2004年11月02日

野球は筋書きの「有る」ドラマ・・・だった

今日は予定を変更して、2つの話題について意見を述べさせて頂きたいと思う。

先ず、1件目。

プロ野球の新規参入問題で、機構側は「楽天」だけパ・リーグ参入を認めた。
私は以前、「そうなったら出来レース」、と言ったが、その通りの結果になってしまった。
最初から「楽天だけ」と決めていた訳ではないとしても、方向性としてはハナから決まっていたものと思わざるを得ない。両者に出された質問内容からして、「始めに結論有りき」の感は否めない。この問題で、最初に手を挙げたのはライブドアである。私はそのことも充分考慮されるべきことと思っている。どのみち、今の球団の親会社だって楽な経営をしているとは思えないし、叩けば埃が出る会社であろうに。ビジネスとしてどちらか一方を選ぶとしたら、たしかに誰が見ても「楽天」かも知れないが、今回の公聴会だって、「ハナから採用する気がないのに履歴書出させて呼びつけて入社試験や面接を行ってる会社みたいなもの」で、こんな連中がモソモソやってる機構の元では野球界は衰退の一途を辿るだろう。松坂も上原も海の向こうに行きたがっているが、当然である。
誰が、何がそうさせているのか、よくよく考えて頂きたい。

球界を揺るがせた八百長事件、江川問題の時でも、私は野球ファンで有り続けたが、もういけない。私は腐ったリンゴを食べたいとは思わない。

で、もう一件、例の紳助問題である。昨日、 jeysonさんからコメントにて情報を頂いた。

事件に関しては新たな事実も出ているようである。きっと、更に出てくることだろう。
私としてはこう考えるのが一番妥当と思っている。

理由はどうあれ(気持ちは分かるが)「女性を殴ったのは紳助の過ち」
だからと言って「女性が正しい」ことにはならない。

もちろん、「その後の女性の対応は間違ってない」とも言えない。

私は、この女性が、「私もたしかに無礼でした。それは反省してお詫びします。ですが、暴力は許せません」、として訴えているのであれば支持できる。紳助を「嘘つき」と言う前に、先ず、自分の態度がどうであったか、自分に反省点は無かったのか、冷静に見つめて欲しい。日が経って落ち着くどころか、さらにエスカレートしていって一方的な泥仕合の様相を呈してきたが、それが紳助に原因しているとしても、そのあたりに「この女性が非難されてしまっている」理由があるのだと思う。要は「可愛くない」のだ。

それと、これも理由はともかくとして、自社の看板商品に傷をつけ各方面に迷惑を掛けていることには違いないのだから、それでも訴訟を起こして全面的に争う姿勢や、その反面「会社に残れることを要求した内容の訴状にもしている」ことは、こういった訴訟の常套手段と認めはするが、社会からは受け入れ難い感覚であろう。

弁護士は「依頼人の利益を護る」のがお仕事なんだろうが、「利益」は必ずしもカネや名誉ばかりではないハズだから、依頼人の将来にとって良い方向に導いてあげることも大切なんだと思う。それが出来ずに「権利」や「正義」だけを振りかざして徹底抗戦に導いているようでは、人としては尊敬できない。これで最終的に金銭闘争になって行ったなら笑ってしまう。私個人は「慰謝料」という、心をカネに置き換えて計算するシステムは好きではない。カネで傷が癒される、という感覚がまだ私自身理解できてないから。

スケールは違うが、私はうちにおみえになったお客さんに、「今、引越しをしない方がいいですよ」、とか、「この状況ではマンションを購入しない方が得策です」、とかアドバイスすることも多い。もちろん、それでは手数料にならないし飯の食い上げであるが、「先ずお客さんありき」という考え方で間違っていないと思っている。裁判も立派なビジネスだろうが、私は弁護士である前に、「良識ある人」であって欲しい、と思う。




※ 私事ですが、今日は、さとひろの弟夫妻に第二子(長男)が誕生して、郷里からお母さんが手伝いにみえたのでご挨拶とお祝いに出向きます。
入籍以来、初めての親戚付き合いです(*^^)v
もしコメントを頂戴しても、返信が遅くなるかと存じますが、どうぞご了承ください。
posted by poohpapa at 20:05| Comment(12) | TrackBack(4) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月26日

「日本一」が泣いている

何とも盛り上がらない日本シリーズが終わった。

いわゆる「日本一」に、パ・リーグではダイエーに4.5ゲーム差をつけられて2位だった西武が優勝してなってしまった。お目出度い話に水を差すようで申し訳ないが、「ちゃんちゃらおかしい」としか言いようがない。「どこが日本一だ!」と言いたいくらいである。

たしかに、野球の裾野は広い。リトルリーグから始まって、高校野球、大学リーグ、ノンプロ、プロと登りつめての頂点ではあるし、長丁場の140試合+αを戦った結果ではある。だが、所詮12球団で1番になっただけのことで、マスコミも「日本一」、「日本一」と騒いでいるのはどこか変である。ドラフト前の一場選手への数球団からの「栄養費」授受問題もあって、シラけることこの上ない。

おまけに、プロ野球への新規参入問題で機構側が2度の聴聞会をやって、「赤字が続くと思うが大丈夫か?」などと質問しているのを見て、「ダメだ、こりゃ!こいつら救いようのない馬鹿だ!」くらいに私は諦めてもいる。

だいたいが、そんなことを聴くのは、「娘さんをお嫁さんにください」、と挨拶に来た若者に、酒乱で家庭内暴力を振るっていて給料も家に入れない父親が、「生きていくことは厳しいが、娘を幸せにする自信はあるのかね」、と聞いているようなもので失礼である。

私はかつて、「誰が正しいか、ではなく、何が正しいか、が重要である」、と何度も書いたが、こればかりは違う。「アンタらにそんなことを聴く資格はない!」、と言いたい。

これでライブドアが落とされ、楽天のみが新規参入を認められたなら間違いなく「出来レース」であって、もう野球界の発展など望めないことだろう。私はホリエモンは何となく好きではないが、この件ではライブドアを応援している。というか、いわば「ODA、出しましょう」と申し出てくれているのだから、勿体ぶってないで素直に両方認めるべきである。

しばらくは悶々とした日々が続きそうだ(苦笑)
posted by poohpapa at 06:00| Comment(28) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

オリンピック雑感 (号外)

野球で全日本が準決勝で敗退して3位決定戦に廻ることになった。

全部プロで固めて、リーグを超えて選抜して、であるから、いくら対戦相手にもメジャーリーグ傘下の選手がいるにしても、結果は寂しい。このタイミングで書くと、「結果論だろう」、と言われそうだが、「野球」が大好きだから、あえて書く。

そもそも、「野球」の代表はアマチュア選手だけで選抜すべきではないか、と、ずっと思っていた。上手く言えないが、プロがアマチュアの「晴れ舞台」を奪って押し退けているような感覚があって、違和感を感じている。

それと、「野球」という競技がオリンピックの種目に相応しいものなのかも疑問に思っている。最近は「ナンでも有り」みたいに種目が増えていて、さらに今後も増えそうな気配だ。その陰で、真のアスリート世界一を決める「十種競技」などが消えていきそう、とも聞いている。新たに加わるかも、という種目に「ボーリング」なども入っているとのこと。私は「スポーツ」と「ゲーム」は違う、と思っていて、「ボーリング」は明らかにゲームだと思う。オリンピックの種目にはして欲しくない。競技者や競技団体や支援企業や開催国の思惑などが、それぞれ複雑に絡み合っているのだろうが、やたら種目数を増やすことは賛成できない。

「野球」はスポーツではあるが、他の種目以上に「偶然性が強い競技」で、真の実力と結果が一致しない可能性が極めて高い競技なので相応しくない、と思っている。スポーツには「番狂わせ」というドラマは付き物だし、それが「オリンピック」というものなんだろうが、違和感は拭えない。私は上手く表現できないので、同様にお考えの方がいらっしゃったなら、どなたか分かり易く代弁して頂けると有難いと思う。

それと、種目ごとに「プロの参加」を制限する必要もあると思う。多くの社会主義国家が崩壊している現状では、「社会主義国の選手=プロ同然」という図式も崩れつつあるし、オリンピックを、元の「アマチュアの祭典」に戻すべき時代が再び来るだろう。

私は非国民で、「プロ野球選抜」による日本代表が敗退して、これで良かった、と思っている。プロ集団が金メダルを持って帰っても、それを闘病中の長島氏に贈ることができたとしても、結果としては、むしろ日本野球界の将来の為にはならなかっただろう。

この「ドリームチーム」は、いったい誰の為のチームだったのか、という疑問だけが残る。
posted by poohpapa at 05:46| Comment(24) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月23日

増田明美さん、大好き!

女子マラソンの解説をよくなさっている増田明美さん、大好きなんですよね、私は。

あの柔らかい声質、優しい語り口、的確な視点、人柄、もう「満点の金メダル」です。
初めて何かのマラソン中継でお声を聴いた時、「え?誰?この声の持ち主!」ってくらい驚きました。だって、チャラチャラしていて発声の基礎など何も出来ていない「ルックスだけが売り」の女子アナなんかより、遥かに優れていると思いますモン。

あ、あと、さっきのコラムの補足ですが・・・、と言うか、チト苦言です。

夏の甲子園、深紅の優勝旗が津軽海峡を越えたことは大変喜ばしいことですが、優勝した駒大苫小牧の選手のインタビューを見ていて気になりました。選手が皆んな眉毛の手入れをしているんですね。剃り揃えている、と言うのでしょうか・・・。現代っ子、と言ってしまえばそれまでですが、個人的には好きではありません。オジさんは古いのかも。

ついでに、何かスポーツするのなら、誰の目にも勝ち負けがハッキリしている種目がいいですね。審判の採点で優劣が決まるような競技(体操、シンクロ、フィギュアスケート、飛び込み等々)は嫌なものです。私の子供たちにも、そう言い続けていました。

そんなことを思いながらテレビに向かって声援を送っています(*^^)v
posted by poohpapa at 08:46| Comment(26) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野口みずき選手、駒大苫小牧高校の皆さん、おめでとう!

連日、アテネでの日本選手の活躍に、1億3千万国民総寝不足状態ですが・・・、

私は毎日毎日、涙を流しています。もう涸れそう(爆)
全力を出し切っている人の姿は「感動」を呼ぶものですね。もちろん、メダリストだけでなく、「敗者のほうにこそドラマがある」、そんな気もしています。

実は、昨日は、マラソンのスタートだけ見て寝てしまいました。私の彼女に、「日本選手の中で一番良い成績を上げるのは野口さんだよ。たぶん銀じゃないかな」、とだけ言って爆睡してしまいましたが、嬉しい誤算でした。野口選手って、とても優しい表情をしているんですね。きっと理想的な「いいお母さん」になります。Qちゃんもそうでしたが、見るからに強そうな「凄み」がないので、「真の剣豪」みたいなものですね。本当に強い人は、さも強そうな雰囲気は出していないもの、と聞きました。今朝も4時半に起きてテレビを点けて、朝から涙です。歳をとると本当に涙もろくなりますね(*^^)v

ところで、昨日はオリンピックだけでなく、高校野球でも凄いことが起きましたね。
私が生きている間は絶対無い、と思っていた「北海道勢の優勝」です。敗れた済美高校はやりにくかったと思います。観衆も、テレビで観戦している人たちも、おそらく国民の95%は「北海道に勝たせたい」、と思っていたハズですから。北国の高校は、そもそもハンデを背負っている訳で、判官贔屓の国民性である日本人には、済美高校はまさに「吉良上野介」だったでしょう。正直なところ、前半で済美が大きくリードした時には、「ワンサイドになる」と思っていました。私の予想はよく外れます^_^;

競技はまだまだ続きますが、「感動をありがとう」、と素直に喜びたいです。
posted by poohpapa at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月17日

奥田経団連会長にモノ申す(号外)

日本経団連会長の奥田碩氏が、「球団数を減らし、1リーグ制になるのは合理的だ」、と述べていることに対して反論します。

ZAKZAKによれば、

奥田氏は「日本のように選手層の薄いところでは12球団は少し多い。8球団か10球団でやったほうが観客の入りも増えるし、変化も出て面白くなる」と指摘。「巨人との試合以外は観客が入らないので、そういう形でやっていけばよいのではないか」と、1リーグ制への移行はやむを得ないとの考えを示した。また、「サッカーも野球も人件費が高く、人件費の高騰を止めないと球団経営は黒字にならない」と経営の難しさに言及した。

とのことですが・・・、
一言で言えば「知らない話に首を突っ込まない方が良い」、ということです。

先ず、日本の選手層は薄くはないし、12球団でも足りない。
金満巨人を解体すれば3チームはできる。
トレードの制限を撤廃して選手の移籍を頻繁に行うことで戦力均衡化と活性化を図る。
今時「巨人との試合以外は観客が入らない」、と決めつけているとは時代錯誤。ならば、年度毎に所属リーグの組替えを行えばよい。
「人件費の高騰を止めないと球団経営は黒字にならない」というのは経営者だけの一面的な考え方。

これで大トヨタの会長、日本経団連会長が務まるなら、私でも務まります。

奥田さん、日本に自動車メーカーは何社ありますか?
トヨタ、日産、本田、マツダ、スズキ、ダイハツ、スバル、三菱、日野自工くらいですか。
巨人とトヨタは、ある意味、よく似ていますね。いえ、シェアが、ですよ。
日本でのトヨタのシェアは1社で40パーセントくらいありますもんね。
野球ファンに占める巨人ファンの比率とほぼ同じでしょう。
まさか自動車メーカーの数くらいまで減らせばよい、なんて単純にお考えではないですよね。吸収合併することだけが合理化ですか?逆もあり得ますよ。

私の同級生がトヨタの本社に最近までいて、数年前、「トヨタのシェアを40%の大台に乗せよ、と、1台でも多く売るようトップから指示があった」、と言ってましたが、自社だけが儲かれば、「業界全体の発展」や「ヨソの会社」はどうなってもよい、というなら、さぞかしナベツネとはウマが合うでしょうね。

たしかに、昔と比べて「野球人気」は翳りが見えます。
球団数の数が多い(?)ことが問題なんですか?
自チームの人気に胡座(あぐら)をかいて「好き放題」やってきたチームが存在したことが「諸悪の根源」ではなかったのですか?
日本一傲慢で横柄で品格のない人間が1人で牛耳っていたから、ではありませんか?
他の球団は「企業努力」をしていなかった、と言い切れますか?

日本経団連の会長ともあろうお方が、馬鹿なことを言っていてはいけません。

ところで、毎日新聞によりますと・・・、

近鉄・オリックスの合併問題に絡んで、巨人の渡辺恒雄オーナーは16日、都内で取材に応じ、「巨人本位、セ・リーグ本位でやっていたら球界全体が沈没する。犠牲を払わないと球界再編は出来ない。再生させようと思ったら、今までのしきたりでやっていたらだめ」などと、球界の改革に強い意欲を示した。

とのことですが・・・、
「え?誰が言ったって?」、くらいの話ですね。我が耳(目)を疑いました。
言ってることは正しいです。でも、誰が見ても、「オイオイ」です。

だから私は、「ナベツネ」が日本で一番嫌いな人間なんですけどね。
posted by poohpapa at 13:12| Comment(18) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月14日

「この人のどこが理想の上司像?」

サラリーマンやOLに、「有名人で言うなら、あなたの理想の上司は誰?」、と問うアンケート調査が毎年行われていて、きまって上位で登場する人がいる。「長島茂雄氏」である。だが、彼のいったいどこが「理想の上司像」なんだろう。不思議でならない。

日本では「皇族」と「長島氏」への批判はタブーになっているがあえて言わせてもらう。
今、彼は闘病中であるし、全国のミスターファンを敵に回すことになるが・・・、私はむしろ、企業の中にあっては「長島茂雄」氏の下では働きたくない、とさえ思っている。

だいたい「長島氏」はポカも多そうだし、部下のフォローも満足にできないだろう。人を惹きつける魅力はあっても、細かな気配りや的確な指示はできない、と見ている。「長島氏」が上司では営業成績は上がらない、と断言できる。

たいしたタレント性もないのに親父同様の「(こっちはワザとらしい)ボケ味」でバラエティー番組に顔を出している「一茂」も気に入らない。元々中畑と同レベルの低いタレント性でしかない。横路に逸れるが、中畑だってサラリーマンなら営業部の主任程度で限界だろう。彼が全日本のコーチとして、何か選手に教えられるものを持っているものなのか、甚だ疑問である。むしろ選手の方がよっぽど野球を良く知っているだろう。

私は、「本業の世界でモノにならなかった者がタレントに転進する」のを見るのは大嫌いである。現役時代に大した実績がなくても引退後にテレビからお呼びがかかるのだから、「巨人選手の何と恵まれていることか」、と、いつも他球団の選手に同情をしている。

ついでに言うなら、江川 卓が、ドラフト制度に関して、よく、「職業選択の自由を定めた憲法に違反している」、と、もっともらしくコメントしているが、事実誤認も甚だしいと思う。「プロ野球選手になりたい」と希望している者に、「アンタは農業をやりなさい」、と言ってるなら憲法違反である。所属球団の選択は認められなくても、好きな野球ができるという職業選択の自由は認められている。どこの世界に、「私は銀行員になりたくて、この銀行で働きたいと思いますが、外為部を希望していて、もし認められないなら、それは職業選択の自由を保障した日本国憲法に違反していると思います」、と言う馬鹿がいるだろうか。野球解説者としての江川の力量は、掛布氏と同じく高く評価しているが、毎年でてくるドラフト制度に関するコメントだけはいただけない、と思う。

せっかくの制度を、「力」で自分達に都合よく変えていく「巨人」という球団は大嫌いであるし、我々不動産業の世界でも、仲間と共存することを考えない(しようとしない)業者は淘汰されていっている。日本のプロ野球の存亡は「巨人」に懸かっている。だがそれは、「人気」という意味からではない。ま、個人的には、ナベツネが一応退いてテレビに映ることが少なくなったので、食事も美味しく食べられるようになって、とても嬉しく思っている。「日本で一番横柄な人物」の顔は鑑賞に堪えない。

私はかつて、「長島を好きでないヤツは馬鹿」と言い切る後輩に苦労させられたことがある。私はアンチ巨人であって、「長島氏」のファンでもないから、その後輩からすれば私は「馬鹿」ということになる。よって私の指示など聞くものではなかった。たしか静岡高校出身で地元の寺の住職の倅だったと思う。生きていれば50歳くらいだろうが、ハッキリ言って、生きていて欲しくない、と思う。そのくらい性格異常の人物だった。
まあ、その辺りから「長島憎し」、になっていったと思う(爆)

そもそもビジネス界と、芸能界、スポーツ界は全く違う。例えようとするのがどだい無理というものだ。どうせ単なる人気投票で終わるのだから、どこが主催しているのか知らないが、こんな馬鹿なアンケートはもう止めればいいと思う。

「理想の上司像アンケート」の結果を見て、私は毎年毎年、サラリーマンやOLのレベルの低さや発想の貧困さを嘆いている。理想の上司として、「長島氏」に一票を入れるような社員なら、どのみち、甘くて使いモノにはならないだろうとも思う。

とはいえ、プロ野球人としての「長島氏」の実績と功績はケチのつけようがないし、あくまで「理想の上司像アンケート」であって、「理想の経営者像アンケート」ではないから、ま、いいか、とは思う。

ところで、「長島氏」は、まだ国民栄誉賞をもらっていない。先々、というか、お○くなりになった時に必ず受賞するのだろうが、今はきっかけがなくて政府としてはタイミングを計りかねているのだろう。かりにアテネで全日本が金メダルを獲ったとしても、監督を表彰するのは筋違いだから、結局○後に、ということになるのだろうが、どうせなら健在のうちに授与してもらいたい、とファンならずとも思っている。

もし、「お前の理想の上司像は?」、と聞かれたなら、私なら迷わず、池波正太郎氏の描く「長谷川平蔵」、と答える。優しさと厳しさ、両方兼ね備えている人物だから。
posted by poohpapa at 06:00| Comment(24) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする