2019年12月06日

気になったニュースと記事

もっと早く、このタイトル ↑ を一つのカテゴリーとしてシリーズ化しておけば良かった・・・。

まだ旅行の疲れが残っているけど、生活リズムは日常に戻って4時半起き 💧


熊谷6人殺害、高裁の無期判決に遺族「納得できない。本当に悔しい」
毎日新聞  2019/12/05 20:45

熊谷連続殺人事件で、東京高裁は、男が犯行当時「心神耗弱状態」であったと認め、一審の死刑判決を破棄して無期懲役を言い渡した・・・。いつも思うんだけど、人を殺す時点で頭は正常ではないワケで、無期懲役でも有期刑であっても「いつか娑婆に出てくる」のだから、何かあったら誰が責任を取るのか、という話。刑務所でしっかり反省して正常に戻る、ということはなく再犯の恐れは非常に高い。これ、偏見ではないと思う。

だいたいが、そういう犯罪者を刑務所に入れて生きながらえさせておく必要はないと思う。ずっと刑務所の中にいるのなら生きている意味も価値もないだろう。今、日本には死刑の順番待ちが100人ほどいるそうだけど、その費用で、本当に生活に困窮している人を何人救えるか、と考えてしまう。

「死刑は最も残忍な刑罰で・・・」 「死刑囚にも人権が・・・」などと声高に叫ぶ弁護士どもや怪しい支援団体の奴ら、無責任もいいところ。いつか出所して同じ悲劇が起きても誰も責任を取らない(取れない)のは明白。物理的にも無理というもの。殺された人や遺族にも人権はある。

自分の最愛の人が殺されても同じことが言えるのか。そういえば、かつてアメリカで家族(複数)を殺された娘が死刑判決の出た犯人に対する死刑反対運動を起こし減刑させて法廷で被告人と向き合った時の顔・・・、被告人のほうはワケが解からずポカーンとしていて娘のほうは涙ぐんでいた。その場合、被告人の頭のほうが正常で家族を殺されても死刑反対運動をした娘のほうが一種の気違いだと思う。

検察は上告するだろうし、最高裁で高裁の無期判決が再び覆されると思う。税金の無駄遣いだ。

ちょうど、さっき届いたメルマガ「60億人の名言」から、

≪ 今日の名言 ≫

愛した者を殺され、復讐を考えないのは冷血なクズだけ。

 (映画 007 慰めの報酬より)

今の日本は仇討ちは禁止されているのだから、裁判所が遺族の恨みや悔しさを晴らしてくれないなら、新たな犯行、立場を替えた別の悲劇を生む可能性もある。この裁判長、冷静に大局的に判断したのでなく、ただのアホだと思う。最近はこういう裁判官が多い。


高橋まつりさん母、電通の社風「根深い」 是正勧告受け
朝日新聞社  2019/12/05 22:19

記事の内容そのものでなく、朝日新聞、よその会社の社風のことを記事で触れられる立場じゃないだろ!?、よその社風のことはいいから、自社の真っ赤っかの社風を何とかしろよ、と言いたい。


そして、先日に引き続き、ビートたけしの意見に同感、

ビートたけし 引きこもり対策には「1人部屋禁止法案」
NEWS ポスト  2019/12/04 16:00

たけしも子供の頃は8畳一間に暮らしてたんだ・・・。私も幼少の頃は親子8人が8畳一間で暮らしていたから親近感が湧く。物心ついた頃には上の姉二人は家を出ていたけど、末っ子の私が中学を出るまでは6人が8畳一間で暮らしていた。当然に勉強部屋どころかプライバシーなんて無い。今思えば、それでも凄く楽しかったし幸せだった。子供に個室なんて要らない。どうしても与えるならドアを付けないこと。



posted by poohpapa at 05:55| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
popさんおはようございます。
気になるニュースのシリーズ化 おめでとうございます。
沖縄にも天気に恵まれて良かったですね。首里城が焼失して観光の目玉が無くなったことは残念です。
さて朝日新聞 自分とこの記者は平日の9時から夕方の5時までしか働かないのでしょうかね。
電通を含めマスコミ関係などは定時に仕事が終わるなんてないでしょう。ホンマにアホの朝日新聞と世間で言われるは分かりますね。
連続殺人 この第一一審は裁判員裁判だったはずで、それが死刑と判断した訳で高裁の裁判官はどう思っているんでしょう。
最高裁では死刑になると思いますがこれが無期だったらその内出所するでしょうね。
殺人を犯す時の心理は正常じゃないのは当たり前でしょうね
さてpopさんも沖縄のお土産を配り歩くんでしょうかね。
Posted by たか at 2019年12月06日 08:59
たかさん、おはようございます

沖縄旅行記、早く書きたいのはやまやまであります・・・、その、忘れてしまうといけないので・・・。ま、今回はうちのも一緒だったので、援けてもらいながら書けますが。

首里城は、存在していても行かなかったかも知れませんね。2泊3日ですがとても充実した旅でした。何より、うちのが喜んでくれたので、本当に良い女房孝行になりました。

朝日新聞、ほんと、「よく言うよ」ですね。朝日は「おまえが言うか!?」という記事が多いですね。

裁判の話、素人である裁判員に「死刑」という辛い判断をさせておいて、高裁で無期はないものでしょう。それなら裁判員裁判の制度そのものが壊れますね。間違いなく最高裁では死刑でしょう。

<<さてpopさんも沖縄のお土産を配り歩くんでしょうかね。

大きなお世話、と言いたいところですが、当たっているから反論できないや (^◇^)

向こうのホテルから送ったので、今日か明日に届くかと思います。届いたら配り歩きます、ハア。
Posted by poohpapa at 2019年12月06日 09:23
poorpapaさんへ
昨日からPCの調子が悪くて、今日チェックを依頼しましたが、どうやらウイリスにやられたみたいです。
僕はプログラムの導入なんか一切しないのに、やられるなんて不思議です。
買い替え時かなと思っています。
さて裁判員制度の導入は、もともと世間一般常識からあまりにも、かけ離れた判例が多いので、それを是正するために生み出された制度です。
その第一審の判断を上級審で覆される例が頻繁しているようです、その判決理由の多くが過去の事例との量刑の不公平を生まないためとの事ですが、それを是正すための制度が裁判員制度であることを裁判官が理解していないと言う事になります。
最高裁判所に言いたい、もう一度判事教育をやり直せと。
このままだと裁判員制度が有名無実化して、誰も参加しなくなる、一部の裁判官はこの事を狙っているように思える。




Posted by ボース at 2019年12月07日 18:56
ボースさん、おはようございます

ご体調はいかがですか?、急に冷え込んできましたのでお体にお気をつけくださいね。

実は私も家のPCの調子が悪くて、こちらからメールを送ることが一切できません。受信は出来ますが、難儀しています。私と一緒でそろそろ寿命みたい、粘っていないで買い換えようかな・・・。

裁判員制度・・・、アメリカの陪審員制度に比べると相当に劣っていますね。なんか中途半端で・・・。だいたいが、裁判員が下した結果をプロの裁判官がひっくり返すなら、そんな制度は意味がありません。司法試験に受かる頭脳はあっても世間知らずのアホなんでしょうね。

たしかに、裁判員裁判の制度を快く思っていない裁判官は少なからず存在するものでしょうね。

私は一度やってみたいと思っています。皆が「無期懲役が相当」と言っていても「いいえ死刑です」と言い張ったりして。個人的には、人を一人殺したなら特段の事情が無い限り死刑で良い、と思っています。だいたいが、そんなのを生かしておいて社会に何の利益がありますか?、という話です。それも、公開死刑でなければ犯罪の抑止力たりえません。見たくない人は見なければいいのですから。

殺人者に人権など無用です。同じ殺し方で処刑すればいいのです。子供を餓死させたなら食事を与えず、凍え死にさせたなら真冬の刑務所の庭に裸で放っぽり出して凍死させればいいのです。って、ちょっと過激すぎますかね、でも本音です。世の中には「要らない命」もありますから。

江戸時代のように仇討ちを認めたり公開処刑するほうが社会の制度としては進んでいたような気がしますね。人権は基本的人権までを保障して、あとは自己責任。ほんと、「人権主義者」はアホです。


Posted by poohpapa at 2019年12月08日 07:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]