2019年10月24日

昨日と今日

昨日は久しぶりのTDLでディズニー流の「おもてなし」を受けてきて、今日は東京地裁立川支部へ。

今日の地裁の用件は、うちの店舗の契約者さんが、住まいの立ち退き問題で理不尽な訴えを起こされていて、その付添い。どう考えても貸主が訴えを起こすのは無理な話で「負ける裁判」ではないから心配はしていないけど、いちおう相手はプロで、4人の弁護士が名を連ねていたりするので油断は出来ない。

こちらは弁護士は付けない。その必要もないくらいの話。とくに貸主が言ってることがコロコロ変わっていて、借主に甘い東京地裁立川支部のことだから、貸主が勝訴することは考えられない。詳細に書くと借主が特定される恐れがあるので、とりあえずここまで。ご本人の了解を頂けたら詳細に報告させて頂く。

そのお客さん、数ヶ月前に別荘地を購入した際、ご自分でネットで見つけた物件なのに当社を通して申し込みしてくださって、私が「では仲介料は半分頂きます」と言っているのに「それは絶対ダメ」と拒否して全額をお支払いくださったご夫妻。ここで協力しないならどこでお役に立てるというのか、くらいの話。貸主や相手方弁護士、裁判所に提出する書類作りも非弁行為にならない範囲で手伝わせて頂いた。

思えば、今年はそういう有り難い話が3件(3名)もあったなあ・・・。お陰で一気に黒字になって。


で、昨日のTDL、過去に50回近く行っているけど、平日なのに、私が経験した一番の混雑ぶり、台風の谷間で好天だったのとハロウィン効果ということか。小中高校生も多くいて、「オマエら学校はどうした!?」と言いたくなった。物凄い人口密度で、久しぶりで、様相が変わっていたり、一部が工事中だったりして見通しが悪く、歳のせいだけではないと思うが、とにかく疲れた。よほど「パレードまでは観ないで帰ろう」と思ったほど。もうランドもシーも体力的にキツくなってしまった。

ハロウィン・・・、、どこで着替えるんだか、まさかあの格好で電車に乗ってきたワケじゃないだろうけど、シンデレラなのか白雪姫なのか親指姫なのか(これは無い)、お姫様の衣装や髪形の若い女性がいっぱい。ところが、後ろ姿を見て「うわっ、キレイ!」と思って前に廻って顔をチラ見したら・・・、オイオイだったりして。ま、本人は似合っているつもりなんだろな・・・。本人も観てる人も楽しければいいか。

もう一つ驚いた以前との違い、それは、年配のスタッフが多くいたこと。以前は若くて可愛いスタッフばかりだったけど、40代、50代と思われるスタッフが多いのにビックリ。もちろん、感じはいいんだけど、スケベなオジサンからすると「夢の国」(妄想の国とも言う)ではなくなっているような・・・。

アトラクションもバージョンアップしていて、とくにコースター系の乗り物。スペースマウンテンなんか、以前は骨組みなんかが見えていたりしたけど、今は真っ暗。スピード感も増して楽しい。CGや3Dも多用していて、凄く進化していた。ハロウィン仕様のホーンテッド・マンションはつまらなかったけど。

それにしても、気心が知れ合っている歯医者さんご夫妻と行くのは楽しい。日月が休診日で火曜が即位の礼で祝日、昨日がTDLだから4連休かと思っていたら、火曜日は診療したんだとか。カレンダーが黒文字のままで祝日になっていたと気付かなかったみたい。患者さんにとっては有り難かったことだろう。

パーク内のレストラン、夕食はどこも予約で一杯。どうにか待って入れたのは和食の「北斎」くらい。そこで歯医者さんにご馳走になってしまった。40〜50分待ち、と言われたけど割と早く呼ばれて助かった。歩き疲れている人もいるだろうけど、こういうところで時間をくいたくない人のほうが多いんだろな。

来年の2月に一緒にシーに行く約束をして帰ってきたが、TDLもTDSも、もうそれで終わりかなあ・・・。


 すみません、コメントの返信、少々お時間ください。遊んで帰ってきてナンですが、疲れてしまって。



posted by poohpapa at 06:56| Comment(6) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
popさんおはようございます。
弁護士が4人って、何かおかしくありません? 弁護士さん達、よっぽど自信がないのでしょうか? それとも新米?
勝てそうにもないから3人は逃げたのかな?

TDLって50回も行ったんですか。すごいオタク何ですか?
未だ一回も行った事ありませんね。そっちに行く用事がないのでわざわざ遠回り出来ないし。USJは2回行ったけど、切符を貰ったからですが。
Posted by たか at 2019年10月24日 09:01
立ち退きの訴訟については、勝ち負けの基準をどこに置いているかですね。

立ち退きには正当事由が必要なものですが、その事由が0か100かで立ち退きが成立するかを判断するものではなく、事由の欠損分を金銭で補うものという考え方が主流になっています。
正当事由が20でもあれば、残りの80を金銭で補える可能性はあります。
(今のところ、正当事由が0の場合に100を金銭で補うという考え方にはなっていません)
総合的な判断にはなりますが、立ち退き料の金額如何では、立ち退きが認められる可能性もあるということです。

転居する場合はどうするかを事前に考えておいたほうが、精神的には楽だと思いますよ。


そういえば、「実名を出して、顔も晒してやればいいのに 2」の記事に出てきた泥酔日本人にそっくりな滞納者(退去済)の方ですが、
債務を回収しようとしましたが失敗しました。
弁護士会照会で、メガバンク3行とゆうちょ銀行に口座照会をかけてみると、口座は存在してるものの見事に残高がすっからかん。
さらには、他の債権者に既に差し押さえられている口座もあったりするという始末。
照会だけでもそれなりの金額がかかってしまいますし、債務回収はきびしいですね。
ご報告までに。
Posted by AK at 2019年10月24日 11:44
ハロウィンなんて5人の子持ちですがやった事もありません。
だいたい由来を知らないのですから、子供に仮装させる事もありませんでした。
歩いていらっしゃる大人は「後ろ弁天、まえ不動」ですね。
後姿は弁天様、前にまわるとお不動様。

昔、落語で覚えました。
最近は落語も聞きませんので、教えられる事もありません

「亀の甲より年の功」なんていうのも、
大学では「亀の子たわしより年をとった人のいう事の方が役に立つ」
という事ですなんて、何の事だか判りませんよね。
亀の子たわしは使い方によっては役には立ちますけどね。

こんな事を言う知ったかぶりをする間抜けな教師がいるのですから、
大学で授業を受けるより落語を聞いていた方が勉強になりますね。

「亀の甲より・・・」は亀の甲羅を焼いて占うより
年寄りの経験の方が役に立つ」んだって落語で教わりました。
昔は亀の甲羅や鹿の骨を焼いて吉凶など占っていたんですね。
大学生の質も落ちるはずです。

Posted by ボケ爺 at 2019年10月24日 12:29
たかさん、再び、おはようございます

たかだか一組の若夫婦を退去させるのに弁護士4人連名の書類を送りつけてくる・・・、ほんと、「私たちは能力がありません」と言ってるようなものだし、ほとんど「抵抗しても無駄だよ、こっちは弁護士が4人で当たっているんだから」と圧力を掛けて脅迫しているようなものですね。

逆に、それで「こりゃあ勝てるわ」と確信しました。昨日の法廷も、10分くらいで終わりでした。昨日は原告の訴えを聴いて、次回は被告の訴えを・・・、と何回かキャッチボールして、かと思っていましたが、向こうは訴訟を起こしていながら争う気はないんですよ、不思議なことに。

被告(うちの管理物件の店舗を契約して頂いているお客様)に立退料を払わないで済むなら被告が望む2年間の延長を認めてもいい、みたいな感じで、被告は最初から「立退料は要らない、立退きはもう少し待ってほしい」と言っているのですから、何のために訴訟を起こしたものやら・・・。

次回、「では2年間の猶予を与えます、立退料は出しません」で決着しそうです。両方の主張に適っているのですから、そういう結論しかありませんね。訴訟を起こしてくるくらいだから、何か隠し玉でもあるのか、でも、心当たりは全く無いし、なんだか気持ち悪いなあ・・・」とお客様は心配していましたが、全くの杞憂でしたね、拍子抜けでした。

原告側は40代の女性弁護士が一人で来ていて、こんな依頼なら受けても断れよ、と言いたいです。

ところで、TDLは楽しいですよ。サービス精神に溢れていて、ま、それはUFJも一緒でしょうけど。数ヶ月前にUFJのチケットが4枚当たって、大阪在住のご家族にお送りして行って頂きましたが、近ければ私も行ってみたいですね。と言いつつ、フロリダのUSには2度行ってますけど(嫌味

今度、奥様もお誘いして、TDL、ご一緒しませんか?、案内しますよ。一度は行っておいたほうがいいでしょうね、冥土の土産にもなりますし (^^♪

Posted by poohpapa at 2019年10月25日 07:23
AK さん、おはようございます

<<立ち退きには正当事由が必要なものですが、その事由が0か100かで立ち退きが成立するかを判断するものではなく、事由の欠損分を金銭で補うものという考え方が主流になっています。

なるほど、0か100か、でないほうが合理的ですね。もちろん、立ち退かせる場合の話であって、それにしても、立ち退く時期や理由によって入居者に支払う立退料も違ってくるものでしょうけど。

詳細には書けないのですが、今回のケースは入居者が直ぐに立ち退けない正当と思われる理由があって、向こうが主張している立ち退きを求める理由に根拠が無かったことと、最初に立ち退きを要請してきた時から立退料に一切触れずに、2ヶ月くらいで明け渡してくれ、という話でしたので、問題なく勝てる、と思っていました。だいいち、原告の要求と被告の希望がほぼ一致していて、これで何で訴訟を起こすの?、くらいの話でした。

立退料は一切払わない、という裁判所のお墨付きを貰いたかっただけでは、と思ってしまいます。被告は最初から「一銭も要らない」と言っているのですから、裁判費用だけ無駄になるかと・・・。

コメントの件でのご丁寧なご報告も有り難うございます。参考になります。

以前にAK さんからアドバイスを頂いていた(現在22か月滞納している)入居者の件、数ヶ月前に「今までの家賃は放棄するからすぐに退去してくれ」と訴訟を起こすことになりました。遅れてしまったのは、旦那が90歳、奥さんもほぼ同じ歳で病気がち、次に入院したら生きて出てこられないだろうな、と家主さんも私も躊躇して遠慮していたからで、開き直られたことで訴訟に踏み切ることになりました。

ですが、こちらの言い分が通ったとしても、(カネも無いのに)控訴すると思いますので、さらに1年2年は居座られると思います。それでも、不思議なことに生活保護は受けておらず、私が「役所に一緒に行ってあげるから」と言っているのに拒否していて、もうどうにもなりません。

以前は逆に立ち退かせる側で仕事していて、どうしたらカネを払わず居座ることができるか熟知しています。弁護士さんも「相当に、悪い知識がある人ですね」と驚いていました。

その家主さん、先だって、住んでいたマンションの売却をやらせて頂いて、「買主さんからも手数料が出ますし、20ヶ月も滞納している入居者もいて裁判費用も掛かるのですから、家主さんからはお支払い頂かなくてけっこうですよ」と仲介料を辞退したのですが、「そういうワケにはいきません、とってください」と仰って、しっかり頂きました。有り難くて涙が出ました。今は、美味しいお菓子を見つける度にお届けしています。そんなでは追いつきませんが。
Posted by poohpapa at 2019年10月25日 07:52
ボケ爺さん、おはようございます

ハロウィン・・・、ここ10年くらいでしょうかねえ、騒ぎ始めたの・・・。まるで渋谷のバカ騒ぎをディズニーランドに持ってきたようなもので・・・。ま、ディズニーランドはバカ騒ぎはしませんが。

きっと、普通の格好で電車などで来て、トイレで着替えて、荷物はコインロッカーに預けているんでしょうね。だからパーク内のコインロッカーはほとんど空いてなかったような・・・。

西洋のお姫様の衣装を着ている人、いっぱいいました。ほんと、後ろ姿は凄くキレイで、前に回ってガッカリ、というケースが多かったですね。一人だけ、前から見ても凄くキレイな顔立ちで、白いドレスを着た女性がいて、また見つけたら「写真を撮らせて頂いて宜しいですか?」と声を掛けようかと思うほどでした。でも、二度と会いませんでした。ま、当たり前ですね、あの人口では。

小さな娘さんに仮装させているのは、本人が喜んでいるかどうかは別にして微笑ましいですね。

ところで、

<<亀の甲より・・・」は亀の甲羅を焼いて占うより
年寄りの経験の方が役に立つ」んだって落語で教わりました。

え、そうなんですか・・・。私は単に甲羅の「甲」と、手の甲の「甲」を引っ掛けた駄洒落だと思ってました。亀の甲羅を焼く占いから来ていたとは・・・。勉強になります、はい。

それにしても、大学教授も私と同じように考えているんじゃ学生の質も落ちるワケですね。

Posted by poohpapa at 2019年10月25日 08:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]