2019年10月10日

あいちトリエンナーレ問題再び

最近は私の毎日の訪問先である「反日勢力を斬る」さんのこの記事、

「あいトリ」再開ではっきりした敵味方

驚いたんだけど、総事業費が約12億円て・・・???

支出されている補助金(税金)、愛知県が6億円、名古屋市が2億円、国が7800万円・・・。ま、国は全額、市は一部の支出を停止しているとはいうものの、なんで??、そんなに掛からんでしょう。

どう考えても、掛かるのは主に会場費と係員の人件費くらいのもの。この内容なら展示品の運搬費なんか作者に出させればいい、芸術に名を借りた反日プロパガンダなんだから。事前の宣伝費用だって県と市のHPで告知すれば済むし、そんなに費用は掛からない。会場費だって、公共施設なんだから高くても月200万くらいのものだろう。この内容ならワイドショーも喜んで取り上げて宣伝してくれるだろうし。

そっか・・・、裏で糸を引いている奴らの取り分や、それら反日組織への還流が一番大きいか。

残りのカネはどこに流れたのか、徹底的に追及したらいい。

河村市長の、「表現の自由という名の暴力だ」、という発言は正しい。

それにしてもワイドショーのMCもコメンテーターも碌なモンじゃない。休止に追い込まれた理由を「テロ予告」や「脅迫電話」にすり替えているけど、内容が芸術にそぐわないから休止に追い込まれただけのこと。徳永有美って、うっちゃんの嫁だったっけ?、もう少し賢い嫁をもらえよ、と言いたい。

これ、しごく簡単な話で、

もし、大村知事が「自分の父親の肖像写真を燃やされて靴で踏んづけられている作品」を芸術作品だとして出品されたなら何と言うか。今と同じことが言えるのか、という話。

まあね、実行委員会が「自分たちに都合の悪い作品の出品を認めるかどうか」は置いといて。

「あいちトリエンナーレで」でなくてもSNSで「これは芸術作品です」とアップされていたならどうするか。補助金の停止で「国を訴える」と息巻いている大村のことだから見過ごしたりせず訴えるだろう。

日本人の尊厳を踏みにじって貶める作品ばかりを羅列していながら中止に追い込まれれば知事も主催者も「表現の自由があ」と叫び、補助金が停止されれば「憲法違反」だと主張する・・・。心得違いも甚だしい。愛知県民は、リコール可能な時期が来たら大村知事をリコールすべきだと思う。

個人的には、昭和天皇の御真影を燃やして靴で踏んづけている作品より、特攻隊員として祖国のためと信じて散っていった若者たちの遺書や寄せ書きをモチーフにした「馬鹿な日本人の墓」のほうがもっと赦せない。作者は狂っている、としか言いようがない。狂っていないのなら人間のクズ、どちらかだ。

以前も書いたけど、それぞれの作品の製作者自身が自分の作品の横に立って、入場者から問われたら「自分がその作品で何を表現したかったのか」ということを説明したらいい。アンタらの作品は芸術なんでしょ?。本来は絵画にしても彫刻にしても映像にしても、芸術作品を展示して「身の危険を感じる」、なんてことがあるハズがない。そこに悪意の意図や主張があるから危険に晒されることになる

言ってみれば、「自分たちの主張(やっていること)が何も間違っていない、表現の自由は尊重されるべき」との信念があるなら、「身の危険があ」 「テロがあ」などと言って問題をすり替えて逃げていないで堂々と主張するのが当たり前。再度言うが、そんな卑怯な奴らが、崇高な信念と覚悟で「お国のために」と若くして散っていった特攻隊員を「馬鹿な日本人の墓」などと揶揄するのは絶対に赦せない。

こういう催しとか大村たちを支持する人間がいることが、一日本人として本当に不思議に思える。



posted by poohpapa at 04:58| Comment(5) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

あいちトリエンナーレ再開ですか。取りやめになったと思っていました。
まあ、なんでこんなくだらないガラクタに県や市が12億円もの補助金だすのでしょうかね。この人達はきっと日本人ではないのではと思いますけど。

もっと他に税金の使い道があるだろうと思いますが。

丁度台風19号も近づいていますから、あいちトリエンナーの会場を直撃してもらいたいと思いますね。
Posted by たか at 2019年10月10日 08:19
たかさん、おはようございます

ほんと、こんなガラクタ展にどうして12億も税金を投入するのか、ですね。もっと使わなければならないところ、他にありますよね。そんな金銭感覚の男が知事をやっている・・・、罷免すべきでしょう。

再開しても期間は8日間くらいで終わるようですね。しかも、事前にグループで予約してツアーのように観るんだとか。見るのは仲間ばっかだったりしてね。見る側を検閲してるんですね、お笑いです。

本文でも書いていますが、大村の父親の肖像を燃やして靴で踏んづけているものを芸術作品として出品されたなら大村は「表現の自由」だとして異議を唱えないものか。昔、「人の嫌がることはしないんです」と言った馬鹿な総理がいましたが、はたして大村が何と言うやら。

今度、(父親の写真ではやりませんが)大村の写真を燃やして靴で踏んづけた写真をアップしましょうかね。奴らが何と言うか興味があります。もちろん、「たかさんが『やれ』と言った」と言います。



Posted by poohpapa at 2019年10月10日 08:43
ピカソのゲルニカと比べるとは…片腹痛い、というより頭大丈夫か?と憐憫の視線で問いたくなります。
反体制の芸術は、絵画にしろサイケやパンク・ロックのような音楽にしろバックミンスターフラーのような建築にしろ、ずっと以前からありますが、公衆に公開しても恥ずかしくないようなものしか芸術作品として残っていませんよね。
それが普通です。
観る人に感情があるのと同時に、作者にも芸術家としての矜持や世俗的な承認要求があるからだと思います。
「表現の不自由展」の作品には微塵もそれらを感じません。

プロパガンダ作品というのであれば、プロパガンダが目的なのだと思いますが、それも全く見当違いじゃないかと思うのですよ。
だって反対方向を向いているその他大勢を、情報操作で自分と同じ方向に向かわせるための心理戦がプロパガンダでしょう。
「表現の不自由展」の作品では、こっち側から観る人には反感しか生まないので、プロパガンダとは真逆のアプローチですよね。
これは、ただの自慰行為ですよ。
ふつうの人には廉恥心があるので、自慰行為は公開しないものです。
不思議な人たちですねぇ…(´・ω・`)
Posted by ハリケーン at 2019年10月10日 09:19
poohpapaさんへ
おはようございます。
表現の自由だ、検閲だ、憲法違反だなんて言っている割には、観客にいろいろ制限加えているじゃねーか?
もう彼ら二重基準にはあきれますね、何もかも自分に都合のいいように解釈します。
今日の虎ノ門で、内容をごまかして補助金を搾取しているのは法律違反らしいです、ここを強く追及しろとコメンテーターが言っていました。
懲役5年以下罰金100万もしくは両方とかなり重い刑です。

話は変わって、ノーベル賞受賞について、流石に日本人としてもちょっと騒ぎすぎじゃないかと思います、原因はマスコミにあります。
朝鮮の身になって考えるのは本意ではありませんが、彼らは未だ取れてもいない受賞者の銅像用の台座まで作って、もう何十年も待望しているのにその可能性すらありません。
少しは彼らを忖度して報道を控えてあげましょう、武士の情けです。
Posted by ボース at 2019年10月10日 10:45
「表現の自由」とは、国家の検閲や規制を受けることなく自由に表現を発表できる権利とされています。
間違ってはおりませんが、正しくもありません。
自由に表現を発表させることの真意は、多くの表現を社会の中で競い合わせて勝ち残ったものにこそ価値がある(真理に近づける)という考え方によるものです。

つまり、「表現の自由」とは
 ・表現の発表に規制を受けないことと
 ・表現が社会の中で自由競争に晒されること
この2つ揃わなければ何の意味も持たないことになります。


あいちトリエンナーレへの公金支出の大義名分として、「表現の自由の担保(保証)」をかかげている方が左派の方を中心に多く見られますね。
しかし、そのような主張は詭弁以外のなにものでもありません。

なぜならば、実行委員会というブラックボックスの中で、作品の選定(=競争)が恣意的に行われてしまっている。
それだけで、「表現の自由」で最重要な部分である「自由競争」を保証できる環境にないことが分かります。

さらには
 ・出資者は誰なのか
 ・資金用途の内訳は公開されているのか
 ・総責任者は一体誰なのか
 ・実行委員会の面々は誰が選んだのか
「自由競争」を保証するための透明性が、全くと言っていいほど確保されていません。

彼らがやっていることは、実行委員会形式を隠れみのにした「特定表現への公的援助」に他ならないのです。
「特定表現の是非」という細部に終始してしまうと、本質的なことを見落としてしまいます。
Posted by AK at 2019年10月10日 12:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]