2019年10月03日

賢そうにモノを言ってるけど・・・

舛添要一は救いようのないアホだと思う。

芸術に公金は必要か 舛添要一氏「不自由展」再開で持論
NEWS ポスト  2019/10/02 16:00

そんな理屈を捏ねなくても、「芸術と、芸術に名を借りたプロパガンダは違う」の一言で片づけられる話。「文化庁が補助金を出す出さないで内容の検閲をしようとしている」のでなく、「内容がとても芸術とは言えないから補助金の不支出を決めた」だけ。脅迫の有無も関係ない。それは後から派生してきた話。

日本人なら他国の国旗や元首の顔をデフォルメしたり落書きしたり燃やしたりはしない。中韓は、まるでワールドカップの応援旗に寄せ書きをするかのような感覚とノリで落書きする。これが逆に、「習近平や文在寅の顔に落書きして燃やして靴で踏んづけた映像や画像も出している」というならまだしも。昭和天皇に関する展示もだけど、私は、「間抜けな日本人の墓」(作者自身がつけた作品名は「馬鹿な日本人の墓」)も赦せない。

日本がなぜ何のために戦争をしているのか、その意味も知らずに「お国のために」と特攻隊に志願して若くして散っていった多くの尊い命のお陰で今の日本の繁栄がある。感謝こそすれ、侮辱する神経が解からない。

実のところ、私も若い頃は昭和天皇が好きではなかったし、「この人のせいで・・・」と思っていた。「日本が間違った戦争を仕掛けた」 「軍部が独走して戦争に突入した」 「天皇陛下万歳!、と叫んで多くの軍人が死んでいった」などと教わっていたからだろう。もちろん、今は違うけど。

私が尊敬する中学時代の恩師も、「大東亜戦争は日本の侵略戦争だった」 「安倍さんは危ないぞ〜」と言っていて、「ベトナム戦争が終結する10年も前に『アメリカは逃げ出す』と予言」していたり、「チトー大統領が亡くなったらユーゴスラビアで必ず内戦が起きる、と、それが現実となる20年前に予言して当てていた」のと同じ人の言葉とはとても思えない。先生、ハルノートくらい知ってるだろうに。

「ああいう展示をしたいなら自費でやれ」という意見もあるけど、私は、それより、展示品の隣に「この作品の作者は私です」と展示期間中ずっと座っていろよ、と言いたい。オマエらの制作した似非芸術作品よりずっと面白い見世物になるだろう。命の危険があっても信念があるならそうすべき。

さて、舛添要一の言ってる事、ポイントがズレまくり。都知事としてマトモに務まらなかったんだから、こんなところでしゃしゃり出てこないで引っ込んでろよ、と言いたい。

posted by poohpapa at 06:08| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
舛添要一、東国原 英夫 この両名、昔の栄光が忘れられないのでしょうか?
もうとっくに過去の人物に成り下がっているのにまだまだ人気があるものと勘違いしているようです。
夢よもう一度!!!!はないよね
Posted by たか at 2019年10月03日 07:38
たかさん、おはようございます

そうですよね、この二人に加えて、田島陽子・・・。世の中であんなに気品の無い女を他に知りません。

テレビ局も、なんでああいう「過去の人」を使いたがるのか不思議です。ギャラが安いのかなあ(ぷっ

Posted by poohpapa at 2019年10月03日 07:53
私は実際の展示物を見たわけではないので、ネットの画像からだけの判断になってしまいますが、

仮に、あれらの作品を芸術作品だ、という人がいるなら、その人の芸術に関する審美眼は全くお粗末極まりないので、今後芸術に関わることはお勧めしません。ガラクタとアートの区別がつくようになってから出直してください、としか…

また、芸術作品としては作者の技術は全く稚拙で下品な作品だということがわかっていて、政治的なプロパガンダであるというのなら、アートの範疇から著しく逸脱しているので、早々にお帰りくださいとしか…

いずれにしても、文科省の助成金を受けるには値しない物であるということになりますね。

個人的には、作者の表現したいものがただの「ヘイト」でも「プロパガンダ」でもかまわないのですが、芸術性の欠片もないガラクタを金を取って見せるのはいかがなものかと思います。
誰が見ても同じ影しか見えない作品を創造する芸術家って、本当にいるんですね、びっくりしました。(まぁ芸術家じゃなくてただの活動家なんでしょうけどね。)
プライドをかなぐり捨てて無能なボケナスのふりしてまで自分の信じる活動をするとは、ある意味頭が下がりますが、あまり行き過ぎると伝える相手は誰もついてきてくれないと思うんですけどね。
狂信者は想像力が欠如してるからなぁ…(´・ω・`)
Posted by ハリケーン at 2019年10月03日 10:04
poohpapaさんへ
おはよう御座います、ようやく秋の気温になったようです。
舛添の背景は朝鮮万歳が必ずあります、こいつが都知事時代、朴にわざわざ挨拶に行ったり、韓国風満載のオリンピックガイドの衣装を発表したりと反吐が出るような思いをされられました。
やっと消えたかと思ったら、またぞろうごめいているようです、往生際が悪いと言うか、惨めですね。
左翼の識者は頭がいいはずなのに、客観的にものを見ないと言うか、情報を収集する能力はそれなりに発揮しますが、その情報を客観的に分析しないで都合の良いように取捨選択して利用するのです。
東大の左巻き教授の近現代史を読んだことがあるのですがあ、日本陸軍の行動に関してこれでもかと言うくらい詳しく分析しているにもかかわらず、マッカーサーの上院外交委員会での証言など一言も触れていませんでした。
敵の総大将の証言、近現代史でこれ避けては通れないでしょう。
舛添も以前東大助教授でした、TBSの在日反日コメンテーターも元東大教授でした、典型的な高学歴バカの集まりが東大の文系なのでしょう。
GHQの公職追放から綿々と繋がっているのが良く分かりますね。
Posted by ボース at 2019年10月03日 10:27
ハリケーンさん、おはようございます

全てに激しく同意、であります。テレビで紹介している作品(?)を見る限り、ガラクタ、というか、粗大ゴミでしかありませんよね。それらを支援している人たちも同様に「芸術とガラクタの区別がついていない」ことになります。

個別の作品に支援者がついているワケではないにしても、こういう美術展(これも、?マークですが)に支援者がついていること自体で美術展の名を借りた政治的なプロパガンダだとバレバレですね。

音楽は好き嫌いだけで単に好みが分かれるだけですが、美術に関しては、好きか嫌いか、上手いか下手かは感じても、普通はそこまでの話で、人を不快にさせることはない、と思うのです。見る人を不快にさせるような作品が芸術とは言えないように私は思いますね。

あれらの作品を普通の人に「宜しければタダで差し上げます」と言ったとして、「欲しい」と言う人はいないでしょうね。誰もが評価する芸術作品なら奪い合いになるでしょうけど。もらっても、すぐに市役所で粗大ゴミのシールを購入して指定の日に出すようですね。

大村知事・・・、なりふり構わず、になってきましたね。この件では河村さんのほうがマトモですね。
Posted by poohpapa at 2019年10月04日 07:21
ボースさん、おはようございます

舛添・・・、そういう血が入っているとかいないとか、ネットでは出てますね。まあ、立場を利用して税金で他国に赴いて、向こうの要人と会ったりすることで自分の価値を高めようとしているだけかも。でも、真っ先(?)に韓国に行ったというのがねえ・・・。

日本の左翼は都合の悪い話は悉く封印しますね。何度か書いていますが、「欧州の左翼には愛国心があるが、日本の左翼には愛国心がない」・・・、初めて読んだ時には目から鱗で、今までのモヤモヤが晴れました。日本の左翼は国家の転覆だけが目標で、万民の幸せなんか願っていませんよね。

東大の教授や名誉教授なんか、ほとんどが真っ赤っか、ですね。一橋大なんかもそうみたい。和田春樹という東大の名誉教授がいますが、こんなのが国外追放にならずに日本でそんな職にありついていることで、日本がいかに人権に配慮した国であるかが判りますね。こんなふうに歳は取りたくない典型です。舛添よりもっと異臭を放っています。私なんかは、その顔を見ただけで反吐が出ますよ。

まあ、舛添も鳩山由紀夫も東大ですもんね・・・。片山さつき、なんで舛添なんかと結婚したものか。
Posted by poohpapa at 2019年10月04日 07:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]