2019年10月12日

日本人をミスリードするなよ、東洋経済

「ボイコットジャパン」から2カ月、続く余波 日本の経済界は当惑、韓国財界から同調の声
東洋経済 ONLINE  韓国「中央日報エコノミスト」  2019/10/12 07:00

以前も指摘したけど、ここんとこ東洋経済の論調は変わってきていて明らかにおかしい。言ってることは「対話の必要性」だけど、それは「日本が一方的に譲歩しろ」と言っているのに等しい。

両国間の対立が政治的な理由で長期化してはならず、対話による関係回復を模索すべきだとの声が高まっている。って、「ちゃんと話が通じる国では無い」ことくらい学習しろよ、と言いたい。そもそも対話が成り立つ相手なら、ここまで関係が悪化することなど無かったのだし、全ては韓国側の責任。

韓国が日本車を買わなくなっても、観光客として訪日しなくなっても日本にとっては大した問題ではない。元々韓国人が日本で使うカネは少ないのだし、韓国が自滅して崩壊しても放っておけばいい。

posted by poohpapa at 12:24| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]