2019年10月11日

あいちトリエンナーレ問題再び 2

台湾出身の評論家、黄文雄氏が「あいちトリエンナーレ問題」について非常に的確に核心を突いた記事を書いていて、コメント欄にリンクが貼れないので記事本文でご紹介。


 大変恐縮ですが、この記事の本文と昨日ハリケーンさん、ボースさん、AK さんから頂いていたコメントに対する返信の内容がダブってしまうかと思われますので、この記事をもって返信とさせてください。


で、昨日AK さんがコメントで指摘されていたことと根幹は同じと思われる内容。

喜ぶのは誰?「表現の不自由展」再開で左派が既成事実化したい事
MAG 2 NEWS  2019.10.10

広告がいっぱい貼られていたりして読みにくいかもだけど必読だと思う。実にスッキリする。

とりあえず、私が気になった部分をピックアップしたいと思う。

黄文雄氏の記事によれば、

愛知県の大村知事は、1回の入場者を抽選で選ばれた30人に限定し、動画撮影はNG、手荷物は預け、入場者は事前に「教育プログラム」を受ける必要があり、SNSなどでの展示内容の拡散防止も「誓約書」を書くことが求められるそうです。

1回の入場者を抽選で選ばれた30人に限定・・・、って、本当に抽選なんかしているのかねえ・・・。

入場者は事前に「教育プログラム」を受ける必要があり・・・、しかも誓約書って・・・、

黄文雄氏は、

主催者側からの一方的な「教育」ですから、批判的な内容であるはずもありません。単に制作意図の説明をレクチャーするなら、「趣旨説明」といえばいいだけで、「教育」などと表現する必要はないでしょう。

と述べていて、全くその通り。「教育プログラム」って、ここは北朝鮮かよ!?、という話。えへん、エルミタージュ以外は世界の名だたる美術館はだいたい訪れたけど、入館前に「教育プログラム」なんて受けたことがない。そんなものが必要になることで「マトモな美術展ではない」のが判る。

さらに、記事によれば、

8月だけで1万件を超えたという『電凸(とつ)』と呼ばれる電話などでの攻撃対策は、県は対応を専用回線2本に限定。自動的に通話を10分間で終了させるシステムを導入したほか、専用回線以外に来た抗議電話は1分以内に切る方針。

批判的な意見は業務妨害、テロ行為と見做していて、反対意見には一切耳を傾けないのは左翼の特徴。「言論弾圧だあ」 「検閲だあ」と非難していながら自分たちがやってることはまさにそういうこと。

しかも今回は、事前に問題になりそうな展示内容は意図的に隠されていたとも報じられています。

そりゃあそうだろう。事前に内容を告知していたら開催など出来なかった、つまり、そういう内容だと主催者側はハナから認識していた、ということ。「あいちトリエンナーレ」に続いて横浜などいくつかの都市で同様の美術展(?)が開かれるようだから、今回のトラブルを教訓にして自治体はしっかり中身をチェックしたほうが良い。もちろん、チェックすべきは来場者のカバンの中身ではなく展示物の内容。

もしも今回の展示が、戦前の軍国主義を賛美するような内容だった場合でも、再開支持派は「表現の自由」を守れと言ったでしょうか?むしろ率先して中止を訴えたでしょう。

要は、皆さんが仰ってるようにダブルスタンダードであって、韓国の日本への対応と全く同じ。

「表現の不自由展」は強制連行された慰安婦という「ウソをつく自由」と日本の天皇を「侮辱する自由」を「表現の自由」だと言い募っているわけです。

AK さんが仰るように、私も「個々の作品の酷さ」につい目が行ってしまっていたけど、この美術展の先にあるもの、裏にあるものに注意を払わなければならないんだろう。芸術監督の津田某にしても実行委員会の面々にしても、日本人のメンタルや伝統、日本人らしさを破壊して、さらには日本を赤化しようと目論んでいるんだろうけど、彼らにはその後に待つ自分たちの将来、というものが見えていないと思う。たとえ日本が赤化したとしても、自分たちがイニシアチブを取れるワケがないのだが。

表現の自由は重要ですが、これを悪用して政治的プロパガンダやフェイクニュースで国内を撹乱する動きには警戒しなくてはなりません。そうした自覚を国民がしっかり持つことが必要なのです。「表現の不自由展」再開も、そうした観点から見れば、何を既成事実化したいのか、それによって誰が喜ぶのかが見えてきます。

今、台湾が抱えている危機が、もう日本に潜在しているかも知れない。いや、ずっと前からあると思う。

よく「ピカソのゲルニカだって政治色があ」と言う人もいるけど、今回の展示物とゲルニカを同列に並べるのが間違い。ゲルニカは鑑賞に値するけど、今回の展示物は反吐しか出ないのだから。たしかに、ハリケーンさんが仰るように、今回の展示はプロパガンダにもならないゲテモノである。プロパガンダなら明確な方向性があるだろうけど、単に日本や日本人が嫌いで卑下したい人物が作っただけの代物。

話が脱線するけど、韓国は「南北統一を訴えただけ」のインチキ臭いノーベル平和賞の受賞者が一人いるだけで、自然科学の分野での受賞者は一人もいない。パクリが国家的事業になっていて、主要産業は全てパクリの上に成り立っており、独創的な技術を開発したり地道な研究を重ねることに耐えられる国民性ではないので今後も胡散臭いノーベル平和賞以外のノーベル賞受賞者は現れないことだろう。

ノーベル賞に、何かを宣言しただけで貰える「平和賞」とか、個人の趣向で評価が分かれる「文学賞」とか、占い師と同様の成果で貰える「経済学賞」なんて要らないと思うのだが・・・。

韓国は「恨の国」と言われているけど、私からすると「妬の国」だと思う。人の幸せを心から祝福できない奴とは友達にはなれない。国家も同じだと思う。恨と妬でしか国が成り立たないのは哀れ。

話を戻して、大村知事は今回の件でとんでもなく醜態を晒したので「次」は無いだろう。河村さんも、せめて半日くらいは座り込みをしてほしかったけど、ま、忙しいから仕方ないか・・・。知事と市長は互いに非難しあっているが、もしかして「裏でつるんでいる」なんてことはないだろうな。

少なくとも、県は補助金を出すのだから収支報告は公開してほしいもの。昨日も書いたけど、まあ入場料で採算がとれるなどとは思っていないが、12億円などというカネが掛かるワケがないのだから。


posted by poohpapa at 06:27| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

>>事前に「教育プログラム」を受ける必要
まるで北朝鮮の強制収容所の思想教育なんでしょうか?それとも中国のウイグル人やチベット人の矯正収容所での教育みたいですね。

Posted by たか at 2019年10月11日 08:13
たかさん、おはようございます

ほんとですよね、「教育プログラム」って、何様のつもりなんでしょう。めちゃくちゃ上から目線の物言いで、誰か一人くらい「このネーミングはマズイんじゃないでしょうか」と進言しなかったものか。まあ、主催者側がチュチェ思想にカブレているような奴らばかりですから。ほんとにクズですね。

そういえば、中国のウイグル人やチベット人に対する洗脳教育も凄まじいですね。台湾に対しても密かに洗脳教育を進めているようで怖いですね。ガス室にこそ送り込んでいませんが、やってる人権侵害はナチスより激しいかも。国連の人権委員会は何をやってるんでしょう。
Posted by poohpapa at 2019年10月11日 08:42
>>国連の人権委員会は何をやってるんでしょう。

ニッキー・ヘイリー米国連大使は2018.6.19、米国が国連人権理事会を離脱したと発表した。ヘイリー大使は、「偽善と自己満足」に満ちた組織が「人権を物笑いの種にしている」と述べた。人権侵害の疑いのある国も加盟しているから。

理事国には、中国やロシア、サウジアラビア、アルジェリア、ベトナムといった国々が選ばれています。韓国などは慰安婦や徴用工で騒いでますしね。
Posted by たか at 2019年10月11日 08:59
poohpapaさんへ
おはようございます。
今回の報道ぶり、徹底していますね、アメリカ軍にひき殺された少女像(あれは転用して売春婦像にしたもの)だけは記事にしていますが、昭和天皇の御真影をバーナーで燃やし、燃えカスを足で踏みつける映像を絶対流さないですよね。
河村市長の抗議の座り込みでも’天皇への侮辱を許すのか’と言うプラカードも映しませんでした、余程彼らも分かっているのですよ、日本人の怒りを呼ぶことを。
これってオールドメディアの自殺行為だと思います。
新聞も産経だけが報道しただけのようです、後に報道機関の卑怯さがあらわになった時、終わりますね、日本人お怒りをまともに受けると思います。
蟻の一穴現象で、どこかのTVメディアが勇み足で報道すれば雪崩を打って、全体が露わになるでしょう。
年末の今年を振り返るニュース番組でこの件が出るかどうかが試金石ですね、このまま隠し続けるならば、表面化した時の反動が倍加するでしょう。
そのためにもSNSやインタ―ネット番組で継続して報道してほしいですね。
見るのは苦痛ですが、拡散するためです、我慢して見ましょう。

原点に戻って、マスコミがこの像だけを問題にしますが、これが芸術かどうかという問題ですが確かに芸術品と認定されている彫刻などの模刻展示することもあります。
僕はこれでも大学の美術部に属していましたから、50年前に赤坂でダビデ像の現物大の彫刻を見に行ったことがあります、圧倒されましたよ。
この売春婦像はもともと政治的プロパガンダ目的で作られたものです、芸術のげの字も該当しません、しかも大量生産されたもので何が芸術か、芸術を冒涜するのもいい加減にしろと言いたい。
この別名美術展が政治的プロパガンダ展以外何物でもないことは、明々白々です、そんなものに公金、ふざけるな。
Posted by ボース at 2019年10月11日 09:06
「表現の不自由展」は鑑賞するのも不自由なんですね…自虐ギャグ?

>愛知県が公金によって慰安婦像を「芸術品」と認定することとによって、ソウルや釜山の慰安婦像、さらには徴用工の像に対して「これは芸術品であり威厳の侵害にはあたらない、それは日本の公的機関も認めている」

どうやら狙いはココにあるような気がしますね。
金髪豚野郎の考えそうな姑息な手段です。
ドブに落ちたパグみたいな県知事は、愛知県民の住民監査請求を悉く却下しているので、プロ市民的手法で県議会にあがるような活動をしないと駄目かもしれないです。

韓国のインチキ臭いノーベル平和賞の受賞者による資金援助で、北朝鮮の今の核とミサイルはあるわけで、本当に困った奴等ですよ。
Posted by ハリケーン at 2019年10月11日 09:27
たかさん、こんばんは

史上最大勢力の台風19号、関西はコースから外れそうで良かったですね。こちらはお客様から「役所から避難勧告が届いたんですけど、どうしたらいいですか?」との問い合わせが届いています。

さて、本題、国連の人権委員会ほど胡散臭い組織はありませんよね。本当に人権侵害が起きている国や地域には何も言わず、人権侵害などしていない国が「あらぬ疑い」を掛けられて改善勧告を受けたりしています。しかも、その言い方が超「上から目線」で腹立たしいですね。

アメリカが脱退したのは賢明です。日本も脱退していいと思いますね。カネだけ出さされるんじゃ。

Posted by poohpapa at 2019年10月12日 17:38
ボースさん、こんばんは

マスコミの自主報道規制・・・、何を恐れているんでしょう。真実を伝えるのがマスコミの本分、役目のハズですが、表現の自由どころか「報道しない自由」もマスコミ各社連携して護っていて。

私が見た河村市長の座り込みの写真も、河村市長の姿だけで、プラカードがあったことは知りませんでした。「天皇への侮辱を許すのか」というプラカードは強烈にアピールしますから絶対に映したくなかったんでしょうね。それより、あの「昭和天皇の御真影をバーナーで燃やし、燃えカスを足で踏みつける映像」そのものを「無かったもの」としたいんでしょうか。

私が怒っている「馬鹿な日本人の墓」も、ほとんどニュースで流しません。あの売春婦像と昭和天皇への侮辱映像と馬鹿な日本人の墓は3点セットで悪臭が漂うほどの愚劣な作品で、それでも大村が、再開に反対する河村さんに対して猛烈に抗議しているのですから、私なんか「こいつ、頭、大丈夫かなあ」と思ってしまいます。あいトレが先だったなら大村が知事になることはなかったでしょうにね。

そうそう、昭和天皇を、そして日本人を侮蔑した映像を作った男の顔写真、きょう4本目の記事に出しておきました。顔だけで判断しちゃいけない、と解かってはいますが、お友達にはなりたくない顔ですね。とてもじゃないですが、芸術作品など製作できる顔じゃありません。

最初ね、「反日勢力を斬る」さんで、見出しより先に顔写真を見た時に、「コイツ、なにをやったんだろ。靖国神社に落書きでもしたのかな」くらいに思いました。サイトの特性上、間違っても「交差点に突っ込んできた車から児童を護った勇気ある男性」なんて話じゃないだろうな、と思いました。

芸術監督の津田にしてもコイツにしても大村にしても、本当に人相が悪いですね。顔が悪い、というより、今までの生き様のお粗末さが表情にそのまま出ています。大村にしても、東大の法学部を出て知事にまでなっても、「こんなこと」をやってる(擁護している)から人相が余計に悪くなっています。まあ、たとえ整形したとしても目(目付き)だけは変えられませんから無駄ですが。

でもって、「馬鹿な日本人の墓」を作った奴の顔がどこかネットに出ていたら教えて頂けますか?



Posted by poohpapa at 2019年10月12日 18:05
ハリケーンさん、こんばんは

<<「表現の不自由展」は鑑賞するのも不自由なんですね…

鑑賞した後も不自由みたい。まず、一度に30人までで、見る前に教育プログラムを受けさせて、バッグなどは預けて、写真撮影は禁止。ガイドが付いて、ですから、ほんと、北朝鮮を観光しているようなもの。挙句に、SNSへのアップを禁止・・・、そこんところは中国みたいだけど。

ところで、元NHKの左翼系アナウンサーの小宮山洋子が、以下のように言っております。

「昨日は、反対している河村市長が、抗議の座りこみを会場前でしました。 国や自治体のトップが、気に入らない表現は許さぬと言わんばかりの行動をしていることを危惧します。 表現の自由を認め、それを見て、大いに議論すればよいと思うのですが。」だと。

「気に入らないから反対している」のではない、と正常な頭の人なら解かりますが、思考回路が古巣のNHKや朝日新聞と一緒ですね。

大村は愛知県民の住民監査請求を悉く却下しているのですから、権力の濫用と言えますね。自分の顔にコンプレックスを持ち続けてきた結果がコレなんですね。なんでこんなノが自民党員だったのか。

「あいトレ」で大村の本性が判ったのだけは良かったかも。後は愛知県民が何とかしてくれるでしょう。

そうそう、(URLが貼れないので)

表現の不自由展 閉ざされていた扉を埋めた“不自由の声”の数々「表現者だけの話にしたくなかった」

で検索してみてください。気持ち悪いですよ。こういうのも狙いだったんでしょうね、自分たちのしていることを正当化するために。


Posted by poohpapa at 2019年10月12日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]