2017年11月20日

困った時の「ご長男」 (^◇^)

昨日の午後、店のPCが壊れた。ネットに繋がらなくなったもので、画面には「接続されていません」の文字だけしか表示されなくなった。そういう場合、普段はうちのに見てもらえばたいてい何とかなったが、見てもらっても「原因が判らない」と言う・・・。仕方ないので長男に電話した。

元々が長男が部品を買い集めて作ってくれた「言わば自家製のPC」である。製作者に訊くのが一番、ということで、運良く昨日は日曜日、隣市の家で寝溜めをしていた長男を起こして来てもらった。

ルーターの故障なのか、断線したのか、PC本体の異常なのか等々、「先ず原因を突き止めるのが先」とのことで、家から持ってきたいろんな機材を駆使して4時から6時半まで掛けて、どうにか原因が判ったみたい。長男がキーボードを高速で打っているのを見ていると、画面に出ている文字や数列はチンプンカンプンで、まるで外国語。「よくこんなのが理解できるなあ・・・」と感心してしまう。

「今時こんなPC使ってるのは時代遅れ。大きくて机の上に置いておくのも邪魔だし、便利だからタブレットにしなよ」と言うが、携帯は死ぬまでガラケーと決めているのと同様、換える気はない。時代に置いて行かれてもかまわない。と言うか、長男が生きている限りは保証が受けられるのだから換えない。

途中、やはりPCに詳しい友だちに電話したりして、出た結論は(当初の予想どおり)「ルーターの故障」というもの。ただし、交換したからといって必ず直るとは限らない話らしい。直ぐに Amazon で取り寄せてもらい、届き次第交換してもらうことになった。子供・・・、産んでおいて良かった (おい)

これ、もしもメーカーを呼んで見てもらったなら幾ら掛かるんだろ・・・、と気になった。次男も長男同様PCに明るいが、近くに住んでいないから、当然に近くに住んでいるほうに声を掛ける。長男からすれば面倒臭いし災難だろうな、とは思うのだが、嫌な顔は全くしない。好きなことをやっているからであろうか。まあ、その代わり「自分のほうの部品で欲しいものがあれば一緒に注文しなよ、経費で落としてあげるから」と伝えている。修理代はおろか駐車場料金も払っていないのだから。

PCだけでなく、いろんな分野で「その道に明るい友だち」を持っていると助かるし便利なもの。来てもらわないまでも電話で相談できるだけでも心強い。だから逆に、不動産に関しては誰からも無料で相談を受けるようにしている。商売に繋がらなくても全然OK。喜んでくださればそれが対価、ほんと (*^_^*)

posted by poohpapa at 05:20| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

みかんと柿

昨日、コメントも頂いた天草四郎さんが店に柿を届けてくださった。天草四郎さん・・・、隣町の国立市のマンションのオーナーさん。このブログがご縁で以前に少しご相談をお受けしたのだが、お役に立てていたかどうかは分からない。にも関わらず、わずかなご縁を気に掛けてくださってお気遣い頂けるのは凄く嬉しいこと。

実は一昨日も、お客様がみかんを届けてくださった。10年前に古いアパートを紹介させて頂いて、そこがいよいよ取り壊しになるとかで移転しなければならなくなったようだ。幸いにも家主さんが誠実な方で、補償はしっかりして頂けるとのこと。なるだけ安くあげよう、とはしない家主さんのようで安心した。

ドアを開けてお母さんと娘さんと2人で入ってみえた時、名前こそ出なかったが、「ずっと以前にお部屋を紹介させて頂いた方だ」と直ぐに判った。それを凄く喜んでくださって、その日に1件の物件を案内したもののそれは不調に終わったのだが・・・、いったん家にお帰りになったお客さんと現地で待ち合わせをして「こんなとこまで歩いて来てくれたんですか?」と驚かれた。歩いても何も、車が無いから歩くしかない。ただそれだけのことだし、私はとくに苦にも思ってないのだが、車で案内してくれなかったことを不満に思うどころか翌日にはお母さんが気になさってみかんを届けてくださったのだ。

部屋探しは急いでいるワケではない。だが、「いつも良くしてくださっている家主さんにご迷惑をお掛けしないよう、なるだけ早く出て差し上げたい」と仰る。ま、そういう方である。今時珍しい存在。

なので私も、「こちらでも探しますが、急ぎということでしたら、このあたりでは〇〇不動産、〇〇ホーム、あと〇〇商事が親身になって相談に乗ってくださるし何か適当な物件を持っていると思いますので、うちのことは気にせず直接行って頂いてもかまいませんよ」と伝えた。すると・・・、

「さっき行ってきました」だと・・・。

「先に行ったんかい!?」 (^◇^)

まあ、でも、良い部屋が見つかればそれに越したことは無いので全然OK。うちはみかんで十分(おい)



posted by poohpapa at 06:30| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

まあ、なんて良心的なんでしょう (*^_^*)

アパートに付属している駐車場3台分を全部借りてくださっている(事務所使用の)入居者さんがいる。そのアパートは6部屋あるが、どういうワケか他の入居者さんは誰も車を所有していない。

昨日、電話があって、「一台解約したいのですが・・・」とのこと。「それでしたら、来月の13日まで賃料が発生しますので、日割り分の計算をして後ほどメールで連絡しますね」と言うとアッサリ了解してくれた。

ところが、である。そのアパートで募集中の203号室に申し込みが入ってきた。駐車場も借りたい、とのことで、入居希望日は今月28日だと。たまたま駐車場付きのアパートを探していて、物件も気に入って頂いたようだが、駐車場の権利は来月13日までは現契約者にある。それで、現契約者に電話して「実際に使うのはいつまでですか?。実は新しい入居者さんが今月の28日から駐車場を使いたいと仰っているので、もし28日から使っていいなら、そちらは日割り分を払わなくてよくなりますが、如何いたしましょう?」と訊くと、「どうぞお使いください。そのほうがこっちも助かります」とのこと。ま、厳密に言えば、それでも今月の3日分の日割りは現契約者が払ってくれることになるが互いにメリットがある話。家主さんの知らないところで駐車場の契約が繋がるし、三者がそれぞれ得することになる。

客付け業者さんにはこうも訊いた、「今日ご案内を頂いて申し込みをしてきたということは、今借りている部屋の家賃は来月の13日まで払わないといけないんじゃありませんか?。家賃がダブるのはキツイでしょうから日割り発生は13日からにして頂けるように家主さんにお話ししましょうか?」と言ったら喜んでくれた。その家主さんは細かいことは仰らないから快く了解してくださるのは分かっている。

ただ、お客様は、次の物件が見つかる前に解約の連絡をしていたようで、私の気配りは無駄になったが、それらの配慮をしたことでお客様からは「いい不動産屋(管理会社)に当たった」と思って頂けるのは間違いない。原因がどちらにあるかは別にして、最初からケチが付いた契約、というのはたまにある。そうすると互いに苦手意識を持ったりして退去するまでギクシャクすることになる。「良いお付き合いのスタートが切れるかどうか」ということはとても重要だと思う。

家主さんと相談して、日割り発生(契約開始日)も10月1日からにして頂こうと思う。こういうのは大手の不動産屋では無理な話。どちらが正しい、というのでなく、大手は厳格だから・・・。



posted by poohpapa at 04:55| Comment(4) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

私が保証会社を使いたくないワケ

旅行から帰って、店に出て休み期間中の着信記録などから3件の滞納家賃の取り立てと1件の立退き交渉の用件が待っていたと判ったのだが・・・、そのうちの1件の滞納は10ヶ月分にも及んでいる。

滞納家賃の督促も立退き交渉も本来は不動産屋がしてはならない行為。弁護士でなければ、やれば不法行為になる。ではあるが、昔から家主さんは滞納が発生すると(当たり前のように)管理会社に振ってくる。不動産屋に頼めばタダだし面倒くさくないし、自分が恨まれることもないから、である。あとは、昔から「そういう仕事は不動産屋がするもの」と思い込んでいる、ということもあるだろう。

悪質な滞納者が電話一本で直ぐ振り込んでくる、なんてことは無いのだし、正直なところ、管理料も頂いていないのに両手が後ろに廻ったり免許停止処分を喰らったなら割に合わない。そうなっても家主さんは責任など取ってはくれないし。以前は私の忠告を聞かず家主自身が審査して入れた暴力団組事務所の立退き交渉を依頼されたこともある。手間賃が欲しいのでなく、ちゃんと理解していてほしいのだ。

で、滞納している入居者はパート勤めの老婦人。当然に、そこまで溜めてしまうと支払いは容易ではない。もし保証会社を使っていれば2〜3ヶ月滞納したところで保証会社が家賃を立替えて家主に支払い、その分は借主に請求する。誰が支払うかの違いだけで、家主さんからすれば家賃が入れば問題ない。ところが、である。保証会社の取り立ては半端ない。支払ってこなければ問答無用で直ぐに追い出しの話になるから怖い。

保証会社を使っていて、滞納が始まった場合、こちらが待ち過ぎると(一定期間を経過すると)請求することができなくなるから保証会社に報告や請求せざるを得なくなるもの。

その老婦人の契約では娘さんが連帯保証人になっている。本人には、「私から連帯保証人さんに連絡して催促するより、〇〇さんから事情を話して借りて頂いたほうがいいと思いますよ」とも伝えていた。

滞納は以前から度々あって、家主さんが請求すると少しずつ追いつかせてくれていたのだが、今は滞るいっぽうで10ヶ月分。来月には更新を迎える。当然のことながら、滞納を積み残したまま更新などできない。それは伝えてあるが、どう考えても一括で支払うのは無理な話。家主さんも「少しずつでも努力してくれるなら待ちますよ」と言ってくれてはいる。何度かのメールの後、私が電話すると・・・、

「やっと25万円だけ工面できました。ここんとこ体調を崩していて仕事に行っていませんからこれが精いっぱいです」と言う。家賃は5万円だから、それで半分。「残りもできるだけ早く工面しますから、とりあえずそれだけでご容赦頂けませんか?」と訊く。もちろん、本来なら断って契約を解除するところだが、追い出されても他に行く当てはない。移転先の契約金が用意できるなら滞納分は払えるのだし。

私が、「25万、ぜんぶ振り込まないでくださいね。〇〇さんが食べていく分は残して家主さんに振り込んでください。家主さんには私からちゃんと話しておきますから」と言うと、お客さんは泣き出した。

「それじゃ話になりません、ダメです」と言われると思っていたんだろう。滞納する人にもいろんなタイプがあって、本当に頑張って少しでも追いつかせようと懸命に努力しているのが伝わってくる人もいれば、電話しても折り返してこず、メールにも返信せず逃げまくっている奴もいる。そういう奴は庇わないが、恵まれない状況の中で頑張っている人は応援する。滞納している人の中には、私が生活費を貸したり、滞納家賃分を立替えて家主さんに振り込んでいるケースもある。家主さんたちはご存知ないが・・・。

その老婦人の状況と言葉を家主さんにそのままお伝えしたら「それでけっこうですよ」と快くOKしてくれた。残りも待ってくださるとのこと。それどころか、驚くような言葉を掛けられた。

「嫌な仕事を頼んでしまってすみませんでしたね」

ハッキリ言って、手間賃も払わず「それがオタクの仕事でしょ!?」とばかりに管理会社に振ってくる家主さんは世間に多いが、そういう家主さんに出会うとホッとする。

保証会社を利用していると、家賃の取りっ逸れもないし立退き交渉までやってくれるが、人情が入り込む余地が無い。本人の事情や努力に関係なく事務的に対応されてしまうもの。保証会社の性格上仕方ないことではあるし、本来は管理会社は家主さんの利益を一番に考えなければならない一面もあるけど、相手があること。うちらの業界が「公益法人」というなら、そういうハートは大事にしていたいもの。人情など無用で事務的に対応すべき、というご意見もあろうかと思うが。

もう一つ、保証料の負担問題。今は何処の会社も保証料は借主負担となっているが、本来は貸主が負担すべきもの。それで当たり前になっている今の段階で家主さんを説得できないので私は使いたくない。ただし、お客さんによりけりではある。明らかに危なそうなら保証会社を使ったほうが圧倒的に楽ではあるが。審査を保証会社に任せてしまって「保証会社の審査が通れば入居OK」と判断できたりするし。

これから益々「保証会社利用必須」の物件や管理会社が増えていくことだろうけど、私は保証会社を使うことのマイナス面のほうが気になっている。

posted by poohpapa at 05:21| Comment(4) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

感じわる〜 ( `ー´)ノ

外出先から店に戻ると・・・、

店頭に5〜6人の男女がいる。スマホの画面に見入って連続して画面をタッチしている。明らかに、当店に用事がある人たちではなさそう。だいたいが、部屋探しで大人が3人以上で来店することなど無いし。

幸い、ドアの真ん前は誰もいなかったので店に入ることができたが、彼らは私を無視してその場を離れない。「自分たちがここに立っていたんでは商売の邪魔かも」などとは全く意に介していないよう。

しばらくして駅前のほうに出ようとしたら、途中の郵便局の前あたりには20人ほどが立ったままスマホの画面を叩いている。よく見ると、停車中の車の運転席でもスマホの画面を叩いている男が・・・。

なんか、年齢もまちまちで男女入り混じっていて、大の大人が集団で黙々とスマホ画面を叩いている様子は宗教がかっていて気色わるい。それで、長男に電話して訊いてみた。

「ああ、それはポケモンだと思うよ」とのこと。「ポケモンっつったって流行ったのは1年前じゃん!?」と言うと、「今も熱狂的なファンはいるよ」だと・・・。北朝鮮のミサイル実験じゃあるまいし、他にやることねえのかよ、と思った。いい大人が街中で今もそんな非建設的なゲームに興じている・・・、日本の将来は危ういわ。

何より、人の店の前でやられたら営業妨害である。そのうち店の中にまで入ってきそう。

気色わるいったらない ( `ー´)ノ



posted by poohpapa at 06:59| Comment(6) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

宅建業免許更新手続き騒動記 (´・ω・`)

宅建業の免許が8月25日に切れるので、昨日、更新の手続きに都庁に行ってきた。

都庁に行く前に、九段下にある法務局の本局に行って「登記されていないことの証明書」なるものを取ってきた。耳慣れない言葉だが、この場合の「登記」とは、不動産登記や商業登記ではなく成年後見の登記(後見登記)のことを指していて、要は「不動産屋として私は不適格ではありませんよ」ということを証明するもの。今年の1月から新たに必要書類に加えられたらしい・・・。ちっ ( `ー´)ノ

一昨日、北の銀狼さんに間違った内容の返信を書いてしまったが、「禁治産者、準禁治産者でない」ことを証明するのは市役所で発行する「身分証明書」で、そちらも免許更新に必要。いずれにしてもややこしい 💧

証明書の発行手続きは、東京においては東京法務局後見登録課でしか取り扱ってなくて、東京以外は法務局・地方法務局(本局)の 戸籍課の窓口に直接行くしかない。東京の場合は法務局後見登録課あてに郵送で申請することも可能。私の場合は立川の法務局で入手しようとして「それはここでは取り扱っていなくて、東京法務局の本局の窓口に直接行くか郵送で取り寄せるようになります」と言われ、申請書類を貰ったが、返送されてくるのに1週間は掛かるらしく、間に合わない恐れがあるので九段下の本局まで行くことにした。

行ってみて、「次回からは日程的な余裕をもって郵送で申し込もう」と思った。往復に掛かる交通費や時間、諸々の手間などを考えたら郵送のほうがいい。コピーを取って免許申請書の正本と副本にそれぞれ挟んで綴じて、なんてことをしなければならないし。

それにしても「登記されていないことの証明書」などという名前、何とかならないものか。

我々の仕事に付き物の「契約書」だって正式名称は「契約締結後に速やかに交付する書類」であって契約書という名前ではない。元々が不動産は諾成契約、つまり、売主買主、あるいは貸主借主が売買や賃貸借の条件等で合意すれば書面等を必要とせずにその時点で契約が成立するもの。だが、それだと解かりにくいのと、後で「言った」「言わない」「聞いてない」というトラブルを防ぐ意味で「契約書」なるものを交わしている。書類の表紙に「契約締結後に速やかに交付する書類」と書かれていたなら消費者は混乱することだろう。

役所の窓口の上には、ご丁寧に「ないもの証明書」(ここが申請窓口ですよ)と書かれていて、その書類の名称は解かりやすいものに変更したほうがいいと思う。と言うか、「支局で発行してくれ」である。

で、11時頃にようやく取得して都庁に向かう。都庁に到着したら・・・、警備が厳しくなっていた。以前は面倒な手続きなく、もっと自由に出入りできていたと思うのだが・・・。

第2庁舎の担当窓口に着いたのが11時40分頃。待っている人は2〜3人だったが、一人の所要時間が長くてだいぶ待たされた。昼過ぎに順番が回ってきて、正本と副本を担当者がチェック。そこで不備が発見された。と言っても、私が出した書類で、でなく、前回の申請において、である。

担当者曰く、「前回の更新時に、免許の交付が5日間ほど遅れていて、その間が免許のない空白期間になっています。なので始末書を提出してください」だと・・・。

そんなハズはない。前回までは行政書士さんに依頼していて、ちゃんと免許証を私が受領しに行っている。もし空白期間があったなら、その時点で気付くか指摘されていることだろう。私がそう言うと、「あとはハンコを押すだけ」という始末書を出してきて、「これに社判を押して返送してください」とのこと。まあ、それで担当者が納得してくれるならいいか、と思って持ち帰って始末書をよく見たら・・・、

「専任取引主任者の要件を満たしていない期間がありましたので今後は気を付けます」というもの・・・。「話が違う」、である。だが、そんなことで押し問答してもしょうがないから直ぐ返送した。

更新が近付くと、いろんな行政書士事務所から「うちは3万でやりますよ」というDMが届くが、今回は自分でやったので3万は浮いたことになる。うちにとっては大きい。一日店番していても「風呂無し3万」の部屋の申込みさえ入らない日のほうが圧倒的に多いのだから。

今回自分でやったのは、今までお願いしていた行政書士さんが店仕舞いしてしまったから。もしまだ続けていらっしゃるならお願いしたと思う。なぜなら、「それで飯を食っている人がいる」のだから。

何はともあれ、更新手続きが完了して、これで安心してクロアチアに行ける。あと13日・・・。


posted by poohpapa at 05:35| Comment(6) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

どなたか、教えて

今日で5000話」の記事に書いた(元)ガストのお姉さんから引っ越しの当日に頂いた観葉植物(鉢植え)の名前、ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。育て方も全く分からないので・・・。

DSC01641.JPG

DSC01642.JPG

ただ水だけ与えていればいいのか、たまに陽を当てなければならないのか、などなど全く分かりません。まあ観葉植物なので、そんなに難しく考えなくてもいいのでしょうが・・・。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。



posted by poohpapa at 05:24| Comment(6) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

28年間この仕事をしてきて最悪の一週間

今日が水曜日(定休日)で、先週の木曜日から今日までの一週間は、たぶん、精神的な面を含めて、この仕事に携わって28年間で最悪の一週間だったと思う。それは、もしうちの店が倒産したとしても、そんなの比較にならないくらい「これ以下は無い」と思えるほどに最悪だった。

昔の嫌なこと、例えば「10年前に当時の社長の息子から突然に解雇を言い渡されて、お客さんから振り込まれている家賃が入った通帳を取り上げられて裁判を起こしたこと」「その際に、(私が転職の相談に乗っていて当時の久我山支店を紹介して店長に収まったりして)私に恩義があるハズの女が一枚絡んでいたこと」なんかより、遥かに嫌なことが起きていて、それが現在進行形で進んでいる・・・。 

と書くと、「ガストのお姉さんが九州に引っ越したことがそれほどに寂しかったのかよ!?」とお思いの人もいるだろうけど、そんなのは本当に小さな話。今、まだここでは書けないが、いつか書ける時が来たなら詳細に書きたいと思う。もしかすると、似たような体験をしている人がいるかも知れないから。

どうやって解決したものか・・・、いろんな人に相談してみよう。最初から「私がすべきこと」の結論が決まっていて「追認してもらいたい」という相談ではなく、真っ白な状態からの相談になる。

今日、娘が「ガストのお姉さんから頂いていた種ぬき梅」をもらいにくることになっていたが、今、メールがあって「胃が痛くて行けそうもない」とのこと。病院に行くよう言ったが、行きたくないみたい。私の周りでも病気になっている人が多いから、若いから、というだけでは安心できない。我慢したり、甘く見ていて手遅れにならないとも限らない。「自分で勝手に決めないでお医者さんに診てもらうのが一番」だと思う。ま、中には「病院に行くことで本当に病気になる人」もいるだろうけど・・・。

今日は、毎年一緒に海外旅行に行っている入居者さんとランチの約束をしているので話し相手になって頂こう。ガストのお姉さんより年上だがとてもキレイな女性である。そんな楽しみでも無ければやってられない。



posted by poohpapa at 06:31| Comment(6) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

はい、本日から平常運転です(早っ!)

昨日はとてもハードな一日だった。早く寝たので、今日もこんな時間に記事のアップ (*^_^*)


昨日の始まりは、始業時間前に元ガストのお姉さんのマンションを訪問して折畳み椅子の交換。1年前に転居してきた際、天袋などの高い場所の収納に物を入れるのに便利だからと、脚立代わりに、我が家にあった折畳み椅子を貸したのだが、重宝だったからかそれが戻ってこなかったので仕方なく新しい椅子を購入していて、うちのにとっては古いほうが愛着があるので新しいのを持参して交換してもらった。

その後で改めて引っ越しの立ち合いに出向き、午後、敷金精算について家主さんと打ち合わせ。その際に、奥様が入院中と伺った。「検査入院ですよ」とご主人は仰っていたが、そうではなさそう・・・。

引越しの立ち会い、と言えば・・・、家財は運び出されていても粗大ゴミなどは収集日(曜日)が決まっているからどうしても引越しの当日までに片付かなかったりする。家主さんが近くにいればお願いすることもできるが、稀に、そういうことをお願いしにくい家主さんもいる。幸い、そのマンションの家主さんは快くお願いできるタイプの家主さんだが、生ゴミと不燃ゴミが残っていただけで、家主さんのお手を煩わせるほどではなかったので我が家に持ち帰った。同じ町内なので収集日も同じだし。

「掃除はしなくていいですよ、プロがしますし、その分は敷金から引かせて頂きますから」と伝えてあって、掃除はしていなかったハズだが、それでも「そのまま次の人が住めるほどにキレイ」で、生活感というものが全く感じられないほど。「本当にここで暮らしていたの?」と言いたくなるほど。女性の一人暮らしなのだから台所周りも油汚れなどがこびり付いていても良さそうなものなのだが・・・。

そんなだから、ガラ〜ンとなった部屋を見てもあまり感傷的にはならなかったが、カギを受け取って、私が最後に施錠した際にはジーンときた。私が「これで東京での暮らしも終わりだね」と言うと、笑顔で「さよなら東京〜」だと!。心はすでに福岡に飛んでいるようだ・・・。

人の気も知らないで、である。「殴ってもいいですか?」と訊くと「痛いからやだ」と言って笑う・・・。

引越しの途中では1階に住む家主さんが引越し業者に冷たいコーヒーを振る舞ってくれたりしたようで、そういうのも珍しい。たいていは入居者が気遣うものだが、そうなると缶コーヒーとかペットボトルのお茶になる。家主さんはグラスに氷を入れてペットボトルのコーヒーを出してくださっていた。奥様が入院中で家にいらっしゃらないのにご主人が気遣ってくださって、そういうのも嬉しい。もう退去して関係が無くなってしまう相手なのだから、そこまでして頂けるということで家主さんの人柄が判る。

立ち合い後にいったん別れて、うちら夫婦は遅めのランチをとって15時にガストのお姉さんをパレスホテルの空港バス乗り場で見送った。実は、機内持ち込みする小型のスーツケースを、朝一番で折畳椅子を交換する際に私が家に持ち帰っていて、バレスホテルまで私が届けることにしていた。彼女は別の友人と最後のお別れ会をするために移動するから、持ち歩くのは大変だろうな、と思ったから。

その後、別の入居者さんが来店。同時にリフォーム業者の訪問を受けて、いっぺんに複数の案件の打ち合わせ。その間にも、物件の問い合わせやお客さんからの修理依頼などなど・・・、休む暇もなかった。いつも暇しているが、たまにはこういう一日もある。忙しい一日は暇な一日より疲れない。だいいち、忙しければ余計なことを考えずに済むから有り難い。

そう言えば・・・、後で家主さんから「あのKさんは30代半ばくらいでしたっけ?」と訊かれたので、「いいえ45歳ですよ」とお話ししたら驚いていた。たしかに、35歳でも通る人ではある。空港に向かうバスの車内にいる本人にそうメールしたら喜んでいた。そういう部分では女は単純だから(ぷっ)

仲良くしているお客さんの退去は辛いし寂しいが、お陰で早く平常運転に戻ることができた (^◇^)


posted by poohpapa at 03:56| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

一つの節目、連載400回

おかげさまで、住宅新報さんの紙上ブログ連載が400回になりました。週刊ですので、年間50回の発行として8年間続けさせて頂いたことになります。我ながら「凄い」と思いますね。ま、早々に打ち切られなかっただけでも (^◇^)

ところで、不動産関連の業界紙はどこも取材が丁寧で深く掘り下げて記事が書かれています。他の業界新聞と比較すると、その傾向は顕著です。とくに住宅新報の個別の記事を読み進んでいくと、この業界の数年以上先を的確に予測していることに驚かされます。今、とくに問題なく順調に経営がされている会社であっても、転ばぬ先の杖、ぜひ購読されることをお勧めいたします。これ、私がお世話になっているから、ではありません。本音です。

さて、連載、いつまで続けさせて頂けるか分かりませんが、これからも頑張りたいと思います。

posted by poohpapa at 09:18| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

美しい女性に縁がある一日

昨日は美しい女性と何度も接点があった一日だった。と言っても、全て仕事関係での話ではあるが。

お昼前に駅前の銀行に行き、両替機の前に並んでいると、「坂口さん」と女性の声。その女性と最後にお会いしたのは3年くらい前だったと思うが、私を見掛けて名前で声を掛けてくれた、てことは、名前を憶えていてくださったということだし、その時は、私は前の人の背中を見ていて気付いてないのだから知らん顔もできるのだが、声を掛けてくださったのだから悪印象は持たれていないのだろう。

元々がうちのお客様で、その時には商談に至らなかった。若いのに会社経営者でモデルでプロ野球の某球場のマスコットガールでもあるから相当の美人。以前に、いつものガストで一緒に食事した際には、後日、うちのと行った際にスタッフから無造作に「こないだご一緒していた女性、凄くキレイな方でしたけど、どなたなんですか?」と訊かれたほど。うちのはそういうのは気にしないから大丈夫だけど、他の一般的な女房なら、私の頭にナイフとフォークが突き刺さって血の雨が降っていたかも (^◇^)

5月にまた立川にいらっしゃるとのことで、その時に食事をご一緒することになった。

店に戻ると、郵便受にメモが・・・。J−COMの、うちの担当者のHさんが寄ってくれたらしい。そのHさんは性格もいいし凄く綺麗で華がある。Hさんがいるだけで周りがふわっと明るくなる。以前に国立に行った際、俯きかげんに歩いていたら先方に凄いオーラを感じて、顔を上げたらHさんが立っていた。

携帯に電話して「来るなら前もって電話しなよ」と叱ると、「たまたま立川に出たので寄らせてもらったんですよ。今度は電話してから伺いますね」と明るく答える。Hさんとは敬語を使わずに友達感覚で話せるのが嬉しい。なんとも気さくな人である。もちろん、食事(ランチ)の約束をした。

夕方には入居者の若い女性の方から電話。その方も感じが良い、というか可愛い人。私とはもう10年以上の付き合い。旅行でフランスに行っていたとかで「お土産がありますので今度伺っていいですか?」とのこと。やはり近々食事しながら世間話をすることになった。

誤解されそうだから書いておくけど、3人とも男の影がある(?)から私に下心は無い。店や立ち話で済ませるのも無粋だから食事に誘っているだけだし、女性しか食事に誘わないのでなく、たまたまである。男性のお客さんも時間が合えば食事に誘っている。でもやっぱり女性のほうが多くなる (おい)

先に楽しみができたから普段の仕事が少し楽しくなりそう。3人の女性に感謝、である (*^_^*)

posted by poohpapa at 06:12| Comment(6) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

案内においては初めての経験

店番をしていたらエンドユーザーのお客様から電話が入った。

「先日、お店の貼紙を見たのですが、コーポKはまだありますか?」とのこと。「その物件は当社の管理物件ではなくて、仲良くしている同業者さんで管理している物件なので、直ぐに確認して折り返しお電話しますね。2〜3分お待ちください」と伝えて管理会社に問い合わせると、まだ有った。

お客様に「まだ有りました。室内をご覧になられますか?」と訊くと、「今日これから見られますか?」と言う。鍵は管理会社にあって、会社は玉川上水駅。物件も駅からは遠く離れている。モノレールに5駅乗って鍵を借りに行き、その後、どうやってお客様を案内したものか悩んでいたら・・・、

管理会社の社長夫人、「もしお客様と現地で待ち合わせるなら、うちの自転車をお貸ししますよ」だと。お客様に現地待ち合わせで良いかどうか確認すると「大丈夫です」とのこと。それで自転車を借りて物件まで駆け付けた。所要時間は20分。ちょうどお客様も現地に到着したところだったのだが・・・、ご本人は急遽仕事が入ってしまい、知人2人で内見。写真をたくさん撮っていて、後でご本人に見て頂いて、それから結論が出るようだが、代理の方も気に入ってくださったのでたぶん決まることだろう。

案内を終えて鍵と自転車を管理会社に返しに行き、玉川上水からの帰りはバスで立川駅まで戻った。

それにしても、管理会社の自転車を借りてのご案内、というのは初めての経験。けっこう楽しかった。

当社は車が無くて普段はカーシェアだから、自転車くらいあったほうがいいかも、と思った (^◇^)

posted by poohpapa at 06:26| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

倒産寸前の会社を救って頂いた (^◇^)

賃貸仲介管理を生業にしている会社にとって、今は寒風が吹き荒んでいる。本来ならば2月3月は繁忙期で猫の手も借りたいほどの忙しさになるハズだが、ここ数年はそうでもない。というのも、お客様はネットなどで自分で物件を探して「お目当ての物件」の管理会社に直接問い合わせることが多くなっていて、飛び込みで不動産屋を訪問したりしないから、ということと、地域性の問題。立川は大学が少なく、当社からは離れていることもあって学生向けのワンルームの需要は少ない。ゼロから部屋探しする飛び込みのお客様のほとんどは駅前の大手フランチャイズの店舗に入る。商店街までは流れてこない。

その昔、ボクシングのガッツ石松が現役時代、何度も世界チャンピオンに挑戦していたが相手が強すぎて、闘いながら「いつ倒れようか」と考えていた、と正直に告白していたのを思い出していて、「このまま行ったら店仕舞いするようだなあ・・・。いつ閉めようか」と考えるほど。それくらい状況は厳しい。

と思っていたのだが・・・、

この1ヶ月、以前から当社をお使い頂いているお客様がリピーターになってくださったり、そういうお客様のご紹介が重なってパタパタと申し込みを頂いたので、お陰さまで一息つけた。

しかも、管理料を除く仲介の手数料は全てご紹介やリピーターのお客様によるもの。当社は今までも「ご紹介やリピーターのお客様による売り上げ」が収益の70%前後で推移していたが、100%になったのは初めてのこと。それはもの凄く有り難いことで心から感謝している。

それで喜んでいてはいけない、当社の管理物件の空室を早く埋めなければならないが、それは相手のあることなので、なかなか思い通りには行かなかったりする。任せてくださっている家主さんには本当に申し訳ないこと。自分だけ喰えればいい、という話じゃないから。

思い起こしてみると、仕事面だけじゃなく、65年の人生で、「もう行き詰るかな」と思った局面では必ず救世主の方が現れていた。いつも同じ人でなく、その時どきで違う人である。そういうことで言えば私ほど強運の人間はいないと思える。などと書くと・・・、「それはあなたも同じことをしているからですよ」というコメントが入ることを期待しているんだろ、と言われそうだが、きっとそうなんだと思う(おい)

ご縁は大切にしているつもりだが、実のところ、救世主の中にはその後に意見の不一致から一切の交流を絶っている人もいる。なかなか思うようにはいかない、だから人生って面白い、と思っている。

posted by poohpapa at 06:05| Comment(4) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

昨日は、早くも「今年最高に充実した一日」だった

昨日は朝10時半に店を出て、夕方7時に帰社するまで(先日記事にした)一人のお客様にお付き合いして部屋探しした。それは、私が理想とする部屋探し、である。

そのお客様の部屋探しは3回目で、今回は某私鉄沿線の某駅限定での部屋探し。前もって条件等をお伺いしてあったので検索してみたら、出てきたのはたった2件のみ・・・。正直焦った。仕方なく条件を少し緩めてみたら17件ヒット。そのうちから私の判断で6件に絞り、昨日ご案内することになった。

駅の改札で待ち合わせして先ずランチ。そこで、6件に絞った理由と内容を説明。6件のうち1件は大学から遠いので候補から削除。残った5件のうちの1件はまだ退去前で外観だけしか見ることができないので4件を見て頂くことになった。3件の鍵は現地対応なので事前に名刺や内見依頼書をFAXして手配しておき、残り1件は近隣の不動産会社に預けてある鍵を借りに行くことで対応。

見て頂く物件は少ないと比較判断する材料に欠けるし、多すぎるとかえって迷いが生じて決められなくなるもの。最少でも3件、最多でも5件で臨みたい。なので4件、というのは最も理想的な内覧数。

食事しながらどういう順番で見ると効率よいかを打ち合わせ。駅から上り方向の2件を先に見て、下り方向の2件を後で見ることにして徒歩で案内。各物件までの地図は前日までに用意していたが、土地勘も目標物も無いので迷ったりした。帰社して万歩計の歩数を見ると2万歩になっていた。およそ10km の歩行距離。

4件目を案内する際、物件が見つからず、通りかかった新聞配達員にアパートの写真を見せて「知らないか」尋ねると直ぐに分かった。配達員は中国人で、我々がちゃんと辿り着いたか心配して後でアパートまで来てくれた。「さっきアパートの場所を訊かれた所がこのアパートの大家さんの家の前です。この大家さんは熱心でいい人です」などと私の代わりに営業をしてくれた (^◇^)

しかも、「もしこちらのアパートに引っ越してきたら読売新聞をとってくださいよ」と言って配達中の夕刊を一部くれる。残念ながら本命物件ではなかったので、彼と再び顔を合わせることは無さそうだが、久しぶりに「愛すべき中国人」に出会った気がする (´▽`*)

結局、一番最初に案内した部屋が最も気に入って、「ほぼその部屋で決まり」だったが、ご本人の希望で改めてもう一度見に行くことになった。それは私も望むところ。ただしその前に、それまで相当に歩いて喉が渇いたのでドトールでお茶。改めて物件を見終えた時には5時半を過ぎていて、隣の駅の管理会社にタクシーで直接伺って申込書を書いて頂くつもりだったが断念。申込書はFAXして頂くことに。

各物件の長所と短所を率直に話したり、ほぼ一日一緒にいたのでいろんなお話ができたからキャンセルになることもないだろう。あとは保証会社の審査待ちで、ここから再び長いお付き合いが始まる。

店は一日空けていたが、これが私の理想とする部屋探し。「良い仕事」というのは私だけが努力しても為しえず、相手があってこその話。お客様の協力と理解で充実した一日にして頂けて大感謝、である。


posted by poohpapa at 05:50| Comment(13) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

年に何度も無い嬉しい日 (*^_^*)

出先で携帯が鳴った。出てみると・・・、

以前二度も当社で部屋探しをさせて頂いたお客様で、また引越しをなさると言う。今は都内にいらっしゃるが改めて大学に行き直したい、とのことで、都心を挟んで正反対の地域にある大学の近所で物件を紹介してほしい、とのこと。もちろん、「喜んで」、である。そういうお話は本当に嬉しい。

電話で、「ネットで当社の会社名で検索してみましたか?」と伺うと、「はい、しました。凄いことになってますね」とのこと。例の気違いが書き込んだ誹謗中傷の数々のことである。「気になりませんでしたか?」と更に伺うと、「まったく気になりません。何度もお会いしてるし、私は信用していますので」との言葉。以前にお会いしたお客様なら当然にそうなるし、飛び込みで来店したお客様にも、いつも「以前にはこんな気違いがいて、こういうトラブルがあったんですよ」などとネタにしていたりする。せっかく荒らされているのだからお客様との距離を縮める材料として使わない手はない。大笑いすれば距離は縮まる。

実はそのお客様、気違いが入居していたマンションに以前住んでいたお客様のご親戚である。時期は重なっていないが面白いご縁と言える。私を信用してくださっているので、とくに最善を尽くしたい。

いろいろ条件をお伺いしたので休み明けの明日から本格的に部屋探しに入ろう。

そして、昨晩は家に帰ると、郵便受けにレターパックが入っていた。また何かの懸賞に当たったのかな、と思っていたら、差出人は以前に東欧旅行でご一緒した女性(当時は女子大生さん)だった。封筒には「お菓子」とある。封を開けるまで「なんで?」と思ったくらいに昨日がバレンタインデーであることを忘れていた。当然に中身はチョコレート菓子だった。私が今年頂いた唯一のバレンタインチョコ (^^♪

今年頂いた、と言うか、65年も生きてきてバレンタインのチョコを贈られたことは滅多に無い。ちょうど私が高校生の頃から巷で「バレンタインデーでは好きな男性にチョコを贈る」などと、今の恵方巻を広める活動の如く世間で騒ぎ始めていたが、私の一番のモテ期だった中学2年から高校2年まででも一度も貰ったことが無かったほど。ま、貰ってもさほど嬉しくは無かったと思う。頂いて当然の相手、つまりは彼女や女房から貰っても感動は無い。思いもよらないところから頂くと凄く嬉しかったりするもの。

で、今年のチョコレート、大切に味わった。ではあるが、こんなに巷で大騒ぎしているバレンタインデーを忘れているくらいだから1ヶ月後のホワイトデーを思い出すワケがない。たまたま、4月26日には彼女もお誘いしてディズニーランドに行くことになっているので、その時に何か奢らせて頂こう

昨日は、久しぶりに「良い一日」だった。お二人に感謝 (^◇^)



posted by poohpapa at 05:56| Comment(9) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

店に飛び込んできた娘さん

昨日の午後3時50分ころ、若い娘さんが焦った様子で店に飛び込んできた。

「高松町3丁目で〇〇ビルってどこでしょうか?」と言う。詳しい番地を聞いて航空地図で見てみたが、ちょうどページの境目あたりで分かりづらい。4時から面接を受けることになっている、ということで時間が無い。土地勘が無ければ遅刻してしまうのは明白。スマホを持っていればナビしてもらえるだろうけど今時の若者にしては珍しくガラケー派だという。それでいて方向音痴なんだとか・・・。

何やら親近感が湧いてきた。間違いなく私の同志である (*^_^*)

出掛ける前に地図で確認してきた、とのことだが、その地図は持っていない。正直、私が面接官なら落とすのだが、困っている人を突き放すワケにもいかない。何より時間が無い。で、私が一緒に探すことにした。方向音痴が一人だけならキツくても二人いたなら何とか・・・、樺太に着いたりして (^◇^)

急ぎ足で向かって、4時5分前に、聞いていた番地の一角に着いたが「それらしいビル」は無い・・・。

「番地、合ってる?」と訊いて、資料を見てもらうと、番地がぜんぜん違う。腹の中で「ええ?、さっき3の2の〇〇って言ったじゃん!?」と喉まで出かかったがグッと我慢。揉めている時間も店に戻る時間も無い。そこから電柱の住居表示だけを頼りに「こっちに進むと番号が大きくなる、ここから向こうは2丁目になる」と探して辿り着いたのは私の店から一度も曲がらずに徒歩3分で着けるビル・・・。

5分遅刻したので、私が一緒に会社の受付まで行って、「すみません、こちらの方から場所を訊かれて、私が間違った場所を教えてしまったので遅刻してしまいました。それで私も一緒にお詫びに伺いました」と言うと、社員の方が「ああ、大丈夫ですよ」と快く言ってくれた。

私としては、そこそこ混んでいるエレベーターで若い女性が放屁したのを私が「すみません」と謝って庇ったような気分である。それで娘さんの面接にマイナスにならなければかまわない。のだが・・・、辿り着いた会社は人材派遣の会社だったから、私がそこまでしなくても採用はされただろう (*´ω`)

断っておくが、こういう記事を書くと、たかさんあたりから「どうせ美人だったからだろ」と揶揄されるだろうけど私の好みとは対極にある娘さん。ただ、困っていたから協力しただけ、である、ほんと。


posted by poohpapa at 05:16| Comment(15) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

昨日の自分の仕事は「夕方に銀行に行った」のみ

昨日は、朝から夕方まで「あるマンション」(空室)にいた。契約してくださった方の荷物の受け取りなどがあるから、である。それも、時間指定で一ヶ所から届くワケでなく、本人は元の住居で夕方からの引っ越し業者が来るのを待っていて、それらを一日で済ませる必要があったので仕方ない。他に頼める人はいないのだし。

前もってニトリに頼んでいた(取り寄せの)カーテンや家具が3つに分かれてそれぞれ別の便で届くのと、ガス会社との立ち合い開栓も私が代わりにするので結局は一日仕事になった。

待っている間、3DKの部屋の窓の掃除をしてカーテンを取り付けておいたのと、数日前、うちのと3人で一緒に買いに行った引っ越しのご挨拶の品を住人に渡せるべく梱包して適当な袋に入れる作業までしていて、我ながら「至れり尽くせり」だと思える。普通はそんなことまでしないのだが、そこまでしたのにはワケがある。

お客様は以前からよく知っていて仲が良いのだが、部屋探しを依頼すれば当然に(ある程度は)プライバシーも知られることになる。だからこそ「その状況では私に部屋探しは依頼したくないだろうな・・・」と私も思うのだが、何の躊躇いもなく私に依頼してくださったから、である。それは凄く嬉しいこと。

なので、隣町の東大和のニトリに行ったのも、引っ越しの挨拶用品を買いに行くのにも、うちのと私が一緒に付き合っている。ちなみに、ニトリに行った時が初めてのカーシェア利用だった。

電気製品を揃えるのも、私が懇意にしている電器屋さんにリストを送り、「これとこれはビックカメラで買ったほうが安いよ。エアコンと洗濯機は(ポイントを計算しても)うちのが安いからうちで用意するよ」との返事をもらい、あとは各部屋の照明器具の取り付けを依頼して、数日前に搬入してもらった。もちろん、それも私が立ち会っている。他の電気製品は今日の午前中にビックから届くが、今日は本人がいる。

ビックカメラでは私が値段交渉までした。元々かなりの特価になっているのに、である。全体で2万円以上は安くなったから付き合った甲斐があったというもの。向こうは「嫌なオヤジが来た」と思っているだろうけど。

言うまでもなく、お客様は妙齢の女性である。これが男だったら「自分でやんなよ」になるもの。私は基本的に男尊女卑であるが、だからこそ女性は労わる。ビックカメラでは店員から「どういう関係だろ?」と思われているんだろうな、と思ったので、悪戯してみた。「家内は黒のほうが好きだから・・・」と言うと、お客様が嫌な顔をして慌てていた。そう言えば、40年前も似たようなことがあった・・・。

高校時代の同級生(女子)が「電気製品を購入する」と言うので秋葉原に一緒に行ったことがある。店員が我々を見て「どう呼ぶべきか」悩んだ挙句、同級生に「奥様は・・・」と声を掛けて、やはり嫌な顔をされたことがある。私はいつもそういう巡り合わせになっているようだ (´・ω・`)

ところで、私が懇意にしている電器屋さん、ものすごく良心的である。売らんかな、という気持ちなど全く無い。だから入間市のマンションに住んでいた時から数えてもう35年くらいの付き合いになる。アパートやマンションの消防署の防災点検や報告などもできるから、そういう電器屋さんと付き合いがあると非常に助かる。

引っ越し業者のトラックが到着し、10分ほどして本人も着いたので、ようやくそこでお役御免、と、思っていたら・・・、それでは済まなかった。いったんマンションを出て店に戻り、銀行に行き、引っ越し業者さんがまだ作業しているなら缶コーヒーでも差し入れしようとメールして様子を窺うと既に帰っていた。電話すると「ニトリで買ったフレームハンガー(3基)の組み立てに悪戦苦闘している」とのこと。

「喉も乾いているだろうな・・・」と、近所でもあるので缶コーヒーを届けに行ったついでに組み立てを手伝ってきた。本当はこういう時にうちのがいると心強いのだが、夕方はうちのはノルンの世話で忙しい。

そこまでで引っ越しの一日目は終了。夥しい量の洋服が片付いたので、あとは概ね台所用品だけ。住民票の移動も、元いた市の市役所に転出届も出していないだろうから、一から教えなければ・・・。

私としては、「オタクに(部屋探しを)依頼して良かった」と思って頂ければ嬉しい。と言いつつ、「今度、うちのも一緒に食事を奢ってね」と言っておいた。そうして頂くことで気が楽になるだろうから。

それにしても、昨日の本業での私の仕事は「駅前の銀行に入金に行ったのみ」・・・、もう潰れそう 💧





posted by poohpapa at 06:35| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

少しテンションが上がった (*^_^*)

店番をしていたら、一度ドアが開いて閉まる音が・・・。外に人影が見えて動いている。

私がいるかどうかを確認して入ってきたのは、度々このブログに登場している元ホームレスのSさん。私が今履いている靴は、以前Sさんの部屋探しをした際、ビックカメラのポイントを私に下さって、その15000ポイントで交換した靴。世の中、不動産屋多しと言えどもホームレスの人から靴を買ってもらった不動産屋はそうはいないのではなかろうか。

で、今日のSさんの用事、ドン・キホーテにお煎餅を買いに行った際に「そうだ、2袋買って一袋は不動産屋にあげよう」と思いだして届けてくれたんだと。Sさんは今、生活保護を受けているのに。

「いつも悪いね、ありがとね」と言われて涙が出てきた。ちょっと前に(前の記事の自転車のことでなく)不快な出来事があってテンションが急降下していたけど、お陰で持ち直した。なので、帰りに缶コーヒーやらサイダーをあげたら逆に凄く恐縮されてしまった。夏になったらビールとおつまみを届けよう。

歳を取って周りに家族も友人も誰もいなくなった時、「誰かが自分のことを気に掛けていてくれている」ことほど励みになることは無いのではないか。Sさんとはずっとそういう関係でありたいと思う。

posted by poohpapa at 15:26| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

昨日付で車を手放した

店の車を手放すことにした。以前はブルーバードに乗っていたが、案内の途中、駐車中にクラクションを鳴らされることが度々あって、軽自動車に替えて16年。その間の走行距離はたった24100q・・・。

エンジンの具合も頗る良く、タイヤも交換して間が無いし、カーナビもほぼ新品、カーナビとしては一度も使っていない。車検も1年近く残っていて、まだまだ乗れるが、例の「気違い」にペンキを掛けられたり傷だらけにされているのと駐車場を解約したかったから。欲しい人がいれば差し上げるつもりでいる。

立川警察に被害届を出していて担当刑事も「ああ、十中八九『気違い』の犯行ね」と言っていながら逮捕には至っていない。無駄な仕事はしたくないんだろう。「気違い」はどこまでも無敵である (^◇^)

実のところ、車を使うことは月に一度も無い。だったら必要な時だけレンタカーを使うとかカーシェアのほうが圧倒的に安く上がる。近隣の月極駐車場の相場は15000円〜17000円くらいだから。

私とは商売で四半世紀の付き合いになるお客さんが、以前は車の整備士をしていらっしゃって、もう車関係の仕事から離れているが今も何かと面倒をみてくださっていて、貰い手が現れるまでお預かり頂けることになった。ご自宅の近くの空き地に置かせてもらえるとか。諸々の手間賃は「じゃがポックル」2箱のみ (*^_^*)

たかが軽自動車だが、その車には愛着がある。うちのと初めて泊りで行ったのが八ヶ岳のリゾートホテル。だだっ広いスイートルームが格安で泊まれるので出掛けたが、私が猛烈な頭痛に見舞われて「帰れるかどうか」危ない状況だった。うちのが売店でナロンエースを買ってきてくれて、飲んだら嘘のように頭痛が消えた。以来、私の頭痛薬はずっとナロンエースである。ちなみに、以前はバファリンだった。

ノルンを迎えに行ったのもその車。都内の茗荷谷のブリーダーさんのお宅から連れて帰る際、キャリーの中でずっと寂しそうに鳴いていたっけ・・・。一緒に産まれた弟や妹猫、元気でいるかなあ・・・。

いろいろあった・・・。モノを大事にする性分なので、どんなモノにも他人には分からない愛着がある。そういうのを一つ一つ棄てていかなければ生きてはいけないものだろうけど、それが難しい。

ま、思い切って経費削減を図れた、と前向きに考えている。たぶん、結果オーライになることだろう。



posted by poohpapa at 07:38| Comment(6) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

三たび、立川市の生活保護のお客さんを断った話

夕方、店を閉める頃になって中年のカップルが来店した。老朽化による立ち退きで、男性の部屋探しに女性が付き添っていて、男性は現在無職ということ。もしや・・・、と思って訊くと、やはり生活保護。

うちは立川市の生活保護での新規のお客さんの部屋探しは絶対にしないから、そこに至った事情を話して、他の不動産業者に行って頂くべく相談に乗ってくれそうな業者さんを教えると、ほとんど行き尽くしていた。それでも部屋は無かったようだ。なるほど・・・、それでうちまで流れてきたワケか・・・。

希望条件は「古くてもいいから広めで、バス・トイレが別であること」それだけであった。心当たりが無いワケじゃないが、やらないと言ったらやらない。立川市の生活福祉課とは一切関わりたくないから。

そう決めてはいたが、人柄も良く、付き添っていた知人も非常にしっかりしていて信頼が置けそうな感じ。そのままお帰り頂くより、私と仲良くしていて親身に相談に乗ってくれるお仲間さんに紹介したほうが良いか、と思った。それで、「うちはやらない」と話した後も1時間ほど話して、とりあえずお帰り頂くことにして、お仲間さんに私が問い合わせて、物件が有れば管理会社に直接行ってもらうことにした。つまりは、お客さんを紹介して(お仲間さんの店に)行かせるけど当社の仲介手数料は要らない、ということ。

翌日、ある業者さんに問い合わせると、「風呂とトイレが一緒で良ければ有るんだけどなあ・・・」とのこと。それだとダメなので、外出先から戻って、別の業者さんに、私が以前うちのと住んでいたアパートの空室の有無を問い合わせると「101号室が有りますよ」とのこと。募集金額は57000円だが値段交渉にも応じてくださる。その部屋なら安心してお勧めできる。何より、最も信頼できる業者さんだし。

管理会社さんは少し離れた場所にあるので、お客さんを行かせるのも分かりにくいし、いくら「当社は手数料は要りません」と言っても、紹介だけしておいて遠くから社員の方に案内に来させるのも気が引ける。それで「案内は私がしてもかまいませんし、仲介料は要りません。気に入ってもらったら後は直接お話を進めてください」と伝えると、「それはちょっと・・・」と困惑しているようだった。そりゃあそうかも・・・、お客さんの案内までしておいて「仲介料は要りません」と言う業者なんて有るワケないのだし。

うちも景気が悪くて苦しいが、要らないものは要らない。とにかく、立川市の生活福祉課とは金輪際関わりたくないのだ。子供の頃、喧嘩すると相手によく言っていた言葉だが、「汚らわしい」から。

で、翌日、早速本人に電話すると「焦っていたので朝一番で〇〇〇〇に行って、紹介された物件で申し込んでしまいました」とのこと。訊けば「ゼロゼロ物件」だと言う・・・。それだと退去時が怖い。しかも定期借家契約だし。率直に言って非常に評判の悪い業者だから、安い初期費用で契約させて退去時にドーンとリフォーム代を請求されるのは明らかである。それで、こうアドバイスした。

「契約金は役所で出してくれるのだから敷金は1ヶ月分くらいは預けておいたほうがいいですよ。不動産屋に言えば、敷金を預ける話だから相談には乗ってくれるでしょう。出る時にドーンと請求されることにはなるけど1ヶ月分でも預けておけば少しでも自己負担が減るでしょう。その会社の場合、どのみち追加請求は来ますが、その時はまた相談に乗りますから」、と・・・。

立川市役所の生活福祉課を嫌いなだけで、(不正受給は別にして)生活保護を受けているお客さんが嫌いなワケではないから、お客さんが困っていたなら相談に乗るのは当たり前。それが私の仕事だから。

ところで、付き添いで来ていた女性、非常にしっかりしていて話がよく通じる。なんで?、と思っていたら、宅建の資格をお持ちだった。何件もの不動産業者を回るのにも快く付き合っているようだった。私がピシャリと断らなかったのは、その知人女性の心意気に感動したから、ということもある。

持つべきものは友だち、である。それは、性別なんかに関係なく、の話である。

posted by poohpapa at 05:41| Comment(4) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする