2019年11月03日

心ばかりのプレゼント

先日記事にした当社管理アパート入居者のアフリカ出身のご家族の話、その続編。

前回の更新時の更新料の不足分2000円を届けに来てくれたのだが、父親に連れられてお店にやってきたお子さん二人の行儀があまりに良く、感動して、よほどその2000円を千円ずつ「これ、オジサンからのお小遣いね」と渡しそうになったが思いとどまっていて、それでも「お子さんに何かして差し上げられないか」と考えていたのだが・・・、いいことを思いついた。

メルカリで(雑誌の付録の)ミッキーマウスの腕時計を二つ購入して届けたのだ。上のお姉ちゃんが小学3年生か4年生くらい、弟が1年生くらいで、「きっと喜ぶだろうな」と勝手に決め込んで、在宅であることを確認して届けると、もの凄い喜びよう。価格は二つで送料込み620円。雑誌の付録といっても作りは本格的。ミッキーが嫌いでなければ、腕時計をはめることで「大人に近づいた気分」になって子供は喜ぶもの。だが、その反応は私の想像以上で嬉しい誤算。

先日来店した時に、お父さんが雑誌の付録のミッキーのバッグを提げていたので、「まあ、お子さんも嫌いではないんだろうな」と思っていたのだが、まさかこれほどとは (^◇^)

何度も飛び上がって喜んでいたが、二人とも気分が落ち着くと、丁寧に私に頭を下げてお礼を言う。親に促されて、ではない。今時、日本人の子供でもそんなに礼儀正しくはない。またまた感動してしまった。お姉ちゃんが(肌の色は違っていても)クラスの仲間から学級委員に選ばれたのがよく解かる。

家主さんのお姉さんがアパートの隣に住んでいて、子供たちが学校から帰ってくると家に入るより先に「おばちゃ〜ん」と声を掛けて上がっていろんな話をしていて、家主さんのお姉さんも喜んでいるとか。

実は、先述の更新料2000円不足の件は私の勘違いで、先日、台帳を確認していたら3ヶ月ほど前に届けてくれていたのが判明。慌ててお詫びの電話を入れて返却しに訪れたら留守。仕方なく帰ろうとしたところに買い物から帰ってきた。お姉ちゃんは私の姿を見ると「うわあ、こないだはありがとう」と私の胸に飛び込んできた。まるで久しぶりに再会した恋人の胸に飛び込むような感じ、ほんと。

ちなみに、お父さんが提げていたバッグ、同じ物を先日、やはりメルカリで購入して、別の母子家庭の入居者さんに(お母さんとお子さんに)二つお揃いで届けている。もちろん、凄く喜んでくれた。たいそうな物でなく、安価な物でも喜んで頂けると嬉しい。人柄の良いお客さんはこちらも応援したくなる。

さて、またメルカリなんかで何か面白い物を見つけたら購入して届けて差し上げよう (^^♪

posted by poohpapa at 05:05| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

>>ミッキーマウスの腕時計、価格は二つで送料込み620円。

これっていいですね。すごい安い、恐らく時計の中身もクオーツだろうから、誰かが見せびらかしている●レックスより時間も正確だろうし。。。。
Posted by たか at 2019年11月03日 07:52
たかさん、おはようございます

そろそろコメントの返信を再開しなければ・・・、と思っています。放置していてすみませんでした。返信しないでいたコメントに対しては体調を見て、遡って返信させて頂くかもしれません。そのままになる可能性もありますが。いずれにしても相済みませんでした。

ところで、このミッキーの時計、なかなか良くできていますね。今から45年ほど前、クオーツの腕時計が世界で初めて発売された頃は私の月給が5万くらいで、クオーツの腕時計が10万くらいしていました。それが今では百均で売られていますもんね、隔世の感があります。

その、世界で初のクオーツ式腕時計、購入したんですが手放してしまって・・・、後悔しています。今持ってたら相当な価値が出そうで・・・。私のロレックスも、中古で購入した時が27万円で、今はプレミアがついて倍くらいしています。精度は・・・、ちょっと狂いがちになってきましたが。ま、持つ人に似たんでしょう、と、たかさんに言われる前に先に言っておきますですよ (^◇^)

ただ、あれほど腕時計の世界を変えたクオーツも、電波時計が現れて、この先どうなるんでしょう。

そうそう、このミッキーの腕時計、ご希望ならお送りしますよ、たかさんに似合いそう (ぷっ


Posted by poohpapa at 2019年11月03日 08:53
poohpappaさんへ
おはようございます、朝一番いいお話でほっこりしますね。
日本人は人種差別はしないものだと思っています、我が家の例ですが我が家には今は物置になっている茶室もどきの部屋があります。
かみさんが社会人大学でフランス語を学んでいた頃、セネガルと言うアフリカのフランス語圏の黒人を招いたことがあります、フランス人形の様なフランス人とアジア系の3人が来訪しました。
1m90cm以上ありそうな大男で、目と歯が異様に白く目立っていて、人懐っこくて楽しい時間を過ごしました、明治初期の日本人も、その時の僕のような気持ちだったのではないかと思いました。
彼らも’ancient japanese tea parrty'だと言って神妙にふるまっていました、特に茶せんが珍しいのか何度も試していましたね。
シナ朝鮮の人に言いたい、あなたたちが余りに横柄なので日本人が嫌うのですよ、生まれつきなので直すのは難しいでしょうが、’郷に入れば郷にしたがえ’ができない人は即刻帰国べきですね。
これは政治的な発言でヘイトには当たりません。
Posted by ボース at 2019年11月03日 09:30
ボースさん、こんにちは

基本的に、日本人は差別、とくに人種差別はしない国民性ですね。その昔、伝説のジャズプレイヤーのアート・ブレイキーが来日した際の話を読んだことがありますが、羽田に着いて、あまりに多くの日本人が迎えに来ていたので「今日は誰か有名人が来たのかな」と思っていたら、それが全部、自分を歓迎しに来てくれた人たちだと知って驚いたという話。

さらに、子供から「一緒に写真を撮ってください」と頼まれて、「僕は黒人だけどいいのか?」と訊いたら、「あなたにお願いしたいのです」と答えられて感激したとか。「世界中で自分たちを差別しなかったのは日本だけだ」と言っていたとか。誇らしいですね。

聞くところによると、日本に原爆が落とされたのは日本人が黄色人種だったから、とのこと。トルーマンは、日本人を大量殺戮することなんて何とも思っていなかったんでしょう。真相は判りませんが有り得る話ですね。「日本は人権が守られていない」と、事あるごとに国連や欧米は非難しますが、どの口が言うか、ですね。

ボースさんのお宅に招かれたセネガルの方、喜ばれたことでしょうね。私も、以前にアフリカ人の入居者が退去する際、送別会を開いて凄く喜ばれました。職場のみんなに話したら「アンビリーバブル!」と驚かれたそうで、ちょっぴり誇りに思っています。

中韓の入居者の送別会・・・、絶対に無いですね。やるもんですか(^◇^)



Posted by poohpapa at 2019年11月03日 11:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]