2019年03月11日 08:30
たかさん、おはようございます

状況が判りませんが、走っていて追突したのか、並んで駐車していたところに突っ込んだものか・・・。

ただ、台湾の人の心意気には涙が出ますね。加害者側の状況を知って市民が「助けてあげよう」と立ち上がるのですから。そういえば、日本でも以前に、バカヤローな助け合いがありましたね。

前国立市長の上原公子が、明和地所に対して景観訴訟を起こし、一審で完成していたマンションの上層階の取り壊しを命ずる馬鹿な判決が出ましたが、のちに上級審で判決が覆って、このバカ前市長の行為は「個人的な思想を市政に持ち込んだ」として、4500万の支払い命令が出ましたが、それを支持者が肩代わりしています。ま、税金で負担するよりマシですが、自分で出させれば良かったのです。

台湾人の心意気、中国は言うに及ばず、韓国とは比較になりませんね。
Posted by poohpapa at 2019年03月11日 09:11
苦学生が病気の親の面倒を見ながら大学に通うなんて話は支援したくなりますからね。それと同時に自分よりももっとひどい境遇の人がいるんだということを知ることで自分はまだまだ恵まれていると自覚をすることも出来ますし。これだとちょっと言い方悪いかもしれないけど自分はまだ恵まれてるって思うということは同時に自分に対する叱咤激励になりますからね。

ところで台湾では自動車保険と言うものがないんでしょうか?

日本では任意保険の加入率9割って言われているくらい任意保険加入はいわば当たり前の状況であるわけだけど・・・・そんな状況の国で任意保険に加入していないのだったらちょっと同情したくないなぁ(←無保険車に車ぶつけられて紛争中ですし)
Posted by はなくろ at 2019年03月11日 10:25
poohpapaさんへ
おはようございます、今日は台湾の話題ですが、桜の花びらと言うブログで東日本大震災時に個人で10億円を支援してくれた台湾の経済人張栄発さんのことが書かれています。
既に88歳で鬼籍に入られていますが、日本統治を経験され日本の教育を受けられた世代の方です。
戦前の日本教育の素晴らしさが伺えて、涙出てきます。
先日蔡英文台湾総統が日本と安全保障協議を始めたいと述べられました。
日本はもっと台湾の地政学上の重要性を認識すべきです、大東亜戦争時台湾とフィリピンの間のバシー海峡でどれほどの日本船舶が沈められたか、バシー海峡の悲劇として知られています。
シナに台湾を取られると言うことは、シナが自由自在に太平洋に出られると言うことで、日本は四方八方からシナに狙われることになります。
さらに石油輸送線であるシーレーンもズタズタにされ、日本の存亡にかかわります。
これからは日米華の同盟が需要です、半島は無視しましょう。
共産化で真っ赤になろうが、焼け野原で真っ黒になろうが、日本海で線を引いて傍観しましょう、もう無理です。
先日あるブログで、どうして南朝鮮はあれだけ日本から援助を受けながら反日なんだろうとの疑問が解けました。
’我々の下にあるべき日本が我々を支援した、つまり我々を見下した、何時か仕返しをしてやる’との思考回路だそうです、日本からしたら援助して仕返しされる、たまったもんじゃありません。
日本は外交上、経済上表立って台湾支援はできません、アメリカの陰に隠れて、こそっと支援しましょう、日本のためです。
Posted by ボース at 2019年03月11日 11:28
ボースさん、おはようございます

台湾人の張栄発さんが個人で10億円の寄付・・・、知りませんでした。いち早く台湾として200億円、ということしか知りませんでした。あまりニュースになっていなかったように思いますね。

韓国の歌手や俳優が幾ら寄付したとかいう話は取り上げられていましたが。なんか、日本のテレビ局は何処に対して気を遣っているやら・・・。こういう時にこそ、その人や組織の本質が見えますね。

元自衛官の用田和仁氏が、「脱韓国へ、対中作戦で米陸軍・海兵隊が陸自と一体化」という記事の中で、今回の米朝会談の物別れについて日本人があまりに無関心でいることの危機について書いておられますが、全く同感でした。中国の脅威に関して、日本人は考えもしていないことを憂えていて。

私も、韓国なんかどうでもいいですけど。もう「現実が見えない、見られない」で北朝鮮に擦り寄って、その結果、崩壊するだけですから、その時になって助けを求めてこなければいいだけのことです。

<< 我々の下にあるべき日本が我々を支援した、つまり我々を見下した、何時か仕返しをしてやる’との思考回路だそうです、

不思議な思考回路です。テストで常に満点を取っている優等生のことを、いつも20〜30点しか取れない劣等生が「アイツは本来なら私より下、いつか仕返ししてやる」と恨むようなもので、馬鹿を通り越して気違いですね。「日本に対してなら何をやってもい」と考えるサイコパス国家です。

間違いなく、日本が仲良くすべきは中国や韓国なんかじゃなく、台湾ですね。

Posted by poohpapa at 2019年03月13日 10:45
はなくろさん、おはようございます

今日は(気分転換してみようかな、と)逆の順番で返信させて頂いているので、本来は一番先に返信すべきところ最後になってしまって済みません。

こういう仕事をしていると、苦労をして頑張っている人に対しては応援したくなりますよね。それが人情ですもん。もちろん、そういうことが通じる相手に対しては、でありますが。

正直、私も生活は楽ではありませんが、それでも、「ああ、私のほうがマシかも」と思うこともしばしばです。そんなことで優越感に浸ることはありませんが、自分に対する激励にはなりますね。

苦学生に対しては「生活費が無くなったら、飯くらいならいつでも奢るから遠慮なく言っておいで」と伝えます。「その代わり、貴方が成功して有名になったりしたら、『俺はアイツが若い頃、ずいぶんと面倒を見たんだよ』と、飯を一回奢っただけでも言わせてもらうからね」と言ったりします。もちろん、笑って了解してくれます。以前はレンタカーを借りて引越しを手伝ったこともありました。

そうそう、台湾で自動車保険というものがあるかどうかは不明です。中国なら「やったモン勝ち」で保険なんか無い、あっても入らないように思いますが、台湾ならありそうな気もしますね、どうなんだろ・・・。

そっか、はなくろさんは無保険車に事故られてたんですね。まだ片付いてなかったんですね・・・。
Posted by poohpapa at 2019年03月13日 11:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]