2019年05月31日

みんな、思っていても言わないこと (たぶん)

こんな記事があった ↓

孤立・絶望…「拡大自殺」か 「死ぬなら一人で」という非難は控えて
株式会社 産経デジタル  2019/05/29 22:50

この中で、

インターネット上では「死ぬなら1人で死ぬべきだ」「人に迷惑をかけるな」といった書き込みが相次いだ。

 これに対し、生活困窮者支援などを行う「NPO法人ほっとプラス」代表理事の藤田孝典さんは「次の凶行を生まないためにも、『1人で死ぬべきだ』という非難は控えてほしい」と発信した。


とある。

「格差が広がり、『自分は価値がない存在』と感じている人が大勢いる。ネットでのこうしたメッセージが社会に恨みを募らせる人々をさらに追い詰める可能性がある。

はあ??、である。そんなのと巻き添え自殺や無差別殺人が増加するかどうかは関係も影響もない話。

私は「この手」のNPO法人の存在意義や活動意義を認めない。ほとんどが「お花畑」の理想論でしかないからだ。「死ぬなら1人で死ぬべきだ」「人に迷惑をかけるな」という当たり前の道徳観から意見や非難をすることが、どうして「似たような悲劇を増加させる原因になる」と言うのか、理解に苦しむ。

「あなたは間違ってないよ」「あなたも社会にとって必要な存在なんだよ」と激励してやらなければ生きていけないような人間なら、生きていても社会の役に立つことはなく社会の足を引っ張るだけ。どんなアドバイスや激励をしたところで自殺する人は自殺するし、似たような凶行を減らすことは不可能。ハッキリ言って、病気だし、四六時中監視をしているワケにもいかないのだから。

芝居の中の石川五右衛門のセリフ、「浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ」の、「盗人」の部分を「自殺」に置き換えれば解かりやすいと思う。死にたくなる理由は人それぞれ。

だから諦めて放っておけ、と言うのではない。中学に入った頃のなるだけ早い時点で、自ら命を絶つ、ということがどういうことなのか、残された家族や友人に与える影響、そして、今回のような巻き添え自殺を起こしたら社会に与える影響がどのようなものか、しっかりと教える必要があると思う。ただし、そのことが逆効果になって「よし、無関係の人間を大勢巻き込んで死んでやろう、めいっぱい迷惑をかけてやろう」という人間も現れると思う。そういう自殺願望者はいわゆるサイコパスで、我々の周りに常に一定の割合でいるものだから、その割合が減らない限り、この手の巻き添え自殺は減らないもの。残念ながら、その割合が減ることも無い。

実は私の親族にも一人いる。「例の気違い」と同じくらいに強烈なサイコパスで、次姉の一人っ子、つまり私の甥っ子である。今、56歳だが、ろくな生き方はしていないだろう。次姉も他の兄弟たちも気付いてなくて、奥さんが気づいたなら(きっと気づくだろうから)もう離婚しているだろな、と思われる。

ただ、一人一人が社会の構成員で誰もが何らかの役割を果たしていて、他の人たちからの恩恵も受けている、つまり「お互い様」の中で生きていることを自覚させれば単独自殺は減少するかも知れない。

さすがに小学校時代に自殺した同級生はいなかったから、そういうことを教えたり話し合うのは中学に入って直ぐくらいがいいだろう。イジメの問題も同様に授業の中でしっかり教えたり話し合うことが大切で、そちらは小学校の高学年で行うのが適当かな、と思う。

社会の中で貧困の問題が解決しようが行き届いた福祉国家ができようが、自殺が少しは減ることにはなっても防げない。巻き添え自殺も通り魔殺人も減らない。これからも不定期に起こり得る。巻き込まれたら「運が悪かった」ということ。もちろん、被害者やご遺族からしてみれば「運が悪かった」と済まされるものではないけど、伊集院静さんの言葉ではないが「人間社会は理不尽なもの」で、我々はそういう中を生きている。そういうのを受け入れられないのであれば死ぬしかないし、仕方ない。

自殺する人、単独でも巻き添えでも、要は自己中だと思う。自分よりもっと辛い環境の中で懸命に生きている人がいる現実を見ようともしないし知らないでいる。自分のことしか考えられないから自殺する。

もっと言うなら、「自殺しようとしている人」、そのまま生きていても大して社会に貢献できるとは思えないから「人の命は地球より重い」なんて言ってないで、希望通り死なせてやってもいいのかも。自殺幇助はいけないけど、今まさに死のうとしている人、無視してもいいのではなかろうか。極論だけど、とくに高齢者の自殺は歓迎されてもいいくらい。ちゃんと身辺を整理しておいてくれればだけど。

学校でしっかり教えたり、一緒に考える、ということを実践して、それでも自殺したいのなら「お好きにどうぞ、ただし、他人様を巻き込まないで、ちゃんと身辺整理はしておいてね」としか言えない。

冷たいかなあ・・・、十分に温かいと自分では思っているけど。

posted by poohpapa at 04:58| Comment(13) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「己の欲せざる所は人に施す勿れ」(by 孔子)

社会生活で何が一番重要かをもっと教えていかないとダメですね。
学校でもですが、家庭でもっと躾けないといけません。
今の子供は、うちもですが兄弟が少ないので、家庭内の社会環境で教わることが極端に少ないのかもしれませんね。
勝手な思い込みですけど。(´・ω・`)
Posted by ハリケーン at 2019年05月31日 08:10
popさんお早うございます。
こんなNPOなんて聞いたことがありませんね。数人で活動しているんではないでしょうから、また、補助金をもらうために、存在感を出すために、もっともらしい事をいっているのでしょう。
死にたいなら一人で死ねばいいのです。他人に迷惑のかからないように、崖からでも飛び降りでもすればと思いますね。
今度の犯人は包丁も4本用意し、手袋もしてたそうですから、計画的です。
咄嗟に狂って犯行に及んだわけではありませんから、判断も出来る状況でしょう。
巻き添えを食った人達が気の毒すぎます。犯人はもっと非難されるべきでしょう。
Posted by たか at 2019年05月31日 08:59
ハリケーンさん、再び、おはようございます

この加害者、複雑な家庭環境で育った、と言われていますけど、私からすれば、両親の離婚後に親戚に引き取ってもらえたのだからまだ恵まれているほうだと思ってしまいます。

自分が公立中学校に行かされたのも、差別されている、虐げられている、と思ってしまうんですね。「そりゃそうだろな」とは思わなかったんですね。僻みたくなる気持ちも解からないではありませんが、うちのお客さんで、もっと悲惨な環境で生きてきて誰も恨んでいない人がいて、どうしても比べてしまいます。そういう感じ方、受けとめ方も人それぞれですね。

この男の両親、今頃一連のニュースを見てどう思っているでしょうね。どちらも引き取らなかったのですから責任くらいは感じてほしいものですね。幼少時に躾もしてませんもんね。
Posted by poohpapa at 2019年05月31日 09:00
たかさん、おはようございます

私も、どうも「もっともらしいことを言っているだけ」としか思えないのです。少なくとも、世間やマスコミがこういう事件の後で沈黙していたとしても、この手の事件が減少することもないでしょうし、非難が沸き起こることで新たな同様の事件に繋がる、増える、なんてこともないでしょう。

ほんと、崖から飛び降りるのが一番でしょう。遺体を回収するのは大変でしょうけど。

突然発狂したのでなく、明らかに計画的ですもんね、これで生きていて裁判になって「無罪」とかになったら被害者も遺族も浮かばれませんよね。人権て、平等にあるようで、公正ではありませんね。

いろんな意見があっていいと思いますけど、さも公正な立場から意見しているふうを装って、自分たちの立場や利益のために適当なことを言うのはやめてもらいたいですね。


Posted by poohpapa at 2019年05月31日 09:11
1人でひっそり死んだ場合は何のニュースにもならないから我々が気に留めることもないんですよね、せめて遺書に「通り魔サツ人を起こして死のうかと思ったけどやっぱり一人で死にます」とでも書いてくれないと(笑)

NPO法人ねぇ・・・非営利法人でしたっけ?東日本大震災の際にもブイブイ言わしてましたよね、そう言った法人の方。
【利益は求めません、多くの弱き人を救うために国の補助を得て活動しています!】が前提なんでしょうけど・・・・どれほどのNPO団体があってどれほどの団体が真に機能して社会の役に立っているのかって思いますね。審査もちゃんと厳しくしてるんだろうけども。
うちでもNPO法人に建物を貸している部分があるのですが代表者がいわゆる【経営者】ではないんですよね。どうしたら損をしないか、儲かるかを考えないからこっちがツケを払わされていますよ
Posted by はなくろ at 2019年05月31日 09:29
川崎市の担当職員(医師?)が会見で、「全くの想定外でした。」とかバカな言い訳で責任回避してましたね。
じゃあ、想定内の要監視者(異常者?)がいたり、事象はあるのか?と…
じゃあ、想定内の対策はどうなっているのか?と…
そんな想定内がありえないのに、想定外があるはずもないですよね。
キ〇ガイの行動なんて「想定外」に決まってますから、なんでそんな嘘つくのか全く理解できませんが、みっともない言い訳はかえって不信感をあおります。

NPO法人も利益をあげることを目的(正確に言うと公益活動をすることを目的)としているはずなので、活動するためには儲けないといけなくて、儲からないと活動できないことになるんですけどね。
立ち上げ時には、一応審査はされるんじゃないかと思います。(知りませんが…(-_-;)
損しちゃダメでしょう、資産を残せない株式会社みたいなもんかと思ってましたよ、違うのかな…(゚ー゚*?)
Posted by ハリケーン at 2019年05月31日 11:53
はなくろさん、おはようございます

NPO法人・・・、東日本大震災の時に雨後の筍のようにいっぱい生まれて補助金なんかを騙し取ったりしていましたね。もちろん、全くの善意で立ち上げたNPOもあるんでしょうけど、カネ儲け主義のNPOがたくさん存在するのも事実で、人が辛い思いをしている時にそこに付け込むのは普通の詐欺犯より卑劣ですね。

立ち上げる際の審査は厳しくしていても、「審査が通ってしまえばこっちのもの」てことでしょうか。

もしかして、はなくろさん、借主であるNPO法人の家賃の立替えとか発生しているのでしょうかね。

ところで、話が逸れますが、自殺・・・、県によっても人口に占める割合とか違うみたいで、たしか、一番多いのが青森県、少ないのが奈良県だったかと・・・。と思って調べたら、今は秋田県が一番高く、次いで青森県。和歌山県と岩手県が同率で続いてますね。東北の秋田・青森・岩手の3件が高いのは切ないです。気晴らしできるような施設も無いから、ということもあるのかなあ・・・。

低いのは徳島県、愛知県、奈良県、岡山県がほぼ横並び。高いのも低いのも理由は何となく解かるような気がします。旅行していても、奈良や岡山の皆さんは総じておおらかですもん。くよくよしない県民性なのかな、と思います。

いや、県民性より何より、教育が大事なんだと思いますね、そうとしか思えなくなってきました。今死のうとしている人に「世の中に不要な人間などいない、あなたも大切な社会の一員なんだよ」と励ますより、子供の頃から学校で教えたり話し合ったりすることが重要なんでしょうね。
Posted by poohpapa at 2019年06月01日 06:10
ハリケーンさん、おはようございます

たしかに、NPO法人と言えども赤字ではやっていけませんが、かといって、利益に走ってもマズイでしょうね。個人的には、収支ギリギリのところで頑張っているNPO法人が一番マトモかな、と思いますね。収支から、そのNPOの在り方、本音が判るような、そんな気がしますね。

川崎市の担当職員(医師?)の会見は見ていませんでしたが、まあそりゃあ、こんなふうな通り魔的な事件は想定外であるのが当たり前ですよね、想定してたら防げるワケで、言い訳にもなりませんね。ですが、市が会見してお詫びする必要も無いでしょう。私なら、「防げるワケないでしょう、相手は気違いなんですから」と開き直っちゃいます。ま、首が飛ぶでしょうけど。

今回のケースは叔父夫婦(?)と暮らしていたのですから施設に入れるほどではなかったと思いますし、市の責任ではないとは思います。前兆があったとしても、市民のプライバシーに市がどこまで踏み込めるのか、相談や指摘を受けていても、介入したらしたで非難されますしね。いずれにしても、この手の事件を防ぐことは不可能で、どうしても起きてしまうもの。ゼロにはできないまでも、人員の手配などで減少させることが出来るかどうか・・・、相当に難しいでしょうね。何か起きる度に市の責任者の首を挿げ替えるのが関の山なんでしょう。

いつものこと、現場に手向けられた花束やお菓子、ジュースの山を見ると涙が出てきます。と同時に、いつどうやって片付けるのかな、とも考えたりして。お菓子なんかは児童相談所の施設に回してもらえると嬉しいな、と思います。余計なお世話ですが。
Posted by poohpapa at 2019年06月01日 06:57
無差別殺人、って男の犯人しか聞いたことない、と思っていたら、面白い記事を見つけました。

パパさんも、言葉の端々にお金があったら、、と思っておられることが受け取れる文面がよくあるので、男性なら納得できるのではないでしょうか。
また、具体的に、ご自分と比べればこいつのほうが恵まれてるじゃないか、と思っておられるようにもお見受けしますが、それは、人それぞれの感じ方ですから(そこも含めて、やっぱり男ってバカだな、と私は思えますけど)。

この事件の犯人は、下記の分析には当てはまらないと思いますが、資源のない日本にとって、男の優越感を満たす方法の1つが学歴の獲得とそれによる承認欲求になっているのだろう、それが特に多少の精神障害を起こしている人間にとって強く刺激になるのだろう、ということは、私も実際に兄を見ていて感じます。

〜〜〜〜引用

どこの国でもどの文化でも一番人を殺すのは若い男です。
年齢別の殺人率をグラフに描くと、10代後半から急増し20歳代前半をピークに達します。
数の多い少ないはあっても、どこの国でも、どの文化でも、このグラフは同じような形になるので、ユニバーサル・カーブという名前がついています。

その理由は生物学的なもので、男(オス)が繁殖年齢に達すると、なわばりの確保、配偶者の獲得に勢力をそそぎます。
そのため繁殖期の男は攻撃的になります。
若者が危険なスポーツや車に熱中し、激しい音楽に心酔するのもその反映です。
これが良い方に現れると学問、スポーツ、芸術に対する情熱となり、悪い方に現れると殺人などの犯罪になります。

しかし調査されている限り唯一の例外が現代の日本社会です。
1955年辺りまではその傾向がみられたのですがその後殺人率の年令分布が変わっていきました。

統計をみると1950年代以降殺人率は減り続けたのですが年齢別に見てみると均等に人を殺さなくなった訳ではありません。
最大の変化はなによりも若者の殺人が激減したことです。20代男の殺人率は1994年には1955年の1/13になり10代男でもやはり1/10に激減しました。一方40〜50代男の殺人率は半減程度しか減りませんでした。

2002年日本人男性の年代別殺人者率は人口10万人当たりに換算した人数で30〜39歳が2人で1位、50〜59歳が2人で2位、40〜49歳が2人で3位となっています。

つまり少年犯罪を過剰に報道する傾向の影に隠れて、いつのまにか日本は「殺人おやじ」の国になっています。

ユニバーサル・カーブのくずれを指摘した長谷川寿一と長谷川眞理子は、その主因である中高年男性の殺人率が顕著には下がらなかった原因を次のように分析します。

彼等は戦後進んだ急激な高学歴化社会に取り残された世代です。
ほとんど人が義務教育で教育を終えていた世代と、9割が高校へ進学する世代のはざまで、戦後の進行する学歴インフレによって減価され、経済成長の恩恵を平等に受け取ることのなかった世代集団で、殺人率の低下がはかばかしくないのでは、というものです。

〜〜〜〜〜
Posted by 遠藤 沙耶 at 2019年06月05日 15:23
沙耶さん、おはようございます

コメントの返信、少々お待ちください。数日前から猛烈な睡魔に襲われていまして思考停止に陥っています。何かの病気の前兆かなあ・・・。少なくとも、車の運転は無理ですね。
Posted by poohpapa at 2019年06月06日 06:11
沙耶さん、おはようございます

忘れていたワケではありませんで、気になっていましたが、返信が遅くなりましてすみません。

さて、男も女も、私は「どちらも馬鹿な生き物」だと思っていますよ。日ごろから言っておりますように、「女なんか何人いたって屁のつっかいにもならない、使いものにならない」というのが私の持論ですが、男も「たいがい馬鹿」だと思いますね。

ですが、男と女では「馬鹿の中身」が違います。男は後先考えずに無茶をしたり勝手であることが多い、という馬鹿ですが、女のほうは「ただただ浅慮」ということ。悲しいくらい思慮が浅くて配慮に欠けます。もちろん、個人差がありますが、「総じて」ということですね。

典型的なのが、忠臣蔵の浅野内匠頭のかあちゃん(女房)であります。泣きたくなるくらい浅慮です。

まあ確かに、無差別殺人はほとんどが男ですね。無差別に人を殺す、というのは、対象が「弱い相手」でなければならず、そうなると女には無理です。刃物で一人ずつ殺そうにも凶器を奪われて返り討ちに遭います。せいぜい「毒を盛って殺す」くらいしかできません。それと、サイコパスはほとんどが男。私の周りには女のサイコパスはいません。ちなみに、サイコパスは気違いであって、馬鹿とは別物ですね。

女は、いくら世を儚んでも無差別に人を殺そうという発想にはならず、せいぜい旦那の浮気相手を恨んでピンポイントで狙いを定めて殺すくらい。

そうそう、浮気が発覚した場合、夫が浮気すると妻は、夫でなく相手の女を恨みますが、妻が浮気した場合は男は妻を責めますね。そんなところにも男女の違いが出ます。ついでに言うと、スーパーのタイムセールで「ただ今から棚の中すべて半額」とか言われると要らないものまで買うのが女。男は欲しい物が例え予算の倍であっても買います。

それは男女で「護るべきものの違いがある」ことから起きている差、だと思いますが。

私は社会学者ではありませんが、そういう男女の違いを観察するのは楽しいですね(^◇^)

あと、海外の殺人は若年層に多く日本では中年層に多い、というのは頷けますね。だいたいが、日本の若者は真面目だから、というのでなく、スマホのゲームに熱中していて対人関係の苦労が希薄なんでしょう。私なんかは高校時代から「殺したい奴」何人かいましたが。最近の日本の若者、人と関わることから逃げているのですから、そりゃあ殺人なんて起きませんよね。

ところで、沙耶さんも私同様、ストレスをまともに受けとめて溜める性分だと思いますから、沙耶さんも体調と心の安定にお気をつけくださいね。


Posted by poohpapa at 2019年06月16日 06:06
お考えには一切頷けませんわ、ということだけ申し上げておきますわ(笑)

だいたい、忠臣蔵の時代の女は、教育の機会を奪われて、馬鹿でいさせられて、男が飯炊きでいさせるほうが都合が良かったのですもの。
女を馬鹿でいさせた男が、馬鹿だというのはナンセンスですわ。飯炊きしかできない発想力なら、さもありなん、では。

それと、以前も言いましたけど、私自身もですが、いらないものまで買うなんて、そんなかわいらしい方、知り合いにいたことありませんわ。半額?それがなんですの?そんな価格のみに興味を持つなんて、少なくとも友達にはいませんわ(笑)
あいかわらずかわいらしい方とばかり知り合いなんですのね、類友なんじゃありません?

そうそう、私の知り合いだと、10万以上で買った北投石を、みな恥ずかしそうに
「気休め代よ。」
とだけおっしゃる。

男には、3万に値切ったのなんの言って長ったらしい蘊蓄を語ってる馬鹿がいますわよね。あの馬鹿話、男からしか聞きませんわね。

これを黙っていたのはずるいかもですけど、実は、父も叔父も地質学者で、特に叔父は原発政策で地質系で関わる中心だったものですから。あのあたりの知識はございますので、でもまあお幸せそう、と思っておりました。

せめて、お買いになられても、蘊蓄は口から出さないよう、お気をつけ遊ばせ。
Posted by 遠藤 沙耶 at 2019年06月17日 22:08
沙耶さん、再び、おはようございます

これねえ、沙耶さんでない人からのコメントなら「禁止IP」に登録して出禁にするところであります(汗

でも、言わんとするところは充分に解かります。買い物に見る男女の差、だいたいそんなものですよ。嫌味でなく、沙耶さんは富裕層だから庶民の買い物の仕方が解からないと思いますけど、普通はそういうものです。当然に個人の価値観の差もあれば家庭環境、経済状態に差はありますので、概して、ということであります。沙耶さんの周りも裕福な人ばかり、ということではないでしょうか。

ちなみに、私は買い物に関しては男と女の両方の特性を持っています。

つまり、買うつもりがなくても「ただ今から半額」と聞けば買いますし、どうしても欲しいものが予定の倍の価格になっていても買ってしまいます。うちのは「本当に欲しいなら、諦めると後悔するから買ってしまったほうが良い」と背中を押してくれますし、たとえ半額になっても、在庫があれば買いません。そのあたりは私より男っぽいかも知れませんね。

<<せめて、お買いになられても、蘊蓄は口から出さないよう、お気をつけ遊ばせ。

蘊蓄はともかく、自慢はしたいですね (^◇^)

そうそう、前回の台湾旅行でうちのの土産に買った北投石のブレスレット、1万もしなかったですね。「気休め代」だと私も思います。私は帰国後にヤフオクで購入しましたが、もし北投石の店に連れて行ってもらえるなら(たぶん連れて行かれるでしょうけど)自分の分を買おうかな、と思っています。
Posted by poohpapa at 2019年06月18日 07:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]