2007年07月16日

三遊亭円楽師匠が完全引退

私からすれば最後の古典落語演者、三遊亭円楽師匠(74)が脳梗塞による後遺症のため完全引退なさるとか・・・、非常に残念です!

私が未だ若かった頃、円楽師匠が演ずる「淀五郎」という落語を聴いて、落語家を(ホンの一瞬)志したことがあります。その「淀五郎」、私が唯一、ほぼ完全に憶えている噺であって、誰かの披露宴にでも招かれて時間が余っているなら、ぜひ演じてみたいもの、と願っておりまして、どんな噺かというと・・・、

私は耳で(音で)憶えているので、漢字が合ってるか判りませんが、


歌舞伎役者四代目市川団蔵一座が「忠臣蔵」を演じることになりますが、初日を目前にして判官役の沢村宗十郎が急病で倒れ、さりとて、もう演目を差し替えるというワケにもいかず、まだ下っ端だった沢村淀五郎を大抜擢して判官をやらせることにします。

さて、いよいよ初日を迎え、4段目の判官切腹の場面、団蔵演ずる由良之介は、検視役の石堂馬之丞が気を利かし「聞き及ぶ大星由良之介とはそのほうか。苦しゅうない、近う、近う!」と何度言っても、あまりの淀五郎の下手さに判官の傍に寄ろうとしません。

舞台がハネてから師匠の楽屋を訪れワケを聞くと、「判官が腹を切っているから由良之介は傍に行けるんだ。淀五郎が腹を切っている傍に寄って行けるかどうか考えてみろい。どうもこうもない、本当に腹を切ればいいんだよ、本当に!」と叱られます。

思いつめた淀五郎は舞台で団蔵を斬り殺して自分も本当に腹を切って死のうと考え、幼い頃からお世話になっていた中村仲蔵のもとに今生の別れの挨拶に訪れます。

事情を察した仲蔵は淀五郎を諭し稽古をつけてやります。一晩で見違えるように上手くなった淀五郎の判官に、団蔵は「これなら傍に行かないワケにはいくまい」と、花道をツツツと進んで判官の傍に寄っていきますが、淀五郎はいつものように花道の先を見やり、「なんだい、今日は花道にも出ないのかい。いくら下手だといっても丸きり出ないというのはヒドイ。畜生め、舞台を降りたらどうしてくれようか、だが、声がしたようだったが・・・」とひょいと傍を見ると団蔵がいます。

最後のオチは書かないことにして^_^;

この噺の中で、団蔵が淀五郎に説教する場面、大好きです。

「おまえのしている役は一体全体なんだい、ええ!、おまえのしている役は5万3千石の大名で、殿中で高師直(こうのもろのう)に刃傷をしてその身は切腹、家は断絶、それを国許の由良之介が聴いてビックリして早籠で鎌倉の屋敷に駆け込んでくる。片足、籠から下ろして『殿は』と言って訊くと『今お腹を召しているところ』だと言う。忠義無二の由良之介のことだから早くご主人様にお目にかかりたい、存上で一目でもお目にかかりたい、というんで由良之介ほどの人も些か取り乱して駆け込んでくる。と向こうに検視の役人がいるから『これは無礼をした』と平伏するのが花道の七三のところで、すると石堂馬之丞てえ人は情けのある侍だから『聞き及ぶ大星由良之介とはそのほうか。苦しゅうない、近う、近う』と言われたんだから、由良之介にしてみればこんなに有り難いことは無い。直ぐにでもご主人様の傍に飛んで行きたいと思うだろう・・・、それが行かれねえんだ」

と一気に捲くし立てます。聞かせどころです。


本人のためを思えばこそ辛く厳しく当たってくれる人というものはいるもので、そういう人を疎んだり、嫌ってしまうようでは人間「先」がありません。「淀五郎」、勉強になる人情話です。

円楽師匠、しっかり養生して頂いて、できることなら再び高座に立ってくださることを願っています。

posted by poohpapa at 07:37| Comment(2) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
淀五郎のオチは書いても噺の面白さを損なわない思いますよ。
文章で書いてもちっとも面白くありませんから(笑)

元ネタ・忠臣蔵の「おお、待ちかねたぁ〜!」を知らないと半分くらいしか面白くないし、同じセリフで落とすにも噺家の見せ方、聞かせ方で面白さが変わってきます。
本当に待ってたんだぞ、やってやるぞという淀五郎の心理描写でググッと引っ張って、結局セリフどおりのシチュエーションが生まれるおかしさは、ホント、難しいところではないかと思います。
サゲのところは補足説明を持ってこないと最近は笑ってもらえないかもしれませんね。

しかし、渋いところお好きですねぇ(笑)
Posted by びくやま at 2007年07月16日 22:53
親方、おはようございます、てか、こんばんは(*^^)v

さすが親方、何にでもお詳しいですね〜。

これ、実のところ、この演目では一番好きな噺家さんは円生さんです。味わいがまるで違います。志ん生さんで聴いたこともありますが、お話になりませんでした。「火炎太鼓」あたりならむしろ志ん生さんのほうが合っているのでしょうけど。

あと、若い噺家さんだと、中村仲蔵の説教の場面で味わいが出ないので、きっと無理だと思いますね。50歳を過ぎてから高座にかけるくらいでしょうか。「淀五郎」が演じられるようになれば「噺家として一人前」くらいに思っています。

最近は「ポっと出」の噺家がバラエティ番組に出ていて人気を取ったりしていますが、それでは噺家としては大成しませんでしょうね。高座よりバラエティ、という感じで修行が二の次ですもんね。落語家として完成する前に売り出しちゃっちゃあイカンでしょう。

渋くて、どうもすみませんでしたッ!(爆)
Posted by poohpapa at 2007年07月17日 03:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]