2019年10月12日

これは私が間違っているかも知れないけど

テレビで、「今日、結婚式場に結婚式と披露宴を予約していて、この台風でキャンセルしたら、(自然災害によるキャンセルなので)キャンセル料300万円を支払うことになった」とか・・・。

これ、もし結婚式場が休業していたならキャンセル料は発生しないのではないかな。まだ台風が来る前に、結婚式場が休業するかどうかを決める前にキャンセルした、としても、ヘタすれば結婚式場が違約金モノ。それも自然災害だから払わなくていいのかも知れないけど、自然災害は双方に影響しているものだから、自然災害に対するリスクは公平に負うべきではなかろうか。

キャンセル料は仕方ないとしても、そのまま別の日にスライドしてさしあげても良さそうなもの。晴れの良き日にキャンセル料300万、というのでは幸先が悪いし縁起の悪い話。同じサービス業(?)に携わる者として、新婚さんの為にも様々な便宜を図ってほしいと思う。出席者の事情もあるけどね。

posted by poohpapa at 08:52| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東海テレビの大誤報、これは酷い

私が読んでいるNPO法人「百人の会」のメルマガから、


すでに削除された東海テレビ ホームページに記載された報道記事を転生しておきます。

表現の不自由展「再開賛成」プラカードを持った女性が叩かれケガ。五十一歳男を緊急逮捕

八日午後、再開された「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」の会場近くで再開に賛成する趣旨のプラカードを持った女性を叩いてケガをさせたとして会社員の男(51歳)が緊急逮捕されました。緊急逮捕されたのは名古屋市瑞穂区初日町に住む会社員の男(51歳)です。

 男は八日午後名古屋市東区の「あいちトリエンナーレ」の会場近くで緑区に住む女性(49)が持っていたプラカードを叩き女性の手首にケガをさせた障害の疑いがもたれています。

女性はこの日再開したばかりの「表現の自由・その後」の再開に賛成する趣旨のプラカードを持っていて、女性自身の通報により駆けつけた警察官が男の身柄を確保したということです。

二人は面識がないということで、男は調べに対し「プラカードを左手ではたいたことは間違いありませんが女性が私の顔にプラカードを近づけてきたからです。女性がケガをしたということですが、納得できません」と容疑を一部否認しています。



これが全くの大誤報で、初めてこのニュースを聞いた時、私も「何か変・・・」と思っていたのだが、事実は、女性が持っていたのは「再開反対」のプラカード。再開に賛成している女性に再開反対派が暴力を振るったのでなく、再開に反対する女性に再開賛成派が暴力を振るったということ。

被害者と加害者(の立場)が逆になる・・・、不思議な話だ。テレビ局は「取材の裏」は取らないのか。その後、東海テレビは訂正と謝罪をしたそうだが、ゴメンで済む話ではない。型通りのお詫びしかしていないし、印象操作したかったんだろうな。HPからの削除も早いし、誠意ある対応とは言い難い。

posted by poohpapa at 07:30| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

あいちトリエンナーレ問題再び 2

台湾出身の評論家、黄文雄氏が「あいちトリエンナーレ問題」について非常に的確に核心を突いた記事を書いていて、コメント欄にリンクが貼れないので記事本文でご紹介。


 大変恐縮ですが、この記事の本文と昨日ハリケーンさん、ボースさん、AK さんから頂いていたコメントに対する返信の内容がダブってしまうかと思われますので、この記事をもって返信とさせてください。


で、昨日AK さんがコメントで指摘されていたことと根幹は同じと思われる内容。

喜ぶのは誰?「表現の不自由展」再開で左派が既成事実化したい事
MAG 2 NEWS  2019.10.10

広告がいっぱい貼られていたりして読みにくいかもだけど必読だと思う。実にスッキリする。

とりあえず、私が気になった部分をピックアップしたいと思う。

黄文雄氏の記事によれば、

愛知県の大村知事は、1回の入場者を抽選で選ばれた30人に限定し、動画撮影はNG、手荷物は預け、入場者は事前に「教育プログラム」を受ける必要があり、SNSなどでの展示内容の拡散防止も「誓約書」を書くことが求められるそうです。

1回の入場者を抽選で選ばれた30人に限定・・・、って、本当に抽選なんかしているのかねえ・・・。

入場者は事前に「教育プログラム」を受ける必要があり・・・、しかも誓約書って・・・、

黄文雄氏は、

主催者側からの一方的な「教育」ですから、批判的な内容であるはずもありません。単に制作意図の説明をレクチャーするなら、「趣旨説明」といえばいいだけで、「教育」などと表現する必要はないでしょう。

と述べていて、全くその通り。「教育プログラム」って、ここは北朝鮮かよ!?、という話。えへん、エルミタージュ以外は世界の名だたる美術館はだいたい訪れたけど、入館前に「教育プログラム」なんて受けたことがない。そんなものが必要になることで「マトモな美術展ではない」のが判る。

さらに、記事によれば、

8月だけで1万件を超えたという『電凸(とつ)』と呼ばれる電話などでの攻撃対策は、県は対応を専用回線2本に限定。自動的に通話を10分間で終了させるシステムを導入したほか、専用回線以外に来た抗議電話は1分以内に切る方針。

批判的な意見は業務妨害、テロ行為と見做していて、反対意見には一切耳を傾けないのは左翼の特徴。「言論弾圧だあ」 「検閲だあ」と非難していながら自分たちがやってることはまさにそういうこと。

しかも今回は、事前に問題になりそうな展示内容は意図的に隠されていたとも報じられています。

そりゃあそうだろう。事前に内容を告知していたら開催など出来なかった、つまり、そういう内容だと主催者側はハナから認識していた、ということ。「あいちトリエンナーレ」に続いて横浜などいくつかの都市で同様の美術展(?)が開かれるようだから、今回のトラブルを教訓にして自治体はしっかり中身をチェックしたほうが良い。もちろん、チェックすべきは来場者のカバンの中身ではなく展示物の内容。

もしも今回の展示が、戦前の軍国主義を賛美するような内容だった場合でも、再開支持派は「表現の自由」を守れと言ったでしょうか?むしろ率先して中止を訴えたでしょう。

要は、皆さんが仰ってるようにダブルスタンダードであって、韓国の日本への対応と全く同じ。

「表現の不自由展」は強制連行された慰安婦という「ウソをつく自由」と日本の天皇を「侮辱する自由」を「表現の自由」だと言い募っているわけです。

AK さんが仰るように、私も「個々の作品の酷さ」につい目が行ってしまっていたけど、この美術展の先にあるもの、裏にあるものに注意を払わなければならないんだろう。芸術監督の津田某にしても実行委員会の面々にしても、日本人のメンタルや伝統、日本人らしさを破壊して、さらには日本を赤化しようと目論んでいるんだろうけど、彼らにはその後に待つ自分たちの将来、というものが見えていないと思う。たとえ日本が赤化したとしても、自分たちがイニシアチブを取れるワケがないのだが。

表現の自由は重要ですが、これを悪用して政治的プロパガンダやフェイクニュースで国内を撹乱する動きには警戒しなくてはなりません。そうした自覚を国民がしっかり持つことが必要なのです。「表現の不自由展」再開も、そうした観点から見れば、何を既成事実化したいのか、それによって誰が喜ぶのかが見えてきます。

今、台湾が抱えている危機が、もう日本に潜在しているかも知れない。いや、ずっと前からあると思う。

よく「ピカソのゲルニカだって政治色があ」と言う人もいるけど、今回の展示物とゲルニカを同列に並べるのが間違い。ゲルニカは鑑賞に値するけど、今回の展示物は反吐しか出ないのだから。たしかに、ハリケーンさんが仰るように、今回の展示はプロパガンダにもならないゲテモノである。プロパガンダなら明確な方向性があるだろうけど、単に日本や日本人が嫌いで卑下したい人物が作っただけの代物。

話が脱線するけど、韓国は「南北統一を訴えただけ」のインチキ臭いノーベル平和賞の受賞者が一人いるだけで、自然科学の分野での受賞者は一人もいない。パクリが国家的事業になっていて、主要産業は全てパクリの上に成り立っており、独創的な技術を開発したり地道な研究を重ねることに耐えられる国民性ではないので今後も胡散臭いノーベル平和賞以外のノーベル賞受賞者は現れないことだろう。

ノーベル賞に、何かを宣言しただけで貰える「平和賞」とか、個人の趣向で評価が分かれる「文学賞」とか、占い師と同様の成果で貰える「経済学賞」なんて要らないと思うのだが・・・。

韓国は「恨の国」と言われているけど、私からすると「妬の国」だと思う。人の幸せを心から祝福できない奴とは友達にはなれない。国家も同じだと思う。恨と妬でしか国が成り立たないのは哀れ。

話を戻して、大村知事は今回の件でとんでもなく醜態を晒したので「次」は無いだろう。河村さんも、せめて半日くらいは座り込みをしてほしかったけど、ま、忙しいから仕方ないか・・・。知事と市長は互いに非難しあっているが、もしかして「裏でつるんでいる」なんてことはないだろうな。

少なくとも、県は補助金を出すのだから収支報告は公開してほしいもの。昨日も書いたけど、まあ入場料で採算がとれるなどとは思っていないが、12億円などというカネが掛かるワケがないのだから。


posted by poohpapa at 06:27| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

あいちトリエンナーレ問題再び

最近は私の毎日の訪問先である「反日勢力を斬る」さんのこの記事、

「あいトリ」再開ではっきりした敵味方

驚いたんだけど、総事業費が約12億円て・・・???

支出されている補助金(税金)、愛知県が6億円、名古屋市が2億円、国が7800万円・・・。ま、国は全額、市は一部の支出を停止しているとはいうものの、なんで??、そんなに掛からんでしょう。

どう考えても、掛かるのは主に会場費と係員の人件費くらいのもの。この内容なら展示品の運搬費なんか作者に出させればいい、芸術に名を借りた反日プロパガンダなんだから。事前の宣伝費用だって県と市のHPで告知すれば済むし、そんなに費用は掛からない。会場費だって、公共施設なんだから高くても月200万くらいのものだろう。この内容ならワイドショーも喜んで取り上げて宣伝してくれるだろうし。

そっか・・・、裏で糸を引いている奴らの取り分や、それら反日組織への還流が一番大きいか。

残りのカネはどこに流れたのか、徹底的に追及したらいい。

河村市長の、「表現の自由という名の暴力だ」、という発言は正しい。

それにしてもワイドショーのMCもコメンテーターも碌なモンじゃない。休止に追い込まれた理由を「テロ予告」や「脅迫電話」にすり替えているけど、内容が芸術にそぐわないから休止に追い込まれただけのこと。徳永有美って、うっちゃんの嫁だったっけ?、もう少し賢い嫁をもらえよ、と言いたい。

これ、しごく簡単な話で、

もし、大村知事が「自分の父親の肖像写真を燃やされて靴で踏んづけられている作品」を芸術作品だとして出品されたなら何と言うか。今と同じことが言えるのか、という話。

まあね、実行委員会が「自分たちに都合の悪い作品の出品を認めるかどうか」は置いといて。

「あいちトリエンナーレで」でなくてもSNSで「これは芸術作品です」とアップされていたならどうするか。補助金の停止で「国を訴える」と息巻いている大村のことだから見過ごしたりせず訴えるだろう。

日本人の尊厳を踏みにじって貶める作品ばかりを羅列していながら中止に追い込まれれば知事も主催者も「表現の自由があ」と叫び、補助金が停止されれば「憲法違反」だと主張する・・・。心得違いも甚だしい。愛知県民は、リコール可能な時期が来たら大村知事をリコールすべきだと思う。

個人的には、昭和天皇の御真影を燃やして靴で踏んづけている作品より、特攻隊員として祖国のためと信じて散っていった若者たちの遺書や寄せ書きをモチーフにした「馬鹿な日本人の墓」のほうがもっと赦せない。作者は狂っている、としか言いようがない。狂っていないのなら人間のクズ、どちらかだ。

以前も書いたけど、それぞれの作品の製作者自身が自分の作品の横に立って、入場者から問われたら「自分がその作品で何を表現したかったのか」ということを説明したらいい。アンタらの作品は芸術なんでしょ?。本来は絵画にしても彫刻にしても映像にしても、芸術作品を展示して「身の危険を感じる」、なんてことがあるハズがない。そこに悪意の意図や主張があるから危険に晒されることになる

言ってみれば、「自分たちの主張(やっていること)が何も間違っていない、表現の自由は尊重されるべき」との信念があるなら、「身の危険があ」 「テロがあ」などと言って問題をすり替えて逃げていないで堂々と主張するのが当たり前。再度言うが、そんな卑怯な奴らが、崇高な信念と覚悟で「お国のために」と若くして散っていった特攻隊員を「馬鹿な日本人の墓」などと揶揄するのは絶対に赦せない。

こういう催しとか大村たちを支持する人間がいることが、一日本人として本当に不思議に思える。



posted by poohpapa at 04:58| Comment(5) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

賢そうにモノを言ってるけど・・・

舛添要一は救いようのないアホだと思う。

芸術に公金は必要か 舛添要一氏「不自由展」再開で持論
NEWS ポスト  2019/10/02 16:00

そんな理屈を捏ねなくても、「芸術と、芸術に名を借りたプロパガンダは違う」の一言で片づけられる話。「文化庁が補助金を出す出さないで内容の検閲をしようとしている」のでなく、「内容がとても芸術とは言えないから補助金の不支出を決めた」だけ。脅迫の有無も関係ない。それは後から派生してきた話。

日本人なら他国の国旗や元首の顔をデフォルメしたり落書きしたり燃やしたりはしない。中韓は、まるでワールドカップの応援旗に寄せ書きをするかのような感覚とノリで落書きする。これが逆に、「習近平や文在寅の顔に落書きして燃やして靴で踏んづけた映像や画像も出している」というならまだしも。昭和天皇に関する展示もだけど、私は、「間抜けな日本人の墓」(作者自身がつけた作品名は「馬鹿な日本人の墓」)も赦せない。

日本がなぜ何のために戦争をしているのか、その意味も知らずに「お国のために」と特攻隊に志願して若くして散っていった多くの尊い命のお陰で今の日本の繁栄がある。感謝こそすれ、侮辱する神経が解からない。

実のところ、私も若い頃は昭和天皇が好きではなかったし、「この人のせいで・・・」と思っていた。「日本が間違った戦争を仕掛けた」 「軍部が独走して戦争に突入した」 「天皇陛下万歳!、と叫んで多くの軍人が死んでいった」などと教わっていたからだろう。もちろん、今は違うけど。

私が尊敬する中学時代の恩師も、「大東亜戦争は日本の侵略戦争だった」 「安倍さんは危ないぞ〜」と言っていて、「ベトナム戦争が終結する10年も前に『アメリカは逃げ出す』と予言」していたり、「チトー大統領が亡くなったらユーゴスラビアで必ず内戦が起きる、と、それが現実となる20年前に予言して当てていた」のと同じ人の言葉とはとても思えない。先生、ハルノートくらい知ってるだろうに。

「ああいう展示をしたいなら自費でやれ」という意見もあるけど、私は、それより、展示品の隣に「この作品の作者は私です」と展示期間中ずっと座っていろよ、と言いたい。オマエらの制作した似非芸術作品よりずっと面白い見世物になるだろう。命の危険があっても信念があるならそうすべき。

さて、舛添要一の言ってる事、ポイントがズレまくり。都知事としてマトモに務まらなかったんだから、こんなところでしゃしゃり出てこないで引っ込んでろよ、と言いたい。

posted by poohpapa at 06:08| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

昨日は、たぶん、今年一番の多忙な日

私にしては珍しく、早出・残業の一日。8時に家を出て、いつもより遅く帰宅。と言っても、普通のサラリーマンより短い勤労時間かも知れないけど、ふだんは暇な不動産屋にしては忙しい一日だった。

先日のマンションの売買取引の決済で朝9時半に、売主さん、買主さん、司法書士さんと、りそな銀行の某支店のホールで待ち合わせて、そこで鍵の引き渡しと残金決済の完了。と同時に、買主さんから当社への仲介料の振り込みもされたので、帰社してから一日遅れで給料を下して持って帰ったのと、税理士さんに年間顧問料の振り込み。それと、10月分の管理家賃14件のうち11件の(家主さんへの)振り込みを済ませた。

10月分の家賃であるから、まだ半分くらいは振り込まれてきていないし、家主さんへは月初めの10日までに振り込めば良いのだが、いつも、なるだけ前月の月末までに振り込むようにしている。とくに1月分は、極力、大晦日までに済ませている。うちも大変だが、家主さんも物入りだと思うので。

と言うか、小心者なので「人様のおカネを預かっている」のは落ち着かない。それと、何かの支払いが遅いのは商売をしていて一番の信用問題。うちの取引先には、こちらが黙っていると半年以上放置する会社もあって、痺れを切らして催促すると「あ、すみません、来週中に」と言っていて、それから振り込まれるのが2ヶ月、3ヶ月後だったりする。普通なら(私でなければ)切られているだろうな、と思う。よその会社に対しても同じ対応だと思うから、他人事ながら「大丈夫かなあ・・・」と心配している。

夕方、管理報告書を作成して発送。あと3件・・・、たぶん月内には振り込めると思う。私が言うのもナンだけど、管理家賃を前月末までに振り込む不動産屋は少ないと思う。それに、家賃が遅れている人がいても、入居している限りは全入居者の家賃が振り込まれたものとして当社で立て替えたりしていて、うちは「101号室の〇〇さんと202号室の〇〇さんは遅れているので、とりあえず振り込まれている分だけ先に送金します。振り込まれたら随時送金いたします」なんてことはしない主義。

以前も書いたけど、それだと家主さんが5%の家賃管理手数料を当社に支払う意味がない、と思うから。家主さんは「誰と誰が遅れているけど、いつ、どう催促していいやら・・・」と悩むのが嫌だから管理手数料を支払って不動産屋に任せているワケで、当社で立て替えて満額を送金するのは当然だと思う。

ただし、以前、「家賃管理料を払っていることで管理料を払っている」と勘違いして、「オタクに管理料を払っているんだから」と、アレもコレも(家賃管理料の中で)タダでやってくれて当然、と言う家主がいて、ちゃんと説明したけど納得せず、当社が切られたことがある。慢性的な滞納者がいたから、新しい管理会社は苦労すると思う。自分で切っておきながら、都合よく比較して「以前の管理会社はこうしてくれていたけど」などと勝手なことを言っているに違いない。

実は、相続が発生した際に私がいろいろ相談に乗っていて、私が家主の弱み(汚い部分)を知ることになってしまい、何も強請ったりなんてしていないけど、鬱陶しく思われたんだろうな、きっと。

さて、「今日は早出もしたし、忙しかったから5時には帰ろう」と思っていたところに延岡から電話。私が開口一番「何か必要なものがあった?」と訊くと別件の相談。何やかやで1時間くらい話していたかなあ。でも、ゆっくり話したことで、高揚していた気分がフェイドアウトされて有り難かった。

一昨日お見舞いに伺ったYさんの奥様からもお電話を頂いて、しばらくお話しさせて頂いた。


で、最近の気になったニュースから一つ、

国連演説のグレタさんに「病んでる」 米TV局が謝罪
朝日新聞社  2019/09/25 07:50

実は、最初にこのニュースを見た時、うちのに「この子、一種の精神病だと思うよ」と話した。だから、アメリカのTV番組でグレタさんのことを「精神的に病んでいる。両親や国際的な左翼に利用されている」などと語った政治評論家、間違ってはいないと思う。私は「両親や国際的な左翼に利用されている」とまでは思わないけど、この娘さん、16歳にして既に左翼活動家と同じ思考回路と目を持っている。

その政治評論家、局から出禁になったようだけど、私も部分的に同感。日本の政治家と同じで、言葉を選んでTPOを考えて発言すれば良かったかな、と思う。言ってることは間違いではないだろう。今の世の中、人の粗探しをして発言の揚げ足取りをする輩が多く、たった一言で命取りになったりする・・・。

若くして堂々と臆することなく国際会議で発言したり、一人で活動を立ち上げたのは立派だと思うけど、その後で彼女に寄ってきて活動に加わった人たちに利用されるのではないかな、と危惧している。

両親が立派な娘さんに育てた、などと私は思ってなくて、むしろ「育て方を誤ったな」と思っている。

この先いろんな賞をもらったりするだろうけど、少なくとも、一昨年ノーベル平和賞を受けたマララ・ユスフザイさんとはまるで違う。ユスフザイさんはどこまでも謙虚な少女だけど、グレタさんは攻撃的で謙虚さに欠けるから、人権問題も絡んで、この先、扱いにくくなるだろうな、と思った次第。



と・・・、アップした後でいろいろ見てみると、父親が左翼活動家とか・・・。そうなると、一人で活動を立ち上げたワケではないか・・・、そりゃあそうだろな、ふつうは16歳の女の子じゃ無理だよね。



posted by poohpapa at 05:37| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

山梨のキャンプ場で行方不明になっている美咲ちゃん・・・

スーパーボランティアの尾畠春夫さんの助けを借りては如何だろうか。茶化しているのでなく、こういう時は理論や経験より、子供視線に立った「直感」 「第六感」がモノを言うと思うから。

posted by poohpapa at 09:02| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とても心配なこと 1

ワイドショーで台風17号の強風被害の話題を取り上げていて、その中で最も被害が甚大だったのが宮崎県延岡市とのこと。延岡には友人がいる・・・。

もう15年くらい前になるだろうか、ヤフオクでCDを一枚落札させて頂いた時の出品者さんであるKさん。その時のご縁で、うちのも交えてお付き合いがあるご婦人。そのKさんが上京された際に3人で食事させて頂いたりした。とても人柄が良く、明るくて、最初からキツイ冗談が言える間柄。

ニュースで延岡の被害状況を観ていて、「あんな建物が損傷しているくらいなら(見たことは無いけど)Kさんの家などひとたまりもなくバラバラになっているだろうな・・・」と思って電話してみた。

「そうなのよ、うちの屋根も1/3くらい吹っ飛んでしまって・・・」と言う・・・。へ?、マジかよ!?

「何か不足している物があったらこちらから送るから遠慮なく言ってね、ブルーシートとか間に合ってるの?」と訊くと、「それは娘と彼氏が手配してくれて直ぐに被せたから大丈夫なんだけどね」とのこと。「その家は大手の建設会社で建てたの?、地場の工務店さんで建てたの?」と訊くと、「近所の大工さん」とのこと。「その会社はまだ在る?」と訊けば「もう無いですね」と言う。そうなると話がややこしくなる。

と言うのも、どこかに頼んでも、自分のところで建てた物を優先されてしまうだろうから、依頼しても順番が廻ってくるのはだいぶ先。その間に次の台風が襲ってこないとも限らないし、怖いのは大雨。ブルーシートで覆っているだけでは強盗が侵入してくる可能性もある。「屋根が吹き飛んだ部屋はもう取り壊すしかないかな」とのことで、それはそうなると思う。お子さんも独立しているから一部屋減っても問題なさそうではある。

今は目の前のことでバタバタしているだろうから、少し落ち着いた頃に改めて電話してみよう。







posted by poohpapa at 05:19| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

痛ましい事件に思う

さいたま市で起きた小学4年生の男児殺害・死体遺棄事件で義父(母親の再婚相手)が逮捕された。男児は普段から明るくて同級生や近所の人たちからも好かれていたようだが、義父との間に何が起きたんだろう。日本は平和で安全な国だが、こういう事件が後を絶たないのはどうしたことか。

うちの店にも、今でこそ飛び込みのお客さんは少なくなったが、以前はたまに、小さなお子さんがいる女性が「再婚するんで2DKか3DKくらいの安い部屋を紹介してほしいのですが・・・」と来店していた。

そうすると、私はお節介を承知で必ず訊くことがある。

「彼は、あなた以上にお子さんを愛して可愛がってくれる人ですか?」、と。

中には、彼女と結婚するために連れ子を可愛がっているフリをする男もいるかも知れない。「子連れでもいい」と言ってくれる人がいて、これから結婚して幸せになろうとしている人にそういう「水を差す」ようなことを言うのは非常識だろうけど、今は良くても、先々悲しい事件が起きないとも限らない。母親のほうは目の前の幸せを掴むことしか考えていなくて相手の本性を見誤っていることもあるだろう。

たいていは、(私の言わんとすることを察して)「大丈夫ですよ、子供のことを私以上に大切にしてくれますし、子供も懐いていますから」という言葉が返ってくる。ま、私が立ち入れるのはそこまで。私が嫌われても、私の言葉で、日ごろから注意深く彼氏と子供の様子を観察してくれたなら嬉しい。

子供は感性が鋭く、大人が考えている以上に的確に相手の本性を見抜くもの。母親と違って直接の利害がないから白紙の状態で判断するし。子供が母親の再婚相手に殺されるケースでは、むしろ再婚相手のほうに理由があるのに「連れ子が懐いてくれなくて可愛くなかった」とか、ちょっとした口答えで腹が立って殺してしまうケースが多い。最近では実の父親が我が子を殺したり母親が制止しなかったりするケースもあるが。

さいたま市のケースでもそうだが、「そんなの直ぐバレるだろが」と思えることは多い。警察がちょっと調べれば直ぐ犯人に辿り着く、つまり自分が逮捕されると分かりそうなものだが犯行に及んでしまう・・・。

母親も、一緒に暮らしていて「相手の男と我が子の関係に歪が生じていないか」冷静に観察していてほしいと思う。中には、母親が気づいていれば防げたケースもあっただろうから。知っていて加担していたならどうしようもないけど、親なら我が子の幸せを一番に・・・、考えないか最近は。

もちろん、血が繋がっていないのに、奥さんの連れ子を大学までちゃんと進学させたり、素敵な花嫁として嫁がせる義父もいるけど、そういうのは稀だと思う。私の周りには何人かいるけどね。

今、一番苦しんでいるのは母親だろうけど、この事件、母親にも責任はあると思う。そんな男を再婚相手に選んでしまったのだから。世の「連れ子再婚」の女性たち、今回の事件を十分に参考にしてほしい。

posted by poohpapa at 04:56| Comment(12) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

産経新聞の危機

毎日10通ちかく届く「百人の会」のメルマガによれば、産経新聞の経営が危機的状況なんだとか。

以下、メルマガをそのまま転載させて頂く。

新聞「アイデンティティ」の葛目です。
□日本にとってなくてはならない新聞、産経新聞の経営に赤信号が灯っている。
反日『朝日新聞』が発行部数、百万落ちたと保守支持者が喝采しているが、足元
の『産経』が揺らいでいる。
読者の活字離れはは新聞業界全般の宿痾だが、その原因はSNSで手軽に新聞記
事が読めるからだ。
なかには、新聞取らんいいいよ、ネットで見れるからと言う人もいるが、産経潰
したらもとも子をない。
□このSNS「百人の会」会員の皆様。ネットで他紙を読むのはいいとして、
『産経』や『フジ』の記事は購読料払って活字媒体で読んで戴きたい。(既に産
経の購読者の皆様にはご免なさい)
それから、私の新聞、「アイデンティティ」(隔月刊年間三千円)も宜しく。

□以下は、月刊『Hanada』編集長花田紀凱氏のブログから

□産経が心配だ。赤字幅は前期の4倍以上。
花田紀凱 | 月刊『Hanada』編集長、元『will』『週刊文春』編集長
6/3(月) 0:19

□経営的には危機と言ってもいい状態にある。5月14日、夏期賞与決定に際して、
飯塚社長は30年度決算について社内に公表。それによると、売上高は前期比4・
9%減、東日本大震災直後の23年3月期以来の大幅な減少。会社の実態を映し出す
管理損益は10億8400万円の赤字。前期は2億5700万円の赤字だったから、赤字幅
が4倍位以上に膨らんだことになる。本業の儲けを示す営業損益は30年ぶりに赤字。
□昨年から希望退職を募っていたが、180人の募集に対し200人を超す応募があっ
たという。ぼくが親しい永田町の黒シャツこと石橋文登政治部長もやめてしまっ
た。現役の政治部長が希望退職なんて前例があるまい。
経営陣の奮起を期待するしかないが、ぼくが心配なのは紙面のことだ。
ぼくはもちろん家でも取っているが、産経を一部でも増やさなくてはと、毎朝、
青葉台駅の売店で買っている(そのほか息子と娘のところにもとどけてもらって
いる)。
それを神保町までの45分で読むわけだが、これまでは読みきれなかった。ところ
が、このところ、渋谷に着くまでに(約30分)読み終わってしまうのだ。ページが
減ったこともあるが、中身が薄いというか、読むべき記事が少ない。
産経の特徴であり、読者が期待しているのは、情報の分析であり、主張、批評な
のだ。特に政治に関する。最近、それがめっきり減った気がする。産経が朝日や
読売に対抗できるとしたら、産経独自の主張であり、批評であり、分析ではないか。
ついでに書くと、一面で読者投稿の「朝晴れエッセイ」なるものを載せるように
なったが、所詮は素人の作文。朝から一面で読まなくてもいい。
□産経は日本にとってなくてはならない新聞だ。頑張ってほしい。


うちも長いこと新聞を購読していない。以前は店に某新聞の新聞拡張員が来て「駅からずっと飛び込みしてきて、どこも契約してくれないんだよ。新聞代は俺が払うから契約してもらえないかなあ」と言うんで、「だったらいいよ」と半年契約して前金で新聞代をもらったことがある。その時くらいしか新聞はとっていない。新聞に書かれているような情報はネットで見られるし、そのほうが正確だから。

テレビ番組表も雑誌を買って来れば2週間先までの分が乗っているから録画予約する際にも便利。唯一、新聞をとったほうがいい、と思えるのは近所のスーパーのチラシが入ってきて特売の情報が得られること。ネットでも見られるが、プリンターで印刷すると小さくて不鮮明。それすらも、私が駅方面まで出た時にスーパーに立ち寄ってもらってくるから、まあ、無くても困らない。だから新聞をとる意味がない。

それにしても、懲りずにフェイクニュースを垂れ流す厚顔無恥な朝日新聞や、すでに韓国に乗っ取られている毎日新聞、愛知から東京に進出してまで反日で活路を見出そうとしている東京新聞、経済専門紙でありながら主張が怪しい日経新聞より、比較的正しい論調の産経新聞が先に逝くのか・・・。

実は、高校時代に新聞室にいた私からすると、産経新聞は読みにくい。紙面の構成とか記事の割り振りが下手で、読むのに疲れる。まるで素人が紙面づくりをしているかのよう。そういう点では毎日も同じ。紙面の構成的に読みやすいのは読売と朝日。読む側の「慣れ」ということもあるのかな。

朝日や毎日は論外だが、保守色が強い産経の記事も私はいちおう疑ってかかっている。同じ事柄や事件に対する論調や伝え方に新聞社それぞれの方針や社是が透けて見えて、比べると面白いのだが、もうそういうことに手間暇かけるのは面倒。情報過多は、ある意味、情報不足よりマズイこともあるし。

とにかく、大切なのは、たとえ(世間では最も信頼性が高いと思われている)NHKが流しているニュースであっても、自分の頭で「真実(事実)かどうか、正しいかどうか」考える習慣が大切ということ。

まあ、産経が破綻したなら朝日や毎日は「我々の主張のほうが正しいと消費者が認めたということ」などとほくそ笑むだろうけど、間違いなく言えるのは、今の産経の危機は「明日はお前たち」ということ。産経が消えても朝日や毎日の部数が伸びるワケでなく、その恩恵に与るのは読売くらいだろう。産経の読者が朝日や毎日に乗り換えるハズなどないのだから。ネットのお陰で消費者は賢くなっているし。

しかし、それにしても保守の産経が消えて反日の朝日や毎日が残るとしたら何とも皮肉だなあ・・・。

posted by poohpapa at 05:16| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

気になるニュースと記事、あれこれ

最初に、前言撤回 (^^;

韓国関連の記事、自分でも本当にもうウンザリなんだけど、「もうやめた!」にならない(なれない)みたい。それは「韓国がイチャモンを付け続けるから」でなく、おかしなことを言う日本人がいるから。


稚拙な外交とメディアの嫌韓煽りが崩壊させる日本のミサイル防衛
ハーバービジネスオンライン  2019/09/12 08:32

誰が書いているんだろ・・・、と思ったら、牧田寛 (工学博士)・・・、専門外ね。記事の中で「今回は、安倍、河野外交の失敗によって悪化する一方の日韓関係が・・・」と安倍さんや河野外相を呼び捨てにして「失敗だ」と決めつけ、日韓関係が拗れた原因は日本側にある、と断定しているから、どんな思想の持主かは想像がつく。あえて日本側の責任だとするなら、戦後70年間、ず〜っと韓国を甘やかしてきたこと、それに尽きる。

この牧田寛に関しては、こう批判している記事があって、的を射ている。古い記事だが、

牧田寛氏の論考と現実との大きなギャップ《日韓レーダー照射問題》【追記あり】
血液型と性格の関係 - ABO FAN Blog

以前も書いたけど、したり顔をして日本政府を批判したり日本を貶めるような発言をして日本の足を引っ張る日本人(とくに自称文化人)が最も性質(タチ)が悪い。もちろん、いろんな意見があっていいが、国益に逆行することにしかならない意見はアウト。欧米の極左には根底に愛国心があるが、日本の左翼には愛国心は全く無くて、ただただ日本を転覆させて社会主義国家にしたいだけ。それは、自分の為に。

「欧米の極左には根底に愛国心があるが、日本の左翼には愛国心は無い」というのは、どなたかの説で、初めて読んだ時には「目から鱗」だった。たしかに、その通りだと思う。


次の話題、

中国籍女性の無罪確定、浜松 車ではね5人死傷
共同通信社  2019/09/13 00:13

この判決は、中国人だから、というのでなく、納得がいかない。無罪になった理由が「事件当日、心神喪失状態にあった」というもの。今の法律だとそうならざるをえないのかも知れないけど・・・。

心神喪失状態だったのに運転をしていた・・・、この女に運転させていた者がいたなら責任を問われなければおかしい。亡くなられた主婦(当時31歳)には家族がいたのだから補償もされなければならない。

何度も書いているが、心神喪失状態、精神疾患の者が何かの加害者となっても、それを理由に無罪になるのは納得がいかない。犯した罪に対しては健常者と同じく有罪であって、罪の服し方が違う、でなければならないし、免許を与えていたり監視を怠っていた行政側や家族は相応の責任を取るべきである。

これ、日本人が韓国や中国で同じような事故を起こしたら無罪にはならないだろな・・・。考えようによっては、皮肉でなく、日本の司法は正しく機能している、と言えるのかも。


三つめ、これはヒドイ <`ヘ´>

女子中学生(葛飾区)への暴行動画がヤバい!犯人の男子中学生(江戸川区)の顔画像や名前と黒幕が判明!犯行動機や逮捕は?

リンクは貼らないし、既にいろんなサイトに貼られていた動画も削除されているようだ。昨晩、寝る前(9時頃)は見られたので私は見た。加害少年は「ボスにやらされた」と供述しているようだけど、私からすると「自分も楽しんでいる」ようにしか見えない。言ってること、やってることが幼い。

他校性も混じっていて、現場にけっこうな人数もいたようだけど、誰も止めなかったものか。そんなこと言える雰囲気じゃないか・・・。こういう動画を撮ってネットに上げる神経も解からない。

「未成年者だから実名や顔は出すべきではない」という意見もあるけど、私は「加害者は晒して一生背負わせろ」という考え方。主犯格は少年院送りで良い。こういう不良は少年院から出た時に改心していることはなく、さらにグレードアップして出てきたりして。「女子高生コンクリート詰め殺人」という凄惨な事件で、出てきた加害者が更に凶悪な犯罪を犯しているから。それより被害者のケアが心配。

こういう奴ら、更生なんかしないし、大人になっても社会に役立つことは無いだろうな。




posted by poohpapa at 06:08| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

この見出し、意識操作しようとしているのか

今日3本目の記事、

沖縄旅行中の韓国人が人命救助。日本人との連携プレーに賞賛の声

これ、日韓の軋轢が日に日に厳しくなっていく中で、韓国人旅行者が日本人を救助したのか、と思わせる見出し。「そうだよな、韓国人だからといって、みんな日本に悪感情を持ってるワケじゃなし」、と思ってしまいそうだが、救けられたのは中国人旅行者。考えようによっては反日国同士、仲間内の美談でしかないような。

だったら見出しは「沖縄旅行中の韓国人が中国人旅行者を救助。日本人との連携プレーに賞賛の声」でないとおかしいだろ。もちろん、人命救助したのだから、どこの国の人がどこの国の人を救助したとしても賞賛に値するのだが、見出ししか読まない人は確実に誤解したと思う。印象操作が狙いだったのか ( `ー´)ノ


posted by poohpapa at 09:39| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

大村知事、定例会見でのしどろもどろ (^◇^)

https://www.youtube.com/watch?v=_C2snzJ5Jsc

もう、何を言ってるのかサッパリ解かりません。東大法学部卒ということなので成績は優秀だったのかも知れませんが、聡明ではありませんね。早い段階で「ああいう作品(昭和天皇のお写真を焼いて踏みつける映像とか、いわゆる従軍慰安婦と呼ばれる少女像など)の展示を認めたことも含めて全責任は私にあります」と謝罪していれば良かったものを、今では津田大介に全責任があるかのような言い回しで仲間を裏切ってて。

一方の津田大介に関してはこんな記事がありました。

あいちトリエンナーレ問題、津田氏の弁解に専門家が疑問 「出展拒否で事前“検閲”発生」釈明は「的外れ」
ZAKZAK 2019.8.18

この中で、

芸術監督でありジャーナリストの津田大介氏は、自ら出品を拒否すれば「事前“検閲”が発生」したことになると釈明した。この説明に対し、専門家から疑問が投げかけられた。

とあります。私も、津田大介のこの弁解には「はあ??」でしたが、

弁護士の高橋裕樹氏は「検閲の定義は、行政権が主体となり、表現物について事前に内容を審査して、不適切と認めるものの発表を禁止することだ。今回は、美術展で裁量のある人間(=津田氏)が展示品を選択する場面であり、事前に発表を禁止する性質のものではない。公的資金が入るイベントか否かに関わらず、検閲という言葉は的外れだ」と解説した。

なるほど・・・、頭のいい人は理路整然と説明できるのが羨ましいですね。

麗澤大学の八木秀次教授(憲法学)は「逃げ口上に感じる」と指摘し、続けた。

「表現の自由(憲法21条)といえども、公共の福祉の制約(同12条)を受ける。芸術も、表現の自由において特権的地位がないこともある。(津田氏が)これを理解できなかったことが最初のボタンの掛け違いだ。『仕方なく出品した』という“弱者の立場”に立った弁解に聞こえるが、芸術監督は主催者側の立場にある。『どういう展示が良いか』、きちんと作家と話し合うべきだった。作家の一方的な責任にしているように感じる」


今は、知事も津田大介も被害者面していて、上の動画なんかを見ると、大村知事が大きな身振り手振りを交えて弁解しているのが面白いですね。間違いなく、それって動揺の現れですから。

こちら ↓ は、河村市長の会見の様子で、仰ってることは至極ごもっともですね。

<令和1年8月5日>名古屋・河村市長記者会見(あいちトリエンナーレの件)

この中で、市職員が「知事は作品の内容を事前に知っていたと認めていました」とのこと・・・。
(17;00 あたりから)

どちらの動画も30分ほどで長いですけど、お時間のある時にぜひご覧ください。

今回の件は韓国や世界各国に「間違ったメッセージを送ってしまう」ことになるし、現実に既に韓国は都合よく利用しています。大村も津田も確信犯で国賊級ですね。いっそ韓国に帰化すればいいのに・・・。



posted by poohpapa at 05:35| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

同業者かよ!? <`ヘ´>

ワイドショーを賑わしている「この事件」、やっと容疑者の氏名と顔が公表されたけど・・・、


「あおり運転殴打」容疑者はマンション事業を手掛ける43歳会社経営者
「週刊文春」編集部  2019/08/17 00:45

宮崎文夫(43歳)

容疑者は大阪府などで不動産事業を手掛ける会社経営者で、親族が所有するマンションを受け継いで不動産の管理や賃貸業をしていて不動産コンサルティングも手掛けている、とある・・・。

不動産業なのか家主業なのか、そして資格を有しているかどうか不明だが、不動産コンサルティングも手掛けている、ということだと我々の業種と無関係ではない。うちの立川支部にも(今は役員ではないが)やくざもどきの役員がいて、私も絡まれたことがある。アイツ、日常的にあおり運転やってそう。

昔と違って、今はほとんどの不動産屋が堅気であって、暴力団のフロント企業になっている不動産屋など極めて少ないが、こういうのがニュースになると「だから不動産屋は怖い」と思われてしまうもの。

ちなみに、同乗していてガラケーで動画を撮影していた女はこちら

ネットは怖いね、時に警察情報より早く名前や顔が晒されるから。と言うか、今時「ドライブレコーダーで録られているかも」と考えずに暴力を振るうような奴に何かのコンサルタントが務まるのかねえ・・・。

ま、顔と名前が出たことで、捕まるのは時間の問題だろう。

posted by poohpapa at 06:31| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

記事の更新を休んでいる間に気になった出来事

愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の「表現の不自由展」という企画の中で、昭和天皇のお写真をバーナーで焼いて灰を踏み付ける作品や(従軍慰安婦像とされる)少女像を展示して中止に追い込まれた件、興味深く進展を見守っている。一番気になっているのが、大村知事の責任問題。

自身のツイッターの中の「都合の悪いツイート」を削除したり、今は、お仲間さんであったハズの津田大介に責任転嫁していて見苦しいし、非常に器が小さい。この2月に知事選が終わっているのが残念。

その芸術監督の津田大介・・・、本当にジャーナリストなのかねえ・・・、ダブルスタンダードで姑息。似非とか自称の類だろう。だいたいが芸術を理解しているとはとても思えない顔立ち。もしも私の娘が「お父さんに会わせたい人がいる」と連れてきて、「この人と結婚したい」と言ったなら、「考え直したほうがいいと思うよ」と言うだろう。同じ思想の仲間はいても、心を許し合える友だちはいないんじゃないかな。

で、大村知事、名古屋市長である河村氏の強い要請を受けて企画展を中止したものの、河村市長を「憲法違反だ」と批判したり、大阪府の吉村知事の「辞職モノ」との発言に「哀れな人」などと反発しているが、さすが、親が朝鮮人だけのことはある。絶対に自分の非は認めない。

企画展が中止になった理由について「脅迫メールやFAXが届いて危険だから」と説明して問題をすり替えているけど、「展示されているものが不適切であったから中止した」でなければおかしい。脅迫メールやFAXは「その後の話」であって、じゃあ、抗議が殺到しなければそのまま続けたのか、という話。そういう「問題のすり替え方」が、左翼や半島人が好んで使う常套手段。あれで自民党・・・??

こんな展示が「表現の自由」として許されるなら「映倫」なんか要らんだろ。芸術の名の下であるなら「何をやっても許される」ことになる。憲法以前の、「人の心」の問題だと思う。大村知事は事前にどんな内容が展示されるか知っていたのだから確信犯、根っこは反日なんだろな。

企画が中止になったことで、「いろんな人に見てもらって議論する場が無くなって残念」などと尤もらしい理屈を言ってる人がいたけど、そもそも芸術なんて「議論するもの」ではない。ベートーヴェンの第九を聴いて「この曲が出来た頃の時代背景は・・・」だの、モナリザを鑑賞して、「組んだ手の右手が上になっているのが納得いかない」などと議論する必要など無い。素直に感動すればいいだけのこと。

いずれにしても、「表現の不自由展」は芸術に名を借りた反日プロパガンダ。事実と異なる少女像を展示したりすれば韓国に間違ったメッセージを送ることになって国益も損ねる。実際には展示されていなかったかも知れないけど、横になって並んだ安倍総理と菅官房長官の口にハイヒールのピンヒールを咥えさせている(粘土細工みたいな)像も見た。日本人は、糞大統領がいくら救いようのないアホでも、口に靴を咥えさせたりはしない。肖像や国旗を燃やしたりもしない。そこが決定的な民度の差かな。

日本人が韓国人を口汚く罵ったりすればヘイトスピーチになるけど、韓国人が嘘を吹聴したり昭和天皇のお写真を燃やして踏みつけても、あるいは、そういうものを展示しても罪に問われない・・・、それどころか、それを禁じたら(大村知事曰く)憲法違反・・・、おかしな話だ。

誰か、愛知県と名古屋市に対して、この芸術展に支出した補助金の返還訴訟を起こしてくれないかなあ・・・。少なくとも、大村知事には責任があったと思う。悪口になるけど、これだけは言いたい。


大村秀章・・・、愛知県碧南市が生んだ今世紀最大の馬鹿、だと思う。哀れなのは大村知事のほう。



追加

スペインで少女像展示計画 愛知中止受け実業家購入
共同通信社  2019/08/15 07:37
日本は世界に向けてしっかり事実を伝えなければ「韓国のウソ」が独り歩きしてしまうもの。それにしても、物好きなスペイン人もいるもの。ならば、イギリスで製作されたライダイハン像も買えばいい。


再追加 (2019.08.16、16:07)

津田氏、不自由展の混乱を謝罪 芸術監督
共同通信社  2019/08/16 01:07

混乱を招いたとして謝罪したのは良いとして、「元従軍慰安婦を象徴する少女像などの出品を決めた理由について、拒否すれば『事前検閲が発生』したことになると釈明した」、というのは明らかに後付けの理由。県や市に気遣ったかのように言っているが、大村知事が河村市長に反論した内容に「合わせた」だけ。人相からして軽薄なのが判るし、本当にレベルが低い。親はどういう教育や躾をしたのやら。

「最後まで現場監督としてトリエンナーレを無事終えることが自身の責任の取り方」と辞任を否定・・・、進退については県が設置する検証委員会での結論を見守る、って、自分の進退を人任せにして「あわよくば居座りたい」のがミエミエ。それにしても、どういう経緯でコイツが芸術監督になったんだろ。

posted by poohpapa at 05:16| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

誰と誰が結婚しようが勝手だけど・・・

政治家が「できちゃった婚」は恥ずかしいだろ!?

小泉進次郎と滝川クリステル、妊娠5ヶ月(4ヶ月?)だと。それにしても、しっかりマークされていただろうに、よく写真週刊誌にスッパ抜かれなかったもの。

posted by poohpapa at 14:14| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

30日にはディープインパクトが亡くなっていましたね

ノルンが亡くなった2日後の7月30日に名馬ディープインパクトが亡くなったみたいですね、最期は安楽死のようですが。私は競馬はやりませんが、ノルンのことがあるので感情移入してしまいます。

レースの動画を見ていて涙が出ました。平均寿命の半分しか生きなかったんですね。

ディープインパクトが残した偉大な足跡〜三冠までの足取り

ディープインパクト全14戦 スタート&ゴールダイジェスト

ディープインパクトの YouTube の動画一覧は、こちら


ノルン、天国でディープインパクトの背中に飛び乗って走ってもらいな (^^♪

posted by poohpapa at 09:05| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

どこが悪いの?

「お前」は不適切なフレーズなのか?中日応援歌に見る選手とファンの関係。
Number Web  日比野恭三  2019/07/03 12:30

この記事に同感。これ、てっきり、例によって一部のファンとか声の大きな「通りすがり」からのクレームかと思っていたら、発端は与田監督だったみたい。アホちゃう!?<`ヘ´>

なるほどね・・・、こんな感性しか持ち合わせていない監督が率いているんじゃチームの成績も低迷するワケだわ。「お前が打たなきゃ誰が打つ」・・・、バッターボックスに入った選手を鼓舞する内容の歌詞であって、ここにいちいち選手の固有名詞を入れられたらズッコケて力が入らなくなるんじゃないの。

どうして最近の日本人は(日本人かどうかは不明だけど)どうでもいい些細なことにクレームをつけるようになったのか。「なるほど・・・、言われてみればたしかにそうだよね」というんでなく、「どうでもいいじゃん、そんなこと。何か問題でもあるワケ?」というようなことで騒ぎ始める奴がいる。そういう小事を放置していて積み重なったらやがて大事になる、という話でもない。狂っている、としか言いようがない。

ちょっと前、熊本で開催されたハンドボール世界選手権の「ハードプレイがお好きなあなたに 手クニシャンが揃っています」というキャッチコピー、私は秀逸だと思っていたが、「卑猥なものを連想させる」というクレームでポスターが撤去された。元々、それが狙いだったんだろうし、そう連想する人がいるとしても、それで不快にまでなるのは極めて少数。しかも、ユーモアのセンスも解さない病的な人たち。

トヨタのポスターで、女性に向けて発信した「やっぱり、クルマの運転って、苦手ですか」というキャッチコピーが「女性を馬鹿にしている」とのクレームで「配慮を欠いた」と企業側が頭を下げて撤去。一般的に運転が苦手であろう女性に対して「こんなに運転しやすい車ができましたよ」とアピールする目的だったんだろうから、解かりやすくていいと思うのだが。だいたいが、道やスーパーの駐車場にヒドイ停め方をしている車があって、ドライバーが戻ってきたらまず100%が女。高齢者の免許返納が取り沙汰されているけど、縦列駐車ができないような女も免許を返納しろ、と言いたいくらい。

自衛隊員募集のポスターなんかでも、アニメふうの女の子のパンツが見えそう、というクレームでこれまた撤去。少数派の意見も尊重しなければならない、というのは解かるけど、事柄によりけり。写真じゃないし、見えてもいないのだからかまわないだろうに。

そういう些細な問題を穿り出してクレームをつけて、頭を下げさせて、自分の言い分が通ったことを喜ぶ馬鹿がいる。いや、馬鹿と言うより立派な気違いだと思う。

何かあるとすぐに大声で「人権があ」 「平等があ」と言うような奴、無視していいと思う。大多数の「気にならない人」 「そういうキャッチコピーを気に入っている人」の声も大切にしなければならない。

そうそう、「老後資金2000万円不足」問題、年金以外に老後資金として2000万円は必要、ということらしいが、野党が「年金政策の失敗を国民に押し付けるもの」などと、鬼の首を獲ったように騒いでいるけど、なんで??、と不思議に思う。うちなんか貰っている年金が月額にして55000円くらいだから2000万円どころかもっと不足するだろうし、今も蓄えなどほとんど無いけど、だからと言って、国や政治家に文句を言ったりはしない。老後を年金や国に頼る生き方こそが問題であって、そんなのは自己責任で、「国が老後の面倒を見てくれて当たり前」ではない。責任転嫁にもほどがある。野党も、ネットのクレーマーと同じくらいのレベルでしかない。再びの政権奪取など諦めているようだし、もう無理。

よほどの資産家でもない限り、「カネは有れば有るように出て行ってしまうし、無ければ無いように何とか生きていける」もの。欲はかかず、収入に見合った生活を心掛けていればいいだけの話。子供の頃、極貧生活だったから身をもってそう感じるようになった。

それにしても、ネットが発達して世の中は便利になったけど人の心の大らかさは無くなってしまったようだ。


posted by poohpapa at 06:25| Comment(12) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

闇営業ねえ・・・

連日ワイドショーを騒がせている(主に吉本興業の)一連の闇営業問題・・・、

先ず、言葉が間違っている、と思う。「闇営業」と言うと、闇=反社会的勢力、という印象になるけど、今回の場合は「事務所を通さずに仕事をしていたこと」を指しているのだから「裏営業」とか「抜き営業」とか呼ぶべきではなかろうか。中には「パチンコ屋の営業」みたいな仕事もあったであろうから、全部ひっくるめて「闇」と言ってしまうのはどうかと思う。あ・・・、「パチンコ屋の営業」・・・、それこそ闇か (^◇^)

発覚した時に、こう言えば良かったのに・・・。

「当時は今ほどに売れていなくて生活が苦しく、食べていくことさえ困窮していました。正直、事務所を通さなくてもよい仕事を紹介してもらえるのはとても有り難かったです。会合や宴会なんかに出て行って主催者や集まっている人たちの様子を見て、なんか怖そうな人たちだなあ、と思っても、『やっぱり帰ります』とも言えずネタを披露したこともあります。後で、私がもらったギャラが私より生活の苦しい人たちから騙し取ったおカネだった、と知らされて、今は強く後悔しております。もちろん、当時受け取ったギャラは被害者の皆さんの支援に充てて頂くべく返納させて頂きますし、事務所からのいかなる処分も受け入れる所存です。この度はご迷惑をお掛けし、お騒がせして誠に申し訳ありませんでした」、と。

吉本のギャラが残酷なほどに安いのは誰もが知っている事実。↑ のように言えば、世間の同情も集まったと思う。テレビを見ながら食事していて、このニュースを初めて聞いた時、うちのと私は、「こんなの、吉本のギャラが安すぎるのが一番の原因。事務所を通さなくていい仕事を紹介してもらったら売れてない芸人ならみんな飛びつくよね」という意見で一致していた。ま、宮迫なんかは5年前には既にそこそこ売れていただろうけど・・・。吉本は芸人を責められない。責められるべきは吉本の体質ではなかろうか。

せめて「最低保証」くらいはしてもらいたいよね。働き方改革・・・、真っ先にすべきは吉本興業だったりして。まあね、売れていて生活に困っていなくても内緒のアルバイト話が来ればみんな受けるだろな。

さんまが吉本のトップに対して「ギャラを上げてやってよ」と声を上げたけど、それは「さんまクラス」になって初めて言えること。古参の芸人たちが勇気を出してもっともっと声を上げてやってほしいものだ。

ところで、うちのお客さんが吉本興業の事務のパートをしていて、その時給は世間一般の倍だった。「え?、あの吉本が事務のパートに通常の倍の賃金を出すってか!?」と驚いたことがあったわ。


最後に、私と同じような視点で、もっと解かりやすく書いていらっしゃる人がいたのでご紹介。

「闇営業」の原因は、日本の芸能ビジネスの「中抜き構造」にある ITmedia ビジネス 窪田順生


posted by poohpapa at 05:50| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

真っ当な判決と?マークの判決

真っ当なほうはこちら、

意図的に事実と異なる記事…元朝日記者の請求棄却  読売新聞  2019/06/27 08:53

裁判所も「事実と異なる」つまり「捏造」と認めたワケで、これで訴えるかねえ、という話。屋根裏から盗みに入ろうとして天井が抜けて床に叩き付けられた泥棒が家の持ち主に対して「管理が行き届いていない所為」だと慰謝料と損害賠償を求めるが如き訴えであろう。お笑い沙汰、狂っているとしか思えない。


? のほうは、賛否が分かれると思うけど・・・、

「夫に抵抗するのは困難」 母親に保護観察付き猶予 FNN PRIME 2019/06/26 05:19

情状酌量の余地はあるけど、求刑を上回る猶予判決・・・。心愛ちゃんが縋ることができたのは(教師も教育委員会も信頼に足らなくて)本来は母親しかいなかったのだし、個人的には、求刑より短くても実刑が妥当だったのでは。保護観察付きといっても猶予判決で娑婆で暮らすのは母親にとってもキツイだろうし喜べないんじゃないかな。自殺の恐れもあるし、しばらくは刑務所の中にいたほうがいいように思うんだけど・・・。

それにしても、父親・・・、最低の男だなあ。自分より弱い者に鬱憤をぶちまけて。このままでは死ぬ、と十分に予測は付いただろうから、傷害致死でなく「未必の故意」による殺人で裁いてほしい。

これ、むしろ、教師や教育委員会の面々こそ実刑にしろ、と言いたい。まだ職に就いているのかねえ。

posted by poohpapa at 05:10| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする