2005年08月17日

倉敷で見つけたちょっとイイ店

私たちが宿泊(2泊)した「ホテル日航倉敷」は、客室、サービス、ロケーション等、全てに満足できるホテルで、もちろん美味しいレストランもホテル内にある。出発前には「夕食はホテルのレストランでもいいか」と話していたが、まともに飲食したら2人で2万は下らない。ケチる訳ではないが、どこに行っても一応倹約は心掛けているので躊躇してしまった。そこで、ぶらぶらとレストランを探しながら歩いていると、ホテルの直ぐ近くに奇麗な小料理屋があった。店頭に掲示してあるお品書きを見ている間にも、地元民と思しき客がけっこう入っていく。ならば間違いないか、と意を決して入ってみると、やはり大当たりであった。

美観地区の入り口に近く、ホテル日航倉敷の筋向いにあるお店の名前は、「いわ倉」といって、料理が美味しいのは勿論だが、雰囲気も接客マナーも素晴らしく、なんとも居心地が良かった。小料理屋といっても中は広く、子供を連れた家族客も違和感無く訪れることが出来るくらいアットホームな感じで、時間を忘れて寛いでしまった。

料理によってはテーブル席に運んできて目の前で調理してくれたり素材や作り方の説明なども丁寧にしてくれるし、美味しい地酒も戴けてさとひろも大満足だった。しこたま飲んで食べて、で料金は2人で8千円ほどだから、かなりリーズナブルであろう。ちなみに、サイト上の写真で「マグロの尻尾を掲げている」のが、私たちのテーブルを担当してくださったKさんで、まさに接客のプロである。

2日目、私としては珍しく、高松で普通に昼食をとった後、さらに立ち喰いの讃岐うどんまで食べていたのでお腹が重く、「夜は軽めにしよう」と考えていたが、ホテルの近くまで戻って再び「いわ倉」へ^_^;

「こんな店が近所にあったら週一で通うのに」、と残念に思えるくらい素敵な店だった。「人との出会い」も旅の目的ではあるが、「良い店との出会い」も旅の思い出には欠かせないものだと思う。

出来ることなら、うちの街にも支店を出して欲しい、と願う(*^^)v

posted by poohpapa at 04:37| プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする