2017年10月20日

それって、どういうこと??

電車で拝島まで案内に行っていた。電車内では携帯をドライブモードにしていて、電車から降りたら着信履歴が残っていた。表示されていたのは070から始まるPHSの番号。折り返し電話をしたら・・・、

「お掛けになった電話からの着信は出来なくなっております」だと・・・???

それって「着信拒否」ってこと??。こっちは電話番号を通知しているから「非通知着信拒否」でもないだろう。そっちから掛けてきていながら(折り返しても)着信できないってどうよ ( `ー´)ノ

もしかすると、うちの会社の固定電話に掛けてきた電話は全て携帯に転送になるので、うちの会社の番号は登録してあっても私の携帯は登録してないことで「知らない番号は拒否」ということなのか。

まあ、私は折り返し掛けたのだからマナー違反はしていないし、本当に用があればまた掛けてくるだろう、と思っていたら・・・、その後は二度と掛かってこなかった。今週契約予定の二組のお客様の番号でもなかったし、営業の電話かも。ここんとこ、DoCoMo の営業でワン切りが度々入っているし。

こういうのは不愉快なので、それが営業なら商談は不調に終わるだろうし、部屋探しのお客さんだったりしても、親身に探す気にはなれない。

posted by poohpapa at 06:04| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

女性は制服と私服ではこんなに変わるんだ・・・

昔、ネットで、「小学生に化粧をさせて、それなりの洋服を着せて、大人の中に入れて、誰が小学生かを当てる」なんてのがあったが、当てるのはホント難しかった。女性は着る物と化粧だけでまるで変わる。

夕方、駅方面に向かう途中で信号待ちをしていたら、後ろから女性に「坂口さん」と声を掛けられた。

振り向くと、見覚えはあるんだけど、一瞬「あれ?、同業者さんだったっけ、入居者さんだったっけ?」と誰だか判らず戸惑った。直ぐに判らなかったのは、ふだんは制服姿の人が私服だったから、である。

私服になると女性は変わる・・・。で、いつも言ってるから「オマエの話は信用できない」と言われそうだが、その女性もまた、たいへんな美人である。制服のほうが綺麗に見える人と私服のほうが映える人がいて、その女性の場合はどちらにしても美人なんだけど、イメージの違いで咄嗟に誰だか判らなかった。

ということで、その女性の素性は「ふだんは制服を着ている職業の人」としか書けないんだけど・・・。制服の職業・・・、婦人警官、デパート店員、看護師、歯科衛生士等々あるので勝手にご想像頂きたい。

立ち話をして、ダメ元で「携帯の番号を伺ってもいいですか?」と訊くと快く教えてくれた。美女の携帯番号を難なくゲット、である。ついでに「今度食事しましょうね」と言うと、「はい」との返事。

独身でいらっしゃるし現在はフリーとのことなので、なんとか長男と引き合わせたい、と思っている。

父親はこの歳でこんなに積極的なのに、長男は晩熟(おくて)・・・、何とかならんものか。

独身のうちに先に家やマンションを買ったりペットを飼い始めると、婚期が遅くなったり結婚しないで人生を終えるケースが多い、というのはよく聞く話。私が生きているうちに何とかしたい。と言うか、「自分の伴侶くらい自分で探せよ」と言いたい。間違っても「お見合いサイト」になんか登録せずに、である。

posted by poohpapa at 05:47| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

旅行記を再開する前に、気になる話をいくつか

先ず、8月31日に放映されたテレビ東京の「世界!ニッポン行きたい人応援団 スペシャル」から、

「日本で丼メシの作り方を教わりたい」というリトアニアのサメちゃん(17歳高校生)の話

5歳で合気道に興味を持ち、11歳で独学で日本語を勉強し始め、15歳にして日本語弁論大会で3位に入賞するなど、日本愛は相当なもの。外国語を独学で学ぶのは相当に難しいと思うのだが、努力の人なんだろう。29分あたりからサメちゃんの話になるが、ずっとウルウルきていた。ただし、サメちゃんの情熱に感動して、でなく、温かく迎えてくれている日本の人たちの姿に対して。「これぞ日本人」である。

この番組で気になるのは、「日本に行きたい」と言っても、時に「自分のカネで日本に行けるような人」を招いていたりすること。いくら日本に関心があって何かの情熱を持っていても、いろんな事情で自力で来日するのが困難な人を招いてほしいと思う。以前にアメリカの高校生で、ロシアから仕事で来ていた家族の娘さんが父親のリストラで交換留学の道も閉ざされ、というケースで番組が招待していて、その回はとても感動した。


次いで、このヤフーオークション、

さいとうたかを先生 直筆イラストサイン色紙 ゴルゴ13

妨害するつもりはないが、これ、素人が真似て描いた偽物だと思う。タッチがまるで違うから。


そして、この記事には感動した。これは凄く嬉しいサプライズだと思う。日本では有り得ないが・・・。

「僕の中にあなたの息子さんがいます」花嫁を号泣させたサプライズ


最後に、これは面白かった (*^_^*)

ヤフオクの、★使用少ない美品★Nikonニコン D750★オマケ付き、に寄せられた質問、

これ、その質問をそのまま貼ることにする。

質問1 投稿者:5*Y*X*** / 評価:新規  8月 29日 17時 36分

こんにちは、私は本当にこの商品を購入することに興味があります。$ 1,500.00の商品をあなたに提供できますか?それとも売りたい金額を教えてください。 私は私の娘のための誕生日の贈り物としてそれを購入したい。 できるだけ早くあなたの返答を期待しています。私の申し出が受け入れられれば親切にあなたの銀行口座に返信してお金を貸したい場所、私は銀行口座からの支払いをすることができます。 より良い会話のためのメールを(mariabright55 AT Gmailのドットコム)。


外国語を機械で翻訳したものか全く意味不明・・・、新規だし、まあ、悪戯だろうとは思う。


いろんな人がいるなあ・・・。


posted by poohpapa at 06:26| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

ネタが古くなってしまうので・・・

後で記事にしようと思って温めていたネタ、帰ってくる頃には古くなってしまうので纏めて書く。

このニュースを聞いて、私は安倍内閣不支持になりそう。

【内閣改造】野田聖子元総務会長は総務相兼女性活躍担当相

そもそも野田聖子は碌なモンじゃないし女性活躍担当相なんてものも要らない。辞めた稲田氏より更に能力も見識も劣るのに起用する・・・、口封じとしか思えない。間違っても将来「野田聖子総理」を誕生させてはならない。いくら八方塞がりでも「この人事」はないもの。これなら民間から起用したほうがマシ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アップした後に追加、

外相に河野太郎ってナンだよ ( `ー´)ノ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これも、アップした後で追加、

総連に910億円支払い命令…整理回収機構へ

ちゃんと支払うかねえ・・・。判決と従うかどうかは別のものだし。うちらの仕事でも、判決と滞納家賃を払ってくれるか、或いは直ぐ明け渡すか、は別だから。離婚後の養育費の支払いと似たようなもの。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

原爆は落とされたほうが悪いのか? 北朝鮮と中国の核に対抗する議論を【評論家・江崎道朗】

アメリカに他国の人権を議論したり指摘する資格は無い、と思う。重要な同盟国ではあるけど、基本的には今も「日本は悪」というスタンスは変わっていないし世界最悪の人種差別大国だから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

100万人処刑? "韓国史最大タブー"の教訓

韓国という国を知るのに最も解かりやすい記事。こういう面から言えば中韓露は同類項の国家。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こちらは動画、

マスコミが安倍潰しを急ぐ理由!メディア偏向報道の正体と反日勢力の実態…日本人が知っておくべき事【水島総】

さっき野田聖子の件で批判したけど、安倍さんが倒れたら喜ぶのは誰か・・・。日本国民ではなく中韓。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

高3で120万円…仮面女子・窪田美沙がローン完済するまで

偉いなあ。後はただ、故上原美優ちゃんのような結末にならないことを願っている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こないだの記事で紹介しそびれた動画、中国人ピアニストによる「トルコ行進曲」、面白い (^◇^)

Paraphrase on Mozart’s “Alla Turca” / Yuja Wang

Mozart-Volodos 'Alla Turca', Yuja Wang

元々がファジル・サイの編曲によるものだと思うのだが、手が加えられている。

【ピアノ・神業】 人間離れしたピアニストをご覧あれ!!

曲は「熊蜂の飛行」、演奏はトルコ行進曲と同じくユジャ・ワン。神業とまで言えるかどうか・・・。

失礼ながら、そんなに美人でないからか衣装の「露出」が多い。 そんなのウリにしなくても凄いピアニストだと思うんだけどなあ。他の曲を聴いてみると、テクニック優先で曲想(表現)はイマイチだけど。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まあ、出掛ける前に「書き残したネタ」を並べてみた。やたらリンク貼っちゃったけど・・・ 💧




posted by poohpapa at 05:15| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

読売新聞の気流欄(読者投稿欄)から二つ

一つ目が、京都のある駅で、ツバメの(作り始めていた)巣が撤去されてビニールシートで覆われているのを悲しむもの。私も、駅の対応に憤慨しているクチである。

駅長や駅員の判断ではなく、利用者の誰かが苦情を申し入れたことによるものだろう。ほとんどの利用客は微笑ましく見守っていたと思う。よしんば、スーツの肩に糞や土が落ちてきて汚れたとして、もし勤務先や取引先で指摘されても、「今朝ね、〇〇駅の構内を通過してたら上から落ちてきたんですよ。卵が孵って無事に巣立ってくれたら嬉しいですね。今から凄く楽しみにしているんですよ」と返したなら、評価が上がるくらいの話だろう。だいいち、頭上の巣に気付いたなら自分が真下を歩かなければ済む話。

声の大きな極めて一部の利用者のクレームに配慮して営巣途中の巣を壊す・・・、バカげている。そういうクレームを申し立てる人こそが普段は自然保護や環境保護を声高に訴えていそうだが・・・。


もう一つの話、

個人情報保護法が壁になって学校の連絡網が作れないことを嘆いている投稿。名簿から個人情報が洩れることもあるかも知れないが、即座に連絡が行き亘って事件や事故を未然に防げることもあるだろう。

なんでもかんでも「個人情報だ」「プライバシーだ」と騒いで必要な情報を提供しないのは愚かなこと。いたずらに先生方の負担を増やすことにもなる。どういう利用目的であればどこまでが必要な情報なのか、個別のケースで線引きすることも必要だろう。あ・・・、今度、小田原潔事務所に行ってこよう。

どちらも、投稿者の方の意見に賛同する。今の世の中、余裕が無くなっている人が多い。物質面や経済的には豊かになっても精神的な部分で「ゆとり」が無い。「ゆとり」はカネの有無とは関係ない。

「ゆとりが無い」と言えば・・・、昨日、ガストでこんな光景が・・・、

我々はレジの前の席にいたのだが、中年のオバサンが帰りがけに何やら怒っている。一人で来て喫煙席を希望して、そこそこ混んでいたので少し待たされていて、ホールを担当していたマネージャーが「直ぐにお席をご用意しますので少々お待ちください」と言って、空いたばかりの席のお皿などを片付け始めたのだが、先に席に案内しなかったことを怒っていたもよう。通常は食器を片付けてテーブルを掃除して、それからお客さんを案内する。作業の手順は正しいし、それに要する時間は掛かっても1分ほど。

よほどお腹が空いていて、早くタバコを吸いたかったとしても、待てないほどの時間ではないだろう。帰る際、マネージャーが深々と頭を下げてお詫びを言い、「どうぞまたお越しください」と言ったら・・・、

「もう来ない!」と捨て台詞を残して帰って行った。マネージャーも本音では「二度と来てくれなくていい」だったことだろう。歳をとると、時間に対する許容度が減少していくようだが、600円前後のランチを頼んで「私は客よ」という態度をとるのは情けない。「客」ではなく「それだけの客」だと思う。

昔は日本人はみんな経済的には貧しかったが、人を思い遣る心のゆとりは今より持ち合わせていたように思う。根本的に教育が悪いんだろう。そのオバサンは「ゆとり教育」以前の年齢と思われるが、「ゆとり教育」が今の日本社会から「心のゆとり」を奪ってしまっている一面もありそうだ。人権だのプライバシーだの個人情報だのと騒がれるようになって日本という国が住みにくくなっている。

それでも他の国と比べたら民度は高いと言えそうだが、もしかすると、「(優先して)本当に護るべきもの」を私たちは間違っているのではなかろうか。

posted by poohpapa at 04:46| Comment(8) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

こういうのを見ると、人間は罪深いと思わされる・・・

YouTube なんかで動物の動画をよく観ている。私が見ているのは可愛い姿でなく主に救出劇。たまに悲惨な状況なども観ていて、少し古いが、こんなのを観て考えさせられた。

観光客は何気なく彼女にソーセージを与えただけだった。しかし翌年の春、これが雌グマの死を招くこととなった。

よく、親からはぐれてしまった(動物の)子供を「うわあ、可愛い!」と観光客が抱き上げたりして、人間の臭いが付いたものだから後に親が警戒して育児放棄して、結果、その子供が死んでしまう、ということがあると聞くが、そういうことは小学校の理科の時間にでもよく教えておいてもらいたいと思う。

人間社会でも、良かれと思って親切心で手を差し伸べたことが裏目に出て大きな被害となって返ってくることはよくある話。増長したりクセになったり、あるいはいつまでも集られる羽目になったり・・・。

と言うか、我々の業界、とくに賃貸の仲介管理では頻繁に起こり得る話。一定のアフターサービスの余地があるとしても物販業のように「売りっ放し」というワケにはいかないのだから。管理会社に依頼するのも間違いではないけど「そんなの自分でできるでしょう」という用件を振られることは日常茶飯事。

上記の動画では、クマには何の責任も無いと思う。ソーセージを与えた浅はかな人間こそが悪い。

いっぽうで、こんなニュースも、

「置き去り」の小熊「救出」したハイカーに警告

こっちのケースは仕方なかったかと思う。ただし、結果でしか判らない部分もあって、このケースでは助けた人の配慮も充分に行き届いているし、仕方なかったかな、とは思うが、基本的には自然界の動物には手を差し伸べてはいけないものなんだろう。冷たいようだが、たとえ自分がちょっと手を差し伸べればその動物が助かったとしても、である。何でも情緒的に判断するゆえの悲劇は隣国で実証されている。

ま、警告を受け ⇒ 刑事訴追は免れた、ということで一件落着して多くの人が納得することだろう。

ただ、たまに「井戸に落ちたり狭い隙間に挟まった動物の救出劇」を見掛けるが、救出されれば安堵はするものの、レスキュー隊が出動したり、時に建造物の一部を破壊して救出していることがあって、そこまでする必要があるのだろうか、と思ったりもする。それが人間の子供だったら見殺しには出来ないワケで、じゃあ動物なら死んでもいいのか、と言われると難しいものがあるし、もし自分のペットがそういう状況に置かれたなら「いくら掛かっても負担するから救けてほしい」と思ってしまうものだろうけど・・・。

私は宗教家ではないけど、「人間は常に勝手で、なんて罪深い生き物なんだろう」、と思う。

posted by poohpapa at 06:35| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

保坂教授が何故マトモでないか

コメントのやり取りで一悶着あったついでに、保坂教授が何故マトモでないか、を書いておきたい。

〇保坂教授は東大で学んだ金属工学でなく全く別の目的で韓国に留学している。

進路変更は「よくあること」で全く問題はなく、韓国(日韓間)の歴史に興味を持つのも個人の自由。

〇韓国人女性と結婚している。

私は絶対にしないけど、それも問題ない。ここまでは、個人の好みだから好きにすればいい話。

〇韓国に帰化している。

ここで初めて「変わってるなあ、この人」と思った次第。客観的に見て、個人の好みの問題ではないように思えた。奥さんが韓国人であったとしても、民度も高くて自由な日本国籍を捨てて韓国籍を選ぶ・・・。これが「夫が韓国人で」というならまだ解かる。ま、そこまでなら「変わってるなあ」という程度。

〇韓国の大学で教鞭を取っていて「独島(竹島)の専門家」「良心的な日本人」と呼ばれている。

韓国で、先ず「独島は韓国の領土」との結論ありき、というスタンスで資料を集めるべく研究している、となると「マトモではない」という認識になる。以前も書いたけど、日本に生まれて大学を卒業するまで、学費や食事代は親が出しているにしても日本という国に(国民の税金で)お世話になったことは否めない。私でさえ「50歳を過ぎたら自分の仕事を通じて社会に恩返ししたい」と心がけている。「もう韓国人になったのだから韓国の為に働くのは当たり前」と言われればその通りだが、それは韓国人から見ての話。日本人からすれば「だからいいじゃないか」にはならなくて当たり前なんだと思う。

Aという会社に就職してから会社に留学費用を出してもらい、留学を終えて帰国して直ぐにライバル社であるB社に転職した場合に、「もうB社の人間だからB社の為に働くのは当然」であったとしても、A社からは「負担した留学費用を返還するよう」言われるもの。保坂氏の場合も「ならば今まで税金で負担した分を返還しろ」と言いたくなる。日本人からすれば納得いかない話。いわば食い逃げで、個人の自由では済まされない。

そもそも学者というものは、真実や真理を追究するものではないのか。最初から「独島は韓国の領土」と決めつけて資料集めをするなら「御用学者」「御用評論家」でしかない。今までに集めた資料の中には、もしかすると「日本の領土」と認められる資料もあったのではないか。そういうのを出さないで韓国に都合のよい資料だけを公表しているなら、もはや学者ではないように思う。逆に、もし日本で韓国にとって都合のよい資料が出てきても公表しない学者がいたなら、同様に「学者とは言えない」と思う。

政治家が「国益に沿って一方的に(事実を曲げてでも)権利を主張する」のは当たり前のことだが、学者が「発見した事実を隠したり、一方に都合のよい資料だけを公表する」ようでは学者とは言えない。

「こんなところに日本人」という番組があって、肌の色も風習も違う異国の人と結婚して現地の人たちの為に尽力している人を見ると、「うわあ凄いなあ、この人」と感動する。たとえ黒人の人と結婚していても「この人、変わってるなあ」とは全く思わないが、日本で育ててもらいながら、反日で凝り固まった国に帰化して日本の利益に反する行為をしている人・・・、どう考えても「マトモじゃない」と思える。

保坂氏のやってることは「こんなところに日本人」に出てくる人たちと同じことではある。その国に溶け込んでその国のために尽くしているのだから。なのに「こんなところに日本人」に出ている人が立派だと思えるのに対して保坂氏が「マトモじゃない」と思えるのは、日本に対して後ろ足で砂をかけているから。「こんなところに日本人」に出ている人たちは、自分で意識していなくても損得抜きで日本の評価を高めてくれる行為をしているのに対して保坂氏は日本を貶めることで韓国内での地位を得ている・・・。

これが、韓国に帰化して韓国人としての立場から公正に日本との橋渡しをしよう、両国の友好に役立とう、双方に歴史の真実を伝えよう、という人なら立派だと思えるのだが、保坂氏はそうではない。

日本人が普通に持ち合わせていて保坂氏に欠けているもの、それは「感謝と恩義の心」、だと思う。

以上が、私が「保坂教授はマトモでない」と考える根拠である。





posted by poohpapa at 06:39| Comment(7) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

トコロテンさん(?)の人物像

「マトモ」に関する考察 (^◇^)、のコメント欄でトコロテンさん(?)と応酬してますが、下記がトコロテンさんから寄せられたコメント。本当に本人かどうかは不明。

poohpapaさんこんにちは

すみませんね、トコロテンに呆れられたようで。
以前に色んな考えの人がいて当然と、度量がある風なことを書かれていたので、
自分が思うところを書いてみたんですが、私が甘かったようです。
トコロテンは読解力がない、謙虚さも持ち合わせてない嫌な既知外、
の判定をいただいたので、これで最後にします。
poohpapa 氏はやはりハラショーハラショーしてくれる書き込みだけが
いいんでしょうね。
poohpapaマンセーの書き込みなら私もいくらでもできますが、そればかりでは
このコメント欄も面白くないので、自分が納得してない部分だけ反応してきた
んですが、
まあ、私は口が汚いからやはり書き込みしないほうがいいようです。
では今後もみなさんの担ぐ、心地よい御神輿に乗って楽しんでください。
(あ、また言っちゃったよ)
では。


今まで、たしかに、ちょっとキツイというか「おや??」と思えるコメントも入ったりしていましたが、今もこの記事に対するコメントがあのトコロテンさんからのものなのか半信半疑です。「例の気違い」と思考回路がそっくりなので。で、本人かどうかは置いておいて、上のコメントも皮肉ばかりですね。

以前に色んな考えの人がいて当然と、度量がある風なことを書かれていたので、
自分が思うところを書いてみたんですが、私が甘かったようです。


「いろんな考えがあって当然、と言っておきながら、実際には受け入れる度量が無い」と言いたいのでしょうが、理路整然と反論してくるのでなく、ただの(攻撃的な)皮肉なら受け入れません。なんでも受け入れたらただのお人好しです。「度量がある風なことを」と書いているのも性格の悪さからくる皮肉ですね。普通でない「いろんな考え」の人たちに共通して言えること、それはマナーを弁えない、ということです。コメント主さんは「相手の気持ち」というものを全く考えないでモノを言う人なんでしょう。と言うか、物事を自分に都合よく解釈する人の典型、と言えるでしょう。

匿名性のあるブログだから、ということであって、実生活は違うのかも知れませんが、匿名だからこそ配慮が必要なことはある、と思います。このブログのコメントから見えてくるもののほうがコメント主さんの本質そのものかも。「私が甘かった」と反省しているような表現で私を暗に非難しているところも性格の悪さの表れです。

トコロテンは読解力がない、謙虚さも持ち合わせてない嫌な既知外、
の判定をいただいたので、これで最後にします。


以前、ジェンダーフリーに関して書いた記事の内容に怒ったK子という女が「これくらいで勘弁してやる」と言い残して消えたのを思い出しました (*^_^*)

気違いかどうかは診断できませんが、直ぐに相手を見下す嫌な奴であることは間違いないでしょう。

「阿吽の呼吸で理解してくれ」「行間まで読んで察してくれ」とまでは言いませんが、ちゃんと読めないで皮肉コメントを入れてくるようなアホは来なくていいです。存在そのものが迷惑ですから。そんなことでは実生活でもあまりお友だちはいないでしょう。自分は周囲から好かれているつもりでしょうけど。

poohpapa 氏はやはりハラショーハラショーしてくれる書き込みだけが
いいんでしょうね。


気が遠くなるくらいの馬鹿さかげんですね。そこまで思慮の浅い人間も珍しいです。このブログでの経験で言うなら、5年に一人現れるかどうかです。

そりゃあ賛同コメントのほうが批判コメントより嬉しいに決まっていますが、厳密に言うと「そのほうがいい」ではないのですよ。私は「中途半端な物言いをしないでハッキリ言い切る」記事を書くように心掛けているので時に自分でアップしておきながら「この記事には強烈な反論が寄せられるかも・・・」と不安になることもしばしばです。そんな時に「私も同感です」というコメントが入ると、嬉しい、と言うより、ホッとするのです。それは私のようなブログをやっている人間にしか分からない心理かも知れません。

poohpapaマンセーの書き込みなら私もいくらでもできますが、そればかりでは
このコメント欄も面白くないので、自分が納得してない部分だけ反応してきた
んですが、


私は「コメント欄を面白くしてくれ」などと頼んでいませんし願ってもいません。自分が納得していない部分に(異臭がするくらいの)皮肉で反応する必要性など無いのではありませんか。

では今後もみなさんの担ぐ、心地よい御神輿に乗って楽しんでください。

コメント主さん、人間性としては「例の気違い」以下かも知れませんね。最後の言葉がコレではねえ・・・。黙って消えればいいものを・・・。もしかして韓国脳??、と、私も皮肉を言ってみる (^◇^)

こういう奴に限ってまた覗きに来るんですよね、「また俺の悪口でも書いてんじゃないか」と疑って。

たぶん、今も「俺のほうがPoohpapaより頭がいい、人格が上だ」くらいに見下していることでしょう。その捻じ曲がった性格を直さないと、そのうちみんな離れていきますよ、それは間違いなく。

私は、人様のブログを訪問して「これは私とは意見や考え方が違うな」と思ったら、何も反論しないで立ち去ります。普段からコメントのやり取りをしていてよほど親しくしていても、ですね。間違いを見つけた時にはもしメールアドレスが分かればメールで指摘したりします。「だからこのブログにも反対意見を書くな」と言っているのではありません。反対意見も間違いを指摘して頂くのも大いに有り難いものです。ただし、そこには最低限のマナーや配慮があってほしい、と願っています。

一晩たって、「昨日は言い過ぎたかな・・・」とは思わないことでしょうね、こういう奴は・・・。

まあね、こうやってコメントを晒して貶しているのですから、私も相当に性格が悪いのですけど 💧



posted by poohpapa at 07:29| Comment(20) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

「マトモ」に関する考察 (^◇^)

先日の記事に対して、「例の気違い」がコメント欄に、訪問者の常連さんであるトコロテンさんのHNを騙って「マトモでないのはpoohpapa氏のほう」と書き込んでいたようで、いちおう返信はしたが、改めて記事として、この件で何がマトモで何がマトモでないか考察してみる。以前にも他人のHNでコメントしてきたり、私のHNで私と仲の良いお仲間さんのブログに誹謗中傷コメントを入れていた奴もいたな。

まず最初に自分の話から、保坂氏については後で述べる。

私を育ててくれたのは、経済的には親兄弟、そして(良くも悪くも、というか反面教師もいたけど)先生たちや友人、先輩後輩、過去の職場の仲間たち、そして日本という社会全体なんだと思う。だから仕事をしていても私生活でも、折に触れ「感謝」の気持ちを思い出している。誰に対しても・・・、というワケにはいかなくて、例の気違いには感謝できるハズもない。ま、いい勉強にはなったが (^◇^)

私はそれら小学や中学、高校時代、職歴の途中で知り合った方たちと未だに交流がある。それこそが常日頃から「感謝」を忘れていない証、だと自分では思っている。そんな人間はきっと稀だろう。

私は「信長ではないが50歳まで生きられれば御の字、あとはオマケの人生」だと思っていて、50歳を過ぎたら自分の職責を通して社会に恩返しする生き方をしたい、とずっと心掛けている。

うちのお客さんで、「事情があって契約金が用意できない」「生活費が足りなくなった」という場合には私が用立てることがある。家主さんには報告せず「溜まった家賃を私が入居者名で送金することもある。それは、自分も大変な貧乏を経験していて相手の気持ちや事情が解かるから、である。うちも苦しいし、ある意味「便宜供与という不法行為」になるけど、そういうのも社会に対する恩返しだと思っている。

これは私の一つの価値観、考え方でしかないが、さて、振り返って、この保坂氏はどうなのか。保坂氏は明らかに左巻き、少なくとも日本社会に対する恩義や感謝というものは持ち合わせていない。それが「左巻き特有の価値観」だから。それはもう「左巻きの定義」と言ってもいいくらい。

東大に合格して勉強したことも、自分の努力や頭脳によってだけでなく社会が学ばせてくれた側面もあるが、彼はそんなことも考えたことはないだろう。考えているなら、今していることが違っていて当たり前。竹島に関しても日本側の資料と韓国側の資料とを突き合せれば「どちらの言い分が正しいか」は判るだろう。もしかすると韓国側の言い分が正しいのかも知れないが、少なくとも、今の異様な韓国社会の中で、日本で生まれ育った(育ててもらった)知識人が韓国側に立って働く、というのが理解できない。

親日罪なんて法律があって、盗んだ仏像も返さない、嘘の歴史観を世界に吹聴し、売春婦像は韓国内だけでなく世界中に設置する、一方的に李承晩ラインを制定して日本の漁民を4人も銃殺して多くの漁船を拿捕し、未来永劫日本からカネをたかる・・・、生粋の韓国人ならイザ知らず、そんな国に帰化して、日本の不利益になるよう働く、それがマトモな神経の人間のすることだろうか。

そもそも世界中を探しても今の日本ほど暮らしやすい国はないだろう。時に凶悪犯罪も起きるし、年寄りを騙す振り込め詐欺を起こすような輩もいるが、それでも世界では傑出した「平和で安全な国」である。もちろん安全保障なんて一国の努力だけで成り立つものでなくアメリカの傘の下でかろうじて安全でいられる、という感はぬぐえないが、それでも、大声で自分の権利だけを主張する国民性ではないし。3.11のような極限状態の時でも他人を思いやる心を持っている・・・、韓国とは真逆であろう。

留学するなら、東大で学んだ金属工学の分野で最も進んだ技術を持っている国に留学するもの。果たして当時、韓国がその分野で最先端技術を持っていたのかは疑問。なので、留学の目的は東大で学んだことをさらに追求しよう、ということではなく全く別のものになっていたと思われる。

と言うのも、日本の大学の中で、教授陣に左巻きが最も多いのは東京大学と聞く。そういう教授から在学中に影響を受けたのではないか。私の推測ではあるけど外れてもいないだろう。

韓国人にも稀に「いい人」「公正な価値観の人」はいるものだから、韓国人女性と結婚すること自体は本人の自由だし何とも思わないが、国民総火病でサイコパス(日本にはどんな嘘をついて何をやってもかまわない、そのことで何ら罪悪感も感じない)という韓国のほうが性に合っていて帰化する・・・、というなら、いろんな価値観の多様性を認めたとしても、やはり「マトモではない」と言えるだろう。

私は「当たり前の日本人」であって、保坂氏は「韓国にしか活躍の場が見い出せなかった元日本人」で、自分がいい思いをするために恩義ある日本に後ろ足で砂を掛けている人物、としか思えない。

保坂氏がマトモな人物なら、もはや国家の体を成していない今の韓国を見ていたなら日本に帰ることだろう。帰らないのは、もう日本に居場所が無い、と感じているからではないか。ま、どっかの大学から声は掛かるだろうけど、韓国内での居心地の良さに比べたら比較にならないだろうから。

まあね、保坂氏を「日本人」として見るから「マトモじゃない」と思うんだけど、「韓国人」として見たなら普通なんだよね。それほどに韓国人は酷い、ということになるんだけど。

日本のマスコミが伝えない真実、大袈裟に誇張して伝える不実、というものがあって、私がそういうものから影響を受けていることも否めないが、今伝えられているニュースを客観的に公平に見ようとしても、それでも韓国は「愛すべき隣国」ではないだろう。「お隣だから仲良くしたほうがいい」ということはないと思う。仲良くしたほうが良いとしたら安全保障面だけ。国交断絶は無理としても、距離を置いて付き合ったほうが良い国。

話を戻して、「マトモでない」という表現が適切でないとしても、保坂氏は「変わってる人」には違いない。



posted by poohpapa at 06:58| Comment(13) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

世の中には変わった人がいるなあ・・・

私も周囲の人から「変人認定」を受けることがあるので他人様のことは言えないのだけれど・・・、

次期大統領選有力候補の文在寅氏、独島専門家の保坂教授を招へい=韓国

へ?、独島専門家・・・???、めちゃくちゃ怪しいんだけど・・・(^◇^)

この人、日本国籍を捨てて韓国に帰化して、韓国で「竹島は韓国の領土」って主張してるんだよね。マトモな精神構造じゃないように思えるんだけど・・・。日本で反日をやっていながら日本国籍は手放さず、しがみついて本国に帰らない輩が多いことを考えるとマシな人間の部類なのかも知れないが。

そりゃあ韓国で「良心的な日本人」と呼ばれるわなあ。「自分に都合が良ければ良心的」だもんね。韓国にいてそういう主張をしていれば皆からヨイショしてもらえるんだから、さぞかし韓国では居心地がいいことだろう。もしかすると、日本では居場所(自分が活躍できる場所)がなかったのかも。

「日本に帰化する」なら解かるけど、家族ぐるみで「韓国に帰化する」人の気持ちは全く解からない。まあね、「いっそ韓国に帰化したらどうですか?」と言いたくなる日本人はけっこういるけどさ。

あ、奥さんが韓国人ね、それでか・・・、ふ〜ん・・・。

それでも、(親とは別の意味で)自分を育ててくれた日本に後ろ足で砂をかけるようなことができる、という人間なら、日本人でいるより韓国に帰化するほうが合っていることだろう。

人それぞれだけど、私なんかからすると、日本人でいながら韓国に帰化するような人・・・、ISの戦闘員になるためにシリアに渡ろうとする人と精神構造的には何ら変わりがないように思える。

posted by poohpapa at 06:27| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

半分は当たってるんだけどね (^◇^)

先日、「らん」さんという方から手厳しいコメントが入っておりまして、当該記事へのコメントとしては整合性が無いのでさっくり削除しましたが、それについて書きます。

コメントは2行で、私のことを「批判ばかりしていて・・・」とか「鳴かず飛ばずで終わるだろう」とか、まあ、失礼というか大きなお世話というか、最近はこういう「上から目線のコメント」が目につきますね。

ただし後半の、(私がこのまま)「鳴かず飛ばずで終わる」という予測は正しいです。私もそう思っています。なぜそうなるのか、つまり、どうして私がこの先とくに出世も成功もしないのか、と言えば・・・、

それは「私自身が望んでいないから」です。私が望んでいないのですからそうなるワケがありません。私は、食べていければ十分ですし、時に、わざと人間関係を壊しますが、今ある人間関係の中で気持ち良く生きていければそれでいいのです。何も高望みしていません。なので、そういうことでは全くストレスはありません。

ですから、言い方が無礼かどうかは別にして、「らん」さんの予測は正しいのです。仰る通り、うちの会社が今以上に成長することはありませんし、私が支部長になることもありません、当然です。

ですが、前半の「批判ばかりしていて」は的外れです。「らん」さんが同業者で尚且つ立川支部のお仲間さんで、さらに支部の役員であるとしたなら、「らん」さんは今までに支部に対して何か意見を述べたことがありますでしょうか?。私は具体的に10項目以上に亘って支部に対する改善提案をしています。支部長とも直接面談してお伝えしています。おそらく、30人の幹事、いえ350社の会員の中でも私だけだと思いますね。批判するだけでなく提案をしています。私は民進党の蓮舫とは違うのです。業界や支部の中にいて、何も気づかない、気づいても言わない、つまりは「事なかれ主義」の人とは違います。

もし「らん」さんが同業者ではないとするなら、匿名でコメントできるのをいいことに、根拠も示さず人を誹謗するのは褒められたことではありませんよね。言うなれば、デモ隊の後ろから機動隊に向かって投石するくらいに卑怯なことではないでしょうか?。面と向かって私と話をする勇気はありませんよね。

「らん」さんのコメントは、喧嘩してボコボコに殴られて地面に倒れた人間が起き上がりながら「これくらいで勘弁してやる」と呟くようなもの。そんなコメントを入れた時点で自分の「負け」を認めています。

人間、自分の信念に従ってそれで成功しなくても納得いきますが、信念を持たなければ成功することもありませんし、たとえ一時的に上手くいっても長い人生においては成功しませんよね。私の将来を予測してとやかく言うより自分の将来を心配なさったほうがいいと思いますよ。

おそらく、そのコメントは当該記事に入れたかったのでなく、「立川支部のある幹事と他の役員たちに物申す 1」か「立川支部のある幹事と他の役員たちに物申す 2」に入れたかったのでしょうけど、「例の気違い」にコメント欄を荒らされていたのでコメントの受付を停止していて、仕方なく類似の「私が誰かを批判している記事」に入れたんでしょう。ま、この件で私に批判されている関係者や役員である確率が80%、部外者が20%くらいで、「例の気違い」の可能性も捨てきれませんが、そんなものでしょう。

よく、何かの検索ワードで飛んできて、他の記事は読まずに誹謗中傷のコメントを残していく輩がいますが、どう考えても碌な人間ではないのは明らかです。人間性を疑います。

たしかに、この先私は鳴かず飛ばずで終わるでしょうけど、今までにいろんな体験をしました。望むか望まないかは別として普通の人が体験できないようなことをたくさん体験したのでいつ死んでも悔いはありません。「何をもって幸せと思うか」という個々の価値観の差はあっても、私ほど幸せな人生を送っている人間はそうはいないでしょう。私の「棺桶リスト」はほぼ塗り潰されていますから。

伊勢湾台風に遭って死なずに済んで、結婚も離婚も再婚も子育てもして、大手術も経験して、会社を興して潰して、テレビやラジオにも出演して本も出させて頂いて、新聞や週刊誌からも取材を受けて記事になって、海外を32回も旅していて、中学時代の恩師と二人でトルコを旅して、ディズニーランドのクラブ33にも何度か入って、JCBザ・クラスの会員にもなれて、スカイダイビングも体験して、多くの良き友人に恵まれて、何十年も前に知り合った人ともいつでも連絡を取れて、あのマツコさんからは「立川で友だちが部屋探しをする時はオタクを紹介するから」と仰って頂いて・・・。

ちなみに、その中で、中学時代の恩師と一緒にトルコを旅したことが一番の思い出になっています。たぶん、日本中を探しても、中学を卒業して40年も経って恩師と二人で海外を旅した教え子なんていないでしょうから、心から誇りに思っています。ただし、それは恩師が偉かったにすぎませんけどね。私の体験・・・、いいことばかりでなく9割方は失敗ですが、これ以上何を望むのか、という人生ですね。

「らん」さんは長いお付き合いの友人や恩師はいますか?。何かの時に自分に対して真剣に意見してくれる人がどれだけいるか、ということです。ああいうコメントを入れることしかできないようなら心も屈折しているでしょうから「らん」さんの将来は真っ暗ですね。鳴かず飛ばずどころではありません。

将来、老後が勝ち組と負け組に分かれるとしたら、それは老後の資金が潤沢にあるかどうかでなく自分のことを気に掛けてくれる人、良き話し相手がどれだけいるか、が分かれ目です。もちろん、カネはあるに越したことはありませんが、自分とは違う意見を受け入れる度量はもっと大切です。それが出来ないと、周りからどんどん人が去っていきます。気付いた時(老後)には「自分ひとり」になります。

まあね、「おまえが言うか!?」という声が聞こえてきそうなのでお説教はこれくらいにして・・・(おい)

ところで、12月の記事で書いていた幹事は辞任したようですが、近々その件で記事を書きます。




posted by poohpapa at 06:13| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

10年後になくなっている仕事トップ10だそうで・・・

YOISHO! 生活全般に役立つライフ情報をお届け、から、「10年後になくなっている仕事トップ10」とのことで、大元の記事が10ページにもなっているのでリストだけ箇条書きで並べることに。

10位 レジ係
 9位 電話オペレーター
 8位 ネイリスト
 7位 データ入力作業員
 6位 レンタルビデオ店員
 5位 受付係(嬢)
 4位 銀行窓口
 3位 手縫いの仕立て
 2位 旅行代理店
 1位 専業主婦(主夫)

それぞれの理由は省略。元記事に飛んで行くと、広告画面が被さってきて鬱陶しい ( `ー´)ノ

ちょっと異論がある。絶対に入るであろうものが入っていないから。人間を省略しても(いなくても)良い職業もあるけど、銀行の窓口や企業の受付嬢のように「人でなければ」という職種もある。リストには入ってないが、どんなにロボットが進化しても介護の全てを人が関わらずに行うことは不可能。同じく、航空機にはCAが必要。どんな仕事も最後は人。専業主婦は仕事(職業)ではないし。

ディズニーランド等は自分で行かないと家なんかにいたんじゃ楽しめないから消えることは無い。飲食業も職種としては消えることは無いだろう。絶対的に消えない最強職種は農業と公務員てことになるかも。

上記以外で、私が個人的に「消えそうかな」と思っている職種は・・・、

5位 新聞 (これからの世代が新聞を取らなくなりそうで今より発行部数が激減するだろうから)
4位 ガソリンスタンド (安い電気自動車の台頭と普及で充電スタンドに鞍替えか)
3位 レコード(CD)店 (既に好きな曲はダウンロードして入手するのが当たり前になっている)
2位 NHK (希望的観測。郵政民営化より先にこっちにメスを入れれば良かったのに・・・)

そして・・・、

1位 不動産屋 (不動産屋を介さずネットで探して売主貸主と直接契約することになるだろうから)

少なくとも、賃貸ではそういう流れになっていくのは避けられないと思っている。消費者からすれば、「契約のサポートだけしてくれれば充分」と考えて、安くやってくれる業者がいればそっちを使うだろう。不動産屋の存在価値や意義を消費者に明確に認識してもらわないと、とくに賃貸が主業務の不動産屋は危ないかと・・・。

まあね、それで飯を食っている人たちがいるのだから、「安けりゃいい」「自分が得すればいい」と消費者の皆が考えてしまうと、世の中が荒んでくるし互いの首を絞めることになるんだけど・・・。

それより、警察と裁判所が不要になって消えていく世の中になってくれたら嬉しい (^◇^)



posted by poohpapa at 05:31| Comment(8) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

黒髪回帰

最近はテレビを視ていても、街を歩いていても、茶髪や金髪に髪を染めている女性にほとんど出会わなくなった。以前は女性タレントの大半が茶髪に染めていて、黒髪のタレントを探すのが難しかったほど。

それは、私の趣味からすると非常に嬉しいこと。前の結婚生活でも今の女房にも、一家の主として一つだけ許さないことがあって、それは髪を染めること。もちろん、白髪染めとかは別である。日本人は元々はキレイな黒髪を持っているのに、それをどうしてわざわざ茶色や(日本人の平らな顔には似合わない)ブロンドに染めるのかが解からない。茶髪の似合うタレントもいないワケではないが数は少ない。

うちのは「他の人より髪が多くて黒髪だと重いんだよね」と言うが、「染めたい」とは言わない。髪を染める、ということは当然に髪も傷むことになるし・・・。

で、今までに私が出会った最も美しい黒髪の女性は・・・、

伊勢丹のソムリエさん。国籍はフランスだが祖父がフランス人で3/4は日本人の血。生活の基盤はフランスにあるので日本とフランスを頻繁に往復している。その彼女の髪は、まさに「髪はカラスの濡れ羽色」とも言うべき真っ黒。伺ったら、一切染めていなくて自然な髪で、子供の頃は金髪だったのが成長するにつれて黒髪になったとか。金髪から黒髪に変わることがあるんだ・・・、と驚いた。

同じ黒髪でも人によって微妙に加減が違っていて、色の濃さ、髪の太さ、本数の多さ、潤い、ヘアスタイルなんかでも黒髪の美しさ、見え方が違ってくるみたい。女性には失礼な話だが、そういうのを観察するのも街を歩く楽しみになっている。真っ先に見るのが顔で次が髪。顔のすぐ上が髪だが同時ではない。

たまに、「この人、たぶん元々の黒髪のほうが似合っているだろうに、どうして茶髪にしてるんだろ?」と思える女性に会うことがある。普通はそう思っても黙っているものなんだろうけど、私はけっこう言う。もちろん「その茶髪、あまり似合ってないような気がするんだけど・・・」などとは言わない。「〇〇さんの顔立ちだと元々の黒髪にしたら今よりさらにキレイになると思うよ。自然なままでも十分にキレイじゃないかなあ・・・」と。ま、大きなお世話なんだろうけど、言わずにいられない性分なので (*´ω`)

最近では高齢者が髪を紫に染めていることがあって、そういうのは「素敵だな」と思ったりはするが、私の中では、どうしても「茶髪 = ヤンキー」というイメージがあるから茶髪は好きになれない。本人は飾りのつもりで入れてるタトゥも私からすると刺青でしかなく、茶髪とセットになっていたら完全にアウト。夏場、その上に、臍出しルックで臍ピアスなんかしてる女がいたけど、それだとトリプルプレイの三重殺。

タレントや女優の中では、広瀬すずちゃんの黒髪が美しい。そのまま染めないでいてくれたら嬉しい。

posted by poohpapa at 06:03| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

ハロウィンのバカ騒ぎは大嫌い

今日はすっかり寝坊して、布団の中で携帯で時間を見ていて間違えてしまった。ノルンが「お腹すいた〜」と起こしに来たけど「まだ5時17分じゃん」と思っていたら6時17分・・・。

メールチェックして、一通返信をして、こんな時間(今7時26分)になってしまったので、手短に。

昨今日本でもハロウィンが大盛況で、昨日は立川でも何組もの仮装集団に会った。異様としか言いようがなく、本人たちは楽しいのだろうけど私からすれば不快である。そんなのは家の中でやれ、である。

日本で定着し始めることになった元凶はディズニーランドかなあ・・・。バレンタインデーなんかは許容誤差の範疇だが、ハロウィンを不快に思う人のほうが多いだろう。水道橋博士ではないが、「東京ではハロウィンを禁止にせよ」と言いたくなる。いや、東京だけではない、全国で、だ ( `ー´)ノ

posted by poohpapa at 07:32| Comment(12) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

細かな話で恐縮だが・・・

先日、ヤフオクで本を1冊落札した。定価3600円の1割以下の値段で、通常の落札価格と比べても1/3ほど。なのでそれ自体は有り難かったのだが、説明書きに送料が「一律460円」とあって、「そんなにしないだろうに・・・」と思っていて、ゆうメールで届いた荷物の送料を見たら、350円・・・。

たまに、「梱包費用を含む」という高めの送料の表示があって、仕方ない場合もある。梱包資材だって掛かるのだし、100円とか200円の本を送るのに「送料だけ」だと手間賃にもならず赤字だろうから。

そういう表示があって送料460円なら「ま、しょうがないだろう」と思えるのだが、届いた本の梱包に使われていたのは廃材だったし、「差額の110円はどこに行ったのでしょう?」と訊きたくなる。安く落札したのだから「差額は返すべきでは」と出品者に要求したりはしないけど、「なんだかな〜」である。

しかも、先に出品者から私に付けられていた評価は「非常に良い」ではあったが、内容はヤフーから用意された定型文「ありがとうございました。とても良い取引ができました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします」だったので私も初めて「同じ定型文」で評価を返した。あの(毎日ヤフオクで相当な件数の取引がある)ブックオフでさえ、手間が省ける定型文は使っていないのに。

低額商品の場合は仕方ないけど、送料は、原則的に(実費だけで)フェアにやったほうがいいと思う。説明文の「送料一律460円」に納得して入札したんだろ!?、という話にはならない。

私はふだん100円、200円で細かいことは言わないが、こういうのはハートの問題だから気になる。こういう出品者とは実生活でも付き合えないだろうな、と思った。後味の悪いオークションだった。



posted by poohpapa at 06:04| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

私がとっているメルマガから

毎日届くメルマガ「60億人の名言」の一昨日の名言。これ、もの凄く納得いくし嬉しい言葉 (^◇^)
 

≪ 今日の名言 ≫

 みんなが誉めるのは、おべっかである。六割が誉めて四割が貶すのが人材である。

                      (森 鴎外 小説家、軍医)


さて、今日は午後から保険会社「日本共済」の研修で水道橋まで向かう。以前に代理店になっていた日本少額短期保険では「適時研修を開催しています」と言いながら当社で代理店をしていた7年間で一度も研修が開かれていなかった。私にとって日本共済での研修は2度目で、テーマが変わる度に必ず受講するようにしている。何より、当社の担当者は3ヶ月に一度くらいは訪問してくださる。日本少額短期保険は7年間で一度だけ、しかも最初に挨拶に来ただけでその後はゼロ。替えて良かった (*^_^*)





posted by poohpapa at 04:55| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

降旗学が二人いる???

頂いたコメントへの返信を放置したままにしておりますが、もう少し(かなり?)お待ちください。

このブログは本来「コメントのやり取りが命」ではありますが、正直なところ、コメントの返信をするのには記事を書く3倍ほどのエネルギーを必要とします。記事は「好きなこと」「思ったこと」を書くだけですが、コメントの返信は、(ほとんどが)会ったことが無い人、そして顔が見えない人の思想信条や状況、心理などをなるだけ正確に推測して、噛み合うように、そして傷つけることが無いように書かなければなりません。なので、体調が優れなかったり、何らかの要因で一度テンションが下がってしまうとなかなか返信が書けないのです。ま、たまにキツい返信を書く時もありますが、相手によりけりですね。

時に、相手の劣悪な人柄や悪意が瞬時に伝わってくるコメントもありまして、「こんなのには返信しなくてもいいんじゃないかな」「削除してもいいのかな」などと思いながら返信していることもありますね。


で、本題、

先日、海老蔵氏からの奥様の病気取材自粛要請に対してダイヤモンド・オンラインの降旗学が書いた恫喝もどきの記事への批判をこのブログで書いていまして、そのあたりから返信が滞り始めましたが・・・、同じ降旗学氏(ここからは「氏」が付きます^^;)が書いたこんな記事、極めてマトモな内容でした。

「元米兵」が殺人事件、メディアは沖縄の真実を伝えているか

同一人物が書いたとは思えないものでして、この記事は正論だと思います。降旗学氏、海老蔵氏に対する記事を書いた際にはどこぞ具合が悪かったりしてたんでしょうか (*^_^*)


ここからはプライベートなお話。自律神経失調症は相変わらずですが、最近は(吐き気ではなく)たまに気持ちが悪くなることがあります。1ヶ月後に迫ったペルー旅行までは何とかもってくれないと・・・、と思っております。そう言いつつ、病院には行きません。行くと具合が悪くなるので (*´ω`)

例年になく、今夏の異常気象は肌で感じております。皆さまもどうぞお気をつけて。




posted by poohpapa at 04:40| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

少しだけ、誤解を解いておこうかと・・・

記事の更新を休んでいると、もの凄く楽ではあるけど手持ち無沙汰でもある。ならば、コメントの返信くらい早くすれば良さそうなものだが、そういう気力もイマイチ湧いてこない (*´ω`)

ここにきて、何人かの方から「ハリケーンさんとのコメントのやり取りが更新を休んでいる理由ですか?」と訊かれたので、ハリケーンさんの名誉のために、そうでないことをお伝えしなければ、と思った。いや、正直、それもある。本音では「面倒くせえ男だなあ・・・」と呆れてもいるから。だが、それは比率としては小さなもので、「複合的な理由」、つまり、様々な理由が重なってのこと。

先日もハリケーンさんとは水面下で「鰻を食べに行きましょう」と話していて、その際に「存在意義については私の主張が正しい」と念押しする執念深さで、頭にきたからハリケーンさんに奢らせるつもり

で、コメントの返信を放置したままで恐縮だが、読み手さんに質問したいことが・・・。

7月9日に、2008年3月11日の、今から8年以上前の古い記事「市役所への殴りこみ敢行(*^^)v」にHN「癇癪嫌」なる人物から入った以下のコメントに関連した質問。

市役所の対応が悪かったことはともかく、私も業者として市役所によくいきますが、癇癪起こして怒鳴っている人を見ると情けないですね。同じ業者なら尚のこと。
いくら腹が立っても、人間なのだから、怒鳴りつけたり、人様を呼び捨てにするなど、無能よりタチが悪いです。
男の癇癪は情けないですよ。まあ、その年でそのような人間性になってしまっているのだから、もう改善なんてできないわけで、俺は俺でいいと開き直るしかないのでしょうが、育ちのせいか人格形成の問題かはたまた遺伝なのか分かりませんがお悔やみ申し上げます。


コメント主は、私がどうして市職員にそういう態度で当たったか何も分かっていないと思う。というか、本人は正しいことを言っているつもりだろうけど、思慮が浅いし、匿名で発言できるネットの中で、こんなふうに書き捨てする時点でアウト。面と向かって言うだけの度胸は無いチキンハート、と見た (^◇^)

私が、何か言われて直ぐ激高したとか、立場の弱い人間に当たり散らした、というのなら「癇癪を起こした」「癇癪もち」ということになるのだろうけど、私は計算ずくで、狙いがあってしていること。もちろん、市職員に対しては本気で怒っているが、普通はただの腹立ちまぎれでそんなことはしないもの。

宅建立川支部役員に対しても似たようなことをしていて、同じ理由からである。狙いは明確に二つ

では、私の狙いが何だったのか、解かる方がいらっしゃるだろうか。その答えをここに書いてしまって、市職員が読んだなら、「ああ、そういうことか」とネタバレしてしまうので明かさないけど・・・。なので、この質問に対するコメントへの返信はできないので、どうかご了承を m(_)m

ちなみに、立川警察の警察官にも「ふざけるな!」と怒鳴りつけることが度々あるが、それは別の理由。

これ、ピンとくる(解かる)方がいらっしゃるなら、そういう上司、あるいは部下を持ちたいもの、と思う。こういうの、戦国時代の武将なら何も言わなくても阿吽の呼吸で解かってもらえることだろう。

ま、そんなに難しい話ではなく、普通に思慮がある人なら直ぐ解かるとは思うんだけど・・・。

posted by poohpapa at 06:27| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

更新をサボってる間の「気になったこと」を並べてみた

ブログのネタはいっぱい転がってるのに、休んでいると楽で楽で・・・(おい)

で、気になったニュースなんかをいくつか並べてみた。

「自らの価値観優先」…国歌不起立で減給は相当

こんなの当たり前で、こんな女が今まで教師をやっていたことのほうが問題。ほとんど気違いレベル。

茨城・女性遺棄:「声をかけずに刺した」…逮捕の高2供述

見ず知らずの女性を殺す・・・、どうせ弁護団は「精神鑑定」を求めるんだろうけど、「刃物で刺せば死ぬ、銃で撃てば死ぬ」と解かっている時点で精神鑑定の必要など無い。ましてや(反撃される恐れのない)男でなく女性をターゲットにしているなら尚のこと。もっと言うなら「気違いでも有罪で、刑の服し方が違う」で良い。

石田純一が会見 「野党統一候補なら都知事選に出る」 「過去を蒸し返される」との懸念の声も…

SEALsのデモに参加している落ち目のタレントなんか出なくていい。「戦争は文化ではない」などという意味不明の主張も都知事選にはそぐわない。どうしてもと言うなら都知事選でなく今回の参院選に出るべきだったが、こんなのが政治家になったなら日本は護れないだろう。まさに勘違い男の典型。


政治や事件ではないが、私が惹かれたのがこちらの話題、

【動画】わずか26秒間で時速400Km到達! 世界最速記録を更新した日本製バイク「Kawasaki Ninja H2R」が無改造なのに速すぎる!!

動画だけ観るなら、こちら

こんなテストができる橋がある・・・、トルコは凄い。この橋を造ったの、日本の大林組じゃなかったかなあ。以前、ボスポラス海峡をクルーズしてた時に現地ガイドさんが橋を見上げて言ってたような・・・。

ご購入はこちらから (^◇^)

価格は5,724,000円(税込み)で、ちょっとした高級車並みだけど納得。


あと、明日の参院選投票日の前に、気になったこと。うちの街のポスターの掲示板に、顔写真も候補者名も無い「支持政党なし」というポスターが4枚も貼られているが、これは「私はとくに支持政党が無いから、その場合は『支持政党なし』と書けばいいのか」という有権者の勘違いを狙った政党名と思われる。構造的には巷でよくある「振り込め詐欺」と似ているような・・・。こういうのを認める選管に喝


posted by poohpapa at 06:05| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

降旗学記者の記事を私が批判する理由

海老蔵氏の奥様の病状に関する報道を巡って書かれた降旗学の記事がどう間違っているかを纏める。

この記事、題名の「海老蔵の取材自粛要請に週刊誌が応じない理由」というのを見ただけで、内容が酷いものであることは直ぐに判った。読まなくても判る、ということ。

これが「私が海老蔵の取材自粛要請に応じない理由」と言うならいいのだが、最初から逃げを打っている。子供の喧嘩で「〇〇ちゃんも言ってたもん」と言うのと同じくらいのレベル。「そう考えているのは私だけではない、だから私の言い分が正しい」と暗に言いたいんだろうけど、公に意見を発表するなら、例え他社も同様に考えていたとしても「私はこう思う」と書くべきで、卑怯である。

次に、私の記事で書いているが、

「病気だからそっとしといてくれ、と言うなら、子供のお披露目なんか取材してやらないよ」という内容は、半ば脅迫(恫喝)である。海老蔵氏は「本人のストレスだけでなく近隣の迷惑になるから」と、至極あたりまえのことをお願いしているに過ぎない。「覚醒剤や大麻使用といった不法行為や不倫したことを内緒にしといてくれ」と言っているのなら海老蔵氏の勝手だが、そうではない。

そして、

「海老蔵氏の気持ちは理解しているが、しかし、そこで“はい”と引き下がったら、雑誌メディアは存在意義を失う」という主張。「需要があるから書いている」というのはゴシップネタで食べている雑誌メディアの勝手な言い分である。それは「存在意義」ではなく、自分たちにとって都合のよい「存在理由」でしかない。

では、例えば、パチンコ屋や風俗店に「存在意義」はあるだろうか。需要があっても、そこには存在意義なんか無い。現代のようにネットでH動画が自由に観られる時代と違って、そういう情報を得られる機会のほとんど無い時代の赤線であるなら存在意義があったと思うし現代の風俗店も必要とは思うが、それでも風俗店に「存在意義」までは無いだろう。需要の有無で存在意義を語るのは愚かな話。

私の親父も生前はパチンコが大好きだったが、需要があってもパチンコ屋に存在意義は無いと思う。パチンコ屋に存在意義を認めているのは金正恩くらいのものではないか。

これが、時期を合わせて、さりげなく「症状別の癌の名医100選」とか「がんを克服した人たち」という特集を組むなら「存在意義は無い」とは言わない。

互いに有名人でもあるのに1年8ヶ月も奥様の病気を隠し続けていた海老蔵氏の辛さがどれほどのものだったか。報知新聞のスクープによって、もう隠さなくてよくなった時の海老蔵氏の安堵と新たに始まる別の辛さ、というものを本当に降旗学が理解しているなら、あんな記事は書けないと思う。

そんなだから、ところどころ海老蔵夫妻を気遣うような前置きが書かれていても本音ではそんなことなど全く考えていないのは透けて見えている。どう尤もらしい理由を並べても、「自分が食べていく為に人の不幸をネタにしている」ことへの言い訳でしかない。

キツイ言い方だが、あんな記事を書くような人間に育てた親の顔が見たい、それくらいの思いである。


                                       以上


 コメントの返信はしばらくしませんのでご了承ください。




posted by poohpapa at 06:13| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする