2019年12月13日

白内障手術騒動記

今年の公私の出来事の「私」の部分で、私個人にとっては正直、北陸旅行や沖縄旅行よりウエイトが大きな「白内障手術」を受けた。先ず11日に左目、この後18日に右目の手術を受けるが中間報告。

手術を受けたのは立川市羽衣町に11月6日に開院したばかりの森山眼科クリニック。クリニックと言っても、眼科だけでこれだけの医療機器とスタッフが揃っているのか、と思えるほどに機器もスタッフも充実している。スタッフは美男美女揃い、とくに女性スタッフは「院長の好みで揃えたな」と勘繰ってしまうほどで、男性も女性も頗る感じが良い。電話での問い合わせにも丁寧に対応してくれた。

オープン前の11月3日に内覧会があって、白内障が進行しているのを自覚していたので出掛けて行って、資料も頂き、その中で、手術してくれる院長先生が2万件を超える白内障手術をこなしているのを知ったし、「このクリニックにお任せしよう、いや、ぜひお願いしたい」と思った。

数年前、私より先に白内障の手術を受けることになった友人には「最近の白内障の手術は凄く進化していて日帰りも可能なくらいだから何も心配いらないよ」と励ましていたが、イザ自分の番になると、そこは目の手術なんだからやはり怖いもの。うちのもそれを見ぬいて私をからかう (いつか別れてやる!)

2週間前に事前診療と検査を受け、当日うちのに付き添ってもらい、手術台(椅子)に座った時には「電気椅子で処刑される気分」ではなく、とても落ち着いていられたのが不思議。ここまでくるわずかな間に信頼関係が築けていたからであろう。もしも電話した時などに少しでも対応が悪かったりしたなら不安になったと思う。手術を受ける患者の心理なんてそんなもの。病院も、ある意味サービス業であり、スタッフもよく弁えている。

その真逆が立川相互病院。スタッフは感じ良かったのだが、私が医師に「こちらの病院でも白内障の手術を受けられますか?」と訊いたら、「してると思いますよ」と気の無い返答・・・。事前に眼底写真を撮ったり視力検査など受けていたが、直ぐに診察室に呼ばれて、医師がそれらの結果を見ておらず説明も無い。お隣のAさんの奥様が白内障とのことで森山眼科クリニックをお勧めした。そりゃあ当然そうなる。

昨日、「手術翌日検診」に行った際、ミニパンフを10部ほど頂いてきて店の「引越し業者のパンフレット入れ」に入れておいた。うちは高齢のお客さんが多いし、当然に雑談の中で白内障の話も出ることだろうから、そんな話になったら体験談を話してお薦めしよう。どんな職種もクチコミは大切、ほんと。

「右目はしっかり見えていて、まださほど・・・」と思っていたけど、術後に左目でPCの画面など見ると文字の輪郭(コントラスト)が実にクッキリしていて、「そっか、少しずつ進行しているから気付かなかっただけで、本当ならこんなふうに見えているのか・・・」と驚いた次第。先に手術を受けた友人から「見え方の違いに驚くと思うよ」とは言われていたが、まさかこれほどとは思わなかった。

DSC09099.JPG
こちらは森山眼科クリニックで発行している「白内障日帰り手術のご案内」

12ページに及んでいて、著作権の関係もあるだろうから詳細は割愛するが、当日から1ヶ月後くらいまで、何をして、何をしてはいけないのか、次はいつ診察を受けるのかなど、大きめの字で解かりやすく書かれている。ま、白内障の手術など、ほぼ年寄りが受けるんだから、そうでなくては困る (汗

うちのは私の手術の様子を手術室の隣室の窓やモニターで見ていたとか。モニターに映っているのは先生の視線の映像。そういうのを公開できるのも自信の表れだと思う。私も見たかった (^◇^)

ちなみに、ネットでは白内障手術の動画が多くアップされている。見たら怖いが参考にはなる。

今、日常は埃避けのゴーグルのような(度が入っていない)メガネを掛けているが、寝る時は、無意識に目を触ってしまうといけないので手術を受けたほうの目にゴーグル眼帯を絆創膏で装着している。

DSC09097.JPG
まるでボクシングで一発KOを喰らった選手の試合後みたい 💧

術後に点す目薬は3種類出ていて、1日2回のものと4回のもの。今度の日曜からは右目にも事前点眼をしなければならないから面倒。うちのに点してもらっていて、今は一度に3種類だが、一つの目薬を点したら5分以上の間隔を空けなければならず、一度で終わらないのが辛いところだろう。

うちのは以前から「おとうちゃんが寝たきりになったら私は介護しないからね」と宣言しているけど、今の様子を見ていると「介護してくれそうだな」と思える。今しばらく離縁は見送ろう (爆

この森山眼科クリニック「医師もスタッフも患者の気持ちに寄り添っていてくれる」から本当にお薦め。どんなに高い技術を持っていたとしても、患者の気持ちに寄り添えない医師が名医であるワケがないのだから。森山眼科クリニックが他の町でなく立川にオープンしてくれて、患者として幸せに思う。

posted by poohpapa at 06:06| Comment(2) | 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

手術、成功おめでとうございます。

このゴーグル、面白い形をしてますね。なんか片方だったら味気ないので、両目したら似合うのではないでしょうか?あああ、そうか、もうじき右目も手術するから、両目になりますね。その時は写真をアップしてください。料理の写真よりずっと面白いです。

>>今の様子を見ていると「介護してくれそうだな」
まだわかりませんよ。
Posted by たか at 2019年12月13日 07:27
たかさん、おはようございます

いえ、このゴーグル眼帯は明日の夜まででお役御免になります。水曜の夜からは右目に使います。

まあ、食べられるハズのない料理の写真よりは面白いでしょうね、他人の不幸を喜ぶたかさんには (^◇^)

うちの、老後の介護してくれるように、今からいろいろサービスしていますけど、こればかりは分かりませんよね。って、せっかく希望が見えてきたのに水を挿すなよ ( `ー´)ノ


Posted by poohpapa at 2019年12月13日 07:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]