2019年10月21日

こんなの初めて見た <`ヘ´>

6畳に猫163匹!多頭崩壊からの壮絶な救出劇が続く
女子SPA!  2019/10/20 08:46

写真から臭いが漂ってくるような・・・。本人はどこにどうやって寝ているものか。これ、真冬でも掛布団が要らないかも。でも、敷布団は猫のオシッコで濡れてたりしてね。きっと孤独なんだろな・・・。少しは仕事してるんだろうか、してたら、通勤する際の洋服にも臭いが染みついていそう。

うちの空室物件に「ペット可とのことですが、猫が3匹いるんですが大丈夫でしょうか?」と問い合わせが入ることがあって、複数飼育を認めるにしても2匹まで。3匹以上を認めると際限なく増える可能性があるから。「3匹でも『いい』と言っていたんだから少しくらい増えても大丈夫じゃね」と勝手に都合よく解釈して。うちは家主さんと相談して、ペット可でも「2匹まで」と決めている。その線は譲らない。

以前は、案内中に「犬7匹、猫8匹いるんだけど・・・」と言われて「それは無理」と断ったら、「動物愛護の精神が解かっていない冷たい人なんですね」と言われたことがある。それだけの数を飼いたければ先ず戸建ての家を買うべきである。それとても、近隣から苦情が寄せられるのは目に見えている。ん、待てよ・・・、記事の女は40代とのことだから、もしかして、あの時の女かも。なワケないか・・・。

本人は「動物愛護の精神で保護している」つもりかも知れないけど、全く逆。避妊手術も受けさせていないようで、似たような色や模様の猫が多いから近親交配で産まれた猫がほとんどなんだろう。こんなにいると見分けも付かない。トイレも2ヶ所だけなら、餌も満足に与えていないのでは、と思われる。

通行人が「異臭がひどい、人の死体があるのではないか」と警察に通報したことで詳細が発覚したようだが、死臭は全く違う。私は Cyber (敬称はつけない)が孤独死して死後1ヶ月半後に腐乱遺体になっているのを見た際に嗅いでいて脳裏に焼き付いているからもう間違わない。その後、半年くらいして東府中の旧甲州街道を歩いていて同じ臭いを感じて、「あ、誰か亡くなって気付かれずにいるな・・・」と察知したが、警察には通報しなかった。間違っていたらどうしよう、と心配したのでなく、面倒に巻き込まれたくなかったから、である。もう処理が終わって臭いだけが残っているのかも知れないし。

死臭・・・、ゆで卵(タンパク質)を腐らせたような、パイナップルを腐らせたような、鼻を衝く臭いである。できることなら二度と嗅ぎたくはないが、この仕事をしていると避けて通れないから覚悟はしている。

記事にある部屋にいた猫の中には、病死した猫もいただろうから、どう処分していたものか。荼毘に付したり埋葬する費用も無かったようだから、燃えるゴミの袋に(判らないように)入れて出していたかも。

いずれにしても無責任である。餌や排泄のことも気になったが、もっと気になったことがある。

それは・・・、

この猫たちにちゃんと名前が付けられていたんだろうか、ということ。野良なら名前などなく、近所の人が適当に好きに名前を付けて呼ぶものだろうけど、曲がりなりにも飼い猫である。亡くなっていく時に名前も呼んでもらえないのでは可哀想すぎる、と思った。こんなにいると、どれか亡くなっても何の感情も湧かなかったりして。うちもノルンを亡くしたばかりだから、そういうのが気になった。

再度言うが、この女性がやっていたこと、動物愛護などでなく、虐待である。

posted by poohpapa at 05:18| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

うあぁ、、、リンク先の写真を見てしまった。もう写真から臭いが吹き出てきそう。
よく、あんなところで寝起きしてたもんだと感心しますね。猫好きのpoohpapaさんにはたまらないかもしれませんが。
まあ、最近のゴミ屋敷をみているpoohpapaさんにはなんでもないかもしれませんけど。
これはどう見ても猫の愛護とはいえませんね、虐待だといえます。同じ毛並みの猫が多いの親子兄弟なんでしょうね。
Posted by たか at 2019年10月21日 08:12
>人の死体があるのではないか

これは警察を介入させるためにわざと言ったのではないでしょうか?そうでもしないとこれからの解決の糸口も見えませんからね。

タンパク質の腐敗臭って動物の糞尿の臭いとは明らかに違うんですよね。もちろん死臭を嗅いだことのない人にその違いを説明してわかるものではないと思いますが。でもハッキリと言えるのはソレを嗅いだらもう絶対に忘れないって言うことですね(^^;
ほんと嫌な商売ですねお互い(苦笑)

動物愛護も良いことだけれど自分が出来る範囲と言うのを越えてはダメですよね。
最近流れている公共広告機構のCMで【にゃんぱく宣言】というのをご存知ですか?


正にこれだよなぁっていつもうんうん言いながらCMを見ています。
Posted by はなくろ at 2019年10月21日 09:35
たかさん、おはようございます

そっか、「リンク先の写真は自己責任でご覧ください」と書いておけば良かったですね。でもホント、写真から臭いが湧き出てくるような気がしますね。数えたら、あれでも写真の猫は一部です。

以前に、ケージに入った大型の鳥と、犬と猫をそれぞれ3〜4匹飼っている家に行った時でさえ物凄い臭いでしたから、猫163匹って想像を絶する臭いでしょう。よくもまあ、そんな部屋で寝起きや食事ができたもの、と思います。臭覚がマヒしているか一種の精神異常でしょうね。

ゴミ屋敷は、ゴミを片付ければ多少の生ゴミ臭が残るだけですけど、これは、床や天井、壁にまで匂いが染みついているでしょうね。そりゃあ、床はオシッコ垂れ流しですもんね。マスクも効かないでしょうね。毒ガスの防御マスクみたいなやつでないと効かないんじゃないでしょうか。

ほんと、動物保護じゃなく虐待ですね。

Posted by poohpapa at 2019年10月22日 06:45
はなくろさん、おはようございます

<<>人の死体があるのではないか

これは警察を介入させるためにわざと言ったのではないでしょうか?そうでもしないとこれからの解決の糸口も見えませんからね。

なるほど・・・、死体の臭いは知らないまでも、動物を相当数飼っていることでの臭い、というのは解かりそうなものですもんね。自分で立ち入ることはできませんから、この場合は警察を使うしかありませんね。こういうの、ある意味、ゴミ屋敷より近所迷惑ですね。布団や洗濯物も干せませんし。

死臭・・・、一度嗅いだら絶対に忘れませんね。脳裏に焼き付きます。こんなことを言ってはナンですが、孤独死する可能性のあるお年寄り、うちも何人もいます。なので、近所まで行った際は、回り道して寄って、郵便受けをチェックしたり、生活感があるかどうか、様子を気にして見ています。

公共広告機構のCMで【にゃんぱく宣言】、知っていますよ〜。いいCMですね、大好きです。動物愛護も、自分が出来る範囲で行う、というのが基本ですね。それを超えたら無責任になりますもん。

Posted by poohpapa at 2019年10月22日 07:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]