2023年01月31日

有り難いけど、いつも一方通行だと辛い話

何度かこのブログでも書いている生活保護の高齢婦人、一昨日の夜、電話が掛かってきた。嫌な予感。

「今、店?、うち?」と訊く。7時半なんだから、あまり商売熱心ではない私が店にいるワケが無い。その高齢婦人からの電話なら、本鮪の中トロか焼き肉用の黒毛和牛を買ってきたから取りに来て、だと思う。今年はまだ何もお役に立っていないのだし、お年賀という時期でもない。私が「これからお風呂に入るとこ」と言うと、「じゃあ明日の朝、寄ってよ」だと。それで昨日の朝、行ってきたのだが、予想通りだった。

黒毛和牛の霜降りカルビの200gパックが3つ・・・、てことは600g、うちのと二人で一つでいいのに。それと、沖縄の銘菓サータアンダギーも、「昨日買った時に『今日中に食べてください』と言われたんだけど食べ切れなくて、だから早く食べちゃってね」と言われて、頂いてきた。それは昨日の私の晩飯になった。

牛肉2パックは冷凍しておいて後日再び焼肉を楽しむことに・・・、なんて言ってるとすぐ次が来たりして。

この高齢婦人、84歳だが、毎日スポーツジムに通っていて、週に何回かは都内のサウナに通っている。隣県に妹さんがいて、毎月、生活費を補助してくれていて、その分をいろんな人に美味しいものをバラ撒く資金に充てている。不正受給ではないが、そういうおカネは自分の為に使ってほしいもの。私と同類項で、「こないだの〇〇、美味しかったです〜」と言われるのを楽しみに生きているんだろうな、きっと (^^♪

頂きっ放し、というワケにもいかないので、こちらも美味しいものを持参したのだが・・・、「あ、私は食べない、要らない」と受け取りを拒否。いつものパターンではあるが、それだと真にもって心苦しい、困った。この(一方通行の)高齢婦人の根底にあるのは、「寂しさ」ではないかな。あ、私は寂しくは無いけど・・・。

と言いつつ、毎年、リンゴだの、季節と販売地域限定の「かもめの玉子」をドーン!と(私があちこちバラ撒く前提で)送ってくれる岩手のたあさんとか、この高齢婦人とか、毎年、気仙沼から新米やサンマをドカン!と送ってくれるKさんとか、同じような人があと3人くらいいてくれたら不動産屋やめちゃうんだけど。

ところで、一昨日、岩手のたあさんから依頼されていた立川独活(うど)の配送手続きをしてきた。今日あたり届くのではないかな、と思う。互いに損得を考えずにハートのキャッチボールを楽しめて幸せである。

posted by poohpapa at 06:45| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月28日

有り難いけど、困るんだよね

当社管理の物件に入居している老婦人から朝イチで電話があった。

「社長、ちょっと寄ってくれない?」とのこと。用件は今まで一度も訊いたことがない。役所から封書が届いたから見て欲しい、か、高級食材をくれるか、そのどちらかである。耳が遠いから一方的に用件だけ言って会話が成り立たない。となると、寄るしかない。行ってみたら、案の定、だった。

「今年一年世話になったね。これ、今年の締め、持ってって」、とビニール袋を差し出す。中身が透けて見えていて、本鮪の中トロの刺身と牛肉。相手は生活保護だし、私がしているのは管理会社としての仕事。個人的にお礼をして頂くような話ではない。貰い放し、というワケにはいかないから、こちらもたまに美味しいものを届けようとするが、「要らない、そんなもの食べたない」と強烈に辞退。本当かどうかは不明だ。

「あのね、私がしていることは仕事なんだよ、だから気にしてもらうことはないんだからね。うわあ、高級な刺身だなあ。私も、いつもいつも気にしてもらうのは辛いんだわ。これ、黒毛和牛の霜降りじゃん、美味しそう。だからもうこんなことしないでいいんだよ。ちょうど正月にすき焼きをしようと思ってたから助かるわあ。だいたいが〇〇さんは生活保護を受けているんだから、こんなことでおカネを使わないで自分の為に使いなよ。いい感じでサシが入っていてA5ランクの肉、うちのと二人で食べるのにちょうど良い400gかあ。毎度言ってるけど、もうこれからは気を遣わないでね。おかげで、いい正月が迎えられそうだわ

と言って頂いて帰った(おい

それで「相手の気が済む」と言ってもなあ、本当に辛いものがある。まあ、何か頼まれた時に快く引き受けるしかないか・・・。

今年の暮れは、あちこち(いろんな方)からお菓子を頂いた。それを適当に配っていたりもするけど食糧庫がお菓子で一杯。それらは相手からの感謝の証で、言わば、ある意味「不動産屋の勲章」みたいなものかも知れないな。えへん!、うちの店ほどお菓子を頂く不動産屋も少ないんじゃないかな、とは思う。

さて、腰が猛烈に痛いけど、今年最後の Jonathan's のモーニングに行ってこよう (^^♪

posted by poohpapa at 06:26| Comment(2) | TrackBack(0) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月07日

「細やかな善行」をしたつもりで自己満足に浸っていたが・・・

一昨日、某住宅メーカーのカレンダー配りに同行させて頂いた。当社の管理物件であるアパートを、その住宅メーカーで建てた家主さんが対象である。ただし、別の営業マンが担当として付いているケースは除くが。一日では回り切れず2〜3日かけて回るのだが、アパートの管理をさせて頂いていても普段は滅多に顔を合わせることが無い家主さんに挨拶できるから、私としても助かるしメリットがある話で有り難い。

その中の一軒のアパートにかれこれ20年ちかく入居なさっている娘さんがいる。国立病院で看護師長をしていたお母さんと二人で暮らしていて、そのお母さんが病に倒れ、当初は2階の部屋に住んでいたが、1階の部屋が空いたのを機に母親の為に1階に移り、長いこと母親の看病(介護)を続けていた。その母親が亡くなったのは2年ほど前。ところが、である。兄と姉は、気の優しい娘さんに母親を任せっきりにして、母親が亡くなった際も、お線香の一本もあげに来なかったとか。娘さんはそれで心を病んでしまった。

もともと、長く看護をしていた間も母親の顔を見に来ることも経済的な支援をしてくれることも無かったから最初から期待していなかったかもだけど、それでも亡くなったならお線香をあげに来てくれると微かに期待はしていたようだ。だが、兄姉で示し合わせていたのか、同じ多摩地区に住んでいるのに来なかった。それで、身寄りは誰もいなくなった。事実上、いわゆる「天涯孤独の身の上」になってしまった、ということ。

兄と姉はそれぞれに結婚して幸せな家庭を築いている。だが、娘さんは母親の介護などで恋愛どころではない。お化粧しておしゃれをしたなら可愛い女性だと思うのだが、結婚もできず、友達と遊びに出掛けることすらできず、世の若者のように外でストレスを発散することも叶わなかった。あまりに理不尽な話。

お母さんが亡くなって、外に出られるようになったものの、日常の買い物と通院以外ではもう外には出られない。私が「食事でもしませんか?、それくらいご馳走しますよ」と言っても、「そういうところに行くと震えがきてしまいますから難しいです」と辞退。「だったら気分が良くなったら声を掛けて」と伝えて、その後も機会あるごとに「食事に行こうよ」と誘って、ようやく1年ほど前にファミレスでモーニングをご一緒した。

贅沢は全くしていないのは知っていたので、近所まで行く機会があった時は美味しいお菓子を届けたりしていた。で、一昨日、以前このブログでも紹介した queen's 伊勢丹のキャラメルポップコーンを届けた。

「もし気に入ってくれたら、またお代わりを届けますよ」と言ったら、「いいです、いいです」と笑って辞退していたが、気に入らないワケがない。そのうちチョコレート系の他のお菓子も一緒に届けて差し上げよう。

と、思っていたら・・・、昨日電話があった。「あのポップコーン、もの凄く美味しかったです。止まらなくなりますね」とのこと。そこまでは良かったのだが、「私は糖尿も持っていますのでヤバイです。あれ?、以前に話してますよ」だと。いけねえ、お菓子を届けることしか頭に無くて失念していたよ。うわあ大失敗(滝汗

私は「喜んでもらおう」と思いながら娘さんの寿命を縮めていたりして・・・。でもまあ、言い訳がましくなるけど、そのあたりは娘さん自身で健康管理して頂こう。幸い、まだそんなに重症ではないし(無責任 ^-^;

一人で、友達とも会わずに生活していたならそれくらいの細やかなサプライズでもなければ心の病から解放されないことだろう。私には話してくれたが、冷たい兄や姉を責めるでもなく、一人で部屋に引き籠っていたのでは人生に絶望してしまうだろう。その状況で、よく自殺しなかったもの、と私は思っているくらい。

私は娘さんから信頼されていると思う。もしかすると、お医者さんは別にして、私は「娘さんが唯一信頼できる男性」かも知れない。いつも気に掛けてくれている、と認識しているだろうから。自画自賛だけど、そういう存在が一人でもいるのと全くいないのでは雲泥の差、だと思う。これからも娘さんの信頼に応えよう。

それにしても世の中「不公平」だ。こんな気立ての良い娘さんの苦労が報われないなんて。やっぱり神様などいないんだろな。「解かってくれる人が一人でもいるなら、それだけでいい」と思ってくれたら嬉しい。

うん、私はまだまだ死ねない。この娘さんだけでなく、私なんかを頼りにしてくれる人は何人もいるから。

posted by poohpapa at 05:47| Comment(6) | TrackBack(0) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月10日

え?、嘘でしょ!?( part 2)

サンマが届いた前日、うちの入居者(単身の高齢婦人)から「黒毛和牛カルビ」を2パック頂いている。

夫婦二人で2回「焼き肉」が楽しめる量である。う〜ん、正月以外では絶対に買わない肉だよなあ (爆

気仙沼のKさんもだが、私は大したことはしていない。役所から何か書類が送られてくると必ず私のところに持ってきてチェックを依頼し、私は送られてきた書類に必要事項を記入して、本人に署名や押印をしてもらい、役所に送り返すべく封印しポストに投函する、ただそれだけである。その対価としては高すぎる。

だが、辞退すると怒る。以前、(当時は予約が取りにくかった)コロナワクチンの予約を取ってあげた時に、やはり本マグロの中トロを2柵も届けに来て、「今回は有り難く頂くけど、そういうのも私の仕事だから気にしなくていいんだよ」と言ったら、次からは他の人に頼んだみたい。てことは・・・、牛肉や本マグロの中トロを「誰が貰うことになるか」の違いだけで、ならば、しっかり感謝して喜んであげればいいのでは。

その高齢婦人、私と似ている。いや、同じかも。美味しいものをあげて、相手が「うわあ、有り難うございます」「美味しかったです」と反応してくれるのを自分の喜びにしているんだろうな、うん、きっとそうだ。

そうだ、私もお返しはしていたわ。駅前で配っているポケットティッシュ、溜めておいて伊勢丹の袋に入れてドーン!と届けていたりしている。鼻が悪く、いつもポケットティッシュを持ち歩いていると聞いたので。

それも「もう要らないからね、うちに来る消防署のお兄さんがいっぱい届けてくれるのよ」だと。ということは・・・、その消防署のお兄さんも牛肉や中トロのご相伴に与っていたりしてね。ライバルじゃん! (おい

私は、自身のポリシーとして、「(面倒な仕事でも)どのみち自分がすることになるのなら、気持ちよく引き受けよう」という考え。嫌々やったなら相手にも伝わって互いに気分が悪いし、笑顔で当然のように引き受けてあげれば、どちらも気持ちがいいもの。時に「私に依頼するのが筋違い」の依頼もあるが、仕方ない。

だからかな、うちの食糧庫には(私も買うけど)頂き物のお菓子がいっぱいあって、いつも消費期限に追われている。自分では本当に見返りは求めていないのだけど、もしかして、顔に書いてあったりしてね。

それにしても、何年振りかの焼き肉、美味しかったあ。市役所、また何か書類を送ってやって (こら (^^♪

posted by poohpapa at 06:57| Comment(2) | TrackBack(0) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月18日

わりと身近な訃報

コロナとは関係ないんだけど、当社にアパートの更新契約に来てくださった入居者さんから二日続けて「先月、同居していた父親が亡くなりました」という話と、「次男が先月亡くなりました」という話が出た。

前者は家の中にいて「熱中症」で亡くなっている。クーラーが嫌いで、家人が外出先から帰ったら和室で倒れていて、そのまま「帰らぬ人」になったみたい。ご高齢で、水分補給をしなかったことが命取りになったようだ。クーラーだけでなく扇風機も使ってなかったのかなあ・・・。せめて水分補給をしていれば・・・。

その入居者さん、「実は、今まで連帯保証人をお願いしていた叔父も今年に入って亡くなったので、別の親族を連帯保証人として立てます」とのことで、保証承諾書と印鑑証明を用意してくださった。その入居者さんは入居して10年以上、過去に一度も家賃の遅れなど無いから、(私個人は)新たな連帯保証人を立てて頂く必要は無いと思っている。もしも何かあれば私が責任を取ればいい話。親兄弟でない親族に連帯保証人を依頼するのは(様々な人間関係が有ったり面倒くさがられて)困難であることが多いもの。

過去に20例くらいあって、私がそう提案して、亡くなった連帯保証人の名前をそのまま書いて頂いているが、今まで事故に遭ったことは一度も無い。本人の信用こそが全て。もちろん「新たな連帯保証人を立てるか保証会社を使って頂くことになります」と冷たく突き放すケースもある。相手の人柄と信用度しだい。

後者は、次男が仕事から帰宅して玄関先で倒れて、救急搬送したけど助からなかったみたい。こちらは熱中症ではなく心臓が原因。どちらも家主さんは近くに住んでいて、私が「家主さんはご存じですか?、まだでしたら私から報告しますよ」と言うと、「まだお話ししていませんが、自分で話しますから」とのこと。

私の知らない男性と一緒に更新契約に来たのだが、その男性と現在交際中とのことで、頗る人柄が良い男性だった。近々再婚して退去することになるかも知れないが、あの彼氏なら幸せにしてくれるだろうな。

これから「こんな話」がいっぱい出てくるだろな・・・。でね、過去に「地球温暖化は CO₂ の発生増加に原因がある」という研究成果でノーベル賞を戴いた大学教授がいるけど、私は「地球温暖化の原因は CO₂ ではないのでは」と思っている。皆が皆「そうだ」と決め付けて言う時には「逆を疑う」ことにしているので。

地球温暖化の原因が何であれ猛暑であることには変わりないので、お互いに熱中症には気を付けよう。


そうそう、昨日、立川駅前でティッシュを配っていたお姉さん、顔馴染みなので、遠くから私の顔を見かけると手を振ってくれる。近寄って挨拶すると、「暑いですね〜、ペットボトルのお茶を2本用意して水分補給してるんだけど、この暑さだと直ぐに無くなっちゃいますよ〜」と汗を拭きながら言う。「だったら、後でお茶を差し入れしましょうね」と言って、約束通り500ccのお茶を届けてあげるとティッシュをドーンとくれた。

それは後日、うちの入居者の(鼻の悪い)高齢婦人に届けることにしていて・・・、善意が回っている (^^♪

posted by poohpapa at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月17日

昨日は夕方から短期借家契約

不思議な申し込みで、ご高齢な3姉妹が日野市に家を新築するのに、立川の若葉町という不便な場所にある貸家を借りる・・・。通常は、工事の進展具合が見られる(なるだけ現場に近い)貸家やマンションを借りるもの。訊いてみたら、日野市には短期で貸してもらえる物件が皆無だったとか。ご長女は75歳で、3姉妹の誰の名義でも住宅ローンは組めないからキャッシュで建てる・・・。そんな貯えがあるのが凄い。

契約前は、「大丈夫かな??」と心配だったが、保証会社の審査も直ぐ通ったし、杞憂だった。3人そろって来店したが、3人とも独身で明るく、頗る感じが良い。実に楽しい契約事務になって、心から感謝。

ご両親が健在なうちは建て替えに反対だったようで、数年前に母親が亡くなって両親ともにいなくなったことで建て替えに向けて動き出したようだ。これから3姉妹で力を合わせて、どんな生活をして行くのか、どんなふうに老後を楽しむのか、すごく興味がある。何かあれば全力でサポートしたい。


ところで、今、立川市は市議選の真っ最中。選挙カーが店の前を行き交っている。昨日、駅前の市役所の出張所に期日前投票に行ってきた。うちの地域の投票所は我が家から距離があるし、顔を合わせたくない「ご近所さん」もいる。誰に入れるか決まっているので、それで期日前投票。お昼ごろ行くとけっこう混雑していた。「期日前投票する人、こんなにいるんだ・・・」と思った。で、私もそうだが、年寄りばかりで若者はいない。それでもって、「誰(どの政党の候補者)に投票するか」が顔に書いてあるような人ばかり。

それにしても、街角の掲示板に並んでいる女性候補者のポスターの写真、「何年前の写真だよ!?」と言いたくなる。パスポートや何かの証明書の写真だって、たいていは「〇ヶ月以内に撮影したもの」という条件が付いているハズ。選挙なんだから最も公正さが求められるものだろうに。同じ日に女性候補者を市役所に集めて写真を撮って、修正することなく、それをポスターに使用するようなルールが必要かと思う。

あ、中には、前回の選挙の時のポスターと同じ写真を使い回している候補者もいるわ <`〜´>

美人コンテストじゃないのだから、そりゃあ「顔やスタイルで選ぶ」男なんていないだろうけどさ。ポスターでさえそうなんだから、公約なんかも相当に盛ってあって、守らないんじゃないか、と疑っている (^^♪

posted by poohpapa at 07:00| Comment(6) | TrackBack(0) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月13日

おや、こんなところに「ドイツの現地ガイドさん」が・・・

サントリーの缶コーヒー BOSS の 新TV-CM 「オーケストラ」篇に、私も何度かお世話になったドイツの現地ガイドさんが出演なさっている。プライバシーの問題も有るので「どこにどう映っているか」は内緒。

だが、ハリウッドの名優トミー・リー・ジョーンズや役所広司と共演しているのは凄い (^^♪

と、思っていたら・・・、

収録は3日間にも及び、指揮者役の役所広司はリハーサルでは代役が演じ、シンバル奏者役のトミー・リー・ジョーンズは合成だとか。まあ、三日も拘束したなら出演料でサントリーが吹っ飛ぶかも (^◇^)

元々のご本業は現地ガイドでなく「こちら」(内緒)なので自然に馴染んでいるのは当たり前で、ご本人は淡々としていらっしゃった。それにしても、声が掛かるだけでも凄いことだと思う。ちと羨ましい。

ついでと言ったらナンだけど、過去の BOSS 缶コーヒーの CM がこちら。どれもセンスがいい。

私も、CМ ではないけど、ジャパネットたかたのシェーバーの「購入者体験談」に出るハズで、自宅での収録も終わっていたが流れてしまった。どうやらシェーバーの追加販売が無くなったようだが、それより「髭が薄い」私では、どう剃り味の良さをアピールしたところで説得力に欠けるから没になったんだと思う。いちおう収録の様子を DVD に焼いたものを送ってきてくださって、今、机の引き出しの中に眠っている。

生きていて、たまにそういうこと(たまたまテレビに映ったり、インタビューを受けたり)があると、人生が楽しくなる。同級生が視て、「あいつ、いろいろやってんだなあ、楽しそうに生きてるな」と僻んでくれたなら嬉しいので、また機会があれば積極的にテレビに出演させて頂こう。いい歳して根がミーハーなので ♪

posted by poohpapa at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月29日

いつ逮捕されるのか、いえ、私のこと

国分寺市の外れにある古いアパートの住人の高齢婦人、私を窃盗と住居侵入で警察に訴えたとか。

「留守中に合鍵で部屋に侵入して契約書や家財を盗み出している」というのが訴えの内容。まあ、訴えたものの受理はされなかったようだ。なぜ私を訴えたか、と言えば、私が警察に拘留されたなら、今現在で11ヶ月も滞納している家賃の催促をされないで済むから。私を逮捕させる理由は何でもいいのだろう。

以前も、私のことを「あいつは詐欺師だから捕まえろ」と立川警察署に訴えた奴がいる。古くからのブログ仲間だった cyber である。それまで凄く仲良くしていて、何度も一緒に飲みに行ったりしていたが、豹変している。きっかけは、私がホームページ作成の見積もりを頼んで、無償で見積書を作ってくれる約束になっていたのに、かなり経ってから「見積書作成代30万円を払え」と言ってきて、私が拒否したからか。

立川警察から私に電話があり、「こういう訴えがありましたが、あの方は(頭が)おかしいですね。何か危害が加えられそうになったら直ぐに電話ください」と言われた。cyber は、いわゆるサイコパスで、私以外の人には紳士的に接しているから cyber の言い分だけ聞いたら「私が悪い」と思われていたことだろう。

その cyber は、当社管理のアパートの室内で孤独死しているのが死後1ヶ月半して発見された。猫を飼っていて、警察と一緒に部屋に立ち入った時に奇跡的に保護されたが無責任の極み。私は今も cyber を赦さない。1ヶ月半も音信不通になっていて取引先から何の問い合わせも入らないのだから寂しい話。

今回の老婦人、それまでも度々家賃が遅れることがあったが、私は家主さんから連絡を受けると、家主さんに「この方はバイトを二つ掛け持ちして、なんとか家賃を追いつかせるべく頑張っています。必ず追いついてくれるでしょうからご猶予を頂けませんか?」とお願いして、その都度ちゃんと追いつかせてくれた。

もう四半世紀の関りになるが、それまでは私のことを「神様、仏様」と言っていたのに今は「泥棒」である。

昨年、家主さん(母親)と同居してアパートの家賃を管理していた娘さん(次女)が癌で亡くなり、家主さんも100歳を超え、施設にいることで、長女の方が通帳などをチェックしていて、老婦人が昨年の7月から家賃を払っていないことが分かったもの。1Kが4部屋のアパートで、他の3部屋の住人は、一人が膵臓癌で病院で死亡、一人が昨年孤独死、訳あり(引き籠り)の青年一人が転居、で、もう半年以上、入居しているのはその老婦人のみ。家主さんからは「もう次の募集はしなくていいです」と言われていたから。

ご長女からの連絡を受けて老婦人に電話すると、「私はちゃんと払っています」と言う。それで「では通帳に振り込んだ記録とか、振込票が残っていますよね。それをコピーして送ってください。家主さんに確認してもらいますから」と言うと、「分かりました」との返事。待っていたら一月ほどして電話が掛かってきて、挨拶も無く、いきなり「オタクさんが盗ったものを返してくれないと家賃を払えません」だと。私が「どういうことですか?」と訊くと、「とにかく警察と弁護士に相談しているから」と言って一方的に電話を切る・・・。

私が盗ったものを返さないと家賃が払えない、と言っているのだから、家賃を払っていないのは認めたことになる。例え、私が老婦人から何か盗んだとしても、それで家賃を払わなくてよい理由にはならない。

息子さんに電話をして「もう私からの着信は拒否しているようなので、詳しく聞いてもらって連絡頂けますか?」と依頼したら、こんな話だった。老婦人、若い頃に両親が誕生日の度に宝石を買ってくれていて、そのうちで一番立派だったのがルビーで、それを生活苦で阿佐ヶ谷の質屋に質入れしていて、数年前に私も相談を受けていた。「毎月、流れないように利息だけ払っていたけど、久しぶりにルビーを見たくなって質屋に行ったら、出してくれたのは私が預けたのとは全くの別物。どうしたらいいですか?」と。

私が「盗んだ」とされているのは、どうやらそのルビーのようだ。私が、どうやって「阿佐ヶ谷の質屋」としか聞いていない質屋に忍び込んで金庫の中からそのルビーを盗み出すことができるのか、方法があるなら教えて欲しいもの。それができたなら怪盗ルパン4世になれると思う。ましてや、若い娘さんの部屋ならともかく、私が老婦人の部屋に空き巣に入ることなど有り得ない。下着なんか見ちゃったら気持ち悪い。

ちなみに、その老婦人の部屋はゴミ屋敷になっていて、先日お子さんたちが片付けてくれている (感謝)

お子さんたちは責任感が強いので、滞納家賃に関しては何も心配していない。ただ、この狂った母親をどうするか。川崎に老朽化した建物(土地は借地)を持っていて、店舗として貸しているので生活保護の申請はできない。ただし、その家賃収入はほとんど無い。以前に私も相談を受けたので、「地元の信頼できる不動産会社に管理を依頼すべきで、督促や立ち退きは弁護士に相談すること」とアドバイスしていたのだが、そのまま放置している。なのに、私のことを弁護士に相談・・・しているワケが無い。

今月末に、別のアパートを借りて退去することになっていたが、いろんな事情で、それもご破算になった。家主さんとしては、入居者が一人残ったままアパートを売却することになるのではないかな。

それより、私は警察からの連絡と事情聴取(取り調べ)を楽しみにしている。一度は体験してみたいから。


 すみませんが、コメントの返信、少々お待ちください。



posted by poohpapa at 07:46| Comment(4) | TrackBack(0) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月25日

私が大好きな入居者さんが亡くなった

元々はホームレスで、生活困窮者を支援するNPO法人からの紹介で当社で部屋探しをさせて頂いたEさんが昨日の朝、病院でお亡くなりになったとの連絡が入った。非常に残念に思う。

部屋探しの際、予め家主さんの了承を頂き、2Kの部屋(風呂はユニットバスでエアコン付き)を生活保護の上限の家賃まで下げて頂き、案内して、私が「この部屋は1階で、目の前に建物があるので日当たりがよくありません。こういう部屋でも大丈夫かなあ?」と言うと、Eさんが庭を見ながら泣き始めた。

「馬鹿にするな!」と怒っているのかな、と思っていたら、

「再び、こんな部屋で暮らせるなんて思ってもみませんでした」と言う・・・。感謝(喜び)の涙だった。

Eさんの凄いところは、けっして多くはない保護費を切り詰めて節約して、毎月、余った分を、「自分は暖かく寝られる部屋を借りられることになったけど、まだまだホームレスをしている仲間がいっぱいいる。今度は自分が恵まれない仲間の力になりたい」と、自分に声を掛けて救ってくれたNPO法人に寄付しているのと、このコロナ禍での、国民一人当たり10万円の特別給付金も、そのまま寄付していたということ。

どういうワケか、家賃は1ヶ月おきに2ヶ月分を振り込んでくるのだけど、それだと1ヶ月遅れになる月もあって、その分は当社で立て替えて家主さんに送金していて、「改善してほしい」とは一度も言っていない。

コロナと関係なく、今年に入って2度ほど入院したという話は聞いていたけど、急な訃報で残念。

NPO法人の理事長は元市会議員でとても誠実な人、「これから市役所と協議して、どのように片付けるか、また連絡します」とのこと。家賃は5月23日まで発生するので、ゆっくりでかまわない。幸い、部屋で、でなく病院で亡くなっているので事故物件にはならない。

それで、ふと思った。家財道具とか電気製品、処分するなら、先日倉敷から上京して16日から介護施設で働いているYさん、衣服と寝袋だけで越してきていて、家財道具や電気製品がまだ揃っていないかも知れないので、(自分で運ぶ条件付きで)頂いたらどうだろう、と・・・。双方に話してみよう。

こういうのは順番があるな、先ずNPO法人、それからYさんだな。ぬか喜びさせちゃマズいもんな。NPO法人が了解してYさんが「もう揃えましたから要りません」ならいいけど、Yさんに伝えて「欲しいです」と言われたのにNPO法人から「そんなことはできません」と言われたら困るもんな。

よし、早速動こう。上手くいけば天国のEさんもきっと喜んでくださることだろう。

posted by poohpapa at 07:23| Comment(6) | TrackBack(0) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月24日

懸案の一つが片付きそう

長年に亘ってゴミ屋敷状態だった部屋の廃棄物の搬出が昨日完了した。

テラスハウスなので、相当な量。と言っても、部屋の外まで溢れていたワケではないのだけど、室内は廊下や階段まで段ボールが積み上げられていて、寝るスペースも無いと思われた。入居者(姉妹)に訊くと、廊下の僅かな隙間に寝ていたとのこと。あれじゃ寝返りも打てないことだろう。

心配なのは「自然発火」による火災。以前、他のアパート(1R)でも起きているし。家賃の滞納とかも無く長く住んで頂いていたが、明日、退去の運びになった。幸い、次の入居者も決まっている。

リフォーム業者の話では、4tトラックに山積みして市のゴミ集積所まで(二日に分けて)3往復、15tくらいの総量だったとか。明日、引越しの立ち合いに行った時には室内の景色が変わっているだろうな。

隣に住む家主さんのお話では、「最近は市のゴミ回収にもの凄い量のゴミを出していますよ」とのこと。もっと早くから自覚してくれていたら、退去しないで済んだものを、と思う。なんか、凄く寂しい。

ただ、この姉妹にもいろいろと事情があるし、いつも謙虚な態度で接してくれていたので、(信用問題になるので)当社で次の部屋探しはできないものの、これからも何かの相談には乗らせて頂くつもり。

お互い、生きているといろんなことが起きるし次々に障害が現れるけど、挫けずに前進したいものだ。

posted by poohpapa at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月13日

岡山から上京したお客さん (先日の記事の続き)

4月10日付記事、今日は「一日仕事 」(^^♪

と、

4月11日付記事、凄くハードな一日

の続き。

岡山から10日に上京されたお客さん、なんと前職場の最後の仕事は9日の夜勤で、夜勤が明けて10日の(始発ではなかったが)7:06発の「のぞみ」で上京。夜勤明けということで車内では爆睡してたとか。東京駅に着いてから立川までメールでリモート操縦。なんせ23番線まであるから間違えたら千葉や神奈川まで行ってしまうかも。地理不案内ということもあるけど、手荷物もいっぱいで寝ぼけてるだろうし・・・。

「1番線か2番線の中央線で、普通の快速だと『かったるい』から特別快速か青梅特快に乗るよう」指示。だけど日曜日だから快速でも高円寺と阿佐ヶ谷、西荻窪には停まらないから、快速でも良かったか・・・。

立川に着いたら改札を出ないで連絡をもらい、改札の中で合流。既に2日に荷物だけは新居に届いているけど、それにしても凄い荷物。南武線で2駅移動して矢川駅から歩くつもりだったが、とても無理。予定を変更して中央線で国立駅まで戻りタクシーでアパートへ。矢川からだと近すぎてタクシーの乗務員さんに申し訳ないから。いちおう、乗る前に行き先を伝え、了解を頂いてから乗車。重い荷物はトランクへ。

アパートに到着して荷物を置き、それから生活必需品や寝具を調達するために立川に戻る・・・、のだが、「朝(昨晩)から何も食べていないのでお腹空いた〜」と言うので、矢川駅至近の万世でランチ。

ここの肉料理は美味しいし、ご飯はお代わり自由。私がお代わりすると、彼女も「私もお代わり、大盛りで」と注文。訊けば、ふだんから大食いなんだとか。冗談で「テレビの大食い選手権に出れば良かったのに」と言ったら、「考えたことあります」だと。そうかも知れないな (^◇^)

お腹を満たして立川に移動。寝具は寝袋しか持っていないので、バラキさんから頂いたアドバイスを参考にして先ず寝具とカーテンを調達すべく高島屋の中のニトリで値段を調べてから IKEA に移動。3万5千円以上の買い物で配送無料とのことで、カーテンやベッドやマットを選びカウンターに行くと・・・、「配送は最短で26日になりますが・・・」とのこと。それまで2週間以上寝袋で寝るのは辛い。

カーテンだけ購入して、IKEA でベッドを買うのは諦めた。彼女が「楽天で探します。2〜3日で届くでしょうから」と言うのでそうしてもらったが、未だアパートのガスの開栓がしてなくてお風呂に入れないので、その日は立川駅近くのビジネスホテルに宿泊することに。途中、いつものバーミヤンの前を通るので、行って、マネージャーさんに「私は(万世で食い過ぎたので)来れないけど、この人が夕食に来たらお腹いっぱい食べてもらってください。代金は明日届けに来ますから」と言って了解を頂いて、さらに伊勢丹へ。

火曜日まで馴染みのマネキンUさんが地下の「丸政」にいるので、大判のチキンと天むすのセット(弁当)を「夜食にしなよ」と持たせたのだが・・・。後で聞いたのだが、その後の買い物も済ませてホテルに戻ったら朝まで爆睡してしまい、バーミヤンにも行かず、夜食用の弁当は朝食になってしまったそうだ (おい

なので、普段は水曜日しか行かない Jonathan's のモーニングに翌朝の月曜日にも行くことにして、「7時からやってて私も行ってるから、良かったらおいで。2人前食べてもかまわないから」と伝えると大喜び。もちろん、来なかったんだけど、いつも通り8時に出勤してきた馴染みのスタッフSさんが私の顔を見て、「あれ?、私、曜日を間違えたのかな・・・」だと。いつもの習慣を変えると誰かに迷惑かけたりして。

人間、生きていく為の食欲とか色欲とか、そんなものが一度に重なったら睡眠が最優先されるものだとか。つまり、もの凄く空腹で、目の前に美味しい料理が用意されていて、傍らに綺麗なお姉さんが裸で横たわって誘っていて、強烈に眠い状態だったなら、睡眠が先になるらしい。私なら・・・、ま、いいや(内緒)

彼女、疲れが溜まってよほど眠かったんだろうな、何と言っても夜勤明けでそのまま上京したのだから。

私も10時過ぎから4時半まで付き合わせて頂いた。彼女が新しい職場で仕事を開始するのは16日から。それまでは東京近郊にいる友だちと会ったりするらしい。万全の体調で仕事を開始してほしいと思う。

私が一日「至れり尽くせり」で付き合ったのは彼女が私の大切な友人の紹介だったから。ま、暇だしね。

posted by poohpapa at 05:53| Comment(6) | TrackBack(0) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月11日

凄くハードな一日

私より、お客様のほうが遥かにハードだったと思うけど・・・。

と言うのも、9日は元の職場で夜勤、その足で帰宅してそのまま上京するための新幹線に乗車。車内では爆睡していて景色など楽しむ余裕は無かったとか。リモートで乗り換えを誘導して立川までお越し頂き10時過ぎに合流。先ずアパートに行き、「昨晩から何も食べていない」とのことなので万世でランチ。

続きは後で。

実は、ワケあって昨日は立川駅の近くのビジネスホテルに宿泊。素泊まりなので朝食が付いてなくて、これから Jonathan'sのモーニングにお連れする。では、また。

posted by poohpapa at 06:29| Comment(0) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月10日

今日は「一日仕事 」(^^♪

昨日の記事でも触れた「朝イチの新幹線で岡山の倉敷市から上京して多摩地域の会社に転職するお客様」をサポートするため、今日の予定は一日空けてある。始発の新幹線でなら、ちょうど乗車した頃かも。

9時くらいに東京駅に到着するだろうから、そのつもりで準備をしていよう。ま、お菓子を買いに東京駅まで出向いて、は無いけど (^^♪

そのお客様は「ご紹介」のお客様なので、一生懸命にサポートしないと信用問題。紹介のお客様は、もし当社で部屋を探して差し上げることができなかったとしても、紹介者に「他で決まることにはなったけど、親身になって相談に乗ってくれたよ」と伝えて頂けるよう努める。でないと二度と紹介して頂けないから。

飛び込みのお客さんや、ネットからの問い合わせのお客さんはどうでもいい、適当に手抜きしている、ってことではないよ。紹介のお客様は本人だけの満足度の話ではないから「とくに大切」ということね。

実は4月2日に荷物だけ先に届いて、本人は今日上京するので、私が立ち会って荷物を搬入した。荷物の中に電気製品や寝具などは無かったから、新生活を始めるためにはなるだけ早く揃えないといけない。新品で揃えたりしないだろうから、寝具は別にして中古ショップにお連れするか、ニトリに行くか・・・。

本人は「当面は寝袋で寝るから大丈夫」と言ってたけど、いやいや、それでは疲れが取れないからダメ。

古くからの読み手さんは、「そのお客さんて、若い女性だろう」と疑ってるかもだけど、はい、正解!(こら

ただし、この業界に入った頃は、苦学生(男子)の引っ越しも(レンタカー代だけ出してもらって)手伝ったりしていたんだけどね。当時は30代半ばだったし、今はもうできない(当たり前)

さて、そろそろメールが入るかな (^◇^)


【 追記 】 今メールが入って、冬用のスーツを着てくるとか。到着地の天気予報くらい見ておきなさいよ、もお。東京の今日の最高気温は25℃〜27℃だとか。もの凄い寒暖差で体が付いていけないや・・・💧

もしかすると、東京はまだ肌寒いかも、と、そのスーツだけ残して、あとは引越しの荷物に入れてしまっていたかも。それは有り得るな。まさか、こんなに急に気温が変わるとは思わないもんね。

posted by poohpapa at 06:16| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月06日

心地よい疲れ・・・

昨日、体調が悪い中、片道1時間かけて某市の包括支援センターに出掛けた。ある入居者に生活保護を受けてもらうべく、包括支援センターと社会福祉協議会の担当者と本人と、そして管理会社である私と4人で面談するためである。包括支援センターのTさんは以前にも別の入居者のことでお世話になっているし、今回初めてお世話になる社協のHさんも頗る人柄が良い。親身になって相談に乗ってくださった。

本人は中年の女性で、国立大学を出ていてITの専門家。だが、コロナ騒動で職を失い、ここ数年は引き籠っている。現在の住居は4月末までに明け渡さなければならないから、もっと早くに「この相談」をしていれば良かったかな、と悔いが残る。現在の状況では保証会社の審査は通らないから部屋は借りられない。生活保護受給は、生活保護を受けてアパートが借りられるようになって職が見つかるまでの繋ぎ。

それにしても、役所に申請してスムーズに審査がされたとしても2週間はかかる。今月末の退去期限まで間に合わないが、社協のHさんによれば「一時的に共同生活をしてもらうための部屋」が用意されているとのこと。だが、現在は定員いっぱいで空きが無い。それまでどうするか問題が残る。

3人でいろいろ知恵を出し合って、なんとか道筋が見えてきたところで社協のHさんからこう言われた。「長いことこの仕事をしていますが、不動産屋さんが本人を連れてきてくださってこういう話し合いに立ち会ってくれるのは初めてです」、と。へえ・・・、そうなんだ。たしかに、こんなの不動産屋(管理会社)の仕事ではない。だが、こちらにはこちらの事情があるし、私が連れて行かないと本人は動かないもんなあ。

でも、社協のHさんの言葉で救われた。しんどかったけど、その作業が「心地よい疲れ」になった。

そう言えば、最近、(隣り合う店舗同士の)別のトラブルに巻き込まれていて、一方から「あなたは信用できない。浅慮です」との最後通告とも言えるメールが届いた。それはそうかも知れない。本来は管理会社の仕事ではなく当事者同士で話し合えば良い話で相談を受けて、挙句に「信用できない」だの「浅慮」だのと言われているのだから、浅慮であることは間違いないと思う。まあ、私が店頭で(信頼できる客の前で、だけど)怒ったからね。私からすれば、それは私の仕事ではない、と理解しているかどうかが重要。

ただ、そのメールのおかげで、もう関わらなくて済むことになった(関わらない、と決めた)ので、私にとっては良かったかも。物事、全て「相手のある事」、当事者間で「どちらが正しいか」だけでなく、周りの人にも事情があることだから、自分がほぼ正しくても思い通りに解決するとは限らない。それが、人間社会。

同じことをしていても、どっと疲れが出ることもあれば、心地よい疲れに変わることもある、と実感 (^^♪


 ところで、これからいつもの Jonathan's のモーニング。コメントの返信はもう少々お待ちください。

posted by poohpapa at 06:21| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月12日

うううう〜ん、困ったモンだ

以前から書いている体調不良で、水曜日は5時半に就寝して、翌朝7時過ぎまで布団の中。途中で2度ほどトイレに起きて、2回目は4時半だったから、いつもなら起きてしまってそのままPCに向かっているんだけど、布団に戻ってしまった。13時間も寝ていたワケでなく、何時間はウトウトしていたのだが。

ここんところに来て、仕事や私個人とは直接関係のないトラブルに2件見舞われて、すっかりテンションが下がっている。どちらも最悪のトラブルで、私の能力では解決不可能。正直、やってられない思い。1件は、トラブルの仲裁に入っていて、解決したとしても「どちらか一方からは恨まれる話」で、もう1件は、私が「泥棒」だと警察に訴えられている話。相手は80歳くらいの高齢婦人で、突然の豹変ぶり。

少し前まで、20年以上に亘って私のことを「坂口様は仏様のような人で、こんなに親切で優しい人はいません。いつもよくして頂いて、私にとっては神様です」と、いつも言っていたんだけど、私が2ヶ月前から依頼していたことがあって、昨日ようやく電話があったのだが、一方的に「そちらさまが盗ったモノを返してもらわないと(今現在9ヶ月も滞納している)家賃が払えません。警察や弁護士にも相談しているので後で連絡が行くと思います」と一方的に捲し立てる・・・。私が「どういうこと?」と訊くと、「警察に言ってあるから、そちら様にはもう何も話すことは有りません」と電話を切られてしまった。ついに狂ったな、と思った。

警察に相談してなどいないだろうな、たぶん。この話は奥が深く、こんなことを言ってはナンだが面白い。詳細は住宅新報版のブログに書くことにしよう。ご興味のある人はぜひ住宅新報をご購読されたい (おい

でね、他にも最近、私のことを「神」と言っていた人がいたような・・・、その人も、そのうち私のことを泥棒だと訴えたりして、誰だったっけ??、と思っていて、思い出した。岩手に引っ越した「たあさん」だった。地元で電気毛布が手に入らない、とのことで、私がビックカメラで購入して直ぐに送った(プレゼントした)ものだから、大喜びして LINE で「神」のスタンプを送ってきていたっけ・・・。

そのパターンだと、たあさんが、そのうち私のことを「〇〇を盗まれた」と警察に訴えるかも知れない。電気毛布の後も、希望されて「独活(うど)」を4箱も送っているし、逆に、今日はたあさんから「ばっけ(蕗の薹)」と「かもめの玉子」季節限定バージョンの「いちご」がドーンと届くらしいが、あのアマだって、どこでスイッチが切り替わるか知れたものではない。十分に気を付けないと危ないかも(こら

他にも、神、とまでは思われていなかったけど、それまで凄く仲良くしていたのに急に私のことを「アイツは詐欺師だから逮捕しろ」と立川警察に訴えたり、日本政策金融公庫に「一括で返還してもらえ」と言いに行った cyber (古くからのブログ仲間)なんかもいたわ。

でね、私は、その高齢婦人のことを全く怒っていない。本当に警察に相談に行っていたとしても、である。長い付き合いで、今までどれだけ壮絶な苦労をなさっていたか存じ上げているから、である。3人のお子さんからも離反されて、寄り添える人がいないのだし。自身もいろんな人に裏切られてきていて、誰か矛先に立つ相手が必要で、そのちょうど良い相手が私で、一気に私で発散させようと思ったんだろうな。

同じようなことをされても、サイコパスだった cyber とは私の受け止め方は全く違う。cyber には同情の余地が全く無かったけど、この高齢婦人には有る。だから、最期まで、いや、最期くらい幸せに逝けるよう、お子さんたちを説得して差し上げたい、と思っている。誰からも気にされることなく孤独死した cyber は自業自得だけど、この高齢婦人は違うのだから。

それでは、続きと詳細は住宅新報で (^^♪

posted by poohpapa at 06:42| Comment(6) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月26日

「不動産屋あるある」で、まだ眠い・・・

昨日の夜、8時くらいに入浴して、よーく温まって風呂から上がり、パジャマに着替えて、そろそろ寝ようかな、と思ったところに携帯が鳴る。発信者の名前を見て、「何らかのトラブルだな・・・」と直感した。

出たら、「直ぐに来てほしい」とのこと。距離的には直ぐに行ける距離。だが、真冬のこと、湯冷めして体調を崩すのが怖い。だいいち、普段ならもう床につく時間・・・。行ってみたら、当事者同士が私を待ち構えていた。結局、11時ちかくまで付き合うことに。なので、さっき起きたけど、まだ眠い (とほほ

どちらにも言い分があって、明確に(一方的に)「そっちが悪い」とは断定できない話で、私が判断や言葉を誤ればトラブルは更に大きくなる。家主さんにも迷惑を掛けかねない。

過去には、こんなこともあった。

できるだけ公正な観点から双方の言い分を鑑みて対処したいと思うが、最悪の場合は裁判になるかな。

それにしても、目がショボショボする・・・。今日は少し昼寝するようかな (^^♪

posted by poohpapa at 07:06| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月01日

昨日は朝イチで孤独死の疑いがある部屋に

一昨日の夜、知らない女性(後に、うちの家の地主さんの親族の方と判明したのだが)から電話があり、「東〇アパートのМさんと1月25日から連絡が取れなくなっているのですが・・・。電話にも出ないし、アパートに行ってみたら鍵が掛かっていて室内に灯りはついているので、倒れているのかも・・・」と言う。

で、昨日、早出して9時に近くの交番に行き、警察官立ち合いの下にアパートのドアを開けると・・・、予想通り、亡くなっていた。ただ、布団に入っていて眠っているようだったから、最後は苦しまなかったと思う。

で、この件に関しては、落ち着いてから改めて記事にしたい。いろいろあるから。


その話は置いといて、

立憲が、参院選の女性候補者を5割にするんだと・・・。とことんバカだねえ。同数にすることで男女平等になるとでも??、それって、逆差別なんだけど。べつに、女性候補者が8割でもかまわないけど、5割にするってのはジェンダー云々を意識してのことかなあ。はき違えてるよね。企業の取締役の男女比もそうだけど、半分を女性にする、との目標を立てることがナンセンス。能力があれば取り立てればいいだけ。

何度も書いてるけど、私は「ジェンダーフリー信奉者は気違い」だと思っている。だったらスポーツも男女分けしないで競わせろよ。街のあちこちで見かける「レディースデイ」に抗議しろよ。男と食事に行ったら「私も払います」と言うよう主張しろよ、と言いたい。世の中、男女不平等のようでいて、長い間にはちゃんと釣り合いが取れるようにできている。LGBTなんかにも理解を示さなくていい。そんな必要などない。


 コメントの返信、少々お待ちください。

posted by poohpapa at 09:42| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月17日

しくじったあ・・・、私としたことが

うちで6回も(7回だったかなあ、もう分かんなくなってるけど)部屋を借りてくれて、今は郷里の岩手に転居している「たぁさん」に、用があって久しぶりに電話した。

たぁさん、岩手に引っ越してからも、さいとう製菓の「かもめの玉子」の季節限定(岩手限定)バージョンが出るたびに、私がバラ撒くのを承知していて20箱くらい送ってくれる。年に4度としても凄い金額になる。普通は、うちで食べる分を一箱送ってくれるだけだと思う。私も、岩手で入手しにくいものがあれば多めに送ったりもしているが、とてもとても追いつかない。つまり、現状ではたぁさんの大赤字になっている。

不思議なもので、コーヒーを一杯奢っただけで「勿体ないことした」と思える相手もいれば、フランス料理のフルコースをご馳走しても全く気にならない相手もいる。私には出費額の比較だけで言えば相当に出費させていたり、その逆の友人が何人もいるが、互いに気にしていない。損得だけで付き合わないから。

それはともかく、数日前に LINE で「リンゴを送ったよ」と知らせてきたので、お礼の電話をしたのだが、

「変わりない?、もう寒くなってきたから電気毛布とか使ってるの?」と訊くと、「使ってないよ、無いもん。今日、電器屋さんに見に行ったら、ストーブなんかはあるけど電気毛布は無かったんだよね」と言う。

半導体不足も影響しているんだろうか、いろんな商品が品薄になっていて、何ヶ月も入荷待ちになっていたりする。東京でも入手できないくらいなら地方なら尚のことか。真冬はすぐそこまで迫っているが。

添い寝してくれる男もいないだろうから凍死されても困る。リンゴの件もあるから、うっかり「だったらビックカメラで見てきて送ってあげようか」と言ってしまった。そう言われても普通は辞退する。だがあの女は違う。「ああ、頼もうかな」だと。頼むったって、「代金は振り込むよ」でなく私に出させるつもりなのは明白。もう20年以上の付き合いで、あの女がどんな性格なのかは知り尽くしていたハズなのに、しくじった 💧

まあ、自分から言ったことだし、約束しちまったことだから仕方ない。直ぐ対応せず凍死されて化けて出られても困るから、直ぐにビックカメラに行って見てきた。すると・・・、電気掛け毛布は無く、ひざ掛けタイプの小さいのか、掛け敷き兼用タイプしかない、とのこと。しばらくは掛け毛布タイプは入荷しないようだから、兼用タイプを送ることにした。ただし、値段はピンキリ。高いのを送っておかないと後で何を言われるか知れたものではない。丸洗い出来て抗菌杭臭、防ダニで手触りのいい一番上等なのを選んだ。

私が今使っている電気毛布より遥かに良い。よくよく考えたら、私が新品を使って、今使っているのを岩手にレンタルする、という手もあったか・・・。今は持っていないのだから温かけりゃ文句は言わないだろう。まあね、株主優待券3000円分と溜まっていたビックポイントを使ったからほぼ半額で買えたんだけど。

でもなあ、電気毛布は季節商品だから、かもめの玉子が届くたびに「ところで電気毛布の具合はどう?」と訊くワケにもいかないから、次に何か送る時は年間を通して使えるものにしよう。あとは、直ぐに食いついてくるからコマセ(撒き餌)の要らない相手に、これから迂闊に「こっちで買って送ろうか?」と言わないように気を付けよう、って、相手がたぁさんなら、また言っちまうんだろうな、きっと (^◇^)

で、その電気毛布、明日には届くみたい。明日からは温かく寝てもらえることだろうから、ま、いいか。

posted by poohpapa at 09:12| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月11日

惚れてまうやろ!?

昨日は、この歳まで生きてきて、経験したことがない奇跡が起きた。

午後、(当店まで更新の手続きに来られない)昭島市にお住いの高齢の入居者さんのお宅に私が契約書を持って伺った。たいていの入居者さんには当店まで来てもらうのだが、ご高齢で足が弱っていたりする場合は私から伺うこともある。昭島市、と言っても、駅は立川駅から4つめの昭島駅でなく、二つめの東中神駅。そこから徒歩10分ほど。予め電車の時間を見て行けば店から30分ちょっとの距離。家主さんの人柄も良いので苦にはならない。

電車に乗る際にはスマホを機内モードにしているのだが、たまたま青梅線に乗っている時に着信があったみたい。発信者はうちのお客さんで、最近昭島に引っ越した(超が付く)麗人のKさん。電車を降りて折り返したら、今度は先方が電話に出られず、留守電に「夕方改めてお電話します」と用件を録音して、先ずは更新の手続きに。

奇跡が起きたのはその帰りのこと。青梅線の上りの立川行の4両目の前から2番目のドアの列に並んでいて、電車が到着して乗り込んだら、目の前の一番端の座席に、さっき電話をくださったKさんが座っていて、私の顔を見て会釈をする。近寄って、「え??、Kさんですよね?」と言うと頷いて笑顔に。マスクをしていても美人オーラが溢れているので直ぐに分かる。

たまたま隣の席が空いていたので座って、電話の用件を伺ったが、私に相談したいことがあったようで、二駅乗っている間に解決できた。それにしても、私が更新契約に行ったお宅でちょっと私が話し込んでいたり、別のドアの列に並んでいたなら会えなかったワケで、それは私だけでなくKさんにも言えること。時間の縦軸と空間の横軸がピッタリ合わなければ会うことも無かったと思う。1時間ほど前の電話の件が無ければ、ただ知人同士が電車の中でバッタリ会っただけのことで、とくに珍しくも無いし、今までに何度か経験しているんだけど。

ま、後になって「えええ、私も同じ電車に乗ってたんですよ」くらいの話ならたまにあるし、街で誰かと偶然バッタリなんてことならザラにあるけど、それにしても、さっき互いに電話を掛けていた相手と電車内でバッタリ会えたのは奇跡で、私がもう少し(そう、30年くらい💧)若ければ「運命の人」だと勘違いして惚れていたことだろう(おい

posted by poohpapa at 05:23| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月09日

昨日は休日出勤してゴミ屋敷の片付けに

雨の中、作業そのものはお昼に終わりましたが・・・、その後にまた体調不良で。

3LDKのテラスハウスで、玄関を入ったところから、廊下、階段、居室、台所、浴室の中まで、天井まで荷物が積み上げられていて、4tトラックで積めるだけ積んだものの、全体のゴミの量の2割くらいしか積めませんでした。姉妹の妹さんが「これは要る」「この本はまた読むから」と、ほとんど搬出を拒否していたので、「要らない」と出されたものだけを運んだのですが・・・。これでは「自然発火の危険」は残ります。

間違いなく、お風呂に入っていないでしょうし、洗面所も使っていないことでしょう。

家を出なくて良い、つまりは荷物やゴミの置き場所があるから拒否もできる、ということですね。これで契約解除されたら、嫌も応もなく処分せざるを得ません。契約解除だけでなく、裁判を起こして勝訴したとして、強制執行となっても同じですね。ただし、その場合は保管費用等は家主さん負担になるので、裁判は避けたいところです。

家主さんのご意向を踏まえながら、弁護士さんとも相談しながら、慎重に話を進めていきます。





posted by poohpapa at 08:41| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする