2018年02月18日

仕方ないことではあるけど・・・

大雪キャンセル1万人超、福井 観光名所あわら温泉

豪雪で、福井の「あわら温泉」の予約キャンセルが1万人にものぼっている、という・・・。たぶん、今後もしばらく予約は入らないしキャンセルも続くと思われる。ま、ほとんどがキャンセルになっているか。

年間7万4千人が訪れるうちの1万人がキャンセル・・・。行きたくても辿り着けないのだから仕方ないし、温泉側の打撃も大きいだろうが、楽しみにしていてもキャンセルせざるを得なかったお客さんも辛いことだろう。キャンセルしたお客さんも雪が解けて暖かくなったら是非訪れてほしい。「あわら温泉」へのお客さん、一見さんでなく常連さんが多いのではないかな、と思う。

うちは、3.11東日本大震災の後、ずっと貫いている方針があって、それは・・・、スーパーなどで福島産の野菜や果物を見掛けたら、他の産地の品物でなく福島産を選ぶ、ということ。一時、いや今もかも知れないが、福島産の農産物に対しては激しい風評被害が及んでいて、産地の方たちは相当に苦しんでいらっしゃると聞く。私なんかは旅行で福島を訪れることは無いから、そういうことで応援したいと思っている。温泉と農家は別だが、これからは福井産も応援しなければ。

自然が相手ではあるが、一日も早い復旧を願っている。福井、頑張れ!

posted by poohpapa at 05:41| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

これ、めっちゃ安い宣伝費だわ (^◇^)

豪雪で立ち往生の車に500人前 餃子の王将、無償で

読んでいて涙が出てきた・・・、こういう話は心が温まっていいよね。

これ、原価が一人前500円としてもたかだか25万円・・・。この店も常連客が増えるだろうし、ニュースになれば多大な宣伝効果が派生して企業のイメージアップに繋がる。「餃子の王将」、美味くて上手い。


あと、こんな話も出てきた。

立ち往生の山崎製パン配送トラック、パン配る 福井豪雪

いい判断だと思う。こちらもタレントを起用して何千万も宣伝費を掛けるより安上がり。今、私は全粒粉のランチパック「やわらかメンチカツ」に嵌っているが、もっとペースを上げて山崎製パンを応援しよう。

posted by poohpapa at 05:39| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

「裁判のニュース」あれこれ

夫殺害、82歳妻に法定刑下回る判決 「絶望的な状況」

責任能力に関する判断も的確で、被告人の情状も十分に酌んでいて人間味あふれる判決。

様々な裁判の判決でけっこう「おいおい」というものがあったりするが、京都地裁は(今回は)良い判断を下したと思う。東京地裁立川支部(?)はヒドイなんてモンじゃないけど。

もしも、うちがこの老夫婦のような状況になったら・・・、「いつでも殺してくれていいよ。誰もうちのを責めないでほしい」との遺言書を用意して「その時」に備えよう。それもエンディングノートに書いておかなければ・・・。


いっぽう、最近では最高裁で「裁判所の許可を得ず『警察のGPSを使った捜査』は違法」なんて判断が出たけど、もし凶悪犯の捜査をしていて、緊急性もあって他に方法が無かったとしても、それで集められた証拠は無効で無罪、なんてことになって凶悪犯が放免されることと国民が安全に暮らせる権利を天秤に掛けたら、どちらが重要かは明らか。裁判所は「警察の捜査権の乱用」を危惧しているのかも知れないが、容疑者に拷問を加えていたならともかく、裁判所が捜査の方法に足枷を加えるのは如何なものか。人権ボケの極みであろう。いちおう被告人には有罪判決(懲役5年6月)が出たが、問題山積の判決。

裁判所は「そういう判断」を下したことで「自分たちの判断や権力こそが最上位」という優越感に浸っているのではないか、と疑いたくなる。裁判官には「捜査現場で1年くらいの研修」を義務付けたほうが良い。この判決を下した裁判官には「馬鹿じゃないの、オマエら現実を見てみろよ」と言いたい。こんな訴訟を起こす者や弁護士も資質を疑いたくなる。一種の社会的不適合者ではないか。


そういえば、過去にはこんな事件と裁判もあった。私が今も忘れることができない事件。

そして男性は湖に身を投げた〜介護殺人 悲劇の果てに〜

母親を殺めた息子は誰よりも親孝行な息子だったと思う。自分のことしか考えない若者は多いが、献身的に母親の介護に尽していて、極限まで追い込まれての犯行。自分も死ぬ気でいたが死にきれず・・・、執行猶予が付いたのは当然。以前も書いたが、「裁かれるべきはこの息子ではなく社会ではないのか」、と思える。

懸命に生きていたが6年ほどして自ら琵琶湖に入り命を絶った・・・。裁判長は「自分で自分をあやめることのないように、お母さんのためにも幸せに生きてほしい」と声を掛けたが、息子からしてみれば「母親を手に掛けていながら自分が幸せになって良いものか」という葛藤に苛まれていたに違いない。たとえ母親がどんなに息子の幸せを望んでいたとしても、である。

周りの人が、後でよく「どうして言ってくれなかったのか」と発言したりするけど、それは無理。そういうのは周りが気付いてあげなければならないもの。私みたいに「顰蹙をかう」のを何とも思わず人の心の中に土足でズカズカ入っていける性分ならともかく、普通は気付いていても出来ない。そうじゃなくてもプライバシーだの人権だのがうるさくなっている現代、どうしても自己責任になってしまう。

大切なのは「気付き」だと思う。「どうして言ってくれなかったのか」という消極的な反応でなく、「様子が変、おかしい・・・」と思ったら無理にでも聞きだすこと。それで答えてくれなければしょうがない。後になって「あの時ああしてあげていたら」という後悔をするのは最悪。判断は難しいけど、相手が生きていて「余計なことをするな(言うな)」と怒ったら自分が謝れば済むこと。私はそういうことで頭を下げるのは平気。何かあって自分が謝るハメにならないよう保身に走るのが一番いけない。

世の中には「聞いてしまったら自分が何かしなくちゃならなくなるから」と逃げる奴もいて、話は聞いても気持ちは後ろを向いて「逃げの態勢」になっていたりして。そういう奴は友達には成り得ない。

生活保護、という選択肢は無かったのかなあ・・・。収入がどうの、ということより、この場合、診断書が出ているかどうかでなく精神的な側面から判断して保護する必要があったように思う。


これから益々「介護疲れによる殺人」が増えることだろうけど、今起きていることが何の教訓にもなっていないのが悲しい。我々不動産業界も「何かお手伝いできることがあるのでは」と思うのだが、自ら手を挙げて行政に提案することはしていない。私が支部に提案しても無視しているし。それで公益法人??

良くも悪くも、裁判所の確定判決は前例となるから、これからも個々の裁判の判決に注目していたい。

posted by poohpapa at 07:01| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

気になった話、いくつか

私が大好きな、タレントのフィフィさんの意見。毎度毎度ごもっとも。

フィフィ「批判覚悟」6年産休NHK青山アナに苦言

きわめて真っ当な意見だと思う。働く母親を何でも手厚く保護すればいい、てモンじゃないから。ましてや受信料で「世間一般の常識から懸け離れた高給」を食んでいるNHKでの話だから尚更のこと。


全日空機、別便の乗客搭乗でロスに引き返す

厳重にチェックしているハズで、どうしてこんな間違いが起きたか不思議。だいいち、200人も乗客がいて、「安全規定により」と言っても、3時間も飛んでから(一人のために)引き返すのと、200人もの乗客が15時間遅れで成田に到着することの迷惑を天秤に掛けたら、そのまま成田に飛んでその後に一人を何とかしたほうが合理的。引き返したところで「乗るハズ」だった便には乗れないだろうに。

柔軟な対応ができないANAはおかしい。だいたいが、この「一人」も目的地は成田だったのではないのか。行き先が違うなら間違いに気付くだろうし。確認しないで乗った乗客も、乗せた空港スタッフもアホ。ANAは200人に対して遅延損害賠償をするんだろうか。


で、毎度の韓国ネタ、

【日韓合意検証発表】河野太郎外相「断じて受け入れられない」「合意変更なら日韓関係は管理不能となる」

親父の河野洋平は碌なモンじゃないけど、意外にも河野太郎は頑張っている。ニュース女子で「あの人はポジションに就くとちゃんと働くよ」と言っていて、なるほど、と思った。このまま行ってほしいもの。それにしても、韓国はクソだと思う。まだ北朝鮮のほうが一本「筋」が通っているように思える。


一旦アップした後で、2件追加、

【滋賀監禁殺人】監禁の様子スカイプで中継し監視 大津地検が5人を起訴

人間のすることじゃないよね。被害者は一人でも、主犯格は死刑でいいんじゃないかな。こいつら、出所したらまた同じようなことやるよ。「今度はバレないように」と注意を払いながら。

でもって、こいつらに食事を与えず、ちょっと与えて嘔吐物や排せつ物を食べさせてやればいい。


【年の瀬記者ノート】神奈川・5歳児暴行死 裁けない密室犯罪 幼い命「何か悪いことをしたのか」


これで懲役1年6月の判決・・・、傷害致死にもならない・・・。

それじゃ法治国家にならなくなるけど、どういう残忍な殺され方をしたか、によって、同じことをされる刑罰があるといいのにな、と思う。生きたままコンクリート詰めにされて燃やされたなら、絞首刑でなく同じ方法で死刑にすればいい。アメリカみたいに「麻酔を掛けて毒殺」なんてのはおかしい。人権に配慮、しなくていい。


更に、追加、

民進離党届→立憲民主入党届の蓮舫氏 信頼失墜の張本人、再生投げ出し 5カ月前は「民進まだまだ強くなる」

党首まで務めたんだよね、この人。そもそも希望の党に入れてもらえないポンコツの面々が仕方なく新党を立ち上げたら小池百合子の傲慢さによるチョンボで予定外の風が吹いて、希望の党に向かうハズだった政権批判票が集まっちまって大勝ちして、希望の党から立憲民主党に乗り換えるポンコツまで現れて、挙句に元党首までが乗り換える・・・。セウォル号の船長も真っ青という話。今は立派に見える立憲民主号は所詮は「張りぼて」の船。また良さそうな船が出たら我先に飛び乗ろうとするんだろう。自分が当選することしか考えないような輩が国民の生命や財産を守ってくれるハズなどないが。

posted by poohpapa at 07:50| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

シャンシャン

うちにはノルンがいるからいいんだけど・・・、シャンシャンは可愛い。眺めているだけで癒される。

シャンシャンの観覧、当初は応募する気は無かったけど、ダメ元で応募してみた。ところが、である。やっと繋がって希望条件を入力したらエラーになってしまう・・・。しかたないので動画を探した。

シャンシャン 誕生から120日までの成長記録 上野動物園の赤ちゃんパンダ 香香

はじめまして!シャンシャン 内覧会と公開を祝う会

画面の右側のリストからシャンシャンだけでなく他にもパンダの赤ちゃんの動画が観られる。

で、とにかく生で観たくて応募したい人は下記から、なかなか繋がらないけど。

ジャイアントパンダ「シンシン・シャンシャン」観覧券

電話でも受け付けているが、倍率は最初の観覧希望者募集の時より相当に高くなっていそう。

このシャンシャン、2年で中国に返還されるらしい。パンダは中国からもらったワケでなくレンタル。両親のシンシンとリーリーのレンタル料は年間95万ドル。今のレート(1ドル=113.25円)で換算すると、およそ1億758万円、2021年2月までの10年間の期限付き賃借で10億円あまり。日中友好の懸け橋だとしても高い。と言うか、それならタダでいいじゃん、と思ってしまう。逆に、2年間の養育費を払ってほしいくらい(おい)

レンタル料は絶滅危惧種の保護に充てられる、とのことで、子供たちが喜ぶとしても、実物でなくてもいいだろう。実際に生で観ることができる子供のほうが圧倒的に少ないのだから映像で十分ではないか。

こんなことで「中国に借りを作ってしまう」みたいで、なんか釈然としない。その裏で、着々と尖閣奪取を、いや20年後には日本全土を領有しようと企んでいる国だから。



posted by poohpapa at 05:07| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

JAL(日本航空)、超巨額振り込め詐欺に遭う

携帯のニュースを見ていたら、見出しに「JALが巨額詐欺被害」とあった。

詳しく読むと、「日本航空、3億3千万円の振り込め詐欺被害。取引先になりすました航空機リース料などの要求に応じる」、とある。額が巨大だし「企業相手に振り込め詐欺はないハズ」と油断していたものか。日本航空が請求内容を信用したんだから内部に犯行に関わっている人間がいるのでは、と思う。

ま、大企業でも騙されるんだから、お年寄りが騙されても不思議はない。66歳の私も気を付けよう。



posted by poohpapa at 07:15| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

生活保護費が引き下げられる件

厚生労働省は14日、生活保護費のうち食費や光熱費などの生活費にあたる「生活扶助費」を来年度から引き下げる方針を決めたようだ。地域や世帯類型によって増える場合もあるようだが都市部や多人数の世帯の多くが減る見通しだとか。厚労省が8日に示した原案では最大1割を超すらしいのだが、当事者や支援団体は激しく反発すると見込まれていて、まあ、そりゃあそうなるだろう。自分が負担するワケでないのだし。

背景には、国が定めた最低賃金より生活保護費のほうが多い現状もあるようだ。真面目に働いている人間が、理由はともかく、働かずに国に食べさせてもらっている人たちより生活が苦しいのは不条理。生活保護受給者に100%支給してしまうのでなく、出来る限りは本人にも努力させるのが当たり前。

何度も書いているが、働いて収入を得たら翌月の保護費から減額されることで「じゃあ働かないほうがいい」となってしまうもの。上司や客に気を遣ってストレスを溜め込んで給料分を保護費から差し引かれるくらいなら、何もしないで全額支給してもらったほうがいい。市の担当者から「少しは働きなさい」と言われないなら働かないで家でテレビを視ているかパチンコ屋にでも行ってたほうがいい、と考えたとしても不思議はない。

青梅市や国分寺市なんかは、「貴方は週に3〜4日、1日5〜6時間なら働けるのではありませんか?。市は足りない部分を援助しましょう」という対応をしているらしい。自分でも働いて保護費の不足分を補わなければならなくなるのは本人の為にもいいこと。精神疾患などで家から出られない人に対しては、市は内職を斡旋してもいいだろう。内職でも月に3万くらいは稼げるだろうし、立川市のように先ず全額を支給する緩々の対応をしていたのでは市の福祉予算は足りなくなる一方。

特定の政党の市議から圧力を掛けられると簡単に保護決定してしまうようだし。だから生活保護が増える一方。反面、保護を打ち切られた人が自殺したり、保護が受けられない母子が餓死したこともある。

私が立川市の財政課長に電話して、「こうすれば年間で(私の試算で)700万くらいは浮きますよ」と提言したが、「なるほど・・・」と言いながら今も何も変わっていない。「財政が厳しい」と言っていながら所詮は他人のカネ、つまりは税金なのだ。「自分で行動を起こして変えていこう、などとは考えない公務員根性」しか持ち合わせていない。700万なんて全体から見れば微々たるものだが、できることからコツコツ積み重ねていかなければ財政再建など成し得ない。立川市の職員はホント腐っている。

保護費が引き下げられても生活保護受給者はまだ恵まれているほう。ホームレスの人たちのほうがよほど苦しいだろう。「保護費の引き下げなどとんでもない」と文句を言っているが、雨露凌げて生活費の面倒も見てもらえるのだから十分だろう。「福祉のお世話になっている」と感謝する気持ちがあれば、そんな不平不満は言えないもの。私なんかは生活保護受給者が「風呂付きAC付きのマンション」で暮らしているのが納得いかない。住まいに関して言えば、トイレが付いていれば充分。世の中には保護を受けずに風呂もACも付いてない部屋で頑張っている人たちもいっぱいいるのだから。

今は本人が部屋探しをしているが、築年数の経過で借り手が付かないアパートやマンションを市が安く借り上げてそこに住まわせるようにすればいい。家主と受給者の問題がいっぺんで解決するのだから。宅建業協会と提携すればそんなに難しい話ではないと思う。立川支部にはそういう提案もしたが、こちらも何も動いていない。支援団体が「人権があ!」などと騒ぐだろうけど、それが税金で食わしてもらう、ということ。最低限の人権さえ守ればいい。卑屈になることはないが、贅沢を言わせてもいけない。

今回みたいに生活保護費が引き下げられる背景は、表向きは「国が定めた最低賃金より生活保護費のほうが多い現状」のようだが、不正受給者が増え続けていることにもあるのではないか。

私は、「全部一律で下げてしまえ」と言っているのではない。個々の状況を踏まえて、本当に保護が必要な人と、そうでない人(虚偽の申告をして受給している奴とか、少しは働けるのに自分では何の努力もしない、しようとしない奴)をしっかり選別して額を決めればよいのだ。

ちなみに、立川市には「不正受給かどうかを見極める方法」も進言したが、それもまるっきり実行に移されていないようだ。現市長がそもそも碌なモンじゃないからどうにもならない。

厚労省、反対や抵抗があることを見越して(最初は)多めの引き下げ幅を提示しているんだろうな。うちも夫婦二人+ノルンで、光熱費や住宅ローン、税金、それと旅行積立3万を除けば毎月7万弱で生活しているから生活保護費の引き下げは大賛成で、もっと厳しくしても良いと思う。

posted by poohpapa at 07:27| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

実名を出して、顔も晒してやればいいのに 2

私の毎日の訪問先「たなぼた」さんで知った事件、ネットの情報によれば、

桃園発バンコク行きのチャイナエアライン(中華航空)の機内で、日本人乗客3人が持ち込んだ酒で泥酔し、トイレで喫煙するなどのトラブルを起こしたため、同機が空港に引き返す事態になったことがわかった。 報道によれば、3人が大声で騒ぐなどして乗務員に注意されていたが収まらなかったため、機長が安全を考慮して離陸から約30後に桃園空港に引き返したとのこと。3人は空港で降ろされ、航空警察局に引き渡された。

ほんと、日本人の恥さらし、だと思う。私なんかでさえ、海外に行ったら私も日の丸を背負っている、と言動には注意している。私が何かコトを起こせば現地で暮らす邦人の方たちに迷惑をかけることになるから、である。この3人、結局は「お咎め無し」で出国したようだが・・・、後でしっかり「目の玉が飛び出る」ような遅延損害金を請求してもらいたいものである。

本人の実名や顔だけでなく所属企業とか団体名まで晒して、日本国内でも制裁を加えてほしい。

と、思っていたら・・・、

現地のニュースで顔が出ていたようだ。ブログの記事にもなっているからこれで身元が割れるだろう。

https://koji.tech/?p=14183

早速、反日が鬼の首を取ったかのように反応して「これが日本の民度」などと書き込んでいるが、そこまでは行ってないだろう。この3人をして日本人は皆そう、と断定したい人たちもいるだろうけど、それは短絡的。もちろん、日本でも日々「日本人による凶悪犯罪」は起きているが、他国とは比率が違う。

世界でトップクラスの親日国である台湾と台湾の航空会社、他の乗客に多大な迷惑をかけ、日本の信用を傷つけたバカ親父3人に、帰国後に何らかの鉄槌が下ることを期待している。

posted by poohpapa at 06:30| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

私の人間性を疑われるような記事だけど・・・

私は今までに、「ああ、死んでくれて良かった、嬉しい」と思った人物が二人いる。今回が3人目。

慰安婦像の寄贈を受け入れたサンフランシスコ市のエドウィン・M・リー市長が急死 心臓発作か

「心から哀悼の意を・・・」なんて嘘、とても言えない。むしろ「ザマアみろ!」と言いたい。

ま、理由はともかく、私のことを「死んでもらいたい」と思っている人間もいるだろうけど。

posted by poohpapa at 06:17| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

2017年12月05日

これでも「お腹いっぱい食べさせてあげたい」と思うのか ( `ー´)ノ

11月30日に、私は「デヴィ夫人のメルマガ・・・、今回は不同意」という記事を書いているが、

漂着船避難の松前小島:家電など窃盗被害 船で一部確認

デヴィ夫人、これでも「可哀想な人たち・・・、お腹いっぱい食べさせてあげたい」と思うのだろうか。

或る意味、対馬で仏像を盗んで返還しないのよりもっと倫理に悖る、と思われる。羅針盤も GPS も無くても、漂着したのが日本だということは判っていただろうし、これから本国に帰るためには日本政府の力を借りなければならないのに、盗み取ってもバレない、と思っている神経が解からない。

灯台にある備品を根こそぎ盗んでいるワケで立派な組織的窃盗団だから、国外強制退去で航空運賃を税金で負担して北朝鮮に帰すのでなく、日本の法律で裁いて刑務所に放り込んでもらいたいもの。ただし、北朝鮮の暮らしより日本の刑務所のほうが快適だろうから刑罰にも何もならないとは思うけど。

それにしても、舵も無くエンジンも壊れている船にそんなに盗品を積み込んで、どうやって北朝鮮に帰るつもりだったのか。海流や風向きを考えたら、漂流したなら北朝鮮から遠くなるばかりだろうに。

古い漫画で「泥棒が唐草模様の風呂敷に目いっぱい詰め込んで背負い、(一度下ろして向きを変えればいいのに)荷物が引っ掛かって玄関から出られなくなっているうちに御用になる」なんてのがあったけど、そんな感じ。海外でだと「換気口から盗みに入ろうとして挟まってしまった泥棒」か (^◇^)

デヴィ夫人、あの方は物事を深く考えず「思い付き」でモノを言う人で、常に言いっ放し。後で明らかに間違いと判っても謝罪も修正もしない。今回の件でも、「あんなふうに協力者を募ってしまいましたが私の間違いでした、お騒がせしました」とは絶対に言わないと思う。言わないどころか、これでもまだ(それはそれ、と主張して)「可哀想な人たち・・・、お腹いっぱい食べさせてあげたい」と言い続けるだろう。

そこまで手が回らないだろうけど、日本は沿岸の警備を強化しなければならない。今後さらに北朝鮮からの漂着船は増え続けるだろう。上陸してから窃盗や強盗、凶悪犯罪を引き起こす可能性は高いと思う。言葉も通じないし日本の通貨も持っていないのだから生き延びるためには盗むか奪い取るしかない。

遺体で見つかっても生きていられても、どっちにしても日本にとっては大変な迷惑でしかない。それでも、こいつらが生きて北朝鮮に帰ればきっと英雄扱いされるんだろうな・・・。

北朝鮮が核やミサイルの実験に国家予算の多くを注ぎ込んで国民が飢えていることを上層部が無視すれば、そういう脅威とは別の意味での脅威が生まれる。こいつら日本でなく韓国に漂着してほしいものだ。欲しいものがあれば、どれだけでも好きに持って行ってかまわないから。



 ここんとこ自律神経失調症が強く出ていますので、コメントの返信、お時間を頂くかもです、すみません。記事は書いていますが、その・・・、(自分の言いたいことだけ連ねる)記事を書くほうが楽なので 💧

posted by poohpapa at 04:59| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

マスコミの掌の返し方がヒドイ

好き嫌いは別にして、小池百合子東京都知事と希望の党に対する報道姿勢もそうだったけど、日馬富士の暴行事件でも、二転三転するマスコミの報道姿勢の在り方は如何なものか、と思ってしまう。あれだけ日馬富士を叩いていて、いざ日馬富士が引退するとなったら「可哀想」に転じている。日馬富士を引退に追い込んだのは横綱審議会でも理事会でもなく、他でもないマスコミじゃないのか。

貴ノ岩はモンゴル会の席で横綱が話している時にスマホをいじっていたとのことで、それはマナー違反だし、上下関係に厳しい相撲界では考えられないほど失礼な話。程度の問題ではあるが、殴られても仕方ない。

これからマスコミは(他の話題が出るまで)貴乃花親方を批判していくんだろうな。

ずーーーーーーっと立ち位置を引いて私自身を俯瞰して見てみると、私は不動産業界(協会や立川支部)の中では貴乃花親方と「やってることや立ち位置」がダブるように思える。例えば、私が貴乃花親方だとすると、伊勢ケ浜親方はあの人で・・・、うん、注意しなければ (*´з`)


posted by poohpapa at 09:00| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

不動産業者の視点で見ると気になること

座間市のアパートで女性8人と男性一人が殺害された猟奇事件、一般の人はテレビのワイドショーなんかでこのニュースを視て「可哀想・・・」「ご遺族は悲しいだろうな・・・」と先ず思うものだろうが、長くこの仕事をしていると、そういうことは頭に浮かばず「家主さん、たいへんだろうな・・・」「入居者はみんな出ていってしまうだろうな・・・」「もう取り壊すしかなくなるだろうな・・・」「売るとしても二束三文だろうな・・・」などと、被害者やご遺族には申し訳ないが、そんなことを真っ先に考えてしまう。

どこの業者も、孤独死で発見が遅れて事故扱いになったり、入居者が事件を起こして逮捕されたり、なんてことを一度や二度は必ず経験するもので、今のところは自殺や殺人事件は無いが、いつ起きても、いや巻き込まれても不思議はない。「うちの管理物件だけは大丈夫」などと誰が言えるだろうか。

以前に国立市のラブホテルで複数の会社経営者が自殺した事件が起きて、その際も先ずそんなことを考えた。あの時は、取り壊すしかなくなったホテル側が遺族に損害賠償訴訟を起こして勝訴している。

で、こんな記事があった。

「座間9遺体事件」のアパート、今後の資産価値は? 不可解な2つの事実と、事故物件をめぐる不動産事情

座間の事件のアパートに関して、素人の人にも解かりやすく、よく調べて丁寧に書いてくれている。記事の中で書かれている内容は私も納得。とくに、このアパートだけでなく近隣の相場も下げてしまう、というくだりはそのとおりで、無関係な近隣住民からすると「とばっちり」もいいところ。来年以降の固定資産税の算定基準が変わっても長い目で見たなら追いつかないことだろう。

それで、ふと考えた。こういうのは対岸の火事ではない、ということ。家主だけでなく管理会社も巻き込まれて、管理会社が損害賠償訴訟を起こされるケースが無いとも言えない。宅建協会がデータを集めたり詳しい対応例をまとめて会員業者や家主に紹介できるよう備えを怠らないようにすべきだと思う。もちろん、成功例より失敗例のほうが大事で有効。

以前も似たような案件で立川支部に提案させてもらったが、全く動いてくれていない。不思議な組織である。自分たちだっていつ直面するか判らないのに、全く危機感が無い。会員業者が350社もいれば、全部が賃貸管理をしているワケではなくとも、年間に何件かは会員業者の間で事件や事故は起きていると思う。自社で優秀な顧問弁護士を雇っていて問題なく処理できる業者ばかりではないだろう。

どんなに注意していても事件事故は避けられないもの。起きてしまった時の初期対応や事後処理が適切に行われれば(自社だけで判断して行動するより)少しでも家主と管理会社の被害や損害を押さえることができる。同じアパートに住んでいる人たちへのフォローも、より的確にできるものだろう。そういう悩みやトラブルを共有して仲間内同士で助け合えるシステムは今後益々必要になってくると思う。

posted by poohpapa at 05:54| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

このニュースで高校時代を思い出した (^◇^)

高校生にキスの教諭、免職取り消し「真剣に交際」と認定

現役の教師が女子高校生と(彼氏彼女という関係で)付き合う、というのは、ケーキ屋さんの店主が店の商品をつまみ食いするかのようで賛成しかねるが、今の時代、そりゃあ有り得ることだろうな、とは思う。下衆の勘繰りかも知れないけど、キスだけでは済んでいないんじゃないかな、とも。

まあ、元を質せば、うちのは当店のお客様だったのだから他人様のことは言えないんだけどね (*´з`)

当人同士は真剣で、昔あったテレビドラマ「高校教師」の再現みたいなものかも。

その昔、記事で少し触れているが、私の高校時代を思い出した。

1年時の「数学 β 」の教科担任F先生は、通常の感覚だと「キモイ」男性。今で言う「オタク」的な雰囲気と「マザコン」的な雰囲気を併せ持っていて、休日にパチンコ屋に行った際、生徒と鉢合わせして、生徒を叱るどころか自分が逃げ出した、というエピソードがある。つまりは「自分がパチンコ屋に来ていたのを生徒に見られてしまった」ということを先に考えてしまうし、大きな地震が起きた際、職員室の窓に足を掛けて自分だけ飛び降りて助かろうとした、と他の先生から聞いた。教師としてはクズである。

エヘン!、私はその時と同じ地震で、授業中、怖がって狼狽える(別の)教師を尻目に、同級生に「この程度の地震で校舎が倒れることは無い。怖かったら揺れが収まるまで机の下に入っていろ」と指示をして、様子を見て「もう大丈夫、出ていいぞ」と声を掛けている。怖くなかった、と言えば嘘になるが、そもそも私の家が東海地方に未曽有の被害をもたらした伊勢湾台風で水没して傾いていて、その後の度重なる地震でも倒れておらず、それに比べたら校舎のほうが何倍も丈夫、と思っていたからである。

で、そのオタク教師F先生、「あんな奴、一生結婚などできないだろうな。あんなのに惚れるような女、いるワケないよ」と思っていたら・・・、それが、いたのである (^◇^)

「一学年下のYって生徒がF先生のことを好きで好きでたまらないみたいだよ」という噂が飛び込んできた。Yは非常に優秀だったが、どうも母性本能が強すぎて、F先生に対しても「私が護ってあげないと先生はダメになってしまう」と思い込んでいたみたい。その噂はたちまち生徒間では広がっていたのだが、幸いなことに、他の教師や教育委員会にまでは届かなかったみたい。

届いていたら今回のような問題になった可能性もあるが、今とは情報量も意識も違う当時の話、交際していたワケでもなく、一方的にYが入れ込んでいただけのことなので、「物好きなヤツもいるなあ」で済んでいたのだが、卒業して何年か経って、F先生とYが結婚したと聞いた。純愛を貫いたようだ。

おそらくは、F先生は一方的に受け身であって、Yが積極的に迫ったんだろう。職員室の窓から逃げることもできず、「ま、いっか。一生独身になるよりマシだし・・・」と観念したものか。ちなみにY・・・、失礼ながら、面食いの私からすると・・・、「 No thank you 」である。今も夫婦でいるのかなあ・・・。

さて、今回の件も、周囲は生暖かい目で見守ってあげればいいと思う。

posted by poohpapa at 06:59| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

首吊り士

なんか、嫌ですね・・・、

首吊り士・・・、語呂合いが似てると言うか・・・、嵌るのですよ、ピタっと・・・、

首吊り士
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
宅地建物首吊り士  (本当は宅地建物取引士)

同じように感じた同業者さんもいらっしゃったんじないかなあ・・・。



posted by poohpapa at 09:12| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

学校で何を習ったの ♪

タイから、こんなニュースが入ってきた。

カワウソ持ち出し未遂 邦人女子大生逮捕

カワウソは仕草も表情も、もの凄く可愛い。今は日本でもブームになっているから、日本に持ち帰って売れば一稼ぎできると思ったんだろう。「友だちにあげようと思った」という供述はウソだろう。

だいたいが、こんなふうにスーツケースに10匹も詰め込んでいたのでは、日本(自宅)に帰るまでに死んでしまう可能性が高い。真夏に、水も食料も与えられず、難民がコンテナに詰められて密入国しようとして何人もの人が死んでしまっているのに似ている。タイで摘発されて本当に良かった。

このカワウソたち、みんな無事だったのかが気になる。私なんかは、テレビでもネットでも動画が見られる現代において、動物園など要らんだろ、と思っている。象やキリンの本物を見て大きさに驚いたり、ライオンや虎の迫力に圧倒されたりして喜ぶ子供たちもいるだろうけど、自然界から連れてきてまで現物を見せる意義があるんだろうか・・・。人間の側にはあっても動物の側には無いだろう。

それにしても、タイで国外持ち出し禁止のカワウソが路上で売られているのが不思議ではある。

昔、高石友也の「学校で何を習ったの」というフォーク・ソングがあったが、このニュースで思い出した。このバカ女子大生、きついお灸をすえて、(長く拘留して)ゆっくり帰国させて頂きたいものだ。

日本の恥晒し、である。


 高石友也の曲は意味合いが違っていて一種の反戦歌。私の言ってるのは「大学まで行っていて、そんなことも分からないの?」と小馬鹿にしているもの。曲を YouTube で探したけど出てこなかった。

posted by poohpapa at 05:44| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

場所は違えど同じ犯罪では?

副担任と2人にしない約束、担任破る…中2自殺

今まで伝わってきている話だけで考えると・・・、担任も副担任も、教師を辞めるべき、と思える。

人を叱る、というのは難しいもの。コテンパンに叩いて再起不能なまでに潰してしまって良いなら簡単な話。なぜ叱られているのか、つまり「自分のしていること、したことで周りにどんな迷惑や影響を与えているか」とか、「今、どう対応すべきなのか、どうすることが最善なのか」相手に考えさせたり、時に一緒に考えたりする必要もある。先ず、叱られている理由を相手に正しく理解させなければならない。

叱責する場合にも、一ヶ所、相手に逃げ道を用意する必要もある。それをしないと、追い詰められた相手が暴力的に反撃してきたり、今回のように自殺してしまうことも起きる。率直に言って、今回の担任も副担任も、「叱る」ということがどういうことなのか、ちゃんと理解していなかったのではないか。そして、些細なことでも、生徒と約束したことは絶対に破ってはならないこと。それは父兄に対しても同じで、担任は約束したことさえ覚えてなくて、つまりは「その場しのぎで言っただけ」だったのではなかろうか。

甘やかしてもダメだが、叱る時は「良いところも一緒に褒めてやる」必要もある。そうすることで、相手が叱られている中身に対して「聞く耳を持ってくれたり反省しやすくなる」と言える。周りに第三者がいる時にはとくに気を遣わなければならない。

傍にいる他の生徒が「身震いする」ほどの叱責って、どの程度のものか想像もつかない。私の中学高校時代には生徒が体罰を受けている場面に遭遇しても「身震い」まではしなかったから。

普通は担任が厳しく叱責していたなら副担任が慰めたり激励するもの。もちろん、その逆もアリ。これじゃ教師によるイジメと言われても仕方ない。日ごろの憂さ晴らしをこの生徒でしていたのではないか。もしかすると、担任と副担任は「二人で示し合わせて、どちらも厳しく叱責していた」のかも。現状を知っていて二人してキツく当たっていたならイジメ以外の何物でもない。

東名高速道路の追い越し車線に停車させて追突事故を誘発して夫婦二人を死なせてしまった男と何ら変わりない。「追い越し車線に停止させれば重大な事故に繋がるかも知れない」と予見できたのと同様、「このまま叱責ばかりして追い詰めれば生徒が自殺してしまうかも」と十分に予見できたハズだから。

高速道路と学校・・・、場所は違えど「やってることは同じ」ではないのか。片や間違いなく実刑で収監されるだろうが、一方は「教育の一環だった」「躾けのつもりだった」ということで今後も教師を続ける(続けられる)としたらおかしな話。自分たちが直接手を下したワケでなく自殺ではあるけど、そう追い込んでいるのだから、厳しく言えば「未必の故意での殺人罪」、軽くても「過失(?)致死罪」と言えなくもないだろう。東名高速の男とどこが違うのか、という話。世間の目も厳しく、これから損害賠償訴訟なども起こされるだろうけど、仮にこの教師らが自殺したとしても同情する気にはなれない。

生徒会の副会長までしていたというなら同級生の信頼もあったと思うのだが・・・、どこがいけなかったんだろう。もちろん、担任や副担任が自殺に追い込んだのは紛れもない事実で一番の原因になっているのだろうけど、生徒の側にも(後から思い起こせば)自殺が避けられた何かがあったのではなかろうか。と言うより、周りの同級生は何も声を掛けなかったんだろうか。だとしたらあまりに冷たいではないか。

もし担任が、「君は同級生から信頼されていて、それは素晴らしいこと。先生も凄く嬉しいよ。ところで、マラソン大会の準備が遅れているようだけど、こうしてみたらどうかな」「困ったことがあったらいつでも相談に来なさい。また一緒に考えよう」と言っていたならどうなっていたか、などとどうしても思ってしまう。

私が高校時代、この生徒と同じようなことが起きていた。文化祭とセットになっている体育祭の準備が遅れていて、このままでは間に合わなくなるかも、と私も危機感を持っていたのだが、生徒会の顧問の先生から「執行部だけで仕事を抱え込まないで、体育祭のことは体育委員会に任せたらどうだろうか」と優しく諭されて、方針転換して、どうにか間に合ったことがある。あの時に、もし、この担任や副担任のように何のアドバイスもせず厳しく叱責されただけなら、体育祭は失敗に終わっていたと思う。

と言いつつ、私は立川支部の役員に対してはそういう配慮は一切しない。頭から「役立たずのポンコツ揃い」と非難している。それで反発して「アンタと話がしたい」と言ってきてくれたら嬉しいのだが、そんな役員は一人もいない。私としては、「アイツは苦手」「アイツ嫌い」と思ってもらうのが狙い。そういうことで嫌われても商売には何の影響も出ないし、私みたいな存在、一人は絶対に必要だから。穏やかに提案してもキツく言っても、どうせ一般会員の意見は何も聞かないのだからキツく言うことになる。

余談になるが、叱り方と同様、褒め方も難しい。下心が透けて見えたり歯の浮くようなお世辞を言ったなら逆効果になることもある。どう褒めたら喜んでくれるか、やる気を起こしてくれるか、は「人を動かす」に載っていて、「相手の自己評価に近いことを言ってやる」ということと、「お世辞は口から出るが、賛辞は心から出る」ということ。私は誰かを褒めることがけっこう多く、この二つは常に心掛けている。上から目線になってしまうのだが、心から褒められない相手を褒めることは無いから、私が褒めたなら本当にそう思っていることになる。

で、この担任と副担任、今後も教師を続けていくのだろうか、ということも気になる。本人たちは何ら反省などせず「たまたま運が悪かっただけ」くらいにしか思ってないんじゃないか、と私は想像している。

校長も教頭も教育者失格。周りの教師たちも「イジメを傍観していた生徒と同じ」で極めてレベルが低い。要は「事なかれ主義」で「何かあったら私が責任を取ろう、私が嫌われてもかまわない」という気骨のある人物が一人もいない。よほど担任や副担任が怖かったんだろうけど、実に情けない。

この担任と副担任には子供はいないのかな。いれば「両親が一緒になって子供をキツく叱ったらどうなるか」くらい解かりそうなものだけど、他人の子供だから気にしなかったものか。

私の恩師、私が中学3年の時にクラスから自殺者が出て、先生の責任ではなかったが、そのことで「俺は生涯一兵卒、ヒラの教員のままで終えよう」と決意したとか。その時は、親がかつてPTAの会長をしていたりしたこともあって学校や教師の責任を執拗に追及して大変だったようだ。私は、親の責任だと思っているけど。

今回の男子生徒の自殺、第三者による調査委員会の報告はしっかり調査された内容のようだけど、そんなものが出せるくらいなら周りもよく判っていただろうから何とかならなかったものかねえ・・・。

お母さんが「(そんな状態なら)学校に行かせなければ良かった」と後悔していらっしゃるが、「学校に行かせない」という選択肢もたしかにあると思う。逆に言えば、そんな選択肢があるのがおかしいけど。



posted by poohpapa at 05:59| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

気になるニュース3件

【森友学園問題】佐川宣寿国税庁長官を告発 市民団体、証拠隠滅容疑で

告発するのは自由だが、学者らでつくる市民団体・・・、タイミングを合わせて衆院選の真っ只中にぶっこんでくる、ということは、こいつら左翼思想なんだろうな。東大の教授は「真っ赤っ赤」なのが多いと聞いてるから、狙ってやってるんだろう。弁護士や判事、大学教授・・・、学業的には優秀だからそういう職業に就いているんだろうけど、社会常識や公正な価値観が著しく欠如している馬鹿が多いように思う。


運転中に追い越され立腹、鉄パイプで…

なになに「器物損壊の疑いで逮捕されたのは、東京・立川市の自称・建設作業員」・・・、そいつ立川かよ。だいいち、「自称・経営コンサルタント」とかなら解かるけど「自称・建設作業員」てナンだよ。

「容疑者は、駐車場の約5キロ手前で、男性が運転する軽自動車に追い越されたことに腹を立て、約10分間追い回したり、車から降りて軽自動車を殴ったり、蹴ったりしていた」「割り込まれて頭に来た」っていうんだから東名高速の死亡事故の容疑者と一緒じゃん。他にもやってるよ、コイツ ( `ー´)ノ


野上浩太郎官房副長官「ユネスコ拠出金支払いのタイミングは総合的に判断」 脱退の米国とは「協力を継続」

アメリカが脱退したなら日本も脱退しやすくなるというもの。と言うか、日本のほうがもっと早く脱退していてもおかしくなかったと思う。今のユネスコは公正でも公平でもなく、声が大きい大陸や半島に振り回されていて存在価値が無くなっているように思う。日本が追随して脱退すればユネスコも考えざるを得なくなるだろう。「日本寄りの運営」を望んでいるのでなく、ただ「公正な運営」をしてほしいだけ。


記事をアップした後で、ちょこっと追加、

私が毎日読んでいる「NPO法人百人の会」のメルマガに、こんな「おいおい」という話があった。

「九条守れ」俳句不掲載、市に慰謝料命じる判決

2017年10月13日 20時58分

 集団的自衛権の行使容認に反対するデモ活動を詠んだ俳句を公民館だよりに掲載しなかったのは表現の自由の侵害だとして、俳句を詠んださいたま市大宮区の女性(77)が、公民館を設置する市に、俳句の掲載と200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、さいたま地裁であった。

結果は表現の自由を侵すものではない。

当然で在りましょう。民間の政治主張を市が称賛しているとの誤解を与える方が市への不信感を助長することになる。期待心に対してわびの意味で5万円の支払い命令判決を出されていることが驚き。

                       メルマガから引用

これ、よく解からないのだが・・・、「市側の言い分を認めるけど、気の毒だから5万払ってあげて」ということか。文章の流れからすると「そういうふう」に受け止められるのだが・・・。だとすると、そんなのは温情判決なんてもんじゃなく裁判官の職権乱用ではないのか。だいたいが、77歳にもなって「私が応募した俳句が公民館だよりに掲載されていない」として市を訴える・・・、よほど寂しいのかねえ。

「裁判所も忙しいのだからつまんないことで訴えを起こしてんじゃねえよ!」と言いたい。と言うか、弁護士も付いてるんだから「おやめなさい」と言わないものかねえ。(ピンキリの)キリの弁護士に当たったな。5万じゃ完全に赤字だろうし・・・。市は控訴するのかなあ、こういうの、前例になるしね。



posted by poohpapa at 05:11| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

ファーストクラスの上のスイートクラスって・・・??

シンガポール航空のA380に、ファーストクラスの上のスイートクラスが誕生したとか、

それが、こちら

うちの店に出入りしていた女性営業が今はシンガポール航空の社長室にいるから、今度、安く乗せてもらお。というのは無理として、普段はエコノミーにしか乗れない身分としては、ファーストクラスなんてのがあるだけでも不愉快なのに、その上のスイートクラスを作る、ってのはどうよ ( `ー´)ノ

もうね、座席でなく、ほとんどベッドルーム。ベルト着用ランプが点いてる時、ベッドの中でシートベルトをしているのかなあ・・・、なんてことを考えたりしてね。

こんなブログもあった。

往復チケット200万円! シンガポール航空のスイートクラスに乗ってみた

元々の記事は英文、私はそのまま読めるが(うそ)、読めない人の為に日本語に訳したものをアップ。

なんか、こいつ、中国の成金のバカ息子みたい。どう見ても「人の痛みが解かる人間」には見えない。こういう奴は先々超高級スポーツカーで事故って昇天しそう。スイートの利用者は中国人ばっかりかも。アラブの王族なら自家用ジェット機を持っていそうだし、中国人はそこまではいかないから。

需要があるから、なんだろうけど、シンガポール航空、好きじゃなくなった (100%僻み 💧


posted by poohpapa at 05:55| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

こういうのはおおらかでイイ (*^▽^*)

ホールスタッフは全員、認知症――海外からも注目の「注文をまちがえる料理店」
週刊女性2017年10月10日号より

軽度の認知症であれば「さっき頼んだ料理の注文を間違えることは無い」だろうから、かなり進行した認知症の患者さんをホールスタッフとして雇っていると思われるが・・・、目の付け所が面白い。

客のほうも、料理を提供するほうも、「たまに間違えられてしまう」ことをハナから承知していて、それをまた楽しむ、という心のゆとりが素晴らしいと思う。こういう店には、ちょっとオーダーを間違えられたくらいでウエイトレスに大声でネチネチ怒るような客は行けないことだろう。私も行けないか・・・。気が短いからでなく偏食が多いので、間違って出てきたものが「私が食べられないもの」だとアウトだから。

この店に行くのは、まるで行き先不明のミステリーツアーに参加するようなもの。何が出てくるかは「出てきてからのお楽しみ」、という感じ。オーダー間違いを起こしちゃいけない、という当たり前の姿勢でなく、間違いは起きるもの、客も雇い主もそう心得ていて赦せるのは何ともおおらか。

ちなみに、私はファミレスをよく利用するが、たまに(2回)オーダー間違いがあった。その時にどうしたかと言うと、オーダー間違いを指摘して、他にその料理を注文しているお客さんがいないか確認してもらい、いればそちらに回してもらって、いなければ私が食べる。他に注文していた人がいたとすると調理場では既に作り始めていてダブるかも知れないが、待たせずに済む分だけいいだろう。あまりに早いと疑われたりして (^◇^)

文句は言わない。どうせ「何を食べるか」さっきまで迷っていたワケだし、ファミレスの料理ならたいていは食べられるから。そこでウエイトレスに小言を言ったなら相手は一日嫌な気分になるだろうし、伸びるハズの芽を摘むことにもなりかねない。客の無造作な一言で潰れてしまうスタッフもいることだろう。従業員を育てるのは上司や店長だけではない、客も一緒になって育てるもの、と認識している。

でもって、良いと思えば心から褒めるから相手は喜んでくれる。我ながら「いい客」だと思う、ほんと。

スーパーで買い物する時も、レジの台に籠を乗せる際には「お願いします」と言い、清算が終われば「お世話様でした」と笑顔で声を掛ける。たまにスタッフに美味しいお菓子をお裾分けしたりもする。伊勢丹でも郵便局でもファミレスでも同じ。だから顔を合わせると向こうから笑顔の挨拶をして頂ける。

結局は私が得をしていて、実のところ、それが私の「友だち(知人)作りの秘訣」でもある。

posted by poohpapa at 05:49| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする