2019年09月12日

伊勢丹立川店から出禁を喰らう前の大収穫

本題に入る前にこの話題、

停電、断水、食糧難。まったく報道されない千葉の被害状況まとめ

これほど甚大な被害が出ているのにワイドショーでは番組の後半でサラッと流す程度 <`ヘ´>

相変わらず、韓国視点での偏った日韓関係や玉ねぎ男の話題、それに、クソみたいな政治家が初入閣したことを延々と流している・・・。進次郎が入閣しても(良くは無いけど)直ちに国民の生命や生活に影響しない。今、千葉で起きていることを詳細に報道しないでいてマスコミの使命が果たされるのか。


さて、

伊勢丹では、メインの催事となる「大北海道展」やら「京都展」などとは別に、毎週、地下の食料品販売フロアのレジの外とかエスカレーターで降りてきたところでプチ催し物を開いている。

先週は、そのコーナーでかなりの買い物をしていて、売り子さん(3人)とも親しく会話を交わすようになった。なので、行く度に、けっこうな量の試食用サンプルを頂いていたのだが、最終日の夕方に行って何品か追加で購入すると、そのコーナーの責任者の女性から「ちょっと待ってね」と声を掛けられた。

床に置いてある大きな段ボール箱の中を探している。「あれえ、無くなっちゃったかなあ・・・」と言っていたが、「そうだ、こっちかも」とショーケースの下の扉を開け、「あった、あった。これ、持って行って」と大きなビニール袋を差し出す・・・。

試食用サンプルの小袋がいっぱい入った大きなビニール袋で、ふつうに買ったなら5千円はゆうに超えていそう。閉店時間まで1時間もあるし、「いいの?、大丈夫?」と訊くと、「いいのいいの、いっぱい買ってもらったし、持って帰るワケにもいかないんで周りの店のスタッフにも配っているんだから」とのこと。正規に買った商品にもほぼ同じくらいのオマケを付けてくれた。Uさん以上に気前がいいお姉さんである。

有り難く頂戴して、(他の店舗の)いつもの馴染みのスタッフにも分けて差し上げた。

実はそれ、凄く助かった。最終日になって、最近は立川店で見かけていない馴染みのマネキンのUさんに、たぁさんが送ってくれた「かもめの玉子 秋栗」を届けようと思い、「そういえばUさんもお煎餅が好きだったハズ」と、お得な詰め合わせを購入しようと思ったのだが既に売り切れ。それで、大量に試食品を頂いたので、うちの分として買っておいた詰め合わせをUさんに回すことができたのだ。

店に戻って、まだ閉店時間まで1時間ちかくあるし、そのお姉さんに何か差し上げられるものはないか、と冷蔵庫の中を探して「あるお菓子」を見つけて、それを二つ届けてきた。

いつかまたお目にかかったら、いっぱい購入しよう。あ、その頃は出禁になってるか・・・💧


posted by poohpapa at 04:31| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

あら?まだ出禁になってなかったようですね。恐らく、店長あたりに要注意人物としてリストアップされているかもわかりません。わずかなお菓子をバラ撒いて、残りものをゲットする手法は古いです。
おばちゃんが飴あげようか?、っていうやり方と同じか?
Posted by たか at 2019年09月12日 08:25
たかさん、おはようございます

いやいや、私から「何か頂戴」と言ったことは一度も・・・、あるか(おい

お姉さんが「5袋買ってくれたら2袋サービスします。でも、いっぱい買ってくれたからもっとサービスしますね」と言ってくれたのをいい事に、「ならこっちの(値段が倍ちかい)イカの姿焼きを付けて」と要求して、更に、お姉さんに「いいわ、もう一袋オマケしちゃう」と言わせて、5袋に対して3袋+イカの姿焼きをオマケさせたのですから、ほぼ買った金額と同等のオマケをせしめていますね。

あ・・・、これじゃ韓国のこと言えねえや、やってることは韓国と変わらないような・・・(滝汗

Posted by poohpapa at 2019年09月12日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]