2023年02月01日

こんな時間(昼過ぎ)に記事の更新するのは珍しい、かも

昨晩は9時半に就寝すると、野良のみーちゃんがついてきて、私の脚の上に乗って寝始めた。一昨日は胸の上に乗ってきて、重かったんだけど、私は、そのまま鼾をかいて寝てしまっていたみたい(うちの弁)

で、今朝は「トイレに行きたいな、てことは4時半くらいかな」と思ってスマホを見たら6時42分・・・。ほえ??、いつもの水曜日なら Jonathan's のモーニングに出掛けるべく家を出る時間。7時オープンで、6時45分に出たのでは遅く、40分に出たのでは早すぎるから、42分に出るのがちょうど良い時間で、かと言って、この寒空だし、パジャマのまま飛び出すワケにもいかず、顔を洗って、着替えて出掛けた。

オープンと同時に到着すれば、どうにか一番好きな席が確保できる。今日は出遅れたけど無事に確保。

で、今週も、世の中いろいろあったなあ。回転寿司の迷惑行為が一番気になっていて、そんなのわざわざ撮影して自らネットに上げるかねえ。警察はこの程度のことで動かない、と舐めていたんだろうけど。一昨日、ランチでスシローに行った時、やけに空いていたのはそういうことだったからかも。我々の後にガラの悪そうな3人組の男が来たけど、他には誰も座っていない奥のレーンに通されていたのもそういうことか。

空いていたとはいえ、回っているレーンに寿司が乗っていなかったから店側も悪戯を警戒してたのかな。テレビで迷惑行為をしている客の顔にボカシを入れていたけど、晒しても大丈夫じゃないかな。煽り運転なんかでも、明らかに悪質な犯罪なら顔を出しても良さそうなもの、そうすれば迅速な検挙に繋がるし。

親が付き添ってお詫びに訪れたけど、店側が拒否して刑事告発するみたいで、そのほうがいいと思うな。店が謝罪を受け入れたら、この悪ガキども、また同じようなことをやると思う。お灸をすえたほうがいいよ。

あと、フィリピンの刑務所に入っている強盗組織の主犯格、おカネやスマホが持ち込めるのが不思議。賄賂次第で何とでもなるなら、刑務所ではなく別荘(日本でも刑務所の隠語になってるけど)みたいなもの。

さてと・・・、この後はゆっくりしようかな (^^♪


【 追記 】

あと一つあったわ。博多の38歳女性が元カレに刺殺された事件・・・、容疑者の男、めちゃくちゃ気持ち悪い顔をしていて、なんでこんな男と付き合っていたのか理解できない。精神異常者の顔つきだもんね。

posted by poohpapa at 12:46| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月28日

もの凄く嬉しい話

高校時代の同級生のS君から、またまた海老煎餅が届いた。またまた、と言うのは2回目で、前回送って頂いてから半年も経っていない。S君とは高校卒業後50年以上も経ってから親交が復活したのだが、その後に肺癌であることが判明して12月6日から入院して3週間ほど、辛い抗がん剤治療を受けていた。

私も、昨年の12月の半ばに、偶然、右の肺の上部に(肺癌かも知れない)影が見つかったので、お正月休みの1月2日、家から徒歩10分くらいの所にある熊野神社に初詣に行ってきた。健康祈願に、である。

他にも2人、同級生が癌になって、年末から年初にかけて入院して手術や抗がん剤治療を受けているのだが、今回の初詣では私とみんなの健康を祈願し、私とS君の健康祈願のお守りを頂いてS君にお送りしていて、先日、S君から電話があって、なんと、直近の検査でS君の肺癌が消えていたとのこと。S君は謙虚な人柄だから、「坂口君から送ってもらったお守りのお陰で」と言うが、もちろん、そんなことはない。自身の病気に真摯に向き合いしっかりと治療を受けてきたからこそだろう。それにしてもめっちゃ嬉しい。

私も、コートの内ポケットにいつも同じお守りを入れているので、これで「肺がんの疑いは晴れました」と言われたならお守りのお陰かも知れない。とりあえず、S君の肺癌が完治したならお礼参りに行ってこよう。

表題の「もの凄く嬉しい話」というのは、海老煎餅を頂いたこともあるが、それよりS君の癌が消えたこと。S君は「まだ安心できないとは思いますが」と言っていて、それでも兆候が消えたのは朗報だと思う (^^♪

ところで、お送り頂いた海老煎餅は田舎の知多半島の名産で超高級なお煎餅、うちのと二人で半年くらいかけてゆっくり味わうつもり。でもなあ、それって、また私が「わらしべ長者」になった、ということかも。

そうそう、昨年も今年も、ついに自分でリンゴを買わなかった。先ず岩手の(元入居者の)「たあさん」から2種類のリンゴがドーンと届き、そろそろ無くなるかな、と思っていたところに高校時代の先輩のМ君からもお送り頂き、それもそろそろ、と思っていたら、秋田のBさんからも届いたりして。本当に有り難い話で。

たあさんからは立川独活(うど)をリクエストされているので、旬の来月になったら農協からお送りしよう♪

posted by poohpapa at 06:21| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月24日

こんな偶然あるんだ・・・

昨日、お昼前に、駅前の銀行に行こうとして店を出たら・・・、

店の前の横断歩道、歩行者向けの信号が赤なのに信号無視して走ってこちらに渡ってきたオバハンが。

「危ないがな、車に轢かれたらどないすんねん!?、わては目撃者やさかい、警察や救急車が来たら車側に立って『オバハンが悪い』と証言せなあかんやないか。銀行に行かれへんがな」と思っていたら、息を切らして渡ってきたオバハン、「坂口さんですよね」だと。ハア??、あたしゃアンタのこと知らんがな。

そのオバハン、何と、昨日記事にした曼茶羅アートの「あいざわもとこ」女史だった。隣の小梅さんから「隣の不動産屋が作品を買ってくれた」と聞いて、いつか挨拶に伺おう、と思っていたみたい。店に施錠して出掛ける姿を見て、「あ、あれが不動産屋のオヤジか、信号が変わるのを待っていたら追いつかなくなる」と、信号無視に至ったようだ。オバハン、と書いているけど20代後半くらいかなあ・・・、年齢不詳だ。

私は YouTube や Facebook で交通事故の特集を見るのが好き。「こいつらより私のほうが賢い」と思えるから。間一髪で事故を避けられた動画も好き。で、もうちょいで生の事故現場が見られるところだった。

それにしても、超繊細な曼茶羅アートの作者とは思えないくらいに、良く言えば「おおらか」、悪く言えば「がさつ」な性格のお嬢さんかも。本業は別に持っていて、曼茶羅アートは趣味、副業みたいなものかな。

それにしても、たまたま昨日記事にしたばかりで、その当日に作者ご本人に会えるとは、実に奇遇だ。その「あいざわもとこ」氏、裏表のない人柄で、ポジティブ(前向き)だから、正直、良い友だちになれそう。

でもって、一つ提案させて頂いた。「これ、どう考えても安すぎるでしょう。値段を見直したほうが良いと思う。もちろん、高くしたら売れなくなってしまうだろうけど、制作時間に見合っていないんじゃないか」、と。

私は、自分が購入した曼茶羅アート、1万円くらいなら迷わず買ったと思う。毎日、その作品を眺めていて、気持ちを落ち着かせてもらえるから。まあ、でも値上げはしないだろうけどね。痛し痒しだろうなあ。この先、曼茶羅アートが世の中で認知されていけば値上げができるかも。今は辛抱の時期なんだろうな。

で、改めて、銀行へ行こうと店を出て駅方向に向かったら、うちのお客さん(元入居者の女性)から、声を掛けられた。同僚とランチしに来たみたいで、「へえ、こんなところまでランチに来るんだ」と驚いた。立川駅の北口はランチが食べられる気が利いた店が少ないから、みんなランチ難民になってたりして (^◇^)

posted by poohpapa at 06:21| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月23日

正月休みに私がしたこと、これだけ

終活もしなければ、と思いつつ、腰痛でそれどころでなく、結局、長い冬休みに片付けたのはこれだけ。

DSC09568.JPG

私の机の前の壁の、額縁の整理(模様替え?)と言うか、若干の移動だけ。

上の段、左から、手塚治虫氏の直筆色紙、さいとうたかを氏のゴルゴ13の絵(印刷)と直筆サイン、佐々木希ちゃんの直筆サイン入りポスター、

下の段、「ザ・クラス」カード、あいざわもとこ氏の曼茶羅アート、マチュピチュで撮ってきた写真、そして、希ちゃんのクリアファイル。「今日もお疲れさま。明日もいいことありますように」とある。毎日眺めている。

あいざわもとこ氏の曼茶羅アートを昨年末に、うちの隣の珈琲豆店「小梅」さんで見掛けて、いっぺんで引き込まれて購入。アップで撮影したのがこちら

DSC09571.JPG

最初、遠目で見た時は「レース編みかな」と思ったのだが、これ、なんと「手書き」作品。カラーボールペンやサインペンを使って描かれたもので、外周にはクリスタルラインストーンがあしらわれている。気が遠くなる作業だと思う。宇宙のブラックホールを連想させるような作品で、他にも色彩豊かな「カラーの作品」もあったけど、私はこの作品が一番気に入った。凄く手間が掛かるのに、額縁付きで税込み4000円。

大きさや色合いはいろいろ。高くても1万円くらいだったかな。お店で他の作品も撮影しようと思ったら、「撮影禁止」になっていたので断念。これは私が購入した物なので著作権には触れないと思う、たぶん。

好き嫌いはあるだろうけど、あいざわ氏の曼茶羅アート、誰かに「何かのお祝い」で贈ることにしよう(^^♪

posted by poohpapa at 06:53| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月18日

これはショック、立ち直れないかも・・・

昨日、ある家主さんの付き添いで三鷹の杏林大学病院まで同行した際に、

ラッシュ時を過ぎていたので、往きの中央線は立川から(隣の席ではなかったが)二人とも座れて、帰りの出来事。まだラッシュ時前だけど、もしかすると座れないかな、一つだけでも空いてないかな、と思っていたら、たまたまシルバーシートの3人席の真ん中が空いていて、家主さんに座って頂いて安心していたら、端に座っていた青年が私に「どうぞ」と席を譲ってくださった・・・。私にとっては初めての経験である。

自分としてはまだまだ「席を譲る側」の人間だと思っていて、自分が席を譲られたのはもの凄いショック。「いえいえ、大丈夫ですよ」と辞退したのだが、「どうぞどうぞ」とドアのほうに向かって離れていった。お礼を言って座ることにしたが、まさか、腰の骨を折ってコルセットしているのを見抜かれていたワケではあるまいし、まあ顔と雰囲気で「年寄りだな」と判断されたんだろうな・・・。有り難いがこの初体験は寂しい。

青年は三鷹駅から二つ目の東小金井駅で降車したので安心した。我々より先まで行くとしたら申し訳ないし。その青年、席を譲っておいて、目の前に立っていない気配りが素晴らしい。私も、席を譲った際にはなるだけ相手から離れるようにしている。でないと、気を遣わせることになるから。シルバーシートだったから、ということもあるかも。青年も「それらしい年寄りが来たら席を譲るつもり」で座っていたんだろうな。

こないだは、診察室に(92歳の)家主さんと一緒に入ったら先生から「ご主人はこちらに」と椅子を勧められたけど、その時よりショック度は大きい。ではあるが、これからも、もし席を譲られたなら素直に「有り難うございます」とお礼を言って座らせて頂こう。辞退したならシラけるだろうし。ま、ケース by ケースかな。

同級生(71歳)の中で私は最後まで「席を譲られない存在」になりたかったけど、夢破れてしまった(^^♪

さて、今日もこれから Jonathan's のモーニングに。今日は知人と待ち合わせ、ゆっくり楽しんで来よう。

posted by poohpapa at 06:15| Comment(8) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月16日

昨日、お年玉くじ付き年賀状の当選番号が届いた

たかさんから LINE でお年玉くじ付き年賀状の当選番号が送られてきた。「腰が痛い、腰が痛い」と言っている間に、今年も4%が終わったか・・・。その間に著名人の訃報が何件も入っていて、早いなあ・・・。

たかさんの当選枚数は3等の切手シート2枚、私は5枚。それは出している枚数の比率そのままかも知れないな。いや、競う訳ではないが、たかさんのほうが確率が高いかも。私は公私で160枚出していて、たかさんはリタイアしているから20枚くらいかもね。どうせ飲み屋のネエチャンにしか出してないだろな。

内訳は、届いた年賀状での当選数が3枚、書き損じが1枚、未使用が1枚。今年をもって年賀状仕舞いをさせて頂くので、来年からは切手シートも当たらないことだろう。毎年一枚は使わずに保存しているけど、それも今年で打ち止め。もう車の免許証も返上する予定でいて、順次けじめや区切りを付けていくつもり。


ところで、私がいつも興味深く読ませて頂いているメルマガ「トンデン倶楽部通信」に面白い記事があった。ふだん全く気にしていなかったのだけど、「言われてみれば」、である。ご紹介させて頂きたいと思う。


日本各地にその土地ならではの民謡があります

 東京であれば東京音頭

 その歌いだしは

 「ハァ〜 踊り踊るなら
      ちょいと東京音頭、ヨイヨイ♪}

 そして北海道なら北海盆歌
 その歌いだしは

 「ハァ〜 北海名物
      ハァドシタ ドシタ」

 って・・

 民謡の歌いだしって
 なぜ「ハァ〜」が多いのでしょうか?


続きを読む
posted by poohpapa at 06:17| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月05日

今日から仕事始めで、三日連続の病院通いの中日(なかび)

不動産屋の長い冬休みも昨日で終わり。休みの間にテレビでやっていた「餃子の王将」の餃子が食べたくて、うちのと、隣駅の「国立」まで行ってきた。3時半から災害医療センターで MRI の予約が入っていたので少し早めに出発。「餃子の王将」の前を素通りして、先に、我々が「眼鏡」でお世話になっている「くにたちメガネ」さんに寄って、昨日から営業していて先着百名にもらえる「開運干支根付」を頂いてきた。元旦に届いた年賀状に告知があったので、「今はどんな些細な縁起物でも欲しい」、と思っているから(^^♪

同時に、キャラメルポップコーンを2缶届けた。「くにたちメガネ」さん、私が高校を卒業して上京して眼鏡光学製品の卸問屋に勤めていた頃のお得意様でもある。私が何度も伝票を切ってレンズを便利屋さんに届けてもらったりした記憶がある。安売り店ではない専門店で50年以上も存続しているのは凄いと思う。

ついでに「メガネのシャンプー 除菌EX 」を3個購入。昨年、メガネを作った時に頂いて、それが優れモノだったので、メガネをかけている知人に差し上げようと思ったから。私が配るのはお菓子だけではないよ。

3個購入するつもりだったけど、ポップコーンを差し上げたからか「お代は2個分でいいですよ」とのこと。「開運干支根付」も二つ頂いたし、なんだか申し訳ない。その「開運干支根付」、抽選箱に入っていて、「おみくじ」付きだった。私は大吉、詳細は、

願望  目上の人の助けを得て思わず早く調う  (他力本願はしないけどね)
待人  たよりなし来る  (突然現れる、ということか、うん、楽しみ)
失物  早く出る 物の間  (何が失くなったかさえ気付かないんだけど)
旅行  さわりなし  (今年、ノルウェーに行けるかな、みーちゃんがいるから無理か)
商売  気を付けてすれば吉  (いつも気を付けてるよ、それでもどうにもならないんだって)
学問  安心して勉学せよ  (それより終活が先、もうこの歳で勉強なんかしたくないよ)
相場  見合わせ今が大切  (元々が相場なんかには手を出さないけどね)
争事  人の助あり早く済む  (あの世まで持っていくのを覚悟している揉め事もあるよ)
恋愛  容姿より心を選べ  (それは同感、女性の美しさは見た目や若さとは関係ないからね) 
転居  さしつかえなし  (うちのにいつ家から放り出されても大丈夫、ってことか、よし!!)
出産  やすし 信心せよ  (俺、妊娠してないし、させてもいないし)
病気  気に病むな 治る  (今の私にはそれが一番嬉しいお告げかな)
縁談  思わず早く調う 他人に任せよ  (他人に任せていたら、長男、ずっと独身だよ)

「吹く風に 高峰の雲も はれ行きて 涼しく照らす 十五夜の月」
冬の枯れ木に春が来て花さき黒雲晴れて月てり輝く如く次第に運開け幸福加わり家業繁盛します
しかし安心して油断すると折角の幸が禍となります用心しなさい (原文のまま)

こういうの、他人に話しちゃったらダメなのかも知れないけどね、まあ、信じたい内容ではある。きっと、万人向きな内容で、誰にでも思い当たるフシがある内容なんだろうね。うちののお御籤は見てないけどね。

「くにたちメガネ」さん、有り難うございます。「占いは信じてない」けど、それでも気が楽になりました。

で、「餃子の王将」に戻ったら・・・、何組も待っていて、昨日は断念。仕方なく、駅前で店を探して、loyal host に入った。ん?、いつもの Jonathan's やバーミヤンとは価格が違う、2〜3倍高いや。安いランチも有るけど正月早々ケチりたくない。ランチなのに二人で7117円・・・。美味しかったから良しとするか。

さて、今日は夕方から整形外科とリハビリ。腰痛が改善されたらいいな。心機一転、今日から頑張るぞ!

posted by poohpapa at 06:55| Comment(4) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月03日

過去最悪のお正月

とにかく腰痛が酷くて、布団から立ち上がるのにも(激痛が走って)時間が掛かる。そこにきて、本来なら嬉しいハズなんだけど、私の布団にずっと(5kgの米袋より重い)みーちゃんが乗っているので寝返りも儘ならない。今朝も3時に尿意で目が覚めたけど、トイレに行くまで20分も掛かった。間に合って良かった。

そんなだから、この冬休みに完成しておくつもりだった終活、何も手が付けられていないや。困ったなあ。

明日から三日連続で病院の予約が入っている。明日は災害医療センターで受ける最後のMRI で、5日は整形外科とリハビリ、6日には脊髄の中の腫瘍が悪性かどうか判ると思う。それと腰痛は別の話だけど。


さて、昨日は、うちの近所(我が家から徒歩5分)の熊野神社に一人で初詣に行ってきた。元旦に、うちのと二人で行ったら凄い行列ができていて諦めて帰ってきた。昨日は仕切り直し。行列は無かったけど、参拝客が途切れることも無かった。立川には20年以上住んでいるけど熊野神社への初詣は初めて。綺麗な巫女さんがお札(おふだ)やお守りを売っていて、天気も良かったし、初詣の気分は十分に味わえた。

今年は自身の健康問題もあるけど、同級生3人が癌になって入院したりしているから健康祈願のみ。4人分の願掛けをするのに「お賽銭は小銭」という訳にはいかない。そこでケチったら「4人分の健康を願うのに小銭?、オマエ、神を馬鹿にしているのか!?、おととい来やがれ<`〜´>」と神様が怒るだろう(^◇^)

初詣には過去に何回も行ってるけど初めてのお札(千円札)、後ろに並んでいる人に見えるように千円札を賽銭箱に入れてきた。私以外は皆「カラン」と賽銭箱を鳴らしていて、初詣はただの儀式なんだろうな。

私がこういうケースでお札を入れたのは3回目。最初は靖国神社に参拝した時。英霊たちが命を懸けて日本を護ろうとしてくれたのに、お賽銭は小銭という訳にはいかない。断じて「気持ちの問題」ではない。そういう場面で、よく「そういうのは気持ちの問題なので金額は関係ないよ」と言う人がいるけど、それは都合の良い理屈。そんな理由でカネを出し渋ったならタダのケチで、金額こそが全て(本音)、だと思う。

次いで横浜の「みなとみらい」にある海上保安資料館横浜館で、北朝鮮の工作船と命懸けで対峙していた証拠の展示品を見た時、「任務とは言え、我々の知らないところで命懸けで日本の海を守ってくれているんだ・・・」と感動して。私が千円札を募金箱に入れたら、珍しかったのか、スタッフの女性が笑顔でキーホルダーを2個くださった。500円につき1個くれることになっていたようだが、ふるさと納税みたいなものか。小銭を投入するどころか募金箱の前を素通りする人のほうが多くて、海保の職員は空しいだろな。

マスコミや学校はそういう事実を国民に正しく知らせるべきだろう。英霊の死を「犬死」にしてはならない。

で、3人の同級生のうちS君と、自分用に「病気平癒」のお守りを購入して、早速郵送させて頂いた。無事に完治したら「俺のお陰だから、お賽銭とお守りの代金を併せて1万円振り込んでくれ」と言ってやろう ♪

誰のお陰かは別にして、病気が完治したならそれくらい安いもの。そうだ、そういう手口を「お賽銭ビジネス」と名付けよう。みんな「藁にもすがる思い」だろうから儲けられそう。私も、整形外科の理学療法士が腰痛から解放してくれたらそれくらいのチップは弾んでもいい、と思っているし。受け取らないだろうけど。


さて、本年もどうぞ宜しくお願いします。皆様も、お体に気を付けて、今年こそ良い一年になりますように。

posted by poohpapa at 04:50| Comment(6) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月13日

体中が痛い・・・、でも、今日で71歳

ようやく、布団から起き上がるまでの所要時間が1分くらいになったけど、腰も胸も背中も痛い。今日、こないだの MRI の結果を聞きに整形外科に行く。果たして、結果は如何に・・・。原因が判るといいな。

それにしても、現時点から人生を振り返ると、1年が何と早く過ぎることよ、と思う。ただ、贅沢は言えない、同級生の15%くらいは亡くなっていて、私は未だ生きているのだから。いや1週間も早い、こないだ Jonathan's のモーニングに行ったばかりなのに、明日はまた定休日。その積み重ねが一年だもんね。

ところで、いつもコメントで悪態をついている「たか」さん、何かお祝いを送ってよ。現金でも商品券でもお菓子でも何でもいいよ。本日の消印まで有効、宅急便の集配所に持ち込む場合は本日の日付が入っていればOK。本音で言うと、この歳だと誕生日なんかちっとも嬉しくないけどさ。「冥途の旅の一里塚」で。

ネットなんかで、自分より若い人(有名人)が亡くなったニュースに触れるとショックは大きい。自分より年長の人が亡くなっても、「その歳まで私はあと3年・・・」とか考えてしまう。死ぬ時はポックリ逝きたいな。

断捨離も進んでないし、今度の冬休みにはしっかり(公私ともに)片付けておかないと後悔しそうな予感。

posted by poohpapa at 06:51 | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月27日

思いっきり「わたくしごと」

昨日は体調不良で5時に店を閉め、帰宅して夕飯も風呂も抜きで5時半には就寝。途中、9時半にトイレに起きて4時過ぎに起床。ああ、6時過ぎに、みーちゃんが枕の横に来て一緒に寝てくれました。はい、幸せです。この歳なので「でっかい幸せ」は望みません。そういう小さな幸せの積み重ねが嬉しいです。

で、今日の記事はおしまい。書きたいことはいっぱいあります、明日は普通に更新できたらいいな・・・。

posted by poohpapa at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月09日

え?、嘘でしょ!?

外出先から所用でうちのに電話したら、「あ、そうそう、Kさんから今年もサンマが届いてるよ」とのこと。

実は、毎年、気仙沼のKさんから(水揚げされたばかりの新鮮な)サンマが届く。ただ、ニュースで「今年はサンマが大不漁で高値」と聞いていて、初値は一尾6000円、キロ62000円で取引されたとか。もう「庶民の魚」ではない。伊勢丹の地下の魚売場を覗くと一尾400円くらいで、その価格じゃ手が出ない。

毎年、Kさんがドーン!と送ってくださるので、このシーズンは冷凍庫を空けておくけど、今年は無理だろな、と思っていた。それが届いた・・・。こちらから先手を打って「今年はサンマの価格が高騰しているのは知っていますから、送ってくださらなくていいですよ」と言ったなら逆に催促しているみたいだから黙っていたのだが・・・。お礼の電話をしたら、どうやら馴染みの魚屋さんに「サンマが入ったら毎年(こちらに)送っておいて」と頼んであるらしい。まあ、さすがに今年は尾数はいつもの年より減っているが、それは当然。

ずっと大衆魚だったサンマが、なんで「自分で買えないくらい」に高級魚になってしまったことやら (ハア

でも、Kさんのお陰で今年もサンマが食べられる。たまたま、今週は伊勢丹で京都展が開催されているので、美味しいお菓子を送らせて頂いた。それも、私がいつも言っている「幸せのキャッチボール」である。

幸せは、独り占めしようとすると掌から零れたりするが、誰かと分かち合えば何倍にもなって返ってくる。

Kさん、電話で「こっちで新米が出たらまた送りますからね」と仰ってたけど・・・、数年前、飛び込みでKさんが店にやってきて「〇〇荘ってアパートご存じないですか?」と訊かれて、近くではあるけど口で説明しても分かりにくい場所なので案内しただけ。たったそれだけで恩義を感じて毎年サンマや新米、である。

とくに今年のサンマは、超不漁から「海のダイヤモンド」と言われている。大切に頂きたいと思う。

posted by poohpapa at 06:20| Comment(2) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月23日

感傷に耽るワケではないけど・・・

ちょうど50年前の今日9月23日は、私と元妻が上野の池之端文化センターで挙式した日・・・。そのまま夫婦でいたなら(同級生の誰より早く)今日が金婚式だった。ま、同級生も皆、10年以内に迎えるけど。

田舎の「まあまあの進学校」に入ったものの、根っからの(教科書での)勉強嫌い、どんどん同級生に抜かれて行って、気付けば高卒で就職。男子300名(女子は150名)のうち、就職したのは2人だけ。あとは、浪人組もいたけどほぼ全員が4大に進学。同級生から陰で「ああ、あのバカね」と言われているのは承知していた。なので、誰よりも早く(親からの経済援助を受けず)自分たちの力で結婚して、誰よりも早くマイホームを購入して同級生を見返してやろう、と思っていて、それだけが、生きていく上での原動力。

20歳で結婚したけど、「カネが無いから式(披露宴)はしないで」とは考えなかった。親は娘の花嫁姿を見たいと願っているだろうから。それに、それだと早く結婚した意味も無くなるし。式や披露宴、新居を借りる費用、新婚旅行の費用等々、全部自分たちで出した。もっとも、頂いたご祝儀でお釣りがきたけど。

で、24歳の時に埼玉県の入間市で新築の3LDKのマンションを購入した。その時も親を頼らなかった。結果的に、それが「一つの運命の分かれ目」になったと思っている。18年前、こんな記事を書いている。なので、裕福だから(カネの苦労を知らないから)幸せ、貧乏だから不幸、とは必ずしも言えないと思う。

先日も記事で触れたけど、両親の老後のお世話を私たち夫婦がしよう、と考えなければ、今も夫婦でいられたと思う。義妹たち夫婦の「出来の悪さ」も離婚の遠因になったりして。責任転嫁でなく、そうだと思う。

そうだ、あともう一つ、何かにつけて、元妻が私の気持ちを上手く義父母や妹たち夫婦に伝えていてくれたら、ということ。誤解が生じていても「うちの人はそんなつもりで言ってるんじゃないよ、こんなふうに考えていたんだよ」と代弁してくれていたら、と思う。元妻は義父母や妹たちの顔色を窺うことしかしなくて。そんなだから、今回の相続でも妹から「3等分でいいじゃん」と言われたら従うことしかできないだろうな。

恨み辛みは置いといて、私は今が幸せで「自分は十分に人生の勝ち組」、と思えるからいいんだけどね。

ところで、池之端文化センター、「2010年4月30日をもって営業終了し40年に亘る歴史に幕を閉じた」とある。我々が挙式したのはオープンから3年目だったんだ・・・。あれだけの規模の式場も40年で幕を閉じたなら、そこで挙式した我々の夫婦生活が30年で破綻していても何ら不思議は無いか・・・(関係ない)

で、親との同居に関しては「懲りている」かと思いきや、今、岩手で一人暮らしをしているお母さん(義母)との同居を切望している。お父さんは施設に入っていて、もう出られないから、お母さんには「一人暮らしが辛くなったらいつでも東京(うち)に来てね」と伝えてある。義弟のお嫁さんも凄く人柄がいいけど、実の娘のほうが何でも頼みやすいだろうから。お母さん、「そう言ってもらえるだけで気が楽になる」、と仰っている。もちろん、「言ってみただけ」でなく私は本当にそう思っている。その日が来るのが待ち遠しいほど。何と言っても、「うちのを産んでくださって、今の私の幸せに最も貢献してくださっている」のだから (^^♪

posted by poohpapa at 05:58| Comment(2) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月16日

泥臭い話、相続の話

先日、元妻の母親が亡くなったが、その7ヶ月前には父親が亡くなっている。当然に相続問題が起きる。

今となっては私には全く関係ない話だが、元妻がこの記事を読むであろうことを前提に書いておきたいことがある。何度か書いているから、以前の記事とダブる内容が含まれることをご容赦頂けたら、と思う。

私と元妻は自分たちで買った埼玉の3LDKの新築マンションで暮らしていたが、義父から「ここも老朽化してきたから建て替えようと思っている」と言われたのを機に、義父母との同居を提案した。元妻が三姉妹の長女で、下の二組の妹夫婦はハッキリ言って全く気が利かないから、三姉妹の誰かが義父母の老後のお世話をするなら我々が一番適任で自然だろうな、と思ったし、その機会を逃したら同居は不可能。

元妻から提案させると、「2世帯住宅ならいい。そちらの建物の名義は〇枝(元妻)にしてもらいたい」と言われた。つまり、私との共同名義ではダメ、ということ。それでいて、11年後に私が家を出る時に義父は「私は今まで坂口さんのことを自分の息子だと思って接してきたつもりだ」と怒ったりして。なワケない(怒

同居する際、私から女房(元妻;以降女房とも書く)に二つの条件を出した。一つは「相続を受けるな。できれば、両親が亡くなるまでに使い切ってもらって、『ああ、楽しい人生だった』と思いながら逝ってほしい。不動産は妹たちに渡して我々はここを出て行けばいい。これから両親に旅行に行ってもらったり美味しいものを食べに連れて行ったりするから、それを妹夫婦が見たら『財産目当』だと勘繰るだろうから、そうすると俺はやりにくい。だから(今は相続放棄できないけど)最初にそう宣言しておいてくれ」ということ。

もう一つは、「どんなに人柄の良い両親とであっても、一緒に暮らしている人間にしか分からない苦労や辛さというものは必ずあるものだから、それを、あなたやあなたの妹たちがちゃんと解かってくれているな、と思えれば、俺はどんな辛いことがあっても我慢するから」というもの。妹たちは隣の義父母にお中元やお歳暮を届けていたから、まるで分かっていなくて、本音が透けて見える。苦労が足りないんだろうな。

すぐ下の妹は、我々が引っ越してきた際に、下の妹を気遣ってのことだろうけど、「私はかまわないけど、お姉ちゃんとこで全部持ってったら承知しないからね」と女房にクギを刺している。そこは、こう言わなければならないところ。「お姉ちゃんとこで全部背負わなくていいんだよ。何かあったら私たちも協力するから遠慮なく声を掛けてね」、と。その妹、一部上場企業の副社長の息子と結婚していて、カネには困っていない。結婚した時から旦那名義のアパートがあるし。だが、何かと言えば「イエス様」「イエス様」で、プロテスタントのペンテコステ派の信者。私からすれば「イエス様に向き合うより先ず人と向き合え」という話。

で、相続の話。3人姉妹で下の妹たちは自分の家を持っている。相続が発生したなら今の生活のままカネが入ることになる。元妻は揉め事が嫌い、と言うか、長女として「いい恰好」をしたいから3等分しようとするだろう。そうすると、今の家を処分しなければならなくなる。現金や証券も遺しているだろうけどキレイに3等分するには全て現金化する必要がある。それは、「平等ではあるけど公平ではない」、と私は思う。

私は部外者だから、もう言ってもいいだろな。元妻は、介護こそしていないが、およそ35年も隣で暮らして、何かとお世話をしていたことと思う。妹たちは元妻が隣にいてくれたから、自分たちのことだけ考えて生活できていたのではないか。だとするなら、それを受けるかどうかは別にして、「お姉ちゃんが相続すればいいよ。今まで有り難う」くらい言えないものかねえ。あるいは、「お姉ちゃん、家まで売ることないよ。現金や証券の中からお姉ちゃんの相続税を払って、残りがあれば私たちが貰うってことでいいよね」、と。

世の中、こういう話は往々にしてあるみたいで、全く以って本末転倒だと思う。妹たち、気付かないだろうな。最初からそういうことに気が回るくらいなら、私はまだ元妻と夫婦を続けていられたかも、と思う。今、私にとって(ずっと一緒にいたい)最高の女房を得られたからそんなこと(復縁)は全く望んでいないけど。

それと、それまで3LDKのマンションで暮らしていたのが二世帯住宅では1LDKになって、中学生の長男次男と小学生の末娘と5人が暮らしていて、2階の一部屋に長男次男が、1階のLDKに夫婦と末娘が寝るのだから、「夫婦生活」も儘ならない。私が女房に「俺たち夫婦なんだから、誰かに目撃されてもかまわないんだし、(家ではできないから)ラブホでも行こうよ」と言ったんだけど、「いいよお、そんなの」と非協力的で、私は35歳から9年間セックスレス。自己弁護でなく、それで「浮気するな」と言うほうが無理。

それでいて、食事の支度以外の家事一切が私の役割。いくら共稼ぎだと言っても、食後の洗い物、掃除、洗濯、アイロンかけ等々が私に押し付けられて、食後の洗い物は長男に引き継いだけど、爆発寸前。2階に一間増築して家族5人が2階で寝るようになったけど、ある日の早朝、飼っていた犬が1階で亡くなっているのを発見して、「おーい、大変だよ、ラブが亡くなって冷たくなってるよ」と2階に声を掛けたら、女房が「かわいそ」と言う・・・、私を責めるように。私の所為??、それが離婚に至る引鉄になった。

女房の妹たちも義父母も、「私が女を作って出て行った」くらいにしか思っていないだろうけど、ただそれだけなら、今の女房ともとっくに別れているだろう。「自分たち親子には何の責任も無く、悪いのは、女癖が悪いあの男(私)」だと何ら反省することなく、ずっと思っていることだろう・・・。だから相続では揉める。

すぐ下の妹、子だくさんで、資産家の息子と結婚したけど家計が苦しいようで、にも拘わらず、3等分で相続を受けたら教会に寄付するんだろな。旦那が相続した分も寄付しちゃってるかも。統一教会と一緒で。

元妻は、私が家を出る時に「全財産を持って行った」と、私の兄弟(実家)や友人や、ご近所、管理物件の大家さん、同業者さんにまで話していたみたいだけど、私は全部置いてきているから事実無根な話。それでも、それについては私も怒っていない。そうでも言わないと面子が保てないだろうから。そこまで酷い噂を立てられていても、今回の相続では元妻に加勢したい。「住んでる家を売ってまで3等分する必要は無いよ」と言いたい。両親の世話を全くしていない妹たち夫婦には家があって「相続を受けるだけ」だけど、いろいろと他所からは見えないところで両親の世話をしていたであろう元妻(長女)が家を売って出て行かなければならないんじゃ「本末転倒」な話。だけどまあ、私には関係ないから好きにすればいいさ。

年齢的にもアパートを借りるのは困難だから、古くて安いマンションでも購入するか、施設に入ることを検討すればいい。間違っても、「3人の子(の誰か)に自分の老後の世話をさせよう」などと考えないこと。親と子供とは全く別の人格、親が子供の幸せの足枷になってはならない。その為に産んだんじゃないしね。

3姉妹で知恵を絞って妥当な落としどころを探ればいい。その際に、旦那の意見は聞かないほうがいいだろな。聞くな、といっても無理だけど、今までが今までだからマトモな知恵(提案)が出るとは思えないし。

相続・・・、中途半端に遺されるのが一番「揉める素」だと思う。何十億と遺してくれるなら生前に税理士なんかが付いて対策しているだろうけど、中途半端に遺されるなら遺産なんて無いほうがマシ。それなら兄弟姉妹がずっと仲良くしていられるから、そのほうが遥かに幸せではなかろうか。元妻、頑張れ(おい


【 追記 】 我々が両親と同居する際に「相続は受けない」と宣言していて、両親が亡くなったら不動産(住んでいた家)を妹たちに渡せばよい、というのは、両親が不動産以外の資産を使い切ってくれているのと、日ごろ妹たち夫婦が我々の苦労を解かってくれているのが大前提。私が(20年ほど前に)家を出た後も元妻が両親のお世話をしていたのだから、全てを3等分するために元妻が家を売却して出なければならなくなるのは「違う」と思う。有り得ないけど、例え妹たちが「要らない」と申し出たとしても3等分するだろうけどね。妹たち夫婦がこれまで何の気遣いもなく、それでいて当然の権利として3等分したものを受け取る、その為に元妻が「今住んでる家を売却して出て行く」、というのは理不尽で寂しい話だと思う。

客観的に見れば「不動産は元妻が相続して金融資産を3姉妹で3等分するのが最も公平では」、と思う。

posted by poohpapa at 06:33| Comment(9) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月14日

我家のトイレをハイテクトイレにした

今の家を購入して11年くらいかなあ、べつに便器が壊れたから、というのでなく、新しくすることにした。

いちおう最初からウオシュレットではあったけど、最低限の機能しか付いてなく、「せめて脱臭機能くらいほしいな」と思っていたので清水の舞台から飛び降りた。新しい便器はTOTO のアプリコットという機種。

これが、至れり尽くせりの機能で、脱臭ボタンなんか押さなくても、(大をしても)まるで臭わない。トイレのドアを開けると自動的に蓋が開いて、蓋が開くとミストのシャワーで便器内を潤して便がこびり付かないようにしてくれるし、出た後で自動で蓋が閉まる。水を流すのも自動。座っていた時間で「大か小か」を便器が判断して水量を調節する。もちろん、手動でも流せるし、eco ボタンもある。便器にほのかな明かりがつくからトイレの照明をつけなくても用が足せる。それにより、夜中にトイレに起きた際、トイレの照明のせいで「目が冴えて寝付けなくなる」、なんてことが無い。全ての操作は壁のリモコンでコントロールできる。

うちのが「高級ホテルのスイートルームのトイレみたいだね」と喜んでいる。え?、今度は何?、「オマエ、高級ホテルのスイートなんかに泊まったことなんか無いだろ」ですって?。冗談じゃない、私はそういうところでのカネの出し惜しみはしない主義。旅先では常にアパホテルを探しているくらいで・・・、あれ??

まあ、それはともかく、今は「トイレに入る」のが楽しみで仕方ない。「家の中では水周りくらいは豪華にしたいな」と考えていて、何かでおカネが入ったら、次は浴槽にジャグジー機能を付けたい、と思っている。

で、そのトイレの便器交換をして頂いたのが、我が町の「水回りのホームドクター」(有)小川屋商店さん。

こちらのお店、ほとんど利益にならない小さな修繕工事なんかでもいつも気持ちよく対応してくれる。出張料が他の会社の半分くらいで、「値上げしても大丈夫ですよ」と、今の会長が社長だったころから何度も進言しているんだけど、二代目の社長(息子さん)も聞き入れてくれなくて、そういうところが小川屋さんらしいんだけど。ご近所に、こんなに良心的なお店があるのは凄く幸せ。うちの店も何度も助けられている。

ところで、作業してくれた小川屋さんのスタッフ、ギックリ腰で、一日遅れの工事になったが、作業中に何度も溜息をついていたようだ。私も「運ぶの手伝いますよ」と申し出たけど「いえいえ大丈夫です」と辞退。後で社長の奥様に伺ったら、「この仕事をしていると、みんな(ギックリ腰を)やってますよ」と仰っていた。

作業員さんのお陰で、我々夫婦は快適なトイレライフ(そんなモンあるのか)が送れて、心から感謝(^^♪

さて、Jonathan's のモーニングに行ってきます。新人さんが入っていて、今日はいるかなあ、愉しみ ♪

posted by poohpapa at 05:51| Comment(8) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月08日

昨日の読売新聞の広告にビックリ (^◇^)

昨日、いつもの Jonathan's にモーニングに行ったのだが、試し読み用に何部か置いてある読売新聞をゆっくり読んでいたら、驚きの広告が・・・。新聞は持ち帰り自由、とのことなので、頂いて持って帰った。

その広告とは・・・、

「鉄道ロマンあふれる 新幹線鉄道 開業50周年記念 百円クラッド貨幣 全9種セット」

商品説明には、

平成26年10月1日に開業50周年を迎えることを記念して、「新幹線鉄道開業50周年記念百円クラッド貨幣」が発行されました。

表面には、東海道新幹線、山陽新幹線、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、山形新幹線、秋田新幹線、九州新幹線、北海道新幹線がそれぞれ描かれ、裏面は共通で0系新幹線が描かれています。
1人2枚までしか交換できなかった稀少貨最先端の偽造防止技術が施された本貨幣は、額面通り1枚100円で交換することができたため、銀行や農協などに長蛇の列ができました。
しかし、頒布は一人につき各路線2枚までとされた上、割当が少なく、枚数を確保できなかった金融機関が続出しました。

●ご紹介の貨幣は平成27年と28年に発行された全9種のセットです。


と、ある。

百円玉が9枚なので、元々が900円の価値。それが今は10倍以上・・・、私はバラで16セット(各16枚)と、平成27年に発行された5種類と平成28年に発行された4種類がケースに入ったもの各1セットを所有している。実は、(バラで)もう1セットあったが、このブログの読み手さんにお譲りしている。

その際に、ちょっと不快な思いをしている。いや、不快な思いをさせてしまった、と言うべきか。

その前に、以前こんな記事を書いていて、まあ、当然に制約があったので、入手するのは大変だった。ほとんどの金融機関では「お一人様各種2枚まで」という条件付きだったし。

それを、(隣県に住む)このブログの読み手さんから「一組譲ってほしい」と連絡があり、お譲りした。

以前にも立川で一緒にお食事したことがあり、「それじゃ、硬貨の代金は要らないので、ランチをご馳走してください」と言うと、「はい、ではそれで」と了解してくれ、Jonathan's でランチをして渡すことになった。

私としては相手に食事を奢らせることは極めて稀なこと。硬貨の実費は900円で、ランチのほうが少し高くつくだろうけど、相手に気を遣わせなくて済むだろうな、と思った次第。だが、食事の途中で、「私、ここまで来るのに1280円も掛かっているんですけど」と言われた。往復だと2560円、でも、私の所為??

硬貨の対価900円は頂いておいて、いつもどおり食事代は私が出せば良かったかも、失敗したなあ。

言わなかったけど、うちのと私で何度も窓口に並んだり、金融機関を梯子したり、田舎の親友の家族まで動員して交換していて、田舎の親友には代金に色を付けて送金した記憶がある。額面は900円だけど、経費も手間も掛かっている。簡単にお願いしてきて簡単に譲ったけど、もしかして「タダで譲ってくれて食事も奢り」なんて思っていたのかなあ・・・。これが、流通する硬貨でなければそれで良かったんだけど。

以来、コメントも入らないし、もう一人、その女性と仲良くしている読み手さんもいたけど、今は音信不通。

正直、「私、ここまで来るのに1280円も・・・」と言われた時点で私もテンションが下がっていたけどね。食事代は2人分で彼女の往復交通費と同じくらい掛かっていたから、凄く損した、と錯覚しちゃったかな。

その昔、ある大家さんが癌になり、効果がある、と言われた「岩倉の水」というのがあって、私が「1ケースお届けしますね」と言うと、「代金は払いますから」とのことで、届けたら、その大家さん、実費以上に払おうとする・・・。「代金の実費だけでかまいません」と言うと、「この水を入手するのに手間も経費も掛かっているハズです。取っておいてください」と譲らなかった。実はその通りで、すっかり見抜かれていた(^^♪

私も、逆の立場になった時は、代金に色を付けたり食事を奢ったり、少しだけ気を遣うようにしている。今度似たようなことがあったら、どのようにしたら相手が喜んでくれる(納得してくれる)か、慎重に考えよう。

きっと、このブログはもう読んで頂いていないと思うけど、自分のことだけでなく相手のことも考えてよね。

posted by poohpapa at 06:54| Comment(10) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月26日

昨日は大漁で・・・(こら

一昨日記事にしていた(高校の同級生)S野君から田舎の超高級海老煎餅が届いたのを皮切りに、午後伊勢丹に行ったら、スタッフから、海苔や台所用品、果ては超高級なお茶漬けまで頂いた。これが土日なら、駅前でポケットティッシュも50個くらい頂いていただろうし、海老煎餅は別にして、駅前まで往復して伊勢丹に寄っただけでその釣果・・・。これ、良い意味での「犬も歩けば棒に当たる」ではなかろうか(^^♪

さらに嬉しいことがあった。夕方、駅前の銀行から出たところに、登録してない携帯番号から着信があり、出ると、「〇〇だよ」と言う。高校時代に同じクラスで仲良くしていた善治(下の名前)だと直ぐ判った。もう一人、今は年賀状だけの付き合いになってしまったが、S原と3人でつるんでいた。S野君同様、善治の声を聞いたのは50年ぶり。彼とは高2の時に一緒に上高地に行ったこともある。現役で滋賀大学に進んでいて優秀だったが、家業を継いで、今はその会社も畳んでいるとか。話し方も声のトーンも昔のまま。

「俺が高校時代に一番印象に残っている同級生は坂口だったで」と言ってくれて、それは凄く嬉しいこと。

プチ同窓会で皆が集まっているだろうに長話をしてしまった。携帯の番号も分かったし、これから思い立った時に互いに電話することになりそう。歳をとると、それまで疎遠になっていた友人と再び距離が縮まる。

あ・・・、10人くらいの会合、と聞いていたが、誰かと電話を代わることも無かったから、私と親しくしていた同級生はいなかったかも。まあね、話しても、同級生の訃報と病気と薬の話だけ、になるだろうけど。

同級生はほとんどがリタイアしていて、向こうは(みんな)ヒマだから、今後、私のタイミングで電話しよう。

posted by poohpapa at 07:17| Comment(6) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月24日

あれ??、それって、もしかしてS野君の終活??? (^^♪

それは50年ぶりに聞く声だった。

私が銀行のATMで記帳していた時、携帯に着信があったみたいで、留守電にメッセージが入っていた。

外に出てメッセージを聞くと、「高校時代の同級生の〇〇です」と聞こえたのだが、駅前の喧騒でよく聞き取れない。まあね、最近は歳相応に、目も耳も性格も悪くなっている。いや、そう自覚している。昨日も隣町のメガネ専門店に行ってきたばかりで。それはともかく、表示されている電話番号は登録されていないので、誰からかは特定できなかったが、同窓会の案内なのかな、と思って折り返し電話してみたら・・・。

「高校時代の同級生のSです」と名乗る。声の感じから「私は嫌われてはいないな」と判断できてホッとした。留守電は聞き取りにくくて、「清水」と聞こえたが、S野君だった。「ああ、(陸上の)中距離が抜群に早かったS野君?」と訊くと、「そうです」と笑う。S野君は陸上部でもないのに1500m走では断トツの強さ。私なんか、一周400mのトラックを3周と3/4走る間に周回遅れになるほどだった。本人だけが知り得る、と言う話でもないが、そういう話で本人確認したりして。50年ぶりでもスッと話題に入っていけた。

「今でもS賀君やS原君やT君なんかと10人くらいでよく集まっているんですよ。実は、坂口君が20歳で結婚した時に申し訳ないことをしてしまっていて、ずっと気になっていたので海老煎餅を送らせてもらったので受け取ってください」とのこと。いやいや、そんな不義理はされてないと思うんだけどな・・・。50年も前の話でずっと気にさせていたならこちらのほうこそ申し訳ない話で、辞退したのだが、「どうしても受け取ってほしい」と言う。死んだ子の歳を数えるようだが、元妻と式を挙げてから来月23日でちょうど50年で、今も連れ添っていたなら金婚式か・・・。なんかS野君には申し訳ないけど、ご厚意をお受けしよう。

私が(元)娘と絶縁したのをご存じだったから、このブログも読んで頂いてるみたい。そういうのは嬉しい。

私の同級生、てことは、みんな70歳か71歳。もしかするとS野君、私には覚えがないけど、そんな些細な不義理を気にして、おそらくは一件ずつ解消しようとしている、てことは私同様、終活しているのかな。

お煎餅が届いたら、お礼の電話がてら、いろいろ同級生の近況を尋ねてみよう。長電話になりそう (^^♪

posted by poohpapa at 05:24| Comment(4) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月08日

今日は何の日??

うちの店の社名にもなっている親父の命日。亡くなって25年・・・。コロナが落ち着いたら久しぶりに帰省してお墓参りもしたいなあ。中学時代の恩師からも「来年の祭りには帰ってこいや」とお誘い頂いてるし。

それと、高校時代から私が最もお世話になった1年先輩のМ君の誕生日。後で忘れず電話しよう (^^♪

posted by poohpapa at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月03日

ハードだった一週間・・・

サボっていたワケではないけど、溜まっていた事務仕事、アパートの設備の修理の手配などを片付けたり、月末から月初めにかけての管理家賃の振り込みや精算書の発送、物件案内と下調べ等々、怒涛の一週間だった。猛暑だし、我ながら、よく倒れなかったもの、と思う。ま、適当に手を抜いてたりしたけど。

そんな中で、野良のみーちゃんがここ五日間連続でお泊りしていて、私の布団の上に乗ってきてくれる。元々が野良なので、9時くらいになって「外に出たい」という素振りを見せたら出してあげて、うちのが寝るまでに戻らなければ閉め出すことになるが、それは仕方ないと思う。みーちゃんの好きにさせている(^^♪

振り返れば、3年前に亡くなったノルンとの14年間で、ノルンが私の布団に乗ってきたことなど一度も無い。ノルンは、うちのにしか懐いていなかったから。だから、みーちゃんが私に(私にも)懐いてくれるのは嬉しい。うちのが「奇跡だねえ」と笑っているが、私もそう思う。いつかは永遠に帰ってこない日が来る、と覚悟はしているけど、推定年齢10歳〜11歳のみーちゃんの余生が幸せであることを心から願っている。

そう言えば、我が家に出入りし始めた1年半ほど前と比べて、眼つきも穏やかになったし、丸々と太った。


さて、定休日お約束の Jonathan's のモーニングに行ってこよう。スタッフの笑顔から元気をもらいに ♪

posted by poohpapa at 06:07| Comment(4) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月01日

Facebook の友だち申請・・・

ことの行きがかり上、遅まきながら2年ほど前から Facebook をやっているのだが、悩みがある。私に入る友だち申請の大半は知らない女性、しかも顔写真を見ると「外人さんではないか」と思える若い美女。どう考えても本人の写真ではなく、本当は他に目的がある(むくつけき)男だと思う。たぶん、ネット上で親しくなった後で「高価な壺」なんかを勧めてきたりしてね。ま、個人情報の抜き取りが一番の目的かなあ。

そんなのに引っ掛かってホイホイ承認していたなら大変なことになりそう。ほんと、鬱陶しい。で、逆もある。高校時代の同級生で、特別親しくはしていなかったけど、揉めたこともなく、互いに嫌ってたりはしていないハズなんだけど、私から友だち申請しても梨の礫、という同級生(男子)が何人かいたりして・・・。

「もう、今さら昔の同級生と旧交を温める必要もないだろう。面倒くさいだけじゃん」と思っているのかな。あるいは、私が鈍感で気付いてなかっただけで、本当は昔から嫌われていたりしてね。有り得るかも💧

ま、ネガティブに考えていても始まらない。嫌なことは忘れて、楽しいことだけ考えながら生きていこう ♪

ところで、昨日、凄く嬉しいことがあった。明日、ある法人さんを三鷹(調布寄り)の物件に案内するのだが、現地で待ち合わせすることになっていて、駅から遠い。中央線の駅からも京王線の駅からも中途半端な距離で、歩けないことはないが、まあバスで行ったほうが無難そう。だが、土地勘が無く、資料には「三鷹からバス、〇〇亭下車2分」とあるが、何分発のどこ行きのバスに乗ればいいのかサッパリ不明・・・。

そんな話をバラキさんに電話したついでに話していたら、なんと、バラキさんが調べてくれて、「そこに行くなら三鷹からバスで行くより、一つ手前の武蔵境駅からのほうが本数が多くて解かりやすいですよ。3番乗り場から出るバスのどれに乗っても目的地に行けます」と、メールで時刻表まで添えて教えてくれた。

大袈裟な話でなく、今日は仕事に穴が開いていてヒマなので、一日掛けて調べようと思っていたのだが。そんな友人が一人いると物凄く助かる。不慣れなスマホを操作するより「人間NAVITIME」のほうが便利。その物件で決まるかどうか分からないが、もし決まったら食事でも奢ろう。待てよ・・・、 Facebook で届く友だち申請みたいに、後で壺を買わされるかも知れないな。危ない危ない、引っ掛かるとこだった (^^♪

実は、その法人さん、午後からは武蔵小金井駅の物件も案内する。そちらは、駅から徒歩12分で、やはり現地で待ち合わせだが、場所も分かっているから不安はない。どちらで決まっても食事は奢ろうと思う。いや、明日の物件で決まらなくても、(ゆくゆくは当社で決まることだろうから)食事くらいはご馳走しよう。

posted by poohpapa at 06:15| Comment(4) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする