2019年09月04日

黒皮の手帳

さっき更新契約を済ませて出て行ったばかりの老婦人が店に戻ってきた。忘れ物でもしたのかな、何も落ちていないハズだけど・・・、と思っていたら、手に何か持っている。黒皮の手帳と、一冊の本だった。

「今そこでこんなのを拾ってしまったんですが・・・」と言って私に手渡す。「そちらで何とかしてくれ、後は任せた」ということなんだろう。「分かりました、では私が落とし主さんを探すか交番に届けておきます」と言って預かり、手帳の中身から持ち主を特定しようと試みた。「プライバシーの問題」もあるけど、交番に届けられると落とし主が受け取る際に面倒なことも起きる。私自身も面倒、ということもある。

中をパラパラと捲ってみると・・・、なにやら専門用語がビッシリ。それだけで「落とし主がこの手帳を失くしたら困るだろうな・・・」と判る。手帳の後ろのページに名前とか連絡先が書いてないかな、と思ったが、手掛かりになるような情報は無かった。ただし、名刺が挟んであった。それも3枚・・・。

取引先の人から頂いたとしたら同じものが複数枚、ということはない。落とし主の名刺とみて間違いないだろう。それで、6時過ぎていたが会社に電話してみると、まだ営業していた。電話に出た人に「立川の高松通りで黒い表紙の手帳と本を一冊拾ったのですが、そちらに〇〇さんて方はいらっしゃいますか?、多分、その方の物だと思うのですが・・・」と言うと、「本人と連絡を取ってみます」とのこと。

待つことしばし・・・、

「先ほど会社のほうにご連絡を頂いた〇〇です。それ、私のものです、有り難うございます。これから伺っても宜しいでしょうか?。5分ほどで伺えます」とのこと。会社は江東区だが、この町内に住んでいらっしゃるらしい。了解すると直ぐにやってきた。体格もよく、いかにも管理職、という男性。

丁寧にお礼を言われた後、ティッシュに包んだものを差し出す。「少しですがお礼の気持ちです。お受け取りください」と言うが断固辞退した。今まで何度も拾い物をして交番や本人の自宅に届けたことはあるが、謝礼を受け取ったことは一度も無い。落とした人は、不注意でもあるが不運でもある。人の不運に付け込んで得をしようとは思わない。美味しいお菓子を届けた時と同じように笑顔が返ってきたらそれが何よりの謝礼。だいいち、私が拾った物ではない。いちいち説明してないけど。

「実は、先ほどまで〇〇さんが落とされた本を読ませてもらっていました。私は知りませんでしたが、いい本ですね。後でメルカリで探してみようかと思います」と伝え、その晩のうちに2冊購入した。

精神科医の斎藤茂太先生が書いた 「なぜか人に好かれる人」の共通点、という本である。活字も大きくて平易な言葉で書かれていて読みやすく、内容もいちいち納得がいく。嫌われ者の私が読むのにピッタリの本、とも言える (^◇^)

ついでに同じ著者で、「あなたと会うと元気になる」といわれる人の共通点、という本も2冊購入。私を嫌う人もいるけど、私はよく「話すとホッとします」とも言われているから、こちらの本は内容に納得しても私にはあまり必要ではないかも (傲慢

さらに、やはり同じ著者で、人生がラクになる心の「立ち直り」術、という本も1冊購入。

私は、落ち込むことも多いが(ノルンの件は別だけど)立ち直るのも早いので、私のためでなく、私の周りにけっこういる「そういう本を必要としそうな知人」に読んでもらってもいいかな、と思った次第。2冊ずつ買った本も1冊は誰かに勧めて読んでもらうつもりで購入。いつか必ず誰かの役に立つことだろう。

落とし主さんがそういう落とし物をしてくださり、うちのお客さんがうちの店に届けてくれたご縁で、今まで知らなかった「良い本」に出会うことができて感謝。おかげでいい一日になった (^^♪

posted by poohpapa at 06:13| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

落とし物、現金ではなかって残念ですね。大金が入っていたら、、、、。
落とし主さん、本は替わりがあるでしょうけど、手帳は困るでしょう。
でもね、最近は手帳を使わなくなりましたね。スマホの予定表に入れておけば事足ります。
数ヶ月先の予定や数年前の予定の事でも簡単に閲覧できますし。メモも入れておけますから。便利です。まあ、スマホの機能を使えないpoohpapaさんでは、猫に〇〇かもね。
Posted by たか at 2019年09月04日 08:50
たかさん、おはようございます

まあね、現金であっても、と言いますか、過去には結構な大金を拾ったこともありますが、抜き取ったりしないでそのまま落とし主に届けています。「謝礼で1割を・・・」と言われたこともありますし、おカネは「喉から手が出るくらい欲しい」ですけど、貰ったら自分の為になりませんから辞退しています。

昔、政治評論家の竹村健一がCMで「私なんかコレだけですよ」と黒い手帳を掲げてたこともありましたが、ほんと、手帳の出番が無くなりましたね。なんでもスマホ一つで済んでしまいますから。

<<まあ、スマホの機能を使えないpoohpapaさんでは、猫に〇〇かもね。

そうなんですよ、物凄い機能がいっぱいあるスマホ、全く使いこなしてなくて、私にとっては、高価で高機能なスマホも宝の持ち腐れ・・・、って、ほんとにうるせえんだよ。放っといてくれ! <`ヘ´>

Posted by poohpapa at 2019年09月04日 09:14
お礼の気持ちを差し出すっていうそのお気持ちが嬉しいですよね。でもさすがに現金をお礼で受け取るのは忍びないのでどうせなら菓子折りでも持って来てくれたら快く受け取ったのにって思ってしまいますww
ここ数年で急に長財布が流行ったせいで、パチンコ屋でもよく台の上に財布を置いて遊技をしている人がいるんですが、結構忘れていく人多いんです。忘れる=その後台移動したのではなく帰ったってことなんでしょうけどね。
それに気づいた時は私は財布に手を触れることなく店員さんに教えることにしています。
Posted by はなくろ at 2019年09月04日 09:56
はなくろさん、おはようございます

そうですね、菓子折なんかだと、辞退する(付き返してしまう)のも申し訳ないので受け取ったと思います。以前、拾得物ではなく別件で、分厚い商品券(デパート共通商品券)の封筒と菓子折を届けてくださった人がいて、その時は菓子折だけ頂きました。それで相手の方のメンツも潰さないで済んだと思います。そういうのは相手の気持ちも考えて受け取るべき、という考え方もあるでしょうけど。でも、お気持ちは嬉しかったですね。

<<パチンコ屋でもよく台の上に財布を置いて遊技をしている人がいるんですが、

そういうの、けっこうありそうですね。財布の中に免許証なんかが入っていたら、車で来ていたなら免許不携帯になってしまいそう。でもって、そういうのは自分で触らず店員に言うのが賢明ですね。

はなくろさん、なんか、(そういう場面に)場慣れしている感じ (^◇^)



Posted by poohpapa at 2019年09月04日 10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]