2024年01月30日

最近よく耳にするけど大嫌いな言葉(新語?)

昨晩は、保護猫のみーちゃんがずっと私の枕元で寝てくれていた。幸せ・・・、私もみーちゃんも (^^♪

厳寒の夜も温かい家の中で、しかも布団の上で寝られてみーちゃんは野良の中の勝ち組だろね。贅沢で美味しい餌も用意されてるしね。昼間はどこにいるのか不明だけど、夕方にはちゃんと定時に戻ってくる。

今日は一人で「しんぱち食堂」のモーニングに行っていて、帰ってきたらまだ家の中に。外は寒いからね。

で、本題、

最近テレビでよく耳にする言葉、誰が言いだしたか知らないが、私の大嫌いな言葉がある。それは・・・、




「肉肉しい」・・・、何それ!? <`〜´>

まあ、肉らしい味と食感で美味しい、という意味だろうけど、耳にするようになって1年くらいかなあ、音だけ聞いていると、「憎憎しい」「憎らしい」という漢字が頭に浮かぶ。ほんと、聞きたくない言葉。日本語はとても美しい言語なんだから、勝手に言葉を作るなよ、と言いたい。新語・流行語大賞を狙ってんのかね。

posted by poohpapa at 08:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月30日

これは名言 (^^♪

事故物件住みます芸人・松原タニシが明かす“最も怖かった体験”「本当に怖いのは生きている人間です」
NEWSポストセブン の意見

この見出しの中の「本当に怖いのは生きている人間です」という言葉、名言だと思う。お化けや幽霊なんか怖いと思わない。私が誰かを殺したとか殺人事件に関わった、というならともかく、出てきたお化けは私とは無関係だから。それより、世の中には「よくそんな酷いことができるね」という人間が一定数いて、実在する人間のほうが遥かに怖い。この仕事をしていると、「無責任な人間」(たいていは入居者とかその家族、とくに親)が一番怖い、と思う。私が20年、30年かけて築いてきた信用なんかも吹っ飛ばすから。

ちなみに、事故物件、一度誰かが入居すれば次の客への告知義務は無くなるとかで、安く貸し出したり、管理会社の社員に住まわせたりして禊を済ませている物件が有る。ただし、法的にはそうかも知れないけど、後で他の住人から聞いたりすることもあるだろうし、他の住人が退去してしまうこともあると思う。

よくニュースで殺人現場のアパートが映っているけど、けっこう新しくて人気ありそうな物件でも、ヘタしたら取り壊しすることになるかも知れず、家主からすれば堪ったもんじゃない。長く空室になっていて、やっと入居してもらっても、親しくなった近所の人から「アナタ、よくあの部屋を借りたわね」、と言われたりして。反応を面白がって話に尾鰭がつくことも多いし、そうすると、「私は大丈夫」と思っていた入居者でも、「やっぱり引っ越そうかな・・・」になるし。殺人事件が起きた部屋じゃなくても、隣や上下の部屋で事件が起きれば気味が悪いもの。たいていは他の住人も退去してしまうだろうからアパート経営は成り立たない。

そうだよな、一番(本当に)怖いのは生きている人間だろな。うちはまだ事件には遭遇してなくて、2件「室内で孤独死していた」のが1ヶ月半くらい発見されなかったくらいだけど・・・、この先は分からない。

入居者が、でなく、私が殺される可能性のほうが高そう。何かで逆恨みしている奴もいるだろうしね ^-^;


【 追記 】札幌の「すすきの」 のラブホの首なし殺人事件を見ても、本当に怖いのは生きている人間、だと思う。切り落とした首を家に持ち帰って、浴室に置いていた・・・、ビニール袋を何重にしても臭うだろうな。普通の感覚だと「お風呂に入れない」んじゃないかと思う。一人じゃ怖いから家族3人で入ったりしてね。

posted by poohpapa at 06:53| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月24日

他のことを書くつもりだったけど・・・、

これは多くの人に考えて頂きたい話なので、こちらを優先、賛否はあると思う。

歴史ある「伝統行事」だから許されるのか…「上げ馬神事」による馬の安楽死を問いなおす
細川 幸一 の意見 現代ビジネス

YouTube での動画(祭りの様子)はこちら

レース中に足首を骨折した馬が殺処分される、という話を聞いていて、レースに出られないなら治療して安らかな余生を送ってもらったり、(牡の場合は)種馬として生きてもらうとか、どこかの牧場で乗馬体験に使うとか何か方法があるだろうに、と思っていたが、安楽死させる事情があるみたい。そのあたりも丁寧に解説している。レースに出られない→ 餌代が掛かる→ 安楽死、というのは何とかならないものか。

ペットを飼っていると、いつかは別れの時が必ず来るし、命の大切さと向き合うことになる。馬主には馬主の事情があったり、本当に馬のことを考えたら「安楽死が最善」かも知れないが、何か釈然としない・・・。

posted by poohpapa at 06:44| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月17日

これも、いい話

「お嬢ちゃん、今から終電が来るよ!」 電車で寝過ごし絶望していたら、タクシーの運転手さんに救われた話
キャリコネニュース によるストーリー

歳をとってくると、読んでいて(聴いていて)ホッとする話とか、感動で泣けてくる話を好むようになるもの。本当に辛い時、困った時に人から受けた親切(という体験)は一生忘れることは無い。折に触れ、思い出しては泣いていたりする。私にとっては、当時小学2年だった伊勢湾台風の時の体験がそうかなあ・・・。

他にも、友人知人、知らない人から助けられた体験、いっぱいあるけどね。だから、「人間、50歳を過ぎたら自分の職責(仕事)を通して社会に恩返しするような生き方をしなければ、と思っている。私を産んで食べさせてくれたのは両親だけど、育ててくれたのは(いろいろ不満や不都合は有っても)社会だと思う。

紹介した話、その女性がタクシー代を持っていたかどうかは別にして、知らない土地で不安だったと思うから、「まだ終電がある」と教えてくれたタクシーの運転手は神、地獄に仏だよね。東京だと、無いかな。

実は、私の知人で、終電で乗り過ごして、同じ車両に乗り合わせた(乗り過ごした)知らない男性と、たまたま駅前にあったラブホに行った女性が2人いる。不思議なことに、その後は全く会ったことがないとか。

それはともかく、私も、うちに飛び込みで来店したお客さんに、(自分の利益が飛んで行っても)他の不動産屋に行くことを勧めることはよくある。うちから「〇〇コーポ101は未だありますか?。実は78歳の男性なんですけど、生活保護は受けていません。脚が悪いので1階で探していて・・・」などと説明すると、物件が有っても嫌がられることがある。他社からの紹介でなく、直接の客なら受けてもらえたりするから。

面倒くさいから他社に行くことを勧めているのではない。早く部屋が見つかったほうがいいからそうしているだけ。私が「行くことを勧める」会社には、「決まっても、うちは手数料は要りません」と伝えているしね。なんて言うのかなあ、「独り公益法人」をやっている、とでも言うか・・・、はい、自己満足ですが何か??

私が、この話に出てくる女性の立場なら、後日タクシー会社にお礼に行くけどね。若いし酔ってたし、終電があることで安心してしまって、そこまで気は回らなかったとしても、一生忘れない体験になっただろうさ。

posted by poohpapa at 06:36| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月05日

こども家庭庁も男女共同参画局も要らない

いつものように、7時に Jonathan's のモーニングに行って、出たのが9時過ぎ、それから散髪に行ったので記事の更新がこの時間。

ずっと以前から???と思っていたこと、私は「こども家庭庁男女共同参画局も要らない」と思っている。少子化の波が止まらず、政治家(岸田)が出した答えが経済面での優遇や援助、つまりはバラ撒き。

でも、それって岸田のポケットマネーじゃないよね。うちは極貧家庭だったけど子供は6人いたし飢死することもなかった。補助金が出るから、優遇してくれるなら子供を作ろうか、なんて夫婦、そんなにいないのでは。ていうか、それで子供を作るなら、作ってもらわなくていいんじゃないの?、少子化の原因、そこ?

あと、立川市役所にも「男女共同参画課」があるけど、解体して他部署に人員を回したほうがいいと思う。

話が変わるけど、昨日、災害医療センターで術前検査を受けてきた。血液検査とか心電図とか、レントゲン、CTスキャンなどなど。血液検査は、私の右の腎臓が機能していないことで造影剤を入れての検査に腎臓が耐えられるかどうかを確認するもの。結果が出るまでレントゲンを待たされたけど行き届いている。

採血をしてくれた看護師さん、名札を見たら「〇窓」さん。「もしかして岡山?」と訊いたら、「高知です。でも、珍しい名前ですね、とはよく言われます」だと。「ん?、間違えたかな、〇窓って岡山で良かった?」と訊けば、「はい、岡山で合ってます」とのこと。地理は高校時代に追試を受けているから自信が無くて(汗

その後、造影剤の点滴をしてくれた若い男性医師に「ご出身はどちら?」と訊いたら「山梨です」だと。「選抜、山梨勢が初優勝しましたね」と言ったら、なんと、「私の母校です」と嬉しそうに笑う。こっちは横になっていて何もやることが無いのでやたら話しかける。私は先ず相手の出身地を訊いて話題を探っている。

さて、定休日だけど、午後から「やらなければならないこと」があって忙しい。はあ・・・。

posted by poohpapa at 12:45| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月31日

詐欺でないとしたら物凄くお買得

私の普段用の腕時計と同じ物、CITIZEN のソーラー電波時計(世界で700本限定生産)がネットで出品されていた。本来の価格は税込み209000円、それが29750円、税込みで送料無料だから超激安。

もう2年くらい前だったかビックカメラで購入して毎日つけているが、スーパーチタニウムだから傷一つ付いていない。夏場は半袖になるから何かで擦ったりしそうなものだけど今も新品同様。文字盤の色が深みのあるブルー、ラメ入りで宇宙の神秘を想像させられて、嫌味が無いからフォーマルの場面でもOK。そう言えば、一回のフル充電で2年ちかく動き続けるし、電波時計だから1秒の狂いもなく、信頼感も抜群。

これ、直ぐに売れてしまうだろうな・・・。私とお揃いになるのが嫌でなければ絶対にお買得だと思う (^^♪

私は以前、大した金額ではなかったけどネット詐欺に引っ掛かっているし、ここまで安いと不安ではある。

私の(これと同じ)腕時計、半永久的に動き続けるだろうから、先々(私が死んだら)誰かに貰って頂こう。


ところで、3月も今日で終わり、早いなあ・・・。閻魔様が地獄の窯の蓋を開けて待っていそうな気がする。
posted by poohpapa at 06:16| Comment(5) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月20日

ネットで見た「面白くもナンともない結末」の記事

同期の女性と終電逃した男性、ラブホテルを発見して「苦肉の策として提案」した結果
キャリコネニュース の意見 • 昨日

読むだけ無駄だった。その場合、別々の部屋(2部屋)を借りて、男が2部屋分の料金を払えばいいだけのこと。一部屋だけしか無ければ話は別だが。その場合は、季節によってだが、女性を泊めて男は公園のベンチか何かで野宿して、朝、女性からの連絡を待って合流して、一旦は「家に帰させる」のが正解。

女性は昨日と同じ服で出社すると「いろんな噂」が立つものだし、下着も替えたいだろうから。まあね、昔の会社の同僚は同じようなシチュエーションでラブホに泊まって、翌朝、女性が同じ服で出社したことでバレたりしてね。私の知人には、見ず知らずの男と、終点で(一緒に)ホテルに泊まった女性がいるけど。その男とはその後は顔を合わせることもなく、互いに「ああ、あの時の」にはならなくて済んだと聞いた。

でもさ、互いに大人だから、なるようになってもいいんじゃないかな、とは思う。真冬に凍え死ぬよりいい。

「酒の席での羽目の外し過ぎには失敗がつきものだが、その後、誰も予想していなかったような斜め上の方向に話が展開することもある。」とあるから、そこから思いもよらない展開になるかと思いきや、「斜め上の方向に話が展開する」どころか、真横に進んだだけの結果で、ほんと、読むだけ時間の無駄だったわ。


いかんなあ、なんてつまらない記事を書いてんだ私は・・・。

posted by poohpapa at 06:45| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月15日

マスク着用の自由化(?)から今日で三日目

13日から屋内外でのマスクの着用は「個人の判断」に委ねるようになった。そのことで街の様子は・・・、

あまり変わっていないように見える。道行く人の9割ほどがマスクを着用しているし、デパートやファミレスのスタッフは100%がマスクを着用。会社から、「客がマスクを着けていなくてもスタッフは着用すること」とのお達しが出ているんだろな。昨日ランチに行ったバーミヤンで馴染みのスタッフSさんに訊いてみた。

「ドリンクバーやトイレに行く際にはマスクをしなければなりませんか?」と。すると、「いえ、もうしなくて結構ですよ」とのこと。だが、様子を見ているとほとんどの客がマスクをしている。日本人の悪い癖、互いに腹の探り合いをしているみたい。何かあった際の責任を問われないようにしているんだろう、客も店側も。

責任を問われないように、と言えば、国も無責任で卑怯だ。「室内屋外ともにマスクの使用は個人の判断で」という言い方は、「何か起きたら自己責任、国は責任を取らないからね」と言ってるようなもの <`〜´>

大谷選手の活躍で大リーグ中継のダイジェストを観るようになったが、超満員のスタジアムでは誰もマスクをしていないし、静かに観戦しているワケでもない。それでも致命的な状況は訪れていない。日本では「もうしなくていいよ」と言われても他人の目を気にしてマスクをせざるを得ない。花粉症だから、という人もいるだろうけど、国が「個人の判断で」なんて言ってる間は一気にマスクが外されることはないだろな。

街を歩いているとマスクを外すのが怖いほどの視線を感じる。それに顔全部を見られるのも恥ずかしい。

高校時代に同級生が笑いながら、「外で(何らかの事情で)素っ裸になってしまった時、アンタならどこを手で隠して走る?」と問いかけてきた。「あそこ、かなあ」と答えたら、「いいや、顔だよ。誰だか判らなければ恥ずかしくは無いんだから」とのこと。なるほどなあ、と思った。人に観られて一番恥ずかしい部位は顔・・・、そうだよね。ふだんは、その「一番恥ずかしい部分」を晒して生活している、それって変だよね。

ブスだから、ブ男だから、ということに関係なく、吐いた言葉とは裏腹の本音が滲み出ていたりもするし。

街をノーマスクで歩ける日はいつになることやら。感染予防とは別の理由でマスクが手放せなくなったりして。国がもっと明確に指針を出さなければ、腹の探り合いは当分続くのでは、と思う。ああ、面倒くさい。

posted by poohpapa at 05:49| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月21日

出させないのもケチのうち

3年前にも記事で触れたけど、女性では私が最も信頼している高校時代の同級生Мちゃんの言葉。

ひろゆき氏「男性がおごるべき」議論で「結婚後も他の女性におごり続けて…」に反発の声「難癖」
日刊スポーツ新聞社 によるストーリー • 2023.02.20

この記事、何が言いたいのか、よく解からない。例として挙げてる tweet が悪い気もするけど意味不明。

私の場合は、口説きたくて飯を奢っているワケでもなくて、男性と食事に行っても極力奢るようにしている。うちのからクレームを言われたことも無い。飯を奢るカネ=潤滑油みたいなもの。まあ、相手によっては珈琲一杯奢っても「つまらないことした」と思う時もあれば、コース料理を奢っても惜しくない時もある。

うちのと行く飯代は常に家計から出しているワケでなく、ちょっと高いランチに行った際には(夫婦であっても)私のヘソクリから奢ることもある。なるだけ家計にダメージを与えないように、ま、男の甲斐性として。

ただし、社員が大勢いる会社に勤めていてグループでランチに行くなら割り勘でいいと思う。そうは言っても、レジで一人一人個別会計しているのを見ると、「誰かがまとめて払って、後で清算しろよ」と言いたくなる。一足先にレジに向かうグループを見ていて、「あのグループは個別会計しそうだから、もうちょっと座って待っていよう」と言ったりして。店によっては「混雑する時間帯の個別会計はご遠慮ください」とレジに掲示していることもあるが、そんなの関係なく個別会計する人たちは一定数いる。とくにオバチャンたち。

で、奢っていればケチだと思われない、なんてことはなく、表題のМちゃんの(私に向けた)言葉「出させないのもケチのうち」というのを聞いて、なるほど、と思った。飯を奢る、ということは「いい恰好」をしているワケで、その「いい気分を他の人にさせないで独占している」のも、言われてみればたしかにケチだよね。

でも私は・・・、女性に出して頂くのは特別な事情があった時だけ。そうでなければ意地でも出させない。

ところで、私がいつも読んでいるメルマガ「トンデン倶楽部通信」によれば、

「割り勘」の正式名称は、参加者の人数で同等割にして
 代金を支払うことが割り勘ですが

 正式名称は「割前勘定」

 
 経済という言葉の正式名称は
 「経世済民」

 経世. 済民とは
 「世を経(おさ)め
  民の苦しみを済(すく)うこと」

 そして
 演歌の正式名称は
 「演説歌」

 明治初期の自由民権運動の高揚期
 演説の取締りが厳しくなったため
 代わりに歌の形で街頭演説した
 「演説歌」

 そこから
 「演歌」という言葉に
 変化していったようです



とのこと。誰が何をどれだけ飲食したかに関係なく頭割りする割り勘もあれば、自分が飲食した分を払う割り勘もあって、例えば自分も含めて4人で食事に行って代金が4840円だとすると、私なら自分がまとめて会計を済ませて「一人千円でいいよ」と千円札一枚ずつ徴収して済ませる。それがスマートだろう♪

posted by poohpapa at 07:18| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月25日

国語の試験でありがちな、「作者の意図は何か」について

中学くらいまでは、国語の試験で、よく「傍線部の作者の意図は何か、〇〇字以内で答えよ」とかいう設問があった。試験が終わって授業の中で解説をするのだが、自分の解答が「間違い」とされた時、いつも「アンタ、芥川龍之介(例)に会ったことがあるのか!?、直接訊いたことがあるのか!?」と思ってた。

そういう問題では、よほど突飛で的外れな回答でもなければ、いろんな解釈があって良い、と思っていて、模範解答以外は間違い、とされることに納得がいっていなかった。まあね、国語だけに関して言えば、総合成績で学年トップの奴より「いい点」を取ってたし。国語は・・・、勉強する必要が無かったから。

日頃から、そう思っていたところに、こんな記事が、

橋下徹氏が驚いた入試問題「“作者の意図は何ですか?”って。その答えは…」 今田耕司もビックリ
スポーツニッポン新聞社  8月13日

いろんな考え方や解釈が有っていいのだから教える側に「なるほど、そういう解釈や見方もできるか・・・」と受け入れる柔軟性も必要で、そういうことを教える、一緒に考えていく、というのが「国語」の授業だと思う。そこが、違う答えなど有り得ない「数学」や、真実は一つしかない「社会」と違うところじゃないかなあ。

日本の隣には「嘘の歴史を世界に吹聴して、未来永劫、日本に金をせびり続ける国」があるから、歴史に関しては、日本は「何が真実か」を粘り強く世界に訴えていく必要があるし、ほとんどの国は日本の言い分を信じてくれるとは思うけど。でもなあ、日本自体が自虐史観に染まっているからどうにもならないか。

こんなニュースもある ↓

国葬中止求めるオンライン署名呼びかけ 上野千鶴子・東大名誉教授ら
朝日新聞社  2022/08/23

見事なまでに老害が集まっている・・・。日本人は従順だから戦後のGHQの占領政策が今も生き続けている。こういうことでは「いろんな意見、ものの見方があっていい」とは思えず、こいつら公職追放が最善。

posted by poohpapa at 06:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月27日

二つのニアミス?? (^^♪

昨日4回目のコロナワクチンを接種した。場所は、いつも行っている立川クリニック。私の接種が終わって、首から「15分たったら受付までこの札を返してください」という札を掛けたところに、「○○あけみさ〜ん」と、聞き覚えのある名前が呼ばれた。外で待っていて入ってきたのは隣家の奥様。私と同様4回目。

出てきてから待合室で野良猫談義。15分ほど、待合室のテレビを視る以外他にやることも無いし (^◇^)

そう言えば、昨日、14年前の秋葉原無差別殺傷事件の犯人「加藤智大」の死刑が執行されたとか・・・。

その日、たまたま私の長男も秋葉原に行っていて、もしかすると僅かな場所や時間のずれで、長男も巻き込まれていたかも知れないのだから、人間の運不運など「ほんの紙一重」のことで違ってきたりして。

犯人の死刑執行・・・、ようやくここまで来たか、と感慨深いけど、怪我を負われた方の心情は複雑かも。

今日もこれから Jonathan's のモーニング。その後、予約している整形外科の診察を受けるから忙しい。

posted by poohpapa at 06:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月23日

東京都の一日の感染者数から思うこと

東京都の一日の感染者数が35000人に達する勢いで、このままだと専門家が予測していたとおり、近々5万人に達するだろう。その全てが、はたして「対面で感染者からうつされたもの」だろうか・・・。

相当に感染防止に注意を払っていたであろう日本の皇族やバイデン大統領、アラブの王族、各国の首脳まで感染しているのだから、もしかすると、コロナウイルスは空気中に普通に漂っていて、それを呼吸で吸い込んでしまった人が感染しているのかも。もちろん、感染者から対面でうつされた人は多いだろうが。

そうなると、3回4回とワクチンを打っていても、マスクしていても、ソーシャルディスタンスに気を遣っていても、うつる時はうつる。交通事故の「もらい事故」のように、注意していても避けようがないのでは??

「ワクチン接種をしていれば感染しても重症化は防げる」と言われているが、それも疑わしく思える。ちゃんとワクチンを接種していても二度コロナに罹った人がいる、とも聞く。効果に個人差があるのが不思議。

実は、私の次男夫婦が江戸川区に住んでいるのだが、嫁さんが感染中。何でも、会社の送別会で、PCR検査の結果待ちだった常務がノーマスクでめちゃくちゃ嫁さんと話していたらしい。翌日に常務は陽性、嫁さんも濃厚接触者となり、検査の結果「陽性」で、次男は当然に濃厚接触者となり検査を受けたら「陰性」、でも発熱と咳、頭痛も出ているから再検査を受けるみたい。症状からして、たぶん、陽性だろうな。

若いし、持病も無いから、感染しても命に別状はない、とは思う。私も、仕事を持っているし、普段から気にせず出歩いているから、そのうちウイルスを吸い込んで感染するだろうな。そうなったら助からないか。

もしも私が死んだら、国葬は無理としても、宅建協会葬くらいはあげて・・・、くれるワケないよなあ (^^♪

posted by poohpapa at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月20日

朝日新聞と、朝日川柳の選者の品性を疑う <`〜´>

7月16日の朝日新聞の「朝日川柳」、既にご覧になった方も多いと思うけど・・・、これは酷い<`〜´>

選ばれた7句を並べると、

疑惑あった 人を国葬 そんな国

利用され 迷惑してる 「民主主義」

死してなお 税金つかう 野辺送り

忖度は どこまで続く あの世まで

国葬って 国がお仕舞いって いうことか

動機聞きゃ テロじゃ無かった らしいです

ああ怖い こうして歴史は 作られる


いかにもアカヒ新聞が喜ぶような川柳ばかり。まあ、川柳なんだから、政治や社会を風刺したものになるのは仕方ないんだけど、それにしても、7句とも安倍氏の国葬を批判する川柳で揃える、ってどうよ!?

選者は「西木空人」・・・、

偏った 句のみを選ぶ アサヒ脳 ← これ、西木空人氏に向けた私の句ね (^^♪

ロザンの宇治原氏が極めてマトモな意見を述べている。それがこちら ↓

ロザン宇治原 安倍元首相の国葬是非に「議論をすること自体に危機感」「分断しか生んでいない」
スポーツニッポン新聞社  2022/07/19

全く同感。

何を言っても、どう表現しても、「言論の自由」とやらで赦されて当然などと思うなよ。品性の問題だし。

日頃は国会で激論を交わし合っていたとしても、この問題で反対したり非難するのは良くない。「それはそれ」として、安倍氏の「功の部分」を称えて国を挙げて国葬し、それとは別に検証や政策議論をすべき。

いくら「民主主義が基本」と言っても、何でも議論すれば良い、なんてことはないと思う。これをきっかけに、宇治原氏が提唱するように「国葬の基準」というものを制定したらよい、と思う。もっと言うなら、安倍氏の国葬に反対する政党や政治家、マスコミや評論家は日本に要らない、害でしかない、と私は思う。

posted by poohpapa at 06:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月09日

いろいろ書こうと思っていたけど最後は韓国がらみの話

何本もの仕事の電話やトラブル発生で、昨日は「休んだ気」がしない休日だった。

べつに「直ぐ飛んで来い」でなければ電話は全然OK。むしろ有り難いこと。ただし、今抱えている仕事を一人で全部適切に片付けたり処理したなら「スーパーマン」だと我ながら思えるほど。大事な何かを忘れたり、ミスったりすることだろうな、と怖くなる。年齢的にもそろそろ限界なのかなあ。うん、後釜、もとい、後継者を真剣に探そう。目星は付いてるんだけどね、あとは本人の意思とタイミングの問題で・・・。

そんな中で、昨日も野良のみーちゃんが(ソファーで)2時間ほど私の膝の上に乗ってくれた。耳や喉の下をずっと掻いてあげてたらゴロゴロ喉を鳴らしてた。うちのが「よくここまで懐いたね」と笑っているが、ほんと、一年前、いや数ヶ月前には考えられなかったこと。ペットはいろんな悩みを吹っ飛ばしてくれる (^^♪

さて、今日(木曜日)から不動産屋の一週間が始まる。気分を切り替え・・・る必要は無いか ^-^;


ところで、先日ニュースで「韓国大使館にビザを求めて数百人が行列を作っている」というのをやっていたけど、こいつら(ほとんど女)みんな非国民だなあ、と思って視ていた。今の最悪の日韓関係を「自分たちには関係ない」と思っているかのよう。中には「韓国で働いている娘に会いに行きます」という母親もいたけど、そんなのは例外。韓国とは民間交流でさえ必要ないレベル。竹島や対馬の仏像を還して、韓国が世界中に建立した偽りの売春婦像、徴用工像などを撤去してからでなければ日韓友好は無理。

民間が仲良くしていても国を挙げて反日なんだから付き合えない。そういえば、韓国の某大学では入口の床に大きな日の丸が敷かれていて、「踏んでお通りください」と書かれているとか。動画の下に「踏むと気分のよくなる魔法の絨毯」とある。世界中で「そんなこと」が出来てしまうのは韓国のみ。日本では犯罪行為だが、日本の各大学でも入口に大きな太極旗を敷いて「踏んでお入りください」と掲示すればいい。

韓国人には「もし同じことを自分がされたら」という概念が無い。あるのは自分のほうが上か下か、だけ。

そうそう、ヒュンダイ、先月は7台も売れたんだとか、4月の倍近くで、営業マンに敬意を表したい (^◇^)

posted by poohpapa at 06:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月30日

なんか、浦島太郎状態・・・

昨日、久しぶりにテレビの野球中継にチャンネルを合わせたのだが、先発出場している選手の名前が、巨人でさえ「聞いたことが無い名前」ばかりで、まるで浦島太郎状態。巨人ファンでなくても選手の名前くらいは知っていたつもりだが、レギュラーのほとんどが私の知ってる選手と入れ替わっていた。

どのチームも、私が名前を知っていた選手は、今は監督やコーチ、野球解説者になっていて・・・。腰や膝の痛みや記憶の衰えからでなく、そういうことでも歳を感じてしまう。アナウンサーが「〇〇選手は3年前のドラフト一位で入団して・・・」とか言っているけど、そのドラフト会議の結果も、興味が無くなって何年も観てないし。知らない選手ばかり出ている試合は「高校野球」を観ているようなもの。新鮮ではあるけど。

野球中継を観なくなったのは「個性的な選手」「職人芸と言える技を持った選手」がいなくなったから。それは大相撲にも言えること。今は誰が横綱で誰が大関、三役か、全く知らない。私の子供の頃と違って、今は子供の娯楽も多様化していて、野球や相撲、サッカーでさえ興味の対象にはなってなさそう。

スポーツだけではなく、NHKは観ないけど、紅白に誰が出ているのかも知らない。グループなんかだと、名前も曲も聴いたことが無い。昔は一曲大ヒットしただけでは出られなかったくらい出場資格が厳しくて、昔は紅白に出ることで箔が付いて紅白出場が勲章みたいだったけど、今はそんなこともないんだろうな。

我々の世代は、生まれた時には敗戦の痛手から社会が回復しつつあって、ずっと平和で、高度成長期もバブルもバブル崩壊も、「柏鵬時代」も「王・長島黄金期」もこの目で見て、戦争は経験しないで済んで幸せ。たぶん、私が死ぬまで日本は戦争することが無いだろう。私たちが平和な社会で生きられて、欲しいものが何でも手に入る環境に今あるのは、命を懸けて国を護ろうとしてくれた先人と、自衛隊のお陰。

外国人は別にして、今、反日活動をしている日本人、政府や与党の政策を批判するのは良しとして、せめて先人の方々に対する心からの感謝と敬意を示すべきではないか。もっとも、感謝や敬意の心があるなら反日活動なんてしないものだと思うけど。少しでも日本を良くしようとして政治活動をしているのでなく、日本を破壊しようとしているのはミエミエ。日本人であっても日本を嫌っているのが露骨に顔に出ていて、愛国心というものが全く感じられない。まあ、持ってないから感じられるハズも無いんだけど。

なんてことを考えていたら、昨晩は(尿意で、ではなく)一時間おきに目が覚めてしまった、トホホ 💧

posted by poohpapa at 06:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月21日

ジェンダーフリーを主張している人たちが沈黙しているのは何故??

ギリシャには行ったことがあるが、アトス山には行っていなかった、いや、存在すら知らなかった。

似たような世界遺産であるメテオラの修道院には行ったことがあるけど、アトス山がツアーのコースには入らない(入れていない)のは、アトス山が女人禁制だから、行っても女性観光客は入れないからだろう。

不思議なのは、ふだんから「女性差別だあ」「女性蔑視だあ」とうるさい人たちが沈黙していること。そりゃあ、古い歴史があるのだから、そこまで否定はできないだろうけど。

私は音楽が好きだからクラシック音楽もよく聴くのだが・・・、ふと思い出した。

小学校や中学校の音楽室に有名な作曲家の肖像画がズラ〜っと貼ってあって、わりと最近まで気にしていなかったけど、全部が男性で、女性の作曲家は一人もいない。当時(今から200年ほど前)は女性には作曲をさせなかったのだろうか。そうではないと思う。

最近になってオーケストラの指揮者に女性も進出しているが、大成した人はいない。あらゆる分野に「女性が進出すればいい」、「男と同等の仕事をすればいい」「女を受け入れるべき」という話ではないと思う。まあ、門戸は開いておいて、あとは(成功するかどうかは)本人の資質の問題、ということでいいのかな。

私なんか、役所の「男女共同参画課」なんか要らない、国の男女共同参画予算(9兆円)は全て国防費に回せ、と思っている。男女で同じことをする、同じ権利が得られる、それが男女平等、とは思わないし。男女で体の作りが違っていれば、おのずと役割も違ってくるもの。男女の競技者を一緒に走らせたり泳がせたら金メダルは100%「男が獲る」だろう。ジェンダーフリー信奉者はダブルスタンダードもいいところ。


本題はここまでで、

昨日、ピアニストのラドゥ・ルプー氏の訃報が入ってきた。私はクラシックのレコード(CD以前)を買う際に、いろいろ聴き比べて、「これが一番の名演」と思えるものを買っていて、ルプー氏のレコードも持っていた。グリーグのピアノ協奏曲イ短調をアンドレ・プレヴィン指揮、ロンドン交響楽団と組んだ演奏が最高。今から50年ほど前の録音。ルプー氏のご冥福を心からお祈りしたい。

posted by poohpapa at 07:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月08日

重い記事ではあるけど、読んで頂けたらと思う

昨日、何かに気を取られていて、帰宅する際にスマホを店に忘れてきた・・・。それで、気付いた、

スマホの無い生活がこんなにも平穏なものか、と。ここんとこ夜の7時半とか10時過ぎに「お風呂のお湯が出ない」とか「台所の排水が詰まって床が水浸しになっている」という電話が入ったりして、普段は寝ている時間に対応を迫られることもあったし、私自身も寝つく直前までメールや Facebook をチェックしたりしていたから、おそらくは心身に良い影響は無かったかと思う。うん、たまにはスマホを(故意に)忘れてこよう。手元にあれば「電源を切ってしまう」ということはできないから (^^♪


さて、本題、

「あさま山荘事件」唯一の逃亡犯、坂東容疑者が志していたのは幹部自衛官だった
母が語った「革命戦士」の知られざる素顔

全国新聞ネット  2022/04/05

今からもう50年も前の話になるのか・・・。テレビの生中継を固唾を飲んで視ていた記憶がある。たしか、警察官にも犠牲者が出て、大きな鉄球で山荘を壊し始めた様子は映画のようだった。↑ の記事にある「クアラルンプール事件での人質交換による超法規的措置」で釈放するために本人に意思確認をしたら、(私の親族ではないけど)坂口弘だけが拒否して。この坂東容疑者は今も行方不明か・・・、もう生きていないかも。生きていたとしても、もう二度と祖国(日本)の土は踏めないことだろう。私なら発狂するかも。

日清のカップヌードルを現場の警察官が食べていて、それで爆発的に認知度がアップしたんだっけ。ヘタなCМを打つより効果的だったことだろう。千万単位のCМ料が浮くし・・・。

ま、それはともかくとして、連合赤軍とオウム真理教は日本の犯罪史を変えた、と言えるだろう。あとで判ったことだけど、うちの入居者の中にオウム真理教による坂本弁護士一家殺害事件の容疑が掛けられていた男性がいる。一見して普通の男性で、先に判っていたなら当然に部屋は貸せなかったのだが・・・。麻原彰晃に心酔していたが、その尊師が信者の女性とカーS〇Xしているのを目撃して脱会したようだ。元々は真面目で純粋な人なんだろう。だからこそ何の疑いもなく信じてしまったんだと思う。

話を戻して、歴史に残る犯罪を犯した者の家族は不幸だ。一家離散や自殺者が出ることもある。この坂東容疑者の実家も旅館を畳んでいる。世間からの冷たい視線も長く浴びたであろうし。いや、今もかな。

それにしても、色弱だと防衛大学に入れない・・・、初めて知った。そうなんだ・・・。そういう規定が無かったなら、坂東容疑者の人生は180度変わっていて、逆に、お国の為に役立っていたかも知れない。

人間、人生の節目節目での選択肢を一つ間違っただけでその後の人生は天と地ほどに違ってくるしね。その時その時で良い友人やご縁に恵まれるかどうかが大きいと思う。ただ、そういうのは本人の心掛け次第だと思う。何不自由なく立派な両親に育てられてもグレている奴はいるし。私の同級生にもいる。

エヘン!、私は今まで何かで行き詰まると必ずどこかから助け舟が現れてくれた。今までそのおかげで何度も窮地を乗り切ることができた。たぶん、私も損得抜きで接してきたからだと思う。などと言いつつ、私もどこかで一歩誤れば、今頃は塀の中にいたかも知れないし。人生「一寸先は闇」、だから怖い。

posted by poohpapa at 06:32| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月05日

私の個人情報がダダ漏れ (^-^;

Facebook で、私に友だち申請が入るのだが・・・、

ほとんどが会ったこともない外国人で凄い美女ばかり。おかしい・・・。おそらくは日本語が分からないハズで、私が入れているコメントを読んで「主義主張が似ている、趣味が同じ」とかで申請しているのではないと思う。もしそうなら、男性からの申請もあるだろうし。迂闊に承認して(何かの宗教団体とか極左団体への誘いだったり、美人局だったり)トラブルに巻き込まれたりしたら堪らないから承認はしない。

それにしても、私の「綺麗なお姉さんが大好き」という重大な個人情報がどこから漏れたんだろう・・・(汗

こういうの、写真は「綺麗なお姉さん」だけど、やってるのはクソ爺だったりしてね。


ところで、ロシアがウクライナの原発を攻撃しているとか。日本も有事の際には原発が真っ先に狙われることだろう。「だから原発には反対」というのでなく、「もし原発を攻撃されたら核ミサイルをブチ込むよ」という反撃能力(軍事力)が必要なんだと思う。日本は唯一の被爆国であるからこそ核を持つことが赦される、と思う。中露北は「日本には憲法9条があるから侵攻してはならない」などと考えるワケがないし。

今のウクライナは明日の日本かも知れない。中国は西側が積極的にウクライナを支援しない様子をほくそ笑んで見ていることだろう。同盟国アメリカが自分たちの血を流してまで尖閣を護ってくれるハズもない。

ところで、橋下徹の主張が、この1年くらい「おいおい」という内容になっている。ウクライナへのロシアの侵攻に対する意見は、ほとんど小学生の思考である。維新の会への支持率にも影響しそう・・・。

posted by poohpapa at 07:57| Comment(8) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月15日

私が大切にしている言葉

毎日毎日、いろんな訃報に接していて、その享年を気にして見ている、という話は以前も書いたけど、私が高校時代からの大親友であるMちゃん(女子)から言われた言葉が私にとっての宝物になっている。

「人間、死ぬ時が幸せならその人の人生は幸せで、死ぬ時が不幸ならその人の人生は不幸だったのよ」、という言葉。

注釈を加えると、

「人間、死ぬ時が幸せなら、その人の人生は(途中で何があったとしても)幸せだったのよ。死ぬ時が不幸なら(それまでがどんなに幸せであったとしても)その人の人生は不幸だったと言える。幸せな人生かどうかは死ぬ時(最期;臨終の際)の状況で決まる」、ということで、一理あるどころか九理ある。

例えば、超一流大学を出て、出世して、事業が成功して、何不自由なく暮らしていても、ダンプカーが突っ込んできてペチャンコになったり、孤独死してしまったなら、その人は不幸。逆に、学歴も地位も資産も無く、近場の温泉にさえ行けないほどに貧乏であったとしても、亡くなる時に家族や多くの友人が集まってくれたなら、自分から見ても他人から見ても幸せだったんだと思う。

私自身はどうなのかなあ・・・。当然「どういう死に方をすることになるか」は分からないけど、35回も海外旅行に行って、国内も周り、最高の女房に恵まれて、資産は無いけどそこそこ贅沢な食生活を送り、多くの友人知人がいても、臨終の枕元や葬儀に誰も来てくれなかったりしてね (ありそう ^-^;

以前も書いたけど、俳優の佐藤蛾次郎氏の父親が、大坂の下町で歯科医をしていて、亡くなった際に近所の人たちが10円玉を握りしめて告別式に来てくれたんだと。たぶん、経営は度外視で貧しい患者さんを助けていたんだろうね。それを見て、改めて父親を尊敬したんだとか。自分も、そういう不動産屋になりたいと思う。ファミレスや伊勢丹やスーパーのスタッフが手にチョコレートを握りしめて・・・、溶けるわ(爆

自分が周りから本当に慕われていたかどうかは死ぬ時に判るんだろうな。いや、死ぬ時にしか判らない。「終わり良ければ全て良し」というのは人生においても言えることかも知れない。

本音で言うと、私が死ぬ時に、(今の)うちのが傍にいてくれたら十分。それ以上は望まない。たったそれだけで、私は「幸せな人生だった」と心から思えるだろな。Мちゃん、素敵な言葉を有り難う。

posted by poohpapa at 08:02| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月16日

昨日から年賀状の受付を開始・・・

毎年のことだけど、まだ何もやっていない。年賀状200枚が買った時のまま置かれている・・・。昔からそうだった、試験の前日まで何もしない、いや、前日も何もしなかったりして。高校も、いちおう田舎の進学校を受験したのだが、落ちたら中卒で働くことにしていて、田舎の電器店に内定をもらっていたし、受験勉強などしなかった。とにかく、追い込まれないと動かない、という主義(クセ)は今も変わっていない。

で、今年も喪中はがきが何枚も届いていて、何年か前にネットで「喪中はがきが届いたら必ず返信しよう」という意見が書かれていて、なるほどなあ、と思った。最愛のご家族を失っているのに、「ああ、今年はこの人には年賀状を出しちゃいけないワケね」で終わってしまうのは冷たいし人間性を疑われる。ただ、年賀状だけの付き合いになってしまっていて電話番号が判らないケースもある。喪中はがきには電話番号と「どなたが亡くなられたのか」くらいは書いてほしいもの。書かないのが礼儀なのかなあ・・・。

喪中はがきが届いて、その翌年からは年賀状が出せるようになるのだが、そこから以降は互いに出さなくなることもある。私も古希になって、商売上のお付き合いでは年賀状を出さないワケにはいかないけど、プライベートは(目上の人は別にして、相手に伝えて)そろそろやめてもいいのかな、と思う。逆に、何人かの友人知人からは「もう年賀状はやめるね」と連絡を頂いているし。とくに、ふだんからよく電話やメールをしている相手には改まって年賀状もないものだろう。ただし、年賀状だけのお付き合いであれば消息を知るためだったり生存確認的な意味合いで出しておいたほうがいいかな、とも思う。

毎朝、このブログのコメントの常連の「たか」さんから猫の写真が届いて、それを猫好きな友人知人に転送しているのだが、一昨日、高校時代からの親友Мちゃん(女子)から、「3日続けて『既読』にならなかったら息子に連絡してね」と LINE が入った。何か重篤な病気に罹っているのかな、と心配になって電話したら、「いたって健康、もしも、という話よ」とのことで安堵した。生存確認的な意味合いでなら息子さんと直接何かの方法で行えば良さそうなものだが、まあ、引き受けることにした。

それなら私も「3日続けてブログの更新が無ければ死んだと思ってください」と言いたい ^-^;

ここんとこ記事の更新が一日おきになってたりするからなあ、正月休みにエンディングノートを完成させなければならないが、私の死後の最後の記事も用意して、うちのにアップしてくれるよう依頼しておこう。

ところで、昨日から開始した年賀状の受付、昨日出した人ってどれくらいいるんだろう。この後で喪中はがきが届くこともあるのだから、元旦に届くリミットの25日まで出さないほうがいいと思うんだけど。そうすると、25日に出すのを忘れたりしてね (^^♪

posted by poohpapa at 06:33| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする