2005年09月18日

お正月は一人で・・・

昨日、2年前のスペイン旅行でお世話になった添乗員さんに私の本拠地までご足労頂き、お正月の旅行の相談に乗ってもらった。

今回はノルンがまだ仔猫であって、しかもおそらくは避妊手術直後になる見通しなので、さとひろは参加しない。ならば旅行は諦めて家で過ごせば良さそうなものであるが、長い冬休みにずっと家にいるのも気がすすまない。いれば、やれ水漏れだ、滞納だ、と「自分で対処できたり、さして急ぎでもない用件」で呼び出しも掛かる。いれば電話にも出ざるを得ないが、いなければいないで諦めてもらえる。

それと、さとひろと不仲、というのではなく、いつも一緒にいるから「少しは息抜きもしたい」ようなのだ。何よりノルンを独占できる。

で、行き先は東欧4ヶ国(チェコ、ハンガリー、スロバキア、オーストリア)、出発は12月29日で8日間のツアーにした。通常は12月29日発なら最高値になるハズだが、料金は、観光と食事、添乗員付きで189000円である。一人旅、と言っても、パックに混ざるだけの話だから楽ではある。適当にフリータイムもある。

旅先を決めるのもいろいろ悩んだ。私だけが行くなら、さとひろの今後の希望旅行先としての優先順位の低いところにしなければならない。私だけが先に行ってしまうと、今度一緒に出かける時の候補地から外れることになる。私も同じところに続けていくのは辛いからだ。

ベトナムにも誘われていたが、ハロン湾にはさとひろも行きたがっているのでパス。ドイツも南イタリアも是非連れて行ってあげたいからパス。消去法と格安ツアーの発見で「東欧」に落ち着いた・・・、のではあるが、やはり不安もあるのでまりあさんにいろいろ教えて頂くことになった。そして、できれば、まりあさんにそのツアーの添乗をお願いしたかったのだ。可能性は未知数だが旅行会社に聞いて頂ける、とのこと。あまり期待せずに待っていたい。

ところで、このツアーは、14万の追加負担でビジネスクラスにグレードアップできる、とのことで、思い切って申し込んだ。まりあさんの話では、「(利用予定の)チャイナエア(台湾)のビジネスはいいですよ。台湾での乗り継ぎは6時間くらい待たされることもあって、チンケな空港だから何もないんで、その間、ビジネス利用の客は専用ラウンジが使えるから楽ですよ」とのことだった。同時期、大韓航空の欧州便のグレードアップは25万、欧州系の航空会社なら40万ほどかかるから、それも格安と言える。さとひろが「旅行の基本的な料金分は毎月3万ずつ積み立てている中から出していいよ」と言ってくれているので、追加分だけなら自分で何とかなる。

実は他にも理由がある。一人旅でエコノミーだと、奥の座席になった時、トイレなどで席を立つのに、いちいち他の人に立ってもらわなければならず、そういう気を遣わなければならないのは嫌なのである。

ビジネスクラスと言っても、航空会社によって内容はマチマチだ。
以前、こんな経験をした。

格安パック旅行でパリからローマまでアリタリア航空に乗った。
皆で「アリタリアのエコノミーは他よりちょっと広くていいね」と話していて、降りた後でそれがビジネスクラスだと知った。格安ツアーだから、全部エコノミー利用と思い込んでいたし、あれがビジネスなら正規料金のお客は怒るだろう、くらいにお粗末な座席だった。
強いて言うなら「エコノミープラス」くらいのものだ。それも、たまたまその時の添乗員さんの親友がアリタリアに勤めていて、そのご縁で「俺のツアーはビジネスを提供してくれ」と頼んでいてくれたのだ。
空きがあれば可能ということは知っていたが、まさかあれがビジネスクラスだったとは、と驚いたものだ。

ツアーで機内に乗り込む時にいつもビジネスエリアを通って後ろに進みながら、「ああ、こんな席に座れたら楽だろうな・・・」と羨ましく思っていたので、楽しみではあるが、この先は当分エコノミーになるだろうから、なまじ知ってしまったことが辛くなるだろう^_^;

posted by poohpapa at 07:44| プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする