2007年10月12日

内藤大助選手、タイトル防衛おめでとう

昨晩、ガラガラの有明コロシアムで行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ、チャンピオン内藤大助Vs挑戦者亀田大毅の試合は大方の予想を裏切ることなくチャンピオンが大差の判定勝ちを収めた。

フェアな苦労人が勝ったことが何より嬉しい。

今朝のワイドショーで観る限り、ボクシングの試合ではなくフライ級のK1にしか見えず、内藤選手もさぞかしやりにくかったであろう。

で、なに?、その後「誰かが切腹した」とのニュースは入ってこないけど、どうしちゃったのかなあ・・・わーい(嬉しい顔)


相撲も柔道も、最近の格闘技は敗者がマトモに「礼」をしなくて見苦しい。誰か亀2号親子に、先ず礼儀作法から教えてやってくれ。

その試合の模様は、私が大好きな「こちらのサイト」で詳しく語られている。管理人さんは文才とユーモアのセンスが豊かで、何より「確かな目」をお持ちなのが素晴らしい。是非ご覧あれるんるん
posted by poohpapa at 11:01| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

いやいや本当によかったです☆

もし2号が勝っていたならばそれこそ日本の恥を世界タイトル戦で世界中の方にお見せしないといけない。

考えただけでも・・・
Posted by えびけん at 2007年10月12日 13:41
えびけんさん、こんにちは

こっちの記事にコメント、とは思いませんでした(*^^)v

実は、試合、見てないんですよ。今朝のワイドショー番組で内容を知ったのですが、亀2号の闘い方より勝者を讃えることなくリングを降りたことのほうが寂しいですね。

内藤選手は勝者だから、ということを差し引いても、やはり大人だなあ、と感じました。それにしても、世界タイトルに挑戦させるのが早すぎますね。私には、おカネの回収を急いでいるようにしか見えません。長い目で見て才能を育てていかないと結局は損します。

兄貴の悪いトコだけ真似しちゃってますし。試合前に挑発するのはかまいませんが、終わったら爽やかでないとイケませんよね。

と、小学5年生の時に同級生とボクシングクラブを立ち上げた経験があるpoohpapaの意見でした(ホント!)

Posted by poohpapa at 2007年10月12日 14:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]