2022年08月25日

国語の試験でありがちな、「作者の意図は何か」について

中学くらいまでは、国語の試験で、よく「傍線部の作者の意図は何か、〇〇字以内で答えよ」とかいう設問があった。試験が終わって授業の中で解説をするのだが、自分の解答が「間違い」とされた時、いつも「アンタ、芥川龍之介(例)に会ったことがあるのか!?、直接訊いたことがあるのか!?」と思ってた。

そういう問題では、よほど突飛で的外れな回答でもなければ、いろんな解釈があって良い、と思っていて、模範解答以外は間違い、とされることに納得がいっていなかった。まあね、国語だけに関して言えば、総合成績で学年トップの奴より「いい点」を取ってたし。国語は・・・、勉強する必要が無かったから。

日頃から、そう思っていたところに、こんな記事が、

橋下徹氏が驚いた入試問題「“作者の意図は何ですか?”って。その答えは…」 今田耕司もビックリ
スポーツニッポン新聞社  8月13日

いろんな考え方や解釈が有っていいのだから教える側に「なるほど、そういう解釈や見方もできるか・・・」と受け入れる柔軟性も必要で、そういうことを教える、一緒に考えていく、というのが「国語」の授業だと思う。そこが、違う答えなど有り得ない「数学」や、真実は一つしかない「社会」と違うところじゃないかなあ。

日本の隣には「嘘の歴史を世界に吹聴して、未来永劫、日本に金をせびり続ける国」があるから、歴史に関しては、日本は「何が真実か」を粘り強く世界に訴えていく必要があるし、ほとんどの国は日本の言い分を信じてくれるとは思うけど。でもなあ、日本自体が自虐史観に染まっているからどうにもならないか。

こんなニュースもある ↓

国葬中止求めるオンライン署名呼びかけ 上野千鶴子・東大名誉教授ら
朝日新聞社  2022/08/23

見事なまでに老害が集まっている・・・。日本人は従順だから戦後のGHQの占領政策が今も生き続けている。こういうことでは「いろんな意見、ものの見方があっていい」とは思えず、こいつら公職追放が最善。

posted by poohpapa at 06:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月27日

二つのニアミス?? (^^♪

昨日4回目のコロナワクチンを接種した。場所は、いつも行っている立川クリニック。私の接種が終わって、首から「15分たったら受付までこの札を返してください」という札を掛けたところに、「○○あけみさ〜ん」と、聞き覚えのある名前が呼ばれた。外で待っていて入ってきたのは隣家の奥様。私と同様4回目。

出てきてから待合室で野良猫談義。15分ほど、待合室のテレビを視る以外他にやることも無いし (^◇^)

そう言えば、昨日、14年前の秋葉原無差別殺傷事件の犯人「加藤智大」の死刑が執行されたとか・・・。

その日、たまたま私の長男も秋葉原に行っていて、もしかすると僅かな場所や時間のずれで、長男も巻き込まれていたかも知れないのだから、人間の運不運など「ほんの紙一重」のことで違ってきたりして。

犯人の死刑執行・・・、ようやくここまで来たか、と感慨深いけど、怪我を負われた方の心情は複雑かも。

今日もこれから Jonathan's のモーニング。その後、予約している整形外科の診察を受けるから忙しい。

posted by poohpapa at 06:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月23日

東京都の一日の感染者数から思うこと

東京都の一日の感染者数が35000人に達する勢いで、このままだと専門家が予測していたとおり、近々5万人に達するだろう。その全てが、はたして「対面で感染者からうつされたもの」だろうか・・・。

相当に感染防止に注意を払っていたであろう日本の皇族やバイデン大統領、アラブの王族、各国の首脳まで感染しているのだから、もしかすると、コロナウイルスは空気中に普通に漂っていて、それを呼吸で吸い込んでしまった人が感染しているのかも。もちろん、感染者から対面でうつされた人は多いだろうが。

そうなると、3回4回とワクチンを打っていても、マスクしていても、ソーシャルディスタンスに気を遣っていても、うつる時はうつる。交通事故の「もらい事故」のように、注意していても避けようがないのでは??

「ワクチン接種をしていれば感染しても重症化は防げる」と言われているが、それも疑わしく思える。ちゃんとワクチンを接種していても二度コロナに罹った人がいる、とも聞く。効果に個人差があるのが不思議。

実は、私の次男夫婦が江戸川区に住んでいるのだが、嫁さんが感染中。何でも、会社の送別会で、PCR検査の結果待ちだった常務がノーマスクでめちゃくちゃ嫁さんと話していたらしい。翌日に常務は陽性、嫁さんも濃厚接触者となり、検査の結果「陽性」で、次男は当然に濃厚接触者となり検査を受けたら「陰性」、でも発熱と咳、頭痛も出ているから再検査を受けるみたい。症状からして、たぶん、陽性だろうな。

若いし、持病も無いから、感染しても命に別状はない、とは思う。私も、仕事を持っているし、普段から気にせず出歩いているから、そのうちウイルスを吸い込んで感染するだろうな。そうなったら助からないか。

もしも私が死んだら、国葬は無理としても、宅建協会葬くらいはあげて・・・、くれるワケないよなあ (^^♪

posted by poohpapa at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月20日

朝日新聞と、朝日川柳の選者の品性を疑う <`〜´>

7月16日の朝日新聞の「朝日川柳」、既にご覧になった方も多いと思うけど・・・、これは酷い<`〜´>

選ばれた7句を並べると、

疑惑あった 人を国葬 そんな国

利用され 迷惑してる 「民主主義」

死してなお 税金つかう 野辺送り

忖度は どこまで続く あの世まで

国葬って 国がお仕舞いって いうことか

動機聞きゃ テロじゃ無かった らしいです

ああ怖い こうして歴史は 作られる


いかにもアカヒ新聞が喜ぶような川柳ばかり。まあ、川柳なんだから、政治や社会を風刺したものになるのは仕方ないんだけど、それにしても、7句とも安倍氏の国葬を批判する川柳で揃える、ってどうよ!?

選者は「西木空人」・・・、

偏った 句のみを選ぶ アサヒ脳 ← これ、西木空人氏に向けた私の句ね (^^♪

ロザンの宇治原氏が極めてマトモな意見を述べている。それがこちら ↓

ロザン宇治原 安倍元首相の国葬是非に「議論をすること自体に危機感」「分断しか生んでいない」
スポーツニッポン新聞社  2022/07/19

全く同感。

何を言っても、どう表現しても、「言論の自由」とやらで赦されて当然などと思うなよ。品性の問題だし。

日頃は国会で激論を交わし合っていたとしても、この問題で反対したり非難するのは良くない。「それはそれ」として、安倍氏の「功の部分」を称えて国を挙げて国葬し、それとは別に検証や政策議論をすべき。

いくら「民主主義が基本」と言っても、何でも議論すれば良い、なんてことはないと思う。これをきっかけに、宇治原氏が提唱するように「国葬の基準」というものを制定したらよい、と思う。もっと言うなら、安倍氏の国葬に反対する政党や政治家、マスコミや評論家は日本に要らない、害でしかない、と私は思う。

posted by poohpapa at 06:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月09日

いろいろ書こうと思っていたけど最後は韓国がらみの話

何本もの仕事の電話やトラブル発生で、昨日は「休んだ気」がしない休日だった。

べつに「直ぐ飛んで来い」でなければ電話は全然OK。むしろ有り難いこと。ただし、今抱えている仕事を一人で全部適切に片付けたり処理したなら「スーパーマン」だと我ながら思えるほど。大事な何かを忘れたり、ミスったりすることだろうな、と怖くなる。年齢的にもそろそろ限界なのかなあ。うん、後釜、もとい、後継者を真剣に探そう。目星は付いてるんだけどね、あとは本人の意思とタイミングの問題で・・・。

そんな中で、昨日も野良のみーちゃんが(ソファーで)2時間ほど私の膝の上に乗ってくれた。耳や喉の下をずっと掻いてあげてたらゴロゴロ喉を鳴らしてた。うちのが「よくここまで懐いたね」と笑っているが、ほんと、一年前、いや数ヶ月前には考えられなかったこと。ペットはいろんな悩みを吹っ飛ばしてくれる (^^♪

さて、今日(木曜日)から不動産屋の一週間が始まる。気分を切り替え・・・る必要は無いか ^-^;


ところで、先日ニュースで「韓国大使館にビザを求めて数百人が行列を作っている」というのをやっていたけど、こいつら(ほとんど女)みんな非国民だなあ、と思って視ていた。今の最悪の日韓関係を「自分たちには関係ない」と思っているかのよう。中には「韓国で働いている娘に会いに行きます」という母親もいたけど、そんなのは例外。韓国とは民間交流でさえ必要ないレベル。竹島や対馬の仏像を還して、韓国が世界中に建立した偽りの売春婦像、徴用工像などを撤去してからでなければ日韓友好は無理。

民間が仲良くしていても国を挙げて反日なんだから付き合えない。そういえば、韓国の某大学では入口の床に大きな日の丸が敷かれていて、「踏んでお通りください」と書かれているとか。動画の下に「踏むと気分のよくなる魔法の絨毯」とある。世界中で「そんなこと」が出来てしまうのは韓国のみ。日本では犯罪行為だが、日本の各大学でも入口に大きな太極旗を敷いて「踏んでお入りください」と掲示すればいい。

韓国人には「もし同じことを自分がされたら」という概念が無い。あるのは自分のほうが上か下か、だけ。

そうそう、ヒュンダイ、先月は7台も売れたんだとか、4月の倍近くで、営業マンに敬意を表したい (^◇^)

posted by poohpapa at 06:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月30日

なんか、浦島太郎状態・・・

昨日、久しぶりにテレビの野球中継にチャンネルを合わせたのだが、先発出場している選手の名前が、巨人でさえ「聞いたことが無い名前」ばかりで、まるで浦島太郎状態。巨人ファンでなくても選手の名前くらいは知っていたつもりだが、レギュラーのほとんどが私の知ってる選手と入れ替わっていた。

どのチームも、私が名前を知っていた選手は、今は監督やコーチ、野球解説者になっていて・・・。腰や膝の痛みや記憶の衰えからでなく、そういうことでも歳を感じてしまう。アナウンサーが「〇〇選手は3年前のドラフト一位で入団して・・・」とか言っているけど、そのドラフト会議の結果も、興味が無くなって何年も観てないし。知らない選手ばかり出ている試合は「高校野球」を観ているようなもの。新鮮ではあるけど。

野球中継を観なくなったのは「個性的な選手」「職人芸と言える技を持った選手」がいなくなったから。それは大相撲にも言えること。今は誰が横綱で誰が大関、三役か、全く知らない。私の子供の頃と違って、今は子供の娯楽も多様化していて、野球や相撲、サッカーでさえ興味の対象にはなってなさそう。

スポーツだけではなく、NHKは観ないけど、紅白に誰が出ているのかも知らない。グループなんかだと、名前も曲も聴いたことが無い。昔は一曲大ヒットしただけでは出られなかったくらい出場資格が厳しくて、昔は紅白に出ることで箔が付いて紅白出場が勲章みたいだったけど、今はそんなこともないんだろうな。

我々の世代は、生まれた時には敗戦の痛手から社会が回復しつつあって、ずっと平和で、高度成長期もバブルもバブル崩壊も、「柏鵬時代」も「王・長島黄金期」もこの目で見て、戦争は経験しないで済んで幸せ。たぶん、私が死ぬまで日本は戦争することが無いだろう。私たちが平和な社会で生きられて、欲しいものが何でも手に入る環境に今あるのは、命を懸けて国を護ろうとしてくれた先人と、自衛隊のお陰。

外国人は別にして、今、反日活動をしている日本人、政府や与党の政策を批判するのは良しとして、せめて先人の方々に対する心からの感謝と敬意を示すべきではないか。もっとも、感謝や敬意の心があるなら反日活動なんてしないものだと思うけど。少しでも日本を良くしようとして政治活動をしているのでなく、日本を破壊しようとしているのはミエミエ。日本人であっても日本を嫌っているのが露骨に顔に出ていて、愛国心というものが全く感じられない。まあ、持ってないから感じられるハズも無いんだけど。

なんてことを考えていたら、昨晩は(尿意で、ではなく)一時間おきに目が覚めてしまった、トホホ 💧

posted by poohpapa at 06:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月21日

ジェンダーフリーを主張している人たちが沈黙しているのは何故??

ギリシャには行ったことがあるが、アトス山には行っていなかった、いや、存在すら知らなかった。

似たような世界遺産であるメテオラの修道院には行ったことがあるけど、アトス山がツアーのコースには入らない(入れていない)のは、アトス山が女人禁制だから、行っても女性観光客は入れないからだろう。

不思議なのは、ふだんから「女性差別だあ」「女性蔑視だあ」とうるさい人たちが沈黙していること。そりゃあ、古い歴史があるのだから、そこまで否定はできないだろうけど。

私は音楽が好きだからクラシック音楽もよく聴くのだが・・・、ふと思い出した。

小学校や中学校の音楽室に有名な作曲家の肖像画がズラ〜っと貼ってあって、わりと最近まで気にしていなかったけど、全部が男性で、女性の作曲家は一人もいない。当時(今から200年ほど前)は女性には作曲をさせなかったのだろうか。そうではないと思う。

最近になってオーケストラの指揮者に女性も進出しているが、大成した人はいない。あらゆる分野に「女性が進出すればいい」、「男と同等の仕事をすればいい」「女を受け入れるべき」という話ではないと思う。まあ、門戸は開いておいて、あとは(成功するかどうかは)本人の資質の問題、ということでいいのかな。

私なんか、役所の「男女共同参画課」なんか要らない、国の男女共同参画予算(9兆円)は全て国防費に回せ、と思っている。男女で同じことをする、同じ権利が得られる、それが男女平等、とは思わないし。男女で体の作りが違っていれば、おのずと役割も違ってくるもの。男女の競技者を一緒に走らせたり泳がせたら金メダルは100%「男が獲る」だろう。ジェンダーフリー信奉者はダブルスタンダードもいいところ。


本題はここまでで、

昨日、ピアニストのラドゥ・ルプー氏の訃報が入ってきた。私はクラシックのレコード(CD以前)を買う際に、いろいろ聴き比べて、「これが一番の名演」と思えるものを買っていて、ルプー氏のレコードも持っていた。グリーグのピアノ協奏曲イ短調をアンドレ・プレヴィン指揮、ロンドン交響楽団と組んだ演奏が最高。今から50年ほど前の録音。ルプー氏のご冥福を心からお祈りしたい。

posted by poohpapa at 07:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月08日

重い記事ではあるけど、読んで頂けたらと思う

昨日、何かに気を取られていて、帰宅する際にスマホを店に忘れてきた・・・。それで、気付いた、

スマホの無い生活がこんなにも平穏なものか、と。ここんとこ夜の7時半とか10時過ぎに「お風呂のお湯が出ない」とか「台所の排水が詰まって床が水浸しになっている」という電話が入ったりして、普段は寝ている時間に対応を迫られることもあったし、私自身も寝つく直前までメールや Facebook をチェックしたりしていたから、おそらくは心身に良い影響は無かったかと思う。うん、たまにはスマホを(故意に)忘れてこよう。手元にあれば「電源を切ってしまう」ということはできないから (^^♪


さて、本題、

「あさま山荘事件」唯一の逃亡犯、坂東容疑者が志していたのは幹部自衛官だった
母が語った「革命戦士」の知られざる素顔

全国新聞ネット  2022/04/05

今からもう50年も前の話になるのか・・・。テレビの生中継を固唾を飲んで視ていた記憶がある。たしか、警察官にも犠牲者が出て、大きな鉄球で山荘を壊し始めた様子は映画のようだった。↑ の記事にある「クアラルンプール事件での人質交換による超法規的措置」で釈放するために本人に意思確認をしたら、(私の親族ではないけど)坂口弘だけが拒否して。この坂東容疑者は今も行方不明か・・・、もう生きていないかも。生きていたとしても、もう二度と祖国(日本)の土は踏めないことだろう。私なら発狂するかも。

日清のカップヌードルを現場の警察官が食べていて、それで爆発的に認知度がアップしたんだっけ。ヘタなCМを打つより効果的だったことだろう。千万単位のCМ料が浮くし・・・。

ま、それはともかくとして、連合赤軍とオウム真理教は日本の犯罪史を変えた、と言えるだろう。あとで判ったことだけど、うちの入居者の中にオウム真理教による坂本弁護士一家殺害事件の容疑が掛けられていた男性がいる。一見して普通の男性で、先に判っていたなら当然に部屋は貸せなかったのだが・・・。麻原彰晃に心酔していたが、その尊師が信者の女性とカーS〇Xしているのを目撃して脱会したようだ。元々は真面目で純粋な人なんだろう。だからこそ何の疑いもなく信じてしまったんだと思う。

話を戻して、歴史に残る犯罪を犯した者の家族は不幸だ。一家離散や自殺者が出ることもある。この坂東容疑者の実家も旅館を畳んでいる。世間からの冷たい視線も長く浴びたであろうし。いや、今もかな。

それにしても、色弱だと防衛大学に入れない・・・、初めて知った。そうなんだ・・・。そういう規定が無かったなら、坂東容疑者の人生は180度変わっていて、逆に、お国の為に役立っていたかも知れない。

人間、人生の節目節目での選択肢を一つ間違っただけでその後の人生は天と地ほどに違ってくるしね。その時その時で良い友人やご縁に恵まれるかどうかが大きいと思う。ただ、そういうのは本人の心掛け次第だと思う。何不自由なく立派な両親に育てられてもグレている奴はいるし。私の同級生にもいる。

エヘン!、私は今まで何かで行き詰まると必ずどこかから助け舟が現れてくれた。今までそのおかげで何度も窮地を乗り切ることができた。たぶん、私も損得抜きで接してきたからだと思う。などと言いつつ、私もどこかで一歩誤れば、今頃は塀の中にいたかも知れないし。人生「一寸先は闇」、だから怖い。

posted by poohpapa at 06:32| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月05日

私の個人情報がダダ漏れ (^-^;

Facebook で、私に友だち申請が入るのだが・・・、

ほとんどが会ったこともない外国人で凄い美女ばかり。おかしい・・・。おそらくは日本語が分からないハズで、私が入れているコメントを読んで「主義主張が似ている、趣味が同じ」とかで申請しているのではないと思う。もしそうなら、男性からの申請もあるだろうし。迂闊に承認して(何かの宗教団体とか極左団体への誘いだったり、美人局だったり)トラブルに巻き込まれたりしたら堪らないから承認はしない。

それにしても、私の「綺麗なお姉さんが大好き」という重大な個人情報がどこから漏れたんだろう・・・(汗

こういうの、写真は「綺麗なお姉さん」だけど、やってるのはクソ爺だったりしてね。


ところで、ロシアがウクライナの原発を攻撃しているとか。日本も有事の際には原発が真っ先に狙われることだろう。「だから原発には反対」というのでなく、「もし原発を攻撃されたら核ミサイルをブチ込むよ」という反撃能力(軍事力)が必要なんだと思う。日本は唯一の被爆国であるからこそ核を持つことが赦される、と思う。中露北は「日本には憲法9条があるから侵攻してはならない」などと考えるワケがないし。

今のウクライナは明日の日本かも知れない。中国は西側が積極的にウクライナを支援しない様子をほくそ笑んで見ていることだろう。同盟国アメリカが自分たちの血を流してまで尖閣を護ってくれるハズもない。

ところで、橋下徹の主張が、この1年くらい「おいおい」という内容になっている。ウクライナへのロシアの侵攻に対する意見は、ほとんど小学生の思考である。維新の会への支持率にも影響しそう・・・。

posted by poohpapa at 07:57| Comment(8) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月15日

私が大切にしている言葉

毎日毎日、いろんな訃報に接していて、その享年を気にして見ている、という話は以前も書いたけど、私が高校時代からの大親友であるMちゃん(女子)から言われた言葉が私にとっての宝物になっている。

「人間、死ぬ時が幸せならその人の人生は幸せで、死ぬ時が不幸ならその人の人生は不幸だったのよ」、という言葉。

注釈を加えると、

「人間、死ぬ時が幸せなら、その人の人生は(途中で何があったとしても)幸せだったのよ。死ぬ時が不幸なら(それまでがどんなに幸せであったとしても)その人の人生は不幸だったと言える。幸せな人生かどうかは死ぬ時(最期;臨終の際)の状況で決まる」、ということで、一理あるどころか九理ある。

例えば、超一流大学を出て、出世して、事業が成功して、何不自由なく暮らしていても、ダンプカーが突っ込んできてペチャンコになったり、孤独死してしまったなら、その人は不幸。逆に、学歴も地位も資産も無く、近場の温泉にさえ行けないほどに貧乏であったとしても、亡くなる時に家族や多くの友人が集まってくれたなら、自分から見ても他人から見ても幸せだったんだと思う。

私自身はどうなのかなあ・・・。当然「どういう死に方をすることになるか」は分からないけど、35回も海外旅行に行って、国内も周り、最高の女房に恵まれて、資産は無いけどそこそこ贅沢な食生活を送り、多くの友人知人がいても、臨終の枕元や葬儀に誰も来てくれなかったりしてね (ありそう ^-^;

以前も書いたけど、俳優の佐藤蛾次郎氏の父親が、大坂の下町で歯科医をしていて、亡くなった際に近所の人たちが10円玉を握りしめて告別式に来てくれたんだと。たぶん、経営は度外視で貧しい患者さんを助けていたんだろうね。それを見て、改めて父親を尊敬したんだとか。自分も、そういう不動産屋になりたいと思う。ファミレスや伊勢丹やスーパーのスタッフが手にチョコレートを握りしめて・・・、溶けるわ(爆

自分が周りから本当に慕われていたかどうかは死ぬ時に判るんだろうな。いや、死ぬ時にしか判らない。「終わり良ければ全て良し」というのは人生においても言えることかも知れない。

本音で言うと、私が死ぬ時に、(今の)うちのが傍にいてくれたら十分。それ以上は望まない。たったそれだけで、私は「幸せな人生だった」と心から思えるだろな。Мちゃん、素敵な言葉を有り難う。

posted by poohpapa at 08:02| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月16日

昨日から年賀状の受付を開始・・・

毎年のことだけど、まだ何もやっていない。年賀状200枚が買った時のまま置かれている・・・。昔からそうだった、試験の前日まで何もしない、いや、前日も何もしなかったりして。高校も、いちおう田舎の進学校を受験したのだが、落ちたら中卒で働くことにしていて、田舎の電器店に内定をもらっていたし、受験勉強などしなかった。とにかく、追い込まれないと動かない、という主義(クセ)は今も変わっていない。

で、今年も喪中はがきが何枚も届いていて、何年か前にネットで「喪中はがきが届いたら必ず返信しよう」という意見が書かれていて、なるほどなあ、と思った。最愛のご家族を失っているのに、「ああ、今年はこの人には年賀状を出しちゃいけないワケね」で終わってしまうのは冷たいし人間性を疑われる。ただ、年賀状だけの付き合いになってしまっていて電話番号が判らないケースもある。喪中はがきには電話番号と「どなたが亡くなられたのか」くらいは書いてほしいもの。書かないのが礼儀なのかなあ・・・。

喪中はがきが届いて、その翌年からは年賀状が出せるようになるのだが、そこから以降は互いに出さなくなることもある。私も古希になって、商売上のお付き合いでは年賀状を出さないワケにはいかないけど、プライベートは(目上の人は別にして、相手に伝えて)そろそろやめてもいいのかな、と思う。逆に、何人かの友人知人からは「もう年賀状はやめるね」と連絡を頂いているし。とくに、ふだんからよく電話やメールをしている相手には改まって年賀状もないものだろう。ただし、年賀状だけのお付き合いであれば消息を知るためだったり生存確認的な意味合いで出しておいたほうがいいかな、とも思う。

毎朝、このブログのコメントの常連の「たか」さんから猫の写真が届いて、それを猫好きな友人知人に転送しているのだが、一昨日、高校時代からの親友Мちゃん(女子)から、「3日続けて『既読』にならなかったら息子に連絡してね」と LINE が入った。何か重篤な病気に罹っているのかな、と心配になって電話したら、「いたって健康、もしも、という話よ」とのことで安堵した。生存確認的な意味合いでなら息子さんと直接何かの方法で行えば良さそうなものだが、まあ、引き受けることにした。

それなら私も「3日続けてブログの更新が無ければ死んだと思ってください」と言いたい ^-^;

ここんとこ記事の更新が一日おきになってたりするからなあ、正月休みにエンディングノートを完成させなければならないが、私の死後の最後の記事も用意して、うちのにアップしてくれるよう依頼しておこう。

ところで、昨日から開始した年賀状の受付、昨日出した人ってどれくらいいるんだろう。この後で喪中はがきが届くこともあるのだから、元旦に届くリミットの25日まで出さないほうがいいと思うんだけど。そうすると、25日に出すのを忘れたりしてね (^^♪

posted by poohpapa at 06:33| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月07日

無視して放置するのが一番かと・・・

なぜ自分のパスワードを知っている?不気味な脅迫メールへの緊急対策
DIAMOND ONLINE 大和 哲 2021/11/05

私にも全く同じ内容のメールが届いている。他にも、三井住友カードから、「このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。」とのメールが度々届く。差出人のメールアドレスを見ると私のアドレス・・・、私が私にメールを送っている・・・、なバカな <`〜´>

「つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。」
とも・・・。かまわないよ、そんなカード持ってないから、とことん制限しておくれ。

そして、こんなのも、

ヨドバシドットコムをご利用いただきありがとうございます。
システムの更新に伴い、ヨドバシドットコムアカウントの支払い方法を更新して、アカウントが正常に使用されるようにする必要があります。

ヨドバシカードも持ってないなあ・・・。

同様に、

「いつも大丸松坂屋カードをご利用頂きありがとうございます。
お客様のカードご利用内容をお知らせいたします。
ご利用カード:JFRカード


そんなカード見たことも聞いたこともない。他にも、Amazon を名乗る「利用確認」のメールも届くし。

とにかく鬱陶しい。長男に言わせれば、「いろんなIDやPWを忘れないように(忘れてしまった時の為に)、とPCの中に保存しないで、一覧を印刷してPCに残さないで紙で保管するようにしたほうがいいよ」とのこと。そうなんだろうけど、それだと「どこにしまったか」忘れそう (爆

ネット通販なんかを利用していると、どうしたってそういう情報は洩れるものだろな。ちなみに、私のJCBカードは「カード会社が保険に入ってくれている」ので、何かあっても安心みたいだけど。

とにかく鬱陶しい。そういうメールは「ハッキング」というファイルを作って、(削除せず)その中に入れて放置している。ただ、「振り込め詐欺」と同様に、相手の手口もだんだんと巧妙になって進化してくるものだろうから、よくよく気を付けなければ。


posted by poohpapa at 06:03| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月26日

今、腹が立っていること2件

昨夕、駅前の銀行に記帳に行ったら、立憲民主党の候補の選挙カーが拡声器で訴えていた。

「皆さん、自民党は未だに選択的夫婦別姓を認めようとしません。こんな国は他にありません、世界中で日本だけです。自民党の古い体質は何も変わっていません。そんな政党に政権を預けておいて良いんですか?」、だと・・・。大きな声で叫ぶのは選挙期間中だから文句は言わないけど、古い体質が変わっていないのはオマエらのほうだろう。昔も今も、与党の政策の批判しかせず対案を出さないのだから。

ただ、その主張を聞いていると、政治に関心のない人たちからすると、選択的夫婦別姓こそが正しくて、それこそが自由、人権に適っている、だから自民党は古くてダメ、立憲民主党の候補に入れよう、という話になりそう。ピンポイントで選択的夫婦別姓を利用しているのは「馬鹿が錯覚する」上手い戦略。

後で小田原潔事務所に、「選択的夫婦別姓がなぜダメなのか、危険なのか、解かりやすく演説して立憲の主張を潰して」と言おう。それにしても、うちの選挙区の立憲の女性候補、何十年前の写真だよ!?、と言いたいくらいで、ほとんど詐欺。免許証の更新でも何でも、写真が必要なものには「3ヶ月以内に撮影したもの」とかの規定があるのだから、選挙のポスターならなおのこと。ま、それを言ったら小田原氏も同じか。うちの街に事務所ができてからずっと同じポスターだもんなあ。

で、当初は自民の一人勝ちかな、と思っていたけど、立憲のほうが無党派層に上手く浸透しているかも。新潟5区では、買春した元知事(室井佑月の旦那、以前は自民党から出ていた)が優勢なんだとか。


それと、もう1件、

私は平成28年に賃貸不動産経営管理士の資格試験に合格していて、数ヶ月前に賃貸不動産経営管理士協議会から資料が送られてきた。その資格が国家資格になるとのことで、「あなたが取得した賃貸不動産経営管理士は国家資格に移行できます」とある。「移行できます」って、どういうこと??

国家資格化には、業務管理者の要件を満たすこと = 業務管理者移行講習の受講が必要です」だと。

ナニそれ!?

ならば、私が合格した賃貸不動産経営管理士試験は何だったのか、という話。合格したのだったらそのまま国家資格ということにすればいいだけのことではないのか!?

資格試験に合格して賃貸不動産経営管理士証ももらっているけど、令和4年6月15日の期限までに「国家資格に移行するための講習(試験)」を受けて合格しないと、今の賃貸不動産経営管理士という資格が無効になって、最初から賃貸不動産経営管理士試験を受け直さなければならなくなる、とか。

受け直すと言っても、私が受けた頃の合格率は50%くらいだったのが、国家資格化に伴って年々難しくなってきていて、昨年は30%を切っていたようだ。そのうち、宅建士と同じくらいの合格率(15%くらい)になるかも。それを「受け直す」なんて、とてもできない相談。

さらに、講習を受けるのには7700円かかる・・・。資格ビジネスかよ!?、である。

と言うより、こんなの詐欺じゃん <`〜´>

インターネット回線を使用した e ラーニング講習・・・、講習会場を借りるより安上がりだろうし。

国交省と、どう交渉したかは知らないけど、うちらの協会の幹部は、ほんと役立たずだと思う。

posted by poohpapa at 06:59| Comment(10) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月27日

こんな国名、聞いたことが無かった

PCを点けると、最初に世界のいろんな景色が表示されるようにしてあるのだが、

今、出ている景色が「見たことが無い神秘的な景色」で、どこなんだろ??、と思っていたら・・・、

ベリーズ、という国名。オリンピックの開会式の入場行進のプラカードを見ていると、たまに割と最近独立したとか合併したとかで「知らない国名」を見ることがあるが、さっきまで知らなかった。

現在のベリーズ国王はイギリス女王のエリザベス2世で、その代理人として実権の無いベリーズ総督がいる、というのでは完全な独立国家とは言えないか・・・。地図を見てもよく解からない。1981年にグアテマラがベリーズの独立を承認し、ベリーズの独立が実現した、ともある。旧国名がホンジュラス・・・、それなら聞いたことがある。私の持っているクラシックギターに「ホンジュラスマホガニー」という木材が使われているから。ただし、現在はワシントン条約で伐採禁止となっているみたい。

隣国のグアテマラとは今も国境が確定していないとか。日本は島国で隣国(とくに韓国なんか)と陸続きで国境を接していなくて幸せ。ま、海を挟んでいても不法入国や不法滞在、犯罪は後を絶たないが。

グアテマラ・・・、うちの店のお隣の「小梅の珈琲焙煎所」さんで毎日美味しい珈琲を頂いていたり、いろんな人に珈琲豆を届けている中で一番よく選んでいる豆。

あ、てことは・・・、ベリーズで珈琲豆を栽培していてもおかしくないし、そのうち輸入されるかも。いや、もう入ってるかな。関係あるかどうかは不明だけど「ベリーズ」というコーヒーショップがあったような。

それにしても、まだまだ私が知らない国や地域、景色がいっぱいあるもの。もう遠方への海外旅行は次に行く北欧で最後になるだろうけど、若い人たちにはいろんな国を訪れて見識を拡げてもらいたい、と思う。

posted by poohpapa at 06:39| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月23日

半分熱中症・・・、なので独り言のような記事 ^-^;

昨日も駅方面や駅とは反対方向に何度も往復して、歩数は15000歩あまり。よくよく考えてみれば、その間「ペットボトルを持ち歩いて常に水分補給」なんてしていなかったので、冷房の効く店に戻っても頭がフラフラする状態。天気予報で「熱中症に注意」と再三言われていたのに、危なかった。ま、出先で冷たい飲み物(オレンジジュース)を出して頂いてお代わりもしたので油断していたかも・・・。

今日は気を付けよう。でもなあ、梅雨が終わったと思えば(間を空けず)直ぐ猛暑だもんなあ・・・。

公私で、やらなければならないことが溜まっていてしんどい。

みなさんもお気を付けくださいね。

あ、今日から東京五輪・・・。私が「死ぬまでにもう一度日本で夏のオリンピックが開催されるのを観たい」と願っていたのは「こんな形の開催でのオリンピック」じゃなかったんだけどなあ・・・。ま、開催することになったのだから、自分の主義主張は置いといて、各国の選手にも関係者にも、気持ちよく滞在して、そしてお帰り頂けるよう、日本人として協力するのが当たり前。間違っても、「オリンピック反対」などという横断幕を掲げたり、デモ行進などすべきではないと思う。落ち着いてから総括すれば良いのだし。

菅総理の支持率が下がっていて30%を切っているけど、コロナ対策など誰がやっても「これが最高、これで万全」などという対策などあろうハズがない。どうやったって、「あちらが立てばこちらが立たず」で不満は出るもの。仮に立憲共産党の枝野が総理だったとして、枝野ならもっと上手くやれたのか、と言えば、そんなことは絶対に無いと思う。批判や非難をするだけで、まともな対案など出せないのだから。

思えば、日本も菅総理も「貧乏籤」を引かされたもの、と思う。とにかく時期(巡り合わせ)が悪かった。ただ、それにしても(私が以前から言っているように)菅さんは総理の器ではないと思う。その根拠は・・・、顔、である。一国の総理の顔ではない。官房長官としては「いい働き」をするし適任だと思うけどね。あ、韓国には妥協しないで強く出ているから、それだけは評価できるかな。

そうそう、IOCのバッハ、強烈な変異種コロナに感染して帰ってくれないかなあ・・・、と心から願う。

posted by poohpapa at 06:14| Comment(8) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月25日

「アタック25」が9月に終了

『アタック25』9月終了に視聴者「なんでやねん!」番組若返りで中高年排除?ウルトラクイズ準優勝の永田喜彰さんも「ウソだと言ってよ」クイズ王たちの惜しむ声続々
MAG2NEWS  2021.06.24

46年以上も続いたクイズの長寿番組「アタック25」がこの9月で終了とか・・・。

視聴者参加型のクイズ番組としては、「アップダウンクイズ」と並んで好きだった。

「アタック25」には高校時代の同級生S君が出場して年間のグランドチャンピオンにも輝いているが、その様子は観ておらず、後で友人から聞いた。そのS君、学業の成績も優秀で、学年(450人中)でだいたい10番以内、悪くても20番以内に入っていて、優秀ではあるけど目立たない生徒だった。私も、顔は知っているけど一度も口を利いたことが無かったほど。

同じく、「アップダウンクイズ」には何かの記念大会に一年先輩のH君が出ていたっけ。どちらも高校卒業後は名古屋大学に進んでいるが、その後の消息は知らない。

同級生には愛知県副知事、国土交通省の(ワケあって)事実上の事務次官、大企業の役員や医師になって今も現役で活躍している奴がゴロゴロいる。私なんかはカスのほう 💧

石川啄木ではないが、

友がみな われよりえらく見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ 」、である。

友達がみんな自分より偉く思えて、自己嫌悪に浸ってしまいそうな日は、せめて花を買ってきて妻とそれを愛で、その小さな喜びを慰めとしよう、というちょっぴりセンチな心情を詠ったもの。

その心情は痛いほど解かる。私も、自分が不勉強なのが悪かっただけのことなのに、同級生が出世して偉くなったりすると、比較的若い頃は正直面白くはなかった。仲が良くなかったり好きでなかった相手だと尚更。今は幸せだからだろうけど、何の妬み僻みも無く「良かったね」と思える、ほんと。

同級生や友人知人の訃報だけでなく、上質な長寿番組が姿を消すことも、年寄りには堪える。


 相変わらず体調は良くありませんがコメント欄を復活いたします。ゆっくり返信させて頂きますね。

posted by poohpapa at 05:31| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

マイノリティ(少数派)による「人権」という名の暴力

1月5日づけの記事、「拡散希望、とのことでご協力、もちろん私も概ね同感」を読んだ友人から電話があって、「なるほど、そういうこともあるか・・・」と驚き、納得もしたのでご紹介したい。記事の中で私はジェンダーフリーについて批判的に書いていて、友人は実体験を聞かせてくれた。

友人はいつも通り仲間(女性)とウオーキングをして、帰りに Jonathan's でお茶を飲んでいて、相手がトイレに行ったんだと。すると、そこに、女性の格好をしているけど明らかに男と思われる人物が・・・。女性は(用を足したくてトイレに来たのに、そんなのがいたからといって用を足さずに戻るのは不本意だから)とボックスに入って、その人物がトイレから出ていく気配を待って用を足したとか。

洗面所の鏡の前で化粧でも直していたものか、でも、そんなのがいたらさぞかし驚くことだろう。その人物が単なる女装趣味なのか、LGBT の 「T」、つまりトランスジェンダー(性同一性障害)かは不明で、そういう雰囲気を醸し出しておいて盗撮や悪趣味な録音をしようとしているのかも知れない。相手がもし「私はトランスジェンダーなのよ」と言ったなら許容しなくてはならないのか、疑問である。

性転換の手術をして、おチン〇ンやタマ〇マを切り落としていて、誰が見ても女性と認識するのならともかく、ゲイバーにいるような、明らかに「アンタ、本当は男じゃん!?」と直ぐ判るようなのが女子トイレに入るのは如何なものか。そういうのが男子トイレに入っていても、男性なら「おおおっ」と思っても受け入れると思うが、逆は無い。個人的には、まだおチン〇ンやタマ〇マが付いているなら、いくら女性の格好をしていても女子トイレを利用すべきではない、と思う。確認しようがないけど。

ファミレスなんかで用を足したくなったら、スタッフに事情を話し、トイレの前で待機していてもらうとか、他の客に迷惑を掛けない方法、マイノリティの側が配慮できる方法が何かあると思う。

昔は大多数の「普通の人」(そういう問題を抱えていない人)の陰に隠れて生きていたのが、人権活動家のお陰で「LGBT 」の人たちも大っぴらに権利を主張できるようになってきた。そのこと自体は悪いことでは無いが、被害者意識が強すぎて、度を越して権利を主張しているような。

部落差別問題と似ている。「今も差別がある、差別されている」と主張する人たちがいて、利権に目を付けた人たちに後押しされて国や自治体に補償や特権を求めたりしている。筋違いも甚だしい。

少数派にも人権があって、多数派は少数派にも配慮するのが当然だとしても、少数派による権利のゴリ押しは一種の暴力。まあ、公共施設でのトイレに「男性用」「女性用」の他に「B・T用」があれば解決するのだろうけど、スペースも費用も必要。だいいち、そんなのを設けたら「入る時に好奇の目に晒された」と文句を言うことだろう。

現代は、いろんな場面で、もう「少数派=弱者」ではない。声の大きな弱者が(本当は理解しているワケでなく利権に群がる)支援者の後ろ盾を得て、(誰もが反論しにくい)「人権」を盾に、多数派(自然に普通の人たち)の権利を侵害して不快な思いをさせている。

これ、少数派の人たちが「私は極めて少数派の人間であって、多数派の人たちに少なからず不快な思いをさせているかも知れない。そのことを認識してなるだけご迷惑を掛けないように生きていこう」と考えているのが伝わってくるなら、多数派の人たちも快く受け入れられると思う。それが今では「そうだよ、私たちにも人権というものがある!」と声高に権利を主張し始めると不快になる。

炎上覚悟で言うと、車椅子や要介助の人が国会議員の選挙に当選したことで、国会議事堂の中の階段をスロープにしたり、様々な改修工事が必要になるが、衆議院議員465人のうちの一人のために、であるから、自分が国会議員になろうとするのでなく、ちゃんと理解をして代弁してくれる支援者になってもらおう、と、どうして考えないものか。もちろん、権利は有るのだが、いつでもどこでも権利を行使していい、にはならないもの。少数派が遠慮すべき場面、というものは有ると思う。

川崎市のヘイトスピーチ禁止条例が典型的な例だが、逆差別が世に蔓延っている。嫌な時代だ。


posted by poohpapa at 06:12| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

生きていて、一番辛いことは何でしょう?

おカネが無いこと、食べ物が無いこと、健康でないこと、気に掛けてくれる人が誰もいないこと等々、いろいろあるでしょうけど、私は・・・、



人から誤解されること

です。

貧乏や不健康な状態は慣れてもいますし受け入れられますが、誤解されるのは最高に苦痛です。

もちろん、誤解される側にも何がしかの理由や責任はある、とは思いますが。悪意で嘘を吹聴して回る奴もいて、本人があがけばあがくほど、嘘が広まったり誤解が消しようがないものになったりして。

その価値観こそが、私が「韓国が大嫌い」な一因にもなっています。

posted by poohpapa at 07:47| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

毎年悩まされる年賀状

例年、公私で200枚近い年賀状を出しているが、正直、そこそこ心の負担になっている。今年もまだ書いて(印刷して)いない。今日の定休日には仕上げないと、元旦に間に合わない・・・。

年賀状でしか互いの無事や近況を確認できない相手もいたり、普段からお世話になっていて一つの区切りとして年初にご挨拶させて頂く意味があったり、とかなら解かるのだが、年賀状が届いても届かなくても今後の付き合いに全く影響しない友人もいて、そういう関係なら無用だと思う。仕事関係は難しいが、プライベート中心で50枚は削減できそう。それくらいじゃ削減できたことにならないか・・・。カネの問題でないけど、国や自治体の財政削減と似ていて、やらないよりマシ、くらいの話。

逆に、今からでも年賀状を出したいな、と思う旧知の友人もいるけど、今更だしなあ・・・。

中には、私が出しているのに出してこないかねえ・・・、という相手もいる。ピンポイントの話で、その昔に記事にしているけど、20年ほど前、大手住宅メーカーが、「今、調布のマンションに入居中の家族が1年近く家賃が遅れていて、家主さんが当社に相談にきたのですが、オタクで相談に乗ってやって頂けないでしょうか」と私に振ってきて、お困りだろうからと引き受けた一件。入居しているのは80歳近い母親と、離婚した50歳の長男とその子供が一人。契約者は50歳の長男、連帯保証人の弟はもう逃げている。長男を店に呼んで話をしたが埒が明かない。

ソファに座るなり「煙草を吸ってもいいか」訊くので、「ダメです」と答えると、「ここに灰皿があるじゃないか、吸ってもいいんだろ」と言う。「いいえ、他の人ならかまいませんが、あなたはダメです。家賃を一年も滞納しているなら、『ご迷惑をお掛けしているので煙草もやめました、月に1万にしかなりませんが、これだけでも収めてください』と言うのが当たり前」と言うと、立ち上がり、

「俺はこう見えても拓大を出てるんだよ」と言う・・・。意味不明、ダメだこりゃ、である。

どうにか追い出して、毎月少しずつ家主さんに振り込んでもらうことにして、振り込みがない月には移転先の隣町の東大和の貸家を訪ねて催促していた。家主には年賀状を送っていたけど家主からは届かず、3年目にようやく家主から届いた年賀状には「11月分が振り込まれていなかったのでよろしく」とあった。非弁行為だし、私はここまで全て無償で行っていて経費すら請求していない。

追い出した後の入居者募集をやらせてもらったのはいいが、3者からほぼ同時に申し込みが入ったことで家主が入居者を選べる状態。三鷹のお蕎麦屋さん協会の会長夫妻、東京電機大学教授のドイツ人と日本人の奥様、それに社員数十名の広告代理店の法人契約。私は「この中でなら地元で商売をしていて信用もあるであろうお蕎麦屋さん協会の会長がいいと思います。大学教授はトラブルになると理屈っぽくて面倒だったりします。小さな会社では法人契約といっても怖いです」とアドバイスしたが、「個人に貸して懲りたから法人にしてくれ」とのこと。家主がそう言うなら仕方ない。

だが、それは広告代理店なんかでなく暴力団で、入居早々部屋の前に組事務所の看板を出したから大騒ぎになった。だから言ったのに・・・、である。当然のように家主は私に「オタクで追い出してくれ」と言う。簡単に言うが、相手は八王子でドンパチやって死者も出している武闘派暴力団。

調布警察の中にある丸暴相談室に行って弁護士とも相談したが、「もう専門家に任せたほうがいい」とのことで、全く同感。家主に「ここから先は専門の弁護士に依頼してください」と言って下りた。私に一方的に世話になっていながら年賀状も寄こさないでいて、3年目に初めて届いた年賀状が取り立ての依頼じゃあね。私にも家族がいる、ハートのない家主のためにタダで命を懸けられないもの。

こちらからは3年続けて出しているのだし、年賀状一枚くらい出せるだろ、である。

「この家主さんのためならカネは要らない、何でもお役に立ちたい」と思える方もいらっしゃれば、「カネをもらっても嫌」という相手もいて、もちろん年賀状は届かない。立場が違うから、普通の家主さんなら年賀状が一方通行でも全然かまわないのだが、腹の中で「アンタんとこに管理させてやってるんだから何でもタダでやってくれて当たり前」くらいに思っているのが透けて見える家主は不快。

東大和に移転した家族の老婆から言われた「坂口さん、みんな片付いたら、一緒に食事でもしましょうね」という言葉のほうが遥かに温かい。その日が来ないのは解かっていたけど、「そうですね、(息子は呼ばないけど)一緒に食事しましょうね」と答えた。もうお亡くなりになっているだろうな。

年賀状、と聞くと、どうしてもその一件を思い出してしまう。

まあ、そういうのはプライベートでも有る。器が小さいのかも知れないけど・・・。うん、来年から年賀状は減らそう。新年の挨拶は LINE でもできるし・・・、などと急にデジタル人間になったりしてね。

posted by poohpapa at 06:31| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

私の好きな言葉

「敵は恐るる足らず、甘言を弄する友を恐れよ」

甘いことを言って(こちらを)その気にさせて判断を誤らせ、何かの責任を取らされることの無い自分は利益に与って、結局は思いのままに操ろうとする奴(ほとんど身内)というのは何処にでもいるもので、一見、良き理解者や味方に見えて、擦り寄ってくる奴こそ警戒しなければならない、という意味。

敵とハッキリ判っている相手には、こちらも充分に身構えて対応するので恐れるには足らない。しかし味方のように思わせて近づいてくる者には油断をするな、真の友かどうかを見極めて交わる知恵を持て、ということだろう。甘言・・・、マラソン選手に沿道からコーチが「いいペースだ、あと5キロだ、大丈夫だ、もう少しぺースアップしろ、先頭は捉まえられる」などと激励するのはOKだけど。

「先頭はもう競技場に入った。3位も500m先を走っている。もうメダルは無理だ。あとは自分のペースで走れ」と本当のことを言ったら気落ちして棄権してしまうかも。そこは、嘘も方便だろうけど。

まあね、部下のお世辞や「大本営発表」みたいな報告を信じてしまう無能な上司も多いけど。

今、1年以上も店舗の賃料を滞納している借主に「纏めて払うよう」言っていて、それが為に恨まれて嫌われたのも知っているが、逆恨みもいいところ。事業継続支援金200万と家賃補助とで併せて240万の補助が受けられたのだから、120万ちょっとの滞納賃料が払えないワケが無い。だいいち、仕入れとかでなく別の借金返済や生活費に回してしまったなら制度の主旨を間違って捉えていることになる。

もう16年もブログをやっていて、初期の頃から私の考えに1から10まで賛同していた人は必ず離れていっている。その時は味方でもあり理解者でもあったとは思う。私も「あなたの考え方は間違ってないよ」と言われれば嬉しいし安堵するけど、100%消えている。「それは違うと思う、こういう見方もできるよ」とハッキリ指摘してくださっている方は今も付き合いが残っている。

ブログがご縁でいろんな相談を受けるけど、相手が期待している、あるいは実は自分なりの結論を持っていて、私が「あなたは間違ってないよ、それでいいと思う」と言って背中を押してくれることを期待してやって来たけど、私が「違う回答」とか本音を言ったことで離れていった人もいるしね。私はそういうことで人から嫌われることは何とも思っていない、それで離れていったとしても気にしない。「来る者 拒まず、去る者 追わず」である。この考え方は、私が尊敬する同業の女性社長から教わったこと。

それと、私が特に親しくしていた友人との別離で悩んでいた時に、横浜のTさんから掛けて頂いた「それは、互いの役割が終わった、ということですよ」という言葉にはもの凄く救われた。互いに、代わって役割を果たしてくれる人が必ず現れるもの、そう考えれば気持ちが楽になる。いや、楽になった。


先日、私が読んでいる「60億人の名言」というメルマガに、こんな言葉があった。

 十人が十人とも悪く言う奴、これは善人であろうはずがない。だからといって
 十人が十人ともよくいう奴、これも善人とは違う。真の善人とは、十人のうち
 五人が貶し、五人が褒める人物である。


                   (孔子 中国の思想家・哲学者)

我が意を得たり、である。まあ、5:5じゃダメで、私は(貶す)2:8(褒める)か、1:9くらいがちょうどいいと思う。私自身も、今まで付き合ったり面識のある人ではそれくらいの比率で好かれたり嫌われたりしていると思っている。私の場合「どちらでもない」は希少だろうな。いや、「だから私は善人だ」と言っているのでなく、「誰からも悪く言われないような奴が世の中に役立つハズは無い」と思っているだけ。

posted by poohpapa at 06:25| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする