2007年11月04日

俺流采配

日本シリーズの第5戦、中日の優勝が懸かった一戦で、山井が8回までパーフェクト・ピッチングをしていたのに、落合監督が岩瀬を投入したことで「賛否両論」巻き起こっているとか・・・??

というか、どちらかというと批判の声が大きく聞こえる。

「私が監督なら代えない」(星野)
「10人監督がいたなら10人とも代えない」(野村)
「ファン無視の采配」(野球ファン)

へ〜え・・・、いいじゃん!
監督は落合なんだし、勝負の世界は結果が全て。これがペナントレースの中の一試合だったり、得点差が開いていたなら、落合監督も岩瀬に代えなかったと思う。53年間「日本一」から遠ざかっていた中日の目の前に「あと一イニングで優勝」という現実がぶら下がっていたのだから、絶対的なクローザーである岩瀬を投入して勝ちを獲りに行くのは当然だと思う。

山井は先発の役割を充分に果たし、岩瀬もクローザーとしての責任を全うし、監督もまた監督としての務めを果たしたに過ぎない。

正直、私も本音では「山井にそのまま投げさせてやりたい」と思ったが、勝負事である。一本打たれて延長戦にもつれ込んで逆転負けしたなら札幌に戻ることになって優勝の可能性は低くなる。続投させて裏目に出たなら評論家たちはきっと「なぜ岩瀬に代えなかったのか。私なら代えていた。10人監督がいたなら10人とも代えていた」などと言っていたかも知れない。外野席からなら何とでも言える。

落合監督は、失敗した時の批判や非情采配との非難を受ける覚悟で交代を告げていると思う。球団もファンも山井に対しては「実質的に一人で完全試合を達成した」のと同等な評価をしてやればよい。

岩瀬も嫌だったに違いない。ヒットを一本打たれたら、たとえ試合には勝っても「岩瀬が山井の完全試合をブチ壊した」と言われかねないのだから。よくぞ3人で抑えた、と思う。

いずれにしても、私は、「球史に残る名采配」だと思っている。


それより、ペナントレースで2位だったチームが「日本一」になった、ということに私はどうしても納得がいかない。それなら「それまでの長丁場のペナントレースは何だったのか」、ということになる。

ケッタイな制度は廃止してもらいたいものだ。
posted by poohpapa at 07:03| Comment(6) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体調いかがでしょうか?
「名選手は名監督に非ず」という格言が
いよいよなくなる時が来たんでしょうか。
巨人にやっと入れたときに、清原に譲って
自分が移籍したときも、すごい人だなと
思っていましたが・・・。
落合監督自身も凄い人だと思いますが、
密かに、やはり夫人が切れ者だと思ってます。
昔「悪妻は夫をのばす」を読んだときおおーと
思いました。(一目ぼれは驚きでしたが。)
Posted by わん at 2007年11月04日 10:33
こんにちは。

私も野球を十年ほどやっていましたがこの采配はかなりの決断だったと思います。

ベンチの空気もかなり異様だったでしょうね。

結果的には采配は的中。
これが監督の仕事でしょうね。

結果逆転負けになっていたら世間は??
案外仕方ないという風潮になっていたかもしれませんね。

やる事はやったんだから、負けても仕方ない。

それだからこそ、監督はやる事やらないといけない立場です。

落合監督ももし現役だったら続投を想っていたのではないでしょうかね(@_@)
Posted by えびけん at 2007年11月04日 15:47
わんさん、おはようございます

体調は、ボチボチです・・・が、精神的な疲労は溜まってますね。
ご心配をお掛けします(*^^)v

ところで、「名選手は名監督に非ず」の真ん中には、本来「必ずしも」を入れるべきなんでしょうね。「名選手は必ずしも名監督に非ず」が正しいかと思います。名選手で名監督になった人、昔からけっこういましたし、選手時代はたいした成績を残してなくても「人の起用術」に長けている人もいますもんね。

実のところ、私は落合が中日の監督に就任する時、「え!?、落合に監督は向かんだろ!??」と思ってました。

落合監督の奥様・・・いくら上げマンでも、私ならノーサンキューです(失礼^_^;)
Posted by poohpapa at 2007年11月05日 06:28
えびけんさん、おはようございます

これ、「監督がピッチャー出身なら続投、野手出身なら交代、という判断をする」と仰ってる人がいて、なるほどな、と思いました。

山井は8回にはマメが潰れていて、「続投するか」訊かれて、自ら「代えてください」と頼んだとも聞きます。ならば、マスコミはちゃんとそう伝えてくれないと、落合監督が「あらぬ誤解」を受けてしまいますよね。
もっとも、それくらいで動じていたなら監督など務まりませんが(*^^)v
Posted by poohpapa at 2007年11月05日 06:36
いつも拝読しております。読者暦は随分長いのですが初めてのコメントになります。書籍発行の前くらいです。そんな長くないですね。

落合さんですが監督としても随分の力量のある方なんだと個人的に思っています。
いきなり中日が強くなりましたもんね、彼の就任の後。
今回のアジアシリーズもうまくやってくれることだと思います。
今日は負けちゃったみたいですが。。。

Posted by 星輝 at 2007年11月09日 00:43
星輝さん、おはようございます。

確かに、落合監督になってからBクラスはありませんもんね。安定していつも優勝を狙える力をつけてきましたね。

故鶴岡監督の言葉だったか失念してしまいましたが、「監督の采配が決まって勝った試合なんて殆ど無いが、監督の采配ミスで落とした試合ならたくさんある」とのこと。だとすると落合監督は「選手の力を引き出して、自らも采配ミスを最小限に抑える」名監督と言えますね。

昨日負けたのは、選手のモチベーションが「日本シリーズを制した」ことで既に消失してしまっていたから、かも知れませんね。アジアシリーズ・・・、私も関心がなくて、やってたことも知りませんでした^_^;

いつもお読み頂き有り難うございます。今後とも宜しくお願いします。
Posted by poohpapa at 2007年11月09日 06:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]