2017年02月21日

おかしな訴訟と判決

au携帯のニュースから辿って元記事、

ネット記事削除ビジネスの違法性認定 東京地裁

記事によれば、

原告は11年前の学生時代のトラブルをめぐってネット上で中傷記事が拡散。2012〜13年ごろ、計13記事の削除をこの会社に依頼した。会社はサイト運営者に対し、男性の名でメールなどをして削除を申請。運営者が削除に応じた計10記事分の報酬を受け取ったが、全記事の削除を求めていた男性は契約無効を訴えていた。

とある。「13件全部を削除させてもらえる、と期待していたのに10件しか削除させられず未だ残っているものがある」から原告は納得できずに対価を支払いたくない(返せ)、と言っているのか、業者が請け負った仕事が不法行為だと知ったから「それって払わなくても良かったのでは」と思ったのか不明だが、業者の仕事内容が弁護士法に触れるのと「消してくれた」ことへの対価は別の話ではないか。

「50万を返せ」という判決を貰っても何やかやで裁判費用はもっと掛かっているだろうな・・・。こういうのは全部を消させるのは現実的に無理だから、全部消させなければ意味が無いとしても、13件のうちの10件を削除させた業者はちゃんと努力しているんだと思う。

で、弁護士法違反、ということで言えば、我々の生活はすべて法律行為の積み重ね。コンビニで弁当を買って代金を支払うのも、電車に乗る時に代金を支払うのも、水道の水を飲んでも、何をしても法律行為と無関係ではない。我々が滞納家賃を取り立てるのも契約解除で退去を求めるのも法律行為で、本来なら弁護士にしか出来ない仕事。それが例え無償で行っていたとしても弁護士法に抵触するんだとか。そんなことをいちいち家主さんに説明して断ったりしたなら信用を失うし仕事にならなくなる。

この業者の仕事が弁護士法に違反していて不法行為とするなら、私のところに「オタクの会社の誹謗中傷記事を消して差し上げます」と営業の電話を掛けてくる業者は全て不法、ということになる。弁護士の指導の下に行っていたとしても、である。

こういう裁判を起こす人・・・、少し変わっている人じゃないのかなあ・・・。11年前の記事はもしかすると誹謗中傷とは言えなかったりして・・・。

ついでに言うと、私が業者に依頼しないのは「費用が掛かる」ということと、「どうせ全部は消せないし、新しい誹謗中傷の記事もどんどん出てキリが無いから、それならむしろそういう記事は多いほど信憑性に欠けることになって都合が良い」という理由。もし依頼して、何件か削除に成功したなら費用は払うし感謝もする。間違っても「不法行為だろ、カネ返せ!」は無い。食べた料理の代金を、「自分の思っていた料理と違うし美味しくなかったから」と言って返金を求めたりはしない、ということ。例えその店が無許可で営業しているレストランであったとしても、である。

原告の価値観も裁判所の判断もおかしいと思う。業者の業務内容が不法行為であったとしても、だからと言って仕事の対価を払わなくていいことにはならない。業者の事前説明も不十分だったかも知れないが、今の時代、ネット記事削除ビジネスは当然に存在意義があるだろうし、何でもかんでも「法律行為だから」と言って弁護士にしかできないようにするのは単に弁護士の身分や生活を保障するだけのこと。

そんなことをしていると悪質な弁護士や法律事務所が蔓延る温床になるだろうし、世の中はどんどん世知辛くなることだろう。業者には控訴してもらいたい。



posted by poohpapa at 07:53| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

これって、懲戒免職が相当でしょう ( `ー´)ノ

立川署女性巡査 ディズニーランドで万引き

依願退職なら退職金が出ますよね。これ、普通のOLじゃなく警察官なんだから懲戒免職が当たり前じゃないのかな。警察は常に身内には甘いですね。

と言うか、立川警察は碌な警察官がいません。市民の安全より自己の保身や成績を優先しますから。中には立派な警察官も・・・、いるのかなあ・・・。私は何度か衝突していて、常に不誠実な対応をされてましたよ。


posted by poohpapa at 07:14| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

やっぱり東京新聞は東京新聞だった ( `ー´)ノ

1月20日付けで「MXテレビは正しい」という記事を書き、その後に「これが『ニュース女子』の問題の回、そして、非難に対する制作側の見解」という記事を書いていて、その中で、

不思議なのは、MCの長谷川幸洋氏は朝日や毎日と同じく左翼新聞の東京中日新聞論説副主幹なのだが、そう思しき発言は一切ないこと。

と書いていたのだが・・・、毎日新聞によると、

MX番組問題 東京新聞「深く反省」 論説副主幹が司会

とある。そこにあるのは論説主幹のお詫びだけで、番組の司会を務めていた長谷川幸洋氏の意見や言葉はどこにもない。ただ批判に対して頭から謝っているのみ。おそらく事実の検証も何もしてないだろう。やはり、東京新聞は東京新聞でしかなかった。はたして長谷川氏が社内的に何らかの処分を受けるのか興味津々。

それにしても、この論説主幹、「ダメ上司」の典型だと思う。部下の言い分を聞かず、立場も理解せず、声の大きいほうにのみ気を遣っていて真実も正義もない。これじゃ部下はヤル気を失うよなあ・・・。

上司たるもの、部下が完全な失敗をしでかしていたならともかく、部下の防波堤になって陰に日向に部下を庇って勇気づけ、上手く叱って意欲を高め、部下が働きやすい環境を整え、時に会社と交渉したり部下の思いを代弁するくらいでなければならない。これじゃ部下より自分の立場を護っているに過ぎないではないか。そんな人間が論説主幹・・・、東京新聞がどの程度の新聞かも知れてしまう話であろう。

MXテレビもスポンサーのDHCも毅然とした声明を出しているのだから、長谷川氏はこんなイチャモンなんかに臆することなく東京新聞を辞めてでも今後も司会を続けてほしいと思う (無責任 💧

他にも、「辛淑玉さん BPOに申し立て MXテレビ番組で人権侵害」なんてのも。

自分に都合の悪いこと(本当のこと)を書かれると「人権があ!」てか!? (^◇^)

それにしても、この一連の問題に関しては、今まで名前を聞いたことも無いジャーナリストがいっぱい現れてMXテレビを手厳しく批判しているが、本当にジャーナリストなんだろうか。「偏向だ」「事実無根だ」と騒いでいるが、どう見てもそう言ってる側の内容のほうが偏っている。本来は公正なモノの見方をすべきジャーナリストであるにも関わらず、まるでどっかの団体のお抱えジャーナリストみたい。

ジャーナリストなんて不動産屋みたいに資格試験があるワケでもないし登録条件もない。私も明日から名刺に「ジャーナリスト」という肩書を加えようかな、誰でも名乗れるんだから (おい)

似非ジャーナリストは鳥越俊太郎だけでたくさん。そいつらが騒げば騒ぐほどMXテレビ(ニュース女子)の主張の正当性が高まるように思えてならない。


posted by poohpapa at 06:24| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

これが「ニュース女子」の問題の回、そして、非難に対する制作側の見解

1月20日付けで、「MXテレビは正しい」という記事を書いているが、

その時の放送の動画がこちら、メッチャ面白いので是非ご覧頂きたい。

https://www.youtube.com/watch?v=gGnlO81rwcI&list=PLdoANlSaeHvdgQA9kjjhdm-xGcWaoiOr2
 動画が消えていたら、『ニュース女子』#91 、で検索してください )

ほんと、綺麗事や建前は一切ないのがさすがMXテレビ。不思議なのは、MCの長谷川幸洋氏は朝日や毎日と同じく左翼新聞の東京中日新聞論説副主幹なのだが、そう思しき発言は一切ないこと。

で、番組に寄せられた非難に対する制作側のDHCシアターと番組チーフプロデューサーの見解が素晴らしい。つまらない圧力に何ら屈することなく堂々と見解を述べている。そこらあたりは「ちょっと非難の声が上がったくらいで直ぐに謝罪してしまったり出演者を降板させる」へなちょこテレビ局やスポンサーとは大違い。大テレビ局にも見習ってほしいほど。いや、DHCという会社を見直した。

https://www.dhctheater.com/information/2017-01-20-283265/

この毅然とした態度にはスカッとする。実に爽快な気分になる (^◇^)

公正な番組作りを心掛けているとされるNHKの報道が如何に偏っているか、情けなく思えるほど。

https://www.youtube.com/watch?v=BVVJIeQV_3Y
そして、1月23日放送分の、後半の日韓関係についての部分が面白い!

スポンサーの顔色を窺うことなく出演者に自由に本音を喋らせるMXテレビをこれからも応援したい。



posted by poohpapa at 05:30| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

これで死刑にならないかねえ・・・

千葉の少女殺害、19歳に無期求刑 「積極的な役割」

検察の求刑が無期懲役ということなら死刑判決が出ることは無いだろうけど、これで死刑にならないものかねえ。被害者が一人で加害者が多数であっても、犯行の残忍性からして死刑でいいと思う。

遺族からしても、求刑が死刑で判決が無期懲役になるのと、元々求刑が無期懲役で求刑通りの判決が出るのとでは判決は同じでも納得の度合いが違ってくるだろうし。どのみち、この手の犯行をするような奴は何年刑務所にいたって更生などしないから。出たらまたやるだろうよ、必ず。

被害者は理不尽に殺されているのに、殺人者の人権が護られて更生の機会が与えられるのは不公平。できれば被害者が殺されたのと同じ方法(今回は生き埋め)で死刑になって欲しい、と思ってしまう。






posted by poohpapa at 15:55| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

うちの田舎の殺人事件

女子高生殺害:24歳容疑者を逮捕…愛知のホテル

別れ話のもつれから絞殺、って言ってもラブホテルで殺されたのが18歳の女子高生・・・???

20日の夕方から泊まってた、と言うんじゃ、親は何やってたの!?、という話。恥ずかしい

これで廃業に追い込まれたならホテルが気の毒。アパートでも起こり得るから他人事ではない。

posted by poohpapa at 11:58| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

MXテレビは正しい

いつものmsn.の毎日新聞の記事から、

MX:「偏見報道」に波紋…「事実無根」市民が抗議行動

私からすると、番組内容は「正しい」「何ら間違っていない」と思える。だいいち、さすが「朝日より左寄り」の毎日新聞の記事だけあって、この記事自体が異常なまでに偏向している。

見出しからして、「偏見報道」に波紋、とあって、最初から偏向報道だと決めつけている。

鈴木秀美・慶応大学教授の、「制作会社が作った番組であっても、MXにはテレビ局として期待される真実の追求への配慮が必要だ。政治的意見はあってもいいが、一方的な決めつけをしているなら問題だ。」という毎日新聞にとって都合のいい言葉で記事を結んでいるが、「オマエが言うな ( `ー´)ノ」という話。まさにブーメランで、飲んでいたお茶を噴き出してしまった。

この番組内容にMXテレビに抗議をしている市民がいる・・・、普通の市民は「私と意見が違うな」と思っても抗議まではしないもの。皮肉にも「そのことが逆にこの番組の内容が正しかったことを裏付けている」ことになるのではないか (^◇^)

今、民放で本音を流しているのはMXテレビだけである。負けずに頑張ってもらいたいと思う。



posted by poohpapa at 07:28| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

トランプ米新大統領に本年度のノーベル平和賞・・・か(東スポふう)

トランプ氏、ロシアに核兵器削減と制裁緩和の取引呼び掛け

オバマ大統領だって「核の廃絶に向かって努力する」と訴えただけで貰えて結局は何もしなかったんだから、トランプ新大統領が貰っても何の不思議もない。既に、ノーベル平和賞なんてその程度に成り下がっているもんね。私なんか、佐藤栄作氏が貰った時に、既にそう思ってたけど。

posted by poohpapa at 11:02| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

画期的な判決

12月16日付の読売新聞からなので、ネタとしてはちょっと古いけど触れておきたい。

市長の賠償負担確定

国立マンション訴訟 弁護士ら決定批判

というもの。何度かこのサイトでも触れているが、国立市の上原公子元市長が、明和地所の(一審の判決時点で一部は入居が始まっていた)建設中のマンションに対して、「景観が損なわれる」として建築の取り止め、取り壊しを求めた裁判で、一審では勝ったが高裁で逆転され確定したもの。

いわゆる「国立マンション訴訟」と呼ばれる一連の訴訟に関するもの。

私は何度か、合法的に建築確認を受けて建設し既にほぼ完成していたマンションを「景観の為に取り壊せ」と訴えることの非合理性について(文字通り)「非建設的」と批判してきたが、続きがあった。

元市長が先導した訴訟で原告の敗訴が確定したことで明和地所が「営業妨害」として訴えを起こして認められ、市が業者に3120万円を支払うことになった。そこまでは当たり前の展開。そこからの裁判所の判断が凄かった。私からすれば「よくそこまで踏み込んだなあ・・・」という感想。その、市が明和地所に支払った3120万を元市長個人が支払うことになった。実際の上原氏の負担額は確定利息を含めて約4400万円。

当時市長だった上原氏が住民運動を利用し、市議会などで違法マンションであるような印象を与えた」「景観利益保護目的という公益性があっても違法性は阻却されない」と述べ、上原氏の発言などが「不法行為である」と認定していた。ちなみに市から3120万円の賠償金を受けた明和地所は同額を市に寄付している。

私は裁判所が「当時市長だった上原氏が住民運動を利用し」と踏み込んでいるのが実に爽快である。世の左巻きの首長、とくに沖縄の翁長知事なんかは毎日が綱渡りの連続、という状況ではあるまいか。ま、ブロ市民に乗っかり更に自らの立場を利用して先導した者が受ける当然の帰結であろう。

今後も「立場を利用している左巻き首長」に対して同様の裁判が起き、同様の判決が出ることを期待したい。朝鮮学校への補助金などでも左巻き首長は個人の主義により税金を無駄遣いしているのだから。



posted by poohpapa at 06:03| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

めちゃくちゃ恥ずかしい失態、茨城県警

逮捕直前に男が逃走=入院先から、覚せい剤事件―茨城県警

記事を読んでいくと、茨城県警の絵に描いたような失態が浮き彫りになる。逮捕しに行って、2階の窓から飛び降りて逃げようとして、体の痛みを訴えたから一旦釈放して入院させて、再度逮捕しに行って・・・、って、普通は監視を付けるだろうに。タバコを許して、迎えの車が来たら車椅子から立ち上がって走って乗り込んで逃げた、なんてのはまるで刑事ドラマみたいで、失態も失態、ド恥ずかしい失態。

たるんどる! ( `ー´)ノ

ま、所属する暴力団事務所をガサ入れして直ぐに捕まるだろうけどね (^◇^)

posted by poohpapa at 07:04| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この(リンク先の)記事、ぜひ最後までお読みになってください

【死刑制度廃止論】闇サイト殺人遺族の磯谷富美子さん基調講演詳報 「被害者が1人でも、私にとってはかけがえのない大切な娘」 残忍な殺害状況も子細に…

涙なしでは読めません。私にも同じ年頃の娘がいますし・・・。

似たような事件で「女子高生コンクリート詰め殺人事件」というのがありましたが・・・、娑婆に出てきた犯人たちは反省の色もなくまた犯罪を犯していますね。刑務所に入れたところで、刑期を終えただけでは罪を償ったとは言えないでしょうし、更生するとは限りません。個人的には、3人で一人を殺そうが1対1であろうが、人を殺したなら(十分な情状酌量の余地が無い限り)死刑でいいと思います。怖くなって自首してきた、は、情状酌量の理由にはならないでしょうに・・・。

あと、何度も書いていますが、刺したら死ぬ、銃で撃てば死ぬ、首を絞めれば死ぬ、と知っていて犯行に及んだのなら(どうすれば死ぬか判断できたのですから)精神鑑定の必要は無いと思います。

バカな人権派弁護士たちは盲目的に死刑制度反対を唱えていますが、自分の家族が残忍な殺され方をしても同じことが主張できるかどうか。その程度の想像力も働かないなら弁護士なんかすべきではない、と思います。被害者のお母さんの言葉、「加害者の更生という未来の不確定なことを前提にして裁くのではなく、まじめに生きている人を守ることを優先して裁く司法であってほしい」は仰る通りですね。

最後に、もう一度お願いします。リンク先の記事をどうぞ最後までお読みになってください。

posted by poohpapa at 05:37| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

気になるニュース

寒くなってきて、すっかり「電気毛布が恋人」状態、歳のせいか夜中に一度は尿意で目が覚めるものの、時間が中途半端だと布団に戻ってしまって、今日も起きたのは6時半・・・。

最近のニュースで、ちょっと気になったもの。

成宮寛貴に「コカイン吸引」疑惑浮上! 所属事務所は怒りの否定

これ、成宮寛貴がコカインをやっていたかどうか、より、こういう写真を週刊誌に売り込んだ似非友人の品格が気になる。記事では「友人」となっているが、記事の内容が本当でネタ元の人物が真に友人なら「コカインなど止めろ」と諭すハズ。そうしないで写真を撮ったということは「友情よりカネを取った」というワケで、私はそういう人物は最も軽蔑する。

成宮寛貴は母子家庭で育ち、早くに母親も亡くし、中学卒業後、バイトなどで頑張って弟を大学まで出した苦労人ということ、仲間から擁護の発言が出るのも頷ける。苦労の度合いでは「スクール☆ウォーズ」の不良役で一世を風靡した松村雄基氏にも匹敵する。もちろん、もし本当にやっていたなら弁解の余地は無いが、心情的に責める気にはなれない。ガセであってほしいと願っている。

それより「友人と名乗る人物」に再起不能になるほどの鉄槌が下されることを願う。

posted by poohpapa at 06:58| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

これこそが、まるでコント

【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

先日、ファミリーマートに80代の男性が運転する車が正面から突っ込み、車から降りて「たばこをくれ」と言った、というコントのような事故の件を書いたが、これも笑っちゃうニュース。

昔、埼玉の建売業者に勤めていた時、先輩から「狭い道で対向車が来て、それが佐川急便の車なら、道を譲って絶対にトラブルを起こすな」と言われていたのを思い出した。詳細は書かないが、この記事にあるように「佐川男子が屈強だから」という理由ではない。もっと怖い理由だったのを覚えている。

それにしても、コントのような寸劇を思いついて、それで「高級時計 ROLEX がせしめられる」と考える暴力団員の頭の悪さには笑ってしまう。「脅し取ると犯罪だが、一芝居打って商品を置いていかせよう」って、どっちも犯罪だし、「あの2人にはかないませんや。強すぎる」などと感心している場合じゃないだろう。幹部クラスになるとけっこう頭脳明晰だったりするけど、下っ端はだいたいがこの程度なんだろう。組長の顔に泥を塗ったのだからもう組にも帰れないのでは。これじゃ組長も気の毒だ。

逆に、トラブルが起きるのを予見して二人で配達に向かわせた佐川は凄い。経験の差と言うべきか。


さて、明日は仕事で名古屋まで行く。仕事なので日帰りである。ではあるが、せっかくなので知多半島の美浜町まで足を延ばして「えびせんべいの里」まで行って海老煎餅を仕入れてくるつもり。日ごろお世話になっていながらご無沙汰して不義理してしまっている方たちにも発送させて頂きたいと考えている。

それもあるが、個人的にバタバタしていて落ち着かないので、明日から21日まで記事の更新をお休みさせて頂きたく思う。コメントの返信も直ぐには出来ないかも知れないのでどうぞご了承を m(_ _)m

posted by poohpapa at 05:38| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

高齢者の事故、またも

高齢者の運転がみんな危ない、てワケでもないけど、続くなあ・・・、なんらかの規制は必要かも。

また高齢ドライバーの事故 82歳の車に61歳女性はねられ死亡 東京・小金井


posted by poohpapa at 20:31| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相次ぐ高齢者の事故、免許に年齢の上限を定めるべし

ここんとこ、高齢者の運転する車が小学生の登下校の列に突っ込んだりする事故が相次いでいる。昨日は、うちの立川でも災害医療センターの駐車場で83歳の女性が運転する車が30代の男女2人を撥ねて死亡させているし、板橋では、やはり80代の男性が運転する車がファミリーマートの正面から店に突っ込み、降りてきた男性が「たばこをくれ」と言ったとか・・・。まるでコントである。

立川の事故では、わずか数秒でもタイミングがずれていれば死なずに済んだであろうし、板橋の事故では死者が出なくて幸いだった。だが、死者が出なかったのは、たまたま、でしかない。

高齢者による高速道路や一般道での逆走も後を絶たない。私は、選挙権でも思うのだが、18歳以上で可能になるなら(例えば)80歳以上で取り上げられてもいいのでは、と思う。頭も体も、歳をとると判断力や咄嗟の対応力は当然に鈍るのだから。会社に定年という制度があるなら運転免許や選挙権にもあっていいだろう。都会と(生活の手段として車が欠かせない)地方とでは条件も異なるだろうし、身体能力に個人差があるにしても「どこかで線引きする必要」はあるだろう。

高齢者の事故では家族の監督責任を問われることにもなるが、それは仕方ないとしても酷な話。四六時中監視しているワケにも取り上げるワケにもいかないもの。国が取り上げてくれるのが望ましい。

話変わって・・・、

もっとキツイことを言うなら、医学が進歩するのはいいことだが、年寄りを延命するだけの医学の進歩なら要らないと思う。若くして死なないような研究なら建設性はあるが、年寄りを延命させるとどれだけの税金がかかるか。それなら若い人たちの為に使ったほうがいい。生産性がなく介護だけ必要な年寄りを長生きさせると家族の負担も大きくなる。安楽死というのでなく、苦痛を減少させて楽に死なせてあげる研究や、本人の希望に添う制度のほうがむしろ必要。ちなみに、私は延命治療は断ることにしている。

「年寄りはサッサと死ね」と言っているのではない。ここまで日本を支えて築いてくれた先輩たちへの敬意は持っていて当然だが、それとこれは別の話。時機を見て「取り上げられる人権」があって良い。それによって「護られる人権」もあるのだから。

私は「平均寿命世界一」と聞いても単純には喜べない。高齢者に優しい社会が本当に素晴らしいモノかどうか甚だ疑問である。家族に優しい、なら納得だけど。で、免許は80歳で取り上げろ、と言いたい。


う〜ん・・・、反論のほうが多く来そうな記事だなあ・・・ (*´ω`)


posted by poohpapa at 06:33| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

割れる弁護士会の見解

一昨日11日に7ヶ月半ぶりに死刑が執行されたことを受け、弁護士会が声明を出している。

声明は相反する価値観のもので、日弁連(死刑制度廃止を訴える側)の声明に関する記事はこちら

いっぽう犯罪被害者の立場から死刑制度存続を支持する弁護士グループに関するニュースはこちら

私は、「(仮釈放なしの)終身刑を設けて死刑を廃止する」のには反対である。被害者側の感情もだが、拘置所の中で自然死を迎えるまで生かしておく意味が解からない。一人の死刑囚を生かしておくためにどれだけの費用が掛かるのか、食事代だけでは済まず、おそらくは何やかやで年間に200万以上は掛かるのではなかろうか。今、日本では死刑が確定している129名の死刑囚が執行を待っている状態とか。仮に年間3億として、それだけの税金を投入するなら、真っ当に生きていて助けを必要とする人に使ったほうが遥かにいい。

今日現在の死刑確定囚は129名(最高裁に判決訂正を申し立て中の被告、執行停止中の死刑囚を含む)で、現在、94名が再審請求中なんだとか。129名の確定囚のうち94人も冤罪の疑いがあるハズもなく、おそらくは本人より弁護士のほうが死刑そのものを避けるために減刑させるべく動いているのだろう。確定したのに法律に則って速やかに執行しないからそういうことになる。

それに今回の死刑囚は裁判員裁判で死刑が確定しているのだから、それで執行しないのなら裁判員制度の意義が揺らぐことになる。素人に辛い決断を迫っておきながら確定しても執行しないのは不条理。

他の先進国が死刑制度を無くす方向で動いているとしても日本には関係ない。他国からそのことでとやかく言われる筋合いも無い。死刑制度に反対している弁護士・・・、アホだと思う。





posted by poohpapa at 07:29| Comment(27) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

今日二本目の記事

拡散希望、ということで、私も同感なのでご紹介、

私が読んでいる「NPO法人百人の会」のメルマガから、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


●拡散希望 《反日司令塔「電通」に強制捜査で変わるか日本!!》

■日本人拉致被害者に横田めぐみさんが含まれていた事で、日本国民の怒りが最高潮に達していたとき、それを打ち消すようにNHKとタッグを組み、「冬のソナタ」で火をつけ「韓流」を作り出し、盛り上がった「愛国心」に水をぶっかけた「電通」に強制捜査が入りました。表向きは「労基法」違反との事ですが、1970年以降の根深い問題があることは明らかです。

保守国民は、NHKやTBS,朝日新聞等の反日メディアを目の敵にしていますが、保守系メディアも政府(国会議員)も逆らうことが出来ないタブーは「電通」だったのです。

拉致被害者救出に必要な「国民の声」(世論)を、ことごとく妨害していた権化は「電通」と認識していた保守言論人はいても、それらの声がメディアに載ることはありませんでした。

実際、韓国大統領のスキャンダルが毎日繰り返し報道されているが、どうでもいい事ですが、それが大事なニュースとして報道している民放各社は、すでに在日韓国・朝鮮人にコントロールされている証なのです。

電通の会長を退いてからも最高顧問として君臨していた在日朝鮮人だった成田豊が、2011年に亡くなってから5年を過ぎ、やっと電通の暴走に楔を打ち込めるときが来たと見ると、戦後反日体制の分岐点が訪れたと解釈できるのです。駅の案内板の「ハングル・中国語」などで気分を害されている国民には、「電通」が大きな役割を果たしていたことなど想定外だったでしょうが。

電通と真っ正面から喧嘩できるマスメディアは、いままで日本に存在できなかったのです。実際、反日マスメディアは常に「韓国」から監視状態にされているのが実態なのであり、その司令塔の「電通」に強制捜査が入ったことの衝撃は、民放はブルっていることでしょう。

強制捜査によって、「労基法違反」に直接関係ない関係資料もごっそり没収したことで、安倍首相は本気で「憲法改正」を視野に動き始めたと捉えることもできるのです。

電通の過労労働の根本は、財界や政界の馬鹿子息のコネ社員がごっそり居ることで、一般入社の社員がそのあおりをモロに受けているのです。

我が国のマスメディアが、韓国メディアに汚染されている実態は、韓国メディアの支局の住所を見れば一目瞭然になりますので、下記を御覧ください。(*郵便番号は、一般とちがい番号だけで会社になっている。)

■読売新聞東京本社 〒100-8055 東京都千代田区大手町1−7−1 
 【韓国日報】 〒100-1004 東京都千代田区大手町1−7−1・8F 

■朝日新聞東京本社 〒104-8011 東京都中央区築地5−3−2 
 【東亜日報】 〒104-0045 東京都中央区築地5−3−2 

■毎日新聞東京本社 〒100-8051 東京都一ツ橋1−1−1 
 【朝鮮日報】 〒100-0004 東京都一ツ橋1−1−1・4F 

■東京新聞・中日新聞東京本社 〒108-8010 東京都港区港南2−3−13
 【大 韓 毎 日】 〒108-8010 東京都港区港南2−3−13・4F 

■NHK放送センター〒150-8001 東京都渋谷区神南2−2−1 
 【韓国放送公社】  〒150-8001 東京都渋谷区神南2−2−1・NHK東館710−C 

■フジテレビジョン     〒137-8088 東京都港区台場2−4−8 
【韓国文化放送(MBC)】 〒135-0091 東京都港区台場2−4−8・18F 

■TBSテレビ      〒107-8006 東京都港区赤坂5−3−6
【韓国総合TVNEWS】  〒105-0000 東京都港区赤坂5−3−6 


【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】 http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

※「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2344.html

◆水間政憲のホームページアドレスは、http://officezon.netです。

※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

posted by poohpapa at 06:43| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

受けるんかい!? ( `ー´)ノ

ボブ・ディラン氏、ついに沈黙破る ノーベル賞受賞「素晴らしい」

じゃあ、今までの沈黙は何だったのか、という話。これで受けるんなら、ボブ・ディランを見損なっていたよ、ただの気まぐれの俗物の爺さんじゃん

ああ、そうか・・・、「風に吹かれて」ってことか。

ま、「賞金は全て難民の為に寄付したい」、とか言ったなら見直すことにしよう (^◇^)


ところで、上の最近のニュースでも、

同賞の選考委員会であるスウェーデン・アカデミー(Swedish Academy)の委員を務める著名スウェーデン人作家ペル・ワストベルイ(Per Wastberg)氏はその1週間後、ディラン氏とまだ連絡がついていないことを明かし、「無礼で傲慢(ごうまん)だ」と非難していた。

とある。AFPBB News でありながら、ちゃんと確認していないのだろうか。

posted by poohpapa at 07:59| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

また繰り返される精神鑑定の愚

ニュースによれば、

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害された事件で、植松容疑者は現在も重い障害がある人を侮辱する言動を繰り返していて、警察と検察は事件当時刑事責任能力があったか見極めるために精神鑑定を行うとか・・・。ただし、警察は「事前に凶器を揃える」など犯行が計画的であることから容疑者に刑事責任能力があるとみて捜査を続ける方針とのこと。

毎度毎度、それこそ何度も何度も書いているが、

刃物で急所を刺せば人は死ぬ、首を絞めれば人は死ぬ、銃で撃てば人は死ぬ・・・、それが解かっていて犯行に及んでいたなら「責任能力(判断力)はあった」ということではないのか。

そもそもが、誰もが人を殺す時点で尋常でない精神状態になっているんだろうし、「責任能力なし」と言えるのは白痴の場合のみ、つまり、自分が誰であるかさえ分かっていない人だけ。逆に、そういう人は殺人など犯さない。そもそも「そういう(誰かを殺そう、という)概念」など持ち合わせていないのだし。

今の「責任能力鑑定」は全く無意味で、容疑者の人権ばかりに配慮した仕組みでしかないと思う。この植松がもし「責任能力なし」で不起訴(措置入院)になったとして、いつかは娑婆に戻る。その時、再び殺人を起こさない保証はない。いや、偏見なんかでなく、この手の精神異常は完治せず、簡単にスィッチが入って必ず殺人を繰り返すだろう。その時、誰が責任をとるのか。護るべき対象は誰なのか。

私は死刑制度の存続に賛成だが、今の制度で「責任能力なし」となった殺人者に関しては「仮釈放なし」の終身刑が存在してもいいと思う。本音では、死ぬまで税金で食わせるのは納得いかないが。

植松は「障害者は生きている価値が無い」として犯行に及んだが、ならば「オマエこそが生きている価値のない正真正銘の障害者、気違いだよ」と言いたい。

もう、何でもかんでも「精神鑑定」なんて止めてもらいたいし、やるならハードルを高くしてほしい。


ところで先週と今週の水曜日、テレ東で「模倣犯」というサスペンスドラマが放映されたが、見応えがあった。これ、制作した局は日テレか?、と思えるほどに豪華な(演技派の)役者を揃え、観ていくうちにぐいぐいと引き込まれていった。ま、現実離れした構成もあったけど、それでも素晴らしかった。

で、思った。もしこれが現実の話なら、この犯人は精神鑑定を受けるだろうな・・・、と。

精神鑑定・・・、遺族感情を逆なでして甚大な二次被害を及ぼす制度でもある。



posted by poohpapa at 05:03| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

なんか変・・・、と思ったニュース

先ず、毎度「同じ内容の繰り返し」だけど・・・、

下痢、全く回復しない・・・。他の方はみんなもう元通りになってるんじゃないかと思うけど・・・。駅前の銀行まで行って帰るだけで息切れするし、水分補給はしてるつもりだけど出てくほうが多いかも。

さて、今度の水曜日にペルー旅行記の下書きを書いて順次アップしていきたいと思っているが、その前に、気になった(古い)不思議なニュース、

乳がんを早く発見できなかったのはマネージャーのせい!和解に合意

乳がんを早期発見できなかったのは元ビジネス・マネージャーが健康保険料の支払いを怠ったためだとして、1,500万ドル(約15億円)の訴訟を起こしていた米女優のシャナン・ドハティが、和解条件に合意したとTMZ.comが報じた。

とあるが・・・、「マネージャーが健康保険料を支払っていなかったから100%自費治療になるので健康診断に行けず乳癌を早期発見できなかった = マネージャーのせい」、という論拠が意味不明。

著名な女優であれば億単位で稼いでいるハズで、全額自費で検査を受けたとしても屁でもないだろうに、言ってることがセコすぎる気がする・・・。たとえマネージャーに落ち度があったとしても、日本人的な感覚だと「心配なら自費で検査を受けて保険が利いた場合との差額を請求すればよい」話。検査を受けなかったのは本人の責任であって、マネージャーが(おそらく億単位で支払って)和解する話ではない。

こんなので和解金を支払うことになるアメリカの訴訟社会は病んでいるとしか思えない。


あと、近々、日弁連が「死刑廃止宣言」をするらしい。相次ぐ冤罪(えんざい)事件の発覚や世界的潮流を受け、初めて明確に「廃止」を打ち出す、とのことだが、相次ぐ冤罪・・・??、死刑判決が冤罪だと認められて覆ったこと、今までにいくつあったっけ?。痴漢や窃盗の冤罪は多々認められるけど、終戦直後までならいざ知らず、死刑判決が出るほどの重大犯罪が冤罪であることなど皆無に近いのでは。

もちろん、100の死刑執行が正当であっても一つの冤罪での執行があったのでは問題だとは思うけど、疑念が残る判決に関しては今までも法務大臣が執行命令書にサインしていなかったのでは、と思う。むしろ、一点の疑いも無い確定判決に対して速やかに執行しないほうがおかしい。

「人の命や人権は大切」と言うけど、人によりけりだし、殺された人の人権を無惨に奪っておいて自分の人権は護られる、というのは公正ではない。何より、被害者や遺族の人権が置き去りにされているし。「死刑制度は凶悪犯罪の抑止力にならない」とも言うが、そんなものを求める必要はない。死刑制度と抑止力は元々関係ない。処刑の様子を公開するのが一番の抑止力になるんだろうけど、日本では刑場の写真を公開するまでが関の山。本当は中学くらいの時にCGの動画で死刑執行までの流れを生徒に見せておくと良いと思う。ショックは大きいだろうけど、抑止力を期待するならそれが一番だと思う。

(表向きは)人権にうるさいアメリカでも、死刑執行に(被害者遺族の希望があれば)立ち会わせてくれるのだから、日本でも遺族が希望すれば立ち会わせてもいいんじゃないか。遺族にとっては、それで初めて事件が完結するように思う。遺族に「刑の執行がされたこと」の通知だけではねえ・・・。

私が以前お世話になった弁護士さんが某冤罪事件の弁護団長をしていて、見事、裁判のやり直し ⇒ 無罪を勝ち取ったが、その男は出所して直ぐ、同居していた支援者の女性を殺している・・・。冤罪も怖いけど、真犯人を娑婆に出してしまうのはもっと怖いように思う。

世界の潮流なんて考えなくてもいい。死刑制度があるから人権意識が低い国、なんてのは言い掛かり。私からすれば、実質的に世界で最も人権意識が低く根深い差別が残っている国の一つがアメリカだし。

日弁連・・・、ただの人権ボケの集まりでしかないんだろう。もう選挙に出ないでくれよ ( `ー´)ノ


posted by poohpapa at 05:45| Comment(10) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする