2019年12月25日

今日は令和元年「最後の定休日」で・・・

二度寝してしまいました・・・、トホホ 💧

4時前に尿意で目覚め、トイレに行って、寒かったので布団に逆戻り、で7時過ぎまで布団の中。

一昨日の真夜中、入居者の若い女性からメールがあって、「ここ数日部屋を空けて出かけているのですが、鍵をかけたかどうか心配になりまして・・・、大家さんの電話番号を教えてください」とのこと。

私もこの歳なので、家や店を出てから「あれ、鍵をかけたっけかなあ・・・」と不安になって戻って確認することはよくあるが・・・、「かけてなかったわ、良かったわあ、戻ってきて」ということは一度も無い。

「アンタ幾つだよ、まだ20代の前半じゃねえか、呆けるには早いだろ!?」と思ったが、仕方ないので「家主さんは遠方にお住まいですから、電話しても見に行ってもらうことは難しいし、頼まないほうがいいです。隣の部屋の方は信用できる方なので、鍵がかかっているかどうか確認してもらって、後でメールします」と送信して隣の住人に確認してもらうと、「大丈夫でした、ちゃんと鍵かかってました」との連絡。

当社からも遠くて、行けば半日仕事になるから私も見に行けない。入居者と仲良くしていると、こういう時に助かる。依頼者が安心してくれると思って直ぐに結果を送信したが返信がない・・・。「助かりました」くらい言ってきても罰は当たらないだろ、だが「何か変だな」と悶々としていて、ハタと気が付いた。

私は、たまたま同じ時期に入居した別の女性と勘違いしていて、全く関係ないアパートの部屋の施錠を確認してもらっていたのだ。依頼者の家主さんは遠方どころか真下に住んでいる。「大家さんの電話番号を教えて」と言うのは当たり前の話だった。依頼を受けた隣人が確認のためドアノブをガチャガチャやってて中から住人が出てきたなら大変なことになっていたかも。つまりその・・・、呆けていたのは私のほうだったわ(滝汗

あさイチで家主さんに電話して確認して頂いたら「鍵、かかっていました」とのことで安堵。


さて、今日こそは年賀状を作ろう (*´з`)

posted by poohpapa at 09:35| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

もう完全にボケてますね。依頼者は大家は真下に住んでいるというのを知っていて電話番号を教えてと聞いているのに、遠方に住んでるとか、関係ないアパートの部屋の施錠を確認してもらうとか、たぶんあきれていると思いますね。
まあ、今日は休日ですからゆっくり休んでください。年賀状は25日までに出しましょう。
Posted by たか at 2019年12月25日 10:00
たかさん、おはようございます

でもね、まだ「何か変・・・」と思って悶々としているだけマシかも。間違いに気づかなくなったら完全にアウト、「ここは何処?、私は誰?」の世界ですもんね。

でも、家主さんがすぐ確認してくださり、鍵は掛かっていたようで、結果オーライということで (おい

Posted by poohpapa at 2019年12月25日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]