2018年07月04日

ワールドカップ・・・、こちらのほうは大いに興味があります

ワールドカップを観戦するワケでもないのに、今日も3時前には起きています (*´з`)

さて、女性の読み手さんは興味ないでしょうけど、こんな記事、


【2018年最新】半端ない美しさ「W杯各国の美女サポーター」が美しすぎる
写真の横の、 < >マークをクリックすると次の写真に進み(戻り)ます

ただし、いくら可愛くても韓国女性はパス。私は整形での美しさは「真の美」とは認めませんので。


ま、こういうのはサッカーのワールドカップならではで、野球のWBCでは見られませんね。

でね、私の最高のお気に入りは、この人。私だけでなく、ティア・レオーニがお好きなハリケーンさんも絶対にストライクゾーンのド真ん中かと思われます。私がこの歳になるまでに出会った女性の中で(まあ、ネットで見ているだけですが)最も可愛い女性、と言っても過言ではありませんで、どうやら今大会でのサポーターではなく何大会か前のサポーターのようです。ただ可愛い、美人、というなら世の中に掃いて捨てるほどいますけど、顔立ちが整っているだけでなく独特の雰囲気を持っています。

え?、「もったい付けてないで早く出せ!」ですって?

分かりましたよ、出せばいいんでしょ!?

この女性、です。めちゃくちゃ可愛いでしょ!

この女性を見てハリケーンさんが「アウトコース低め、ギリギリでストライクでしょうかね」なんてぬかしゃがったら金輪際付き合いません。強がりに決まってますから (^◇^)

ワールドカップ・・・、ピッチなんか映さない観客席専門チャンネルがあればいいのに・・・。

もしかすると、ミス・ワールドの決勝大会なんかより美人が集まっているかもですね。いや、ミス・ワールドに出ているような人は、こういう所にもサポーターとして来ているんでしょうね、きっと。

posted by poohpapa at 04:20| Comment(8) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

ワールドカップには、ほんと、興味ないけどね

韓国メディアが、日本がポーランド戦で後半「パス回し」で時間を稼いでフェアプレイポイントで一次リーグを突破したことを、小馬鹿にして酷評しているらしいのだが、

西野ジャパン、ファウル数は出場国最少の「28」 最多は韓国の63

考えようによっては・・・、

それだけの反則を犯していながら一次リーグを突破できない韓国はもっと恥ずかしいのでは?(ぷっ)

悲しいことがあった時に一緒に泣いてくれるだけでは良い友人かどうか判らない。嬉しいことがあった時、幸せになった時に自分のことのように喜んでくれるのが真の友人。韓国は・・・、言うまでも無いか。

ただし、日本は次のベルギー戦に勝たなければ本当の笑いもの、勝てば全て帳消しになる。



posted by poohpapa at 07:12| Comment(6) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

こういうのが世界に広まるといいね (*^_^*)

サッカーにもワールドカップにも興味は無いけど、


英メディアが日本代表サポーターのゴミ拾いを称賛「常にマナーが良い」「日本人の文化」

記事によれば、日本と同グループのセネガルも、ポーランド戦後にスタジアムのゴミ拾いをしていたとか。こういう習慣が世界中に広まるといいのだけど・・・。この大会に中国が出ていたら面白かったかも。試合でなく、押し掛けてくる中国人サポーターは家も道路も列車やバスの車内もレストランもスタジアムも関係ないから、そのマナーの悪さが日本やセネガルのサポーターと比べられて報道されたに違いない。

ちなみに、私は、「日本 Vs コロンビア」戦はコロンビアに勝ってもらいたかった。見下すワケでなく、中南米やアフリカの諸国は、他にあまり楽しみが無いだろうから。

そして、コロンビア、と言えば、1994年のアメリカ大会で、オウンゴールのミスを犯したエスコバル選手が帰国後に、「オウンゴールをありがとう」という言葉を投げかけられて射殺されている。予選ではアルゼンチンに5―0で勝利していたし、優勝候補だったから国民のショックは大きかったんだろう。

ま、人生もスポーツも同じで、予想通り、思い通りにいかないからこそ面白いんだろうけど。

まだコロンビアにも一次リーグ突破の可能性があるから頑張ってもらいたい。

ん・・・??、俺はワールドカップに興味があるのか・・・(*´з`)


posted by poohpapa at 04:52| Comment(6) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

遅きに失すれば逆効果

例の「殺人タックル」問題で、日大の内田監督が辞意を表明し、会見を開いて、ようやく「全ての責任は私にある」と述べたようだが、今となっては逆効果でしかない。遅すぎるのだ。

日大の選手でさえ、もう監督は信頼しないだろうし、結果的に内田監督が潰したのは相手チームのQBではなく自分のチームの選手。そんな監督がどこにいるよ!?、くらいの話。「相手選手を潰すくらいの勢いでぶつかれ」ならともかく、指示は「(本当に)潰せ」だから最悪。選手が気の毒だ。

先日、日大の付属高校から日大に進んだ某企業の営業マンが来て「私の高校の隣りが日大アメフト部のグラウンドで、アメフト部の選手たちとも交流がありましたが、みんないい人たちでした」とのこと、そうだろうな、と思う。チームプレイの競技の選手だから、仲間を思う気持ちは人一倍強いことだろう。「ですが、今は『どちらの大学の出身ですか?』と訊かれても答えにくくて・・・」と苦笑していた。ま、みんなすぐ忘れるだろうけど。



さて、昨日は朝食も昼食も満足に食べられなくて、「夜くらい何か美味しい物が食べたい」と思って、うちのと伊勢丹に買い物に行った。お目当ては「本マグロづくし」で、赤身と中トロと大トロが2貫ずつ入っている小さなパック。6貫でも999円だが頗る旨い。私は刺身が苦手だが鮪のトロなら食べられる。体調が悪いと「先が短いかも知れないから今のうちに食べたいものを食べておこう」と考えるから、ついつい贅沢になってしまう。

で、ワイン売り場の横を通ったら、いつもの試飲コーナーに外国人客が・・・。いつもなら4ヶ国語が話せるフランス国籍のソムリエさんがいるのだが、どうやら休憩時間のようで、お相手していたのはソムリエのKさん。喋れるのは日本語だけ。我々が寄っていくと、助けを求めるように我々にも試飲を勧めるが、私も日本語しか喋れない。あとで判ったことだが、どうやらその外人さん、フランス人だったようだ。とても紳士で、自分の試飲より先に我々に順番を譲ろうとしてくれた。

実は、いつものソムリエさんが(滝川クリステルみたいに)フランス語を話すのを聞いたことが無かったので、そこにいてくれたら聞けたのに・・・、と残念ではあった。顔も日本人だし、普段は日本語で会話しているから想像がつかない。いつか聞かせて頂ける機会はあるだろう。英語以外の言葉が話せる人には凄く憧れる。(女性なので、正しくはソムリエールだが、今後もソムリエさんと表現させて頂く)


てなワケで、Kさんがアタフタしている様子が面白くて、お陰で少し元気を頂いた (^◇^)

posted by poohpapa at 05:50| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

(年に何度か生じる)素朴な疑問・・・

アメフトの日大選手による(いわゆる)「殺人タックル」の報道を見ていて、素朴な疑問が・・・。

日大の監督は、なぜ自身が全ての責任を負って選手を護ろうとしないのか、ということ。

指導者でも責任者でもあるのだから、たとえ本当に「潰せ」という指示を出していなかったとしても、「今回の行為の全ての責任は私にある」と言うのが当たり前。だいたいが、当然にルールを知っている選手が、ボールを持っていない相手チームの選手に理由なくタックルする、とは考えられない。直前に自分がラフプレーを受けた報復というならまだしも、一歩間違えば半身不随、死亡することも有り得る危険なスポーツなんだし。

ここで明確な回答をせず雲隠れしていたのなら尚のこと「監督の指示だった」と疑われかねない。いや、そう見て間違いないだろう。ここんとこ、指導者による不祥事が相次いでいる。そんなのは昔からあって今まで表に出なかっただけなのか、最近になって指導者の質が悪くなったものか・・・、私は後者のような気がする。

その昔、こんな話を何かで読んだことがある。私が中学か高校時代の話なので、たぶん戦前の出来事だと思う。ある高校の校長宅に政治活動をしていて警察に追われていた生徒が逃げ込んできて、そこに警察官が来て「身柄を引き渡すよう」要求したら、校長は「本校の生徒に限ってそのような者はいない」と言って断固身柄の引き渡しを拒んだんだとか。校長も左翼思想だったから、というのではなく、その逆。それでも自らの立場が悪くなる可能性も顧みず生徒を庇ったという・・・。昔はそんなふうに気骨のある指導者がいたようだ。

スポーツの世界に限らない。うちらの業界でも「何かあったら私が責任を取る。思い切ってやってみなさい」と言える人物はいない。ちょっと追及されたら「やったのはアイツです」と言いかねない。

日本人の気質、民度は(悪く)変わった・・・。原因は、教育と、その後の躾にある、と思う。
posted by poohpapa at 04:36| Comment(8) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

なし崩しになりそう・・・

大相撲の土俵上に、挨拶中に倒れた市長を救護しようと駆け上がった女性に対して、若い行司が「女性は土俵から降りてください」とアナウンスして降ろした件で、相撲協会が非難を浴び、理事長も陳謝したが、これは「分けて考えられない」典型的な例。

相撲は神事であるから伝統(しきたり)として女性は土俵に上がれない、というのは致し方ないとしても、人の命に関わる緊急時であるなら話は別。このご時世、そんなアナウンスをしたなら後で批判が殺到するであろうことは容易に想像がつく話。ただし、女性が土俵に駆け上がったことで焦ってしまった若い行司を責めるのは酷かと思う。先輩行司の指示もあったようだし・・・。

それに、上がっちゃったもんはしようがないだろう。「女が土俵に上がった」という事実は消せないし。慌てて降ろしたところで間に合わない。そのまま救命措置をしてもらえば良かったんじゃないか。女性が16歳で結婚すると民法上は成人として扱われ、すぐ離婚しても「大人になった、という事実は消えない」として民法上は大人と見なされるのと同じ。関係者、優先順位も解かっていないように思う。

ボクシングの世界選手権なんかだとリングサイドに医師が待機しているけど、巡業とはいえ(男性の)医師を誰も土俵下に待機させていなかったのは協会の落ち度。相撲協会なら専属の医師くらいいるだろうに・・・。それに、行事としては伝統に則って「女人禁制」であったとしても「緊急救命」のための行為は行事ではないのだから、そこは分けて考える必要があったと思う。ちなみに、女性首長の挨拶は「行事の一環」だと思う。

それにしても、まさか市長が土俵上で挨拶中に倒れるとは誰も予測してなかったとは思うけど、まさかの事態に備えることは大切、それらが無駄になることこそが幸せ、と考えて備える必要がありそうだ。しかし、あれだけ観客がいて、中に一人も男性医師がいなかったとは考えにくいんだけど・・・。国際線の機内で「お客様の中にお医者様はいらっしゃらないでしょうか」とのアナウンスには何度か遭遇しているけど、数百人の乗客の中にも一人くらいは医師がいるのに・・・。ああいう時にサッと動けるのは男性医師より女性看護師かも。

ここで相撲協会が陳謝したことで、神事としての伝統が「なし崩し」になりそう。八角理事長では「男女平等」だの「女性の権利」だのと声高に叫ばれたら屈してしまいそう。マスコミの論調も「見直し」させるべく後押ししているようだし。市長の命を助けようとして土俵に上がった女性にあのようなアナウンスをしたことの非は認めて謝罪しても、今後も神事としての伝統は守り抜く、それでいいと思うが。

で、馬鹿な市長が出てきた。兵庫県宝塚市の中川智子市長(70歳)が、大相撲春巡業で土俵に上がっての挨拶を協会から認められず土俵下で挨拶させられたことに対して「悔しい」と発言しているとか・・・。

世論に押されて協会が女性の知事や市長を土俵に上げるのを認めたなら自分の実績にもなる、くらいの判断だろうけど、女の浅知恵。分別や教養のある女性なら、そういうことで「女性も〜」などとは騒がないもの。大田房江と同レベル。そういえば、大田房江がいろいろコメントしているけど、相変わらずKY女でしかない。

日本人は、いつの頃からか、一点のミスを執拗に追及して全部が間違いであったかのように認めさせようとするようになった。そういう「声の大きな人たち」とマスコミは同じ論調で動いていて、さも、それが世論の大勢であるかのように印象操作する。国民は自分の頭で考えて判断する必要があるだろう。

さて、八角理事長、暴力問題とも相まって、保身の為には「神をも売る」のではなかろうか。

posted by poohpapa at 05:05| Comment(6) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

「伊調馨選手にパワハラ」と告発状、って・・・

見出しに、

「伊調馨選手にパワハラ」と告発状

とあって・・・、それだと、伊調選手が他の選手にパワハラを働いて告発された、とも読めてしまう。

実際は、

レスリング伊調馨、パワハラ被害か 関係者が告発状

使われている伊調選手の顔写真も、「表に出てしまった・・・」と困惑しているかのような表情だし。

見出しは誤読されないよう慎重に付けてほしい、と思う。たしかに、「伊調馨選手に」で、助詞は「に」だから「伊調馨選手に対して」ということだろうけど、「伊調馨選手がパワハラ被害」とかでないと紛らわしい。でないと「伊調馨選手にパワハラ(を受けた)」と告発状、と読まれかねない。見出ししか読まない、或いは見出しを流し読みするだけの人もいるだろうし・・・。記者のセンスを疑う。あ・・・、朝日か。

それにしても、長く「辛い状況」に置かれていたにも拘らず、耐えて結果を出し続けていたのは立派。

posted by poohpapa at 09:06| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

高木菜那選手、二つ目の金メダルおめでとう

高木菜那、圧巻の金メダル!初代女王に輝く スピードスケート女子マススタート決勝

今までスピードスケートは1対1で滑っていたが、マススタート・・・、「マス」と言うからには集団スタートということか。終盤までエストニアの選手が他の選手を半周ほどリードしていたが、解説者の言う通り終盤で捕まった。ただ、途中で「〇〇選手にポイントが入りました」とか言っているのに、トップでゴールした選手が金・・・。よく解からないルールである。

2位の韓国選手・・・、パシュートで「遅れた仲間を非難していた選手」だっけ??

ま、いずれにしても、表彰式で日本の国旗が韓国国旗の上にあって「君が代」が流れるのは気持ちいい。できれば、高木選手が「君が代」を口ずさんでくれていたら・・・、とは思うけど。

posted by poohpapa at 07:19| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

これは同感

松岡修造の宮原へのインタビューが「神」と話題 開口一番「おめでとう!」

誰よりも本人が一番「悔しい思い」をしているに違いない。日本人は「メダルを獲ったか、何色だったか」を気にして騒ぐけど、私なんかはいつもオリンピックなんかでは「自己ベストを更新したなら、メダルを獲れなくても胸を張って帰ってくればいい」と思っていて、宮原選手の場合、自己ベストを更新しての4位なんだから、それは「自分より上の選手がいた」ことに他ならない。それだけのことだと思う。

底辺にいる競技人口が違うけど、ゴルフやテニスで「世界ランキング4位」と言ったら凄いこと。宮原選手の場合、自分より上は世界で3人しかいないのだから、そう考えたら誇れる成績。

強化選手に指定されて、税金を使っていながら「自己ベストに遠く及ばず」の成績だったりしたら「テメエこの野郎!」だけど、宮原選手は十分に結果を出していると思う。自己ベストに届かなかったら「惜しかったですね」という入り方で良いけど、自己ベストを出していたなら「おめでとう」から入るのは正解。たぶん、松岡修造はそこまで計算していたのでなく天然だとは思うけど (^◇^)

宮原選手、「うわぁ、あと一歩でメダルに届かなかった、何て話したらいいんだろう・・・」と、さぞかし気にしていたことだろう。そんな不安を吹き飛ばした松岡修造は偉い。だから次の仕事が来る (爆

posted by poohpapa at 04:38| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

小平選手も立派だが、彼女を支援した相澤病院が素晴らしい

小平奈緒選手が五輪のスピードスケートで日本人として初の金メダルに輝いたが・・・、本人の努力もさることながら現在所属している相澤病院が立派。もちろん、期待に応えた小平選手も素晴らしい。

「頑張っている地元の選手を応援しないでどうする」と、仕事もさせず、宣伝にも使わず、遠征費や活動費を負担してきたのは凄い。宣伝に使わなくても、マスコミが取り上げてくれれば逆にいい宣伝になる。

我々、公益法人たる不動産業界も見習いたいもの。「どうやって」というのが難しいのだけど (^◇^)
posted by poohpapa at 08:42| Comment(6) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

これ、いい写真 (^◇^)

久しぶりに見た(相撲の)いい写真。決定的なシーンで、結びの一番かと思っちゃうほど。

北の富士さん 大鵬孫と朝青龍おいに期待「新弟子同士の相撲じゃない」

たまたまカメラマンがいた位置も良かったんだろうけど。昔はこんな決定的シーンを撮るのは大変だったんだろな・・・。連写機能も付いてない時代は、力士よりカメラマンのほうが一瞬の勝負だったかも。

それにしても、ほんと、新弟子同士の相撲じゃないよね、将来が楽しみ。早く上がってこいよ〜 (*^_^*)



posted by poohpapa at 07:32| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

すっごい違和感

昔、中学時代に英語の教科書で、たまたま Going さんという名前の人と Coming さんという名前の人がいて、誰かが「 Going さんがやって来て、Coming さんが出ていく」と冗談を言ったら、「人の名前で冗談を言うものではない」と別の人が諭す、という話が出てきて、「ふう〜ん、そんなものか」と思ったことがある。名前には由緒来歴があるものだから、名前をいじくって揶揄するのは失礼、ということか。

今まで半世紀以上の間、そういうのを意識しながら生きてきたが・・・、今回は言いたい。


あの女、「池坊」ではなく、「木偶(でく)の棒」ではないか!?

だいたいが、大相撲は男の社会、なんで日本相撲協会の評議員に女がいて、しかも評議員会議長を務めているのか、いつから大相撲はこんなことになっちゃっているのか、これは一昨日の記事で「刑事ドラマで銀行強盗が逃走を図って車に乗り込んだ際、先ずシートベルトをした」のより酷い違和感がある。

どんなに大相撲に女性ファンが増えているとしても、である。気を遣うところが間違っている。

昔、大阪場所で時の太田房江知事が、大相撲の優勝力士に贈る大阪府知事賞の贈呈を巡り、女人禁制の土俵に「私を上げさせろ」などと捻じ込んで相撲協会に拒否されたが、女人禁制の神聖な土俵に「知事だから私を上げろ」などというのは勘違いも甚だしい。男は「宝塚の舞台に男も上げろ」などとは言わないし。そんな女が府民のことを考えて府政を執り行っていたとはとうてい思えない。

こんなことで男女平等だの男女共同参画だの実現しなくていい。男には男の社会、女には女の社会があって良いのだから、お互いに尊重し合える社会が築ければ制度化したり無理強いする必要は無い。

連日、ワイドショーで大相撲関連のニュースになって、あのオバサンが出てくるとテレビを切る。何故なら、あのオバサン、見たくない顔だから。化粧も濃くて、品が無い。「貴乃花は礼を失した」だと・・・、オマエのほうが礼を失しているだろうが。理事降格を満場一致で決定って、他の評議員は誰も「No」とは言えないほどに威圧感があったんだろうな。まあ、たしかに貴乃花のやり方にも問題があるが、著しく公正さを欠く判断だし。

相撲協会を本気で改革したいなら、先ず降格させるべきは八角理事長。そのうえで、男社会に出しゃばっている(自分たちが何をすべきか、どう公正に判断すべきか解かっていない)「木偶の棒」女の退場、であろう。

女には「自動車免許」と「選挙権」、それに「日本相撲協会の評議員という地位」を与えてはいけない。

posted by poohpapa at 06:33| Comment(9) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

DeNA が日本シリーズ進出って・・・

セ・リーグ の公式戦で3位だった DeNA が日本シリーズ進出って、どう考えてもおかしいでしょ!?

リーグ優勝した広島とは14.5ゲーム差だったんだし、それが通るなら公式戦なんかやらずに10月にトーナメント戦でもやれば済むくらいの話。

じゃあフルシーズン143試合を戦ってきた結果はどうなるワケ?

だいたいが6チームしか無いのに、そん中でクライマックスシリーズなんか設けるのが不思議。私はDH(指名打者制度)なんかも気に入らない。チャンスの場面で投手に打順が回ってきて、好投していた投手にピンチヒッターを送るのかそのまま打たせるのか、駆け引きを楽しむのも野球。そのまま打席に送って意外にもタイムリーを打った、なんてのも楽しい。何でも大リーグを真似ればいい、という話ではない。

これでもし DeNA が日本シリーズを制したとしたなら、私が DeNA ファンでも「やったァ、日本一だ!」とは思えない。そんなのは単に「敗者復活戦を勝ち上がったようなもの」である。

posted by poohpapa at 11:36| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

何度観ても「凄い!」の一語 (^◇^)

もちろん、平野美宇ちゃんの活躍。先ずは女子シングルス決勝戦の様子、

2017 Asian Championships WS F HIRANO Miu - CHEN Meng(CHN) (Retouch)

他の動画と違って観客の声援をきっちり拾っていて相当な臨場感でアウェーであることがよく分かる。これほどの相手選手への一方的な大声援の中、終始自分のペースを崩さなかった平野選手は立派。

ただし、途中、アナウンサーと解説者と思しき中国語の会話が被さってきて臨場感は失われている。

卓球って、こんなにエキサイティングなスポーツだったっけ?。観光地の温泉宿で浴衣にスリッパという格好で楽しむお遊びとばかり思ってたけど・・・ (*^▽^*)

美宇ちゃんの凄さは、こんなふうに考えると解かりやすいかと思う。中国の人口は日本と比べてほぼ10倍。それだけ底辺が広い、つまり分母が大きい。にも関わらず日本と違ってそんなに競技の選択肢は多くない。したがって、卓球の競技人口は単純計算での10倍のさらに数倍と思われる。

それと、年齢。世界ランク1位の丁寧は26歳。美宇ちゃんは17歳になったばかり。どちらも3歳から卓球を始めたとして、丁寧はキャリア23年、美宇ちゃんは14年、そこには9年ものハンデがある。

それらをひっくり返して、しかも2−0から、第3ゲームでも第4ゲームでも丁寧にマッチポイントを握られていての大逆転・・・、技術だけでなく、それはもう大変な精神力。と言うか、プレッシャーなんかも感じていないようで、今までの日本にはいなかったタイプの選手と言えるだろう。だから凄い!

平野美宇ちゃんの卓球(超高速ラリー)を一言で表現するなら・・・、

しつこい!

とにかく、しつこい!。世界ランク1位の丁寧が途中で何度もウンザリした表情を浮かべていたほど。とくに第4ゲーム、丁寧に4度もマッチポイントを握られてから逆転した驚愕の粘りには元気をもらった。

20分44秒あたりで中国の役員席が映っているが、みんな不景気な表情。そこには日本を抜き去って世界第2位の経済力を誇り、日本を「小ニッポン」と卑下して優越感に浸っている顔は無い (;^ω^)

表彰式の模様まで入っていて、真ん中に日章旗、両サイドの3枚が中国国旗、というのは実に気分が良い。と、日本人の私が思っているということは、中国人にとっては屈辱的であるに違いない(ザマ)

この上は、美宇ちゃんが暗殺されないよう厳重な身辺警護をつけてもらいたいもの。殺されないまでも、国宝級にまでなってしまった美宇ちゃんが、油や小便をかけられる、なんてことも起こり得る (爆)


私は、子供の頃は「君が代」が好きではなかった。思想的に、でなく、何となく陰気くさくて。でも、今はスポーツの国際大会で日本選手が優勝して「君が代」が流れると、不覚にもウルウルきてしまう。


そして、こちらが、

2017アジア卓球選手権大会 平野 美宇 スーパープレイ集

何度観ても気分がいいからストレス発散に役立っていて、もう5〜6回は観ている



posted by poohpapa at 06:32| Comment(12) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

もの凄い快挙 (^◇^)

平野美宇がアジア選手権初優勝!完全アウェーで中国勢3連破

アジア選手権であって世界選手権ではないのだが、これはもの凄い快挙。アウェーで、準々決勝で世界ランク1位でリオ五輪女王の丁寧を破り、準決勝では同2位の朱雨玲に勝って、この時点で世界ランク1位2位の選手を破っていて、決勝では世界ランク5位の陳夢をストレートで下している。

一昨日17歳になったばかりで、若いから「怖いもの知らず」ということもあったかも・・・。それにしても凄い。本音では、平野美宇選手を讃えるより「中国、ザマァ見ろ!」と思っている (^◇^)

平野選手、おめでとう & ありがとう!



posted by poohpapa at 06:30| Comment(4) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

凄い19歳 !

世界フィギュアで羽生選手に次いで銀メダルを獲った宇野昌磨選手、今、帰国会見を生で見ていたのだが、19歳とは思えない落ち着いた的確な受け答えで、選手としても人としても超一流だと思った。

もしかすると、冬季五輪では金を獲るかも、と思えてきた。もちろん、1、2finishであれば最高。

日本の男子フィギュアは層が厚くて楽しみ (^◇^)

posted by poohpapa at 09:40| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

どんな逆転劇より感動した (^◇^)

昨日の世界フィギュアで羽生がショートプログラム5位から逆転優勝した話、ではない。それも凄いけど、私が感動したのはこちらの話、


高校野球で0ー91 元不登校投手「1つのアウト格別」

スコアボードに並んだ数字・・・、野球のスコアじゃないよね。負けた英心も素晴らしいけど、対戦した宇治山田商も素晴らしいと思う。まるで横綱と序の口が相撲を取るようなもので、一回平均23点弱の得点・・・、ふつうなら初回に8点取った時点で勝負は見えているから適当に手を抜きそうなもの。

最終的に91点も取っていて、途中で「まあ、このへんでアウトになってチェンジしてやるか」でなく、最後まで真剣にぶつかってくれたワケで、それでこそ高校野球の神髄。ほとんどの観客も、もしかすると相手チームの宇治山田商の関係者さえも英心に声援を送っていたのではなかろうか。

元不登校投手の「1つのアウト格別」という言葉は私たちの人生にそのまま当てはまる言葉だと思う。一生懸命頑張っても何も成果が得られず、いろんな人から誤解をされたりして、もう死んでしまいたい、と思った時にようやく小さな成果が得られたり理解者が現れた時には「頑張ってきて良かった」と心から思うもの。それは、人生を諦めず真剣に生きてきた人間にしか解からない喜びだろう。

全員で途方もない時間を掛けて一つのアウトを重ねて、それでもコールドゲームで負けてしまったこの試合、選手たちには一生の宝物になると思う。て言うか、ここまでボロ負けすると清々しいよね。また不登校生徒や問題児を集めて叩き直して、先ず予選での一勝を果たしてほしいと思う。

私の旅仲間の茨城の歯医者さん、母校の札幌一高が文武両道で甲子園にも出ていて、今年も出場が決まった際にはメールしてきた。3回に先発がKOされて負けてしまったのを残念に思って明らかに仕事中にメールしてきたので、先ず「仕事しなさい」と送信して、次に「甲子園は形を変えた教育の一つの姿ですよ。教育に勝ち負けはありません。その後をどう生きるかが本当の勝ち負けの分かれ目です」と送っておいた。私は、入試の結果でさえも通過点でしかなくて本当の結果が出るのは死ぬ時だと思っているから。などと、お医者様に対して偉そうなことを言えるのも友だちという立場だからこそ (^◇^)

高校野球、放送されている甲子園では幾多の劇的な試合があったけど、誰も観ていない地方大会の予選にも素晴らしい試合は数多くある。日々の練習も無様に負けた試合も、立派な教育になっている。


posted by poohpapa at 06:20| Comment(4) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

こういう選手に声援を送りたい

今開催中の選抜高校野球大会での話、

難病の妹へ、届け歓声 盛岡大付・林選手

私も、もう「あの世」へのカウントダウンが始まっているような気がするので、と言うか、私ぐらいの歳になると、カネや名誉なんかより「何より健康が大切で有り難い」と思うようになるので、林選手が野球ができる喜びを感じながら、そして難病の妹に思いを馳せながら活躍するのを見られるのは嬉しい。

今のところは私も他人様の力を当てにしなくても自分のことは自分でできるが、いちおう覚悟はしているものの、いつまでそういう状態でいられるかは分からない。もちろん、逆の人を非難しているものではない。五体満足な体を頂いているなら、それだけでも他に何の不足があるのか、という話。

盛岡大付は25日の試合で奈良の智辯学園を5−1で破って8強入りを果たした。甲子園、とくに春の選抜は、ついつい北国のチームを応援したくなるから余計に嬉しい。さらに上を目指してほしい。

林選手だけでなく、他にもそういう家庭環境の選手はいるものだろうけど、とにかく声援を送りたい。

posted by poohpapa at 07:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

凄いぞ、本田三姉妹 (*^▽^*)

年末の記事で紹介していたフィギュアスケートの本田真凛選手、妹たちも凄かった。

170114 本田望結・紗来 〜 炎の体育会TV!

なんでも、長女である真凛ちゃんによれば、三姉妹で一番素質があるのが末妹の紗来ちゃんとかで、真凛ちゃんに「紗来がシニアに上がってくる前に引退したい」と言わしめるほど。

まだ9歳で3回転トウループ・・・、オジサンなんかリンクに立ってるだけで精一杯だというのに・・・。

紗来ちゃんの才能は動画を観るとよく分かる。たぶん、お姉ちゃんたちの練習などを小さい頃から身近で観ているから、そういうのも良く作用しているんだろう。ほんと、将来が楽しみな三姉妹である。

真ん中の望結ちゃんはタレントとしても活躍しているし・・・。あ、お兄ちゃんもいるんだ・・・。

それにしても3人の娘が揃って可愛いとは羨ましすぎる。うちなんか娘は一人だけど・・・、やめとこ 💧

posted by poohpapa at 07:40| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

前言撤回 (*´ω`)

コメントの削除、非表示の件・・・、でなくて、


これ、めっちゃ可愛いので是非ご覧になってください。

本田真凜 エキシビション CA衣装でキュートな舞 キャビンアテンダント風「お飲み物はいかがですか

直ぐ消されてしまいますが、YouTubeで「本田真凜」で検索すると上位で出てきますね。

で、ホントにホント、これ、今年最後の記事です。もっと可愛い娘さんが出なければ、ですが (*^_^*)


posted by poohpapa at 09:04| Comment(4) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする