2019年09月19日

産経新聞の危機

毎日10通ちかく届く「百人の会」のメルマガによれば、産経新聞の経営が危機的状況なんだとか。

以下、メルマガをそのまま転載させて頂く。

新聞「アイデンティティ」の葛目です。
□日本にとってなくてはならない新聞、産経新聞の経営に赤信号が灯っている。
反日『朝日新聞』が発行部数、百万落ちたと保守支持者が喝采しているが、足元
の『産経』が揺らいでいる。
読者の活字離れはは新聞業界全般の宿痾だが、その原因はSNSで手軽に新聞記
事が読めるからだ。
なかには、新聞取らんいいいよ、ネットで見れるからと言う人もいるが、産経潰
したらもとも子をない。
□このSNS「百人の会」会員の皆様。ネットで他紙を読むのはいいとして、
『産経』や『フジ』の記事は購読料払って活字媒体で読んで戴きたい。(既に産
経の購読者の皆様にはご免なさい)
それから、私の新聞、「アイデンティティ」(隔月刊年間三千円)も宜しく。

□以下は、月刊『Hanada』編集長花田紀凱氏のブログから

□産経が心配だ。赤字幅は前期の4倍以上。
花田紀凱 | 月刊『Hanada』編集長、元『will』『週刊文春』編集長
6/3(月) 0:19

□経営的には危機と言ってもいい状態にある。5月14日、夏期賞与決定に際して、
飯塚社長は30年度決算について社内に公表。それによると、売上高は前期比4・
9%減、東日本大震災直後の23年3月期以来の大幅な減少。会社の実態を映し出す
管理損益は10億8400万円の赤字。前期は2億5700万円の赤字だったから、赤字幅
が4倍位以上に膨らんだことになる。本業の儲けを示す営業損益は30年ぶりに赤字。
□昨年から希望退職を募っていたが、180人の募集に対し200人を超す応募があっ
たという。ぼくが親しい永田町の黒シャツこと石橋文登政治部長もやめてしまっ
た。現役の政治部長が希望退職なんて前例があるまい。
経営陣の奮起を期待するしかないが、ぼくが心配なのは紙面のことだ。
ぼくはもちろん家でも取っているが、産経を一部でも増やさなくてはと、毎朝、
青葉台駅の売店で買っている(そのほか息子と娘のところにもとどけてもらって
いる)。
それを神保町までの45分で読むわけだが、これまでは読みきれなかった。ところ
が、このところ、渋谷に着くまでに(約30分)読み終わってしまうのだ。ページが
減ったこともあるが、中身が薄いというか、読むべき記事が少ない。
産経の特徴であり、読者が期待しているのは、情報の分析であり、主張、批評な
のだ。特に政治に関する。最近、それがめっきり減った気がする。産経が朝日や
読売に対抗できるとしたら、産経独自の主張であり、批評であり、分析ではないか。
ついでに書くと、一面で読者投稿の「朝晴れエッセイ」なるものを載せるように
なったが、所詮は素人の作文。朝から一面で読まなくてもいい。
□産経は日本にとってなくてはならない新聞だ。頑張ってほしい。


うちも長いこと新聞を購読していない。以前は店に某新聞の新聞拡張員が来て「駅からずっと飛び込みしてきて、どこも契約してくれないんだよ。新聞代は俺が払うから契約してもらえないかなあ」と言うんで、「だったらいいよ」と半年契約して前金で新聞代をもらったことがある。その時くらいしか新聞はとっていない。新聞に書かれているような情報はネットで見られるし、そのほうが正確だから。

テレビ番組表も雑誌を買って来れば2週間先までの分が乗っているから録画予約する際にも便利。唯一、新聞をとったほうがいい、と思えるのは近所のスーパーのチラシが入ってきて特売の情報が得られること。ネットでも見られるが、プリンターで印刷すると小さくて不鮮明。それすらも、私が駅方面まで出た時にスーパーに立ち寄ってもらってくるから、まあ、無くても困らない。だから新聞をとる意味がない。

それにしても、懲りずにフェイクニュースを垂れ流す厚顔無恥な朝日新聞や、すでに韓国に乗っ取られている毎日新聞、愛知から東京に進出してまで反日で活路を見出そうとしている東京新聞、経済専門紙でありながら主張が怪しい日経新聞より、比較的正しい論調の産経新聞が先に逝くのか・・・。

実は、高校時代に新聞室にいた私からすると、産経新聞は読みにくい。紙面の構成とか記事の割り振りが下手で、読むのに疲れる。まるで素人が紙面づくりをしているかのよう。そういう点では毎日も同じ。紙面の構成的に読みやすいのは読売と朝日。読む側の「慣れ」ということもあるのかな。

朝日や毎日は論外だが、保守色が強い産経の記事も私はいちおう疑ってかかっている。同じ事柄や事件に対する論調や伝え方に新聞社それぞれの方針や社是が透けて見えて、比べると面白いのだが、もうそういうことに手間暇かけるのは面倒。情報過多は、ある意味、情報不足よりマズイこともあるし。

とにかく、大切なのは、たとえ(世間では最も信頼性が高いと思われている)NHKが流しているニュースであっても、自分の頭で「真実(事実)かどうか、正しいかどうか」考える習慣が大切ということ。

まあ、産経が破綻したなら朝日や毎日は「我々の主張のほうが正しいと消費者が認めたということ」などとほくそ笑むだろうけど、間違いなく言えるのは、今の産経の危機は「明日はお前たち」ということ。産経が消えても朝日や毎日の部数が伸びるワケでなく、その恩恵に与るのは読売くらいだろう。産経の読者が朝日や毎日に乗り換えるハズなどないのだから。ネットのお陰で消費者は賢くなっているし。

しかし、それにしても保守の産経が消えて反日の朝日や毎日が残るとしたら何とも皮肉だなあ・・・。

posted by poohpapa at 05:16| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「リベラル」はもはや宗教化してるので、一定層からの「お布施」は確保できるのでしょう。
根っこは全く違うけど、ベクトルは朝鮮人と一緒な感じ、利己主義的なダブスタというか。
しかし、朝日新聞は一向に責任取らないよねぇ…(´・ω・`)
Posted by ハリケーン at 2019年09月19日 07:56
poohpapaさんおはようございます。

新聞で残るのは朝日と読売だけでしょうね。これも残る理由は、新聞社としてではなく、不動産屋としてでしょう。この2社は不動産収入が多くて新聞の赤字などはカバーできるからです。しかし、それも赤字を垂れ流す新聞部門をいつまでも引っ張るかはわかりませんけどね。

産経、毎日は新聞以外に収入先を見つけるしかないでしょう。日経は紙の新聞を廃止して経済情報を有料で配信して生き延びるのでしょうかね。

金を出してみたニュースがフェイクニュースだった。なんて読者が知ればそれは信用を落とすでしょう。自分で自分の首を絞めているようなもんです。
Posted by たか at 2019年09月19日 08:10
ハリケーンさん、おはようございます

ほんと、朝日新聞は、あれほど日本の国益を損ねておきながらほんの僅かな謝罪だけで、キッチリとは謝罪しないですね。モリカケなんかでは執拗に安倍さんを攻撃していますが、だったら先ず自ら姿勢を正して謝罪しろよ、と言いたくなります。ダブルスタンダードには閉口します。

考えようによっては「得な性分」ですが、そういうのとはお友だちにはなれませんね。

Posted by poohpapa at 2019年09月19日 08:25
たかさん、おはようございます

へえ、朝日と読売が不動産収入で生き延びられる、とは知りませんでした。さすが、財界の闇の部分に詳しいたかさんだけのことはありますね。

でも、不採算部門は切り捨てることも有り得るんじゃないかなあ。業態を時代に合わせて変えて行かなければ新聞社も生き残れないんじゃないかと・・・。

そうなってくると、うちみたいに一人でやってる超弱小企業は強いですね (違うか

私が不思議なのは、毎日新聞は創価学会に乗っ取られていて、政権に公明党が入っているのに、フェイクニュースで政権を批判している・・・、公明党が何も言わないのは、ある意味「政教分離」が機能していることになりますが、公明党が毎日新聞の姿勢を黙って放置しているのは解せません。

創価学会が昼間の「印刷機が空いている時間」に聖教新聞なんかの印刷を発注していて、今、それらの注文が無くなると毎日新聞は確実に潰れるとか。7〜8年前、田舎に帰って中学時代の恩師と顔を合わせた時に、「久しぶり」でもなく、いきなり「アンタ、毎日新聞が創価学会に乗っ取られてるのを知っとったか?」と訊かれましたもん。

新聞の記事、本当に信用できませんね。世論調査の数字なんかも何とでも操作できますし、国民を意図的にミスリードする、つまりは世論を焚きつけて政権を転覆させるのが目的になってますもんね。
Posted by poohpapa at 2019年09月19日 08:41
poohpapaさんへ
僕は退職した時、朝日を止めて自ら産経の販売所に行って契約しました、でもその販売所も三鷹の販売所に吸収されたようです。
僕も我が社でのリストラを経験しましたが、会社の大きさにもよりますが10億位なんとかなると思いますよ、まず福利厚生のカットですね、保養所など最初に切られました、検診等社会保険関連も外注化。
流石に人件費までは手をださなかったですが、外注への締めつけがひどく、結果社員の負担が増え、経費の抑止が図られたようです。
今後本社機構のスリム化はAIなどの活用でもっと効率化できますから、現場の戦力は切らないでほしいですね、新聞社の飯の種は取材力ですから。
若者の紙媒体離れは顕著で、これからは電子媒体にならざるを得ないでしょうが、政治評論家の加藤氏が言っていましたが、情報はネットから取得すればいいと言うが、その情報を収集するのに、ただでできると思っているのか?結局その情報は新聞等のメディアが集めているのだと。
若者が情報料としてお金を払う気になるか?そこが新聞メディアの生命線でしょうね。
Posted by ボース at 2019年09月19日 10:06
ボースさん、おはようございます

まあ、さすがに給料まではカットできないものでしょうね。でも、大企業ともなると、10億くらいならどうにかなるんですね。そういえば、トヨタが42万台のリコールを発表しましたが、トヨタなんかは桁外れの内部留保がありますから屁でもないかも。産経新聞なんかは内部留保なんて無いでしょうけど。

それにしても、朝日新聞が新聞が売れなくなっても生き延びられるのは釈然としません。朝日が国家によって潰されないことだけを見ても、日本では言論の自由がしっかり保証されていると判ります。

私も、必要でかつ正確な情報はネットから得るから新聞は要らない、と言っていますが、それらの情報も当然に取材費が掛かっているし、時には命がけで得た情報とか書いている記事もあるでしょうね。どこかで帳尻を合わせてあげないと申し訳ないですよね。私は、Wikipedia から寄付のお願いの案内が来るといつも千円を寄付していますが・・・、それだけじゃ足りないかもですね。もっとも、使っていても一銭も寄付しない人が大半でしょうけど・・・。そういうの、後ろめたく感じてしまうのですよ。

産経新聞、紙面改革を実行してほしい、と願っています。

Posted by poohpapa at 2019年09月20日 05:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]