2007年10月08日

ベートーヴェン作曲/pf協奏曲第5番変ホ長調Op73「皇帝」のCDをヤフオクで落札して

ヤフオクで、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」のCDを落札した。安かったし聴いてみたい演奏者の組み合わせだったので。

アレクシス・ワイセンベルク(pf)、カラヤン/ベルリンフィル盤で、この組み合わせではラフマニノフの2番を持っていて、それが最高の名演だと思っているから、「皇帝」もハズレはないもの、と予測していて、思ったとおりの名演であったのだが、一箇所だけ「ン?」という部分があった。これ、お好きでない方には、何のことだかサッパリ解からないかも知れないが・・・、

第一楽章の出だし、ピアノのカデンツァで始まって、弦楽器が一斉に鳴り始める部分の「溜め」が、微妙に不足しているように思われた。
時間にして0.5秒くらい、1秒だと微妙に溜め過ぎになってしまう。
(カデンツァについては、こちらを参照)

弦楽器が鳴る直前、僅かに静寂な部分が出来て、陸上競技の短距離でいう「用意!」の段階、号砲が鳴る直前の雰囲気の感じである。
「用意!」と「ドン」の間合いは重要で、長くても短くてもダメなのだ。
カラヤンとワイセンベルクの盤では、微妙にフライング気味である。

私は旅行が(も)趣味だから、ジェット旅客機に乗る機会は多いが、一番好きな瞬間は、滑走路で前の飛行機が飛び立つのを待っている時、乗っている飛行機がエンジン全開で待機している状態、である。「今か今か」と待っている時というものは、本当にワクワクする。

実は「皇帝」のその部分は旅客機が助走に入る前と似ているのだ。音だけ聴いていても、オーケストラの弦楽器奏者全員が指揮者の合図を待っている様子が伝わってきて、自分がヴァイオリニストになったかのような錯覚に陥る。もちろん、ジェット機のスタートを待っていて機長になったような気分にはならないが、そういう感覚はお聴き頂ければきっと「なるほど、この瞬間か」とお解かりになると思う。

この曲も、誰もが、聴けば「ああ、聴いたことある」という曲なので、図書館等で借りたりして「その部分」をぜひ聴いてみて欲しい。

そうそう、そのCDには私の好きな「エリーゼのために」も入っていて今まではピエール・パラの演奏が最高、次いでケンプ、と思っていたけど、ワイセンベルクの演奏も素晴らしく、それも嬉しかった。というか、ワイセンベルクがそんなポピュラーな小品を弾くことに驚いた。失礼ながら、その・・・、顔に似合わないので(*^^)v

それは「ゴルゴ13が野良猫の頭を撫でているような図」、である。


ところで、「皇帝」を出品なさっていた出品者さん、めちゃくちゃ良心的で、イ・ムジチ合奏団/フェリックス・アーヨ(Vn)盤のヴィヴァルディの「四季」を送料込希望落札価格100円で出品なさっていた。
ということは、タダより安いことになる。もちろん、慌てて落札したわーい(嬉しい顔)

それで出品者さんに、「次の機会も必ずあると思いますので、少し多めに振り込ませて頂いて、落札したら順次差し引いて頂く、ということで如何でしょう?」と伝えると快諾してくださった。そのほうが、私もその都度振込料を負担しなくて済むから助かる。

「仮に、この後、私が希望するCDが出品されなかったとしても、返金して頂かなくて結構です」、ともお伝えした。それでも先に落札した「皇帝」と合わせて、もう充分に元は取らせて頂いているので。

最近は、何か疲れているのか、クラシックを聴く機会が多くなった。
posted by poohpapa at 06:22| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

クラシックですか。。何度か聞いてみようと思い試みましたが違和感ありましたね^_^;」

これは聞いてみようとかそういう気持ちで入るときっとダメなんだろうなって思いました。

自然と聞いてみようと思う日が来るのやら(^^ゞ

クラシックを聞くきっかけって何だったんですか?
Posted by えびけん at 2007年10月08日 11:27
えびけんさん、こんにちは

きっかけは小学校3年の音楽の授業で、レハールの「金と銀」(金さん銀さん、ではありませんので念のため^_^;)を鑑賞して、世の中にこんなキレイな音楽があるのか、と感動したのと、ベートーヴェンが難聴を乗り越えた伝記とか、モーツァルトの神がかり的なエピソードを読んだりするうちに興味を持ちました。曲そのものより作曲家の生き様のほうに関心がありました。どういう状況でこの名曲が誕生したのか、とか。あとは、中学時代の先輩や友人の影響ですね。

そんなんじゃなくても、えびけんさんも、大好きな女性が「私はクラシック音楽が好き」などと言ったりすると聴くようになりますよ(^^♪
Posted by poohpapa at 2007年10月08日 12:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]