2020年07月15日

立派な行為

指原莉乃 2千万円寄付に「偽善・売名だと言われても」…豪雨被災地に
デイリースポーツ  2020/07/14

人が全くの善意でした寄付などの行為を「偽善だ、売名だ」と陰口を叩く奴って必ず一定数いるもので、では、そいつらが何か社会に貢献しているのか、と言えば、自分は何もしていなかったりして。

指原氏の言う「額とかじゃなく、できる時にできる人ができる事を」というのは、まさにその通り。そして出来ることなら「継続する」ということが大切。私が「みのもんた」を好きでないのは、偉そうなことを言っていて夜の銀座で豪遊していても、「3.11の際に寄付をした」という話が全く無いから。寄付して黙っている、なんてことは有り得ない、みのもんたなら、寄付したら必ずテレビで言うだろうから。

個人的には好きではないけど、久米宏も3.11の際には2億円寄付しているのに。

えへん!、私も国からの特別給付金分は、美味しいお菓子やワインを取り寄せて、このコロナ禍で物流を支えたり、医療の現場で奮闘している知人、シフトを削られながら頑張っている母子家庭の入居者さんに配ってキレイに消えてしまった。久米宏の2億と私の10万、対収入比では同じくらいの率かな。

指原氏、当たり前の価値観を持っていて頭の回転も速いから、いいお母さんになれるだろな、と思う。

posted by poohpapa at 05:08| 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

視聴のお勧め

グッド・ドクター」という番組がある。毎回視聴しているが、医師(医療関係者)や患者とそのご家族の心情に寄り添って丁寧に作られている。とくに、今回の第10話は良くできていた。

TVerで3回も観たけど、何度見ても涙が零れる。今回は、ドナーとなる子供の両親の心情、提供を受ける患者の心情、双方の葛藤など実に丁寧に描かれていた。視聴できるのは今日の22時54分まで


実は、私は、体中の臓器と角膜の提供カードを持っていて、最終的には献体(医大生の手術の実験台)の登録も目指したが、元妻と義父母との二世帯住宅を飛び出る際の混乱で手続きが止まってしまっている。遺族全員の承諾も要るみたいで、なかなか大変そう。ま、今なら大丈夫だとは思う。

ただ、もう年齢的に私の臓器を誰かに使って頂くことはできないので、死後に私の体がお役に立てるとしたら献体だけじゃないかなあ。で、私は臓器提供とか献体で協力するが、若い頃から「自分は他人様の臓器の提供を受けることはしない」という考え方。両親から頂いた体で生きていけなくなったなら、それが私の死に時、ということ。だけど、それは私の考え方であって、「臓器提供を受けてもっと生きていたい」という人の考え方を否定したりはしない。そのつもりならドナーカードは持たないのだから。

それと・・・、我が子から臓器提供(生体移植)は受けない。それも、私は、という話。親が子供に臓器を提供するならともかく、自分の子供の臓器を提供してもらって、おそらく「その分、何らかの形で子供の健康を阻害したり寿命を縮める」であろうから、それで自分が生き長らえようとは思わない。誰とは言わないけど、我が子から生体肝移植を受けて今も生きている(生き恥を晒している)国賊がいたような・・・。

献体に関しては、こんな記事もあった。とても参考になる。

「最後は献体で」 登録が殺到、受付一時停止も

役割を終えて遺骨になって帰ってくるまでに月日が掛かるようだが、遺骨が帰ってきたら知人の伝手を頼って鎌倉の由緒あるお寺さんのご住職に経を上げてもらう手はずになっている。葬儀などしないで、それでお仕舞い。あとはラブ(以前に飼っていたシーズー犬)とノルンの側に行くだけ。

さて、そろそろ私も「形見分け」だけでなく、最期の準備をしておかなければ。

posted by poohpapa at 04:59| Comment(6) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

この意見、私も同感

希ちゃんの旦那「渡部」と関係を持っていた女3人について、武井壮氏が発言していて、全く同感。

武井壮「取材料もらって被害者ヅラ」 不倫報道の加害者側の暴露に違和感
サンスポ  2020/06/11 15:52

3人ともに自分から積極的にネタを文春に売ったのではなく、記者に後をつけられてバレてしまって記事になりそうだから3人それぞれが「もう踏ん切り時」と思ったのだとしても、違和感がある。

いくら記事になるのが避けられないとしても、「奥さんが傷つく、奥さんには罪は無い」、とは思わないものかねえ、そこが不思議。それほどに渡部が酷い扱いをしていたということか。

そりゃあ、毎回六本木ヒルズの多目的トイレで「コンビニH」をさせられていたら嫌にもなるだろうけどさ。だいいち、行為の後に1万円、て、あまりに馬鹿にしているだろ。そういうのの相場は3万くらいじゃないのか。グルメを気取っている渡部が星付きレストランで食事した際にチップで1万円を渡した、というなら「さすが!」と感心するけど、それじゃ文春に売られても文句を言えまい。

えへん!、私でも、チップで1万円を渡したことがあるのに・・・。あ、風俗やキャバクラで、じゃないよ。

武井氏が言っているように、「妻帯者と知って不貞を働いたなら被害者ではなく加害者」だから。複数の不倫相手から見切りを付けられた渡部にこそ問題があるけどね。宇野宗佑元総理と似ている。

神楽坂芸者に月30万の手当てを払っていたけど、たぶん、女性として見ることなく人間扱いせず、まるで物として横柄に接していたんだろうな。だから愛人から反撃を喰らうことになる。一方で、自民党の元郵政相だった深谷隆司、各都道府県に女がいて、別れる時に「私は私人でもあるが公人でもある。私人としての私はオマエと別れることになるのは忍びない。だが公人としての私には許されないこと。別れたとしても、何かあったらいつでも議員会館を訪ねてきなさい。必ず力になるから」と言っていたとか。そうすると、相手の女性は「先生に迷惑は掛けられない」と、議員会館を訪ねてこないらしい。

この差は大きい。渡部も、きっと「一度抱いたらもうオレの女、何でもオレの言うことを聞く」と勘違いしてたんだろうな。料理の味も女性の味(とか、女性の本質)も、本当に解かっていたことやら。

だいたいが、多目的トイレの前で、もし次の人が待っていたならどうするつもりだったんだろ。出てきたのが一人ならともかく、男女2人(しかも一方は著名人)が出てきたなら中で何をしていたかバレバレ。一度だけならともかく、スリルを味わう、なんて気分じゃないだろうし、そりゃあ嫌になるもの。

渡部、もうグルメも気取れないだろうし、CMの仕事も来ないだろな。どこかのレストランの味を褒めても「その店のトイレでも行為に及んでいたんじゃ」と思われてしまうだろうし・・・。

それにしても、行為の対価が1万円とはケチ臭い、たった1万円だよ1万円・・・、女性を馬鹿にするなという話。私なら1万2千円出すから、誰か立川市役所の多目的トイレでショートで・・・、(こら

posted by poohpapa at 05:49| Comment(8) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

人の不幸を喜ぶワケではないが、離婚、待ってるよ

本題に行く前に、

昨日の夕方、銀行に記帳に行こうとして某同業者の前を通ったら、ちょうど女子社員が帰宅するところに遭遇した。向こうが私に気付いて挨拶してくれたが、進む方向は同じでも一緒に駅まで歩くのは嫌だろう、と思い、私はゆっくり歩いて先に行かせた。大きな交差点あたりで雑踏に紛れて見失ったのだが、駅前の多摩信のATMコーナーに行ったら、いた・・・。左端のATMの画面を操作しているところだった。

私が隣のATMで記帳していても気付かない。それで、記帳を終えた後でそっと後ろに近付き、耳元で小さな声で、「 カネを出せ 」と言うと、一瞬「何が起きたのか」という表情でビックリしていた。

右端のATMでは年配のご婦人がいたので、その様子に気付いて、もし悲鳴を上げて飛び出していったら、近くに交番もあることだし私は捕まっていたかも。でも、そういうイタズラは人騒がせだけど楽しい。


さて、本題、

渡部建「不快なスキャンダル」で先手自粛も、炎上までのカウントダウン
週刊女性PRIME  2020/06/09

そもそも、結婚する時に「え?、この組み合わせ??」と思ったほどだから、離婚に至っても驚かない。渡部が不倫していたとしても、「毎日星付きレストランでフランス料理のフルコース(希ちゃんのことね)を食べていたら、たまにはお茶漬けやラーメンを食べたくなるもの」と思うから、それ自体は非難しない。お茶漬けやラーメン(の料理人)を見下しているんじゃないよ。まあね、私の周りを見ていても、たいていは「あんな素敵な奥さんがいて、奥さんより落ちる女性と浮気すんの?」というケースがほとんど。

藤原紀香と陣内智則の離婚に至る道程と似ている。だが、もしDVがあった、となると赦せない。ファンは、渡部の不倫までは赦しても、直接的に希ちゃんに危害を及ぼすDVやMHは赦さない、そういうもの。だいたいが、グルメタレントを気取っているが芸能界では希ちゃんのほうが格段にランクが上。

希ちゃん、我慢しなくていいよ、帰っておいでよ、僕の胸に・・・、じゃなくてファンのところに (当たり前

もうカウントダウンに入ってるだろな。渡部よ、逃がした(逃がすことになる)魚は大きいぞ <`ヘ´>





posted by poohpapa at 05:49| Comment(12) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

(失礼ながら)見かけによらず聡明な女性と、見かけどおり軽薄な男

検察庁法改正、著名人の抗議は「勉強せずという人が多い感じ…」(指原さん)⇒EXIT兼近さんは「批判することって自由」

検察庁法改正案を巡り、Twitterでは著名人が相次いで反対を表明し、抗議のうねりを生んだ。一方、指原莉乃さんは5月17日のテレビ番組で、自身の迷いを語った。
HUFFPOST  國崎万智  2020年05月17日 16時12分

記事の中の指原の指摘は全くもってその通りで、一方、兼近は「自由の意味」をはき違えている。

自由の裏には責任というものがある、ということがまるで解かっていない。家で晩飯を食べながら「こんなの最低!」と言うなら何をどう発言しようが自由だが、著名人が公共の電波(テレビやラジオの番組)や、誰でも目にすることができるネットで発信したなら、それなりに影響があるもの。

「こういうふうに考えられませんか?」と問いかけるならまだしも、誰に唆されたものか「もう日本に未来は無い」だのと酷い論調で批判してファンや視聴者を誤誘導するのは「自由」の一線を超えているだろう。ネットなんかだと、身分を明かさず済むから、批判に止まらず人格の全否定までする奴もいて。少なくとも、著名人が意見を発信するなら、それなりに勉強したり調べてからにしなければ恥ずかしいだろう。

イジメに例えれば、指原はクラスの多くが加担しているイジメに、少なくとも自分は加わらないが、兼近は「どこに問題があるのか」など考えずに「みんながやってるんだから仲間に入ろう、そんなのボクの自由じゃん」と加担するタイプ。ま、「イジメを制止しないなら同罪」という見方は置いといて。

記事の中で紹介された指原の発言、

「私も実際に芸能の方のツイートを見て、ああこういうのがあるんだと知ったので、それを知っている人がそういうふうに広めてくれて、勉強する、関心を持つという点に関してはすごくいいなと思いました。

ただツイッターですごく簡単に表された(改正案の)相関図が載って、それが拡散されてここまで大きくなったと思うんですけど、本当にそれを信じていいのか、双方の話を聞かずに、どっちもの意見を勉強せずに、偏ったやつだけ見て、『えっそうなのヤバイ広めなきゃ』という人が多い感じがしています。正直この件に関しては私はそこまでの信念がなかったのでつぶやけなかった」


ド真ん中の正論である。一方の兼近の発言は、

「一番残念なのは、きゃりーぱみゅぱみゅさんがツイートして叩かれて、それを見た若者たちが、やっぱり政治に参加したらこういう嫌な思いするんだな、大人からこういうこと言われるんだなっていうので衰退していくのが一番ダルイっすね」と、嫌悪感を示した。

とある・・・。ズレている、というか、勘違いも甚だしい。自分は「批判は自由」と言っておきながら、批判されると「嫌な思いをする」と言う・・・。ここまでの馬鹿はそうそうお目に掛かれない。

ま、指原は「いいお母さん」になれるけど、兼近の子供はロクな人間にならないかも。別の見方をすれば、指原はきっと人知れず苦労をしていてそれが身に着いていて、兼近は苦労が足りないんだろうな。



さて、昨日、更新契約におみえになるお客さんを待っていて、ふと見ると、店の前の横断歩道の渡り口で、クロネコのいつもの配達員さんが信号待ちしていた。それで缶コーヒーを持って行って、「いつもご苦労さま。今はとくに物流の皆さんの頑張りのお陰で私たちの生活が廻っていて本当に感謝しています。気を付けてくださいね」と言って渡すと、「有り難うございます、励みになります」と笑顔が返ってきた。

こういうのを「自己陶酔」と言うんだろうけど、「まあ、なんて私はイイ人なんでしょ」とウルウルきた。少なくとも兼近とは真逆の人間なんだと思う。って、私も人格の全否定をやらかしているか・・・💧








posted by poohpapa at 04:55| Comment(11) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

無条件で笑える

「笑うと免疫力が高まる」という説があるそうだが、これは無条件で笑える。

木綿のハンカチーフ / 朝倉さや 【民謡日本一】

この動画のコメントにもあったけど、本来ならこの曲は標準語でなく方言で歌うのが自然。

一連の動画、最後が「尻切れトンボ」になっているのが残念だけど、CDも出しているとのことだから、売るための戦略かも。だとしたらなかなか上手いと思う。ブレーンに策士がいるな (^◇^)

元々が民謡日本一に2度輝いている娘さんだから歌唱力は折紙付き。所々に民謡独特の節回しが出ているけど、それがまた「いい味」を出している。失礼だが、とくべつ可愛くはないけど愛嬌がある。愛嬌は女性にとって最高の武器。あ・・・、大きめのセルロイドのメガネがそう思わせているのかな。デビューから6年も経っているみたいだけど、今の暗い世相の中、こういう人がもっとテレビに出てほしいもの。

衝撃のあずさ2号【朝倉さや山形弁カバー】民謡日本一

私が最初に朝倉さや 嬢を知ったのは、この「あずさ2号」で。今度、図書館でCDを探そう。


一度アップした後で、こんなのも見つけた。

朝倉さやのひとり観光協会!は最高すぎ! そして、さやちゃんの歌も最高すぎです!

必見👀!🎤ダイナミック山形Pb弁👩歌姫、朝倉さやinビナウォーク7L1PVP

シンガーソングライター朝倉さや 全国TV特集!なまりうた

当たり前だけど、普通に歌っても、歌唱力は物凄い。若いころの小林幸子並み。

ほんと、元気が出るわあ、これ。落ち着いたら、ライブに行きたいなあ (^^♪




posted by poohpapa at 05:29| Comment(8) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

天才子役、再び

昨年10月26日に、「天才少女 現る!」という記事を書いているが、その記事で紹介した大島美優ちゃんも凄かったが、この子も物凄い。大人顔負け、なんてモンじゃなく、完全に大人を食っている。昔は「子役」といえばセリフを棒読みするだけだったけど・・・、末恐ろしい。

私がTVerでよく観ている「グッド・ドクター」というドラマの第4話「身元不明の少女を湊が初担当!?少女の悲しい秘密」(5月7日20:59配信終了予定)に出演している高松咲希ちゃん。

ご覧になってない方は、(明後日の20時59分に配信終了なので)ぜひご覧頂けたらと思う。

最近、シナリオの出来が悪くて作りが雑なドラマが多く、ウンザリしているが、「グッド・ドクター」はいい。まあ「ドラマだから」と言ってしまえばそれまでだが、「警視庁・捜査一課長2020」なんかも毎回オイオイという出来。私が今大好きな浜辺美波ちゃんが主演した「アリバイ崩し承ります」なんか、伏線も何もなく、シリーズの後半で視聴率稼ぎで設けた美波ちゃんの入浴シーンが売りなだけで駄作もいいところ。

あと、私が好きだったのが「イノセンス 冤罪弁護士」。続編やらないかなあ・・・。このドラマに出演していた志賀廣太郎さん、先日「誤嚥性肺炎」でお亡くなりになった・・・。いい味出していて大好きな名脇役さんだった。で、このドラマで川口春奈ちゃんのファンになった (気が多い 💧

とにかく、高松咲希ちゃんの演技力、とくとご覧あれ。しつこいようだけど、あと2日で観られなくなる。

posted by poohpapa at 07:22| Comment(0) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

東出昌大の会見で思ったこと(R18)

支離滅裂な記事になりそうだけどご容赦を 、

少し前、俳優の東出昌大の会見で、ある記者から「奥様と唐田えりかさんとどちらが好きですか?」とド直球で突っ込まれていて、それを見ていて、「この記者は、よほどのアホか物凄く有能か、どちらかだろうな」と思った。ま、今までの同様な会見で「そんな質問」をした記者はいないし。

その時、東出は長い沈黙の後、「私がここで何か言うことは妻を深く傷つけてしまうことになるので・・・」と返していて、「え??」と驚いた。それだと「唐田えりかのほうが好き」と言ってることになるし。

元々が不倫でなく浮気だから、「妻です」と答えられたら、自分の立場は解かっていたとしても唐田からすれば「じゃあ私は何だったの!?」と言いたくなるもの。東出も、あの場で「唐田さんです」とも言えないハズ。いや、そもそも「長い沈黙でアウト」だと思う。むしろ、どうせ沈黙するなら記者が諦めて他の質問に移るまで、表情を変えずに沈黙を通せば良かったんじゃないかな。答えちゃったのが間違い。

根が真面目で機転が利かない男なんだろな。笑いをとって誤魔化す、なんてキャラじゃないし、そうできないとしても、だからこそ、たいていは「どんな質問が出るか想定して会見に臨む」のだろうけど。

それにしても、舞台挨拶のついでの会見みたいなものだったけど、記者が女ばっか、というのも怖い。いつも思うんだけど、当事者が「世間をお騒がせして申し訳ない」と謝罪してるけど、世間の誰も迷惑を被ってないし、ワイドショーや記者は喜んでいるハズ。恰好のネタを提供してもらっているのだから。

話変わって私のこと、もう余命が見えてきたのでカミングアウトしてもいいかな・・・。

信じてもらえないだろうけど、私は40歳ちかくまで女房(元妻)以外の女というものを知らなかった。うちのと知り合ったのは私が45歳の時だから、元妻と現妻と、それ以外にも「いる」ことになる。実のところ、20歳で結婚した時から「女房一筋で行こう」と思っていたワケでなく、「日本だけでも女性が6500万人もいて、そのうち、自分と恋愛対象になる年齢層の女性が500万人くらいはいるのに、女房以外の女性を一人も知らずに死ぬのだけは嫌だ」と本気で思っていた。

それでも20年も浮気していなかったのは単に機会が無かっただけ。積極的に相手を求めて探していたワケではなかったし。こんなことを暴露したなら「最低の男」と思われるだろうけど、元妻はあまり性生活に興味がなく協力的でもなかった。義父母の実家で2世帯住宅暮らしを始めたのが36歳の時。1LDK に5人で暮らしていたから夫婦生活など無理。「俺たちは夫婦で、人に見られても構わないんだからラブホでも行こうよ」と誘ったけど、「いいよ〜、そんなの」と拒否。

いたしていても、仰向けになって「あー」でもなければ「スー」でもない。池波正太郎先生の表現を借りるなら「人形を抱いているかのよう」だった。女が激しく喘いだり仰け反る(あえいだりのけぞる)のはAVの中だけの話、現実は違う。ま、感じてなくても多少の演技はしたほうがいいんじゃないかな。

14年間の二世帯住宅暮らしだったけど、元妻と最後に「いたした」のは、元妻の勤務先の慰安旅行に参加させてもらった中国の西安のホテルで。以来、私が家を出るまでの9年間、セックスレスの生活。

共稼ぎだったけど、女房がするのは食事の支度だけ。それ以外の毎日の洗い物、翌朝の炊飯器の準備、掃除、洗濯、アイロンかけなどは私に押し付けられていた。途中から洗い物が長男の役目になったけど、「それで夫が浮気しないなら不思議」だと我ながら思う。「それとこれは別」と言う人がいたなら、「じゃあアンタ、俺と同じ立場になってみろよ!」と言いたい。夫婦間とか家庭内だけの問題でなく、義父母や無理解で全く気が利かない義妹夫婦(二組)との関わりも加わるのだから。

もしも、義父母の老後のお世話を私たち夫婦でさせて頂こう、などと考えなければ、今も夫婦でいたと思う。気が利かないのは妹夫婦だけじゃなかったけどね、それは義父母も同じ。妹たち、「何かあったら私たちもできる限り協力するから遠慮なく言ってね」などという言葉を掛けてくれたことは一度も無かったなあ。不動産の仕事と同じで、欲しいのはカネや物でなくハート。本当に冷たい人たちだったわ。

そんな時に現れたのが自称「某金融機関のキャンペーンガール」という女性。こちらから、でなく、向こうから巧妙に誘ってきた。首を15度傾けてニコッと笑ったらどんな男もイチコロ、と、自分のことをよく知っていたと思う。とても魅力的な女性ではあった。彼女のお陰で私は念願(目標)を叶えた。

元妻は私より2歳上、私の前に付き合っていた男性がいたから、私が初めての男だったかどうかは分からない。違うと思う。私が掃除をしていて元彼からの手紙を発見して「こんなのが出てきたよ」と見せたら慌てて引っ手繰って奪ったから。そうであっても気にしていない、「今は自分の妻」(当時)なんだから。

当時、もし「奥さんと彼女とどっちが好きか」と訊かれたら「女房」と答えたと思う。たとえ没交渉中であったとしても、そして彼女がどんなに素敵な女性であったとしても。で、話を戻して東出昌大・・・、

「どちらとは言い難いです。もちろん、女房は大好きですし、気が多い、とお叱りを受けるでしょうけど、唐田さんのことも真剣に好きでした」とでも答えれば良かったのに・・・。自分は叩かれても、それなら両方のメンツを潰さずに済むかな、と思う。彼の回答は、沈黙も相まって最悪だったのではないか。

お笑いタレントだったなら、「毎日三ツ星レストランの最高級フレンチ料理を食べていると、たまにはイタリアンの三ツ星レストランの料理も食べたくなるもの。どちらも堪能させて頂けて幸せです」とでも答えたらいいかな。などと、無責任な立場からは思う。

いずれにしても、イメージ先行で出演番組やCM放映を中止する必要はないのでは。とくにCMなんか、何も無い時より大きな効果を生み出しそう。普段なら気に留めてもらえそうになくても印象に残るだろうし。損害賠償を起こすなんてとんでもない、そのまま流したほうがいい。世間が赦さなくても。

杏ちゃんも、「裏切られた・・・、しかも私の妊娠中に・・・」などと怒らずに、「男って、ほんと、バカな生き物よねえ」くらいに笑って、ドーンと構えていればいい。だいたいが、奥さんしか知らない、なんて男がいたなら、私なら「凄く気持ち悪い奴」としか思わない。旦那が「当たり前の男」で良かったじゃん。

あ・・・、もしかすると、東出にとって「都合のいい女」は唐田嬢ではなく奥さんだったかもね。


などと、ここ数日、もやもやしていた。支離滅裂で申し訳ない。女性から嫌われそう(滝汗

posted by poohpapa at 07:08| Comment(11) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

天才少女 現る!

「相棒」の新シリーズ、第1回と第2回のスペシャルの出来の悪さに「いいかげんネタ切れか」と思っていて、期待せず第三話の「少女」を観たら、物凄い演技力の子役が出ていた。明菜役の大島美優ちゃん(10歳)、である。最初から、この少女の演技に惹き込まれてしまった。

以前は、子役といえば「セリフ棒読み」と決まっていて、子役の出るドラマを観るのが嫌だったけど、昨今は演技指導をしっかりしているからか大人顔負けの演技力の子供がいる。美優ちゃんの目とか表情、セリフの言い回し、しぐさ、どれをとっても役になりきっていて文句の付けようがなく完璧。あれなら、共演者の演技力に対する評価が厳しく自分の意思で相棒役の俳優を替えられるほどの水谷豊も納得だろう。

一緒に出ている準主役の反町隆史が大根に見えたほど。ま、元々が大根だけどね、ほんと (^◇^)

奇をてらった感のある第1回と第2回のスペシャルの出来が悪かったので、第三話の「少女」の視聴率が11.8%と低くなってしまったのは残念。もし「少女」が第一回なら20%ちかくは行っていたかも。

ストーリーやオチも鬼平犯科帳と通じるものがあって、途中から泣きながら観ていた。「相棒」ファンでなくても是非 TVer でご覧になって頂けたらと思う。10月30日(水)20:00配信終了なのでご注意を。美優ちゃん、この一作品で、いろんな「最優秀助演女優賞」を受賞(総なめ)してもいいくらいだと思える。

posted by poohpapa at 05:35| Comment(2) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

どこかで見た顔だなあ・・・、と思っていたら

以前にテレ朝のバラエティ番組の再現ドラマで、私を演じていたタレントさんだった。

私とは似ても似つかない顔なんだけど・・・ (*´з`)

http://www.zakzak.co.jp/lif/news/190927/gou1909270001-n1.html

久しぶりに見たけど、これもご縁なので、いろいろ活躍してくれたら嬉しい。

posted by poohpapa at 05:32| Comment(0) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

ワイドショーの違和感

今、一連の闇営業の問題で、ワイドショーが宮迫と田村亮、吉本興業の岡本社長の会見の様子や仲間の意見を取り上げているが、私からするとすごい違和感がある。

ワイドショーではすっかり「傲慢な社長」と、「涙ながらに会見する宮迫と亮」を対比させて、まるで加害者と被害者の関係であるかのように伝えているが、そうだろうか。たしかに、岡本氏は(以前は上場までしていた)大企業の社長には相応しくない人格で、社長と言うより組長という感じ。私からすると、この男が一介のマネージャーから社長にまで上り詰めた理由が分からない。「政治力」と「押し」は備わっていたからか。ただし人望は無さそう。こんな男には誰も付いていかないだろうな、と思う。

自身がマネージャーを経験しているからタレントの気持ちが解かるのか、と言えばそうでもない。社長になったことでますます横暴になってしまっている。苦労をしてもそれが身に着いておらず、手にした権力を振り回すタイプの人物。そんなのが会見で「しどろもどろ」になっているのだからマスコミやワイドショーの格好の餌食で、恥の上塗り、あんな会見ならやらないほうが良かった。しかも5時間も・・・。

世間はすっかり宮迫や亮に同情的で「引退させずに戻させてやれよ」という流れになっていて、社長も「契約解除の撤回」を諮詢しているけど、私は違うことが気になっている。

そもそも、この問題は「反社会的組織の宴会に、事務所を通さず出席してカネ(祝儀)を貰っていた」ということが発端。当初はマスコミも「宮迫には脱税の疑いもある」とか追い詰めながら、涙の会見を受けてすっかり宮迫と亮を社長のパワハラの被害者扱いにして、問題の本質がズレてしまっている。

私はそのことより、もっと前の部分で「宮迫も亮も人として失格だろ」と思っている。

そもそも宮迫も亮もコンビの片割れであるはず。自分のところに事務所を通さなくてもよい美味しい話がきたなら、「アンタ一人でいい」と言われたとしても、どうして「私はコンビなので相方と一緒に呼んでほしい」と言わないんだろう。どちらも相方には話していないと思われるが、どうして相方に「一緒に行かないか」と声を掛けないんだろ、ということ。相手が反社会的勢力だったかどうか、より、私はそのほうが気になる。自分だけ裏金が入ればいいのか、冷たいじゃないか。それじゃ蛍原や淳が気の毒である。

もうその時点で、宮迫も亮も、苦楽を共にしてきた相方を裏切っていたのではないのか。

呼ぶほうも、宴会で芸を披露させるならピンで呼ぶよりコンビで呼んだほうが良さそうなもの。それで祝儀の額が変わる(2倍になる)なんてこともないだろうし。

ハッキリ言って、宮迫はあのキャラだから引退させるのは惜しいけど亮の代わりはいくらでもいるかも。どのみち、引退といっても、他の事務所が手を差し伸べて復活してくるんだろうけど。逆に、宮迫は芸能界を引退したら潰しが利かずに食い詰めるだろうけど亮はサラリーマンでも食べていけるかな。


で、関連して興味深い記事があった。私は番組を観ていなかったけど、

清水圭の18年前の「岡本社長から恫喝」告発にサバンナ高橋が疑義
デイリースポーツ  2019/07/23 15:47

サバンナの高橋は清水圭の後輩だし、周りが宮迫擁護に傾いている中で、よく言った、と思う。清水圭は、う〜ん、卑怯かな。この機会に便乗して古い話を持ち出して、だったらその時に言えよ、という話。


こんな記事も、

島田紳助さん「宮迫を辞めさせないで」と連絡か
日刊スポーツ新聞社  2019/07/24 04:00

宮迫のことはいいからアンタが帰って来いよ、と言いたい。紳助の話芸を超える芸人、いないのだから。


私は宮迫や亮には同情しない。女の涙には騙されても男の涙には騙されない・・・、ち、違うか・・・💧


posted by poohpapa at 05:59| Comment(8) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

正直で飾らない人

上田まりえ 小中学校で「ずっといじめ受けてた」…「ブス」に苦しんだ告白の「補足」
デイリースポーツ/神戸新聞社  2019/04/23 00:12

私はまりえちゃん大好き。ぶっちゃけ、アナウンサーとしては「容姿に恵まれている」とは言えず、本文中に「お前はビジュアルが中の下なんだから」とスタッフから面と向かって言われた、とあって、それは私も同感。100点満点で言えば40点くらいの器量かな、と思う。たぶん私も同じくらいのレベルだろう。

だが、彼女は裏表がなく正直で、嫌なことを言われたりして辛い思いをした経験(苦労)がしっかり身に着いていて、人に優しく出来る人。「5時に夢中!」をいつも観ていてそう感じていた。その「ゴジム」で本番前に震えがくるほどの緊張感で押し潰されそうになっていたのは、そういうことだったのかも。番組の雰囲気からして、あの番組のスタッフなら無造作に言いそう。MCの「ふかわりょう」氏が後に、「まりえちゃんを支えられなかったことを後悔」と述べているからそうなんだろうな。主犯格は大川プロデューサーだったりしてね (^◇^)

やはり本文中に「詳しい話は割愛しますが、私は小・中学生のときずっといじめを受けていました」と明かし「いじめられた側は、大なり小なり、一生消えることのない傷を負うのだと思います。私にも何かしらの原因があったかもしれない。だから、理由を知りたかったし、何かあるのであればきちんと謝りたかった」とあって、普通は自分をイジメていた奴らを恨みたいところだろうけど、そんなふうに思えるのは立派。

うちのがよく「言ったほうは忘れるけど、言われたほうは一生忘れない」と言っていて、その通り。刺したほう(加害者)は忘れるけど刺されたほう(被害者)は傷痕を見る度に思い出すから忘れることは無い。

ただし、韓国が日本のことを「千年経っても日本の植民地にされた恨みは忘れない」みたいなことを言っているのは論外。道で韓国人同士が喧嘩して、倒れている人を病院まで運んで治療費まで出してあげた日本人を恨み続けるようなものだから。いつの間にか「自分に大怪我させたのは、この(病院まで連れて行ってくれた)日本人」という話になっていて、お人好しの日本人にイチャモンをつけて、その後の生活費まで出させようとしていて本当の加害者(同朋)を吊し上げる勇気も無い。そもそも憎む相手を間違っていて根拠も嘘だし。

ま、それはともかく、まりえちゃんには「心を癒して新天地で活躍してもらいたい」と思う。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ご参考までに、まりえちゃんのブログから、

#顔⠀今回撮った写真の中で、これが1番好きかも…!⠀私はずっと自分の容姿に自信が...

「補足」

ぜひお読みになってください。きっと、まりえちゃんのファンになりますよ (*^_^*)

posted by poohpapa at 06:10| Comment(4) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

私は「この人」大好きなんですけど (^◇^)

時に奔放な(?)発言が物議を醸したり炎上することのある遠野なぎこさん、私は好きですね。

この発言なんか実に「気持ちいい」です、正論です。

遠野なぎこ、奈良の鹿の死で観光客のマナーに苦言  日刊スポーツ新聞社

よく、海岸に鯨の死骸が打ち上げられて、お腹を捌いてみたらプラゴミが大量に出てきた、なんて話を聞きますし、そういう話は他の動物でも聞きますが、奈良の鹿、餌が不足して飢えていたのかなあ・・・。かつて観光客がビニール袋から出して与えた餌のことを覚えていて、空の袋でも「中に餌がある」「これは餌」と認識して食べてしまったものか。いずれにしても、人間が何も考えずにしたことが悲劇を生んでいるように思います。

「奈良では鹿が神様」・・・、そういう奈良県民の大らかなところ、大好きですし私も体験しました。奈良には何度か行ってますが、京都のお寺のように「見せてやっている」という傲慢さが無く、優しいんですよ。最近はすっかり京都に行かなくなりましたが、京都のプライドの高さ、口と腹が違うところ、有名な寺社は中国人観光客ばかり、というのが嫌になったからで・・・。奈良が日本一自殺者が少ない県、というのは納得ですね。

そうそう、最近ちっとは良くなったかも知れませんが、京都のタクシー運転手の横柄な態度も酷かったなあ。こっちは観光客だから土地勘が無く、タクシーをとめて「○○寺までお願いできますか?」と訊いたところ、「歩いて行ったほうが早いよ」とぶっきら棒に答えて乗車拒否。「そのお寺さんなら、この道を真っ直ぐ行って、二つ目の信号を右に曲がって200mくらい、歩いて行けますね。そのあたりに行くと皆さん同じ方向に進んで行きますから流れに沿って歩いてください」とか言えばいいのに・・・。

私なんか、道を訊かれて「解かりにくいかな」と思ったら一緒に付いていきます。一度なんか「高校の説明会」に行く親子が道に迷っていて、遅れそうだったので会社の車で送ったことがあります。

なので、京都が日本で一番の観光地かも知れませんが、京都が好きではなくなっています。反して、奈良は落ち着きます。外国で言うならタイのように、ゆったりと時間が過ぎて行きます。

話を戻して、なぎこ姐さん、今回はGJ!ですね (*^▽^*)

posted by poohpapa at 05:31| Comment(2) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

ヒロド歩美さん、「旅サラダ」卒業・・・

大好きな女子アナですけど、ヒロド歩美さんが今日の放送で「旅サラダ」卒業なんだとか。

他のメンバーはあまり好きじゃないから、旅も番組も好きだけど、もう楽しみが無くなるわ (涙

フジ系(ちゃらちゃら)でも日テレ系(私って知性的?)でもなく、親しみやすくて可愛いよね。

posted by poohpapa at 09:19| Comment(0) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

やはり、人間、ハートが一番大切

2ヶ月以上も前の、しかも AERA dot の記事だけど、これは読んでいて涙が出てきたのでご紹介。

植木等の付き人をやめた日…小松政夫がその時の“涙の理由”を明かす

今から30年ちょっと前、新橋でサラリーマンをしていた頃、小松政夫氏が高級車から下りてきて小走りでどこかに行くのを見たことがあるけど、もうその頃は植木等氏の付き人じゃなかったんだろうな。

上に立つ人が、付き人である小松政夫氏を気遣い、水面下でプロダクションと「独り立ちできるよう」交渉しておいて「明日から迎えに来なくていいぞ」と言う・・・、植木等氏が苦労人だからこそできること。そんな上司に恵まれたら幸せ。もちろん、相手にもハートが無ければせっかくの苦労も徒労に終わるもの。

個人的な評価は、「苦労をしてそれがしっかり身に着いていて、相手に優しく、時に厳しく接することができる人」を一番尊敬していて、次が「生まれながらに苦労を知らない人」で、最悪は「苦労はしているのにちっとも身に着いていない人」の順。一番の人も最悪の奴もけっこう私の周りにいるが二番目のタイプは少ない。そういうのは、初めて会った時に瞬時に判る。最悪の奴の得意技は、責任転嫁 (^◇^)

売れてきた小松政夫氏が植木等氏の自宅を訪ねた時のエピソードも泣ける。是非読んで頂きたい。苦労人植木等氏ならではこそのエピソードで、小松政夫氏の付き人はさぞかし恐縮したことだろう。


ハートが大切なのは個人もそうだけど、国と国でも言えること。

【日本−ポーランド国交樹立100年 蘇る美しき絆】いまも色あせることのない感謝… シベリアからの「ポーランド孤児救出」 (1/3ページ)  zakzak

トルコや台湾も、日本から100年以上も前に受けた恩義を忘れずに教科書にまで載せて子供たちに教えている。日本も逆に(自虐史観ばかり植え付けようとせず)トルコや台湾から受けた恩義(恩返し)を子供たちに授業で伝えるべきではなかろうか。トルコや台湾・・・、嘘を誇張して伝える中国や韓国とは雲泥の差である。

韓国フェイク集、旭日旗狩りはサッカー選手のサル真似が発端  2019/02/10 07:00  NEWS ポスト

ストレスが溜まる人とは付き合いたくないのと同様、国益にならないどころか害にしかならない国とは付き合わなくてもいいんじゃないかな。地勢的に困ることがあるにしても。

話を戻して、小松政夫氏が「植木等の付き人募集」の広告を目にしていなければ、そして採用されていなければ、その後の人生も大きく変わっていたであろう。私自身、うちのと出会っていなければ、正確に言うと「うちのが部屋探しで私の店に来なければ」私の人生(後半)も大きく変わっていたと思う。

当時、うちの店の隣りには、うちより大きな不動産屋があったのだし、信号待ちで向かい側から眺めていて「どっちに入るか悩んで」うちの店に入ってきたんだとか。私にとっては「いいご縁」だったけど、うちのは「それが運の尽きだった」くらいに思っているみたい。

少なくとも、うちのに出会っていなければ、旅やブログを通じて知り合った人たちとのご縁も無かったワケで、今お付き合いが残っている人たちに共通して言えること、それは「ハートがある」ということ。中には「最初は有ったハートが消えて失くなってしまった」人もいるけど、それはお互い様かも知れない。

この歳になってくると、「ご縁」というものの大切さが身に沁みて解かるようになる。そういうのに気付かずに死んでいく人も多いことだろう。ご縁を大切にしない人にハートが有るワケがないし、どちらが幸せな老後を送れるかは言うまでも無いこと。小松政夫氏の記事で、そのことを再確認させて頂いた次第。


posted by poohpapa at 05:24| Comment(8) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

自律神経障害だったとは・・・

うちはMXテレビ(月〜金、17時より)の「5時に夢中!」を録画して毎日観ていて(と言っても、私はソファーを倒して観ているうちに途中で寝てしまっているんだけど)番組のアシスタントの上田まりえちゃんが2月中旬から体調不良ということで出てなくて、ピンチヒッターとしてフリーアナウンサー新井麻希さんがアシスタントを務めているのだが、まりえちゃんの体調不良の原因が「自律神経障害」とのこと・・・。私の自律神経失調症と自律神経障害とでは「どこが違うのか」は不明だが、少なくとも、私より症状が重篤なのは確かなんだろうな。

前任者の内藤聡子氏も「いい味」を出していて好きだったが、まりえちゃんは「彼女ににとってピッタリの番組に出会えたんだろな」と思えるほど番組に嵌っていたと思う。女子アナとしてはけっして器量がいい(美人)とは言えないけど、「5時に夢中!」にはドンピシャリのアシスタントと思っていた。

こんな記事があって、ふかわりょう氏の気持ちはよく解かる。

ふかわりょう 降板上田まりえ支えられず「悔しい」

この番組、以前に出演者同士のトラブルもあったりしたが、出演者の仲間意識は強そうに思える。

記事の中で、「医師の診断では自律神経障害。『5時に夢中!』のスタジオに入る瞬間だけ右手が震える症状が出てしまいます。かなり激しい動き。テレビ画面を通して見ていただける状態ではありませんでしたのでやむなく」とあって、医師と事務所の判断で降板したようだが、元々「5時に夢中!」は放送コードなんて関係なく出演者がそれぞれ好き勝手を言っていて、何かで口が滑っても咎められることもなさそうなんだが・・・。

それでも相当なプレッシャーがあったということか。「5時に夢中!」よりストレスが少ない番組なんて他にあるのかなあ・・・、あるとしたら、あとは「ニュース女子」くらいだと思う。いずれにしても、「5時に夢中!」のアシスタントが耐えられないなら他の番組のレギュラーはもっとキツイだろうに・・・、と思ってしまう。まあ、本人にしか解からない苦悩もあったんだろう。とにかく早く治してほしい。

元々上田まりえちゃんは3月末で降板することが決まっていたようだが、それが前倒しになった形。後任は元テレビ東京のフリーアナウンサー大橋未歩さんらしい。けっこう下ネタ系のニュースや卑猥なメッセージもあるから、彼女に務まるのかなあ、と、ちょっと心配。そういう内容を表情を変えずにサラッと読み上げられるようでなければ「5時に夢中!」のアシスタントは務まらないのだから。

まりえちゃんの前任者の内藤聡子氏、アシスタントの面接で卑猥な内容の文書を渡されて「読むよう」に言われ、「ああ、こういうことが求められる番組なんだ・・・」と理解して読み上げて採用されたらしい。

自律神経失調症の原因は、私の主治医によれば「ストレスあるのみ」とか・・・。私の感覚だと、自律神経失調症の症状の先は2つに分かれていて、一方は「鬱」に進むのでは、と思われる。ま、それはどんな病気でもそうかも知れないけど・・・。私の場合は現状を受け入れてポジティブに考えられるタイプだから鬱になることは無いけど、まりえちゃんはどうかなあ・・・。他人事ながら、そこが心配。

いずれにしても、まりえちゃんが私と同じ病気を持っている、ということで親近感が湧いてしまったりして・・・。人間、生きていれば「ストレスから解放される」なんてことは有り得ないし、静養したからといって治る病気ではないが、とにかく気を取り直して他の番組で復活してほしいもの。そう期待している。

posted by poohpapa at 05:32| Comment(4) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

TBSの「ニンゲン観察!モニタリング」に嵌ってる (^◇^) 

息子の連れてきた結婚相手が超人気女優・土屋太鳳だったら両親は・・・

売れない芸人である息子のお母さんの人柄が素晴らしい。世に「息子を溺愛するあまり判断が常に偏る母親」は多いが、息子のことより相手の土屋太鳳を気遣っていて極めて常識人。父親は寡黙だが母親と同じ。こんな両親に育てられたら真っ直ぐ育たないワケがない。いっそ「仕掛け」でなく結婚してしまえば、と思う。


次いで、

超人気俳優福士蒼汰が店員だったら 気付く? 気付かない?

この回の、最初の客であるお姉さんの驚き方が可愛い。本当にファンなんだろうな (*^▽^*)

コメントで「うざい」とか言ってる人いるけど、ここまで喜んでくれたらタレントとしても本望だろう。まあ、私も、一口食べる前に写真とか撮らないのかな、とは思ったけど・・・。2ショット写真とかも。

他にも楽しい企画がいっぱいあって、「ニンゲン観察!モニタリング」でストレスを発散している。

こういうの観てると、うちの店に希ちゃんが変装して来てくれないかなあ・・・、と思う (来るワケない)

ここんとこ気分がドヨーンとしているので、なんか刺激が欲しいもの。もちろん楽しい刺激ね (^◇^)

posted by poohpapa at 05:13| Comment(2) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

いい奥様だなあ・・・

小日向文世、42歳のときに劇団解散。妻子を抱えて“貯金ゼロ”の生活に テレ朝 POST

村田英雄のヒット曲「王将」にも、「愚痴も言わずに女房の小春 つくる笑顔がいじらしい」とあるが、そういう奥さんは今時珍しい。絶滅危惧種と言ってもいいくらい滅多にお目に掛かれない。昔の日本人女性には多く見られたタイプだと思うのだが、そんなことを言おうものなら「時代が違う」の一言で片づけられてしまう。最近は男も女も、辛抱することに耐性が無くなってしまっている。カネの苦労はしといたほうがいいものだけど。

自分も同じ仕事をしているからか、旦那が売れないことに理解を示して支えてくれる・・・、だから今の活躍がある。芸能人同士で結婚して、やがて離婚するのは収入の格差によるものが多いと思う。結婚する時は旦那の稼ぎのほうが多くても、やがて収入が逆転すると途端に冷めてくる。その典型的な例が、ジェリー藤尾と渡辺トモ子元夫妻。文字通り芸能界一のおしどり夫婦だったが、旦那のテレビでの露出が無くなったら別れた。

話が少し脱線するが、以前、「芸能界で最も成績優秀だった人は誰か」という特集を組んでいて、この人、だと言われていた。そんなふうに見えなかったけど、Wikipedia で経歴を読むと、なるほど、と思う。慶応大学付属高校から慶応大学の医学部に進んでいるようで、高校時代の成績の記録は今も破られていないと聞く。今でこそ「東大卒」のタレントなんてどこにでもいるし、首席で卒業した、なんて女性タレントもいるけど。

彼の奥様も実に素敵な方である。ご主人がまだ若い頃、自分が妊娠していて夜の相手が出来ないからと、ご主人におカネを渡して「ごめんね、ト〇コにでも行っておいでよ」と言ったとか。それでご主人がそういう風俗に行ったかどうかまでは聞いていないけど、美しいエピソードだと思う。

世間で顔も知られているし、普通は、そこまで言ってくれる女房を裏切れないもの。私も、もしうちのから同じようにされたら・・・、ホイホイ風俗店に出掛ける(おい

うちのも、私にとっては最高の女房だと本当に思っている。それは相性の問題でもあって、互いに他の人と結婚していたならどうなったか分からない。以前も書いたが、うちのも私に、「おとうちゃん、好きに浮気していいよ。おとうちゃんの仕事はそんな楽しみでも無ければやってられないよね。その代わり私にバレないようにしてね。知ったら気分は良くないから」と言ってくれている。

正直、前妻の実家での二世帯住宅暮らしで相当なストレスを抱えていて、セックスレスは9年も続いていた。今の女房とは浮気から始まったけど、占いが当たる家主さんからは「200人に一人の良い相性」と言われた。同棲期間が8年、入籍して14年、それでも私が「本当に良い女房をもらった」と思えるようになったのは10年ちかく経ってから。しばらくは、籍を入れても「同棲しているような感覚」だったし。

うちのは元々が人間嫌いだし、ある意味「気難しい部分」もある。そういうのを解かって飲み込むのは人生経験の浅い若い人では無理だったと思う。私はうちのと付き合い始めて人生がガラッと変わった。普通の人では経験できないようなことをたくさん経験させてもらった。「有吉ゼミ」やマツコさんのトーク番組からもお声を掛けて頂いたしラジオ番組のゲストにも呼んで頂いた。本も出した。うちのは行けないのに、苦しい生活の中、海外にも何度も行かせてもらった。俗に言う「アゲマン」なんだろう。

良縁を頂いて最高の女房をもらえて、今、私は幸せである。だからけっして浮気は・・・、する。絶対にする。「それはそれ、これはこれ」だから。少なくとも、浮気心は常に持っていたい。それこそが、同世代と比べても若くいられる秘訣。そういう気持ち(色気)が無くなったら一気に老けるもの。歳も離れているし、私が若くいることが一つの女房孝行だと思っている。と・・・、正当化してみる (爆)


まあね、これで「小日向文世 離婚」なんてニュースが飛び込んで来たらオイオイだけど (^◇^)

posted by poohpapa at 05:56| Comment(4) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

若くて可愛くて、一芸のあるタレントは大好き

眞嶋優ちゃん、というんだ・・・、覚えておこう。AKB だの乃木坂だのに所属していないんだね。

サッカーボールを自在に操る制服女子

男子がやるのはたまに見るけど女子では珍しいかも。

他にも、乃木坂46 の生田絵梨花ちゃんなんかも凄い。実用英語技能検定2級、日本漢字能力検定準2級、実用数学技能検定3級、書道検定準7段に合格、書画展で金賞などの受賞歴があるし、クラシックバレエも習っていて、それでもって容姿端麗ときたら、世の中なんとも不公平である。

ただ「可愛いだけ」で売ってるアイドルより、芸を持っているアイドルが好き。あ・・・、


私はロリコンではないからね。この世で、成熟した女性の魅力に敵うものは無い、と思ってるからさ。


あと、タレントじゃないけど、こんなのも「凄いな」と思った。

スノボ女王が女性初の大技を見せつける

雪も、このくらいになると岩盤と同じ。バランスを崩したら怪我では済まないもの。「なんで好き好んで、こんな危険なことするかねえ」、とは思うけど、技を決めた本人はさぞかし気持ちいいんだろうね。


とまあ、本日は手抜き記事 (^^;

posted by poohpapa at 05:42| Comment(7) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

悪筆と達筆

昨日のフジテレビの「とくダネ!」で、女優の中谷美紀さんの結婚の報道があった。

中谷美紀、ビオラ奏者と結婚 報告書面の直筆に驚きの声 「達筆」と話題に

中谷美紀、藤谷美紀、水野美紀、水野真紀・・・、似たような名前の女優さんがいて顔が浮かぶまで時間が掛かる。それはともかく、その達筆ぶりに驚いた。達筆なんてもんじゃない、もう書家の領域。

最近はPCのワープロ機能を使って、いろんな挨拶状も手書きではなく活字印刷されたものがほとんどだから、手書きの文書は新鮮。だが、よほど自信が無ければ書けない。「下手でも、心が籠っていればOK」と言う人もいるが、下手は下手、それがその人の人格そのもの、と受け留められることもある。

その一つが、入居申込書に書かれた文字。大きさも整わず、草書体とかでなく「これ以上崩しようがない」字を書く人がいて、小さい時からPCに親しんで字を書く訓練が出来ていない、ということなんだろうけど、その場合は「下手でもいいから丁寧に書きなさい」と言いたくなる。こんな字を書くようじゃ家賃もちゃんと払ってこないかも、と不安になることもあるし、職業や収入に問題があっても綺麗な字で書いてあると信用したりして。

私は自分の字にコンプレックスを持っているので、何かの送り状なんかを書かなきゃならなくなったら、伊勢丹や東急ストアなどそれぞれの店で達筆な人を探し出していて、その人に全部書いてもらっている。贈られた人からすれば私の字で届くより気分がいいと思うから。

それにしても中谷美紀さん、語学も堪能とかで、いつどこで覚えたの?、と不思議に思う。知人の紹介でウィーンフィルのヴィオラ奏者・・・、どんな知人だよ、とも訊きたい (^◇^)

posted by poohpapa at 05:35| Comment(6) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする