2007年10月17日

末はヤクザの用心棒

先日の内藤大助Vs亀田大毅戦の、亀田陣営の反則行為と疑惑に対してJBCから処分が下されたが、亀田家にとっては「このように処分されること」は相当に重い意味を持つことになる。

先ず、横綱朝青龍と同じで、緊張の糸が切れてしまう、ということ。と言っても朝青龍は痩せても枯れても横綱であって(いちおう)大人だし、たぶん仮病だから、まだ体勢を立て直すだけの資質はあるものと思われるが、亀2号はそういう人格は形成されてないから、身内同然だったマスコミ(TBS)から掌を返したようなバッシングを受ければ相当に堪えるに違いない。親の愛だけでは立ち直れないだろう。

次に、経済的に追い詰められる、ということ。CMのオファーはもう来ないだろうし、スポンサー(後援者)も下りたり距離を置くようになるだろうから、試合が出来なければ、或いは、しても観客が集まらなければたちまち生活に行き詰ることになる。独立してジムを開いても練習生は集まらないだろうから直ちに経営が成り立たなくなる。

父親が「セコンドライセンス無期限停止」になったことも大きい。何と言っても父親あっての亀田家である。長男の興毅だけで用が足りるハズもない。三兄弟は所詮「父親の鉄砲玉」である。

利用価値が無くなれば世間は冷たいものだ。今まで好意的にマイクやビデオを向けていたマスコミも、蹴落とす目的で取材する。


亀田家の行く末はどうなるのか、と言えば・・・、

一家してヤクザの用心棒にでもなるのがオチ、であろう。

今のままでは恐喝容疑の渡辺二郎と同じ末路を辿るに違いない。朝青龍が「今すぐ引退しても食うのに困らない」のとはだいぶ違う。


昔、私が眼鏡専門店に勤めていた頃、元世界Jライト級チャンピオンが来店したことがあって、親父がファンだったから嬉しかったが、後で「今はスナックの用心棒で喰ってる」との噂を聞いて寂しかった。

亀田一家は、出来ることならそっち方向に行かずに、刑務所や少年院で受刑者にボクシングを教えて欲しい。原石が埋もれていたり転がっているかも知れないし、他の受刑者の更生にも役立つだろう。

何より、「直ぐ溶け込める」だろうから、それが一番と思われるわーい(嬉しい顔)
posted by poohpapa at 00:06| Comment(8) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆★

ところで3号はどうなんでしょ(@_@)?

あまり見かけませんが。。。

実は曲がった事が大〜嫌い(`口´#)/なヒーローでは??

んな訳ないか・・・。
Posted by えびけん at 2007年10月17日 01:47
えびけんさん、おはようございます

3号、ね・・・、ネットで見る限り、1号2号同様に、相当に「大口を叩いている」ようですね。

以下をご参照ください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1213098697

できれば、兄貴たちの悪いところは見習わないで欲しいものです。
Posted by poohpapa at 2007年10月17日 06:43
ワルのイメージが強いので、あまり大きなCM契約はなかったんじゃないかしらん。
わりと中規模以下の会社のイメージキャラクターとか程度で。
いかんせん、不器用な上に裏表使い分ける教育を受けていないので、メディアに出てもいつものヤンキーキャラ全開で、スポンサーにちっともリップサービスしないしイメージも悪いしで、なかなか継続契約も取れないように見えますが。

この件については自分の放置中ブログにでもUPしようかと思ってたんですが、やっぱり時機を逸しそうです(笑)
Posted by びくやま at 2007年10月17日 08:22
親方、おはようございます

そんなこと仰らないで、是非、親方のサイトでも取り上げてくださいよ。鋭い分析と突っ込みの記事、楽しみにしていますので(*^^)v

ま、裏表が無い、というのは良いこととしても、品性と分別が無いのは致命的ですね。勢いに乗っている時は世間も面白がって多めに見ますが、一旦転落し始めると潮が引くように避けたりしますもんね。

ああいうキャラで売っている間にも、裏では誠実な人付き合いをして「真の味方作り」をしていれば良かったのに、と思いますね。



Posted by poohpapa at 2007年10月17日 08:56
キチンとした指導(教育)を受けていれば、立派なボクサーになったかもしれないのに、と感じます。
教組(親父)に洗脳された信者を更生させるのは、非常に厳しい。
認知的不協和の緩和・・・
実の親がこういうことやっていいんでしょうか。
裁けない犯罪ですね。
Posted by ハリケーン at 2007年10月17日 10:28
ハリケーンさん、こんにちは

仰るように、ここは一度父親が子離れして、しっかりした指導者の下に預けて、スポーツマン精神とか人格形成の為の教育を伴ったトレーニングを積ませるべきでしょうね。ボクシング界に適任者がいるかどうかは不明ですが。

本人たちは昔のカシアス・クレイの再来くらいのつもりかも知れませんが、大口を叩くのはイイとしても、あくまで実力が伴ってからでなければなりません。当時のクレイとは実績も実力も違うのですから、負けたら茶番になってしまいます。

そういう意味からも、敗れた後の態度というものは大切ですね。

あ、今度、印象に残るボクサーの記事でも書こうかな・・・(*^^)v
Posted by poohpapa at 2007年10月17日 11:08
こんにちはー

私の方でもこの話題書きました。
去年の疑惑判定試合後の諸々時にも、リーゼントの○○を含んで言いたい事書いてやろうと思ってたのですが・・・
逸しました^^;
なので、今回は書かなくちゃ〜!と。
書いた後でこちらのコメントを拝見しました。
決して決して、poohpapaさんの思いをパクッた訳じゃないですよ?(汗

せ、僭越ながら申し上げると、思考経路が似ているんですよ!  き、きっと・・・
大それた事を言ってしまった・・・
お許しください<(_ _)>
Posted by 葉山猫 at 2007年10月18日 15:51
葉山猫さん、おはようございます

いえいえ、葉山猫さんの記事を拝読して、「負けた!」と思いましたよ。簡潔で的確で、何より文章が上手いから、読んでてどんどん挽き付けられますもん。

その葉山猫さんから「思考経路が似ている」、などと仰って頂けるのはめちゃくちゃ嬉しいです、本当に。

言ってることは同じでも、切り口が違えばフルトヴェングラーとカラヤンを聴き比べるが如く、それはそれでお互いに楽しめるものですから、どうぞお気遣いなく(*^^)v

あ、私の文章はフルトヴェングラーの音楽の如き・・・、などと言ってるワケではありませんので誤解なきよう(爆)
Posted by poohpapa at 2007年10月19日 07:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]