2005年08月20日

互いに「分を弁(わきま)える」、ということ

自民党執行部が造反議員に対して選挙区に送り込む刺客として、いろんな著名人の名前が取り沙汰されているが、知名度があるだけで「政治家としての能力や適性はまるで未知数」の候補者を立てる戦術は選挙民をあまりに馬鹿にしていないだろうか。

私は自民党執行部よりも、「打診されてその気になる」著名人に苦言を呈したい。ホリエモン、カリスマ(?)主婦、タレント、スポーツ選手等々、彼らの中で何人が、かつて公の場で政治的な発言や活動をしていたというのか。少なくとも、私は一度も耳にしたことはないしその人が何故自民党から立候補するのかも解からない。もちろん、このことは民主党にも当てはまる。

少なくとも彼らに、今の日本が抱えている外交上、財政上の危機的状況に対する「具体的な提言や信条がある」とは思えないし、「自民党から打診された=自分には政治家としての可能性がある」ということにはならないだろう。タレントとして人気があっても、経営者として実績があっても、オリンピックでメダルを獲っても、政治家に向いているかどうかは別問題だと思う。今、名前が取り沙汰されている著名人はほとんどアウトであろう。そしてまた、有能であっても、適性がある(真に国民の為に役立つ人物)かどうか、も別問題である。

これは以前述べた世襲候補についても同じことが言える。当選したなら「これから勉強します」ではあまりに無責任である。有権者は、選挙の為の取ってくっ付けたような政見や、自分を推してくれた政党に合わせているだけの主張に惑わされることなく、候補者の公約と主張を慎重に吟味すべきだと思う。郵政民営化の賛否だけで判断したり、ふだんから支持している政党の候補者だから、という考えだけで判断することは避けるべきだろう。今回の選挙はとくにそう思う。

ところで、ホリエモンが亀井氏の選挙区からの立候補を決めたとか。それなら経営者としての能力も疑わざるを得ない。間違いなく落選することになると思う。企業戦略としてのニッポン放送株の買占めとは訳が違う。自分の1ヶ月後が読めないなら企業の舵取りなど出来ないだろう。当落はどうでもよくて単に自分にとっての話題性作りやら広報活動なら「他でやってくれ」と言いたい。

もののついでに「カリスマ主婦」についてもひと言。
世の中ではああいうオバサンを「カリスマ主婦」って言うの?マスコミが勝手に言ってるだけじゃないの?彼女は元々がブルジョアじゃなかったの?何か違うような気がするんだけど・・・(*^^)v

ハナから別世界の人であって、元々持ってたカネと人脈を使って成功した女性を「カリスマ主婦」とは言わないと思う。そういう呼称を与えて結果的にマスコミが票操作をしているようで不愉快だ。あの既に勝ち誇ったような顔がどうにも好きになれない。落ちたら面白い^_^;

さらについでに、茨城の永岡前議員の未亡人、「郵政民営化賛成」と言ってるけど、亡きご主人は「反対だったけど本会議では賛成票を投じた」のではなかったのか。それで自殺に追い込まれたものと思っていたけど、本当に「郵政民営化賛成」なの???大丈夫?
「亡き主人の意思を継いで」というなら、それは違うんじゃないの?
ご主人、草葉の陰から怒ってない?納得してくれてると思ってる?

それとも、「本音では賛成だが地元支持者との関係と派閥の締め付けがあるんで反対の立場を装わざるを得ず仕方なく反対票を投じるつもりでいたけど執行部から公認問題をチラつかされてやはり賛成票を投じた」ということなのかなあ、それなら解からんでもないけど。

「政党政治だから議席数が稼げればよい」ということかも知れないが、能力や適性も問わずに著名人をいきなり擁立するようなことはとても嘆かわしく恥ずべきことである、と既存の政治家や政党には強く認識してもらいたいものだと思う。
posted by poohpapa at 06:53| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする