2021年03月25日

台湾、死す・・・

今朝、未明、中国軍が台湾に攻め入って、台湾総督府を占拠、蔡英文総統の身柄を拘束・・・、

ということでなく、いや、その危機も押し迫っているけど、別の話。

中学時代の同窓会の幹事OさんからLINEが届いた。「8組のA君が亡くなりました」とのこと。OさんとはLINEで「お友だち」になる前から年に一度くらいは電話していて、仲間の消息を確認していた。Oさん、中学時代は目立たない女子生徒だったが、半田市の市議を何期か務めている。一方、男子の幹事のH君も中学時代は「生徒会で活躍していたとか前に出るタイプ」ではなく、真面目で目立たない生徒。

そういう仲間がリーダーシップをとっているのだから、我々の学年は層が厚い、と言える。他の学年が毎年同窓会を開いている、という話は聞かないから。もっとも、田舎在住でなきゃ幹事は務まらないけど。でもって、中学高校時代に目立っていた奴はだいたい東京に出ているかな。

で、台湾の話、

私も中学時代は仲良くしていたA君、あだ名が「台湾」・・・。名前で呼ばずに「おい、台湾」とみんなが声を掛けていて、本人も全く嫌がってはいなかった。どうして台湾なのか、と言えば、アントニオ猪木のように下顎が少し前に出ていて、横から見るとバナナのような輪郭。それで、台湾バナナ → バナナを取って「台湾」となった次第。台湾を取ってバナナ、でなく台湾のほうを残したのが面白い。子供は残酷だ。

高校が違ったので中学卒業後は疎遠になってしまったが、同じ高校に進んでいたなら親友づきあいをしていたと思う。明るくて、人柄は凄く良かった。そういう奴から亡くなっていく・・・。

Oさんによれば、「23日午前2時に8組のA君が亡くなりました。急に体調が悪くなり半田病院に運ばれ、一時快方に戻ったけど。心原生ショック死とのこと。葬儀は家族葬で行うとのことです」だと。

心原生ショック死・・・、私も他人事ではない。今の「気持ち悪さ」も先は同じかも知れないから。

もしかして、コロナだったのかな・・・、とも思うが、そこは追及しない。ご冥福を祈る。


相変わらずテンションが下がったまま、戻らない。定休日の昨日は Jonathan's にモーニングに行って、ドリンクバーの珈琲なんかをお代わりして1時間半も粘ってスタッフとの会話を楽しんで、ランチで再び同じ Jonathan's に。1月末でその Jonathan's を辞めたスタッフのNさんと3人でランチ。イケメンのマネージャーが驚いていたけど、そのマネージャーも来月には新宿に移動になるとか。バーミヤンのマネージャーさんもそろそろ移動になるのかなあ・・・、それが心配。テンションが落ちている原因はそこかあ ^-^;


 コメントの返信、お待ちください。GWまでには何とかしますので。

posted by poohpapa at 07:07| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

30年前の不義理を詫びることができた

昨日、ずっと心の中に「死ぬまでに果たしておきたいこと」として残っていた30年前の不義理を詫びることができた。大袈裟な話でなく、個人的には、「これで、いつでも死ねる」心構えができた。

あ・・・、あともう一つ、半世紀も前、死ぬほど好きだった悦ちゃんとの交際で、ワケあって身を引いた際の本当の理由を伝えられたら何も思い残すことは無い。今の住所も解かるけど、わざわざ手紙を出して弁明するような話でなく、どこかで偶然会うようなことがあれば伝えたい、と思っている。今なら(お互いに幸せなら)笑い話になることだろう。演歌の歌詞じゃないけど、好きだからこそ身を引いたんだけどね。

で、30年前、何があったか・・・、

私が国立市の不動産会社に勤めていた頃、お客さんが(実にお気の毒な理由で)仕事を探していて、今は石川県に住む友人のNさんから、当時テレビでもバンバンCМを流していた企業の人事部にいたRさんを紹介して頂き相談すると、なんと、凄い条件のポジションを用意してくださった。ただ、そのための準備に1週間か10日ほど掛かっていて、そのことを知らないお客さんは「きっと不採用だったんだろう」と他の企業で就職を決めてしまっていて、Nさんの紹介だからと尽力してくださったRさんの努力を無駄にさせてしまったのだ。私が「不動産屋をやめますから、それ、私にやらせてください」と言いたくなるようなポストだった。

私はあの時、Rさんにちゃんとお詫びとお礼の言葉を伝えた記憶がない。いつか伝えなければ・・・、と思ってはいたが、Nさんに間に入ってもらうのでなく、自然にそういう機会に恵まれたらいいな、と思っていて、たまたまNさんから、今回の伊勢丹でのRさんの(水引工芸の)出展の話を聞いた。この機会しかない。先ず Facebook で、お友だちになってもらい、その旨を伝えて、昨日、伊勢丹に行ってきた。

お会いすると、Rさんは笑顔で「不義理なんてしていませんよ、そうなら覚えていますもん」と仰ってくださって、いっぺんに肩の荷がおりた。しばし、思い出話をして、記念撮影にも応じて頂いた。マスク姿なのが残念だけど。その写真はすぐに石川県のNさんに送らせて頂いた。

で、私はお詫びに伺ったのに、Rさんはお土産を用意していてくださった。いくつかあるが、その中でも最高のお土産がこちら、ピンバッチ、である。

DSC09449.JPG
水引でこんなものができるんだ・・・。ブースにはイヤリングやピアス、ブローチ、帯留めまであった

DSC09447.JPG
勿体なくて使えないかも、いや、使おう、せっかくのご厚意だから

DSC09448.JPG
スーツの襟につけられるようしっかりした作り

DSC09446.JPG
箱も可愛い (^^♪


このピンバッチ、もちろん手作りで世界に2つとない1点もの。Rさんが作ってくださったとのこと。箱も可愛いし、そうだ、箱だけうちのにあげよう。いや、猫のシールが凄く可愛いから。

水引・・・、私なんかは正直「祝儀袋の飾り」程度にしか考えていなかったが、Rさんは日本の伝統工芸でもある水引の可能性を拡げた功績でいくつもの賞を頂いていて、現在は水引アートの講師もしていらっしゃる。私は積年のお詫びに伺ったのに、そんな立派な方の作品を頂いてしまった。まあ、私にとっては、よくある「わらしべ長者」の一環なんだろう。いちおう、私は珈琲豆をお届けしたからね (滝汗

NさんとRさんのお陰で、30年も心に閊えていたものが消えた。それが何より嬉しい。

posted by poohpapa at 06:43| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

霧の森大福の購入権の抽選結果と、思い出したこと

今月も外れました。確率的に、あと12年応募し続ければそのうち当たることでしょうけど・・・、

生きてないもんなあ・・・。うちのが「うちの分なら冷凍庫にもう一箱あるからいいじゃん。どうせ当たって3箱買ってもバラ撒くだけなんでしょ!?、当たらなくて良かったよ」だと。仰るとおり ^-^;

バレンタインフェアで9箱購入した分も、うちの分を二箱とって、後はバラ撒きました。バラ撒くのはいいのですが、冷凍で届けなければならないので、それが大変です。差し上げたい人、食べて頂きたい人は大勢いますが、バラで2個3個を冷凍便で送るワケにもいかず、断念しました。

ま、3箱購入したら、前回「美味しかったです〜」と喜んでくださった人に「また手に入ったから」と届けて喜んで頂くことになったと思います。気を遣わせてしまっているんでしょうけど、逆に、「これ、食べてみて」と(私が知らない美味しいお菓子)を頂くこともあって、ハートや笑顔のキャッチボールを楽しんでいます。去年の今頃から1年でお菓子のバラ蒔きに使った金額は35万ほど。惜しいとは思いません。

私が何故そんなことをするのか、その原点は小学4年生の時の出来事にある、と思っています。

忘れもしません、給食の給仕を6年生の女子がしてくれていて、食パンの耳が大量に余って、「パンの耳、欲しい人〜」と言ったら、手を挙げたのはクラス50人の中で私だけ。それでパンの耳全部を私の皿の上に・・・。それで、自分でも何故だか解からなかったのですが、号泣してました。それを上級生の女子が「どうしていいか解からない」て感じで私が食べ終えるまで見つめていました。

なんで泣いたんだろ、しかも号泣しながら食べて・・・。久しぶりにお腹いっぱいになるのが嬉しかった、ということもあるのかなあ。そのお姉さんが、まあ、面倒くさかったんでしょうけど全部私にくれて、独り占めにできたのが嬉しかったのかも知れません。

でも、当時の給食ですから、とくに美味しいおかずとかはなくて、ただのパンの耳で、マーガリンもジャムも余計に付いてくるワケでもないんだけど、あの時のパンの耳の味と上級生のお姉さんの優しい顔と、自分が泣きながらパンの耳を食べていたことは忘れません。今でもよく思い出します。

で、以前も書きましたが、

子供のころ、バナナなんて年に1本も食べられませんでしたし、父親は日雇いの土方なんですから、どこかからお菓子を頂くなんてことは無く、それでもたま〜にお菓子をバラで頂くことは有って、そうすると、おふくろは「食べな」と言って末っ子の私に食べさせようとしてくれました。私が「おかあちゃんは?、食べないの?」と訊くと、「お腹いっぱいだからええ」と言って食べないんです。子供心に、「そんな筈はない、おかあちゃんだって食べたいだろう」と解かっていましたが、「いらない」と言ってくれるのを期待していたので、分けたりせず自分で食べてしまいました。

おふくろが亡くなっている今、どうしてあの時に「半分こしようよ」と言わなかったのか、もの凄く後悔しています。でも、私がガッついて食べているのを見ながら微笑んでいた顔は、おふくろの本心だと思いますね。そのトラウマで、一人分の美味しいもの、自分で食べられなくなっていて、大人になってから、会社でお菓子の配給があると自分で食べずに家に持ち帰って女房(元妻)に渡していました。

今もそうですね。美味しいお菓子を頂くと、私は味見だけして、うちのに「あなたが全部食べていいよ」と言ってしまいます。半分ずつさえもできないのです。うちのは「おとうちゃんも食べなよ」と言いますが。そうすると、私の分は誰かにお裾分けすることになります。

もちろん、今、私がお菓子をバラ撒いている人たち、毎日の食べ物に窮している、なんてことはありません。でも、たった一つのお菓子で、ホッとしてくれて心の緊張がほぐれたり一息つけてもらえたなら嬉しいです。その時(次に会った時)の笑顔こそが私にとって最高のお返しになります。

おふくろ、自分のことより、子供が喜ぶのを見て自分の幸せ、と思っていてくれたワケで、私もそういう生き方をしたいと思います。ただし、自分の子供に対してでなく、(仲良くしている)周りのみんなに対して。

posted by poohpapa at 07:00| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

生きて、は、います・・・

コロナでもインフルエンザでもなく、体調が優れないなりに生きてはいます。

しばらく鳴りを潜めていた「うわあ、気持ち悪い」という症状が、一昨日は夕方、帰宅する途中、「家まで、あと20mくらい」のところで出たりして。いや、家に帰るのがそんなにストレスなのかよ、という突っ込みは無しね。昨日もバーミヤンでランチしている最中に出たりして。

昨日は4時半に就寝して9時半に目が覚めて、晩飯を食べていなかったので小さなバナナを2本食べて、薬を飲んで、お風呂に入って、また就寝。4時半に尿意で目覚めて、ふだんならそのまま起きてしまう時間だけど布団に逆戻り。結局、7時過ぎまで、寝てはいないけど布団の中。

それでも、まあトータルで10時間は寝ていただろな。寝すぎかなあ・・・。

とにかく、無理はしないように自分のペースで生活していこう、と思う。皆さんも気を付けて (^◇^)

posted by poohpapa at 07:56| プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

寝坊してしまったので予定変更 (^-^;

昨晩は珍しく9時半まで起きていて、今朝は夜中のトイレ休憩(?)を挟んで7時半起き。

歳をとると栄養バランスが整った三度の食事より規則正しい睡眠のほうが大切に思う。

さて、昨日(定休日)は個人的には充実した一日。午前中に、先着順で3度申し込んでおいた「霧の森 大福」が9箱届いたので、それをコロナ禍で頑張っている人たちにお届けして歩いた。

ランチは、うちら夫婦と Jonathan's の元スタッフNさんと3人でバーミヤン。制服を着ていないスタッフと会うのは新鮮な気分。以前には同じく Jonathan's のスタッフSさん(先日の記事の「まだ上がってなかったの?」のスタッフ)とお茶したことがあるけど。裏話も聞けて楽しかった。その際に、「私は使わないので」と家族割クーポンを頂いて、早速使わせて頂いた。次は古巣の Jonathan's にご一緒しよう。

その前に、地元選出の衆議院議員の小田原潔氏の事務所のスタッフ3人に3個届けたら・・・、事務所にもう一人の女性が・・・。小田原氏の奥様だった。以前も書いたけど、小田原氏の奥様は素晴らしいお人柄。溢れるほどに気品もあるし、初対面で「この方が奥様なら小田原氏を支持しても大丈夫だろな」と思えたので、そこからは小田原潔氏を応援することにに決めた。いったん4個置いてきたけど、どうせなら先生にも食べてもらおうと、後で1個追加して届けたが・・・、やることがセコイ。

1時間ほど掛けて、仲良くしている(水曜日も営業している)同業者や行きつけのスーパーやファミレスのスタッフに届けた。きっと「美味しい!」と喜んでくださると思う。

それにしても楽しかったなあ・・・、バタバタしていたけど、充実した休日だった。

posted by poohpapa at 08:03| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

Jonathan's に出禁になるかも (*´з`)

具合が悪い、と言いつつ、仲良くしているスタッフがシフトを削られたりするといけないので、昨日もランチに行ってきた。いつものSさんが迎えてくれて安堵。実は10日(水曜日)に、頼んでおいた「入手困難な美味しいお菓子」が届くのでお持ちしようと思って、「Sさんは10日の水曜日いる?」と訊くと、「いますよ」だと。それで「11日は?」と訊くと、「11日は赤い日なのでお休みしてます」だと。

それで、お腹の下を指差して、「え?、Sさん、まだ上がってなかったの?」と訊くと、「違います、11日は祝日、旗日だということです!」と怒る。解かってるよ、知ってて言ってんだよ。笑ってたけど、ありゃあ怒ってるかも。私が心配することではないし、個人差があるだろうけど、更年期を終えているのかどうか、という点では微妙な年齢だし、まさに更年期真っ最中なら、言われれば凹むかも。

ま、使用済みの生〇用品の見た目が日本の国旗に似ているので中学時代から「旗日」は「女性だけの期間」を指す隠語になっていて、「旗日、って、そういうことでしょ?」と言ってやった時のSさんの反応が面白かった。ま、10日か12日にランチがてらお菓子を届けてあげよう。

たまに馴染みのスタッフに美味しいお菓子を届けるから相殺されて差引ゼロなんだろうけど、お菓子を届けていなければタダの「気持ち悪いセクハラ親父」でしかないだろな、と我ながら思う。

いや、待てよ・・・、、そんなセクハラ発言してたら、もしかして私は出禁にされてるかなあ・・・。それでなくても私はSさんのご主人から「Sさんの愛人」だと思われているそうだから ^^;

posted by poohpapa at 06:13| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

Facebook、「お友だちかも」のリストが・・・

今朝は334人も並んでいて・・・、

大半は私にとって「面識が無い人」で、多くの外国人が含まれています。「友だちリクエスト」を頂いていて私が悩んでいる外国人が5人います。いろんな大陸の方たちで、もしその国の言葉でメッセージが届いたらどうしようかな、と考えちゃうので保留中です。

誰かを経由して繋がっている、というのでもなく、なんで私に「友だち申請?」と思ってしまいます。今のところ、私のほうからリクエストしてお友だちになった方は26人、あまり増やすと後が大変そう。

傑作なのは、その334人のリストの中に、勘当した元娘が入っていることで、もし私が友だち申請したら面白いだろうな、と思います。元娘にも私が Facebook を始めた通知が届いているんでしょうかね。「知り合いかも」のリストに入っていたりしてね。向こうも速攻で削除しているでしょう。

たしか、Facebook は、本名でするもの、と聞いていましたが、中には「あ あ」とか、ニックネームで登録している人もいて、誰だか判っていても、ふだんから親しくしていても、「友だち」にはなりません。昔っから、こっちは何も隠さないで晒け出しているのに「自分の情報(プライバシー)を隠そうとする人」は大嫌いでしたので。私の同級生にもいました。プライバシーを護ろうとするのも解かるし、尊重もしなければならないもの、とも理解していますが、そういう奴とは本音で話せませんもんね。

日ごろから言っておりますように、この国は「プライバシー」だの「人権」だのと欧米の流儀が入ってきてから「住みにくい国」になった、と私は考えています。今は他人の子が悪さしていても迂闊に叱れませんもんね。貧しくても、昭和の時代のほうが今より遥かに暮らしやすかったと思います。だから、「どうぞ勝手にプライバシーを護っていてください、私は貴方とは付き合えませんから」というスタンスでいます。

私は、そういう意味では「相手に合わせる」ということをしません。他人様のプライバシー(心の中)にも土足で(本音で)ズカズカ入り込んでいきます。仕事の上でも同じです。私の流儀で助かった人、何人もいます。夫婦間でも同じで、本音が飛び交っていますが喧嘩にはなりません。

話が脱線しましたが、さて、一日で倍にもなった「知り合いかも」リスト、明日はさらに増えるだろな・・・、少なくとも、会ったこともない外人さんからの申請は受けないようにしようかな。

とにかく、様子を見ます (*´Д`)


posted by poohpapa at 06:35| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

この歳で Facebook を始めることになりました

ワケあって、この歳で Facebook を始めることになりました。mixi なんかも、いろんな人から誘われても一切やらなかったくらいですが、「いいね!立川」で隣の珈琲豆の店が紹介されていて、Facebook で新着情報なんかを知らせてくれるもので、そのため、であります。間違っても、綺麗なお姉ちゃんと繋がりを持とう、などと邪悪な心からではありません。だいいち、友だち申請しても承認してくれないでしょうしね。

Twitter もやってないなあ・・・。最近は懸賞の応募も「 Twitter から」というのが増えてるけど。

で、Facebook に登録したら、ズラーっと(PCの画面の左側に)「友だちになる」というリストが出てきて、今も増え続けています。知らない人が半分以上。私の知人の誰かとの繋がりがあって、とか、私が携帯の番号を登録しているから、という間柄でも出てきますので相当な数。

でね、聞いてくださいよ💧、一番最初に「お友だち」になったのが、このブログのコメントの常連「たか」さんでした。でもまあ、10年ぶり、いや、それ以上ご無沙汰していたブログ仲間の「 kako 」さんと Facebook でお友だちになれました。それはもの凄く嬉しいですね。

kako さんは凄い人で、美人だし、国立大学の東北大学を出られた後で、東京大学に入りなおして大学院まで出ておられます。「私には全く無いもの」を持っている人には強い憧れがありますね。

高校時代の同級生(主に生徒会執行部仲間)とも改めて「お友だち」になれました。ただ、こちらから友だち申請する際に(挨拶の)コメントを入れるのが礼儀だと解かってはいましたが、順番が前後して礼を失してしまって申し訳ないことをしました。まだ仕組みがよく解かっていません。コメントを打っている最中に、変換が完了して Enter キーを押すと、途中でも送信されてしまいますし、凄く厄介。自分では「改行する」つもりでも、「送信する」になっちゃうみたい・・・。

家主さんや入居者さんのお名前もたくさん並んでいましたが、現地の様子などを知らせるなら LINE のほうが便利だし、あまり広げてしまうと自分の首を絞めることになりかねないかな、と悩んでいます。スマホの使い方も未だに慣れていないので、それに時間を取られたら辛いかな、と・・・。

どなたかアドバイスをして頂けると助かります、宜しくお願いします



posted by poohpapa at 08:09| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

昨日届いた、めちゃくちゃ美味しい干物

昨日、私の中学時代の恩師(1年と2年の担任)から田舎の干物の詰め合わせをお送り頂いた。

69歳になったばかりの私が12歳と13歳のころの担任だったので、先生は80歳を超えていらっしゃる。大学を出られて教師になってすぐに担任したのが我々で、定年までと嘱託の期間で送り出した卒業生は1万人を超えているが、今もお付き合いさせて頂いている教え子は少ないと思うし、そんなふうにお気遣い頂いているのは私だけだろな。手を焼かせていたから印象深いのかも(懺悔

先生から毎年元旦に日本酒の一番搾りをお送り頂いていて、今年はコロナが影響して大晦日の樽詰めと瓶詰めができなくなり送れなくなったので干物をお送りくださったようだ。私には他にも、立場が違う(先様のほうが上でいらっしゃる)のに盆暮に付け届けしてくださる方が何人もいて恐縮。

干物は以前にも「田舎の味が恋しくなるだろうで送っただがや」とお送り頂いたことがある。

先生にお礼の電話をすると、「コロナでこっちに帰れんだらあ、なかなか会えんけど気い付けて、もし帰ることがあったらうちに顔出してくれや」とのこと。帰省した際には実家に顔を出さなくても先生のお宅には必ず訪問している。その時も手土産のお煎餅を用意しておいてくださったりして。

で、頂いた干物セット、5種類の魚で実に豪華。田舎の一般客や観光客向けの魚市場のもので、

とろ鯖(自家製) 2枚
鯵の開き干し(自家製) 2枚
南知多産 天然鯛干物 1枚
南知多産 河豚みりん干物 1パック(3枚)
南知多産 真あなご醤油みりん干物 1パック

昨日の朝一番で届いて、早速お昼に「とろ鯖」を頂いたのだが、大きくてグリルに2枚同時に入らない。しかたないので1枚ずつ焼くことに。グリルの下は、干物なのに生のサンマを焼いた時のように驚くほど大量の脂。なのに焼きあがった鯖も脂が乗っていた。さすが「とろ鯖」である。

最初、その鯖の干物を見た時に、「これ、何の魚だろうね」と話していたくらいで、鯖の開きは初めて見たし食べた。当たり前だが凄く美味しい。改めて先生にお電話をして感想を伝えると、「そりゃ良かったわ、送った甲斐があるがや」と、とても喜んでくださった。

せっかくだから、鯛は元旦に頂こう。酒のつまみになりそうな干物もあるし。

先生は癌を患っていらっしゃるし、私は片方の腎臓が機能していない。どちらもコロナに感染したらひとたまりもないだろう。コロナが落ち着いたらぜひ帰省したいと願っている。

 
posted by poohpapa at 06:17| Comment(10) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

バーミヤンのスタッフからクリスマスプレゼントを頂いた

昨日は、うちのとバーミヤンでランチ。

店に入ると馴染みのスタッフから「これ、Oさんからです」と紙袋を渡された。

袋のデザインに見覚えがある。高級店のお菓子、である。料理をオーダーしてテーブルに届くまでの間、袋から出して中を確認した。何をくださったか見るためではない。賞味期限を見るためである。

うちの食糧庫や冷蔵庫、お客様や家主さん、友人知人から頂いたお菓子と自分が好きで取り寄せたお菓子で満杯。賞味期限に追われる毎日で、うちのがスマホで「日付と、どなたから頂いたものか」を管理している。後日、食べようとして「これ、誰からだっけ?」ということはよくある話なので。

昨日も食事の後に買い物に行くので、賞味期限にゆとりがあるかどうかで、買う商品の選択に影響してくる。昨日、Oさんはホールでなくキッチンの当番で、挨拶に出られないからと他のスタッフに託したようだが、もし出てきてくれて、お菓子をチェックしている様子を見られたならもの凄く失礼な話。ヒヤヒヤしながら確認した。で、賞味期限は当日中。昨日我々が来ることを察知していたみたい。

頂いたお菓子が、こちら、「大いちご大福」だった。打ち込みミスではなく「大いちご大福」である。

DSC09366.JPG
高級感が漂っている

DSC09369.JPG
高島屋のサンジェルマンで夕食用に買った「海老カツ、卵 サンドウィッチ」と並べて


私は「いちご大福」が世に出てきた時に、「うわあ、フルーツと餡子の組み合わせ・・・、ミスマッチ」と感じていて、食べたことは無い。食べたいと思ったこともない。うちのが「どうせいつもの食わず嫌いでしょ?」と小馬鹿にしているが食わず嫌いで結構!

ただ、本当にミスマッチで美味しくないなら今も残っているハズが無い。世に出て30年にもなるかなあ、まだ愛され続けているのだから「それなりに美味しい」お菓子なんだろうな、とは思う。

だが、Oさんからの心の籠ったプレゼント、しかも、手書きのお手紙まで付いている・・・、これは、勇気を出して食べるしかない。夕食の後のデザートとして頂くことに。

意を決して、それこそ、バンジージャンプに挑戦するように(大袈裟;笑)食べてみた。


・・・美味しい! (^^♪

今でこそ、いろんなお菓子屋さんから出されているだろうけど、飛び切り美味い。頂いた「いちご大福」は、大福の中で🍓を餡子で包んであるものでなく上に乗っけてあるもの。その🍓が餡子の甘さに負けていないでしっかり自分の味を主張していて、大福の味と食感にしっかり溶け込んでいる。

いっぱしの食リポみたいに書いてみたけど、本当に美味しかった。この歳での新発見になった。

Oさんに心から感謝。おかげで最高のクリスマスになった。

他にも、クリスマスに因んだ写真や動画を送ってきてくれた友人がいて、いろんな人の温かさに触れて、しばしコロナを忘れて最高のクリスマスになった。あ、それがいけないのか・・・。

ではあるが・・・、昨日は仕事の上では今年一番の悪夢のような一日だった。

昨日は朝一番で、ある方の依頼で、ある件での交渉相手の家を訪問したのだが、過去に私が出会った中でトップクラスの狂人だった。確実に、気違い四天王の一人である。他の3人は、「例の気違い」 「(以前はブログ仲間で親しくしていた)cyber 」 「私の次姉の一人息子」である。

その件は後日記事にしたい。昨日、できごとの順番が逆でなくて良かった、と、つくずく思う。



posted by poohpapa at 07:10| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

年賀状・・・、昨日は何もできなかった

PCにハガキソフトが入れてなくて、仕切り直し。こうなったら28日の仕事納め以降でしかできないかも。元旦に到着しない失礼はお許し頂くしかない。

で、早々に年賀状制作は諦めて、本当に久しぶりに、そう、イタリア旅行に持っていって以来かなあ、ニコンのデジイチD800Eを持ち出して、モノレールが走る近未来的な街並を撮影してきた。

バックが青空だと景色が映えるし、空気が澄んでいる冬の間に撮影しておきたかった。

何枚かご紹介、

DSC_1041.JPG
JR立川駅北口にある高島屋の2階の入口前のデッキ(通路)から

DSC_1042.JPG
モノレールが近づいてきた

DSC_1043.JPG
北口のグリーンスプリングスの水が流れる遊び場(名前が不明)の一番上からモノレールを撮る

DSC_1055.JPG
車体の横に東京オリンピックとパラリンピックのキャラクターが貼ってあるモノレール

DSC_1050.JPG
裏側に回ると、昭和記念公園(の一部)と遠くに見える山々が織りなす景色がまるで信州みたい

DSC_1057.JPG
JR立川駅の南口に回ってアレアレアの前(2階のコンコース)から撮影

東京オリンピックのキャラクターが貼ってあるモノレールを待っていたけど少なくて、なかなか来なかった。今時、重いデジイチをぶら提げて突っ立っているのは恥ずかしい (^-^;

DSC_1065.JPG
昼過ぎに家に戻ったら、茶白の野良がお出迎え・・・、でもないか、うちのデッキで昼寝していた

先日は、私が出掛ける際、家から30mくらい、鳴きながら私に付いてきて、最後は自分の縄張りのギリギリまで来てチョコンと座って見送りしてくれた。事情が許せば「うちの子」にしたいもの。

お昼はいつもの Jonathan's に行ってランチして、スタッフをからかってきた。Jonathan's のスタッフ、みんな乗りが良くて、ヒドイ冗談も通じて楽しい。ん??、もしかして、根に持ってたりして (汗

年末は27日までのスタッフも、大晦日と元旦も出勤しているスタッフもいるようだ。シフトをしっかりチェックしたから、それに合わせて何かお菓子を届けて、「頑張ろうね」と声を掛けよう。

年賀状作りを諦めたおかけで、いい息抜きが出来て、とても良い定休日になった。


posted by poohpapa at 07:02| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

嬉しい電話

福岡在住で当ブログの古くからの読み手さん(若い奥様)からお電話を頂いた。そのことも嬉しかったのだが、もっと嬉しかったのは電話の内容。「近々上京するので会えませんか。もう覚悟はできています、私のこと、好きにして頂いてかまいません」、というお誘いじゃなかったんだけどね (残念)

実は、転勤で今は大阪在住とのことだが、私が日ごろから韓国のことをボロクソ書いているのを読んで、「そこまで嫌わなくても・・・、差別では」と思っていたらしい。ところが、現在の住まいの周りは在日韓国人が多い地域。毎日彼らに囲まれて生活していて「ああ、poohpapa さんが言っていたのはこういうことか・・・」と思い当たるフシがいっぱい出てきたんだと。ね、言わんこっちゃない (^◇^)

さらに、「poohpapa さんは部落差別とか有ると思いますか?」と訊くので、「私は『現在はもう無い』と思います。『今も部落差別がある、自分は差別を受けている』と主張して利権に利用している人たちがいるだけのことだと思っています」と答えると、我が意を得たりとばかりに声が明るくなった。

彼女の地域の自治体では部落差別の被害者を支援する目的で相当な予算が組まれているらしい。いや、大阪だけではない。過去に、東京の全宅の法定講習会でも都の人権啓発センターから講師が来て、「部落差別などをしないように」という内容で研修を行っている。なんで??、である。

23区でも多摩地区でも、今は部落差別なんか無い。講師は「最近、新築マンションのチラシに『この辺りは〇〇人が少なく治安が良い』と謳ってあって、それは差別です。そんなふうに広告に書かないように」と言っていたが、どこが差別?、事実でしょう。そんな事例、参考にもならない。作り話かも。

私がこの業界に入って32年、ただの一度も「部落差別を受けた」などという話は聞いたことがない。「今も差別がある」ということでないと自分たちの仕事がなくなる、あるいは利権に絡めない奴らが「部落差別がある」と主張しているだけ。人権啓発センターなんて税金泥棒でしかない。私がそれと同じように思っているのが、役所にある「男女共同参画」課。要らんでしょ、そんなもん、である。

ジェンダーフリーを主張する「声の大きな奴ら」に押し切られて作った部署なんだろうけど、男と女では社会の中での役割が違っていて当たり前。受ける恩恵も違ってくるもの。私は今のままでも十分に女のほうが得だと思っている。何か特別な事情がない限り女性に食事代を払わせたりはしないけど、この歳まで、一緒に食事した女性から「ここは私が払います」と言われたことは無いような・・・。

だったら、銭湯も温泉も混浴でいいよね。ガソリンスタンドや居酒屋のレディースデーは差別だよね。そういうふうに女性が得をするサービスに対して奴らは何も文句を言わないのだから不思議。

あ・・・、高速道路のSAのトイレはオバサンパワーで既に両方とも女子トイレにされちまってたな(爆

ま、ちょうど部落差別の話のところでキャッチホンが入ったので久しぶりの電話はおしまい。

でも、ほんのひと時、幸せな気分でいられて嬉しかった (^◇^)

posted by poohpapa at 05:50| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

昨日伊勢丹でいつもの「わらしべ長者」(^◇^)

数日前、伊勢丹の地下に行くと、いつものソムリエールさんも来ているけど、別のソムリエールのTさんがいた。以前から親しくしていて、伊勢丹の立川店には半年ぶりに来て、クリスマス向けのシャンパンやスパークリングワインをお勧めしているんだとか。畳一枚分くらいの壁面の棚に商品を並べて売っている。顔を合わせたら「うわあ、お久しぶりです」と喜んでくださったが、私のほうがもっと嬉しい。

あまりに久しぶりだったし、年内は最後、年明けも「次はいつだか」分からない。それで、「ねえねえ、霧の森大福って知ってる?」と訊くと、「知らないですねえ、どんなのですか?」と言う。

どんな大福かを説明して、如何に入手が困難なのかを伝え、「もし良ければ、一つだけしかあげられないけど持ってきますよ。うちのの分と私の分を数個ずつ確保していて、今、冷凍庫に眠っているので、お届けする時間を図って冷蔵庫に移して4時間ほどかけて解凍して、すぐに食べられるように保冷材を入れてお届けします」と言うと、「いや、そんな貴重なものならいいですよ」と辞退。

「だけど、営業をしているなら知っておいたほうがいいと思いますよ。何かでその話題が出た時に、『ああ、食べたことあります』と言えるのと『知らないですね、何ですか、それ』と言うのではエライ違いです。押し付けはしませんが・・・」と言うと、「じゃあ頂きます、有り難うございます」だと。知らなければ「知らない」と言える正直さも武器にはなるけど。でもまあ、十分に押し付けてるか(汗

それで昨日、朝5時半に一個を冷蔵庫に移し、低温で解凍して10時過ぎに届けた。常温で解凍すると包装紙の裏側に水滴が付いて表面の抹茶の粉末が濡れてしまって風味が落ちるから。

凄く喜んでくれたのだが・・・、「ちょっと待ってください」と言って、ワインが並んでいる台の下の収納をゴソゴソ・・・。いつものパターンで、いやな(?)予感しかしない。

「いつも気に掛けて頂いて有り難うございます。これ、奥様とお二人で・・・」と言って、紙袋を渡された。後で分かったのだが、個別包装の超高級お煎餅と、うちのに、それも凄く高そうな入浴剤。あ、初日に信州物産専門店の甘辛みそ煎餅を一枚届けているから、それが化けたか・・・。

家に帰って、うちのに「お煎餅、一枚しか届けなかったのに、なんだか悪いなあ、5枚入りのを届けてこようか」と言うと、「それだと無限ループになるからやめなよ。だったらTさんのところでワインを買ってあげたほうが喜ぶと思うよ」とのこと。結局、Tさんお勧めのスパークリングワインの赤と白を2本購入。う〜ん・・・、うちのが漁夫の利を得ただけのような・・・。ま、いっか (^◇^)

私が届けた「たった一個の小さな霧の森大福」、Tさんは「休憩時間に頂きます」と仰っていたけど、自宅に持ち帰ってご主人と半分ずつ食べることにしたんだと。だったら解凍しないほうが良かったか、2個届ければ良かったか、と、ちょっと後悔。でも、うちの在庫も少なかったから仕方ない。

霧の森大福は毎月末の抽選で購入可能だがめったに当たらない。根気よく応募するか、年末のギフト(抱き合わせ販売)で購入するしかない。うちも大好きだけど、喜んでくださる人がいるからまた応募しよう。今の在庫は別にして、次はいつ食べられるかなあ・・・。

posted by poohpapa at 06:46| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

昨日、石川県の友人からドーン!と届いた荷物

石川県の加賀市に住む友人から(予告されていた)荷物が届いた。

「プーさんのカレンダーを送るね」と言われていたけど、なんで宅急便?、である。

まあ、「他にもいろいろ入れて送るね」とは言われていて、お願いしていた(先日紹介した)「ダブルレインボー」の写真をA4に伸ばして印刷したものも入っていたし。

送られてきたものがこちら、


DSC09364.JPG
メインのプーさんカレンダー

大きさも手ごろで図柄も凄くセンスがいい。うちのが大喜び (^^♪

DSC09363.JPG
他にも、と言っていた中身・・・

「芽かぶ入り あさ漬け塩」 「わかめ入 青のり」 「かぼちゃみるく(キャンディー)」 「松乃露」 「プーさんのクリアファイル10枚」 「プーさんのボールペン5本」 「プーさんのポケットティッシュ50個」

「松乃露」は昭和天皇が石川県御行幸の際にお代わりをされたことで知られている銘菓。食感も珍しく本当に美味しかった。これは一粒たりともバラ撒かない。私もお代わりしたいくらいだから(おい

世の中には私の知らない「美味しいお菓子」がまだまだあるもんだなあ、と思った。

以前も書いたけど、プーさんグッズ、タダで手に入れたものではない。友人の友だちが第一生命に勤めていて、身銭を切って販促品を購入して、会ったこともない我々にプレゼントしてくださったもの。

到着の連絡をした際、「あっちゃんもお友だちもディズニーは好きかなあ。お好きならランドにある秘密の会員制クラブ『クラブ33』のトートバッグを送るよ。後で LINE で写真を送るよ」と言うと興味を示してくれた。だが、現物を袋から出して写真を撮って送るより、ヤフオクやメルカリで出品物を検索してその写真を見てもらったほうが早いのでそう伝えると、さっそく見てくれて、希望してくださった。

黒の生地にゴールドのロゴマークが入っていて、高級感があって私も好き。うちにたまたま4個あったので2個お送りした。直ぐ宅急便で送ったが・・・、それにしても、考えてみれば、昨日石川県から荷物が届き、その返礼の荷物が今日には石川県に届く・・・。世の中便利になったもの。

クラブ33のグッズは、ワンロット製造すると同じものは作らない、とのことだから、今までで一番評判が良かった(お送りした)黒のは貴重だと思う。たしか、もう別の色になっていたかと・・・。

10年前にはそのお友だちとパークの前のホテルに泊まってランドに行ったこともあるとか。ディズニーファンならきっと喜んでくださると思う。私も、いつか、そのトートバッグを持ってランドに行きたい。

遠く石川県からお気遣い頂き、こちらも「何かで喜んで頂こう」と考える・・・、もの凄く幸せ。

posted by poohpapa at 07:10| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

今日はゆるゆると・・・

キーボードの打ち方は旧PCの時とほぼ同じですが、「お気に入り」の一覧が出なかったりして面倒なことこの上ないので慣れるまで相当に時間が掛かりそうです。それまで生きていられるかなあ・・・。

昨日、2ヶ月に一度の年金の振り込みがありました。私の場合は60歳から年金の支給を受けています。これで、私が18歳の時から納めていた年金の額を超えました。つまり、ここから先は(言うなれば)儲け、ということになります。と言っても、2ヶ月に一度11万ちょっと、1ヶ月に5万5千円ですから、老後の資金としては雀の涙。思い切り長生きして国に「3倍返し」くらいさせてやりたいものです。

一昨日は32年前に一緒に宅建試験の勉強をしていたお仲間さんの誕生日で、お祝いのメールをお送りしたら昨日返信を頂きまして、「65歳になったのでようやく年金が受け取れる、と思ったら、年金機構から届いた通知の額を見て、少なさに愕然としました。これでは死ぬまで働けってことですね」と憤慨していらっしゃって、「元は取った」人間と「これから支給を受ける」という人間で明暗が分かれました。

こんなことを言うと反感を買うでしょうけど・・・、

年金というのは、自分で老後の資金を貯めておけない国民を(老後に)総ホームレスにしないための、本来は実に良くできた制度だと思いますね。額が変わったり、支給開始年齢が引き上げられたり、と中身がコロコロ変わって信頼性に疑問符は付きますが。なので、貰えれば助かるものの、私は老後の資金として年金なんか当てにしません。コツコツ貯金したり年金を納める、それは否定しませんが、もっと重要なものがあります。それは・・・、





互いの信用の上に成り立つ(若い頃からの)「人脈つくり」、です。それは間違いありません。


posted by poohpapa at 07:50| Comment(6) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

こういう葉書は嬉しい

2ヶ月ほど前に、うちののメガネを新調したメガネ屋さんから挨拶状(葉書)が届いた。

良い実例なので店名を出して書きたい。

昨年の今ごろ、私が立川市の森山眼科クリニックで両眼とも白内障手術を受け、メガネの処方を出してもらい、提携しているメガネ屋さんのリストを見たら、見覚えのある店名があった。私が高校を卒業して最初に就職した眼鏡光学器の卸会社のお得意様だった「くにたちメガネ」さんである。

今から50年前、私はいつも便利屋さんに「くにたちメガネ」さん宛ての荷物を出していて、50年後の今もそのまま営業している・・・、それは凄いこと。あ、当時の便利屋さんは今の「何でも屋」と違って、各卸会社が午前中に注文を受けたレンズやフレームを昼過ぎに集配に来て、その日のうちに顧客に配達する業者のこと。それが便利だから「便利屋」と呼ばれていた。当時、1個の配達料は100円。それぞれ中央線、横浜、横須賀などと専門の地域(方面)があって、互いの領域は侵さない。

懐かしいし、せっかくならご縁があるお店で作ろうと思い、昨年は私のメガネを、そして今年はうちのの運転免許更新用のメガネを作りに行ってきた。短焦点だけど、私のメガネは9万くらい、うちののメガネは10万。うちののフレームは宝飾ブランドのショパールの製品。本当はもっと高かったけど、私が「50年前に清川商店にいて、くにたちメガネさん宛ての便利屋さんの荷物を出していました」と言うと驚いて、黙って値引きしてくださった。卸値を知っている相手との商売はやりにくいと思う。

立川にも眼鏡屋さんはあるけど、目に付くのは「メガネ市場」とか「メガネスーパー」といった安売り店ばかり。洋服ならそういう店でもいいけど、メガネは安売り店では買いたくない。

とても丁寧に接客して頂いたので、帰り際に、たまたま私のバッグに入っていたお菓子を「一口ずつにしかなりませんけど、これ、美味しいですよ。皆さんでどうぞ」と差し上げたのだが・・・、うちのに届いた挨拶状には、印刷された定文にキレイな手書きの文字で「先日頂いたお菓子、すごく美味しかったです」と添えられていた。へえ・・・、そんなこと覚えていてくださったんだ、と感激。直ぐに電話して、「またお届けしますね」と約束して、一昨日、仕事で近所まで行った際に届けてきた。残念ながら一昨日は担当者のKさんはお休みだったが、昨日、ご丁寧にお礼の電話を頂いた。それもまた嬉しい。

我々の不動産業界でも、そういう葉書の活用を以前から実践している会社もあると思う。もしかすると、この先は大手しか生き残れないことになるかも知れないから、適当な頃合いを測って、手書きで「何かお困りのことがありましたらご遠慮なくどうぞ」などとアナログ的な気遣いを示すことで生き残りが果たせるかも。ただし、メガネ屋さんが「具合が悪いところがありましたら・・・」と送るのと、不動産屋が「具合が悪いことがありましたらご遠慮なく」と言うのとでは物凄い開きがある。

クレームが来ても、メガネ屋さんは少しの手間だけで済むが不動産屋は「ご遠慮なく」と言おうものなら藪蛇になりかねない。それに、生来の悪筆だったりすると気後れする。ただ言えるのは、印刷された定文だけで送るなら送らないほうが良い、ということ。う〜ん、悩むなあ。

さて、Kさんが辞めたりしなければ、うちはこれからも「くにたちメガネ」さんを使わせて頂くと思う。

posted by poohpapa at 06:11| Comment(6) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

今日は何の日?

えっと・・・、私の69歳の誕生日であります、パチパチパチ (^^♪

今日から、懸賞の応募なんかで年齢を書く欄に「69」と書くことになります (ハァ

べつに、そんなの「29」とか書いても抽選には影響しませんが、そこは正直に書きます。

現金書留でお祝いを送ってくださる方は本日の消印まで、宅配便でお祝いの品を送ってくださる方は本日中に集配所に持ち込んだ分まで有効とさせて頂きます。え?、「有効って何だよ?」ですって??

今後の付き合いの参考にさせて頂く、ということであります。と言ってもねえ、うちは私の「バラ撒き癖」の所為でギリギリの生活をしてますけど今すぐ生活に困窮しているワケでなし、嫌味な話になりますが、頂き物のお菓子が途切れないもので、お菓子にも不自由していません。友人が近所に住んでいたら楽にお裾分けできるのになあ・・・、といつも思っていて。だから、生活は楽ではありませんが幸せです。

一昨日も、行きつけのファミレスのマネージャーさんから早々とお祝いを頂きました。ま、私が「明後日、僕の誕生日ね」と催促したからでありますが。私もマネージャーさんの誕生日を祝ってますしね。

うちのから「その歳になっても誕生日が嬉しい?」と言われてますが、嬉しくはありませんで、「1年、いろんな人に助けられたり支えられたりしてどうにか生きられたなあ」という感慨くらいで、節目ですね。

昨日も、ずっと付き合っていけるだろうな、という新しい友達を得ました。これからの一年でどれだけ友人が増えるのかな、と楽しみです。そのためにも元気でいないと、ね (^◇^)

これからも前向きに生きていきます。お互い健康に気を付けましょう ♪

あ、コメントで「おめでとうございます」は無しね。私は届いた現金とお菓子でしか信用しませんので。「おめでとう」なんて、思ってなくても書けますから (爆

こんなこと書くから嫌われるんだろな・・・、ま、いいや 💧



posted by poohpapa at 05:24| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

ようやく納得

先日の通販詐欺の件で、日本郵政の「商品が届かなかったら警察に相談してください。今のところ口座の凍結はしません」という回答に納得がいかなかったので立川の本局に行ったついでに窓口で相談してみた。すると、「ここに電話してみてください」と担当部署の電話番号を教えてくれた。

私が納得いかなかった理由は、

一、詐欺口座であるのがほぼ決定的なのに直ぐに口座を凍結しなければ被害が膨らむ
一、その口座は詐欺グループが休眠口座を買い取った可能性が高い
一、善意の第三者の口座であるなら、凍結されたら日本郵政に問い合わせが入るハズ
一、その口座が詐欺と無関係なら、善意の第三者に振り込まれたカネの扱いはどうなるか
一、日本郵政は顧客の利益や安全より自分たちが面倒に巻き込まれたくないだけで怠慢では?

ということ。

電話してみると、とても丁寧に話を聞いて調べてくれた。すると、「その口座は既に凍結されています」とのこと。いつ凍結したかは不明だったが、先ずは一安心。どのみち多数の口座を用意してあるだろうから、そのうちの一つが使えなくなった、というだけのことだろうし、こまめに下ろしてしまっているだろうから、口座の残高はほぼ「0」に近いだろうけど。それでも、一歩前進だと思う。

10日ほど前、ファーレ立川の窓口で相談した際、男性職員が大阪の担当部署に電話して「凍結しない」と言われた時の対応とはえらい違い。昨日電話を受けた佐藤さんという女性は、「そういう申し出があって直ぐに凍結しなかったのはおかしいですね。ファーレ立川の郵便局の担当者の名前は判りますか?」と訊かれたが、その職員は(大阪の)上の指示に従っただけなので名前は伝えなかった。

さらに、「被害回復請求という制度がありますので、5〜6ヶ月ほど先になってしまいますが日本郵政からお客様に申請書が届きます。その用紙に被害額などを記入して申請して頂くと、被害額の割合に応じて計算された額が戻ります。ただし、戻る額が1円以下であれば戻りません」とのこと。ま、そうだろう。

しかも「これまでのところで何かご不明な点がありますでしょうか?」とも訊いてくれる・・・。

立川の本局で相談した時に、「以前のファーレ立川の職員が電話で問い合わせていたのと同じ部署に電話が繋がるかも知れませんが」と言われていたが、この違いは何!?、くらいの差である。

それで思い出した。

その昔、うちが出した郵便物が、宛先の住所も名前も間違ってないのに「宛先に訪ねあたりません」として戻ってきた。それで近くの特定郵便局に持って行き、「確実にここ(アパート)に住んでいるから再配達してほしい」と言ったら、「だったらもう一度切手を貼ってください」と言う。「私が書いた宛先が間違っていたというなら再度切手を貼るけど、間違っていないのに戻ってきたなら郵便局のミスではないか」と言ったら、「だったらいつまでたっても郵便は届きませんよ」とのこと。

「ふざけるな、再配達しろ」と怒って、窓口においてきたら、一回り大きな封筒に入れて送り返してきた。それなら再配達したほうがいいだろうに。郵政省(当時)に電話したら、「それは、その職員の言ってることが正しいですね。再度切手を貼って頂くのが決まりになっています」と、けんもほろろ。

「だったら、アンタがスーツを買って、ズボンの裾上げをしてもらったら寸法が間違っていて、店に『やり直してくれ』と要求して、店から『やり直してもいいけど再度裾上げ料を払ってもらいます』と言われたら払うのか」と訊くと、「私なら払います」だと。大ウソつきである。

それで郵政相談室に電話すると、「それは郵政省の職員と郵便局員の間違いです。申し訳ありません」とのこと。再び郵政省に電話して、さっきの役人に伝えると、打って変わって低姿勢・・・<`ヘ´>

で、その郵便物を立川の本局に持って行って再配達を依頼すると、「まことに申し訳ありません。速達で配達し直します」とのこと。べつに速達じゃなくても良かったんだけど。

それで判ること、何でも担当者次第で差が出てしまうものだな、ということ。

私の詐欺被害の1万円、たぶん返ってはこないだろうけど、そこまでやってくれた上でなら納得。改めて相談してみて良かった。サービスセンターの佐藤さんに感謝 (^◇^)

posted by poohpapa at 05:41| Comment(6) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月10日

今日は何の日・・・

私的な話だけど、今日は、亡くなった親父の誕生日。生きていたなら112歳。すごく丈夫だったから、屋根から落ちて寝たきりになっていなければもしかするとまだ存命で「日本で最高齢の男性」だったかも。パチンコや麻雀が好きでお袋を泣かせていたけど、私は尊敬していた。6人子供がいたけど、戦前に大阪で八百屋をしていた頃の商売の秘訣とか戦時中や終戦直後の体験は私にしか話さなかったな。

親父、誕生日おめでとう。でもって、ごめん、親父やお袋が可愛がってくれていた元妻とは離婚しちゃったけど、今はもの凄く幸せでいるから、何も心配しなくていいよ。お袋にも言っといてね。

posted by poohpapa at 05:59| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月05日

QRコード 二題

MXテレビの「5時に夢中!」を録画して、夕食時にうちのと見ているが、その中の「追跡」というコーナーで、「QRコードを目立つように洋服などに着けて歩いていると、それでお友だちは増えるか」という企画をやっていて、黒船特派員のジョナサンが街に出て試していたけど、結果は0人。

番組でその模様を流していた時に、再生を一時停止して私のスマホでQRコードを読み取ってみたら、LINE のお友だちになれた。ただし、それはあくまで番組の企画であって、おそらくは番組が提供したスマホで、直ぐに消されるとは思うけど、毎朝私に送られてくる「ネコの写真」をメッセージ付きで転送してみた。もしかすると何かの反応があるかも。今日も送ってやろう。反応があってもスタッフからだろうけど。

そして、もう1件、

先日、石川県の友人から送られてきた虹の写真、毎日ネコの写真を転送している仲間に転送させてもらったが、他に誰か「幸せのお裾分け」ができる人はいなかったか・・・、と考えていて、一人いた。

うちの選挙区の衆議院議員、小田原きよし氏(自民)である。私は時折り、うちの街にある「小田原きよし事務所」のスタッフに「いつもご苦労さま、これ、凄く美味しいから食べてみて」とお菓子を(折でなくバラで)届けていて、政策第一秘書のYさんからその話が小田原氏に伝わったみたいで、先日、議員本人からお礼の電話を頂いて、それで電話番号から自動的に LINE のお友だちになったもの。恐れ多いこと。

もちろん、私と違ってお忙しいのだから「返信は無用です」と念押ししておいたのだが、議員ご本人から丁寧な返信が届いてしまった。事務所のスタッフにお菓子を(バラで)届けるのは、私は「陰で支えている人たちこそ大切にすべき、労わるべき」という考えだから、それだけのこと。

以前は宅建協会の立川支部の事務方さんにも美味しいお菓子を数ヶ月に一度くらいバラで届けていたけど、ある日、一人のスタッフから「もう届けないでください」と言われたのでやめた。本人の考えなのか、私と仲が良くない役員の誰かからの進言なのか、それが(二人しかいないけど)事務方さんの総意なのか、よく解からない。立川支部の役員はポンコツの役立たず揃いだけど、事務方さんにはお世話になっているのだから感謝している。べつに、役員の動向を知らせてくれるようスパイを頼んでいるワケじゃなし、何にも依頼してなくて、ただ「美味しい〜」と笑顔になってくれたら嬉しいだけのこと。

それはともかく、国会議員と LINE で繋がっている、というのは楽しい。失礼ながら、Jonathan'sと繋がっているより数倍嬉しい。また「幸せのお裾分け」ができる写真を入手したら送って差し上げよう。


posted by poohpapa at 05:59| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする