2016年06月13日

世界一短いメール

世界一短い手紙は、かのフランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーが、「レ・ミゼラブル」の出版後に、売れゆきを心配して「売れてんのかい?」の意味で出版社に送った「?」だけが書かれた手紙で、それに対する出版社からの返事がまた「!」(バカ売れですぜ)というもの。その話はつとに有名だが・・・、

私も、手紙ではないが中学時代の同級生の女子(今はオバサン)に世界一短いメールを送っている。

ほぼ毎日で、文面は「△」とか「▲」だけ。それだけで彼女には十分に意味が通じる (^◇^)

実は、夏のペルー旅行、先日の中学の同窓会で50年ぶりに会った同級生のAさんに「一緒に行かない?」と誘っていて、彼女も「行きたい」とは言っているが、誰か誘えないかと手を尽くしていて、そうは言ってもおいそれと行ける距離でも金額でもないからなかなか仲間が現れない。

そうこうしているうちに、阪急交通社のHPでの空席マークが◎(余裕あり)から〇(残席あり)になって、△(残席わずか)になり、そして▲(キャンセル待ち)になって、数日して見てみると、キャンセルが出たのか再び△に戻っていたりする・・・。それも出発日が近くなるほど次に▲になったら△に戻る可能性は少なくなるもの。だが、相手のあることだし、当然に事情もあるだろうから、あまりしつこく「どうなった?」と訊くのも憚られる。それで、「今後はこの件では電話しないからね」と伝えておいた。

と言いつつも本音では気になっているから、(彼女も見ているようだが)阪急交通社のHPで空席状況を毎日チェックして知らせるようにしていて、それが文字通りショートメールでの「△」とか「▲」である。そのうち向こうからも「〇」とか「☓」とかの返信があるだろう。

今朝の時点で「▲」、おそらく、次に「△」に戻った時がラストチャンスかも・・・、そんな気がする。

「一人参加じゃ寂しいし・・・」と言うので、「大丈夫だよ、僕がそっちの部屋で寝てあげるから」と言ってやったが、それで余計に悩んでしまったんだろう。向こうもいちおう人妻だし・・・ (*^_^*)

ところで・・・、

以前書いた、私が中学時代にAさんに「OさんがAさんのこと嫌いだって言ってたよ」と告げ口したという話、「俺がそんなこと言うかなあ・・・」とずっと気になっていたのだが、真相は全く違うものだとか。クラスに、あるお金持ちの女の子(Eさん)のグループがあって、AさんはEさんのグループから少し虐めに遭っていて、それを、Eさんたちとも付き合いがあった私が庇っていたらしい。私は全く記憶にないが。

だが、それだと全然意味が違う。それがどうして「OさんがAさんのこと嫌いだって言ってたよ」と私が告げ口したという話になるのか分からない。しかも、二次会でもその話で盛り上がってたというし・・・。

「それならアンタが誤解くらい解いておいてくれよ」と言いたい ( `ー´)ノ

待てよ・・・、もしかすると今回の旅行、あのアマ、自分を高く売り込む(恩に着せる)ためにギリギリまで様子を見ているか、或いは既に申し込んでたりして・・・。フン!、最低落札価格で落としてやる





posted by poohpapa at 04:48| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

自分の本をヤフオクで落札した

拙著「悪徳不動産屋の独り言」の本を先日ヤフーオークションで落札した。落札価格は462円(即決)、それに送料が200円で、計662円。書店で買うより安いしほとんど傷んでない・・・ (*´ω`)

実は、私が死んだら、うちのと子供たちに1冊ずつ遺すのと、いろんな人に貰っていただいてて、在庫が心細くなっているので何冊か欲しいな、と思っていたから定期的にヤフオクをチェックしていた。

私が子供に遺すものは、自分の本と、カーネギーの「人を動かす」の豪華な装丁の本、それに「ごんぎつね」の貨幣と物語の冊子のセット、映画「おくりびと」のDVD、の4点セット。長男には既に渡し済み。

娘からは「お父さんの本、要らな〜い」と言われているが、それはまだ私が生きているから。

あとは・・・、長男には SEIKO の手巻き薄型時計、次男には私のCDのコレクション、娘にはテレカのコレクションを遺すくらい。それ以外の金目の物は・・・、うちのが適当に処分して生活費の足しにしてくれたらいい。現金や不動産は基本的に子供たちには遺さない。それは「子供たちのために」である。

格好つけて言うのじゃないが、このブログの記事の数々が何より子供たちへの遺産になると思う。

ダンヒルの金時計とロレックス(ボーイズサイズ)は、うちのに使ってもらおう。女性が使っても不自然ではないので。カメラやレンズはどうしようかな・・・。金時計とギターに続く高額商品なので検討中。

今では入手困難な材料で製作された手工品クラシックギターは小さい時からうちの店にお母さんと通ってくださってて今も親しくお付き合いさせて頂いている娘さんに差し上げることになっている。

他にも、トランプやゴルゴ13グッズ、クリアファイルの収集品は、ヤフオクに出してもらって・・・。でも、中にはとても希少な品もあるけど、大した額にはならないだろうな。本人(私)が思い入れがあるだけで他人には価値は見い出せないだろうから・・・。今思えば無駄な投資だったかな (*´ω`)

さて、私の本はあと5冊くらいほしいので、書店で買わず、これからもヤフオクをチェックしたい。

posted by poohpapa at 05:57| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

一昨日は災難が降って湧いたような一日・・・(*´ω`)

一昨日の定休日、さて、そろそろ昼飯でも食べに出掛けようか、と思っていたところに娘からメール、

娘 「昼食べた?」
私 「これから」

娘 「家?」
私 「だけど、ガストでチーズインハンバーグが今日まで安いから行こうかな、と思ってた。和牛肉でも
    届けてくれるの?」

娘 「手ぶらだけど、今立川だからタカろうとしてた」
私 「じゃ、おいで(^◇^)」

娘は、たしか「ガストでは(アレルギーで)食べるものが無い」と言ってたけど、「行く」と言う・・・。それで、うちのと3人で出かけたら、私の半分ほどの体重なのに、なんと「チキンと野菜の黒酢あんランチ」と「チーズインハンバーグ」を頼みゃがった。どこが食物アレルギーだよ!? ( `ー´)ノ

挙句に、キャン・ドゥの株主優待券まで持って行きやがんの。ま、立川だと、うちから一番近くて若葉町店なので遠くて行けないからいいんだけど。ついでに、ロッテ以外のチョコレートも・・・

まだあった・・・、シーチキンやウインナの缶詰も喜んで持って行った。さらに、「大学芋のアイスがあるけど、美味しいよ、食べるか?」と訊くと即答で「食べる!」とのこと・・・。言ってみただけ、ということではないが、「オマエの辞書には【遠慮】という言葉は無いのか!?」と訊きたくなる。

よほど生活が苦しいのかなあ、最近あまり食べられてないのかな、と、ちょっと気になっている。

実は、娘をガストに連れて行ったのには他にもワケがある。先日、スタッフの方からアレルギーで食べられる物が少ない娘に「種なし梅」を頂いていたので、お目に掛かって直接お礼を言わせようと思ったのだが、厨房で忙しそうだったから断念。別のスタッフに「伝えといてくれるよう」お願いして帰ってきた。

娘が世話している犬の治療代の立て替え分も50万を超えて、親とはいえ「いいカネヅル」に成り下がってしまった。できれば早いとこ結婚してもらって腐れ縁を断ち切りたいものだ、ほんと。

父親と娘、という関係は、「違法でもなく不適切でもない援助交際」でしかないような・・・

posted by poohpapa at 05:17| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

もうTDLのクラブ33には行けなくなるかも

今朝は年に数回あるかないかの珍事が起きた。目が覚めて、携帯で時間を見ると5時30分・・・。私にとっては「寝坊した」と思える時間で、うちののほうが先に起きていた。なんでも、ノルンに「お腹が空いた」と起こされたらしい。私の布団にも喉をゴロゴロ鳴らしながら起こしに来ていたとのことだが、まったく気付かなかった。そこで目が覚めて餌出しをしないのだから溝は深まることになる・・・ 💧


さて、私が会員になっているクレジットカードの特典で、年に一度、TDLの秘密の会員制クラブであるクラブ33に行けることになっていたのだが・・・、今年から規約が変わったようだ。

今まで最大8人まで行けたので、今年も5月には一緒に行く約束をしていた知人が7人いたが・・・、今年からは抽選で、しかも、行けるのは2人のみ、追加は一切受け付けてもらえない。てことは、私や家族会員以外は一人しか誘えない、ということになる。それだと、もう行く意味が無いような・・・。

例えば年ごろの子供が二人いる世帯でも、それだと子供を連れて行けなかったりするワケで、しかも先着順でなく抽選ということだと予定が立てにくい。いきなりハードルを上げ過ぎたような・・・。

カード会社としては、会員向けのプレゼントカタログにも具体的に「クラブ33」の名を書かないようにしていたのにネットで広まってしまったので制限が掛けられたものか。

ま、私は3年続けて行ったし、「娘とその友達を連れて行く」と約束していたので、最悪、家族カードを持っている娘とその友だち二人に行かせればいいか、と諦めている。

失敗したなあ・・・、今までにトートバッグを4つ購入したけど、全部人にあげてしまったよ・・・。今度、娘に行かせて買ってこさせよう (*´ω`)

posted by poohpapa at 06:21| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

娘との深夜のメールのやりとり

夜中に尿意で目が覚めて、布団の中で娘にメールした。うっかり昨日メールするのを忘れていたから。

「今日9時から、銀行と郵便局で新幹線の記念硬貨(百円)の続編4種類の交換があるから、行ってきてくれないか?。多いほど助かるから宜しく頼みます」

朝、起きてから読んでくれればいい、と思っていたのだが・・・、3時21分なのに直ぐ返信があった。

「今日は病院廻りと講習会」

てことは、行けないってことか・・・。ま、仕方ない。だけど、それにしても3時21分・・・。

「まだ起きてたのかよ。睡眠は大事だよ。お父さんがメールで起こしちゃったかなあ・・・。だとしたらゴメンね。さて、と、小便、小便 ♪ 」

「眠れんの」

「羊が一匹、羊が二匹、羊が三匹、羊が四匹、羊が・・・・・・」

「古い」

「眠らなくちゃ、って考えないこと。眠れない時は何も考えないのが一番。昔、お袋が言ってたけど、横になってるだけでも体は休まるから、気にするなよ」


その昔(高校時代)、考え事をしていて眠れなくて悩んでいたら、お袋が「眠れないなら無理に眠ろうとせんでも、横になってるだけでも体は休まるから横になってればいい。そのうち眠くなるから」と言ってくれた。たしかに、考え込んでしまうと悪循環に陥るだけ。以来、眠れなくても気にしないことにした。

で、あまりニュースになっていないが、今日は全国の銀行と郵便局の窓口で、昨年発行された5種類の新幹線記念硬貨(百円)の残り4種類の交換が行われる。田舎の友人にも声を掛けた。金融機関によっては「お一人様、各種類一枚ずつ」というところもあれば、「けっこうですよ、必要な分だけどうぞ」というところもある。

ん・・・??、最近、どこかで似たようなことが・・・、

それって、「じゃがポックル」と同じじゃん (^◇^)

私も、幸い今日は定休日だし、立川郵便局の本局に並ぶつもりでいる。






posted by poohpapa at 04:13| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

落ち込んだり、考えさせられた一日・・・

うちのがちょっと出かけていて飼猫のノルンが寂しそうだったので、抱っこしたら甘噛み・・・。

ここまでは猫を飼っているとよくある話で、その後で直ぐに私の腕を本噛み。機嫌が悪いな、と下ろそうとしたら、私の腕の中で振り向きざま首筋と腕に(爪を出したまま)強烈な猫パンチ・・・ (*´ω`)

首筋と腕に絆創膏を貼ったが、今も腫れている。昨朝は私が目覚めると「お腹空いた、餌を出してよ」と寄ってきたので直ぐに起きて餌を出してあげたのに・・・、というか、餌出しはほとんど毎日私がしているのだが、10年も繰り返していても私を飼主とは認めていない、ってどうよ ( `ー´)ノ

これじゃ、女房に浮気がバレて喧嘩して引っ掻かれたみたいで見っともない (とほほ)

ま、それでも可愛いんだけどね


おりしも、高島屋で大九州展が開かれているので昨日出掛けてきた。こんな言い方はナンだが、震災支援は「九州の物産を購入する」のが最も手っ取り早いと思うから。九州から来ている売り子さんも各ブースに必ず一人はいるので声を掛けると喜んでくれた。中には、スマホで、熊本に住む友だちの家が全壊して前面の道路が地割れしている写真を見せてくれた人もいた。「自分の家は大丈夫だったみたいだけど、この後、群馬で物産展が開かれるので直ぐには帰れない。毎日電話している」とのこと。仮に「帰ってもいいよ」と言われても今は交通手段も無かったりするだろうから、さぞかし気掛かりで辛いことだろう。

熊本の「ふりかけ」のお店で詰め合わせを買う時、「今のところ、こういう形でしか支援できないから」と一袋のつもりでいたけど二袋購入したら、店員さんが「そんなふうに仰って頂くと嬉しくて涙が出ます」と言って、店長と思しき年配の男性と目で言葉を交わして別のふりかけをオマケしてくださった。それだと支援するどころか足を引っ張っていることになるのだが、先方の「気持ち」だから有り難く頂戴した。

日本人には「お互いさま」とか「恩」の概念や文化がある。私も子供の頃の伊勢湾台風の際には救援物資で助けて頂いた体験があるから、もう少し状況が落ち着いてきて「何が不足しているか」が分かってきたら、自分のできる範囲で支援させて頂きたいと思う。

「自分のできる範囲で」と言えば・・・、昨朝、娘からメールが来た。「カード、使わせてもらっていい?」とのこと。最近は動物病院でカードを使う際も前もって連絡してこないくらいで、生活が厳しいのかな、と思っていたら、「九州では犬のリードが足りないんだって。だから送ってあげようと思って」だと。何でも、地震で飼犬のリードを家の中に残したまま取りに帰れないかららしい。ペットショップに勤めているからそういう情報が早く伝わってくるのだろう。ただ、そういうのはペットショップがすればいい話かと・・・。

娘には「そういうボランティアや支援は借金してまですることではないと思うよ。出来る範囲で長く続けることのほうが大切なんだから」と諭したが・・・、分かってないだろうな。娘は私と似ていて、見栄っ張りというのではないが「カネが無くても奢るタイプ」だから (*^_^*)

さらに、こんなことを言う。

「向こうでは生理用品も足りないんだって」と・・・。それで、「あのな、こないだお前の生理用品も買わなかったのに、なんで見ず知らずの女性の生理用品を買うカネまで俺が出さなくちゃならないんだよ!?」と文句を言うと大笑い。とにかく、国民の皆が出来る範囲で協力する、ということが大切。

3.11では津波が起きて死者行方不明者の数は比較にならないくらい多かったし、阪神淡路大震災の時のように火災の発生が少ないのは不幸中の幸いだが、地震そのものの規模は今回の九州の地震のほうが圧倒的に大きいのではなかろうか・・・。断続的に震度5強だの6だのという余震(本震?)が続く地震なんて今までになかったように思う。被災地の方たちは生きた心地がしないことだろう・・・。

先日、北海道旅行で受けた親切や恩義を、九州で返させて頂こうと思う。それは、同じ日本人だから。

posted by poohpapa at 06:19| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

昨日の出来事、凄く感激したお話と反省

ずっと北海道旅行記を書いているので、全く関係なくはないのだが・・・、ちょっと別の話を。

昨日、うちのと伊勢丹に行ったのだが・・・、

地下のサービスカウンターの前を通りかかったら、あまりお話ししたことが無いスタッフの方から声を掛けられた。「先日はご馳走様でした」と丁寧にお礼を言われたのだが、心当たりが無かった。

私が怪訝そうな顔をしていたら、「坂口さんですよね」と追い打ち・・・。「先日頂いたジャガイモのお菓子、美味しかったです」とのこと。それでようやく分かった。サービスカウンターには、旅行に行かれる度に私なんかにお土産を買ってきてくださるCさんという方がいて、先日もお土産を頂戴していたので、北海道に行く前に「じゃがポックルを買ってきますね」とお話ししていて、先月末に届けている。

もちろん、それはCさんが持って帰って頂ければ良かったのだが、スタッフの皆さんで分けたようだ。もしかすると「イモばっかり要らなかった」のかも知れないが、よく存じ上げないスタッフの方から名前まで覚えてもらって声を掛けて頂いたのはとても感激した。

たまたま、いつものソムリエさんと約束した分のじゃがポックルを1箱持っていて、今週はいらっしゃらないようなので、「皆さんで分けたなら足りなかったかも知れませんね。宜しければ明日Cさんが出勤なさったら皆さんで改めて分けてください」と言って、持っていた一箱をそのままお渡しした。一袋ずつ分けたならほんの少しずつにしかならないのだから、お礼なんか言われたらかえって恐縮である。

伊勢丹のスタッフの方はそういうところが(教育されているのでなく)自然に出来るのが素晴らしい。

何だかいい気分で伊勢丹を出て高島屋のほうに横断歩道を渡ろうとしたら、私がガストで一番のお気に入りのTさんから声を掛けられた。私服だったので直ぐには判らなかったが、いつ見ても凄く美しい。

そういえば、「皆で分ける」と言えば、以前にこんな記事を書いていたっけ。スポーツマンシップや友情は美しい。ちなみに、この記事の後半の高校生バイトがTさんである。

ま、こんなだから私は実年齢より若くいられるんだろう、たぶん (^◇^)


でも、もしかすると私が心得違いをしていたのかなあ・・・。出発前に、いつものソムリエさんに「じゃがポックルを買ってきますね」と話したら凄く喜んで、「仲良しの仲間で分けます」と言っていたので、それだとわずかにしかならないので、「でしたらワイン売り場の皆さんにも一箱届けますから、気にせず持って帰って」と伝えてあって、ワイン売り場のスタッフの分をCさんに預けてきたので、何かの勘違いが生じていたものか・・・。

もちろん、ワイン売り場のスタッフとは親しくしているから皆さんの分も買ってくるのは全然かまわないのだけど・・・。お土産を渡す ⇒ 喜んでくれる(ハズ)、という単純な思考回路でなく、渡される側の気持ちや立場にももっと配慮しなければならなかったか・・・。と言うか、渡した後のことを私が気にする必要は無いのかも知れない。そこまで気を遣っていたらキリがないし・・・。ただ、付き合い上の優先順位で決めているワケでもない。今回は買って帰らなかったけど次回は、とか、その逆もあるから。

DSC00417.JPG
今回、こんなに買ってきたのに、それでもお土産を渡したい人の全てに行き渡らなかったくらいで、あちこち不義理していて、かと言って黙って旅行に出掛けるのも不本意だし・・・、難しいところである。

ストレス解消のために旅行に行くのだが、別のストレスを負うことにもなる。だから出発前にリストを作って現地で悩まないようにしているのだが、それでも予定通りにいくことはなく、必ず悩むことになる。こういうのを気にしない(不義理をしても平気な)人には全く理解して頂けないものだろうけど (*´ω`)

さて、明日からまた北海道旅行記がしばらく続く (*^_^*)



posted by poohpapa at 05:58| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

楽しいことと、そうでないこと

昨日、私とは20年来の付き合いの女性、と言ってもまだ20代半ばのMちゃんと久しぶりに食事をした。いつもならガストだが、昨日はMちゃんの希望でバーミヤン。いずれにしても、すかいらーく系である。

久しぶりにいろいろお話しさせて頂いて凄く楽しかったのだが、北海道旅行のお土産はとくに買っていなかったので、小分けの「じゃがポックル」を二袋だけ差し上げて、罪滅ぼしに、帰りに高島屋の1階に来ていたパン屋さんで好きなパンを選んでもらってお持ち頂いた。元気そうでホッとした。

で、夜になって、お風呂でお尻の穴を洗おうとして腰を浮かせたら腰痛に・・・。ぎっくり腰ではないと思うが凄く痛いので腰を庇って前屈みになって爺臭いスタイルで歩いている。10年後の姿かも (^◇^)

そして、さっき南口に行った帰りに立川駅のコンコースを通っていて、日曜の混雑している中、大学生と思しき男女の集団が大きな円陣を組んで何かやっていた。リーダー格の男が30名ほどの仲間に何か話しているのだが、明らかに通行の邪魔。通行人はその円陣を突っ切ることはできない。邪魔なのは分かりそうなものだが誰も意に介しているふうではない。それで近寄って行って一言、

「塞ぐな!」、と怒鳴った。私の後ろ姿に男が小さな声で「うるさい!」と言っていたようだが、ま、次からは気を付けるだろう。

あんな奴らでも選挙権を持ってんだろうな・・・、と思ったら同じ一票であるのが不満に思える。

posted by poohpapa at 14:39| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

ノルンの呪い・・・

今日は一日チグハグだった。

うちのとランチを食べに出掛けようとしたら、ノルンが台所の流し台に乗る・・・。てことは、台所の窓を開けてくれ、ということだが、これから留守にするのに窓は開けられない。帰ってくるまで乗ってることなど有り得ないが「帰って来たら開けてあげるね」と言い聞かせて(?)出掛けた。

ジョナサンでランチをして食事代が8%引きになるプラチナカード(年寄りカード)を出し、新しいスタンプカードに判を押してもらおうとして出すと、「8%引きにしたので判は押せません」とのこと。以前、他の担当者は押してくれたし、バーミヤンなら押してくれるのに・・・、どっちが正しいんだろ。

次いで、某大型店の中に入っている時計店の「腕時計の電池交換の割引券」があったので、4個持参して女性店員に見せると「こちらのK18の時計は傷を付けるといけないので当店では扱えません。他の時計は1個3千円です」とのこと。べつに高級品ではないし金時計でもない。「え?、ふつう電池交換は1個千円くらいでしょうに・・・。でしたら交換しないでいいです」と言ったら、「どうぞお安いところで交換してもらってください」だと・・・。間違いではないにしても、その言い方に棘があるんだけど ( `ー´)ノ

その後で伊勢丹に行き、いつもの地下でなく5階のワインフェア会場に行って、馴染みのソムリエさんから頼まれていた「じゃがポックル」を届けようとしたのだが、いつもならいる時間帯に休憩に入っていた。売場のチーフにことづけようと思って声を掛けたがちっとも手が空かないようで、諦めて持ち帰った。

うちの曰く「最初と最後は仕方ないよ。電池交換は高すぎだけどね」とのこと。誰のせい、と言うのでなく、ま、歯車が上手く回転しない時はこんなもの。今日はもう出歩かないで家に引っ込んでいよう。

きっと、おかあちゃんを私に連れて行かれたノルンの呪いなんだろう・・・ (*´ω`)

posted by poohpapa at 16:13| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

父娘の笑っちゃう会話

私と娘との電話での会話である。

先日、ちょっとした用事で娘に電話した。その中で、翌日(今月3回目の)動物病院に行く話が出た。娘が飼っている犬は2匹とも老犬で具合が悪いらしい。今までの今月の立替え分と合わせると治療代(薬代)は6万円を超える。1ヶ月で、である。累計では、返還された分を引いても42万弱にもなる。

「オマエさあ、たまには母親にも言いなよ。お父さんよりお母さんのほうがカネ持ってるし、オマエから電話が入ったら、そういうことでもお母さん泣いて喜ぶぞ」と言ったら、「しないね」との返事。

「オマエから動物病院の治療代をカードで支払ったと連絡がある度に、お父さんがうちのにどんな仕打ちを受けているか考えてみなよ」と言っても笑っている。「オマエと俺は親子だけど、うちのは他人だからね。そこんとこをよ〜く考えてくれないと・・・」と言っても気にしない。うちのは電話の傍で笑っている。

「うちのとオマエは他人だから」という言葉は、ほとんどイジメだが、そんなことが言えるのは信頼関係が成り立っていればこそ。私からそんなことを言われても娘はうちのに懐いているし。

話の中で「生活が苦しい」という愚痴が出た。そんなのは分かっているのだが、その内容が笑えた。

「今は生理用のナプキンを買うのもしんどいくらいだから・・・」と言うのだ。それは知らなかった。娘が生理用ナプキンを買うのにも難儀していたとは・・・ (^◇^)

ナプキンが買えなければ下着は真っ赤っかになる。それは一大事である。電話の会話を漏れ聞いていたうちのが笑いを噛み殺していた。と言うのも、「うちは私とお父さんとでそんな(生理用ナプキンの)話なんかできないよ」とのことで、たぶん、日本中の家庭ではそうだと思う。うちが特殊なんだろう。

「もう少し経てば生理もあがるからしばらく辛抱していなよ。ともなければ妊娠すれば止まるから、早いとこいい男でも見つけろよ」とも言ってやった。うちは娘に対するセクハラ発言などしょっちゅうである。

翌日、改めて娘に電話して、「生理用ナプキン代、振り込んでやろうか?」と訊くと娘は大爆笑していたが、「まあ何とかなるからいいよ」だと。「だけど下着が真っ赤っかじゃ仕事にならないし街も歩けないだろが」と言ってやったがあくまで辞退。さしあたって2万くらい振り込んでやろうと思ったがやめた。

娘に限らず、うちは親子の会話は常に本音。「馬鹿野郎」「ふざけるな」などという単語は一通話の中で何度も飛び出しているが、キツイことを言われても「イザとなれば真剣に護ってくれる」と知っているから険悪になることは無い。当然に、親子の間で本音と建て前を使い分けるようなこともしない。ただ、例え娘が振ってきた話であっても、「生理用ナプキン代、出そうか?」と訊く父親なんていないものだろう 💧


posted by poohpapa at 05:49| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

ローソンの新幹線柄オリジナルクリアファイルをゲット (^◇^)

Gigazine さんで紹介されていたローソンで「対象商品を買うと新幹線柄オリジナルクリアファイルがもらえるキャンペーン」、4枚ともゲットした。

3月15日の午前7時から、ということで、バカ高い商品の購入を義務づけているワケではなく、チョコレートやガムなど100円前後の商品を3つ買うと1枚もらえるから12個買えば全種類そろう。

クリアファイルは一つの店舗で各種類5枚ずつとのことで、早めに行かないと無くなるかも知れない・・・、それで朝7時に行くかどうか迷ったが・・・、やめた。後で駅前の銀行に行く際、途中のローソンを覗いて残っていたら入手しよう、と考えて10時半に行ったらまだ半分くらい残っていた (???)

北海道新幹線のH5、東海道新幹線のN700、北陸新幹線のW7、そして DOCTOR YELLOW の、4種類のうち DOCTOR YELLOW だけが残り一枚で、あとは3枚くらいずつ残っていて無事にゲット。

どういうワケか、昨日の夕方、またローソンを覗いたらまだそのまま残っていた。なんか、拍子抜け 💧

で、支払った金額は税込み1300円。クリアファイルだけでヤフオクに出品されてももっと高くなりそう。これは使わないでコレクションに入れておこう。これに札幌でロッテリアのクリアファイルを入手したら自分の分の土産はそれでお仕舞い。ではあるが、凄く幸せ (*^_^*)

もし小樽とか函館で「作りのいいマグネット」が有れば買いたいとは思うけど・・・。あとは、函館の市場で、たぁさんと恩師に海産物を送って・・・、ま、そんなとこかな。と言いつつ、何か見たら買いたくなるタチなので、うちのが警戒して「あんまり買わないように」と釘を刺してきた。もちろん、交通費とホテルに予算を多く割かれているので土産に資金を回す余裕はないのだが・・・。

などと、出発前にあれこれ思いを巡らせている時が、旅行で「一番楽しい時間」である。

posted by poohpapa at 05:47| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

くそっ!、やり方が汚い女め ( `ー´)ノ

うちで6回も部屋を借りてくれて数年前に郷里の岩手に引っ越した「たあさん」からメールが届いた。

どうやら、今日か明日の午前便で「ばっけ」(蕗の薹;ふきのとう)が届くらしい。今年もそういう季節になったか、と思っていたら、うちのが「もう届くの?」と言う・・・。たしかに、言われてみれば早いかも。今年は暖冬で雪が少ないので成長が早く、けっこう伸びて開いてしまっているらしい。ま、それでもうちのが大好物なので毎年「たあさん」から送られてくるのを楽しみにしている。東京では異常な高値だし。

もらってばかりじゃ悪いので、「近々北海道に行くから函館の市場で何か見繕って送ろうか?」と訊くと、「ああ、ブログ読んでるから知ってるよ」だと。警戒して「ウニ、蟹、いくらはダメだけど何か食べたいものある?」と言ってみたら、「なら帆立と、それに海老、海老と言っても、ぼたん海老ね」との答え。

訊くんじゃなかった・・・。て言うか、「ウニ、蟹、いくら」に帆立を入れるのを忘れてた。私は生モノが食べられないので知らなかったが「ぼたん海老」もかなり高いらしい。無知は無防備と同じである (とほほ)

向こうはお寺の土手に自然発生している「ばっけ」だから手間は掛かっても元手は0。こっちは旅費やホテル代などの経費が掛かっているし、市場と言ってもほぼ観光客相手だからスーパーで買うより高い。

それでピーン!、と来た。

あのアマ、ブログで「私が北海道に行く」と知ってタイミングを計って送ってきたに違いない。「ばっけ」でも送っておけば、私のことだから「お返しに何か送ってくる、しかも『北海道に行くんで旅先から海の幸を送るよ』と言うだろな」と踏んでいたか・・・。なんか毎年同じ手に引っかかってるような気がする 💧

その話の後で、「そう言えば、何か頼もうと思ってて忘れてた、なんだっけかなあ・・・。そうそう、虎屋の羊羹を送ってくれる?。食べたいって言ってる人がいるから」だと。それを先に言え、である。もう「北海道から帆立とぼたん海老を送る」って約束しちまったじゃねえか、どうすんだよ。と、思っていたら、

「それ、人から頼まれた分だからカネ払うから」とのこと。当たり前である。虎屋の羊羹が幾らすると思ってんだよ。岩手の岩谷堂羊羹の倍以上すんだよ。味は岩谷堂羊羹のほうが美味しいと思うけど・・・。

ま、振り込まれるまで安心はできないが、とにかくホッとした。少し下駄を履かせて請求しよう (おい)

そうだ・・・、帆立とぼたん海老は、聞き間違えたことにして「あさりと桜エビ」でも送っておこう (^◇^)

posted by poohpapa at 05:59| Comment(10) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

数日前に起きた凄く嬉しい出来事

数日前、外出先から店に戻ると郵便受けに定形外郵便が入っていた。

差出人の名前を見たら、青森の不動産屋さん・・・、だが、何かで知り合った覚えがなく、??だった。

封を開けてみたら、中にはキレイなクリアファイルと丁寧なお手紙が・・・。早速お電話すると、どうやら私が「クリアファイルを集めている」とブログで読まれて、それでお気遣い頂いたようだ。非常に珍しいクリアファイルで、見開き両面ポケットで表裏全面にキレイな写真がある。それらは昨年11月に焼失した蕪嶋神社や八戸市のお祭りの様子で、蕪嶋神社再建費用を集める一環として発行されたものらしい。

ちなみに、神社の名前は「蕪嶋神社」だが、島の名前は「蕪島」で、「山へん」が無い。元々は島だったが今は島と本土の間が埋め立てられて陸続きになっているようだ。てことは・・・、

フランスのモンサンミッシェルと似ている。ならばこれからは「日本で有数のウミネコの繁殖地」としてより、むしろ「日本のモンサンミッシェル」という触れ込みで観光客を誘致すればいいのでは・・・。

フランスのモンサンミッシェルにはこんな伝説がある、

アヴランシュ司教オベールが夢のなかで大天使ミカエルから「この岩山に聖堂を建てよ」とのお告げを受けたが、悪魔の悪戯だと思い信じなかった。再び同じ夢を見たが、また信じなかった。ついに3度目には大天使はしびれを切らし、今度はオベールの額に指を触れて強く命じたところ、オベールは稲妻が脳天を走る夢を見た。翌朝、オベールは自分の頭に手を置くと脳天に穴が開いていることに気づいて愕然とし、ここに至って大天使ミカエルのお告げが本物であると確信してここに礼拝堂を作ったのが始まりである。

ほんまかいな、と言いたくなる話だが、蕪嶋神社にも何かしらの伝説は遺されているのではないか。もし何も出てこなければ「それらしいもの」を創作すればいいと思う。上手く書き上げれば後はネットが広めてくれる。無責任な話でなく、年月を重ねれば「遥か昔から遺る伝説」になることだろう。

と同時に、名物のB級グルメがあるといい。神社だけでは人は来ないだろうから。モンサンミッシェルでは羊肉の料理とか(遠くから来た巡礼者を元気づけるための)オムレツがある。もっとも、羊肉料理は日本人の口には合わないし、モンサンミッシェルのオムレツほど滅茶苦茶なボッタクリは無い。卵を3個ほどを泡立てて膨らませたオムレツが50ユーロちかくもするし、飲み物やチップを入れたら70ユーロくらいになる。今どき、歌舞伎町のボッタクリクラブでもそこまで酷くは・・・、あるか (^◇^)

観光名所に、グルメと実(まこと)しやかでロマンチックな伝説、そして、欲を言えば、この島や地域を舞台にした映画やヒット曲が生まれたら相乗効果になると思う。再建実行委員会はぜひご検討あれ。

クリアファイルに添えられていたお手紙には、以前にこのブログで「ある相談」をなさっていたとあった。会社名を見ても分からなかったが、それで分かった。いずれにしても凄く嬉しい。日本中に多くのブロガーがいるが、いろんな方から折に触れ気遣って頂けるブロガーはそんなにはいないことだろう。それは胸を張ってもいいかな、と思う。ま、いつも物欲しそうな記事を書いているからかも知れないが(滝汗)

後は、たかさんが「晴れ着のフチ子」をヤフオクで落札して送ってくれれば完結である。なかなか動かないから、大天使ミカエルがたかさんの夢の中に出てきて頭蓋骨に穴を開けて「晴れ着のフチ子を直ぐ送れ」と言ってくれたなら嬉しい。あ・・・、あいつクリスチャンじゃないからダメか・・・ (^◇^)

posted by poohpapa at 06:59| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

たかさん、有り難う (^◇^)

再三、このブログで取り上げているイオンのおせちのオマケの「晴れ着のフチ子」、ヤフオクで32000円で出品されていて、何度も入札無しの状態で更新されていたが、一昨日、遂に落札された

きっと、私が欲しがっていたのを知っている読み手さんの「たかさん」が私のために落札してくださったに違いない。なんだかんだ言ってても、たかさんは優しい人である。しかも気前がいい。私が躊躇しているのを知って気の毒に思って落札してくれたんだろう。てことは、今日あたり家に届くかも。

いや、自宅の住所は教えてなかったから店に届くか。なら16時〜18時の時間指定だと有り難い。

それにしても、持つべきものは友である。いい友だちを持って私は幸せである。12年間ブログを続けてきて良かった。今日こそそう思えたことは無い。たかさん、有り難う (´▽`*)

と、まあ・・・、これで私は大切な友だちを一人失ったかも (*´ω`)

悪い冗談は抜きにして、

たかがフチ子2体に32000円も掛ける・・・、しかもおせちは15000円で買えたのに・・・。

自分のカネで何を買おうが勝手だし本人が納得していれば何の問題も無い話だが、やっかみでなく、おカネの使い方、間違ってるような・・・。私も、うちのから「無駄なコレクションが多い」と叱られてるけど。





posted by poohpapa at 05:35| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

昨日から見た明日(今日)の話

今日は二つの節目の日、

一つは、このブログが開設されて丸12年の記念日。もう一つは後日書かせて頂きたい。

今までに書いた記事数が4,468話、で、休んでいた期間や閏年もあるが、一日1.02話になる。ほぼ毎日の更新で、そして今現在、頂いたコメントが11,089件。毎日1,000話以上が読まれていて・・・、

ここまで続けられたのも読み手さんからたくさんの励ましを頂いたから、それは間違いなく・・・。直接お会いして食事したり、海外旅行にまでご一緒したり、電話で話したりコメントやメールでやり取りさせて頂いたり、通信は無くても毎日訪問して頂いたり、部屋探しさせて頂いた方もいらっしゃって、それは、ブログが「ご縁」の窓口になっている、ということで、私にとっては凄く幸せなこと。とくに、読み手さんと海外旅行までご一緒した経験のあるブロガー、そうはいないと思える。

ブログを通じていろんな出会いと別れがあったし、嬉しいことも嫌なこともあったから「おしなべてチャラ」だと言えそう。それでも、続けていて良かった、と心から思える。昨日の記事の Cyber みたいに「良い出会い」から始まって「最悪の別れ」で終わったこともあるけど。

そういえば、昔はよく見かけたキリ番プレゼントなんかを今でもやってるのはこのブログくらいかも知れない。しかも賞品がそこそこだし・・・(エヘン!)。だいたいが5千円相当の菓子折で、1万コメントの時はたまたまオークションで落札した南洋真珠のピアスだったし、わりと気前よく出しているほうかと思う。

次は6,666,666かな。(意味は無いけど)アクセス数を都道府県別人口で比較すると、6位の千葉県を抜いていて、数字的には千葉県民全員が一度はこのブログを読んでくださった計算になる。次の目標は4位の愛知県7,460,529(人)、そこまでは続けていたいと思う。とくに意味はないけど。

私が誇りに思えるのは、続けてこられたことより、嫌がらせなどの悪意のコメントを除いて全てのコメントに返信している、ということ。コメントはいろんな方から寄せられるが返信するのは私一人だから。今も多くの方にご訪問頂いているのは、そのあたりを皆さんが酌み取っていてくださるから、だと思う。

立川支部の役員の中には私の名前が出ると、「ああ、ブログの人ね」と冷ややかに見下す人もいるみたい。人それぞれに向き不向きがあるから「ブログをやっているのが偉い」とは言えないものだけど、そんなふうに人を見下せる人物が「どれだけの取り柄を持っていて、どれだけ社会や業界に貢献しているか」は甚だ疑わしいと思う。少なくとも、11,000件のコメント全てに対してちゃんと返信するようなことは、その人物には出来ないことだろう。軽薄で碌な不動産屋じゃないのは容易に想像できる。

以前から愚痴を零しているが、ブログ草創期からのブログ仲間さんがブログを閉鎖なさったり、更新が滞っていたりするのは何より寂しい。ブログをやめても読めるように残しておいて頂けると嬉しいんだけど、なかなかそうもいかない事情があるんだろう・・・。ブログはやめても今もお付き合いが続いている人もいるけど。

その頃からほぼ毎日記事を更新していてコメントにちゃんと返信しているのは私の知る限り「たなぼた」さんくらい。もちろん、私とお付き合いのある範囲で、ということだけど・・・。その「たなぼた」さん、私より一足先に、先日12周年を迎えられた。これからは「たなぼた」さんを蹴落として目標にして続けていこう。


 今までのお付き合いに心から感謝申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願いします。


posted by poohpapa at 06:42| Comment(19) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

メールで、こっぴどく叱られた・・・

臆病者!何故メールをよこさないか!逃げる気か!馬鹿者!

届いたメールの表題である。

オレ、誰かに何かやったかな・・・??、と思っていたら・・・、



本文は、

━━━SWEET LOVE◆

◆新着メール◆
市内在住(旧姓)音無小百合様からメールが届いてます♪

◆タイトル◆
臆病者!何故メールをよこさないか!逃げる気か!馬鹿者!

◆返信はこちら◆
http://c5ho9i8n5.click/user.app?cmd=message&k=f4ecef440dbf91c6555685f8a08773c3&toID=9624006&resID=1911449424


《SWEET LOVE事務局》
↓お問い合わせ・配信停止はこちらから↓
http://c5ho9i8n5.click/members.app?k=f4ecef440dbf91c6555685f8a08773c3&cmd=message&toID=7997635

━━━━━━━━━━


( 「/」を「/」に替えて表示 )

なんてことはない、出会い系サイトの「釣り」だったようだ。「ヒマしてます」「会いたいです」「うずいてます」「先ずお茶からでも」「今日なら主人が出張中です」などなど、いろんなアプローチで毎日10通くらいメールを寄こしているが、一向に反応しないので新しい切り口で送ってきたようだ。

なにが《SWEET LOVE事務局》だ! ( `ー´)ノ

しかも「旧姓」などと謳って、いかにも人妻からだと思わせている・・・。手が込んでいる (^◇^)

だが、乗らなくて当然なのに「臆病者」だの「馬鹿者」だのと罵られるのは納得がいかない。

しかたない、逃げずに逢って直接文句を言ってやるか (´▽`*)

posted by poohpapa at 06:55| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

今年が初めての体験

この歳まで生きてきて、今年「初めての体験」をした。体験、と言っても、何も無い体験、である。

年賀状の「お年玉の懸賞」に一枚も当たらなかったのだ。昔と比べると切手シートの下二桁も2組になったし等級も少なくなっていて当たりにくくはなっているが、それでも毎年3枚くらいは当たっていた。

頂いた年賀状は150枚ほど、それでも当たらない。中学時代でさえ毎年30枚くらいは届いていて何枚かは当選している。ま、当たってもせいぜい切手シートの上のレターセットどまりだが。

考えてみれば、今までに5000枚ほどのお年玉くじ付きの年賀はがきが届いていて、それでもその程度しか当たらないのだから宝くじの一等や前後賞など当たるワケがない。今年の年賀はがきはカスリもしなかった。つまり、「あ、惜しい!」というのが一枚も無かったのである。今までが運が良かっただけで、それで当たり前かも知れないが、一番違い、というのも無かったのだ。

出さないで家に残った未使用の年賀はがきで当選したものがあると、こちらから出さずに届いて不義理をしてしまった相手に、その当選している年賀はがきで遅めの返信(寒中見舞い)を出したこともある。

ちなみに、私製の年賀はがき(当然にお年玉くじが付いていないもの)で、なおかつ全面が家族の写真だったりすると正直ちょっとガッカリする。写真付きだと近況や元気そうな様子が確認できるけど、同じ郵便料金なんだから自己満足の家族写真の私製葉書より「お年玉くじ」付きの年賀はがきで出したほうがいいと思う。言ってることがいささかセコいけど、それが本音 ^^;


ところで、お年玉の抽選結果の話はそれくらいにして、その昔に同じようなことを書いているが、

年賀状に関しては毎年大いに悩まされることがある。それは、この人に今年も出すべきか止めてもいいか、ということ。毎年出していて、去年は出したけど向こうからは届かなくて、ならば今年は様子を見ようか、もし来なければもう出すのを止めよう、と考えて出さずにいたら届いてしまったり・・・。最初にこちらが不義理したワケではないのに、向こうから元旦に届いているのにこちらからは返信という形になって・・・。互いに出してない(届かない)から「よし、これで来年からは完全に止められる」と思っていたら翌年届いたりして・・・。そんなことが毎年繰り返されるのは困ったモンだ (*´ω`)

そうなると、相手もまた同じように悩んでいるかも知れない。お互いさまなんだろうけど、出すのは簡単だが、止める判断は難しい。大した手間でも経費でもないのだけどけっこう悩む。

実は、お一人だけ、「もう互いに出すのを止めてもいいのでは」と私が毎年相当に悩んでいる相手がいる。それは、当人同士は何のわだかまりも無いのだけど、相手が「私と大変なトラブルに発展した人」のグループの中の人だということ。きっと一方的に私のことを悪く聞かされているだろうし。今さら誤解を解きたいとも思わない。何と言っても、私はトラブルの相手との裁判に勝っているのだから。先方さんも私に年賀状を出すのは辛いのではなかろうか。

商売をしているから立場の違いで「こちらから出したけど先方から届かない」というのは全くかまわないし気にしないのだが、中には「私から出してるのに、向こうから出さない(返信も無い)ものかねえ・・・」と思える人もいて、相手の本音が垣間見えるようで辛い時もある。もしかして、自分で気づかないうちに相手に何かしていたのかな、と気になったりして・・・。筆不精だと知っていても気になるもの。

年賀状は互いに出さないけど凄く仲が良い人もたくさんいる。全部がそうなってくれたら楽でいいんだけど。ふだん顔を合わしている相手でなく、年に一度、年賀状だけで互いの無事を確認できる間柄の人にだけ出せばいいように思える。改めて「今年も宜しく」なんて出す必要があるんだろうか。

逆に、うちなんか小さな店なんだし、本当は全入居者に出すくらいでもいいのかも。年賀状ではなく、むしろ誕生祝いのカードを送ったほうがいいのかも知れないが、相手によりけりだしなあ・・・。

たった1枚の年賀状にもいろんな思いが詰まっているものなんだろう。世界を見渡せば、クリスマスカードやバースデーカードを送る国はあっても年賀状みたいな慣習(システム)がある国は日本くらいのものかも知れない。年賀状なんて・・・、無ければ寂しいしあれば悩ましいもの。

最初から私が「年賀状は1枚も出さない人」と皆に周知されていれば良いのだろうが、全く出さないワケにもいかないものだし、それはある意味「友人知人がたくさんいる者の贅沢な悩み」なんだろう。

などと、きっと来年(今年の末)も再来年も、ずっと同じことで悩んでいるんだろう・・・。




posted by poohpapa at 06:50| Comment(10) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

元旦に来た娘の話

元旦の昼頃になって娘がやってきた。その時のことを書いておきたい。

訪問の目的は正月の挨拶でなく借金の(一部)返済。中身は動物愛護団体から体よく押し付けられた犬の治療代。何度も書いているが、元飼主とは音信不通。10年間飼ってきた愛犬が心臓の病気を持っていることも知っていたと思われるが「転勤先でペット可物件が見つからないから」と動物愛護団体に託し、それを娘が預かることになったもの。治療代は今現在で36万以上、これからも増え続けると思う。

そうであっても、その犬が娘に預けられたのは良かったと思う。少なくとも、娘はどんなに生活が苦しくても殺処分したりはしないから。飼主によっては、そういう状況だと「犬が苦しむのを見たくないから」などと正当化して安易に安楽死させたり殺処分してしまうこともあるだろう。

それにしても、携帯まで替えて逃げている元飼主は赦せない。たとえ病気であったことを知らなかったとしても、動物愛護団体を通して「その後〇〇〇は元気にしていますか?」と問い合わせてきても良さそうなもの。10年も飼っていた愛犬を人様に託したのだから、その後の様子は心配になるものだろう。そんな飼主なら、もし引き取り手が見つからなければ殺処分していたに違いない。そんな奴にペットを飼う資格はないと思う。

で、バイト生活の娘には「返さなくていい」と伝えてあるが、それでも少しずつでも返そうとしていて、それは「継母であるうちのに遠慮して」ではなく娘のポリシーからであろう。生活苦にあって、親も「返さなくていい」と言ってるのに甘えずに返そうとするのは親の贔屓目でなく立派。

娘が持ってきたのは5万5千円。大晦日にバイトにもボーナスが出たとかで、借金の返済以外は未納だった年金の支払いに充てるとか。それでボーナスは消えてしまうようだ。いちおう「どこまで返されたか」の記録はとってある。ボーナスが出ても何も残らなくては可哀想だから半端な5千円だけ戻した。ではあるが、返済額は5万5千円として記録しておいた。

長男に先日電話して「親だからと言って、このまま負担し続けるのはキツイものがある。お前が家を買った時に母親が『お前が家に入れていた食い扶持』を使わずに貯金していたのをお前に渡したけど、本来はそれはお前のカネではなく家計のおカネ。食い扶持なんて返すのが間違い。お父さんにも分けろとは言わないけど兄弟が困った時にはそのおカネを役立てて適当に支援しなさいよ」と言ってやった。もちろん、そうさせることで私も助かるのだが、そのほうがおカネも生きる。

長男は最初こそ拒否したが、それはケチだからでなく「妹の甘さによるもので自己責任」だと思っていたからで、娘が犬を預かった経緯と、生活を切り詰めて少しずつでも返そうと努力していることを話して聞かせたら「だったら出すよ」と快く言ってくれた。それで逆に「なるだけお父さんが頑張るから、いよいよという時には頼むことにするよ」と伝えた。長男が言わないのは分かっていたけど、もし「絶対に出さない」と言ったなら強引にでも出させたところ。「出す」という気持ちが確認できたことで私は満足。

娘にも、「お兄ちゃんもイザとなったら応援してくれると言ってたよ。お前ひとりで闘っているワケじゃないよ、苦しくなったら頼っておいで」と伝えた。それで気持ちが楽になることだろう。そう言ったのは、直前に「海街diary」を観ていたからかも知れない。う〜ん、観なきゃ良かったか・・・ (*´ω`)

正月用に黒毛和牛を買ってあったので、すき焼きでも一緒に食べようかと思っていたが、食事しないで帰っていった。その代わり、けっこうな量のチョコレートと虎屋の羊羹と、用意しておいた「お年玉」と、以前から頼まれていたカレンダーと、kotakoさんから届いたばかりの靴下を持たせた。

うちのがお年玉を渡すと何の躊躇いも遠慮もなく受け取ったから、相当に生活が苦しかったんだろう。そんな中で、手土産に吉祥寺の「レモン ドロップ」のクッキーを持ってきてくれた。ワケがあって2割引きで買えるのに、「お店に気を遣わせるから」と定価で買ったようだ。そういうところも私と違って偉い。

娘にとっても、飼犬にとっても、良い年になってくれたら嬉しい。


posted by poohpapa at 04:45| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

中学時代の恩師からお酒が届いた

中学時代の私の恩師から今年も日本酒が届いた。

田舎の銘酒「国盛」の一番搾りで、大晦日から元旦を迎えた0時過ぎに瓶詰する縁起物の酒なので、届くのは毎年1月2日。元々中埜酒造は恩師の親戚筋とのこと、そういう親戚があるのは羨ましい。

恩師のお志をよく味わって頂戴したいと思う。ま、いいことも悪いこともあって、それが人生。と・・・、なんか、言ってることがブレブレだけどね (*´ω`)


ついでと言ってはナンだけど、バラキさんが送ってくれた「海街diary」を大晦日から3日連続で3度も観た。そんな映画は初めてである。「おくりびと」でさえそんなことはなかったくらいで・・・。

広瀬すずちゃんや他の三姉妹もそれぞれいいけど、海猫食堂のオバサン役の風吹ジュンが美しく年齢を重ねていて、観れば観るほど好きになっていく。リリー・フランキーもなかなかいい味を出しているし、樹木希林も大竹しのぶも相変わらず上手い。こういういい映画を教えて頂いて本当に嬉しい。

「おくりびと」のDVDは私の子供たちに形見分けとして一枚ずつ遺すけど、この映画も加えようかな、と思った。とくに盛り上がりもなく淡々とストーリーが展開していくだけなのに、どうしてこれほどまでに魅かれるんだろう・・・。不思議な魅力の映画である。

正月休みにあと二回くらいは観そうな気がする。


posted by poohpapa at 18:12| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

新年が始まりました (^◇^)

明けまして おめでとうございます
    本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます


世の中、なかなか自分が思うようには進まないもので、昨年中に解決しなければならない懸案をいくつか積み残したままで年を越してしまった。相手のあることだが、春までには決着させたいと思う。

さて、昨日は、元ホームレスの入居者さんに、毎年伊勢丹で年末のみ売られている菊水の濁り酒とビールとミカンをお届けしてきた。ビックカメラのポイントを「面倒だから要らない」と言って私にくれた人で、少しでも温かい正月を迎えて頂こう、と思ったからである。歳を取ってくると、話し相手や相談相手、もっと言うなら、自分のことを気に掛けてくれる人がいないことほど寂しいことは無いと思うし。

私が訪問する30分ほど前には市議会議員の大澤ゆたか氏が「元旦の朝から緑公園で炊き出しをやりますから良かったら来てください」とチラシを届けてくれたようだ。私に場所を訊くので教えて差し上げた。食べるのに困っているワケではないが、行くよう勧めた。人の温かさが感じられるだろうから。

他にも届けて差し上げたい入居者さんは何人かいるが、なかなか全部には行き届かない。何と言っても赤字の店だし、こっちのお尻にも火が点いている現状だから (*´ω`)

年末に少しだけ「いいこと」をして、今日の元旦も入居者サービスをする。ビックカメラの特売にお客さんが早朝の4時前から並ぶと聞いたので、7時からのガストのモーニングに行く前と後に、トイレ交代で代わりに並んでいてあげようと思う。お互いに前後の人に声を掛けてトイレに行くことは可能だろうけど、どんな人が前後になるか分からないもの。知らない人に声を掛けるよりいいだろう。どうせモーニングのついでだし。でもって、ホカロンも2枚あげた。ま、至れり尽くせり、である (^◇^)

ところで、大晦日の伊勢丹の地下、朝10時半に行ったのに殺人的な混雑ぶり。レジを4台増設していたけどとてもじゃないが追いつかない。立川市民が全部集まったのか、ここはアメ横か、と思えるくらいであった。お目当ての「おせち」と、我が家の分の菊水の濁り酒と、東急ストアの仲良しの店員さんに差し上げる濁り酒をどうにか購入して、ソムリエさんへの挨拶もそこそこに伊勢丹を出た。

そうそう、昨日、ソムリエさんから思いっきりハグされたので肋骨が痛い。もしかしてヒビでも入っているかも知れない。あ・・・、そのソムリエさん、男性である。もちろん、互いに「そんな趣味」はない 😃

おせち、と言えば・・・、以前に記事にした「コップのフチ子」の晴れ着バージョンが2種類付いたイオンのおせちの、その「晴れ着のフチ子」が早くもヤフオクに出ていたが、出品価格はナンと19800円・・・。おいおい、である。元々その「おせち」の価格は15000円(税別)である。おせちは自分で食べておいて、あわよくば更に5千円儲けよう、という話。需要と供給の関係、と言ってしまえばそれまでの話だが、それじゃ足許を見すぎであって、いくらなんでもあさましいのではなかろうか。最初の出品がその価格だと、次に出品する人も高めに設定してくるだろうから非常に迷惑な話でもある。

私も、一度売り切れた後で再度追加販売されたので購入することもできたが、肝心のおせちの内容がどう見ても5000円がいいとこ、と思えたので「晴れ着のフチ子」には興味があったけどやめた。ヤフオクで直ぐ出品されるだろうし、5000円くらいなら落札してもいいか、と思っていたが ( `ー´)ノ

話があちこち飛ぶが、バラキさんが、先日コメントの中で紹介していた映画「海街diary」のDVDを昨日送ってくださったので直ぐに観た。2時間ちょっとがアッと言う間に感じられた。しっとりした映画で心に沁みる名作だった。このDVDはお返ししたくないのでこれからバラキさんと交渉(おい)

今日は午前中に娘が借金(?)の一部を返しに来るらしい。飼犬の治療代で、それは返さなくていい、と言ってあったのだが、べつにうちの(継母)に気を遣っているワケでなく、けじめをつけたいようだ。来たら持たせるべく娘の好きなチョコレートをいっぱい買っておいたので、先日ある家主さんから頂いた虎屋の羊羹と一緒に持たせてあげよう。生活苦になるといけないからお年玉も用意しておこう。

この正月休みはゆっくりしたい。頼むから「トイレが詰まった」なんて誰も電話してくるなよ〜







posted by poohpapa at 05:46| Comment(9) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする