2016年10月30日

ハロウィンのバカ騒ぎは大嫌い

今日はすっかり寝坊して、布団の中で携帯で時間を見ていて間違えてしまった。ノルンが「お腹すいた〜」と起こしに来たけど「まだ5時17分じゃん」と思っていたら6時17分・・・。

メールチェックして、一通返信をして、こんな時間(今7時26分)になってしまったので、手短に。

昨今日本でもハロウィンが大盛況で、昨日は立川でも何組もの仮装集団に会った。異様としか言いようがなく、本人たちは楽しいのだろうけど私からすれば不快である。そんなのは家の中でやれ、である。

日本で定着し始めることになった元凶はディズニーランドかなあ・・・。バレンタインデーなんかは許容誤差の範疇だが、ハロウィンを不快に思う人のほうが多いだろう。水道橋博士ではないが、「東京ではハロウィンを禁止にせよ」と言いたくなる。いや、東京だけではない、全国で、だ ( `ー´)ノ

posted by poohpapa at 07:32| Comment(12) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

細かな話で恐縮だが・・・

先日、ヤフオクで本を1冊落札した。定価3600円の1割以下の値段で、通常の落札価格と比べても1/3ほど。なのでそれ自体は有り難かったのだが、説明書きに送料が「一律460円」とあって、「そんなにしないだろうに・・・」と思っていて、ゆうメールで届いた荷物の送料を見たら、350円・・・。

たまに、「梱包費用を含む」という高めの送料の表示があって、仕方ない場合もある。梱包資材だって掛かるのだし、100円とか200円の本を送るのに「送料だけ」だと手間賃にもならず赤字だろうから。

そういう表示があって送料460円なら「ま、しょうがないだろう」と思えるのだが、届いた本の梱包に使われていたのは廃材だったし、「差額の110円はどこに行ったのでしょう?」と訊きたくなる。安く落札したのだから「差額は返すべきでは」と出品者に要求したりはしないけど、「なんだかな〜」である。

しかも、先に出品者から私に付けられていた評価は「非常に良い」ではあったが、内容はヤフーから用意された定型文「ありがとうございました。とても良い取引ができました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします」だったので私も初めて「同じ定型文」で評価を返した。あの(毎日ヤフオクで相当な件数の取引がある)ブックオフでさえ、手間が省ける定型文は使っていないのに。

低額商品の場合は仕方ないけど、送料は、原則的に(実費だけで)フェアにやったほうがいいと思う。説明文の「送料一律460円」に納得して入札したんだろ!?、という話にはならない。

私はふだん100円、200円で細かいことは言わないが、こういうのはハートの問題だから気になる。こういう出品者とは実生活でも付き合えないだろうな、と思った。後味の悪いオークションだった。



posted by poohpapa at 06:04| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

私がとっているメルマガから

毎日届くメルマガ「60億人の名言」の一昨日の名言。これ、もの凄く納得いくし嬉しい言葉 (^◇^)
 

≪ 今日の名言 ≫

 みんなが誉めるのは、おべっかである。六割が誉めて四割が貶すのが人材である。

                      (森 鴎外 小説家、軍医)


さて、今日は午後から保険会社「日本共済」の研修で水道橋まで向かう。以前に代理店になっていた日本少額短期保険では「適時研修を開催しています」と言いながら当社で代理店をしていた7年間で一度も研修が開かれていなかった。私にとって日本共済での研修は2度目で、テーマが変わる度に必ず受講するようにしている。何より、当社の担当者は3ヶ月に一度くらいは訪問してくださる。日本少額短期保険は7年間で一度だけ、しかも最初に挨拶に来ただけでその後はゼロ。替えて良かった (*^_^*)





posted by poohpapa at 04:55| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

降旗学が二人いる???

頂いたコメントへの返信を放置したままにしておりますが、もう少し(かなり?)お待ちください。

このブログは本来「コメントのやり取りが命」ではありますが、正直なところ、コメントの返信をするのには記事を書く3倍ほどのエネルギーを必要とします。記事は「好きなこと」「思ったこと」を書くだけですが、コメントの返信は、(ほとんどが)会ったことが無い人、そして顔が見えない人の思想信条や状況、心理などをなるだけ正確に推測して、噛み合うように、そして傷つけることが無いように書かなければなりません。なので、体調が優れなかったり、何らかの要因で一度テンションが下がってしまうとなかなか返信が書けないのです。ま、たまにキツい返信を書く時もありますが、相手によりけりですね。

時に、相手の劣悪な人柄や悪意が瞬時に伝わってくるコメントもありまして、「こんなのには返信しなくてもいいんじゃないかな」「削除してもいいのかな」などと思いながら返信していることもありますね。


で、本題、

先日、海老蔵氏からの奥様の病気取材自粛要請に対してダイヤモンド・オンラインの降旗学が書いた恫喝もどきの記事への批判をこのブログで書いていまして、そのあたりから返信が滞り始めましたが・・・、同じ降旗学氏(ここからは「氏」が付きます^^;)が書いたこんな記事、極めてマトモな内容でした。

「元米兵」が殺人事件、メディアは沖縄の真実を伝えているか

同一人物が書いたとは思えないものでして、この記事は正論だと思います。降旗学氏、海老蔵氏に対する記事を書いた際にはどこぞ具合が悪かったりしてたんでしょうか (*^_^*)


ここからはプライベートなお話。自律神経失調症は相変わらずですが、最近は(吐き気ではなく)たまに気持ちが悪くなることがあります。1ヶ月後に迫ったペルー旅行までは何とかもってくれないと・・・、と思っております。そう言いつつ、病院には行きません。行くと具合が悪くなるので (*´ω`)

例年になく、今夏の異常気象は肌で感じております。皆さまもどうぞお気をつけて。




posted by poohpapa at 04:40| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

少しだけ、誤解を解いておこうかと・・・

記事の更新を休んでいると、もの凄く楽ではあるけど手持ち無沙汰でもある。ならば、コメントの返信くらい早くすれば良さそうなものだが、そういう気力もイマイチ湧いてこない (*´ω`)

ここにきて、何人かの方から「ハリケーンさんとのコメントのやり取りが更新を休んでいる理由ですか?」と訊かれたので、ハリケーンさんの名誉のために、そうでないことをお伝えしなければ、と思った。いや、正直、それもある。本音では「面倒くせえ男だなあ・・・」と呆れてもいるから。だが、それは比率としては小さなもので、「複合的な理由」、つまり、様々な理由が重なってのこと。

先日もハリケーンさんとは水面下で「鰻を食べに行きましょう」と話していて、その際に「存在意義については私の主張が正しい」と念押しする執念深さで、頭にきたからハリケーンさんに奢らせるつもり

で、コメントの返信を放置したままで恐縮だが、読み手さんに質問したいことが・・・。

7月9日に、2008年3月11日の、今から8年以上前の古い記事「市役所への殴りこみ敢行(*^^)v」にHN「癇癪嫌」なる人物から入った以下のコメントに関連した質問。

市役所の対応が悪かったことはともかく、私も業者として市役所によくいきますが、癇癪起こして怒鳴っている人を見ると情けないですね。同じ業者なら尚のこと。
いくら腹が立っても、人間なのだから、怒鳴りつけたり、人様を呼び捨てにするなど、無能よりタチが悪いです。
男の癇癪は情けないですよ。まあ、その年でそのような人間性になってしまっているのだから、もう改善なんてできないわけで、俺は俺でいいと開き直るしかないのでしょうが、育ちのせいか人格形成の問題かはたまた遺伝なのか分かりませんがお悔やみ申し上げます。


コメント主は、私がどうして市職員にそういう態度で当たったか何も分かっていないと思う。というか、本人は正しいことを言っているつもりだろうけど、思慮が浅いし、匿名で発言できるネットの中で、こんなふうに書き捨てする時点でアウト。面と向かって言うだけの度胸は無いチキンハート、と見た (^◇^)

私が、何か言われて直ぐ激高したとか、立場の弱い人間に当たり散らした、というのなら「癇癪を起こした」「癇癪もち」ということになるのだろうけど、私は計算ずくで、狙いがあってしていること。もちろん、市職員に対しては本気で怒っているが、普通はただの腹立ちまぎれでそんなことはしないもの。

宅建立川支部役員に対しても似たようなことをしていて、同じ理由からである。狙いは明確に二つ

では、私の狙いが何だったのか、解かる方がいらっしゃるだろうか。その答えをここに書いてしまって、市職員が読んだなら、「ああ、そういうことか」とネタバレしてしまうので明かさないけど・・・。なので、この質問に対するコメントへの返信はできないので、どうかご了承を m(_)m

ちなみに、立川警察の警察官にも「ふざけるな!」と怒鳴りつけることが度々あるが、それは別の理由。

これ、ピンとくる(解かる)方がいらっしゃるなら、そういう上司、あるいは部下を持ちたいもの、と思う。こういうの、戦国時代の武将なら何も言わなくても阿吽の呼吸で解かってもらえることだろう。

ま、そんなに難しい話ではなく、普通に思慮がある人なら直ぐ解かるとは思うんだけど・・・。

posted by poohpapa at 06:27| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

更新をサボってる間の「気になったこと」を並べてみた

ブログのネタはいっぱい転がってるのに、休んでいると楽で楽で・・・(おい)

で、気になったニュースなんかをいくつか並べてみた。

「自らの価値観優先」…国歌不起立で減給は相当

こんなの当たり前で、こんな女が今まで教師をやっていたことのほうが問題。ほとんど気違いレベル。

茨城・女性遺棄:「声をかけずに刺した」…逮捕の高2供述

見ず知らずの女性を殺す・・・、どうせ弁護団は「精神鑑定」を求めるんだろうけど、「刃物で刺せば死ぬ、銃で撃てば死ぬ」と解かっている時点で精神鑑定の必要など無い。ましてや(反撃される恐れのない)男でなく女性をターゲットにしているなら尚のこと。もっと言うなら「気違いでも有罪で、刑の服し方が違う」で良い。

石田純一が会見 「野党統一候補なら都知事選に出る」 「過去を蒸し返される」との懸念の声も…

SEALsのデモに参加している落ち目のタレントなんか出なくていい。「戦争は文化ではない」などという意味不明の主張も都知事選にはそぐわない。どうしてもと言うなら都知事選でなく今回の参院選に出るべきだったが、こんなのが政治家になったなら日本は護れないだろう。まさに勘違い男の典型。


政治や事件ではないが、私が惹かれたのがこちらの話題、

【動画】わずか26秒間で時速400Km到達! 世界最速記録を更新した日本製バイク「Kawasaki Ninja H2R」が無改造なのに速すぎる!!

動画だけ観るなら、こちら

こんなテストができる橋がある・・・、トルコは凄い。この橋を造ったの、日本の大林組じゃなかったかなあ。以前、ボスポラス海峡をクルーズしてた時に現地ガイドさんが橋を見上げて言ってたような・・・。

ご購入はこちらから (^◇^)

価格は5,724,000円(税込み)で、ちょっとした高級車並みだけど納得。


あと、明日の参院選投票日の前に、気になったこと。うちの街のポスターの掲示板に、顔写真も候補者名も無い「支持政党なし」というポスターが4枚も貼られているが、これは「私はとくに支持政党が無いから、その場合は『支持政党なし』と書けばいいのか」という有権者の勘違いを狙った政党名と思われる。構造的には巷でよくある「振り込め詐欺」と似ているような・・・。こういうのを認める選管に喝


posted by poohpapa at 06:05| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

降旗学記者の記事を私が批判する理由

海老蔵氏の奥様の病状に関する報道を巡って書かれた降旗学の記事がどう間違っているかを纏める。

この記事、題名の「海老蔵の取材自粛要請に週刊誌が応じない理由」というのを見ただけで、内容が酷いものであることは直ぐに判った。読まなくても判る、ということ。

これが「私が海老蔵の取材自粛要請に応じない理由」と言うならいいのだが、最初から逃げを打っている。子供の喧嘩で「〇〇ちゃんも言ってたもん」と言うのと同じくらいのレベル。「そう考えているのは私だけではない、だから私の言い分が正しい」と暗に言いたいんだろうけど、公に意見を発表するなら、例え他社も同様に考えていたとしても「私はこう思う」と書くべきで、卑怯である。

次に、私の記事で書いているが、

「病気だからそっとしといてくれ、と言うなら、子供のお披露目なんか取材してやらないよ」という内容は、半ば脅迫(恫喝)である。海老蔵氏は「本人のストレスだけでなく近隣の迷惑になるから」と、至極あたりまえのことをお願いしているに過ぎない。「覚醒剤や大麻使用といった不法行為や不倫したことを内緒にしといてくれ」と言っているのなら海老蔵氏の勝手だが、そうではない。

そして、

「海老蔵氏の気持ちは理解しているが、しかし、そこで“はい”と引き下がったら、雑誌メディアは存在意義を失う」という主張。「需要があるから書いている」というのはゴシップネタで食べている雑誌メディアの勝手な言い分である。それは「存在意義」ではなく、自分たちにとって都合のよい「存在理由」でしかない。

では、例えば、パチンコ屋や風俗店に「存在意義」はあるだろうか。需要があっても、そこには存在意義なんか無い。現代のようにネットでH動画が自由に観られる時代と違って、そういう情報を得られる機会のほとんど無い時代の赤線であるなら存在意義があったと思うし現代の風俗店も必要とは思うが、それでも風俗店に「存在意義」までは無いだろう。需要の有無で存在意義を語るのは愚かな話。

私の親父も生前はパチンコが大好きだったが、需要があってもパチンコ屋に存在意義は無いと思う。パチンコ屋に存在意義を認めているのは金正恩くらいのものではないか。

これが、時期を合わせて、さりげなく「症状別の癌の名医100選」とか「がんを克服した人たち」という特集を組むなら「存在意義は無い」とは言わない。

互いに有名人でもあるのに1年8ヶ月も奥様の病気を隠し続けていた海老蔵氏の辛さがどれほどのものだったか。報知新聞のスクープによって、もう隠さなくてよくなった時の海老蔵氏の安堵と新たに始まる別の辛さ、というものを本当に降旗学が理解しているなら、あんな記事は書けないと思う。

そんなだから、ところどころ海老蔵夫妻を気遣うような前置きが書かれていても本音ではそんなことなど全く考えていないのは透けて見えている。どう尤もらしい理由を並べても、「自分が食べていく為に人の不幸をネタにしている」ことへの言い訳でしかない。

キツイ言い方だが、あんな記事を書くような人間に育てた親の顔が見たい、それくらいの思いである。


                                       以上


 コメントの返信はしばらくしませんのでご了承ください。




posted by poohpapa at 06:13| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

病気こそは最大のプライバシー

市川海老蔵氏の妻である元フリーアナウンサーの小林麻央さん、報知新聞のスクープで進行性の癌であることが世間の知るところとなり、夫の海老蔵氏が会見を開いたが・・・、

その後も「病状はどの程度まで進んでいるか」とか「どんな治療を行っているのか」とか、テレビでは専門家と称する人たちが想像で(分かったようなことを)語っているし、ネットでもいろいろ書かれている。

だが、私の感覚だと、それが有名人であれ一般庶民であれ、「病気」というのは最大のプライバシーで、年収や家族構成や家族の状況なんかより遥かに重いプライバシーだと思われる。昔から、国王や政治家(首相や大統領クラス)の健康に関する情報は国家機密並みに緘口令が敷かれていたし。

今、巷間で噂されているのは憶測でしかないし、一過性の病気というならともかく、夫の海老蔵氏も会見で説明したのだから、もうワイドショーなどで取り上げるのは止めるべきではなかろうか。

posted by poohpapa at 07:15| Comment(8) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

虫の知らせだったのか・・・

昨日、拙著をヤフオクで落札した話を書いているが、今日たまたま出版元の五月書房さんが破産していたことを知った。昨年の12月2日付で破産手続きが開始されているから、もう整理は完了していると思われる。もしかすると私の本も「足を引っ張った」一因になっていたかも知れない。

ヤフオクで定期的にチェックしていたが、一週間ほど前、久しぶりにチェックしたら出品されていたので落札したのだが、今思えば虫の知らせだったか・・・。発売された時、五月書房さんが10冊ほど送ってくださって、その後で、ある読み手さんが10冊購入して送ってくださった。それも残り数冊になったのでそろそろ買い足さないと・・・、と思っていた。本屋さんで(定価で)買わないのにはワケがある。

私は印税を頂いていない。契約書は交わしているが、一度も問い合わせたり請求したりしていない。なので、定価で買わなくてもいいかな、とは思っていた。約定どおり頂けたなら2ヶ月分の生活費くらいにはなっていただろうが、そんなのは印税としたら「はした金」だし、自分の懐を痛めずに本が出せたのだから感謝こそすれ不満は無い。むしろ、不義理したかな、と後ろめたく思ったくらい。

で、昨夕、Amazon で見たら3冊出ていた。そのうち2冊を購入。3冊とも買わなかったのは、残りの一冊はナンと、4482円だったから、である。PC の画面を見て、思わず「売った!」と叫んでしまった。

その後で、高島屋のジュンク堂書店と、隣のオリオン書房にも行ったが在庫は無かった・・・。在庫があれば定価でも購入するつもりではいたのだが・・・。その際、高島屋で「ある人」にバッタリ会った。高島屋で会うのは当たり前の人で、立川店の総支配人である。以前、大九州物産展で広告の品のパンを求めて毎日通い、
ついに最終日まで届かなかったことにクレームを申し立てて、その際に直接お話しさせて頂いたのと、伊勢丹の物産展の会場でお見掛けして声を掛けさせて頂いたりした。それ以来、である。

私が下りのエスカレーターに、総支配人が上りのエスカレーターに乗っていて、私が「マネージャーさ〜ん」と声を掛けると上に向かっていたのに逆行して下りてきてくださった。小学生みたい (^◇^)

しばし立ち話をさせて頂いたが、大きな組織の長であるにも関わらずこんなにも腰の低い人に私は出会ったことが無い。私が客という立場でなければ親しくお話しさせて頂くことなどできない相手である。

以前、高島屋の大九州展の会場で「いいから総支配人を呼べ」と言って(たぶん渋々)来てくださった時には「どんな酷いクレーマーか」と思ったことだろうけど、理詰めでお話ししたし、直接責任の無い店頭のスタッフには「嫌な思いをさせてしまったから」と後でチョコレートを届けたりもしていて、そういうのもご存知だろうから、とくに私に対しては嫌悪感はお持ちではないと思う。ま、そう思いたい (*´ω`)

挨拶の声掛けだけで終わらせて頂くつもりだったけど、逆走してまで来てくださったのには恐縮した。

ところで、Amazon で2件のクチコミが書かれていて、どちらも高く評価してくださっていて安堵した。本を読まれた方が私に部屋探しを依頼してくださったり、本を通じていろんな思い出がある。70年もの歴史がある出版社が幕を下ろしたのは寂しいが、それも時代の流れなんだろうか。

posted by poohpapa at 05:13| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

「ズートピア」に見る差別観??

今朝は、いつもどおり4時に目が覚めたが、三度寝してしまい、起きたのは6時半・・・。

昨日観に行った「ズートピア」、なかなか良かった。ネットでは「差別や偏見に対するメッセージが込められている」とか(観た人の感想が)書かれていたが、私はそんなことは考えずに単純に映画を楽しんできた。人間社会には必ず(立場的にも経済的にも)弱者と強者がいて、差別なんて無くならない。偏見だって、人は過去の経験から判断基準にしてたりして、一概に非難できないケースは多い、と思う。

我々の業界で言えば、過去にC国やK国の人に部屋を貸して大変な思いをしたなら、次にまたそれらの国の人から「部屋を借りたい」と言われた時に家主さんが断るのは仕方ないと思う。

問題になっている(在日の人たちに対する)ヘイトスピーチでも、「死ね」だの「出て行け」だのと言う表現方法が行き過ぎているのであって、「日本人と比較してこれだけの特権や恩恵を受けているのは逆差別と言えるのだから、ここはこう改善すべき、撤廃すべき」と言えば良かったのと、攻撃する対象が間違っている、ということ。先ず責めるべきは在日の人たちではなく、日本の役所や政府であろう。私は、在特会の主張内容そのものは概ね正しいと思う。私も本音では在日の人の部屋探しはしたくない。

もちろん、日本人にも悪い奴はいるし、C国やK国にも良い人はいる。以前も書いたが、私の感覚では「日本人の悪い奴」と「それらの国の良い人」の比率は同じくらい。ま、どちらも5%くらいかな。

過度な表現や過激なデモで主張の正当性を自ら毀損していて、「奴ら本当に日本人なのかな、逆にそれらの国が仕組んでいるのでは?」と思えるくらい。やってることは「日本に対する破壊行為」だから。規制法まで成立してしまって、これからは日本人が(その件で)正論を言いづらくなってしまった。


そして、例のアメリカの動物園でのゴリラ射殺の一件、日本で msn.の記事に寄せられたコメントを見ると、意外にも「動物園の判断は正しかった(仕方ない)」と言う意見が多い。日本人は「人の命は地球より重い」という感覚でいるのだろう。そんなのは「時と場合による」のだが・・・。

もう動物園は要らないのではないか。現物を見なくても、今はテレビやネットでいくらでも見られるし、そういう環境にない人は友だちのところで見させてもらうことも出来る。そういう媒体が無かった頃と現代では社会の環境がまるで違うのだし。大きさは実物を見ないと実感できないとしても、べつに実感しなくても良いのでは、と思う。「この世(全ての国)から動物園を無くす運動」が起きてほしいものだ。

ところで、夜になって、先日お母さんを亡くされた娘さんに電話して、「こういう映画がありますが、ご覧になりますか?。宜しければチケットをお送りしますよ」と伝えたが、「ズートピア」のことはご存知で興味はおありになるようだが、なんせ今はバタバタしていて時間が作れないよう・・・。ま、それはそうだろう。それで「いつまで上映されているかは不明ですが、行けそうになったらお早めに声を掛けてくださいね」とお伝えした。内容的に、きっと励まされることと思う。

posted by poohpapa at 07:32| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

ちょっと嫌〜な感じ・・・

駅方面から戻ったら、現在吹き荒れている強風で、うちの店の真ん前にいつも停められている自転車がひっくり返って歩道を塞いでいた。たまに消えていることもあるが、常に見張っているワケではないから持ち主が誰だか分からない。ただ、うちの店の真ん前だから、通行人はうちの自転車だと思うだろうし、自転車が倒れているのに知らん顔している、とも思うだろう。近所のスポーツ用品店の前に停めてあった自転車も倒れていて、何人もの通行人が通っていても知らん顔をしている・・・。気持ちは解かる。

うちの店の前の自転車だって、私が起こして置き直せば「やっぱり不動産屋が放置していたのか」と思われかねないし。そうであっても何かの事故に繋がるとマズイので、どちらも私が元の位置に戻した。

それですっかりテンションが下がっている。そうだ、今度倒れていたら遠くへ移動しておこう。

posted by poohpapa at 11:51| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

日本年金機構の変わらぬ体質

旅行記はお休みさせて頂いて・・・、


日本年金機構(立川年金事務所)から当社宛に封書が届いた。開けてみると・・・、

「厚生年金・健康保険の加入義務について」とあって、申告書のような書類が3種類入っていた。

一つが、「厚生年金・健康保険 被保険者資格取得届」

次に、「厚生年金・健康保険 新規適用届」

そして、3枚複写の「健康保険被扶養者(異動)届」、の3種類。

書類には社会保険労務士の署名捺印欄があるが、うちは私一人でやっているし社会保険労務士と付き合いは無い。書き方の見本もあるが、どうにも解かりづらい。法人ナンバーの記入欄もあり、迂闊に書いてよいものか相手が相手だけに疑わしい。それで立川年金事務所に電話してみた。

掛けること10回目でようやく繋がった電話に出たのは男性職員。「うちは私一人しかいませんし、既に年金も受給しています。それでも提出する必要がありますか?」と訊くと、「株式会社であるなら70歳までは年金の支払い義務があります。最近は会社組織でありながら年金未払いのケースが多く見られますので調査しています」とのこと。「でも、年金を受給している者が年金を払うなんて、おかしいでしょう?」と言うと、「はあ、まあそうなんですけど・・・」と煮え切らない。さらに追い打ちをかけた。

「私は60歳になる少し前にそちらに伺って担当者に教わりながら、60歳で年金の支給を開始して頂くことと、今後は(受取額が減ったとしても、最低限の月数はクリアしているので)この先は年金を納めなくて良い手続きをしています。そちらの窓口で手続きしたのに、今になって溯って払えは無いもんですよね」と言うと、「では改めて説明しますのでこちらにお越し頂けませんでしょうか?」とのこと。「嫌だ!」と答えた。そういう用件なら「そっちから来い」である。

「だいたいが、送られてきた書類には『期日までに書類を返送しないと立ち入り検査が入るよ、罰則があるよ、溯って請求されることになると凄い金額になるよ』って書いてあるけど、アンタら年金の資料を失くしたりデータを漏らしたり、運用に失敗したりして国民が収めた年金を目減りさせておきながら、誰か責任を取りましたっけ?。それでいて、国民には調査に協力しなければ罰するよ、は無いもんでしょ!?」と言ってやった。

さらに、「封筒の中に返信用封筒が入ってなかったけど、たまたま?」と訊くと「入れてません」だと。今時、調査に対する回答依頼をしておきながら返信用封筒を入れない組織がどこにある!? ( `ー´)ノ

「黄色い紙の一番下にある宛先に送って頂きたいのですが・・・」と言う。なんたる傲慢、不親切。我々の仕事で、家主さんやお客様と郵送で書類のやり取りをする際、もし(切手を貼った)返信用封筒を入れずに送ったなら、当然にそれだけでいっぺんに評価を下げることになる。

これ、もし返信用封筒が入っていたなら、問い合わせの電話を入れずに生真面目に回答して返送していたかも知れない。そういう意味では返信用封筒が入っていなくて助かったのかも。

担当者も全く反論できないでいたから、自分でも「このやり方はマズイな・・・」と思っていたんだろう。

「あのね、立ち入り調査でも何でも入れなよ。私はかまわないからさ」と言って電話を切った。

実のところ、60歳前に年金の支払いを止めてはいたが、その間も「いつ督促が来てもいいように」積み立てていて、その金額が30万を超えたところで「3.11東日本大震災」が起きたので、年金で支払うよりおカネが生きると思って全額を寄付させてもらっていて、うちの収入では年金に回す余裕は無い。

これらの書類、私がもし年金事務所に問い合わせずに、(善意で)できる限り記入して、封筒も用意して宛名も自分で書いて切手を貼って年金事務所に返送していたなら、上記の2番目の書類「厚生年金・健康保険 新規適用届」によって、私が「遡って年金を支払う」ことが確定されてしまっていたようだ。

こんなでは、日本年金機構は何も反省していない、と思われても仕方ないだろう。軽〜く何人か処分しただけで自分たちは損失補填など一切せずに国民に埋め合わせさせようとしているのだから。個人的には「当時の幹部職員の全資産差し押さえ」くらいして欲しかったと思っている。ほとぼりが冷めた頃にこんなことをやっているようでは、日本年金機構・・・、看板を掛け替えても体質は全く変わっていない。

posted by poohpapa at 06:45| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

自分で言うな!

ガストのモーニングに行くと読売新聞の朝刊が置いてある。「ご自由にお持ち帰りください」となっていて、たまに持ち帰る時もあるが、今日は持ち帰らなかった。だが・・・、気になる紙面が有った。

読売新聞で、最初に読むのは四コマ漫画「コボちゃん」、次が「気流」(投書欄)、次いで「人生案内」(相談)の順である。それから他の記事を読み進めるのだが、今日はその人生案内と投書が気になった。

人生相談では、介護の仕事をしている女性が、家に帰っても母親の介護をしなければならず、ついつい母親にキツく当たってしまうことで悩んでいる内容。それに対する最相葉月氏の回答が素晴らしかった。

相談者の気持ちをよく鑑み、丁寧に自分の思いを伝えた後で、こう結んでいる。「誰もあなたを無責任だなんて非難しませんから。いえ、させてなるもんですか」と。その言葉は、どんなにか心強く相談者の胸に響いたことであろう。読んでいて私もウルウルきてしまった。


一方で、「気流」の中の投稿。自らの不妊体験をもとに、先日の大阪の中学校の校長の発言を「無責任」だと指摘している。私が気になったのは、そう指摘したことでなく、過去に「女は2人以上子供を産まなければ日本が潰れる」と言われたことがあって深く傷ついたことがある、という記述。

最近は、政治家やテレビのコメンテーターやタレントの発言に、やたら「傷ついた」と言い出す人がいるが、そんなのは「自分で言うな!」である。傷つく(傷ついた)かどうかは周りが判断や配慮するもので、本人がやたら申告するものではないと思う。そう言うと「本人でなければ解からない苦痛なのに冷たい人だ」と言い出す人もいるだろうけど、最近は些細な言葉尻を捕えて「自分は傷ついた」とアピールする人が多い。中には「自分は被害者」とアピールすることで気を引こうとする人もいる。

そうするとどうなるか・・・、周りが気を遣わされることになるだけである。自分から「傷ついた」と言わなくても、そして「私は大丈夫」と言われても、ちゃんと見ている人は見ていてそれなりに対応するのだから、「そういうことは自分から言うな」、と言いたい。自意識過剰で責任転嫁をしているだけだ。

いろんな障害や困難に直面していても明るく前向きに歩んでいる人も多い。周りに気を遣わせて疲れさせておきながら「自分は傷ついている」などと言う・・・、私なんかは「だから何!?」と言いたくなる。

言えるのは、すぐ「傷ついた」なんて言う後ろ向きな人間には幸せは訪れない、ということ。

posted by poohpapa at 08:56| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

あ・・・、荻原博子氏の真似をして言いたくなった (*´ω`)

「トランプ氏を見て、不動産屋はみんな胡散臭い、とは思わないで頂きたい」

posted by poohpapa at 09:19| Comment(10) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

最近つくづく思う

アパート経営をする権利は誰にもあるが、家主たる資質の無い人間がすべきではない、と・・・。




posted by poohpapa at 05:15| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

技術の進歩に驚愕した一日、の続き

昨日から断続的に自律神経失調症の症状が出ていて辛いので本日は短めに (*´ω`)


先日の、「ほんまかいな・・・??」というくらい転送速度が遅いマイクロSDカードの話の続編、

7.48Gの音楽データの転送、48mb/秒のマイクロSDカードを使っているのに4時間半(270分)も掛かったので、ビックカメラでSONY製の70mb/秒の物を購入して改めてデータを転送してみた。

同じ機器を使っていて、転送速度が約1.46倍とはいえ要した時間は26分。つまり、1/10弱。実質的には6.84倍のスピードで転送されていることになる。まあ、本来はそんなものなんだろう。

もう一つ、転送したデータ量を確認したら、先のは転送したデータの数値が1割程度足りなかった。いっぺんに大量のデータを転送しようとしたのも良くなかったのかも知れない。今度、時間のある時に「抜けている曲が無いかどうか」1アルバム毎にチェックしながら、ゆっくり転送を試みてみたいと思う。

先のは東芝製(台湾で製造)とのことだったが、やはり「バッタもん」は買うべきじゃないな ^^;

あ・・・、よく見たら、SONYのも台湾製だった (*^_^*)



posted by poohpapa at 05:37| Comment(7) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

技術の進歩に驚愕した一日

一昨日から腰痛で、昨日はいつも楽しみにしているガストのモーニングにも行かなかったほど。

座っていて立ち上がる時とか、寝る時、起きる時が最も辛く、立ち上がって真っ直ぐ立ってしまえば楽だし、歩いている時は腰に響かないのだが・・・。ま、今朝は昨日までよりいくらか症状が改善したものの、原因に心当たりがないだけに気持ちが悪い。

モーニングには行かなかったが、ランチは家でとり、午後は伊勢丹に出掛けた。2階のバレンタインフェアに寄ると、馴染みの売り子さんがバレンタインのチョコをくださった。以前も(自分の銭では絶対に買えない)一粒で1000円近くもする超高級チョコが8粒も入ったのを二箱も頂いたことがあって、値段が高いからでなく、そのチョコが今まで食べた中では最高に美味しいチョコ。一口食べただけで凄さが分かったほど。世界大会で優勝したフランス人ショコラティエの作品だったようだ。「奥様と二人で食べてね」とのことだが、私は味が分かればいいので一粒だけ頂いて、あとはうちのに食べてもらおう。


さて、以前からバックアップ用にしていた SONY のウォークマンがついに壊れてしまったので、新しく16Gのものを購入して、マイクロ SD カードにも楽曲を保存することにした。うちは大きな家電、たとえば冷蔵庫やエアコン、洗濯機、テレビなんかは(昔からよく知っていて信頼が置ける)埼玉の電器屋さんにお願いしていて、小物は近場のビックカメラで購入している。ま、株主でもあるし・・・ (^◇^)

で、そのマイクロ SD カード、東芝製で32G 、しかもクラス10で「48 mb / 秒」という速さ、それがナンと1枚880円で購入できる。うちのが初めてデジカメを購入した時、メディアが64 mb で18000円もしたのを今も嘆いている。記録容量が500倍であって値段は約1/20である。てことは、20年もしないうちに1/10000になった、ということ。容量もだが、転送スピードも格段に速くなっている。

指の爪くらいの質量で、CD 220枚分を記録して、それでも容量の1/5しか使っていない。私が購入したのは32 G だが、128 G も出ていて、そんな膨大な情報をどこに記憶するんだ!?、くらいの話。

ただし、さすがにマイクロ SD カードに保存を完了するまで4時間半もかかったし、CD ラベルなんかの情報を得るのにそこから1時間半も掛かっているから転送だけで半日仕事。転送そのものは夕方6時前から始めて10時過ぎに終わったが、あとはうちのに任せて寝てしまった。

ところで、本来はウォークマンをPCに接続するとMedia Go という音楽と画像のソフトが立ち上がるハズであったが、上手く立ち上がらないのでメーカーのサービス部門に電話すると、担当した女性が非常に詳しく教えてくれた。その教え方というのが、私の PC 画面と同じ画面を担当者も観られるようにして、私の PC 画面にマーカーで「ここをクリックして」とかの指示を出してくれる方法。それだと、私のような PC 初心者でも間違えることは無いからとても有り難い。それでも30分以上も掛かったが (*´ω`)

ん、待てよ・・・、私と同じ画面を観ている、ということは、壁紙がJR SKI の平祐奈ちゃんの写真になってることも、ショートカットに橋下マナミが置いてあることもバレバレだったか・・・ 💧

きっと、「このオヤジ、なに考えてんだ!?」と思ってただろうな・・・(滝汗)

posted by poohpapa at 06:41| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

おせちのフチ子・・・

以前とりあげた「イオンのおせち」にオマケで付いてくるフチ子、またヤフオクで出品されたのだが、

開始価格は18000円で早々に入札者が現れた。元々のおせちの値段は15000円(税別)である。当然におせちは出品者が食べていると思われ、料理は無くなってるのにフチ子だけで18000円・・・。

「需要と供給の関係」、大袈裟に言えば「自由経済の原則」かと思われるが、あんまりだ ( `ー´)ノ

これで今年の年末もイオンは新しい柄の着物をまとったフチ子をオマケに付けたおせちを発売するだろう。どう見ても「5000円でも高い」と思われる内容のおせちをオマケで釣って15000円で販売するのだから、イオンは阿漕、と言えるかも知れない。今年の末に再び売り出されても私は買わない。イオンの思惑に乗りたくないから、である。

はい、解かってますよ、やせ我慢ですが・・・、それが何か!? (*´ω`)

posted by poohpapa at 06:05| Comment(10) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

晴れ着のフチ子、ああ、フチ子、フチ子・・・

ヤフオクに、晴れ着のフチ子が2種類ついた「イオンのおせち」(15000円;税別)のフチ子が2万円で出品されていたのを先日書いたが、一旦は出品されていたのが消えていて、当然におせちは自分で食べてしまっているのだから、さすがに「我ながらえげつない」と恥じたんだろうな、と思っていたら・・・、

すぐに2種類セットでなく別々に出品してきた。一昨日、両方とも落札されていて、

羽子板のフチ子のほうが、 9861円、

晴れ着のフチ子のほうが、14500円、

両方あわせて24361円、てことは、おせちの販売価格16200円(税込)より高い・・・。

他の出品者も出していて、羽子板のフチ子が12800円から始まって即決価格が16800円。

2種類セット(おまけ付き)で3万円から、という出品もあった。もし落札されたら、おせち本体2個が概ねタダになってフチ子一組が手元に残る、ということ。えげつないどころじゃない ( `ー´)ノ

オークションなんてそんなものなんだろうけど、なんだかなあ・・・、である。


さて、今日は朝7時に東京駅の近くの鍛冶橋駐車場(長距離バスの発着所)で若い女性と待ち合わせ。私の実家に連れて行って・・・、だとベッキーと同じになってしまうからしない (*^_^*)

立川からは東京駅の向こう側(千葉寄り)まで行って物件の案内。寝坊してしまうといけないので、3時半に目が覚めたからそのまま起きている。ま、普段の朝と1時間しか違わないし。なので、記事のアップも4時前である。コメントを頂いても、もしかすると明日の朝まで返信しないかも(ご容赦を ^^; )



posted by poohpapa at 03:56| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

今年1年を振り返って・・・

旅行中以外は概ね毎日更新してきた記事も、これが今年最後。この1年間もお付き合い、そして叱咤激励を頂き心より大感謝。私自身は記事を更新することで「継続は力なり」という言葉を実感している。

さて、不動産の賃貸仲介管理の仕事を始めて今年で26年。今年がどんな年だったかと言うと・・・、

26年間で最悪の年だったと思う。おそらく、この先何年この仕事を続けたとしても、これ以下の年にはならないと思う。それほどに惨憺たる年だった。良いことは何も無かった、と思えるくらいに・・・。

先ず、年初めのCyberの孤独死、である。それに伴う保険会社とのトラブルもあった。Cyberの元妻とのやり取りも虚しいものだった。弁護士も「生命保険金のうち大半が残る」と説得を試みたが、娘さん(母)は受け取りを拒否。それくらい元夫のCyberが嫌われていたんだろうけど、自分の要求だけしてきて他の人への配慮が全く無いのは情けなかった。幸い、Cyberの親族が皆さん誠実な方であったので、それだけが救いだった。


駐車場の慢性滞納者の契約解除の問題、勤務先の役員さんが誠実に対応してくれたので助かったが、そうでなければまだ解決していなかったと思う。「不誠実が洋服を着て歩いている」ような男だったから。


悪質な滞納者に共通している特性、それは、絶対に自分からは連絡してこない、ということ。何度電話しようが電話に出ないし、着信記録も残っているのに折り返してもこないし、留守電にメッセージを残しても、ドアに「支給連絡乞う」と貼紙しても、とにかく絶対に電話してこないのだ。もちろん、事前に「今月はこういう事情で家賃が遅れます。来月の〇日くらいまで待って頂けないでしょうか?」などと連絡してくることは当然に無い。


昨年から始まっていた生活保護の精神異常者とのトラブルと裁判、決着は来年に持ち越しになる。裁判は去年の11月から始まっているが、たかだか「入居者の不法行為による契約解除」を求めただけの裁判で、なんでこんなに月日が掛かるのか納得がいかない。弁護士もいろいろで、相手方の弁護士がキリのほう、ということもあるかと思う。うちの入居者にも協力者がいるようで、警察には逐一通報してある。

私が一番憤慨しているのは気違い本人より市生活福祉課の職員ども。無責任の極みだから。


うちの近所で建築中のビル、杭の長さ不足で社会的な大事件になった会社の親会社が建設していて、私が自分の体験から施主さんに「Hハウスは信用できない会社だと思うから選ばないほうが良い」と進言していたが、結局Hハウスと契約してしまったし・・・。もう少し問題の発覚が早ければ違う結果になっていたかと思う。


去年の11月から自分では家賃を払っておらず、連帯保証人さんに払わせていながら何の責任も感じていない男を立ち退かせるべく動いているが、ウソばかりつくし、とにかく無責任で難航している。勤務先も、先述の駐車場の滞納者の勤務先とは大違い。会社が信用を気にしてないのだから話が進まない。


20年以上の付き合いだった家主さんから管理を切られたこともあった。私としては納得はいかないが、まあ仕方ない。入居者の方にはご挨拶させてもらったが、不思議なことに、一番残念がってくれたのは私が最も苦手としていた入居者さん。あとの方はサッパリしたもの。ま、人間、そんなものだろう。管理を引き継いだ会社には求められるままちゃんと資料を提供させて頂いた。先方には何の非も無いのだから。この話は一昨年の出来事だったかなあ・・・。とにかくいろいろあり過ぎて記憶が飛んでしまっている。


いいこともあったんだろうけど、嫌なことがこれだけ多いと吹っ飛んでしまって記憶に残らない。ただし、今年がドン底であって、来年以降はこれ以下にはならないだろうから、そう思えば気楽である。

高校時代に付き合っていた一学年下の彼女の言葉、「私は嫌なことがあると『ああ、だから人生は楽しい』と思うようにしているの」という言葉、・・・忘れないようにしよう。

毎年思っているが、来年こそは良い年にしたいと思う。皆さんもどうぞ良い年を (*^_^*)


posted by poohpapa at 06:43| Comment(8) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする