2017年11月03日

クロアチア旅行記 9 スプリット観光 青空市場など

ディオクレティアヌス宮殿を観た後、宮殿の周辺の市場を散策。これがけっこう楽しかった。

DSC02811.JPG

DSC02807.JPG

DSC02812.JPG

DSC02803.JPG

DSC02810.JPG

DSC02817.JPG

DSC02815.JPG

DSC02819.JPG

この市場で私は(私自身の土産の定番の)マグネットを購入。たかさんは帽子を買っていたかと・・・。こういう市場が立川にも有ったなら、普段の生活がさぞかし楽しくなるだろな・・・、と思った。

「チャンスの神様」グッズの店、というのもあった。「チャンスの神様」には前髪はあるが後ろ髪はないんだとか。チャンスは一瞬しかないものだから神様の前髪を捕まえることができれば幸運が訪れるが、行き過ぎてしまった後で「今のが神様だった」と気付いて髪を掴んで手繰り寄せようとしても、後頭部には髪が無いからもう捕まえることができずにチャンスを逃す、という説明だった。まあ、たしかに、チャンスとはそういうもの。

ん?、待てよ・・・、前髪はあるけど後ろ髪は無い・・・、私の身近にもいたな、チャンスの神様 (^◇^)

宮殿も市場もわりと混んでいて、その理由が判った。

DSC02828.JPG

DSC02826.JPG
大型の客船が2艘も港に入っていたのだ。客船から観光客が降りてきたら、そりゃあ混むワケだ。

スプリットは、ドゥブロヴニクやプリトヴィッツェ湖群と並んで印象深い観光地だった。

posted by poohpapa at 05:15| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

クロアチア旅行記 8 スプリット観光

忘れた頃の旅行記で・・・(汗

スプリット(世界遺産)の観光は、「ディオクレティアヌス宮殿」(地下宮殿)がメイン。

宮殿の北側に建つ巨大なグルグールの像。

DSC02768.JPG

グルグール・・・、目が廻りそうな名前で、もちろんグーグルではない。グルグールと言うのは司教の名前で、クロアチアのラテン語化に抵抗してスラヴ語の保護に貢献した人物。この像の左足の親指に触ると幸福が訪れると言われていて、観光客は列をなして撫でていた。その部分だけ金色に光っている。

DSC02765.JPG

DSC02767.JPG

で、ご利益は・・・、全く無い。帰国後に我々の旅仲間の誰かが「宝くじに当たった」などという噂も流れてこないし、ノルンは相変わらず私には懐かない。観光客はただ「真鍮磨き」をさせられただけ。ま、みんなケチだから宝くじに当たったなら黙っているものだろうけど、その後の生活が派手になった様子も窺えない (^◇^)

「ディオクレティアヌス宮殿」
DSC02772.JPG

DSC02770.JPG

DSC02782.JPG

DSC02769.JPG

「地下宮殿」
DSC02784.JPG

DSC02788.JPG

DSC02787.JPG

DSC02785.JPG

DSC02783.JPG

DSC02786.JPG

DSC02795.JPG

DSC02792.JPG

「ディオクレティアヌス宮殿」は長辺200mくらいの長方形の敷地に幾層もの建物が乗っていて、珍しい作りとのことだが、正直なところ「こんなもんか・・・」くらいの印象で、あまりよく覚えていない。

posted by poohpapa at 06:13| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

クロアチア旅行記が停滞していますが・・・、

クロアチアを知るのに解かりやすい動画がありましたので、ご覧になってみてください。

ワタシが日本に住む理由 「内戦・・・茶道に導かれてナニワ魂クロアチア人 山崎エレナさん」 20170213

クロアチアが5年もの間、いかに内戦で苦しめられていたかが垣間見られます。カリスマ的な大統領であったチトーも1980年に亡くなって国の抑えが利かなくなり(番組の中で出てきますが)1989年にベルリンの壁が崩壊して世界が大きな激流の渦に飲まれ、ユーゴスラビアも、ソビエトが崩壊したその年1991年から内戦が勃発していて、その頃の悲惨な様子は日本でもよく伝えられていました。

もちろん、我々が旅した時にはところどころに銃弾の痕が残っているくらいで、風光明媚で平和な国になっていましたが、バスでの移動の途中で少しだけボスニア・ヘルツェゴビナを通過した際には、「ここが一番戦火の激しかったところなんだな・・・」と昔のニュース映像を思い出していました。

そのユーゴスラビアで内戦が勃発することを、私の中学時代の恩師は26年も前に予言していました。私が中学2年の時のことで、放課後に教室にフラッと入ってきて話してくれた内容は今も鮮明に覚えています。当時、政治家や政治評論家の中で誰一人として「先々ユーゴスラビアで大規模な内戦が勃発する」なんて予測をしていた人はいませんでした。まあ、遠く離れているから無関心だった、ということもあるでしょうけど、ベトナム戦争が終結する10年も前に「アメリカは撤退する、勝てない」と予測して当てていたりとか・・・、私の恩師は凄いです。もちろん、尊敬しているのはそれだけの理由ではありませんが。

それにしても、このエレナさん、今ではしっかり大阪のオバサンになっていて笑えます (^◇^)


posted by poohpapa at 05:50| Comment(4) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

クロアチア旅行記 7 スプリットのホテル

ザグレブの空港に到着し、シベニクとトロギールを観光して、スプリットのホテルに向かった。

スプリットにあるのに「ホテル・ザグレブ」という名称・・・、言うなれば、東京にあるのに「ホテル・京都」だったり、千葉にあるのに「東京ディズニーランド」というようなものか。ま、どうでもいいけど (^◇^)

DSC02757.JPG
外観

DSC02712.JPG
フロントとロビー

DSC02729.JPG
部屋はこんな感じで、あまり広くない

DSC02721.JPG
朝夕食付、ということで地下のレストランでバイキング形式の夕食をとったのだが・・・、普通ならドリンクバーみたいになっているものだろうに飲み物は付いておらず、ジュースのサーバーでジュースを入れようとしたら水が出てくる・・・。もしかして洗浄用の水??。何か飲み物が欲しいし、仕方ないのでフロントのフロアまで上がって、バーカウンターでオレンジジュースを購入。そんなのアリ !? ( `ー´)ノ

バイキングの内容は・・・、

DSC02723.JPG

DSC02728.JPG

DSC02727.JPG

DSC02725.JPG

DSC02726.JPG


朝が来て・・・、同じレストランに朝食バイキングに向かう。また飲み物が無いだろな、と思って先にジュースを購入してレストランに行くと、朝はジュースのサーバーからちゃんとジュースが出る。何で!?

ジュースを買いに行った時、売店のオヤジが「何でジュース買うの?、ま、いいけど」と不思議そうな顔をしていたし誰も並んでなかったので「もしや・・・」とは思ったけど、このホテルは明らかに配慮不足。

DSC02741.JPG
朝食はいつも目いっぱい食べるので、この量。

西瓜はラグビーボールのように横長の形で、あまり美味しくない。パンも同様。野菜は、ドレッシングなど特になく、塩を掛けるかそのまま食べるしかない。ほんと、「俺はキリギリスか!?」と言いたくなる。

クロアチアの人は「素材をどうしたら美味しく食べられるか」などということは考えないみたい。

posted by poohpapa at 05:39| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

クロアチア旅行記 6 トロギールでのエピソード

実は、聖ロヴロ大聖堂の鐘楼に昇る前、こんなことが・・・、

旅仲間のTさんがお腹を壊していて、トイレ休憩でトイレに入ったのだが、再びもよおして、一人、さっきの公衆便所に戻った。トイレの場所は・・・、

DSC02675.JPG

青い建物の向こう側で、かなり戻る。その間にもグループはどんどん先に進む。イヤホンガイドは持っていて添乗員さんの声は今のところ届いているが、あまり離れると電波が届かなくなることだろう。

このままではTさんがはぐれるかも。それで、私が途中で待っていることに。皆が進む方向をチェックしながら待つことしばしTさんが戻ってきた。他の人が一人先に並んでいて、ちょっと待たされたようだ。内心さぞかし焦ったことだろう。自分一人のために皆を待たせておくワケにもいかないし・・・。

どうにかイヤホンガイドの音声が届く範囲で追いついてくれたので何とか皆と合流できた。イヤホンガイドが無かったなら、どちらに向かっているかのヒントが無くて皆と合流するのがしんどかったかも。

そういうところでは私は気が利く(よく気が付く)ほうだろう。何と言っても営業生活47年だから。Tさんも喜んでくれたし、私も我々が仲間とはぐれずに済んで安堵した。正直、内心では私も焦っていたから。

で、このエピソードは覚えておいて頂きたいと思う。その理由は・・・、後で判る (*^_^*)


posted by poohpapa at 06:40| Comment(4) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

クロアチア旅行記 5 世界遺産「トロギール」

トロギールに向かう途中で立ち寄ったシベニクの街にも「聖ヤコブ大聖堂」という世界遺産はあったが、トロギールは1997年に街全体が世界遺産に登録されている。

DSC02689.JPG
港の様子

DSC02678.JPG
オープンカフェ。ヨーロッパのカフェは雰囲気があってイイ。私が一番好きなカフェはパリのドゥ・マゴで、先日同業者さんからドゥ・マゴのコーヒーの詰め合わせを頂いて、凄く懐かしかった。25年ほど前、私の長男が高校を卒業する際、記念に一緒にヨーロッパを旅して、ドゥ・マゴに行ったことがあるから。

DSC02677.JPG
土産物の露店

DSC_0733.JPG
聖ロヴロ大聖堂の鐘楼(夏なのに背景の青空が澄んでいてキレイ)

高さ47m、三層構造で、その昔ヴェネツィアの攻撃を受けたりして修復を重ねているので各階で建築様式が違う。ここに昇った。もちろんエレベーターなど無い。

DSC02680.JPG
聖ロヴロ大聖堂の下(入り口)

以下の写真は、鐘楼の一番上まで昇って、そこからの眺め。街全体が見渡せる。

DSC02700.JPG
ソニーのコンデジで撮った写真(2020万画素)

DSC_0736.JPG
同じ景色をニコンの一眼で(3630万画素)

ただし、SeeSaa のブログではアップロード時にリサイズされているから拡大しても変わりないかも。ソニーのコンデジRX100の性能も素晴らしいが、さすがに一眼だと奥行き感が違ったりする。マチュピチュの写真もそうだったけど、PCの画面では奥行き感の違いまで伝わらないのが残念!

まあね、コンデジも一眼も同じ写真になるなら、高くて重い一眼を買う人などいないものだろう。ちなみに、今回の旅行では一眼のレンズは AF-S NIKKOR 24-120mm F4 G ED VR 一本だけで済ませた。14-24mm の超広角を持っていくかどうかで悩んだが、それだと全体の重量がかなり重くなるので断念。ただ、24mm の広角でもとくに不足はなかったので、これからも旅行に持参するレンズはその1本で済ませることになると思う。 

DSC02701.JPG

DSC02705.JPG

DSC02695.JPG
最上部まであと少し(先に昇った人から見下されてる・・・😃 )

DSC02694.JPG
鐘楼の上から下を撮影

DSC02696.JPG
床の鉄柵の上から下を写す

DSC_0738.JPG
床の鉄柵に乗って下を撮影。下のほうに写っているのは私の靴 (^◇^)

トロギールは素晴らしい街だった。




posted by poohpapa at 04:54| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

クロアチア旅行記 4 シベニクの町に立ち寄り

昨日今日で、ようやく USB memory に1564枚の写真を移して、お約束していた旅仲間さんに順次発送できそう。こんなに時間が掛かったのは初めて。時間が掛かると言えば・・・、USB は2.0でなく3.0(転送速度が速いタイプ)を選んだのだが、一個制作するのに40分ほど。全ての写真を、コンデジが2000万画素以上、一眼は3600万画素の最大画素で最高画質で撮っているので、まあ時間が掛かるのは当然であろう。

2.0と3.0だと理論的に10倍の転送速度の差、ということらしいので、もし2.0を用意していたなら就寝前に仕込んで朝やっと1個完成とかになっていたかも。技術の進歩は凄い (^◇^)

ただ、それぞれのカメラの撮影時間を現地時間に合わせていないことと、二つのカメラ間で少し誤差があったので、PCに取り込んだら撮影順になっていなかったりして、記事を書きながら「あれ?、これ、順番が違うよな・・・」と思うこともしばしば。遅くなったうえにナンだけど、ご容赦頂けたらと思う(陳謝)


さて、トロギールに向かう途中、シベニクという町に立ち寄った。ここがなかなか良かった。

DSC02618.JPG
途中、車窓からの景色

DSC02622.JPG

DSC02634.JPG
シベニクの街の地図

DSC02632.JPG
誰の像かは不明、聞いたんだろうけど覚えていない。像の土台に刻んであるので参照(無責任)

DSC02636.JPG
街の様子

DSC02638.JPG

DSC02639.JPG

DSC02643.JPG
ここで突然クイズ。 Q、建物の外側の下部にある出っ張りは何?

答は、この記事の一番下に。

DSC02641.JPG
ケーキ屋さんの店頭。どれも甘そうで、甘党の私でもご遠慮させて頂きたいほど。

DSC02653.JPG

DSC_0723.JPG
現地の人の服装からも暑さが伝わってくる

DSC_0725.JPG

DSC02647.JPG
この日は昼食は付いていないので、我々6人組はこのホテルのレストランに入った。

DSC02666.JPG
もちろん、日本語のメニューなど無い。ウェイターをつかまえて仲間のKちゃんがカタコトの英語で訊いて、結局は何かのセットで決めたような・・・。値段はリーズナブルだった。

で、先ほどのクイズの答、

A、野良猫用の水飲み設備

野良猫にまで気遣って建物に設備を付けているのだからクロアチア人(シベニクの人)は優しい。



posted by poohpapa at 06:26| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

クロアチア旅行記 3 ザグレブ着

ひょんなことからトルコ航空のビジネスクラスを利用することになったが、経由地のイスタンブールからクロアチアの首都ザグレブまでの2時間ちょっとはエコノミー。一気に現実に引き戻された感じ (^◇^)

添乗員さんから出発前の挨拶の電話で「数日前にクロアチアから帰ったばかりですが、とにかく暑いです」と聞いてはいたが、私がかつて経験したことのない暑さ。南国にも何度か旅しているが、全くの初体験。暑い、という体験はしているが、(暑さが)痛い、というのは初めてのこと。イタリアと地理的にはそんなに変わりないハズなのに何で?、と不思議に思った。

DSC02595.JPG
ザグレブの空港、新しいからキレイだけど小さい

DSC02591.JPG
空港内の両替所

クロアチアは地域によってユーロが使えたり使えなかったり・・・。主要通貨のクーナは日本では両替できないからクロアチアに入国してから両替することになる。街中にある両替所や銀行やホテルのフロントで円から直接両替するが、レートはまちまち。私の体験ではホテルのフロントが率が良かったかな。最小限両替して、カードが使える店では極力カードで支払う。クレカで現地通貨を下ろすのもアリ。

DSC02596.JPG
これから我々がお世話になるバス

DSC02598.JPG
車内はこんな感じ、ピンクのバケツはゴミ箱

DSC02603.JPG
バスの車内から空港建物を撮る。

成田みたいに第一や第二ターミナルの北ウィングだの南ウィングだの無い。ましてや国内線、国際線などと分かれてもいない。最小限の設備で、こじんまりしていて、それはそれで迷わなくていい。

これから最初の訪問地トロギール(世界遺産)に向かうのだが・・・、約375km・・・。東京から名古屋までの距離である。途中、立ち寄れるような観光地は無い。寄るのはトイレ休憩のみ。

DSC02612.JPG
ガソリンスタンドとコンビニが一緒になったような店

ここで皆が買い求めたのは・・・、水(ミネラルウォーター)で、人間、本当に体が水分を欲した時は、爽やかな炭酸飲料ではなく「ただの水」を飲みたくなる、と、改めて実感した。





posted by poohpapa at 07:16| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

クロアチア旅行記 2 機内食

往きだけ乗ったトルコ航空ビジネスクラスの機内食の紹介、

DSC02554.JPG
ウェルカムドリンク

DSC02565.JPG
欲張って2種類頂く。このナッツが凄く美味しくて、少し食べて、うちのに食べさせるべく持ち帰った。

DSC02566.JPG
寿司3種類。生モノは苦手だが食べてみた。まあまあ美味しかった。

DSC02567.JPG
真ん中で黄色く光っているのはLEDの蝋燭。点きっぱなしでなく、蝋燭のように灯りが揺れる優れモノ。CAにお願いして5個頂いて帰ってお土産にした。元手が掛かっていないがこういうのは喜ばれる。

DSC04048.JPG
家に持ち帰って撮った写真。外側の紙は皺になってしまった。中の蝋燭はこんなふうになっている。

DSC02568.JPG
真ん中の下のほうの(カッパドキアかモスクを象ったのかよく判らないけど)塩と胡椒入れ、可愛いので、これも頂いて帰った。頭が金色のほうが胡椒入れ。

DSC02570.JPG

DSC02571.JPG
デザート

DSC02581.JPG
二度目の機内食

DSC02573.JPG
座席はこんな感じ

トルコ航空の機内食は、事前に調べたネットでの評判はかなり良かったし、写真でも美味しそうに見えるけど、私の口にはあまり合わなかった。とくに、パン・・・。フルーツ以外はほとんど残した。それでも、エコノミーに比べたら相当に恵まれているんだろうけど、帰り(エコノミー)の機内食が怖い・・・。


posted by poohpapa at 06:47| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

クロアチア旅行記 1 搭乗

ANA のビジネス・ファーストラウンジでセレブ気分を味わって意気揚々と搭乗。

ところが出発時間になって定刻に機体がゲートを離れたのにいつまで経っても滑走路に行かない。なんだか同じ所を廻って元のゲートに戻っているような・・・。そのうち機内アナウンスが入る。

「お客様にお知らせ申し上げます。ただ今機体の後方で異臭がするとの報告がありました。原因を調査していますので今しばらくお待ちください」だと・・・。機体の後方で、ということは貨物室のほうで異臭がしているということか。この時期、航空機の爆破テロが起きても不思議はないので気持ち悪い。

なんやかやで1時間ほど出発が遅れたが、原因がちゃんと突き止められたものやら・・・。先だっては日本で千歳から伊丹に向かう便が混雑の為に離陸が1時間ほど遅れ、乗客が苛立ち始めた頃、たまたま乗り合わせていた歌手の松山千春氏が機長の了解の下「大空と大地の中で」を歌い機内を和やかにしたという・・・。

言ってくれれば私もCAとデュエットして「3年目の浮気」くらい歌ったのに・・・。そうすれば異臭騒ぎなど吹っ飛んで乗客はトイレに殺到して長蛇の列を作ったことだろう。いや、機内で暴動が起きていたかも知れない。まあね、同じことをしても神対応と言われて称賛される有名人は得である。私が同じことをやろうとしたら引き摺り降ろされたに違いない (^◇^)

この手の話は海外の空港ではよく聞く。遅延や欠航で客が苛立ち始めた空港でシンディ・ローパーが即興でコンサートを開いたり、たまたま居合わせた合唱団がアカペラで歌い始めたり・・・。街中で突然プロポーズするための大掛かりなフラッシュモブが始まるのは傍迷惑だったりするが、こういうのはいい。


嫌味ったらしいが、ビジネスクラスの様子を紹介、

DSC02541.JPG

DSC02545.JPG

DSC02550.JPG
CAが調理人スタイルで廻ってくるし、写真慣れしていてポーズも決める (*^▽^*)

DSC02552.JPG
日本語のメニューもある

以前も書いたけど、

エコノミーだと「ビーフにしますか?、チキンにしますか?」程度。挙句に「チキンで」と言ったら、「すみませんがチキンは無くなりました」と言われたりして・・・。片方が無くなっているのに「どちらにするか」訊かれるのは、たまたま残っている方を選択してくれたら問題が起こらないから、ということなんだろうけど、訊いといて「無い」と言われたらそのほうが問題だと思ってしまう。むしろ、黙って「ビーフ」を置いていったほうが良さそうに思うのだが・・・。

まあ、ちゃんと選ばせてくれたのはさすがにビジネスクラス。料理の内容は次回の記事で。


posted by poohpapa at 06:59| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

クロアチア旅行記 序章

昨日の水曜日に写真を整理して、少しずつ旅行記を、と思っていたのだが・・・、まだ薬で症状を押さえている段階。本来なら昨日5〜6話は下書きを書き終えているのだが、そこまで行っていない。

事情があって、今回のクロアチア旅行の内容はほとんど頭から吹っ飛んでいる。旅行に行ったのは間違いないのだが、よく覚えていない。33回の海外旅行の中で、下から数えて2番目、という辛い旅行だった。と言うと・・・、お仲間さんは「ああ、あの件か・・・」と思い浮かべるのだろうが、実は違う。

まあ、それは追々書かせて頂く。

出発は8月3日の夜。立川を3時35分に出る空港バスに乗ったので、その日は昼過ぎまで仕事。集合は18時55分。トルコ航空はツアー客の場合は事前に座席が指定できないので、早く阪急交通社のカウンターで手続きして、急いでトルコ航空のカウンターでチェックインしなければならない。ツアーは総勢29名で、いちおうグループで纏まった席にしてくれているとは思うのだが、バラバラになったら面倒。

と、出発前には心配していたのだが、そんなことは吹っ飛ぶ出来事があった。チェックインの手続きをするために真っ先に6人でトルコ航空のカウンターに行くと・・・、

DSC02515.JPG

このお姉さんが悪魔の囁きを・・・。「ただ今キャンペーン期間中でして、7万5千円のご負担でイスタンブールまでビジネスクラスをご利用頂けますが、如何ですか?」と・・・。ビジネスもファーストも利用したことはあるが、この歳になるとフルフラットシートは魅力である。だいたいが、離陸する時間は普段なら寝ている時間。それで、仲間に「どうする?」と訊くと、全員「皆さんがビジネスで、ということでしたら合わせますよ」だと・・・。訊かなきゃ良かった。一番生活が苦しいのは私なんだから。

「個々の判断でかまわないんじゃないの?」という言葉が出るものと思っていたが、日本人特有の「皆さんがそれで良ければ」という横並び感覚である。

よって、ことの行きがかり上、6人全員がビジネスクラスで行くことに。ただしビジネスクラスはイスタンブールまで。そこからザグレブまでの2時間はエコノミー。他にも何人か申し込んでいたみたい。

これ、もし「往きか帰りのどちらかビジネスクラスに乗れる」としたなら、私は往きで使う。他の方も皆さん同じ意見だった。旅へのテンションも高まるし、帰りは体力が残ってなくていいから。私が最初にビジネスクラスに乗ったのは東欧4ヶ国を旅した時で、チャイナエア欧州線就航一周年記念で往復14万でのアップグレードだったから、片道7万5千円の追加でならまあまあ安いと思う。

DSC02522.JPG
私の航空券。追加代金に関してはカード決済ということでJCBカードを出したら「JCBは使えません」だと。クロアチアでなら解かるけど成田でJCBが使えないってどうよ!?( `ー´)ノ

しかたなくVISAを出したら「このカードは使えなくなってます」と言われ、最終的に楽天カードについてきたマスターで決済。VISAは前回の旅行でも「使えない」と言われて、事前に発行元に確認して「使える」とのお墨付きをもらっていたのだが、それでも「使えない」と言う・・・。

DSC02521.JPG
トルコ航空は段取りが悪く、チェックインに物凄く時間が掛かるから長蛇の列ができていた。ふつうは集合時間は2時間前だがトルコ航空利用だと3時間前の集合でも追いつかないかも。今回どうして3時間前の集合になっていたのかよく分かった。まあ、人も荷物も積み残しては飛ばないだろうけど。

ビジネスクラス利用なのでANAのビジネス・ファースト専用ラウンジが使えることに。

DSC02523.JPG
ラウンジのカウンター。

DSC02527.JPG
中は広々としていてカード会社のラウンジとは大違い。

DSC02529.JPG
飲み物も食事も無料、うどんもラーメンもある。

DSC02534.JPG
ここから先はこんなトイレは望めない。

DSC02535.JPG
洗面所も衛生的。

と、これからの展開に期待が膨らむ・・・ (^◇^)


posted by poohpapa at 06:43| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

自律神経失調症のピーク

予定通り10日の夜遅くに帰宅したが・・・、

待っていたのは「滞納家賃の督促依頼」3件と(家主都合による)「立退き交渉」の依頼。立退き交渉は難航しそう。「たぶん、そんなことになってるだろうな」という予感はしていたが・・・。

クロアチア旅行記に入る前に、撮ってきた写真を整理しようとしたら、コンデジで撮った写真が1400枚、一眼デジカメで撮った写真が350枚ほど。それを整理したり写りの良くない写真を削除したり、必要に応じて一枚ずつ修正を加えているので、完了するのがいつになることやら・・・。

旅行でご一緒したお仲間さんたちに「宜しければ Blu-ray に焼いてお送りしますね」と約束していて、修正せずにそのまま焼いて送る、ということはできない。少しでも喜んで頂きたいから。

コンデジが2020万画素、一眼が3630万画素、の最大画素、最高画質で撮影していて、一枚当たりのメモリー使用量が多く、全部で13Gくらいになるので Blu-ray でなければ一枚に収まらない。

「10日くらいお待ちください」とお伝えしているが、もっと掛かるかも・・・ 💧

旅行前の仕事上のストレスを発散するつもりで出掛けたが、いろいろあって、出発前よりストレスを溜めて帰ってきた。半分は自己責任、半分は「それは違うのではないか」と言いたくなる話で・・・。記事にしたなら賛否が分かれる話だと思う、お仲間さんにもいろいろ迷惑を掛けたし・・・。

台湾やペルーに行った時には自律神経失調症の薬「加味逍遥散」を飲むのを忘れるほどだったが、今回は朝晩二度の薬を朝昼晩の三度飲んでいたほどで、帰宅した後も同じ (´・ω・`)


とりあえず、クロアチアの写真を一枚、

DSC_0790.JPG
ドブロブニク

いつにも増していろいろあったクロアチア旅行の旅行記の開始は数日(4〜5日)後になりそう。



posted by poohpapa at 06:22| Comment(4) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

添乗員さんからご挨拶の電話があった

明日夜から出発するクロアチア旅行の添乗員さんからご挨拶の電話があった。恒例のことではある。

たまたま他の方と通話中で電話に出られず、メッセージが入っていたので掛け直すと、「一度お電話を切って頂いて、こちらから掛け直しいたします」とのこと。なかなか気が利いていて丁寧である。ではあるが、私の携帯は「掛け放題」なのでそのままお話しさせて頂いた。

とても感じの良い若い女性で、なんでも「昨日(一昨日)クロアチアから帰ってきました」とのこと。続けてクロアチアの添乗をする、ということは、現地の事情に詳しい「クロアチアに特化した添乗員さん」かも。それと、やはり旅行先としてクロアチアの人気が高まっているということなんだろうか。現地は想像以上に暑いらしく気温は37℃を超えることもあったらしい。体感温度は40℃を超えているとか。連日が熊谷市の気温みたいなもので、「日焼け対策はしっかりしてきてください」とのアドバイス。日焼け止めクリームやサングラスは必需品のようだ。日焼け止めはともかく帽子とサングラスは必ず持って行こう。

正直なところ、私は男だし、「額装して飾る写真を撮りたい」ので、雨に降られるより日焼け止めが必要なくらい天気が良ければそのほうが有り難い。せっかくの「ヨーロッパで一番の景色」も雨だと辛い。

テキパキと要点を説明してくれる中で、「バスの中は前方と後方の席では冷房の利き方が違います。上に羽織るものを一枚お持ちください」とか、両替の仕方や金額、「そのために千円札を持参したほうがいいですよ」とか細かなアドバイスもいろいろして頂いた。

「最後に何かご質問は?」と訊かれたので、待ってましたとばかりに言ってみた。「燃油サーチャージが当初は0〜12000円と言われていて、最終的な請求額は17000円になっていて、この半年、そこまでの為替の変動は無かったかと思いますが、どうしてなんでしょう?」と。私も意地が悪い (^◇^)

すると、「燃油サーチャージに関しては航空会社が決めるものなので、阪急交通社としては言われた通りに支払わなければならず、申し訳ありません。最初から高めにお話ししておけば良かったかも知れませんが、旅行のパンフレットに『燃油サーチャージ 0〜30000円』と書いたら申し込んで頂けなくなるので、本当にすみません」との答え。正直な人である (*^_^*)

それ以上突っ込むとクレーマーになってしまうので、その話はそれでお仕舞い。お仲間さんからも「今回の燃油サーチャージ、高いよね」との意見が出ているので幹事役として「言っておきたかった」だけ。

添乗員さんからの挨拶の電話はグループの代表者にだけ掛かってくると聞いていたが、「この後で皆さんにご挨拶のお電話をさせて頂いて宜しいでしょうか?」と言う。さっき聞いた注意事項やアドバイスは伝聞になるより直接伝えて頂いたほうが良いので皆に電話してくれるようお願いした。その際も、「最後の方にお電話するのが9時過ぎになってしまうかと思いますが、大丈夫でしょうか?」と訊く。どこまでも丁寧で感じが良い。

実は、一昨年の10月に、当社管理の物件の家主さんご夫妻がクロアチアを訪問していて、その際の写真や動画を Blu-ray に焼いて送ってくださっていて、それが大いに参考になった。景色の写真なんかは私が撮ってこなくてもいいくらい。ま、少しは撮るだろうけど・・・。一眼レフも持って行くし・・・。

明日の午後まで仕事して、夕方のバスで成田に向けて出発する。旅行そのものもだが、旅仲間に会えるのも凄く楽しみ。いい旅にしたい。



posted by poohpapa at 05:28| Comment(4) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

楽しかった一日

先ず、頂いておりますコメントへの返信、本日は定休日なので後ほど(本日中に)ゆっくり順々にさせて頂きます。どうぞご了承ください。少し間隔が空くかも知れませんが併せてご了承ください。


さて、昨日は所要があって朝イチで横浜の本牧まで行ってきた。新横浜には行っているが、横浜で降り立ったのは何年ぶりだろう・・・。30年ぶりくらいかなあ・・・、凄く懐かしい。

最寄りの「石川町」駅まで、立川から最短1時間10分で着くのには驚いた。横浜駅までなら1時間を切るから、東京駅の少し先まで行くのと変わらない。「舞浜より近かったんだ・・・」と思った。

立川から南武線の快速電車で川崎まで行き、川崎から京浜東北線で石川町に向かう。そこから歩いて本牧まで向かうつもりでいたが、相手が駅まで車で迎えに来てくれた。それは置いといて・・・、

南武線は始発駅なのでそこそこ混んではいたが座っていて、途中「武蔵溝ノ口」駅で子供を(抱っこ紐で)抱っこしているお母さんが乗ってきたので「どうぞ」と言って腰を上げたら、となりの若い娘さんがサッと立ち上がりどこかに行ってしまった。お母さんが「結構ですよ」と笑顔で返してくれたのと同時くらいのタイミングであった。私よりスマートな方法である。今時の若者もやるじゃん、と感動した。

横浜もだが、川崎駅はもっと空いて47年ぶりくらい。かつてはこんな思い出があった。懐かしい・・・。私がブログを始めて5ヶ月目くらいの記事である。それも懐かしい (^◇^)

そこから石川町に向かうと、迎えに来た車はなんと・・・、

ベンツ、であった。昔はポンコツのファミリアに乗ってたのに、たいそうな出世ぶりである。そう言うと、しみじみ「ベンツを(自分の人生の)最後の車にしようと思って買ったんだけどね」とのこと。その気持ちはよく解かる。私はもう自分の車を買うことは(店の車を含めて)無いと思うけど、気持ちは解かる。

ベンツ、で思い出したのだが、私はたまたまドイツのメルセデス・ベンツ博物館の非売品ストラップを1本持っているので、それを後で送ることにした。全部で4本頂いていたが残りの1本になっていた。

用事を済ませて直ぐ帰るつもりだったが「横浜を案内しようか?」と言ってくれたのでお願いすることにした。先ずはランチ、近所のJonathan'sまで歩いて行った。私が出すつもりだったが奢って頂いた。昔話や現在の話に花が咲き、凄く楽しいランチだった。

途中で田舎の恩師から「毛ガニが届いたぞ」とお礼の電話を頂いた。去年、北海道新幹線開通で北海道を訪れた際、小樽に足を延ばして三角市場の武田商店から毛ガニを送らせて頂いたのだが、その時に恩師から「もの凄く美味かったぞ」と電話を頂き、本当に美味しかったのが伝わってきて私も凄く嬉しかったので、機会があればまた送らせて頂こうと思っていたところ、武田商店からパンフが届いたので依頼することにした。

その時の担当者のKさん、なるだけ大きなのを送ろうとする私に「タラバは大きいほど美味しいですけど、毛ガニは美味しい大きさというのがありますよ」と言って、一尾が500gくらいのを勧めてくれた人。とても良心的である。電話でKさんにその時のことを話すと思い出して喜んでくれた。「今回も間違いのない毛ガニを送らせてもらいますね」と仰っていて、私は十分に信用している。

のだが・・・、Kさん曰く、「今年は毛ガニが不漁で『浜ゆで毛ガニ』が入荷してないのです。パンフを印刷した後で入荷しないことになって、焦っています。当社の『活き毛ガニ』を茹でてお送りしますね」とのことだった。もちろん、どこで茹でるか、の違いだけなので私はかまわない。

その後、横浜の観光スポットを案内してもらい、行ったのが横浜赤レンガ倉庫。1階の土産物店を見て外に出ると、海上保安庁の海上保安資料館横浜館(工作船資料館併設)があった。展示された北朝鮮籍と思しき不審船との銃撃戦の様子が生々しく伝わってくる。見ておいて良かった、と思った。

ここは入場無料だが、小さな売店の横に寄付を募る箱があったので千円入れさせて頂いた。すると、その様子を見ていた店員さんが何やら箱を持ってきて蓋を開け、「どうぞ2点お取りください」と言う・・・。中にはポストカードやストラップが入っていて、私はストラップを2個頂いた。500円以上寄付すると1品頂けるようだ。

DSC02461.JPG

DSC02465.JPG
マスコットが直立不動のものと敬礼しているものがあって、二つとも敬礼しているものを選択。後で、誰かに差し上げよう。

再び、赤レンガ倉庫に戻り、2階のショップを見て回った。すると、とてもセンスがいい Takeo Kikuchi のTシャツが売られていて、「こういう色柄はうちのの好みだろうな」と思って1枚購入。

DSC02460.JPG
前面

DSC02466.JPG
背面

実際の色は「もっといい色合い」で、触感も柔らかなのだが、写真からは伝わらない・・・。

店員さんが「値札を外しておきますね」と言うのを、「いいえ、着けといてください。女房への土産だから値段が判ったほうがいいから」と答えると、店員さんが笑っていた。4900円(税別)だから横浜価格である。言わなければそんな値段だとは分からないもの。帰ってからうちのに「いくらすると思う?」と訊いたら「う〜ん、3000円くらいかなあ・・・」とのこと。やはり、正札を着けておいて良かった。

他にもセンスのいい肩掛けタイプのリュックがあったが、今回は購入を断念。

修学旅行生や観光客もたくさん来ていて、「ここに案内してもらえるならカメラを持ってくるんだった」と後悔した。もの凄く楽しくて、「今起きている辛いことや悲しいこと」をしばし忘れさせてもらった。

横浜、いつかまた改めて案内して頂こう (*^_^*)



posted by poohpapa at 06:53| Comment(5) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

「てるみくらぶ」破産の影響か・・・

格安旅行会社「てるみくらぶ」が経営破綻した影響で、かどうか不明だが、先日紹介した「阪急交通社が発表した格安ツアー」の申し込み状況にも不思議な現象が起きている。

先ず、ツアーの一覧がコチラ、

新発表 厳選ヨーロッパ トルコ・クルーズ 10コース」 (クルーズ2コースを入れて全12コース)

この中で、格安なんてもんじゃない有り得ない価格の「トルコ」だけは5月6月出発にも拘らず全9コースが即申し込み終了でキャンセル待ち。テロの心配もあるが、10日間で、豪華ホテルに宿泊して観光も食事も添乗員も付いて10万なら、そりゃあ暇さえあれば(休めるものなら)私も行きたいと思う。

他のコースは8月14日15日出発のコースこそ ▲ (キャンセル待ち)になっているが、他の出発日は概ね ◎ (余裕あり)になっている。

私は、トルコより「MSCディヴィーナ 魅惑の西カリブ海クルーズ11日間」と「<MSCポエジアで航く!>秋に巡る感動の地中海4ヶ国周遊クルーズ12日間」がその内容で20万なので、受付と同時に完売になるかと思っていたのだが、今朝の段階でカリブ海のほうは5コースとも◎、地中海のほうは10月発は ▲ で9月発は3コースとも◎・・・。

なんで??、である。いくら豪華客船によるクルーズが庶民的な価格になってきていると言っても、今後もうこの価格この内容でクルーズの企画が出てくることはまず無いと思われる。私がもし完全にリタイアしていておカネの心配もさほどしなくてよいなら、この二つのクルーズは見逃さない。両方参加する。

歳をとってきて、もう何ヶ国か廻って、体力的に十何時間も飛行機に乗るのがしんどくて、先ず発着地までは飛行機で行かなければならないとしても、途中のクルーズは楽である。私の場合はフォーマルな衣装を購入しなければならないしマナーが不安なので尻込みしてしまうが、一度経験してしまえば大丈夫だろうから、そろそろ海外旅行は(できれば日本発着の)クルーズに移行したいかな、と思っている。

ま、それくらいだし、世の中には「カネと暇ならいくらでもある」高齢者がたくさんいるものだろうから、今回の阪急交通社の格安ツアーには申し込みが殺到するのでは、と思っていたのだが違っていた。

実のところ、さほどでもないのかな、という兆候を感じてはいた。電話受付開始前にネットでは先行受付をしていて、電話受付が始まるまではどのコースも◎だったので、どうしてだろ?、と思っていた。てるみくらぶの破綻で格安ツアーで探している消費者が阪急の格安ツアーに向かいそうなものだし。あ・・・、カネと暇はあっても高齢者はネットなんかやらないから電話受付開始まで埋まらなかったのか・・・。でも、今現在もそんなに埋まってなくてほとんど◎だしなあ・・・。

消費者は、「てるみくらぶ」が破産したのだから、同じく格安ツアーをウリにしている阪急交通社だって破産するかも、と躊躇しているかも知れない。影響が全く無いとは言えないだろう。

そうだ・・・、お仲間さん5人に、「阪急交通社が破綻して旅行に行けなくなっても私は責任を取りませんからね」と念押ししておかなければ (*^_^*)

今回のクロアチア、私の中学高校時代の同級生Kちゃん(女性)もご一緒するが、もし阪急交通社が破綻なんてことになって「カネは戻らず旅行にも行けず」になったらアイツが一番うるさいだろうから、そこんとこはしっかり念押ししておかないと・・・。今朝なんか夢枕に立たれてうなされて目が覚めたくらいだから、ほんと。

あとは、我々の旅行が終わるまで阪急交通社が倒産しないでいてくれるのを願うだけ、である (^◇^)

posted by poohpapa at 06:31| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

格安旅行会社「てるみくらぶ」破綻か・・・

一昨日、驚異の激安価格で募集をしている阪急交通社のツアーを紹介したが、その阪急交通社よりさらに安いツアーをウリにしていた「てるみくらぶ」が経営破綻しそうである。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170325-00000438-fnn-bus_all

24日の朝から本社や各支店には「臨時休業」の貼紙がしてあることから計画倒産も噂されている。もし単なる航空券の発券トラブルであるなら社員が対応に追われているハズで、臨時休業は無いモノ。

旅行業者は我々不動産業と同じく弁済業務保証金制度があって、てるみくらぶの限度額は1億2千万円。被害がさらに広がる可能性もあって、50人の発券トラブルなら補えるが、既にGWや夏の予約なども受けているだろうから、倒産となればそれらの予約者は旅行に行けなくなるし補償も行き届かないかも。

自分の身に置き換えてみると、仕事の調整をして両替なども済ませて、荷物も整えて、訪問先の下調べもして万全で空港まで行って「あなたの航空券は発券できません(旅行は出来ません)」と言われたならショックなんてもんじゃないし諦めもつかない。これが某国であったなら暴動が起きることだろう。

思えば、正月にてるみくらぶでポーランドに行った旅仲間の歯医者さん夫妻、危なかった (*^_^*)

元々が、「添乗員は経由地のドバイで合流します」というツアーが多く、その添乗員も日本語が喋れなかったり、過去には人数確認を怠って客を積み残して出発したトラブルもあったそうだから、私はいくら安くても利用しないつもりではいたが・・・、ウソ、てるみくらぶの夏のハワイの内容を見てたりして 💧

まあね、阪急交通社は倒産しないだろうけど、世の中、そんなに美味い話は有るもんじゃなし、もし有ったとしたら事故物件みたいなものかも。「安かろう悪かろう」と考えて飛びつかないのが無難だろう。

と言いつつ・・・、一昨日紹介したクロアチア、まだクロアチアだけでなく全ツアーが全出発日で◎(席に余裕あり)になってたから様子を見ていたのだが、明日の朝には電話申し込みが開始されるから、今夕には参加者を取りまとめて申し込みをしておこう。

もしも当日空港に行って「阪急交通社の破綻」を聞いたなら、自己責任として諦めるしかない。幸いなことに、うちの旅仲間さんにはそれで私を責める人はいないから、まあ申し込んでも大丈夫だろう


posted by poohpapa at 06:30| Comment(4) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

有り得ない値段設定のツアー

今年の夏は、私と旅仲間さんそれぞれの諸般の事情で旅行は取り止め、と思っていたのだが・・・、

昨年、ペルーでお世話になった阪急交通社から、週に2〜3通ものダイレクトメールが「これでもか!」とばかりに送られてくるし、メールも毎日2〜3通届く・・・。ま、メールはタダで送れるがDMは有料。半年も続けていたら送料だけでも1万くらい、パンフの印刷代もそれ相応にかかるだろうから、格安でツアーを企画している阪急交通社、そんなんで利益が出るのだろうか、と他人事ながら心配になる。

で、先日送られてきたDMは破壊力満点。ネットでも見られるが、それがコチラ、

http://trapics.hankyu-travel.com/tyo/kaigai/dm27/

どのくらい爆安なのかと言うと、

例えば「トルコ大周遊10日間

観光も食事も付いて、洞窟ホテルに2泊、イスタンブールでは5ツ星ホテル利用、バスはデラックスVIPバスで、なんと、2人で旅費は20万。つまり、お一人様10万てこと・・・。嘘でしょ!?、である。

他にも「魅惑の西カリブ海クルーズ11日間」「秋に巡る感動の地中海4ヶ国周遊クルーズ12日間」も、同様に、どの出発日も旅費が(一人分)20万。もちろん、それぞれに観光と食事、添乗員付き。完全にリタイアしていていつでも行けて懐の心配もないなら是非とも行きたいもの。

さすがに、どのツアーもお盆の時期は外れているが、それにしても、安いなんてモンじゃない。

私が気になったのが、「8日間で巡る絶景のクロアチア

去年ペルーにご一緒した「たかさんご夫妻」「Tさん」も乗り気。たかさんなんかは「こんなのが出てるよ」とメールしたら、翌日には「もう申し込んだの?」との返信。「まさか、勝手に申し込んでないよね」という牽制かと思っていたら・・・、「そんなのは早く申し込まないと直ぐ埋まっちゃうでしょ!?」だと。

で、「どこでもいいよ、任せるから頼んじゃって」てことで、なんかクロアチアに行くことになりそう。それくらいだから、たかさんご夫妻と旅するのは凄く気楽。もちろん文句を言われたことなど一度も無い。

いっぽうで、Tさん。先日久しぶりに電話したらベルは鳴ってるけど出ない・・・。お姉さんが入院していらっしゃるので忙しいのかな、と思っていたら2週間ほどしてメールが届いた。

「こないだは電話に出られなくてゴメンね。ちょうど電話が鳴ってた時、心筋梗塞で病院に運ばれる救急車の中でした」だと。知らなかったとはいえ申し訳ないことをしてしまった。そんなだから逆に「行ける時に行っておかないとね」、「思えば去年ペルーに行っておいて良かったよ」という話に。

もしかすると当社の入居者さんと同級生が参加してくださるかも知れないが、今回は早く決断できる人から申し込むようだ。電話申し込みは27日(月)10時から受け付けるが、ネットでは既に申し込みを受けていて、何と言ってもその価格である、もしかすると27日には募集が終わっている可能性もある。

クロアチアは、ヨーロッパのまだ行ったことがない国の中では一番行きたい国だから、行けたら嬉しい。


ところで・・・、

うちのもTさんと同じような考え方で、(生活が楽ではないのに)「行きたい所があれば元気なうちに行っておいたほうがいいよ」と言ってくれている。不動産会社の経営者としては有り得ないほどの薄給の中から毎月3万の旅行積立を許してもらっていて、そのおかげで私だけが旅行を楽しんでいる。うちは私が死んでも住宅ローンは消えないから、なんとか私が生きているうちに住宅ローンを完済させておきたいと思っていて、これからはあまり贅沢な旅行は控えなければならないだろう。もし、ちょっとリッチな内容で行くなら1〜2回抜くとかしなければならないと思う。いつもご一緒させて頂いている旅仲間さんのご事情もあるし、世界情勢もキナ臭くなっているので、そろそろ海外旅行は(やめる)潮時かも。

posted by poohpapa at 06:23| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

台湾旅行関連記事 30話を時系列に纏めました

飛び石でバラバラになっていた台湾旅行関連記事を一覧にしてみました。これから台湾を旅される方、何かで役立てて頂けたなら幸いですが・・・、興味のない方にはどうでもいい内容であります (´・ω・`)

カテゴリ別の「旅行・地域」から順次見て頂くこともできますが、こちらのほうが見やすいかと・・・。


お正月、4泊5日で台湾へ
台湾旅行記 土産編 1
台湾旅行記 土産編 2
台湾旅行記 往きの機内
台湾旅行記 スーツケースが出てこない・・・
台湾旅行記 初日
台湾旅行記 2日目 1 (台中)
台湾旅行記 2日目 2 (台中)
台湾旅行記 2日目 3 (台中)
台湾旅行記 2日目 4 (台南)
台湾旅行記 2日目 5 (高雄)
台湾旅行記 2日目 6 (高雄)
台湾旅行記 2日目 7 (六合夜市)
台湾旅行記 2日目〜3日目の朝 (高雄)
台湾旅行記 3日目 1 高雄
台湾旅行記 3日目 2 台東
台湾旅行記 3日目 3 花蓮 (ホテルと夕食)
台湾旅行記 4日目 1 ホテルの朝食など
台湾旅行記 4日目 2 太魯閣渓谷
台湾旅行記 4日目 3 大理石工場見学と特急電車乗車
台湾旅行記 4日目 4 行天宮
台湾旅行記 4日目 5 ショッピング
台湾旅行記 4日目 6 十分(じっぷん)の天燈上げ
台湾旅行記 4日目 7 九份
台湾旅行記 5日目 1 ホテルと朝食、そして朝の散歩
台湾旅行記 5日目 2 故宮博物館展示物 1
台湾旅行記 5日目 3 故宮博物館展示物 2
台湾旅行記 5日目 4 故宮博物館展示物 3
台湾旅行記 5日目 5 故宮博物館展示物 4
台湾旅行記 5日目 6 台北から日本へ


たかだか4泊5日の台湾旅行記、2ヶ月も掛かりました。長らくお付き合い頂き有り難うございます。

こうして見てみると、太魯閣渓谷など改めてちゃんと観たい所もありますが、主だった名所は観て回ったので、次に行くとしたらフリータイムで、地元の方と触れ合える旅がいいかな、と思います。

台湾、また、いえ何度でも行きたいです。



posted by poohpapa at 07:36| Comment(4) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

台湾旅行記 5日目 6 台北から日本へ

台北の桃園空港に着いたのが13時ごろで、お腹も結構すいていたのでプライオリティ・ラウンジに、

DSC02174.JPG
私以外に同伴者1名も無料だったので誰か誘いたかったが、一人参加は私と白金マダムのみ。マダムもプライオリティ・パスを所有していたので、結局、誰も誘わず一人でラウンジに行く。

DSC02172.JPG
飲み物と軽食は無料

DSC02173.JPG
このオレンジジュースもパスタもとても美味しく、お代わりまでした (^◇^)

DSC02178.JPG
空港内の装飾

DSC02181.JPG
我々が乗ったエバー航空機、外装は「ぐでたま」、私は日本のキャラクターとは知らなかった。

DSC02182.JPG
機内のシートカバーも「ぐでたま」

DSC02188.JPG
あまり美味しくはなかった機内食 (´・ω・`)


さて、楽しかった4泊5日の台湾旅行はこれで終わり。今もまだ心地よい余韻に浸っている。実に素晴らしい旅行にして頂いて、旅のお仲間さん、現地ガイドの須さん、そして台湾の皆さんに心から感謝。

今、中学時代の恩師に「今度の正月、一緒に台湾に行きましょう」と誘っている。「まあはい歳だで遠いとこはしんどいでかんぞ」(もう歳をとってしまったので遠いところはキツイからダメだよ)と仰っているが、なんでも、従兄弟の方が台湾に住んでいらっしゃるとかで、もしかすると、12年前にご一緒したトルコ旅行が再現されるかも知れない。再びご一緒出来たら嬉しい。


                                   完

posted by poohpapa at 06:18| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

台湾旅行記 5日目 5 故宮博物館展示物 4

故宮博物館の収蔵物の中では、翠玉白菜よりこっちのほうが凄いと思う。

DSC02152.JPG
象牙透花雲龍紋套球(最初に、周へんに隹、の字が付く)

21層になった球体のすべてに透かし彫りがあり、それぞれ回転する。1本の象牙から独自に回転する何層もの球体を削り出す象牙多層球の傑作。一説では、職人が3代120年かけて制作したといわれ、現在では制作不可能とも。

DSC02153.JPG

DSC02154.JPG

DSC02158.JPG

DSC02159.JPG

DSC02161.JPG

DSC02163.JPG

DSC02166.JPG

収蔵物はここまで。

DSC02171.JPG
故宮博物館の売店で見つけた猫のパネル。

楽しかった台湾観光はここまでで、これから空港に向かう。

posted by poohpapa at 07:37| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする